FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

第8回大阪マラソンに向けて

2018.11.21 (Wed)

2018112101.jpg
第8回大阪マラソンに向けて、準備進行中です。

体調は去年よりもはるかにマシ。去年は、普段の生活をしている中でも、フラフラしたりグラグラしたり、走ってもスッキリしないことが多かったのですが、今年はそんなことなく無事に過ごせています。

とはいえ、大阪マラソン2015の時のような4時間切り(サブ4)ができるレベルかというと、全然そんな状態ではなく、4時間半くらいで完走できたらイイくらいのレベルです。ということなので、タイムを取りにいくランではなく、エンジョイするランを目標にしてます。

冒頭のジェル画像は、京都のトレイルフェストでアドバイスもらいながらのチョイス。エネルギー切れ対策と、ミネラル切れ対策がメイン。それプラス、足が痙った時よう対策という、タイム出すぞ!セットではなく、完走セットです。
 
2018112102.jpg
どうせエンジョイランなら、ということで、ここ数回の大会で被っている真田信繁(幸村)帽子を被って出ようと目論んでおります。上の画像はホノルルマラソンの様子。これを被っていると「ゆきむら~!」という応援から「Samurai!!」「Shougun!!」という声も掛けてもらいました。わりとわかりやすいアイコンですね。

おりしも11月25日の大阪マラソン。その一週間後の12月2日は真田丸の戦いの日。大坂城をスタートして、大坂冬の陣で家康の本陣があった茶臼山の横を通り抜けて、住吉大社に抜ける真田信繁。なんともオモシロイ展開。ただ、信繁は、大坂夏の陣で、四天王寺付近で討ち取られているので、24km付近からパタッと足が止まる可能性も?

しかも、今年の大阪マラソンの参加賞Tシャツは「赤」。真田軍といえば「赤備え」。こりゃ、「あの帽子しかあるまい」というわけで、今回は、この信繁帽子で出陣することに。
 
2018112103.jpg
しかし、この帽子にはものすごく大きな欠点があるのです。とにかく暑い!とくに額の部分。ここに分厚いスポンジが使われていて、通気性は最悪。ホノルルマラソンもここに暑さがこもり、後半はモワァ~ンとした感じに。

画像は、立物としころを取った様子。スナップで付いているので、外すと普通に洗えるのが便利。
 
2018112104.jpg
この額部分に「はとめ」で穴を空けました。真田の家紋といえば「六文銭」。六文銭を4カ所に。

「はとめ」という物の存在は知っていても、それが「はとめ」という名前であることが、わからないくらいの手芸初心者。いろいろ調べて、それが「はとめ」という物で、どうやらハンマーで打ち付けるらしいと。「そういえば、近所に手芸に詳しい人がいたな」と思いだし、そのママ友さんに聞いてみたところ、「道具?貸しますよ」と言ってくれたので、ずいぶん助かりました。あとは、輪っか状の「はとめ」を「ユザワヤ」で買ってきて、リビングでガンガン★と作業。

最初は、叩きすぎて、縁をつぶしてしまいました。が、4つめくらいからは慣れてきて、穴空けも「はとめ」付けもスムーズ。最初は3つずつだったんだけど、楽しくなってきて6つ並びの4カ所に。

ところが、今朝これで走ってみたら、あんまり効果が感じられない。やっぱり暑い。
 
2018112105.jpg
そこで、もう少し大きな「はとめ」を買ってきて、さらに8つの通気口を確保。これで、中の蒸れは相当解消されるはず。もはや帽子としての強度はないんじゃないかと思いますけど。
 
2018112106.jpg
立物としころを付けると、こんな感じ。真正面から見ると、穴はあんまり目立ちません。とりあえず、前頭部に暑さがたまって、フラフラになってリタイアすることだけは避けられるのでは?と思います。

当日は、天気もイイみたいなのでヨカッタです。半袖半パンで走る予定。もう以前みたいに、タイツとかアームカバーとか付けなくなりました。なんもないのが楽でイイです。

無事完走!これが目標。

ここ数日、ガーミンは、「君、今のVO2Maxの数値(48)やと、3時間27分でゴールできるで」という予想タイムを割り出しています。「そんなアホな」と思いながらも、「もしかして」と思ったり。でも、今朝(ちょうど25日の予報と同じくらいの気温)、この帽子被って、当日、抱えて走る分のジェルやタブレットの重さを持って走ると、そんな3時間27分でゴールできるような状態じゃございませんでした。「色気見せず、欲出さず、いさぎよくエンジョイRUNしなさい」と身体の方が訴えておりました。

 
20:39  |  ランニング  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |