FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

あざいお市ハーフマラソン走りました2018

2018.10.07 (Sun)

2018100701.jpg

2015年から4年連続で「あざいお市マラソン」を走りました。

サブ4狙った2015年のハーフ(この記事
靴ひもがほどけまくった2016年(この記事
足痙り痙り注意報だった2017年(この記事

昨日は、一昨日通過した台風25号に向かった南のしめった風が流れ込んだため、京都も30℃近い気温と蒸し暑さ。あまりの暑さに夜中に目が覚めたくらい。朝起きたら、首の後ろにはジットリ寝汗。「真夏か?!」というくらいの暑さ。

2018100702.jpg
今年も、ご近所の皆さんと一緒に参戦。スタート地点のバルーンゲートが設置されてなく、少しわかりにくいスタート地点。台風の影響もあって、設置を見送ったのかも。

僕は感想予想タイムで2つめのスタートグループ。予想通り、スタート直後はノロノロ。2kmくらいまではノロノロの中でジーッと足を温存。走り始めると、思ったほど暑くなく、時折サーッと風が吹き抜けるのが涼しくてイイ感じ。

実は、昨日からあんまりワクワクもドキドキもなく、普段の練習に出るくらいの低い気合いの入り具合。もうタイム狙いも止めたし、走り終わって気持ちいいくらいで走れればイイや!と思ってのスタートでした。それが、日差しがキツイわけでなく、暑すぎもせずだったので、ギリギリ2時間弱くらいを目標に切り替えて、フルマラソンでのペースで走ることに。
 
2018100703.jpg
写真もちょっと撮りながら、序盤の混み混み状態をなんとかやり過ごす。

8km地点手前くらいで、追い抜いたオジサン2人に話し掛けられる。「あんたのふくらはぎ、エエ筋肉ついとる!自転車やるんか?ヒルクライムやろ!」と言うでないの。「いえいえ、全然、ちょっと山走るくらいですわ」「ホンマか!?」「エエ筋肉しとる!」とお褒めの言葉を。こうなると、サボれないし、ペースも落とせない。標高最高地点を過ぎたところから下りが続くので、それに乗じてペースアップして、なんとかオジサンをやり過ごすことに。

中間地点を通る時に、「あと半分~ン!」という大きな声。見ると、近所の北堀公園をベチュラ(サンダル)で走るお馴染みのお兄さん。今日もベチュラ履いてました。

14kmを過ぎて、この先、農道ランニング。「ちょっと一息入れたいな」と思った瞬間に尿意。14.7kmに給水&トイレ。待ち人ゼロ人なので駆け込む。1分20秒の放尿。おかげで身体は軽く、気分もリフレッシュ。

この前まで、4km地点くらいから、ほぼ同じペースで走る女性ランナーを自分のペース照会にしていました。当然、トイレに入っている間に先に行かれてしまう。曲がった先に、どうやらあの人かな?という姿を確認。数百メートル先を走っている。その人を、18km地点で追い付き&追い抜き。残り1kmだけ、無理しない程度にちょっとペースアップしてゴール。

ネットタイム 1時間55分20秒
グロスタイム 1時間56分56秒

2時間以内ならイイやと思ってたわりには、ボチボチのタイム。

エイドはすべての地点で水を取り、スポーツドリンクが置いてある地点では、それももれなくゲット。走る前には、ブラックサンダーを2つ。途中でハニースティンガーを1つ口に。そのおかげか、今回は気配も、途中も、ゴール後も含めて、足痙りはなし。もしかすると、燃料不足が後半のいろんなトラブルの原因だったのかもしれない…と最近、気付いた。
 
2018100704.jpg
今回も、ホノルルマラソンと同じく、真田信繁の兜形帽子と、赤いシャツで、なんちゃって「赤備え」。ホノルルと同じく、小さい子から「あ~!兜!」とか「お侍!」と声掛けてもらいました。中盤以降の地点で、女性から「兜や赤備えに負けんよう頑張って!」と声掛けられました。

ゴール直前も、ご機嫌で走ってます。数分前にゴールした、ラン友山健さんに撮ってもらいました。

帰りの多賀SA内にある「餃子の王将」で昼ご飯。店内は、やっぱりこっち方面に帰る、ハーフマラソン後の皆さんで一杯でした。さすがにSA内の店なので、アルコール類はなかったけど、ノンアルコールビールで乾杯。ま、これも悪くないです。足痙りもなく、思ったよりも楽に走りきれたので、満足なレースになりました。

 
23:12  |  ランニング  |  Comment(0)
 | HOME |