FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

台風21号通過

2018.09.04 (Tue)

平成最後の台風21号(チェービー)が通り過ぎていきました。今年はホンマに台風がたくさん来てますが、ここまで猛烈な台風は久しぶり。

京都・中京で風速39・4m 観測史上2番目
渡月橋の欄干、100mにわたり倒れる 京都・嵐山
京都駅の天井が崩落
京都でもいろいろ起こっています。
 
2018090401.jpg
これだけあっちこっち被害が出ているのをニュースで見ながら、気になって仕方なかったのが、築90年以上の別宅。17時過ぎに見に行ってきました。

表はたいしたことがなさそう。
 
2018090402.jpg
裏に回ると、松の葉っぱが飛び散って、枝の先の方が丸坊主。地面には松葉がワンサカ。
 
2018090403.jpg
裏庭は、スダレが千切れてボロボロになったのが飛び散ってました。

とはいえ、被害はこの程度。瓦が飛んだ地域もあるみたいだけど、瓦も被害なし。一方、家の中は雨漏りもなくホッとするも、足裏のの感覚がザラザラ。どうやら、壁や梁に乗ったり張り付いていたホコリやらゴミが、猛烈なすきま風によって舞い落ちてきたようです。
 
2018090404.jpg
ご近所に目をやると、町内のメイン通りから一本入ったところに、3メートル長の樋?おそらく京阪丹波橋駅からの飛来物では?と。駅へ連絡。駅員さんやって来る。「あ、若手連れてきて撤収します」との対応。素早いね。
 
2018090405.jpg
町内のお地蔵さんの屋根が吹き飛ばされてました。これは町内の皆さんで、拾い上げて、洗って、拭いて、乗せ直しました。屋根の一部がへこんでしまいましたが、これも平成の傷跡ということで、後々まで伝えてもらえればと。
 
2018090406.jpg
最後は、町南端の家の自転車置き場の屋根。突風で吹き上がった後、そのまま崩れ落ちたようです。一番大きな被害が出ていました。手前の離れは屋根瓦が落ちたり壁が崩れたりで、かなりの被害。もともと地震や台風の被害で、だいぶん危ない状態になっていたのですが、いよいよ危険な状態に。

アンテナが飛ばされた家もあったり、見える範囲でも少しずつ被害はあります。古い別宅が無事だったのは、ただただ運が良かっただけなのかもしれません。
 
19:12  |  家事・子育て  |  Comment(0)

絹のハタキを作った

2018.08.20 (Mon)

2018082720.jpg
8月11日掲載の東京新聞の連載記事で、草ぼうきについて書きました(この記事)。草ぼうきの使い心地がよくて、その印象を書いたのですが、その記事の最後に「次は、絹のハタキを狙っています」と書きました。実際のところ、絹のハタキはほとんど流通してなくて、あったとしても高価。近所の荒物屋の店主も「自作してみたら?」というくらい。そんなことも補足的に記事にして載せたら、東京新聞の編集部を経由して、「良かったら、これを使って下さい」着物の裏地を送ってくれた方がいました。
 
2018082732.jpg
絹の生地を普通のハサミでジョキジョキ。短冊形に切ったモノを、星状に並べる。柄になるモノを、星の真ん中に立てて布をまとめててるてる坊主に。そして、てるてる坊主をひっくり返して、もう一度まとめるとハタキに。
 
2018082721.jpg
長短二つのハタキ。一つは虫取り網の柄、もう一つは小さな熊手の柄。ともに100均で購入。長い方は、欲張って短冊をたくさん使ってみたら、重たくなってしまいました。ハタキをパタパタするだけで、けっこうな運動。

そして、これは9月8日掲載記事のネタになりました。

最後になりましたが、送って下さった千葉県のWさん、ありがとうございました。
 
12:08  |  家事・子育て  |  Comment(0)

やんちゃ村京都一周トレイル4分割その4を走りました

2018.08.19 (Sun)

2018082714.jpg
やんちゃ村主催「京都一周4分割マラニックその4」を走りました。その4は2016年の参加(この時)以来2年ぶり。あの時は、あまりの暑さに松尾山へは行かず、渡月橋からそのままショートカットしてゴールしました。2年前は10時頃で36℃。今年は、スタート時点(9時半過ぎ)で29℃。かなり涼しい感じ。コースが少し変更されていて、スタート地点も以前は鞍馬口だったのが、今回はJR花園駅前。
 
2018082715.jpg
前半は京都一周トレイルコースまで上り一辺倒。登りはともかく、下りが全然ダメなので、登りで追い抜いた人以上に追い抜かれる。まぁ、競争ではないので気にはならないけど、後半への温存もあってユルユル。

2年前はシンドくてショックが進まなかったおにぎりエイド。今年は涼しさもあって問題なし。そのうち、ラフティングツアー(この時)でご一緒した岡山さん達と合流。彼らはこの先の「ドボン」(川に飛び込む、浸かる、冷やす)を楽しみに、このイベントに参加している人達。僕も前回、しっかりドボンしなかったから、シンドくなったのかも?というのもあって、今回はしっかりドボンするべく、それ用の準備も(濡れてもジュクジュクしない靴下を履くとか)。
 
2018082716.jpg
ドボンタイム。ドボンのスタイルは人それぞれ。服も靴もそのまま入る人もいるし、靴を脱いで入る人(僕はこれ)、服も脱いで(上だけね)入る人。ソロリ入る人、イキナリ飛び込む人。

僕も岡山さんとドボンポイントに来ると、ザックを下ろして靴と靴下を脱いで、ソレー!

2018090101.jpg
山の中の川の水はやっぱり冷たくて、チョー気持ちイイ!ボチボチ気持ちよくなって、川岸で身体が乾くのを待っていたら、後から顔見知りのランナーが来て、「せっかくやし」とまたドボン。で、出たら、また知り合いが到着してドボン。そんなことを繰り返しているうちに45分間もドボン地点で過ごしてました。

熱中症はどこへやら、どっちかというと低体温症?という感じに。2年前は暑さでやられた六丁峠は、汗一つかかず(かけず)涼しい顔してクリアー。
 
2018090102.jpg
六丁峠からは、またまた苦手な下り坂。
 
2018082717.jpg
降りきると渡月橋。今回は、ドボンで十分冷やしたおかげで調子もいいので、コース通り松尾山へ。
 
2018082718.jpg
2年前はショートカットして登らなかったし、その後も登る機会が無く、松尾山を登るのは今回がはじめて。なかなかナンギな山でした。ちょっと視界が開ける場所からは、足下に渡月橋。ちょうど真下に見える感じ。

松尾山を登ったら、あとは下るだけ…と思っていたら、意外と登って下りて登って下りての繰り返し。3回くらい過ごして、ようやく苔寺谷(京都一周トレイルコースのゴール)。
 
2018082719.jpg
苔寺谷からゴール地点の上野橋までは、アップダウンはないけど、街中を走るし、疲れもあるからタイヘンかと思いきや、途中で越える阪急嵐山線で、タイミングのいいことに踏み切りで引っ掛かり、しかもラッキーなことに僕の小学校時代の憧れの特急6300系がやってきた。鉄ちゃんランナーは、これだけで十分元気になれます。

2018090103.jpg
最後まで元気よく所定コースを走り切れゴール。一昨年できなかった完踏ができて満足。中盤以降は岡山さんとランデブー走行でした。

 
22:30  |  ランニング  |  Comment(0)

久しぶりにトレイルラン

2018.08.16 (Thu)

2018082729.jpg
今シーズンは、なかなかトレイルランニングをする気持ちが入らず、ズルズルと8月半ば。毎年4月に入る山岳保険も、今年は8月に入って、ようやく加入。というわけで、雨降りを覚悟で、ラン友のトールと京都一周トレイルの東山ルートに出掛けました。

とりあえず、天気の様子を見ながら行けるところまで行こう!できれば20kmくらい走ろう!と伏見稲荷から入り、清水山を越え、蹴上まで来たところで、雲行きがかなり怪しい。ここから大文字山に入るんだけど、すでに上は霞んでいる。8月16日の大文字山は、早く上がってサッサと降りないと、この後の「五山の送り火」の準備に入るので立ち入り禁止に。
 
2018082712.jpg
というわけで、大文字山には登らず、南禅寺に寄り、そこから哲学の道を走ることに。
 
2018082713.jpg
恥ずかしながらワタクシ、哲学の道を端から端まで通ったのは、今回が初めて。途中からや、途中までは何度も何度もあるのに、「そういえば…」と思い返すと、今回が初めてでした。全部通ったからといって、急に哲学的思考力が高まったか?というモンでもないけど、なんとなくウレシイもんです。

 
22:18  |  ランニング  |  Comment(0)

いろいろあったこと

2018.08.14 (Tue)

2018082709.jpg
8月10日隣駅近くのお寺でお盆の準備。このお寺の名前が「観音寺」。香川の人間なら、これは「かんおんじ」だけど、こっちではなんと読むのかな?もちろん弘法大師の像があります。
 
2018082710.jpg
東京新聞の連載記事で「草ぼうき」について書きましたが(この記事)、それを購入したのがこの荒物屋さん。昭和臭プンプンの店。これまで、何度も何度も前を通っていたのに、「え?こんな店あったっけ?」という店。それもそのはず、店主の都合で午後しか開いてない。午後といっても遅い時だと15時頃からのオープン。店主は高齢の人かと思いきや、意外と僕世代でした。いろいろ掘り出し物がありそうなので、ちょくちょく訪れてみよう思ってます(開いてればの話ですけど)。
 
2018082711.jpg
8月14日、久しぶりに我が家で撮影がありました。8月25日の日経新聞土曜版「NIKKEIプラス1」に僕が書いた記事が載りましたが、その記事の写真撮影でした。カメラマン一人での撮影だったのですが、一人撮影ならではの工夫を見せてもらったり(例えば自作のストロボスタンドとか)、チョットしたアシスタント(料理の湯気を意図する方向に扇いだり)楽しい撮影でした。

2018082734.jpg
5種類の料理を撮影したのですが、料理の撮影ってタイヘンだわ。料理本となると、最低この20倍は必要。きっと撮りきる頃にはヘトヘトになるだろうな。僕は、手順説明のわかりやすさでいうと、実は写真よりもイラストの方が分かりやすいと思うんです。必要な情報だけ描けますから。ただ、完成品の様子は写真の方が伝わると思います。

基本、一人仕事で、あとはメールのやり取りで仕事が進んで行く僕にとって、久しぶりに生身の人とコミュニケーション取りながらの仕事は刺激もあってイイ経験でした。
 
21:24  |  日々の出来事  |  Comment(0)

加奈子、今年も無事に帰ってきました

2018.08.12 (Sun)

2018082705.jpg
昨年の夏合宿(この時)に続いて、今年も山岳部の夏合宿から無事に帰ってきました。今年は、南アルプス白嶺三山縦走。
 
2018082706.jpg
出発前のザックは13.7kg。登山する人にとって、この重さが重たいのか軽いのかはともかく、僕のような山を走るトレイルランナー(と言ってイイのかどうかのヘッポコだけど)にとっては、とてつもなく重たい荷物。寝袋やジャケットはかなり軽いのを持たせているけど、テントなどの団体装備はかなり重たい。部員それぞれが分担して運ぶんだけど、これがなかなか。水だけ注げばできる食事もあるけど、大会では切って煮てという競技種目もあるみたいなので、合宿でもその練習。その分、装備は重たくなる。
 
2018082707.jpg
台風13号の通り過ぎた8月9日の早朝、甲府駅に高速バスで到着。そこから広河原へ移動し、白根御池小屋→大樺沢二俣→八本歯のコル→吊尾根分岐→そして北岳山荘キャンプ場へ。
 
2018082730.jpg
翌日、北岳山荘キャンプ場に荷物を置いて、軽い荷物で北岳へ登って降りて。
 
2018082708.jpg
去年、雨&ガスの頂上が続いたのに比べると、ウソみたいに天気のいい山頂。
 
2018082731.jpg
この日は、北岳の後、間ノ岳もアタックして、農鳥小屋キャンプ場で泊まりの予定…のはずが、農鳥小屋のオヤジ(かの有名人)が「天気がくだり坂なので、次まで行け!」と言うので、農鳥岳を越え、大門沢下降点から奈良田キャンプ場まで、翌日までの移動分を一気に移動。朝4時に北岳アタックを開始して、白嶺三山を一日でクリアーする13時間半の山行。加奈子史上、最長の移動時間?普通に歩くのでもタイヘンな時間を、山でそれをやり切るとは…若いのぉ。

前日に、翌日分を歩いてしまったので、翌日はほとんど移動ゼロ。後半はユルユルだったせいか、帰ってきてからのグッテリは、去年と比べてもかなりマシ。

#晩ご飯 #四川式回鍋肉 #ラフテー #生春巻き #小松菜の山椒炒め

Ryo Yamadaさん(@ryoyamada)がシェアした投稿 -



帰宅に合わせて、加奈子の「また食べたい」リストにあった、豚の角煮や回鍋肉、生春巻きなどを用意。「久しぶりにマトモなご飯や!」とものすごい勢いで完食。

今回は、行きのバスも途中のテント泊も、かなりよく寝られたそうな。2年目となると、予想できる範囲が広くなったのか、去年みたいな緊張でガチガチ、そして疲れてヘロヘロということはなかったみたい。そういや、去年は雨でコース変更になり、帰りは富山から普通列車を乗り継いで帰ってきたけど、今年は「特急ふじがわ」から新幹線を乗り継ぐ予定どおり帰りで、これも楽要因だったのでは?

とはいえ、「山はもぉしばらく登りたくない!」とのこと。

 
23:04  |  家事・子育て  |  Comment(0)

加奈子と買い物へ

2018.08.07 (Tue)

2018082703.jpg
8月8日から夏合宿で南アルプスの白峰三山を縦走予定の加奈子。思えば、昨年の夏合宿は大雨に降られ、ズボンも靴下も登山靴もズクズクで北アルプスを縦走。今年も台風が直後の南アルプスになることが決定。台風一過の晴天になれば!とは思うモノの、足下はドロドロでは?という予感も。僕も、「京都一周4分割マラニックその4」でドボン(川に浸かる)予定。

加奈子も僕も、濡れてもすぐ吸収してくれる靴下が必要。ということで、一緒に京都寺町のトレイスフェストへ。靴下を買いに行ったはずが、いつの間にやら登山靴も買うことに。これまで履いてきたキャラバンも、そういえば穴が開きかけていたり、だいぶん傷んでいたので、(登山靴としては)軽量でローカットのテクニカに乗り換えることに。ローカットになったぶん、足首の保護が気になるため、テーピングでカバーするべく「ニューハレXテープ」と「ロールテープ」を購入。
 
2018082704.jpg
結局、登山靴に靴下、テーピング素材、補給食などゴツイ買い物をすることに。せっかく四条河原町に来たから「ついでに」と、最近の加奈子のお気に入りの古着屋へ。そこで、見付けたマスター・ヨーダ様のTシャツ。一目惚れして購入。もう一着ロングTシャツも購入。古着は一点物なので、「また次来た時に」だと、たいてい会えない。一期一会。値段も手頃なのもあって、ピンと来たら購入。なんだか学生時代に戻った感覚。あの頃も古着ばっかり買ってた気がします。そういや、ステージ衣装はたいてい古着だったな。

 
22:41  |  日々の出来事  |  Comment(0)

やんちゃ村の5時間走練習会を応援する

2018.08.05 (Sun)

2018082701.jpg
8月5日日曜日、近所のやんちゃ村が主催する「ウルトラマラソンのための練習会 5時間走」の終盤の時間帯に応援にいきました。なにしろ、練習会のコースは普段僕が走っている北堀公園や桃山御陵の丘。しかも、前日4日のお昼にはやんちゃ村へランチを食べにいったばかり。

実は、4日ランチを食べに行ったのは、19日開催の「京都一周トレイル4分割マラニックその4」の申し込みと、チームやんちゃ村への入会も兼ねてのこと。

いったいどんなコースを5時間も走るんやろ?どんな人が走るんやろ?などなど興味もあって、消炎スプレーを数本もっての応援。練習会に応援してる人がいるというのは予想外だったようで、それなりに喜んでもらえたような気がします。

しかし、炎天下で気温も35℃以上という悪条件下、もうすぐ5時間というのにヒョイヒョイと走る人もいるんですね。富士山でガイドをしているという女性でしたけど、見事な走りっぷりでした。
 
2018082702.jpg
ところで、この応援に履いていったのは、マイドの「HOKA ONEONE CLIFTON」。2016年の大阪ハーフマラソンの直前に買って以来、約1400kmのお付き合い。最近、履いてなかったので、久しぶりに履いてみたら、「幅狭っ!」と感じるように。足が広がったのか、靴が狭くなったのか?もう十分距離も履いたし、大会にも何度も履いて出たのでモトはとれたと判断して処分しました。

 
21:37  |  ランニング  |  Comment(0)

TDL & TDSへ行ってきた

2018.08.02 (Thu)

2018073101.jpg
7月31日から8月2日まで2泊3日で東京ディズニーリゾートへ出掛けてました。京都を6:14に出発する朝一番の「のぞみ200号」で東京へ。シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルに荷物を置いて、チケットを買って、イザ!のディズニーシー

ディズニーリゾートに来るのは、2009年9月ぶり(この時)。加奈子と和子さんは、去年2人で行ってました。今年2月にアナハイムのディズニーランド・パークに行ったので(この時)、今年2度目のディズニーランド。9年前の東京ディズニーランドとはエライ違い。外国からの客の数がスゴイ。韓国、中国はもとより、タイやマレーシア、インドネシアと思われる人達も。
 
2018073102.jpg
ディズニーシーは、パイレーツ・サマー・キャンペーン中でした。パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”は、前の方で見ている人達は、ホンマにザブ濡れになってました。といっても最高気温34℃だったので、気持ちよさそうだったしすぐに乾いたことでしょう。
 
2018073103.jpg
今回もいろいろ乗りました。レイジング・スピリッツ。
 
2018073104.jpg
センター・オブ・ジ・アース。
 
2018073105.jpg
前回、加奈子と和子さんが行った時に「ヨカッタ」と言っていた、タワー・オブ・テラー。仕込みはなかなかオモシロイ。さすがに、フリーフォール自体はディズニー仕様のカワイイ落差。それでも、加奈子は大盛り上がりでした。
 
2018073106.jpg
夜の楽しみにしていたアクアトピアは、機材点検のために一次運休状態。夜遅くまでパークは開いているモノの、アトラクションやレストランは早めに終わっていき、「はてさて、どこへ?」に。ウロウロしていたら、“サルードス・アミーゴス!”グリーティングドックの場所に行き着く。しかも、ちょっと覗くと、そんなに待ち時間もなさそう。ミッキーよりもドナルドの加奈子はノリノリ。僕らの順番の前に、ドナルドは一度「服を着替える」ために裏へ。早き替えのドナルドが出てきて、ひととおり撮影。これで終わりかと思ったら、
 
2018073107.jpg
「ややっ!」
というドナルドの動き。僕ら父娘の顔をキョロキョロ見ながら、指さして驚きのポーズ。顔がそっくりだと言いたそうでした。

今回、加奈子がハマったのはマーメイドラグーンシアター。アリエルの歌がヨカッタそうな。以前にも見ているはずなんだけど、「その時はわかってなかったわ」とのこと。年齢とともに、良さが広がってる。よきことです。帰宅後も、しばらくは「そして歩く なんて言った? ああ!足!」と歌ってました。
 
2018073108.jpg
2日目はディズニーランド。東京ディズニーリゾート35周年 “Happiest Celebration!”イベントはシーよりもランドの方が全面にアピールしている感じでした。
 
2018073109.jpg
前から、なかなか入る機会のなかったクイーン・オブ・ハートのバンケットホールへ。朝、かなりシッカリ食べていたので、ここでは軽く。ハートの女王やチシャネコの造形が映画と少しずつ違っていて、どうも気分が乗りきらない感じでした。
 
2018073110.jpg
ビッグサンダーマウンテン。とりあえず、これに乗って気分盛り上げ。スペースマウンテン、スプラッシュッマウンテンという、マウンテン3種盛りは外さず。
 
2018073111.jpg
和子さんの昼寝スポットが、このスイスファミリー・ツリーハウス。なんてったって人は少ないし、静かだし、風通しはいいし。のんびり過ごすには最適!だそうです。
 
2018073112.jpg
新しくなったイッツ・ア・スモールワールド。
 
2018073113.jpg
夕食は、グランマ・サラのキッチン。スプラッシュマウンテンで、滝壺に落ちた後、いばらの茂みに帰る場面で見掛けるカフェ的な場所。長年、「あそこへはどうやって行けば?」と思っていたので、今回無事に解決。

9年ぶりのディズニーリゾートは、ランドもシーも、食べ物が美味しくなっていた。前ほど、キャラクターがテーマパークないに現れることはなかった。キャスト(スタッフ)の数が以前よりも減っているように感じた。

2日とも暑かったけど、それなりに対策していったし、海がすぐ近いせいか、風はイイ感じに吹いていたので、それほどシンドくは感じなかった。
 
2018073114.jpg
3日目は、ディズニーリゾートを離れ都心をウロウロ。来年は大学受験なので、大学を見て回ろう!と出発。まずは慶應義塾大学大学三田キャンパス。ところが、加奈子はディズニーでの疲れが出たのか、都心の蒸し暑さにバテバテ。
 
2018073115.jpg
というわけで、あちこち回ろうプランは変更して、慶應の次は東大で終わり。東大は、オープンキャンパスの日だったようで、高校生らしき人達がイッパイ。模擬授業も各所で行われていた模様。そんな事前調査はまるでなし。銀杏メトロ食堂でカレーライスを食べる。売店で東大グッズを買う。あとは…と構内を歩いていると、見覚えのある顔。京都ノートルダム女子大学で、毎年、僕を講座講師に呼んでくれる岩崎さん。そして横には彼女の話によく登場する息子さん。帰省ついでに母校訪問中だったのかな?

帰りに、「せっかく本郷まで来てるのなら」と御茶ノ水に寄ってもらい、楽器屋さんを覗く。で、楽器屋から出てフト見ると、目の前に明治大学。治大学もオープンキャンパスの日だったようで、人がたくさん。事前申し込みがないと入れないらしく、売店でグッズを買うだけに。

本当は、お茶の水女子大学やキャンパスがオシャレと噂の立教大学も覗こうかと思ってたのですが、以前は関東の大学を第一志望にしていたのが、どうも最近、関西の大学を第一志望に変えたようで、あんまり興味自体も薄らいでいた様子。ま、それはそれでアリ。

 
22:50  |  日々の出来事  |  Comment(0)

吉野川でラフティングデビュー

2018.07.29 (Sun)

2018072801.jpg
6月中頃、ラン友の岡山さんから「吉野川ラフティングって興味ない?」というメッセージあり。「やったコトないことをやってみたい」気分だったので、即答で「行きます」と返信。それから一月とチョイ。想定外の”逆走”台風12号がやってくる前に川下り!というギリギリのタイミングは7月28日。

早朝というのに、わざわざウチまでお迎えに寄ってくれる岡山さん。ランナーやクライマーや釣り人は、こういう人多いよね。そこから一路、徳島県小歩危へ!車内のBGMは、僕と岡山さん共通の趣味である80年代ハードロック!!ホワイトスネイク、MSG、スコーピオンズ、レインボーもあったかな?

で、音楽談義に夢中で、なぜか阪神高速神戸線に突入。「なんか車多いな…」と思ったら、阪神高速だったという話。とはいえ、朝の早い時間帯。たいした渋滞に巻き込まれることなく明石海峡大橋。そこから淡路島縦断からの鳴門大橋。そして徳島道を西に走り、井川池田ICで降りる。そこから下道。「あれ?行き過ぎた?」と気付き、引き返した道はクネクネの山道。しかもナビには、「災害で通行止め」表示。「おいおい大丈夫か?」と現場を過ぎると普通に通れる。後から聞いた話、行き過ぎた道の方が道幅も広くクネクネも少なく、しかも現地まで早く行けたらしい。

とはいえ、現地まで休憩一回で行ききれる岡山さん。さすがマラソンランナー。
 
2018072802.jpg
賢見ラフティングの集合場所。到着したのは10:40頃。11時の集合時間にちょうどイイ時間。一緒にツアーする女性4人と合流。聞けば、僕以外は全員経験者。しかも、このケンミツアーの常連らしい人も。
 
2018072804.jpg
ここで、ウェットスーツやシューズのサイズ合わせ、そしてツアーや保険の説明。コース図もあるんだけど、はじめての人間には「なんのこっちゃ?」な世界。とにかく行って、見て、ドヒャ〜しないとわからない。海外でこの種のツアーに参加すると、おどろおどろしい謳い文句のわりにショボいこともあるので、緊急事態の説明以外はあんまり頭に入ってない。
 
2018072803.jpg
「本日の水位は78cm!通常レベル!」というけど、水位が低いとどうなるのか?高いと世界レベルってどんなん?という感じ。説明のお姉さんはオモロイし、ウチのボートのガイドはベテラン勢とは顔なじみらしいし、とにかくスタッフ的には大丈夫そうなので、とりあえずお任せでエエ感じかな?でした。
 
2018072805.jpg
で、説明の後は、さっさと着替えて、「それ〜!」とバスに乗って出発地点に移動。ウェットスーツ着てバスに乗って移動だけで十分暑くて、「はよボートに乗せてぇな!」状態。同時に出発したのは、僕ら6人が乗るボートと、高松の理学療法士(PT)の専門学校時代の友達6人のボート。こっちは22歳グループとあって元気ノリノリ。そのノリにこちらの関西人ボートも「いったろやんけ!」モードに。
 
2018072806.jpg
ラフティングデビューというのもあって、どこがどうで…という説明はできないけど、とにかくザッパーン&ドッパーン状態。最初は余裕こいて、自分から川に落ちたりしてたけど、そのうちだんだん疲れてきて、ボートに上がるのがシンドクなる。最初のハイペースはどこへやら?

途中、激流でヘルメット同士がゴッツーン★とぶつかったり、なかなかハードな場面も。激流に巻き込まれる→水かぶる→息を吸う→そこに横からのうねりがくる→口&鼻から水が入ってくる。しかも大量→息できない=ボートの上で溺れてる状態とスリリング。昔、遠州は新居でボディーボード中、波に巻かれて海底に頭衝突+息止まるという経験があったので、あの時ほど慌てずすんだけど、はじめてだったらパニックだったかも。ボートを見たら、みんな息止まってた感じでした。

天然の(レールからはずれた)ジェットコースターに乗っていた感じかな?「ボートに乗って川下りでしょ?大丈夫やろ」と思ってナメてました。それに、吉野川といえば、利根川や筑後川と並ぶ、日本三大暴れ川ですもんね。とはいえ、基本、ライフジャケットを着てるし、ヘルメットも着けてるし、スタッフもいるし、守られてるスリル。

飛び込みもお約束で参加。4段階の低い方から2つ目で。
 
2018072807.jpg
ラフティングの後は、温泉へ。部屋に帰ってから、BBQの時間まで、岡山さんと意識不明。すでに焼き始められていて、ちょうど第一陣が焼き上がる頃に参加。女性陣4人が焼いてくれるし、あ〜極楽極楽。ひととおり食べて、飲んだ後、皆さん部屋に帰っていくんだけど、せっかくなので隣のグループ(半分アメリカン&カナディアンのグループ)に合流。

ここから、お互いのiPhoneに入っている曲当てゲームに。アメリカン&カナディアン相手に「じゃぁ、これはどうや?」「Oh!I know!But title is…」「surrender?」「No!absolutely No!」と遊んでやりました。これは、もともと岡山さんがVAN HALENのTシャツを着ていたのを見て、「お!VAN HALEN好きか?じゃぁ、この曲も知ってるな?」から始まったのでした。

彼らは、同じくらいの世代だったのに、70年代から80年代から最近の曲までけっこう網羅していて驚き。音楽が生活の中にシッカリ根付いてるんだろうね。僕は、昔の曲ばっかり聞いているので、最近の曲は加奈子経由でしか知らない、今日この頃。

その彼らが悶絶して曲名が出てこなかった一つがベリンダ・カーライルの「ヘブン・イス・プレイス・オン・アース」、「歌の中で曲名を連呼してるやん!」って言っても「わからん、ここまで出てきてるのに」とウンウン言ってました。答えを教えたら「クッソォ〜!」と吠えてました。

そんな彼らと結局23時頃まで賑やかに過ごしました。
 
2018072808.jpg
夜の間に台風が通過し、翌朝は曇ってはいるものの、雨も風もたいしたことない。小歩危は水墨画のような光景。
 
2018072809.jpg
帰りは「あわじ花さじき」に寄って休憩。
 
2018072810.jpg
オッチャン2人でJUMP!
 
2018072811.jpg
お昼ご飯は、行く店行く店がことごとく台風の影響で閉店中。結局「道の駅あわじ」へ。

下から見上げた明石海峡大橋の、
 
2018072812.jpg
今度は上を通って本州へ。
 
2018072813.jpg
帰りは、新名神高速道路を通って帰ることに。新名神といえば、宝塚北SA。初めて立ち寄りました。
 
2018072814.jpg
宝塚といえば宝塚!宝塚といえばベルばら!!この日も台風通過後、大盛況でした。

29日(日)の16時頃帰宅。自宅も別宅も台風の被害はなく、途中も終わってからも楽しい週末でした。岡山さん誘ってくれてありがとうございました。
 
23:12  |  旅行  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT