FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

学力は遺伝で決まる?

2018.04.12 (Thu)

2018041201.jpg
(↑画像をクリックすると大きく表示されます)
今朝、僕のFacebook上のタイムラインで、とっても興味深いやり取りがなされていました。

とある高校教師の方から、数学の得意不得意は生まれながらの気質が関係する!と思っていた。でも合格体験記などを読んでいると、努力でもなんとかなるようだ。自分は文系人間なのでよくわからないのだが、数学を得意にするにはどうしたらイイのか?不得意な生徒にどうアドバイスしたらイイのか?という問いかけがありました。

その問いに対して、いろんな応答があり、その一つ一つがとても興味をひかれる内容でした。その中の一つが、「生まれながらの気質」についてでした。

数学と国語の点数は遺伝的な影響を受けない科目のようで、それがこの論文「古典的テスト理論と遺伝因子分析モデルによる標準学力検査の分析」で示されているという内容でした。「数学的センス」という言葉があるくらいだから、天性のものに左右されるのだと思っていた僕には、とても新鮮な内容でした。

「教育心理学研究」46巻(1998年)4号に掲載された村石幸正さん、豊田秀樹さんの論文で、その論文の抄録に使われている数字を表にしたのが、一番上の画像。

国語と数学は遺伝的影響がまったくない。性別や人種、民族、生まれもっての性分では差がでない(とくに日本とドイツの数学教育では、教育内容からそういう傾向が表れるらしい)。家庭環境や社会環境によって差が出るというデータ。数学も同様というのが、とても興味深い。数学的思考や考え方も、育つ環境によって変わるという。そこで、とっさに手に取ったのが会社員時代の先輩で、先日コリアタウンへ同行した鍵本聡さんの『子どもを算数嫌いにしない本』(大和書房)

「算数なんて四則演算ができてれば困らない」と言う親では、その子の数学力も決まってしまう?いやいや「非共有環境」で決まる部分が10.4%ある!なんとかなるのか?

一方で、理科と社会には、天性のものが必要で、しかも理科に関しては、家庭環境が影響を与えないというのが驚き。理科の学習には、例えば、几帳面さや我慢強さや執念深さが必要なのか?センスがないとダメなのか。それにしても、理科はまだ理解できる気がするのですが、社会が家庭環境や社会環境の影響をあまり受けないというのが、どうも納得しづらいです。地図を読んだり書いたりする能力は、なんとなく天賦の要素が関係する気がしていますが。

…というように、「生まれながらの気質」についての論文を読みながら、半日ニヤニヤと過ごしました。

そして、Facebook上のこの論文紹介の前後で、「(数学が得意になるかどうかは)まずは教科書を正しく読むことが一番」と答える方が登場。量で解決する面もあるが、ある程度以上は質を求めないと難しくなる。質の土台となるのが教科書であると。

「そういえば…」と思い返すと、僕も教科書軽視で過ごしていたなぁと思い出しました。とにかく練習問題ばかり解いてパターンを覚え、コレにはこのパターン、アレにはあのパターンで対応していました。これでは、深い学習にはならないし、応用も利かないし、なによりオモシロくない。共通一次は最初から「5分の4作戦」。大問5問のうちの4問に絞って、3問を満点、4問目は部分点狙い。MAXでも75%得点。それでも、赤点レベルからここまで持ち上げることができたと自己満足でした。

僕が数学ってオモシロかったのね?と思えたのは、大学に入ってから学んだ線形代数。どういう説明だったか、まったく覚えていないのがザンネンだけど、大学1回の講義で、「例えば、こういう事柄だと、こういう数式で扱えるわけですが…」と書かれた数式をみて、「こういうコトだったのか!」と軽く感動を覚えたわけです。数学の成績は「可」だったけど、オモシロイと思えたのが大きな収穫でした。数学は「天性のセンスがなくて」得点には結びつかなかったけど、数学嫌いで終わらなかったのが救い…と思っていたところ。

そこに、この「天性的要因は関係ない」というデータと「教科書を正しく読むことが第一」の一文。さっそく、この「教科書を」を書かれた方の本『Focus Gold 4th Edition 数学I+A』をAmazonで購入しました。

50歳からの数学再スタート。ちょうど新学期!
明日か、明後日には到着する本が楽しみ。


最後に、改めて思ったのは、小さい頃から僕の書くあらゆる文章に「ここは間違い!」「表現の重複!」「接続詞が不適切」など、口酸っぱく注意してくれた母に感謝。そして、僕の浪人時代に英作文を毎日毎日時間を作って添削して下さった清谷守之先生にも感謝。国語(言語)学力が環境要因によることを、身に浸みて感じさせられる経験です。

 
15:46  |  家事・子育て  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |