09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

お京阪プレミアムカー乗車レポ

2017.09.11 (Mon)

2017091101.jpg
8月20日に運行が始まった京阪特急の座席指定車プレミアムカー。8両編成の特急の6号車だけ座席指定。京阪特急は、テレビカーを走らせたり、2階建車を走らせたり、昔からなんやかんやと試みてます。

今日は、かかりつけ医に尿酸値を下げる薬を取りに行く日なので、この機会を使ってプレミアムカーに乗ってみることに。
 
2017091102.jpg
6号車の乗車口上には空席情報。10時代は一人席も二人席も空席たっぷり。下車駅に関わらず全部「○」。とはいえ、「意外と並んでる人いるなぁ」と。ところが到着してドアが開いて、アテンダントから有料席車両と伝えられ他の車両へ。結局、乗ったのは僕一人。平日の日中、それも途中駅からだと、500円払わなくても一般席でも十分座れそうですし。
 
2017091103.jpg
乗り込むとまず気が付くのが、新車独特の香り。匂いというか臭いというか、自動車でも感じるあの新車のにおい。もう半月もすれば消えてしまうんだろうけど、今のところ「まだ新車」感がありました。

大阪方面行きだと、乗車口は座席の向きでいうと後ろから乗り込むことに。この白(正確にはベージュ?)と黒のコントラストが目に入る。
 
2017091104.jpg
逆に京都方面行きだと、こちらの黒と赤のコントラストが目に入る。その場合は、2+1がこの画像と逆になる。大阪方面行きが軽い感じの白、京都方面行きが重厚な黒という、ハッキリしたコントラストはオモシロイ。
 
2017091105.jpg
足下は、一般車と違って、少し張り出しがあります。足下灯が仕込まれています。張り出しがあるとは言え、気になるものではありません。

視覚効果を狙ってでしょうか?窓下の壁面パネルは濃さが三段階になっていて、下の方が濃くなっていて、その分、立体的に目に入ります。張り出しが張り出しに見えないんです。オモシロイ。
 
2017091107.jpg
テーブルは新幹線の普通車くらいのサイズです。僕のMacBook Air11インチは、なんの問題もなく乗ります。
 
2017091106.jpg
座席背面テーブルが使えない席には、壁面テーブルか、それも使えない場合は、肘掛けに仕込まれたテーブルが用意されていますが、背面テーブルほど大きくありません。肘掛けテーブルは、せいぜい飲み物が乗る程度です。
 
2017091108.jpg
乗客が少なかったので、若い男性アテンダントさんと、ブランケットが用意されていることなど少しお話しました。ついでに写真も撮ってもらいました。後から小さな子どもが乗ってきた時も、「記念に撮りましょうか?」と声を掛けてました。

北浜までプレミアムカーに乗って、帰りは一般車で。プレミアムカーの方が静かか?と聞かれたら、「気持ち」だけかもしれません。正確に計測すると静かなのかもしれませんが、もともと京阪はカーブが多いのでそれほど速度が速くありません。その分、車内も静かです。そこにプレミアムカーの乗客の少なさが加わるのだから、総合的に静かです。私鉄最高レベルだと思います。

シートは高反発系でしょういか?デビューした頃の3000系のようなやや固めの印象です。JR山陰線で旧国鉄車両のヘタレまくった座席に長時間座って腰が痛くなるのを経験した僕には、固めの座席歓迎です。リクライニングは、思った以上に倒れます。シートピッチが確保されているので、その分、倒せるのかも。

足下灯は夜に実力を発揮するのでしょう。天井灯はギリギリ眩しさを抑えた感じ。

前の座席の背面には、テーブルと衣類や買い物袋などを引っかけられるフック、ペットボトルなどのホルダー、チョッとした読み物が入ったネットが付いています。フックは、戻した時にパタン☆と音が出ないようになってます。逆に、リクライニングはレバーで傾きを戻すと、勢いよくバン★と戻ります。

もともと一般車両だったのを改造してプレミアムカーにしている関係で、一部、座席と窓の配置がズレるところがあります。とくにもともと扉があった部分や、ロングシートがあった部分は、窓が不規則になっています。車窓を楽しみたいのであれば、大阪向きなら「8」、京都向きなら「9」がイイと思います。

乗務員室の隣は、スーツケースなど大きな荷物が置けるスペースがあります。

関西の特急は、例えば、なんば→奈良が500円、難波→関西国際空港が510円、京都→近鉄奈良が510円と、ほぼワンコインです。京阪のプレミアムカーも京都(出町柳、三条、祇園四条、七条、丹波橋、中書島)→大阪(京橋、天満橋、北浜、淀屋橋)は500円でわかりやすい。

京都の碁盤の目(出町柳、三条、四条、七条)から環状線の内側(京橋、天満橋、北浜、淀屋橋)まで乗るのなら、しかも桜や紅葉の観光シーズンで混雑した時期なら、500円でユッタリというのは十分値打ちがあると思います。

丹波橋や中書島、さらには樟葉や枚方市から乗るのに、400円から500円払うか?というと、なかなかないと思います。乗るとしたら特別な日限定!でしょう。例えば、入試の日はプレミアムカーが絶対にオススメです。大きな商談に向かう時もオススメです。体調の悪い日は使いたいでしょう。マラソン大会の帰りも使いたくなりそうです。ん?…この先、意外と乗る機会があるかもしれません。

 
19:06  |  旅行  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |