FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

吉野川でラフティングデビュー

2018.07.29 (Sun)

2018072801.jpg
6月中頃、ラン友の岡山さんから「吉野川ラフティングって興味ない?」というメッセージあり。「やったコトないことをやってみたい」気分だったので、即答で「行きます」と返信。それから一月とチョイ。想定外の”逆走”台風12号がやってくる前に川下り!というギリギリのタイミングは7月28日。

早朝というのに、わざわざウチまでお迎えに寄ってくれる岡山さん。ランナーやクライマーや釣り人は、こういう人多いよね。そこから一路、徳島県小歩危へ!車内のBGMは、僕と岡山さん共通の趣味である80年代ハードロック!!ホワイトスネイク、MSG、スコーピオンズ、レインボーもあったかな?

で、音楽談義に夢中で、なぜか阪神高速神戸線に突入。「なんか車多いな…」と思ったら、阪神高速だったという話。とはいえ、朝の早い時間帯。たいした渋滞に巻き込まれることなく明石海峡大橋。そこから淡路島縦断からの鳴門大橋。そして徳島道を西に走り、井川池田ICで降りる。そこから下道。「あれ?行き過ぎた?」と気付き、引き返した道はクネクネの山道。しかもナビには、「災害で通行止め」表示。「おいおい大丈夫か?」と現場を過ぎると普通に通れる。後から聞いた話、行き過ぎた道の方が道幅も広くクネクネも少なく、しかも現地まで早く行けたらしい。

とはいえ、現地まで休憩一回で行ききれる岡山さん。さすがマラソンランナー。
 
2018072802.jpg
賢見ラフティングの集合場所。到着したのは10:40頃。11時の集合時間にちょうどイイ時間。一緒にツアーする女性4人と合流。聞けば、僕以外は全員経験者。しかも、このケンミツアーの常連らしい人も。
 
2018072804.jpg
ここで、ウェットスーツやシューズのサイズ合わせ、そしてツアーや保険の説明。コース図もあるんだけど、はじめての人間には「なんのこっちゃ?」な世界。とにかく行って、見て、ドヒャ〜しないとわからない。海外でこの種のツアーに参加すると、おどろおどろしい謳い文句のわりにショボいこともあるので、緊急事態の説明以外はあんまり頭に入ってない。
 
2018072803.jpg
「本日の水位は78cm!通常レベル!」というけど、水位が低いとどうなるのか?高いと世界レベルってどんなん?という感じ。説明のお姉さんはオモロイし、ウチのボートのガイドはベテラン勢とは顔なじみらしいし、とにかくスタッフ的には大丈夫そうなので、とりあえずお任せでエエ感じかな?でした。
 
2018072805.jpg
で、説明の後は、さっさと着替えて、「それ〜!」とバスに乗って出発地点に移動。ウェットスーツ着てバスに乗って移動だけで十分暑くて、「はよボートに乗せてぇな!」状態。同時に出発したのは、僕ら6人が乗るボートと、高松の理学療法士(PT)の専門学校時代の友達6人のボート。こっちは22歳グループとあって元気ノリノリ。そのノリにこちらの関西人ボートも「いったろやんけ!」モードに。
 
2018072806.jpg
ラフティングデビューというのもあって、どこがどうで…という説明はできないけど、とにかくザッパーン&ドッパーン状態。最初は余裕こいて、自分から川に落ちたりしてたけど、そのうちだんだん疲れてきて、ボートに上がるのがシンドクなる。最初のハイペースはどこへやら?

途中、激流でヘルメット同士がゴッツーン★とぶつかったり、なかなかハードな場面も。激流に巻き込まれる→水かぶる→息を吸う→そこに横からのうねりがくる→口&鼻から水が入ってくる。しかも大量→息できない=ボートの上で溺れてる状態とスリリング。昔、遠州は新居でボディーボード中、波に巻かれて海底に頭衝突+息止まるという経験があったので、あの時ほど慌てずすんだけど、はじめてだったらパニックだったかも。ボートを見たら、みんな息止まってた感じでした。

天然の(レールからはずれた)ジェットコースターに乗っていた感じかな?「ボートに乗って川下りでしょ?大丈夫やろ」と思ってナメてました。それに、吉野川といえば、利根川や筑後川と並ぶ、日本三大暴れ川ですもんね。とはいえ、基本、ライフジャケットを着てるし、ヘルメットも着けてるし、スタッフもいるし、守られてるスリル。

飛び込みもお約束で参加。4段階の低い方から2つ目で。
 
2018072807.jpg
ラフティングの後は、温泉へ。部屋に帰ってから、BBQの時間まで、岡山さんと意識不明。すでに焼き始められていて、ちょうど第一陣が焼き上がる頃に参加。女性陣4人が焼いてくれるし、あ〜極楽極楽。ひととおり食べて、飲んだ後、皆さん部屋に帰っていくんだけど、せっかくなので隣のグループ(半分アメリカン&カナディアンのグループ)に合流。

ここから、お互いのiPhoneに入っている曲当てゲームに。アメリカン&カナディアン相手に「じゃぁ、これはどうや?」「Oh!I know!But title is…」「surrender?」「No!absolutely No!」と遊んでやりました。これは、もともと岡山さんがVAN HALENのTシャツを着ていたのを見て、「お!VAN HALEN好きか?じゃぁ、この曲も知ってるな?」から始まったのでした。

彼らは、同じくらいの世代だったのに、70年代から80年代から最近の曲までけっこう網羅していて驚き。音楽が生活の中にシッカリ根付いてるんだろうね。僕は、昔の曲ばっかり聞いているので、最近の曲は加奈子経由でしか知らない、今日この頃。

その彼らが悶絶して曲名が出てこなかった一つがベリンダ・カーライルの「ヘブン・イス・プレイス・オン・アース」、「歌の中で曲名を連呼してるやん!」って言っても「わからん、ここまで出てきてるのに」とウンウン言ってました。答えを教えたら「クッソォ〜!」と吠えてました。

そんな彼らと結局23時頃まで賑やかに過ごしました。
 
2018072808.jpg
夜の間に台風が通過し、翌朝は曇ってはいるものの、雨も風もたいしたことない。小歩危は水墨画のような光景。
 
2018072809.jpg
帰りは「あわじ花さじき」に寄って休憩。
 
2018072810.jpg
オッチャン2人でJUMP!
 
2018072811.jpg
お昼ご飯は、行く店行く店がことごとく台風の影響で閉店中。結局「道の駅あわじ」へ。

下から見上げた明石海峡大橋の、
 
2018072812.jpg
今度は上を通って本州へ。
 
2018072813.jpg
帰りは、新名神高速道路を通って帰ることに。新名神といえば、宝塚北SA。初めて立ち寄りました。
 
2018072814.jpg
宝塚といえば宝塚!宝塚といえばベルばら!!この日も台風通過後、大盛況でした。

29日(日)の16時頃帰宅。自宅も別宅も台風の被害はなく、途中も終わってからも楽しい週末でした。岡山さん誘ってくれてありがとうございました。
 
23:12  |  旅行  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |