FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

ランニング嫌いは、持久走の授業が原因では?

2019.01.08 (Tue)

新学期が始まるにあたって、娘が憂鬱そうにしてました。まぁ、新学期前はいつもコレなので「あ、また?」で済ませるつもりでしたが、いちおう「どうした?」と聞くと、「体育で持久走が始まるから」というでないの。今でこそ、日常的にランニングしている僕も、持久走の授業はつまらなかった。運動場のトラックをグルグルするだけって、なにが楽しいんでしょ?と思ってました。

親バカの僕が言うのもなんですけど、娘は夏まで山岳部に所属していて、唯一の女子部員ながら男子のペースにもなんとか付いていける持久力はあるはず。この夏は、一日で、北岳山荘キャンプ場から北岳(日本で二番目に高い山)アタックした後、間ノ岳、農鳥岳を越え、大門沢下降点から奈良田キャンプ場まで縦走したらしいから(山好きに聞いても「そらヘンタイ、いやタイヘンや!」という行程らしい)、そうとう頑張れる持久力はあるはず。

にもかかわらず、持久走の授業が憂鬱だと。

まず押さえたいのは、いわゆる一般的な持久力と、持久走の授業でいう持久力とは、別モノらしい点。

持久走の授業の内容を聞くと、どうやら陸上競技の中距離走をさせているらしい。20分走という距離固定でペースは自由というのもあったり、距離は3000mときには5000mという回もあるらしい。この3000~5000mは、運動部の生徒達でもなかなかシンドイ距離だと思います。運動部といっても、格闘技系や持久系ときどき瞬発系ではなく、常時瞬発&持久系競技の人達にはマッチする内容だと思いますが…あれ?もしかして、この系統って陸上の中距離しか存在しないんじゃ?あ、スケートがありましたね。あれはほぼ陸上と同じでしょうね。

持久走といえばマラソン!ですが、笹川スポーツ財団の調査によると、

「『年1回以上ジョギングやランニングをする』と答えた20歳以上の割合は、2006年の5.9%(推計人口606万人)から右肩上がりで、2012年に過去最高の9.7%(同1009万人)を記録。だが2014年は9.5%(同986万人)、2016年は8.6%(同893万人)に落ち込んだ。」

という(参考記事)。もっとも、この記事の「年1回以上走る」には、地域や会社や子どもの運動会で走るのも含まれるので、「10人に1人」という予想外に多いランナー人口に。

「週2回以上の人」についても推計している。「こちらもピークは2012年の385万人で、2014年は374万人、2016年は364万人と減っている」(参考記事)。

週2回以上が人口比で約3%(しかも都市部に偏在)。100人に3人がランニング愛好者とみてよいでしょう。僕の周囲には比較的たくさんいますが、それでも1クラス(町内会?)換算すると、せいぜい0~1人程度。逆に、「ランニング?キライ!」「なんで金払ってまで走るの?アホとちゃう?」という人が大半。元運動部の人達ですら、キライ!と言う人が多い。その

ランニング嫌いは、
「持久走」の授業が原因では?


というのが、僕の仮説。

結論から言うと、陸上中距離走的な持久走の授業内容だと、「二度と走るか!」という気持ちになって当たり前。トラックをグルグルグルグル回って、ヒィヒィゼェゼェ走って、「これ!楽しい!」「持久走の時間が楽しみ」というのは、マラソン愛好者よりもさらに少ない「どヘンタイ」であると断言します(おそらく当人達も認めるはず。それくらい過酷ですし)。

体育授業における持久走の概念と指導方法に関する検討(PDF)」というレポートを読むと、体育授業における持久走の指導方法には大きく二つに分類できるとある。一つは、「陸上としての持久走」概念をもつ実践。もう一つは、長く走ることそのものの楽しさを重視した実践。

体育=「体を育てる」という科目名に合う生徒が多いのは、上の2つの実践のどちらかは明白。体育授業における持久走単元で、陸上中距離走的な内容を課すというのは、ごく限られた適性を持つ生徒に向けた「エリート教育」であり、残り大多数の生徒には不要な負荷と言っていいでしょう。


ここからは、「体を育てる」ための持久走授業を妄想してみます。

スポーツ、とくに陸上競技というのは、幸いなことに成果を数値化しやすい種目です。ところが、これが「陸上としての持久走」になると、たんなるタイムトライアルになります。学校代表の駅伝選手選抜なら、それでも意味があるでしょうけど、それなら、希望者のみの参加にすべきです。

数値で「体が育つ」ことを認識できるメリットを活かし、しかも全員が主体性をもって参加できる授業法ができるはずです。例えば、陸上競技会で優勝したい生徒と、肥満を克服したい、運動不足を解消したい生徒が同じメニューでは、これは「体を育てる」科目に意味がない。

まずは、エリートだけではなく半数以上の生徒に伝わる「走るメリット」を教える。そのメリットに対して、今の自分が取り組みたい(自分に必要な)メニューを考えさせる。

例えば、「速く走れるようになるのが楽しい」という人には、陸上競技的なトレーニングとタイムアタックなど、従来の持久走授業でいいと思います。

「健康管理やダイエット」「体型維持&管理」「持久筋強化」を求めるのなら、生物や保健の授業内容とも連動させ、栄養吸収や脂肪燃焼、心肺機能、循環系、筋肉組成などもあわせて組み立てさせる。

「走ることで人と仲良くなる」ことを求める生徒もいるだろう。そういう生徒には、どこをどうやってどう走れば人と人とが繋がるか?という観点が求められるはず(マーケティング的?)。

「受験勉強のリフレッシュ」を求める生徒には、どう走ればリフレッシュできるか?気持ちいいか?という自分を掘り下げる視点が求められるはず。

「走り終わった後のビールが…」という生徒はいないはずですが、「ご飯が美味しくなる」というのもありですね。どのくらい走って腹を減らすのが一番ご飯が美味くなるか?美味い不味いという主観的な値を、いかに客観的に分析するか?これも調査法の一つです。

実際に、いろんな方法でいろんな距離、いろんなコース、いろんなペースで走らせてみる。
→効果はあったか?
→上手くいかなかったのはなぜか?より効果的にするにはどうしたらよいか?
→よりよい結果を導くためのメニューを再設定
→再び実践
→結果と検証
→メニューの再設定

体育の授業で、自分を実験台にPDCAサイクルが体験できるわけです。どんなにユックリでも短い距離でも、とにかく走ることだけを必須にして、あとは自由。たくさん走ればイイや、速く走ればイイというのではなく、いかに自分で目標を作り、追求できたかを評価基準にする授業はどうかと思います。

「こんなことをしても、サボる生徒はサボる」と言われそうだけど、意味もなく高負荷ランニングを課して、熱中症や貧血、低血糖、足腰のトラブルを負わせるよりは、教師の責任は軽いはず。どうせ、高負荷ランニングを課しても、サボる生徒はサボるモンです。逆に、放っておいても頑張って走る生徒もいます。問題は中間層をどう主体的に参加させるか?です。それ以外の上と下は放っておいてイイんです。



そこで、まず、確認したいことがあるんです。
「チコちゃんに叱られる」じゃないけど、

今こそすべての日本の体育教師に問います。
「あなた長距離走、好きですか?」と。


教師自身が「長距離走るってオモロイ!」と思えないようじゃ、生徒もイヤイヤ走になると思います。まず自分がオモシロイ!と思えないと、意味もなく走らされる感が伝わるだけです。

ボーッと走らせてんじゃねぇよ!

でございます。

(「観戦という授業はどうでしょ?」へ続く)


18:19  |  日々の出来事  |  Comment(0)

YMO「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」

2019.01.08 (Tue)

2019年1月2日に放送された、NHK名盤ドキュメントト「YMO“ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー”」の録画したいたものを、今夜見ました。

僕が小6の1979年に発売されたアルバム。当時の僕は、まったくそのことは知らず、はじめて聞いたのは中学1年になった1980年になってから。聞いた記憶が2回。どっちが先だったかは覚えていないけど、2回ともその時の光景を鮮明に覚えています。

記憶の中の光景から、秋だと思うけど、文化祭だったのか、それともオーストラリアからの交換留学生のレセプションだったか、とにかく僕は中学校の体育館の舞台上で、吹奏楽部員として座っていました。吹奏楽部員でいっぱいのステージ上手にエレクトーンが置いてありました。自分たちがなにを演奏したかはまったく覚えていないけど、僕たちの演奏の後、そのエレクトーンで中3のかなり背が高く、横幅もかなり大きな男子が演奏したのが、「RYDEEN (雷電/ライディーン)」でした。「ソリッド・ステート・サバイバー」の3曲目の名曲。

「なんちゅー格好エエ曲や!」

その男子生徒は、少なくとも吹奏楽部に所属している人ではなく、合唱部でもなさそうで、たぶん柔道部の先輩だったと思います。そんな彼が、左右の手と両足バラバラに、しかもなにやらスイッチ類をイジリながら、そして大汗かきながらエレクトーンを弾いている姿を、後ろから見ながら、ただただ曲も格好イイけど、演奏しているのも格好いい!と思ったのでした。それが一つ目の記憶。

もう一つは弁当時間の記憶。
昼休みの弁当時間。放送部が校内放送を流していたんだけど、ある日流れたのが「RYDEEN (雷電/ライディーン)」。「ソリッド・ステート・サバイバー」の他の曲も流れたのかもしれないけど、覚えているのは「RYDEEN (雷電/ライディーン)」のみ。その曲のイントロが流れ出すと、箸をドラムスティックにして、弁当箱を叩きながら、狂ったように首を振る級友!音楽をスピーカーの前で正座して聴くべしという「音学」として育てられた僕にとって、人をここまで動かす音や楽曲の力!なんて自由な聞き方!これまた衝撃の光景となりました。

参考までにいうと、このヘッドバンギング男は、数年後に、僕がギターを弾いていたハードロックバンドでボーカルをすることになる、石原大造でした。一緒のクラスになったのは、この中1の時だけ。高校も別だったけど、通学路で再会して高2の半年と、大学2年から3年の時に一緒のバンドで活動することになるのでした。

音楽といえば、クラシックの曲がほとんど、他は映画音楽と、たまに爆発的なヒットをしてクラスのみんなが歌って覚えたピンクレディーや、およげたい焼き君程度。今から思えば、本当に偏った音楽を聞いていた僕にとって、「RYDEEN (雷電/ライディーン)」は、はじめて格好イイ曲!と思えた楽曲でした。いい曲はあっても格好イイと思える曲はなかなか巡り会えないモンです。

この曲をきっかけに少しずつクラシック以外の音楽に触れられるようになるのですが、この「RYDEEN (雷電/ライディーン)」を越える衝撃は、その後、中3になるまで巡り会えずでした。なにしろ歌謡番組は見ることを許されず、ラジオも電源をONする権限ナシ(なぜかプロ野球のラジオ中継はたまにOK)。レコードはプレイヤー自体が家になかったし、ミュージックカセットもそれが買える小遣いの金額ではなかったので、ポピュラー音楽の情報が入る余地はほぼゼロ。しかも、音学はジッとして聞かねばならないという、なかなかのストイックな環境でした。ただ、ストイックなだけならまだしも、クラシック音楽以外をバカにしたような親の見解を、世の中そういうものだと思っていたので、自分でもポピュラー音楽を受け入れる必要性を感じてなかったのもありました。

そんな中学1年生の僕が、格好エエ曲!と出会ったのが「RYDEEN (雷電/ライディーン)」。そして、その後、少しずつ聞くことになる「ソリッド・ステート・サバイバー」の各曲。とはいえ、今夜まで4曲目の「CASTALIA (キャスタリア)」がこんなにイイ曲だと知りませんでした。そして「DAY TRIPPER(デイ・トリッパー)」のギターが鮎川誠だったというのも今日知りました。ツアーにはずっと渡辺香津美がサポートしていたので、この曲もてっきり。それにしても、ずいぶん泥臭いロックなフレーズ弾くなぁと思っていたんだけど、鮎川誠なら納得です。

番組ではDENONのカートリッジが映ってました。レコードプレイヤーが家になかったし、高校時代はラジカセ暮らし。大学時代にCDの時代になってしまい、レコードとは触れ合う機会がありませんでした。クラシック音楽原理主義だったわりに、音質にはまったく無頓着だった親は、「良いプレイヤーで聞いたら、違う曲になるんか?」と言われたのを覚えています。僕の中の、欠落体験の一つは、レコードをプレイヤーに乗せて、針を落とす作業なのかもしれません。あのDENONのカートリッジは、その象徴的アイテムと言えましょう。

良きオーディオセットへの憧れは、中高時代ズッとありました。とにかくモノラル再生機しかなくて、ステレオ再生自体が憧れでしたし。音が鮮明になることが、うるさくなるのと同義になる価値観のもとでは、高校時代にステレオラジカセを買ってもらうのが精一杯。そういや、ウォークマンが登場したのも中学時代。中2の時に発売になったウォークマンⅡのオレンジのヘッドフォンが格好良くて、憧れました。もうレコードプレイヤーやコンポなど夢の機械だったけど、ウォークマンくらいなら買ってもらえるかと親に聞いたら「そんな金はない」と言われたのも覚えています。ウォークマンすら買う金がないのに、ステレオコンポなど無理に決まっているし、ましてや部活で使う楽器(トロンボーン)などとうてい買ってもらえるわけもないと納得した記憶があります。

中3で出会った「RYDEEN (雷電/ライディーン)」を越える格好イイ曲。それはラジオで聞いたイーグルスの「ホテルカリフォルニア」のライブ盤のギターソロ。その数ヶ月後に聞いたJOURNEYの「Don't Stop Believing」。中2の後半から日曜朝の「不二家歌謡ベストテン」を聞かせてもらえるようになり、ようやく世間のヒット曲を耳にできるように。「ギンギラギンにさりげなく」「風立ちぬ」はこの時の曲。中3の途中で引っ越して、自分の部屋と自分のラジカセが与えられ、FMラジオが聞けるようになり、洋楽も聞けるようになったのでした。「ウルサイ」と言われ、ほとんどヘッドフォンで聴いていましたけど。

ここからギターを買うまでが、これまたさらにキビシイ道のりで…。


「RYDEEN (雷電/ライディーン)」の衝撃の話が、いつの間にやら、音楽環境に関するルサンチマンの吐露に。いろいろ思い出す番組でした。



そういえば、ラジオの電源ON権は、それほど厳格でなかったような記憶もあります。松田聖子の「夢で逢えたら」や伊藤つかさの「星に願いを」を聞いていた記憶があるし。…調べてみたら1981〜1983年頃の番組ですね。やっぱり中1の時はラジオも聞いてなかったようです。

そういえばのついでにもう一つ。「リムスキー=コルサコフ /トロンボーン協奏曲 変ロ長調」の入っていたカセットテープに、伊藤つかさの「星に願いを」を上から録音してしまったことがありました。親からは烈火の如く叱られました。吹奏楽部で自分が担当する楽器の協奏曲が入ったカセット音源。それをミーハーなタレントのラジオで消すとはケシカラン!だったのでしょう。

とはいえ、MY楽器でない学校備品の吹奏楽部員。チューバくらい個人では手が出ない楽器なら学校備品でも問題ないけど、個人で買えてしまう楽器のパートには備品楽器も少ない。中1の間は超年代物で緑青が浮かんだボロボロの備品楽器が割り当てられていました。吹いても吹いても鳴らない楽器とのお付き合いでした。中2以降は運良くほどほどな備品楽器が当たったけど、それは3年の先輩がMY楽器を買ってもらえたから回ってきた楽器。パートの後輩もMY楽器を買ってもらえる人達だったので、僕はそのほどほどを使い続けられたけど、いつボロに回るかわからないし、進学先の高校で備品楽器が当たるとも限らないなか、トロンボーンを続けられるかは運次第。トロンボーン協奏曲の上から伊藤つかさを録音してしまったのは、たんなる失敗だったのかもしれないけど、子どもながらにこの楽器とは長く付き合えないことを悟ったのかもしれません。今から思えば、金もかかるし練習場所にも困る管楽器と距離ができたことで、ヘンな進路を考えずにすんでヨカッタと思いますけどね。これは、あくまでも結果論。

 
00:54  |  音楽  |  Comment(0)
 | HOME |