FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

奨学金の返済終了

2018.12.28 (Fri)

昨日(12月27日)、口座から179,646円が引き落とされていました。
毎年、この時期に引き落とされる179,641円よりも、
今年は5円多い最終回スペシャル額でした。

そして、これをもって、僕の奨学金返済は終了となりました。
バンザイ!万歳!バンザーイ!!

今の講演と執筆という仕事をしていると、収入は多い年もあるけど、少ない年もあるので、年末が近づき、「今年は大丈夫かなぁ?」と不安になった年も何度か経験。

脱サラして大学院に進学した、修士課程の2年間だけ奨学金を受け取ったのですが、その返済には、ずいぶん長くかかった気がします。

たった2年分でもこの返済負担感。
奨学金という名前は付いているけど、借金は借金。債務を負って社会人になるというのは、僕のような脱サラ組はともかく、これから社会に出て行く若者には、とてつもない重荷なのは間違いないことだと思います。できることなら、借金なしで勉強や研究ができる環境があれば…と思います。

僕が無事に全額返済できたのは、ただただ運が良かったからだと思います。大きなケガや病気にもならず、家族も元気で、親も介護や経済的な心配がなく、そして、途切れることなく仕事の機会も与えてもらえ、本当に恵まれていたと思います。

一時は「自分の人生どこまで落ちるんやろ?」という時期もありましたが、そこから這い上がれるキッカケの一つが奨学金だったかもしれません。少なくとも金銭的には余裕をもって、研究領域とは少し関係が薄い領域の本を買ったり、研究会や交流会に出られました。そのおかげで、修士課程から博士課程に進学して研究対象が変わっても、さらには研究から退いた後の、今の仕事の理論的な基盤を形成することができたのだと思います。

とにかく、返済が終わって一段落。ここらで祝杯でも挙げたいところだけど、明日、締切の連載原稿があるので、それまではお預けです。

 
23:02  |  日々の出来事  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |