FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

白熱教室

2019.01.03 (Thu)

NHKーBSの「マイケル・サンデルの白熱教室2018」をみました。5回連続の再放送分の中盤2,3,4くらいを見ました。

テーマの設定や議論に取り入れる具体的な現象の選び方、反対意見の掘り下げ方など、毎回ながら上手やなぁと思いながら見ていました。話がチョットわき道へ逸れるのもありなのが良いです。

こういうように、正しいか?正しくないか?ではなく、自分の考えと違う考えに接することで、より考えを深めていくことこそ、教育だと思いたいです。

ある人が「教育は洗脳だ」と言いました。正しいか?正しくないか?や敵か?味方か?を伝えるだけなら、それは正解かもしれません。

いずれにしても、意見の違いと人格攻撃が直結しないという、討論のルールが成立する環境の中で、自由闊達な議論が進められるというのは、見ているだけで (たとえそれがファンタジーだとしても) 気持ちのいいものです。それを番組としてみているだけでも、自分の視野が少し広がった気になれるところも良いです。

日本の討論番組だとなかなかこういう形にならないし、なんだか勝つか負けるかの議論になってしまい、考えが変わることや深まることをゴールにできないような気がします。どこかで、「みんな一緒であって欲しい」と思っているからなんでしょうか?

家族をはじめとする組織での話し合いも、主張し合うだけの主張勝負になってしまいがち。お互いのイイところ取りができるコミュニケーションが訓練できる機会…ないものでしょうか?ケンカの仲裁みたいなのは、その機会だったんでしょうかね?

違いを尊重することも大切だけど、まずは同じ部分(例えば、仲良く暮らしたいなどの価値観←仲良くってどういう状態?の確認も含めて)を確認してから、そこに向かうにはどうしたらと構成すると、ちょっとは話も前に進むんでしょうか?

いずれにしても、世界情勢をはじめ、話し合いが成立するという機会すら珍しくなっているような気がする昨今。せめて身近な人とは話し合って解決できると信じたいものです。

 
18:34  |  日々の出来事  |  Comment(0)
 | HOME |