FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

浜松市へ日帰り旅行

2018.04.22 (Sun)

2018042201.jpg
21日、講演(コチラの記事)で浜松市を日帰り往復しま

11時過ぎの京都駅の新幹線ホーム。International City Kyotoでした。いろんな髪の毛の色の人がいて、いろんな瞳の色の人がいて、数ヶ月前に訪れたアメリカなら、なんの違和感もなく受け容れていた風景が、京都駅でも体験できています。家とスーパーを行ったり来たりしているだけだと体験できないハレの光景。
 
2018042202.jpg
豊橋駅は、新幹線ホームも地面。向こうに見える道路をくぐるかまたぐかで、いろいろあったらしいですが、結局地面駅になった貴重な駅。豊橋駅から乗ったことはあるけど、降りたのははじめて。キョロキョロしながら、タクシー乗り場へ。
 
2018042203.jpg
豊橋駅から乗ったのは、名鉄タクシー。楽しい運転手さんで、ここでは書けないような秘話がバンバン。豊橋駅を出てチョット行ったところで遭遇した「陸王」電車。「陸王」のロケは豊橋市で行われたそうです。そうだったのかぁ〜でした。
 
2018042204.jpg
講演が終わって、またまたタクシーに乗って、今度は浜松駅へ。浜松って、けっこう坂のある町だったんですね。…というか、タクシーの運転手さんが、早く着くようにと近道を選んでくれたらしく、それがup-and-downの道。あとで聞いたら、浜松では「アップダウンがあっても早い道で」か「遅くてもフラットな道で」というリクエストがあるそうです。

アップダウンで久しぶりに車酔いしてしまった講演後。今思えば、プリウスというクルマも良くなかった。あの後部座席って、視界が狭いのね。どこに視線を置いてイイのか、今ひとつ分かりにくいクルマ。しかも運転手さんは、気を使ってか、あれやこれやと話し掛けてくれるんだけど、こっちは気持ち悪くなってきて、それどころじゃございませんでした。

ギリギリのところで、浜松駅。降りてアップダウンがなく、ストップ&ゴーもない状態に解放されヤレヤレ。

そして、長い人だと26年ぶり、短い人でも6年ぶりの会社員時代同期会。「あの人は今」やら「今の会社」が聞けて楽しいひとときでした。大阪営業所で働いていた時、隣の机だった人が、今、唯一の女性参加者ミッシーの隣にいるという。今も変わりなくお元気だと聞き、一気に気分はタイムトリップ。
 
2018042205.jpg
表で記念撮影。楽器メーカーの同期なので、撮影すると、だいたいはミュージシャンモードなのに、そこに芸人が一人。そういえば、入社当時から、そんな感じがあったのも事実。やっぱりどこかズレてたんでしょうね。たった1年間しか居なかった会社なのに、今でも繋がれるのは本当にありがたい。新卒同期は、一生に一度きり。その一度きりの機会を、僕はラッキーにも手に入れることができました。そして、今でも迎えていれてくれるありがたさ。自分は本当にラッキーだと思います。
 
2018042206.jpg
浜松駅といえば、KAWAI楽器のYOSHIKIモデル(参照)。僕が通った時も、弾いてる人がいました。僕は、今やどの楽器も「弾ける」にはほど遠い技量に。ましてや人前で弾くなどとんでもございません。こうやって、弾いてみよう!という人がうらやましくもあります。
 
2018042207.jpg
そして、新幹線のホームに上がってみたら、なんと若い女性客でホームはごった返しておりました。「ナニゴト?」と思いながらも、そのまま「ひかり」で名古屋まで乗り、名古屋から「のぞみ」に乗り換え京都へ。今日、調べてみたら、どうやらSexy Zoneのコンサートがあったようです。どおりで、若い女性ばっかりだったわけです。嵐なら、もうチョイ年上の人もいただろうし、関ジャニ∞でもなさそうでしたし、TWICEともチョット違う層でした。あれだけ人を動かすんだから、スゴイですね。
 
22:29  |  旅行  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |