FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

セドナへ その1 (2019フロリダ&アリゾナ旅行記)

2019.03.05 (Tue)

2019年2月18日から2月28日まで、フロリダとアリゾナへ旅行したなかの終盤、2月26日にセドナへ行ったレポートです。全編を一つの記事にしようとすると長くなりそうなので、今回はセドナへ行くまでのお話し。

ERで受診した(この記事)次の25日は一日ユックリ過ごし、なんとか回復した加奈子。「せっかくここまで来たのだから、アンテロープキャニオンはダメでも、せめてセドナまでは日帰りででもいこう」ということになり、急遽、セドナまでの足を予約。

もともとはArizonaShuttleで行く予定していたのが、加奈子の体調不良でキャンセルに。もう一度ここで予約してもよかったんだけど、滞在先まで迎えに来てくれるというAirport Shuttle of Phoenixで予約してみた。UBERも候補の一つに考えたんだけど、さすがに長距離なので高い。それとフェニックスからは手配できても、セドナからフェニックスまで行ってくれるドライバーがいない可能性があるので、ちょっとリスキーかも…というのでUBERは回避。事前予約して確保することもできたので、高くてもそうすべきだったと気が付いたのは、ズッと後で分かった話。

最初に書いておくと、今回のセドナ日帰りツアーは、このAirport Shuttle of Phoenixに最後でカマされたというのがオチ。結論からいうと、このAirport Shuttle of Phoenixは次からは使いません。料金も安いかな?と思ったら、最初からチップとして20%を要求してきたり、運転手がピックアップ場所にこないし、時間も超エエ加減だし…。帰国してからトリップアドバイザーで調べたら(このページ)評価もボロクソ。皆さんカマされたんですな。
 
でも、実は、行きは最高!でした。どういうわけだか、僕たちが滞在しているAYAさん宅へお迎えに来たのはこの車(撮ったのは途中のドライブイン)。

2019030506.jpg

クライスラー 300C HEMI!てっきり、あのバンが来るモンだと思ったら、これぞ現代のアメ車!というクライスラー300C!運転手は僕よりもだいぶん若い女性。7歳と10ヶ月の子どもがいるお母ちゃんドライバー。

2019030507.jpg
ルームミラーにお顔がチョロッと映り込んでおります。「8時にお迎え」と予約すると、キッチリ8時に来た正確さ。少しUBERに慣れてきた僕たちにとっては、「これってUBER?」と思うくらい。この8時から乗った僕たちが、「今日、3組目のお客さん」と言うメチャメチャ働き者のお母ちゃん。「一昨日娘が体調崩してERへ行ったんです」と言うと「あら!体調大丈夫?車酔いとか、気持ち悪かったら言ってね」と答える人でした。

予約時にチップは振り込んでおいたんだけど、思いがけず感じのいいドライバーと、日本ではなかなか乗る機会のないクライスラー300Cに、現金チップも少々はずみました。

とにかく行きは、異様に良かったAirport Shuttle of Phoenix!だから、余計に帰りのヘタレ具合が際立ったというのもあります。

なかなか出発できない記事ですが、やっと発進します。8時にお迎えに来てもらったものの、AYAさん宅はフェニックスのダウンタウンの南側。そしてセドナはフェニックスのはるか北。つまりフェニックスの街を縦断しないといけない。しかも8時!通勤ラッシュで道路は渋滞。

2019030501.jpg
こういうサボテン風景を見るまでに1時間くらいかかりました。このサボテン風景がズッと続くのかと思いきや、あるところからパタッと見られなくなります。寒いとサボテンは生息できないみたい。
 
2019030502.jpg
出発して1時間半。Rock Springs Cafeに立ち寄り休憩。お母ちゃんが「目がシパシパする。アレルギーなのかな?目薬買いに寄るわね」と言うので、寄ったドライブイン的な店。店構えも店内も、昔からあるアメリカの店!というイメージそのまんま。お土産物コーナーがあったり、物産コーナーがあったり、チョロッと寄るにはもったいないところでした。
 
2019030503.jpg
事前に、「パイが有名なのよ」と聞いていたので、アップルパイを購入。セドナに着いてから食べたんですが、ホンマに美味しいアップルパイでした。あんなに美味しいのなら、チェリーパイやらなんやら、いろいろ買えばよかった。

2019030504.jpg
看板と電柱と青空。天気予報では曇りだったのに、朝からとってもイイ天気でした。おまけにポカポカ陽気。その分、お母ちゃんドライバーの花粉アレルギーが辛かったのかも。

2019030505.jpg
ガソリンスタンドも併設。

2019030508.jpg
休憩を終えて、再びドライブへ。気が付けば雪山。前週に嵐が来て、セドナは雪が降ったので、こういう光景になったのだそうな。

2019030509.jpg
Sednaの文字が!参考までに…Sednaはセドナというよりも「セドーナ」という感じで「ド」にアクセントがくる感じで発音されてました。

2019030510.jpg

2019030511.jpg
こういうビュートを見ると、セドナに着いたと思えます。

2019030512.jpg
AYAさん宅を8時に出て、テラカパキに着いたのは10時45分。途中で休憩もしてるけど、思ったよりも時間がかかりました。とはいえ、クライスラー300Cは快適だったし、ドライバーもいい人だったし、風景の変化もあって、楽しめる時間でした。

何度も書きますが、行きは良かったんです。想定外に良かったんです。良すぎたんです。その分、帰りのポンコツ具合が…

2019030517.jpg
今ごろ気が付いたのですが、これがいわゆる「4大ボルテックス」の一つ「ベルロック」なんですね?何の予備知識もなく、目の前の岩山に惹かれて撮っていたのですが、帰国後セドナについて調べているうちに、「あ!これ?」でした。セドナマニアの皆さんに叱られそうな無知っぷりでございます。

2019030518.jpg
そして、なにげに「ホーリークロス教会」も撮ってました。もうちょっと下調べして行けば、もっと「ここぞ!」というところで撮れたんでしょうけど、なにぶん「この先」のアンテロープキャニオンのことで頭がいっぱいだったので…とはいえ、偶然とはいえ、こうやって「4大ボルテックス」の二つが撮れていたのはラッキーでした。

その2)へつづく
 
18:20  |  旅行  |  Comment(0)
 | HOME |