FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

「神宗」といえば

2018.09.18 (Tue)

2018091801.jpg
先日の台風21号が通過した際、近所でもお地蔵さんの屋根が飛んだりしたわけですが、そのお地蔵さんの向かいにある家の門(校門のような鉄製のガラガラ引くタイプ)が倒れていたので、お地蔵さんの屋根を直したついでに、門も起こしてレールにはめときました。

一昨日、その家の息子さんが、お礼に来てくれました。その時、この「神宗」を頂きました。なんと懐かしい「神宗」。大阪で暮らしていた頃は、あっちこっちのデパートで「神宗」の店を見掛けたもんです。

そういえば、京都に来てから一回も見たことがない気がする…と思って、京都人の和子はんに「神宗って知ってる?」と聞いたら「知らんわぁ」と。大阪の塩昆布や佃煮の老舗なんですけど、京都に入ると、あんまり知られてないんです。京都の高島屋にも「神宗」入ってるんですけどね。

僕の周囲の人も、京都ネイティブの人は「知らない」という人が多数。一方で、ちょっとでも大阪と関わりがあった人は、「あぁ神宗!」という感じ。

僕はたまたまデパートの配送部門で働いていたこともあり、神宗はその時、お祝いのお返しかなにかで山積みされているのを見て、初めて知りました。

そんな「神宗」とのご縁だけど、大阪は他にも塩昆布や佃煮で有名な店がいくつかあります。

僕が27歳の時だったか、社会福祉士の受験資格を得るために実習していた児童養護施設でのこと。食の細い小2の女の子がいて、ご飯はいつも最後まで食べてる子でした。実習生の僕は、その子の食べ終わりまで待たないと、食器の片付けができない。
「ユミちゃんって、ご飯いっつもユックリやなぁ」
「ん~好きなおかずがないねん」
「好きなおかずってなに?」
「とこわか!」
「とこわか?」
「うん。お姉ちゃん(女性職員さん)がアソコに隠してるねん」
ガサゴソ
「これ!」
「塩昆布か?!」
「これやったら、ご飯なんぼでも食べられるけど、勝手に食べたら怒られるねん」

そりゃまぁ塩辛いしたくさん食べるモンではないですな。
というわけで、その日の担当職員さんに確認すると、二切れだけOK!だったので、ユミちゃんのご飯に添えたら、アッという間にお茶碗のご飯がなくなった。
ということがありました。

「とこわか」とは松前屋の塩昆布。神宗本店が大阪中央区の淀屋橋にあるのに対して、松前屋は心斎橋が本店。キタとミナミという感じです。僕が通っていた施設は東住吉区だったので、松前屋の方が馴染みだったのかも。

小学二年生にして、好きなおかずが塩昆布とは…。

そういえば、あれから21年。ということは、小学二年生だったユミちゃんは、今、28,9歳!!アラサーでないですか!立派な大人の女性だ。あの施設で出会った子達は、今、元気にしてるんでしょうか?知る手がかりもないけど、どこかで元気に暮らしてたらイイなぁ。

頂いた「神宗」をご飯に乗せて食べていたら、ふと、大阪で暮らしていた頃のことを思い出したのでした。

 
23:49  |  日々の出来事  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |