03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

はじめて?の水無瀬駅

2018.01.27 (Sat)

2018012702.jpg
島本町でのセミナー(詳しくはこちら)の後、あまりの空腹に「どこか町内でランチのオススメありますか?」と主催担当さんに尋ねたところ、阪急沿線のそれも水無瀬駅近辺の数軒を紹介されました。

ランチの後、そのまま阪急で帰ることにしたので、行きはJR山崎駅、帰りは阪急水無瀬駅という結果に。

長らく通学で使っていた阪急京都線ですが、そういえば水無瀬駅を使ったのははじめて。京都と新大阪の間の東海道新幹線と阪急京都線との併走区間。水無瀬駅で阪急を待っている間にも、向こうの線路を新幹線が頻繁に通過。
 
2018012703.jpg
電車を待っていると、反対側の梅田行きの普通電車が到着。昔からの阪急の車両。車両番号の横に、行き先の札があればさらに以前のスタイル。独特の色使いであり、なんとも落ち着く色合いだと思います。
 
2018012704.jpg
さらに、次は特急が通過。こちらは最近の車両。僕が大学院の通学に使っていた梅田〜大宮間は、いつも6300系の特急車両でした。当時はすでに十三〜大宮間ノンストップがなくなり、間の高槻市に停車していましたが、高槻市の次は大宮だったと記憶しています。いつの頃からか、当時の急行停車駅に特急が停まるようになり、乗り降りに時間の掛かる2ドアの6300系は姿を消したと聞いています。

今の9300系も悪くはないですが、僕にとっての阪急京都線特急は6300系の印象が強く残っています。小学校の卒業文集には「将来の夢は阪急6300系の運転手」と書いたくらい。帰省で母の郷里の高槻へ行く際、いつも「カッコエエなぁ」と眺めていた特急でした。
 
2018012705.jpg
あれやこれやと見送った後、やって来ました京都河原町行き。これまた3300系。昔から走ってるヤツですねぇ。長岡天神に引っ越して、大学院の通学だけでなく、学会事務局のバイトの通いでも使っていました。当時は、今とは逆で、京阪に乗る機会が全くなかったです。今は、阪急に乗る機会が滅多になく、その分、乗る時は普段以上に撮りまくってしまいます。

今回、水無瀬駅をはじめて利用したことで、阪急京都線で使ったことのない駅は、新しい駅も含めて、残り二つになりました。水無瀬の一つ隣の「上牧駅」と「崇禅寺駅」…いつかこの駅を使う機会は来るのでしょうか?京都線全駅制覇の道はまだ遠い。

 
21:30  |  旅行  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |