FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ナッツベリーファームへ行ってきた

2018.02.22 (Thu)

2018022201.jpg
カリフォルニアの、それもアナハイムに滞在しているのなら、行っておかねば!のナッツベリーファームへ2月22日に行ってきました(2月20日とほとんど同じ書き出し)。ディズニーランドとは違って、まったく下調べせずにスタート。今回は、僕と加奈子と、和子さんの共同研究者のアサコさんの相棒であるボブさんと3人で。

滞在中のレンタルハウスから出発。あまりの下調べ不足で、だいたいの方角は分かるけど、入口が分からない。ボブさんと「こっちかな?」「あっちとチャウ?」とグルグル。やっと入れたと思ったら、けっこう遠い南西奥の駐車場。後からわかったのは、南東方向にもっと近くに停められる駐車場があったのでした。
 
2018022202.jpg
ナッツベリーファームにはスヌーピーがあちこちに。まず言えるのは、ディズニーランドほど混んでない。でも、ほどよく行列している。昔、閑古鳥が泣いていた頃のUSJに加奈子と行ったことがあったけど、あまりに人がいないテーマパークは怖い!
 
2018022203.jpg
一番最初に乗ったのは、グルグル駐車場を探している時から、やたらと目立っていたこのタワー。「Supreme Scream drop tower ride(スプリーム・スクリーム)」。 情報によると、254フィート ( 約78メートル ) の高さから落下するこのタワーは、世界で最も高いアトラクションの一つだそうです。乗る前は、ボブさんと「一番上からやと、ディズニーランドが見えるかな?」などと話してたんですけど。

「煙とナンタラは高いところが好き」のナンタラである僕ですが、このタワーは別ものでした。最高地点に近づくにつれ、「ここで故障停止なんてするなよぉぉ!」とよからぬコトを考え、顔から血の気が引く思いでした。そして、下の方で、プッシュ〜〜〜というプレッシャーの抜ける音。地面に向けて急降下。「魂を重力に引かれるとはことコトか…」と思う間もなく、やって来るのは、バンジージャンプのようなバウンド!!落ちるだけじゃなくて、反動で再び上昇!そして降下、また上昇そして降りる。ま、一番スリルがあったのは、やっぱり一番上。普通に「景色がぁ」と脳天気でいられたら良かったんだけど、よからぬコトを考えて、自分でスリル倍増させてしもたのでした。
 
2018022204.jpg
一発目がスリル満点だったので、その後は何でもござれに。ボブさんは僕らに全部付き合ってくれて、絶叫系もズッと一緒。彼は僕の父親世代に近い。僕の父が絶叫系なんて絶対に乗らないだろうから、ボブさんってば若いわぁ。ベトナム戦争に従軍した経験からすると、こんなの屁みたいかな?

この写真は、Cakico Mine Rideという炭鉱トロッコ的な乗り物で炭鉱を進んでいくアトラクション。炭鉱夫の人形がいろいろ喋ってるんだけど、その中に「ヒーハー」というのがあって、それ以降、何に乗っても「ヒーハー!!」と叫んでいる僕でした。
 
2018022205.jpg
これはTimber Mountain Log Ride。丸太の急流下り。曇ると寒いこの日、この時間帯は幸いにも晴れ間が。この後も、見えるモノから順番に乗っていった感じ。
 
2018022206.jpg
チャンと乗り物が写ってないので「なに?」という画像だけど、これはPony Expressのコース。乗ってる時間はものすごく短くて、本当にアッという間のライド。乗り方が普通と違っていて、馬乗りにまたがり、背中を後ろから安全パッド(しっぽ?)に押さえて乗るタイプ。姿勢はロードレースタイプのバイクに乗っている感じ。スタートはユルユルっと。そして、スリングショット(パチンコ)のゴムが弾けるように飛び出し、その加速だけ全コースを走りきってしまうライド。パチンコのゴムが…は、ボブさんに「空母からカタパルトで射出される感じって、この何倍もキツイんかな?」と元海兵隊員に聞いてみたけど、返事はよくわからなかった。

この隣にあったBigfoot Rapidはいわゆるラフティング。これがクルクル回って、あっちこっちから水を被る。とくに前に向いた側になると背中から水がザッブーン。ナッツベリーファームは、けっこう濡れる系のアトラクションが多いです。人間ドライヤーもあるくらい。乾燥しているカリフォルニアだからこそのアトラクション。こんなの日本の2月に乗ったら、風邪ひいてしまいます。
 
2018022207.jpg
あれやこれやに乗って、「さぁ、そろそろ帰る時間かな?最後になに乗る?」というところで、これまで見て見ぬ振りをしていたアレに乗ろう!というコトでGhostRider。

ナッツベリーファームが誇る木製ジェットコースターでは西海岸一の長さと高さとスピードのコースター。これだけはけっこう並んで待ちました。30分くらいだったでしょうか?そして、順番が来ました。僕は中国系のお母ちゃんの隣。加奈子はボブさんの隣。
 
2018022208.jpg
最初に最高地点に到着した後、真っ逆さまに落ちる感じの急降下。まさに、ヒーハー!!!
画像は、その時の様子。加奈子は下向いてます。わたくしヒーハー!!と大笑いしております。

思った以上にコースが長くて、かなり長く楽しめます。宙返りはないけど、横G縦Gともに楽しめて最高!加奈子もボブさんもご満悦でした。そういや、何度も何度も並んでそうな、アメリカンキッズ達がいました。あれ見て、子どもが滑り台をエンドレスで滑ってるのと同じかも…と思った。そのくらいハマればやみつきになりそうなコースターでした。

最後にアレでしめる、なんの下調べもしてなかったのに、我らながら最高の終わり方でした。…というか、あそこに行けば、GhostRiderがいやでも目につきます。そして、あれがクライマックスだと、きっと誰でも想像つきます。
 
2018022209.jpg
ゲートを出てスヌーピーの店で撮影。背景はチャーリーブラウンのシャツ柄。
 
2018022210.jpg
そして、加奈子は友達へのお土産とこのチャーリーブラウン柄のTシャツを買って、よっぽど気に入ったのか、その後ズッと着続けていたのでした。

ナッツベリーファームは、ディズニーランドのクリッターカントリーやフロンティアランドがテーマパークとして独立した感じ(ナッツベリーファームの方が、ディズニーランドよりも前からあるのだけど)。そして、ディズニーランドが世界中から客が来ているのに対して、ナッツベリーファームは圧倒的に地元客が多い。地元の学校の遠足?というような子ども達も。そして、ディズニーランドよりもノンビリしてます。本物のアメリカ西部の雰囲気を感じたければ、ディズニーランドよりも、ナッツベリーファームの方がオススメだと思います。中の建物なども、実際に建っていた建物を移築したそうだし。

加奈子は、ディズニーランドのミッキーやファンタジーよりも、クリッターカントリーやフロンティアランドの雰囲気が好きなので、ドンピシャでナッツベリーファーム向きでした。

楽しい楽しい、ナッツベリーファームでの時間だったのですが、チャーリーブラウン柄の店で撮影をした後、数分後、iPhoneを路面に落とし、
 
2018022211.jpg
画面がピキピキのひび割れ状態に。アメリカ行きの前日に、急遽購入したiPhoneSE。ケースを買い忘れたノーガード状態でした。購入後わずか数日でこのようなことになろうとは…かろうじてシールは貼っていたので、ガラスが飛び散らずになんとか踏みとどまっております。

日本に帰るまでは、このままかと思っていたら、翌日訪れたニューポートビーチのファッションアイランドの中に、iPhoneの修理ブースが。そこで45分約1万円で直してもらいました。日本で直しても、こんなもんでしょう。ヨカッタヨカッタ。
 
22:08  |  旅行  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |