05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

ディズニーランド・パークへ行ってきた

2018.02.20 (Tue)

2018022001.jpg
カリフォルニアのそれもアナハイムに滞在しているのなら、行っておかねば!のディズニーランド・パークへ行ってきました。あんまり下調べもせず、前日に大慌てで調べて「コレとコレはいきたい」という最小限のターゲットを絞り込んでの訪問。

泊まっていたホテルはラマダ・アナハイム・プラザ。絶賛大改装中のこのホテルでしたが、まあまあの居心地の良さ。

このホテルからテクテク歩くこと1km=約15分くらい。9時に開門らしいけど、9時にホテルを出たノンビリ一家。入口が近づくに従って、それっぽい人達もたくさん。「思ったほど、多くないな」と思ったのも束の間。そこから大渋滞の長蛇の列。何の列?と分からず、とりあえず並ぶ。20分くらい経って、それがセキュリティーチェックの列だと判明。「カバンの中開けて」「その胸のは?」「は?胸の?」「スマァフォンじゃないの?出して!」という感じ。フロリダ州パークランドの高校での銃乱射事件を受けて、より厳密になったのかも。この地区は、フロリダでもっとも安全と言われていたらしく、いわゆる「エエところ」で起きた乱射事件で、それだけにアメリカ国内への影響が大きかったと言えるし、お坊ちゃまお嬢ちゃま達の黙ってなかったのかも。

で、いよいよランド入口なんだけど、これがまた全然進まない。よく見ると、そこでチケットを買うらしい。もうみんなカード。現金出してる人なんて皆無。そりゃまぁ、あの高い入場料を払うんだから、カード持ってない人はいないわな。これじゃホテルでチケット買って入ろうにも、この渋滞に引っ掛かれば同じだわな。ホテルで買わなくて正解でした。事前に買った人には別の入口があるのかも?と思うけど、その案内には気が付かなかった。

で、入りました!うひゃぁ〜これが本場のディズニーランド!というか…本場はただ今、スクラップ&ビルドの真っ只中。メインストリートUSAは工事中の壁が!日本のディズニーランドは「夢と魔法の王国」だけど、アナハイムのディズニーランドには、キャストを魔法にかけるぞ!的な設定は感じられず、その分、「素」で楽しめる感じ。
 
2018022002.jpg
メインストリートを通り過ぎて、向かうはトゥモローランド。そう、今回の第一目標はスター・ウォーズラウンチ・ベイとスター・ツアーズ。スター・ツアーズのファストパス(FP)を手に入れるとストーム・トルーパーが2人!なにやら悪巧み中?
 
2018022003.jpg
ストームトルーパーだけでなく、建物の中にはボバ・フェットがいた!家族写真に一緒に写るボバ・フェット。スターウォーズ関連のキャラクターは皆さん揃って長身。ボバ・フェットは軽く185cmはあったでしょう。
 
2018022004.jpg
カイロ・レンはもっと背が高くて2mくらい。カイロ・レンは、スターウォーズラウンチベイの中にいたんだけど、左に行くとカイロ・レン、右へ行くとチューバッカという館内でした。はじめにカイロ・レン側に入ったんだけど、ここはキャラクターとやり取りを楽しむ場のようで、アナハイム到着2日目でまだ英語耳が起動してない状態だったので、なんにも聞き取れず。しかも「あの」マスクを通しての英語。聞き取るのはかなりの難関。カイロ・レンはなにやら話し掛けてくれたんだけど、「え?あの…」な僕らに「しゃーねーなぁ」な感じで写真だけは一緒に写ってくれました。とはいえ、全然聞き取れず話せず、ガックリ落ち込む父娘。この一件で、娘は「次に来た時は、ぜったいに英語で話しができるように頑張る!」と燃えておりました。

基本、日本のディズニーランド内のキャラクターは、ミッキーやミニーなど喋らないキャラがほとんどだけど、こっちのキャラはけっこう喋る。しかも、気の利いたひとことを言ってくれるらしく、周囲には爆笑も。そこに入っていけず置いてけぼりなのは、ホントにツライ。笑い好きの関西人だからか、よけいにツライ。スターウォーズ系のキャラはもちろん、白雪姫に出てくる女王(魔女)も記念撮影の生徒と絡んでいるのを見かけました。

英語のジョークを聞いて笑いたい!
デーブ・スペクターが日本語でダジャレを言うように、英語でダジャレが言えるようになりたい!
 
2018022005.jpg
どこかで居眠りしていた和子はんも合流して、今度はチューバッカの列へ。チューバッカはもともと雄叫びがメインなので、会話の必要はあまりなく、ジェスチャー勝負。「オレと一緒の斜めがけだな」と一所懸命伝えてくれました。チューバッカの中の人、ありがとう!なんてホスピタリティー!!順番はカイロ・レン→チューバッカで正解でした。

スターツアーズは、エピソード7&8の要素も入っていて、見てればより楽しめる設定に。ただ、アッという間に終わってしまうのが難点。
 
2018022006.jpg
表では、ジェダイの修行をした、お子様達がライトセイバーでダースベイダーやカイロ・レンと戦うという参加型演しもの。ベイダー郷もカイロ・レンも一人ずつ50人近くの子ども達を相手に頑張っておりました。中の人ってば、本当にスンバラシイ!皆さんフォースと共に存在しておりました。

一人勝手に異様に盛り上がる父と付き合う残り二人はそろそろ限界に。僕も一番上の写真を撮ってもらったところで、満腹。大満足、ご満悦のトゥモローランドでした。

ここからは娘のディズニーランドタイム! 
2018022007.jpg
トゥモローランドから正反対のクリッターカントリーへ。目指すはスプラッシュマウンテンへ。千葉のディズニーランドでもスプラッシュマウンテンが大好きな加奈子。あの世界観がエエのだそうな。

でも、なんか様子がへん。
 
2018022008.jpg
なんと、スプラッシュマウンテンは改修中でした。ガビーンの加奈子。日米比較をするならスプラッシュマウンテン!と張り切っておったのにザンネン。実は、少し前から「クレーンが見えるな」と思っていたら、よりによってスプラッシュマウンテンの改修工事のクレーンだったという。そうなんです、平気でクレーンが見えるのがアナハイムのディズニーランドです。これはこれで割り切ってて良い。なんせ一番最初にできたディズニーランド。そりゃ傷むのもわかります。
 
2018022009.jpg
気を取り直して、クリッターカントリー内の別のアトラクション「プーさんの冒険」。待ち時間は…なんと「5分」!千葉の「プーさんのハニーハント」は50〜70分待ちが平均らしいですが、それにしても5分!?にわかには信じられず、実際に並んでみたら、なんと3分!(正確に測ったワケじゃないけど、5分も待たなかった感アリアリ)プーさんは信じられない不人気。たまたまなのか?偶然なのか?なんどか、この前を通ったけど、最大15分でした。そして、5分以下は表示が無いみたい。
 
2018022010.jpg
あ!プーさん!!プーさんと一緒に写真に写ろう!コーナーからのお帰りでした。でも…なんか、このプーさん、違和感ありますよね。頭が小さいのか?足が長いのか?スマートなプーさん。関西弁で言うところの「シュッとした」プーさん。中の人が僕くらいなら、ぬいぐるみのチンチクリンなプーさんになると思うんですけどねぇ。やっぱり中の人の求人の都合でアメリカンサイズになってしまってるんでしょうか?

ところで、日本でこんな写真を撮ろうモノなら、周囲に1人や2人…どころか10人や20人…というか50人くらい写りそうだけど、写ってるのは後ろ姿のティーガー。なんてノンビリしたプーさんの周り。
 
2018022011.jpg
最後まで見送ってたら、律儀に「バイバイ」をしてくれるプーさん。最後まで「なんかチャウ」なスタイルの良いプーさん。
 
2018022012.jpg
「ミッキーマウス + プーさん = コアラのマーチ」
 
2018022013.jpg
ショーよりもライド!な加奈子。とにかく乗り物に乗る。日本にないマッターホーン・ボブスレーを乗るべくFPをゲット。その間に、他を回る。マッターホーンから近い「不思議の国のアリス」へ。「7cmキッカリ」の毛虫に乗ってアリスの世界へトリップ。最近、英語版で「アリス」を見ている加奈子によると、あの雰囲気は日本語版ではなく英語版の、より錯綜した世界観と合っていたそうな。
 
2018022014.jpg
ビッグサンダーマウンテン鉄道はけっこう並んでました。かなり待ったけど、それでも60分以下でした。ホーンテッドマンションの待ちが一番長そうだったので、あれは60分以上だったかも。
 
2018022015.jpg
夜のパレードを見ようにも、アナハイムは夕方から気温がググッと下がる乾燥地域の気候。9時にホテルを出た時の格好ですごせるのは16時頃まで。18時過ぎになると涼しいどころか寒い寒い。アメリカン達も寒いのか、パーカーがバンバン売れてました。

ディズニーランドの反対側には、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーがあります。あっちには人気の「ラジエーター・スプリングス・レーサー」があります。次に行く時はあっちかな?

そういえば、アナハイムのディズニーランドで印象に残っていること。それは車椅子の人が本当に普通にたくさん居たこと。かなり重度な人もいれば、足腰が弱ってるから杖代わりに使ってる人まで、老若男女本当にたくさん。周囲の人も、普段のことのように対応していたな。プーさんのアトラクションは、かなり重装備な車椅子でも乗れるような仕様の車両があって、「どうやってる乗るんだ?」と思ったらチャイルドシートみたいに90度回転したり。ハードもソフトもバリアフリーは進んでいたな。

アナハイム滞在の目的は、和子さんの関連するCNLの学会(だったはず)。昨年はホノルル、今年はアナハイム、そして来年の開催地はフロリダ州タンパだそうです。フロリダ・ウォルト・ディズニー・ワールドまで110km。個人的には、まったく印象の良くないフロリダ州。はてさてどうなる?

2018022016.jpg
きっと、また来るよ。♪ダダンダンダダンダン♪
 
23:59  |  旅行  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |