FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

大阪マラソン2017の応援へ

2017.11.26 (Sun)

2017112601.jpg
昨日は、高崎市で講演でした。帰ってから連載原稿の締め切りを送信したり、レポートをまとめたり。なかなかの疲れ具合。今日はユックリ休もうかとも思ったんだけど、昨日の夜、なぜか「応援に行かねば!」というスイッチが入り、大阪へ行くキモチに。どうせなら、応援がプツッと途切れる39〜41km区間に行こうと。

ラン友のなかで、今回速そうなのは、「3時間半切り」を宣言した大学時代の先輩。もっと速いラン友は「今回は完走が目標」というので、先輩が40km地点に来るであろう時間を見計らって家を出る。

天満橋辺りから、序盤コースで応援していた人達が、応援の場所を変えるべく乗り込んでくる。地下鉄中央線に乗り換えると、続々と応援の人が増えてくる。

終点のコスモスクエア駅で降りるのは、ほぼ応援関係者。その流れに沿って駅を出ると、ちょっと遠回りの出口に出てしまった。そして、テクテク歩いて行くと、「アッチに行きたいのに渡れない」状態がズッと続く。もともと、この辺りは倉庫群で、周囲に食べ物屋もなければ自販機もない。こんな場所で応援しようという人も少ない。大会本部も応援の人が来たり、道路を渡ることを想定していないのかも。仕方なく、中央分離帯からの応援。

2015年大会で走ったのでわかるんですが、この辺って、最後のシンドイところなのに、風景は殺風景だし、応援の人も少ないから、ついつい足を止めてしまう誘惑に駆られるんです。「止まったら次がシンドイで」と応援している人もいるくらい。

予定の場所に着いたのは、ゴール時間が2時間台中盤くらいの速い人達。ランナーがポツリポツリとやって来る感じ。あの広い道路をポツンと走るのも、なかなか爽快なんじゃ?と思うくらい。そのうち、人が増えてくる。そんな中、「今回は完走で」と言っていたラン友トールがやってくるでないの。実は、ランナーズアイで確認していたけど、「完走で」というわりには、全然ペースが落ちず「このままで来ると、40km手前の応援ポイントに着く前に通過してしまうんじゃ?」と思ったくらい。さすがに電車は速くて間に合ったけど、彼はそのまんまのペースでゴールしたみたい。調子悪いと言えどもトールだわな。

続いて、大学の先輩。3時間半のペースセッターのちょっと後ろ。いつものようにニコニコと笑顔満点の走り。とにかく明るい!昔から変わりません。

「タイム狙います」のラン友さんは、4時間のペースセッターを囲む集団の中にいたのか、見付けることができず。残念。

2017112603.jpg
そして暢ちゃん。朝の投稿だと「6分半で…」とか書いてたのに、ランナーズアイで見ると、意外とペースが落ちない。ユックリいこうかな?と思っていても、実は無理にユックリ走るのは意外と難しいもの。イケルのなら気持ちいいペースで走るのが、実は一番楽だったりするもの。で、ほぼサブ4ペースでやってきました。通過するのを撮ったら、「ね!チャンと撮ってよ」とリクエスト。それならと、追い越して先に走っていき、待ち構える。結局、ペースだの心拍数だの気にせず気持ちいい感覚だけを頼りに走れたら、それが一番気持ちいいんよね。

地球上の生き物で、一気に40kmも走る生物は他にはいないらしいです。短距離だと人間より速い生き物はたくさんいるし、歩き続ける生き物もいる。そんな他の生き物がおそらく生きていく上ではほとんと必要のないことを、わざわざ設定して走る。これぞ、まさに「人間らしい」「人間固有」のことをしているでは?とフト思ったのでした。戦争も人間固有の行動かもしれないけど、そんな破壊的なことではなく、ただただ走るだけ。

走ってるラン友達や、見知らぬ大勢のランナーを見ていると、今シーズンは未だにハーフマラソン一本のみで、大会勘が鈍っている僕も「やっぱりマラソンっておもしろいわ」とやる気になってきました。
 
2017112602.jpg
で、帰りに乗った地下鉄中央線でホンマなら本町で降りるところ、森ノ宮駅まで乗ってRunWalkStyleで、YURENIKUIを新しく購入。前のオレンジ色のゴムがユルユルになってしまったので買い換え。オレンジは売り切れだそうなので、次は青で。青で再来週のホノルルマラソンにでます。

 
23:17  |  ランニング  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |