06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

あれこれ乗りました(2017年秋)

2017.12.05 (Tue)

この秋シーズンもあちこち出掛けて、あれこれ乗りました。
まずは、茨城県筑西市での講演で、JR水戸線下館駅までの旅。前日、名古屋で途中下車しトークショーを聞いた後、東銀座で宿泊。そこからの下館行き。

2017120501.jpg
小山駅からはJR水戸線。水戸線は2012年の真岡市での講演の帰りに一度乗車。その時は415系1500番台の車両だったのが、今回は往復ともE501系。
 
2017120502.jpg
2012年の真岡市での講演以来の下館駅。そして、真岡鐵道のホーム。この時間帯は、残念ながらSLもおか号の姿はなし。逆に、真岡鐵道の普通の車両と初対面。
  
2017120503.jpg
そして、反対側のホームには関東鉄道常総線のホーム。2008年の阿見町、下妻市講演ツアー以来の関東鉄道との再会。逆光が残念。
 
2017120504.jpg
続いては、来年の岐阜市でのイベントの打合せ。京都〜米原は新幹線の特定運賃区間を利用。米原〜岐阜は在来線。米原駅でやって来たのは、JR東海の311系。行きも帰りも311系。1989年(昭和64年/平成元年)に登場した車両。つい、この前に登場したような気がするけど。
 
2017120505.jpg
続いては、11月22日(いい夫婦の日)に行われた和歌山県紀の川市での講演へ。まずは天王寺の阪和線ホーム。ここから撮るのははじめて。いい雰囲気のホームです。
 
2017120506.jpg
JR和歌山駅で、和歌山電鐵貴志川線に乗り換え。「たま電車」「いちご電車」「うめぼし電車」など、いろんな電車があるのに、時間が合わず普通の色。いちおう「オレンジリボン電車」という名称もありますが、車内に子どもの絵が飾られているなどを除くと、普通の車両。
 
2017120507.jpg
和歌山電鐵の切符。確か郷里のことでんもこんな感じの切符でした。これが一番ローコストで運用できるんでしょう。
 
2017120508.jpg
途中の伊太祈曽駅で「いちご電車」と行き違い。
 
2017120509.jpg
そして、伊太祈曽駅の車両基地に、「たま電車」と「うめぼし電車」が。その前を、堂々たる風格の地元女子高生がかぶる。
 
2017120510.jpg
伊太祈曽駅を出発した車内から、あらためて「たま電車」を拝む。乗りたかったです。
 
2017120511.jpg
講演開催地の最寄り駅は、甘露寺前駅。帰りの送りは、ムリを言って貴志駅まで送ってもらいました。普段はスーパー駅長の「ニタマ」がいるのですが、この日は水曜日でお休み。水・木休みの週休二日制。「ブラック勤務」じゃないところがよい(人間基準だけど)。
 
2017120512.jpg
11月25日は高崎市で講演。日帰り旅。快晴すぎる晴れで、富士山は島田市の辺りから見えていました。
 
2017120513.jpg
東京駅から高崎まで。行きは「あさま」。
 
2017120514.jpg
高崎駅からの帰りは「はくたか」。E7系だかW7系だか区別が付かずわかりません。行きも帰りもE列で、晴天の日差しが眩しかったです。おかげで富士山はよく見えました。
 
2017120515.jpg
12月3日は三原市での講演。行きは福山まで「のぞみ」。そこからは在来線で三原まで。途中、尾道を通るので、あえて海沿いの在来線で。車両は真っ黄色(末期色)の115系。通称「かぼちゃ」と言われる、湘南カラーの方が落ち着く昭和人。
 
2017120516.jpg
三原には港があります。生活の足的な舟の桟橋。郷里の高松港にもこういった桟橋があるので、馴染みがある雰囲気。
 
2017120517.jpg
帰りは三原から福山まで「こだま」。そこから「のぞみ」。日曜日夕方の上り「のぞみ」はかなり混んでました。当日、座席指定予約をしようとしたら、C列とB列しか残ってませんでした。

そういえば、スマホの「EXアプリ」で予約したのですが、また「e特急券」の指定をし忘れて、予約後払い戻しをしました。top画面に「e特急券」のチェックボタンを付けてほしいです。これで2回目のミス。ちょっと慌ててるとすぐにミス。


11月25日の高崎行き往路でのこと。隣席のおじさんは始発の新大阪からの乗車。東京までの間、ひと言も僕とは話をしていませんが、隣だからチョロチョロと様子が見える。スポーツ新聞を読み、その後うつらうつらと。それが品川の前あたりから急にソワソワ。二つ折れの携帯電話を開けて、なにやら入力して送信。品川を出発した頃に着信のメール。おじさんは胸ポケットからユックリ取り出す。携帯を開けると「田中雅男」からのメール。その文面には、「銀の鈴で待ってます♡久しぶり〜(あと判読できず)〜」と。おじさんの送ったメールも、チョロッと見える。「あと少しで会えるよ。お待たせしてます♡」と。雅男とラブラブです。そして、雅男からのメールを確認すると、おじさんはそのメールのやり取りを削除!雅男とはつまり…。出張とも旅行ともつかない格好。出張にしては荷物が少ないし、旅行にしても、この世代の男が一人身軽でというのは希有。ナゾのおじさんは、逢瀬に向かう途中だったんですな。


 
16:23  |  旅行  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |