FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

和歌山へ日帰り往復

2018.10.15 (Mon)

10月13日和歌山市での講演で日帰り往復しました。帰りはともかく、行きはヒヤヒヤの旅路でした。

もともと数日前からの急激な温度差で、アレルギー性鼻炎を発症。一週間前にやや涼しい日が続いた後の、夏の暑さが戻ったあの日から鼻水ズルズル、クシャミ連発。薬でだましだましの日々。朝起きると、「あ、今日はだいぶんマシ」という状態。

普段通りの準備をして、天王寺までは順調。ところが、ホームに着くと…

2018101401.jpg
乗ろうと思っていた「くろしお1号」は約10分の遅れ。後発の関空快速に追い抜かれている状態。これは微妙な駆け引き。特急を諦めて先発になる快速に乗るか?いやいや阪和線は待避線が多いので、快速は特急に抜かれる可能性大。表示の通りなら、5分後には「くろしお」は鶴ヶ丘か杉本町で追い抜くはず。

そう思いながらも、天王寺についた関空快速の車掌に来てみると、「日根野まで快速に乗って、後ろの特急に乗れば、和歌山へは似たような時間に着きますよ」と言うでないの。「え~そんなに特急はヨレヨレなんか」と驚き。一回は快速に乗り込んだものの「いや待て待て」とホームに戻る(停車時間長いんで可能)。そしてホームで関空快速が発車するのを見送る。

さぁて、これが吉と出るか?凶と出るか?
特急の優先性に途上国のように、臨時でダイヤを引く技術が未熟な場合は、先に着た列車が先に到着する場合が多い。追い抜きのための待避線が少ない路線も、先に出発した列車が先に到着することが多い。ところが、阪和線は前に書いたとおり、待避線が多く、あちこちで追い抜きが可能。しかも、列車の遅れはしょっちゅう。臨時でのダイヤ組みもお手の物のはず。

特急に賭けたのに、関空快速が出た後に「遅れ14分の表示」。そして、くろしお1号オーシャンアローが天王寺を出た時には15分遅れに。そして特急らしからぬスピードで大阪市内を抜け大和川の橋を渡る。こりゃホンマに快速の方が先に和歌山へ着くんじゃ?と思うくらい。結局、関空への分岐点である日根野までも遅れは取り戻せず。そして、日根野を出た時に聞こえたアナウンスは、「和歌山へは9時9分の到着予定」と聞こえる。17分遅れになっとるでないの。

和歌山で「くろしお」からわかやま鉄道貴志川線に乗り換える予定。時刻表通りなら、「くろしお」は8:47に到着。8:52発の貴志川線に乗る予定(プランA)。5分の乗り継ぎは、遅れ頻発の阪和線ではハイリスク。そこで、8:52発に乗れなくても、次の9:09発(プランB)でも間に合うように「くろしお」を設定していたのに、その9:09発すら乗り換え時間ゼロで不可能に。それでも、その次の電車(プランC)でも間に合うことは間に合うという三段構え。でも、それはさすがにギリギリ過ぎて、僕も講演主催者もハァハァゼェゼェだしヒヤヒヤ。

もはや、このハァハァゼェゼェになるのか思っていたら、日根野を出発すると俄然、特急らしくなってきた「くろしお」。しかも自慢の振り子機能が作動しているかのように、カーブでの減速がない。山を越えた下りも、カッ飛ばす。これぞ低重心の振り子列車や!スルスルと山を下っていく!
 
2018101402.jpg
そして、和歌山駅に到着したのは、8:49!遅れを15分取り返し、2分遅れで到着に。ウソみたいな短縮具合。よく頑張った!というか、おそらく日根野までは日常的に遅れるので、その遅れをあらかじめ入れ込んだ到着時刻にしてるんじゃ?と感じるくらい。
 
2018101403.jpg
そして乗換時間3分ながら(プランA)に間に合う!和歌山駅は何度も利用しているので、貴志川線のホームが白浜よりの陸橋では行けないことも承知。大阪寄りの地下道を通って、料金の250円をあらかじめ手に貴志川線の改札で切符を購入。僕の後ろから数人の客が、貴志川線目指して走って来たのを見て、間に合った!と確信。切符の購入でモタモタしている隙に、ホームで一枚。

おもちゃ電車やぁ!
 
2018101404.jpg
日前宮駅で、「おかでんチャギントン電車」と行き違い。
 
2018101405.jpg
目的地の岡崎前駅では、「うめ星電車」と行き違い。

和歌山駅まではヒヤヒヤバタバタな旅でしたが、和歌山駅からはウハウハな旅になりました。
 
2018101406.jpg
講演を終えて、帰りは和歌山市駅まで送ってもらいました。南海は、遅れも少ないし特急も安いし。帰りは「サザン・プレミアム」でゆったり。講演の疲れか、乗り鉄の僕が、尾崎駅の次に気が付くと大和川を渡っていたというくらいの熟睡。

難波から御堂筋線で淀屋橋。淀屋橋からはお京阪。始発駅から座席確保でまたまた熟睡。今度は樟葉駅で目が覚める。乗り過ごすことなく無事に帰宅。結果オーライ。帳尻があえば、途中のドタバタもネタとして楽しめます。すべて順調というのは、その時はイイんだけど、後から思い出すと退屈。とはいえ、仕事での移動は、なるべく順調であってほしいもの。
 
23:17  |  旅行  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |