06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

教え子の写真展を見てきた

2018.01.10 (Wed)

2018011001.jpg
僕が近畿高等看護専門学校で社会福祉学を教えていた時に学生だった、塚田勇気くんがはじめての写真展「あのときのひかり」ー写真家の記憶を巡る写真詩展ーを開いたので、昨日(1月9日)見に行ってきました。
 
2018011002.jpg
お昼過ぎのたまたま客足の途絶えた時間帯だったみたいで、「来たよ」と声を掛けると、昔とほとんど変わらないカッコマンが振り返る。前はもっととんがった感じの青年だったけど、今はちょっと角が取れたいい感じ。元気そうでなにより。

せっかくなので、一つ一つの写真の解説を、撮った本人から聞きながらの鑑賞。なんて贅沢な時間。僕も、一眼レフを使うようになって、遅ればせながら、絞りやシャッタースピード、レンズの種類などが少し分かるようになり、解説が無駄にならず。

撮った時の様子やカメラやレンズの設定値、「ここに注目」などもよかったんだけど、一番の特徴である、
「この写真をこうやって見上げると…」
「おおお!!浮き上がって見える!!」
というオモシロい仕掛けがあって楽しかったです。3Dの画像を見てるみたいでした。

終盤、僕以外の客も入ってきて、全部の解説を聞けなかったのが残念なような、それでヨカッタような。

病院での勤務は続けながら、写真も個展が開けるくらいの凝りよう。僕の記憶が確かなら、彼は以前ギターも弾いていたはず。多芸な人です。いろんなチャンネルがあるというのは、エエもんです。それだけ
 
2018011003.jpg

会場は、京都市民なら「あそこか!」というくらい知られた、上の画像の建物の1階の「同時代ギャラリー」。14日(日)まで開催。
ちょっと時間のある方や近所に立ち寄った際には是非どうぞ。力作ぞろいでした。

詳しくはこちら

塚田くんの写真が見られるWebサイトはこちら

 
23:13  |  日々の出来事  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |