FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

人生で一番冷や汗をかいた日

2018.05.22 (Tue)

2018052201.jpg
関空旅博2018でもらってきたパンフレットを片付けていたら、目に止まった「MALL OF AMERICA(以下、MOA)」の冊子。今から12年前の2006年、加奈子が5歳の時に、MOAへ行きました。その時の人生で一番冷や汗をかいた瞬間を思い出しました。
 
2018052202.jpg
冷や汗をかいた場所は、このLEGO Store。今もあるのね。

日中、和子さんは病院見学だったかセッションだったかで、僕と加奈子はヒマ。北米滞在7日目になり、時差ボケも改称した加奈子を連れて、MOAへ出掛けることに。
 
2018052203.jpg
ダウンタウンからライトレールに乗って、空港をくぐって、MOAヘ。全米最大級のショッピングモールで、中には遊園地もあるし、水族館もある。そんな巨大なショッピングモールだけど、5歳の娘を連れて行けるところなど限られたもの。

たまたま目に止まったLEGO Store。ウチには当時、子ども向けのピースの大きなLEGOはあったんだけど、大きい子向けのLEGOはなかなか触る機会なし。サッと飛びつき、しばらく夢中で遊ぶ加奈子。あぁ楽チン。
 
2018052204.jpg
加奈子から目を離さない範囲で、僕も店をウロウロ。「おぉ、こんなセットもあるのか」と。いつの間にか、加奈子は坂道を滑り落ちるクルマのコーナーへ。周囲は男子だらけ。滑らせては組み直して何度も何度も。加奈子が熱中していたので、「しばらくここに居るだろう」とちょっと油断。

ちょっと目を離した間に…

加奈子の姿が見えない!

男子達が動きまくっているのに、どこの隙間からも、赤チェックジャケットの加奈子の姿がない!

熱中していると思ったのに…でも、子どもって突然、集中途切れるんだった。

うわぁ〜どこへ行ったンや?

ちょっと待て、ここはアメリカやん!ミネアポリス州法がどうなってるか知らんけど、子どもから離れたら罰則がある州もあると、児童虐待の講義で習った記憶があるぞ。ってことは大声で「加奈子ぉ!」と叫ぶと、しょっ引かれるのかも。

じゃ、迷子の放送?でも、迷子の放送をしてもらうとして、そのアナウンスは何語で?英語だと加奈子は聞き取れないぞ。そもそも、迷子の放送って、流れてないし。ってことは、やっぱりミネアポリスは厳罰の州なのか!なんてこったい!

うわぁ〜どうする?
探すしかないやん!

ウロウロキョロキョロウロウロキョロキョロ。
昼ご飯を食べた「sbarro」?…いない。
ウロウロキョロキョロウロウロキョロキョロ。
それともおやつを食べたアイスクリーム屋?…いない。
ウロウロキョロキョロウロウロキョロキョロ。
どこやの?どこやの?

けっこうイイ値段のNikeを履かせていたからなぁ、誘拐とかじゃないとは思うけど…え?連れ去られてたら?…あぁぁぁ貧血やクラクラする。

もぉアカンわ。ギブアップやぁ。こりゃ早くどこかの店員を捕まえて、「娘を見失った」と伝えんと見付からないだろな。

ってことは、最後に見た、LEGO Storeに戻るしかないか。
クルマの滑り台が最後で…



いた!

でかいアメリカン男子に囲まれて、黙々と組み立てをしていて、僕の存在にも気付かない様子。
「加奈子!」
と声をかけると、
「あ、パパ!見て見て」
と、変わらない様子。

よくぞ僕が探しまくっている間に、「パパ、見て見て」と言い出さなかったことよ。もし、そうだと、僕がいないのに気づき、加奈子も動きまくったかも。

この間、実際はわずかな時間だったかもしれないけど、僕にとっては、何十分も探し回った気が。3月とはいえ、まだ寒いミネソタ州の暖かい暖房が効いた建物とはいえ、背中には異様な大汗。冷たくなっていた指先に温かさが戻ってくる記憶は、未だに残っています。

今なら、見失ったとしても、スマートフォンで連絡できるし、加奈子も喋れるし。逆に、今思えば、12年前は冒険だったなぁと思います。

これまでの人生で一番冷や汗をかいた日の話でした。
 
18:18  |  家事・子育て  |  Comment(0)

関空旅博2018に行ってきました

2018.05.21 (Mon)

2018051901.jpg
5月19日、関空旅博2018へ行ってきました。

もともと旅行は好き。
というものの、観光地巡りよりもベタな地元な雰囲気が好き。
旅行という非日常行為をしながら、日常に接したいのです。

行った!見た!食べた!よりも、行った!出会った!友達になった!が好き。
だから、基本的に行き先はどこでもイイし、観光地巡りもサラッとで十分。だけど、誰とも知り合いになれずに帰ってくる旅は、なんかちょっと寂しい。

そんな種類の旅好きが関空旅博2018に行ってきました。

関西国際空港駅を降りて、空港ターミナルの方へ出ようとすると、まずは国内旅行のブースがズラリ。四国からは愛媛県の「みきゃん」。島根県の「しまねっこ」が来ていたりと、ゆるキャラも「あ、知ってる!」がたくさん。

20箇所のブースが出ていたように思うけど、中には「それってどこ?」というブースも。「てんかわ天和の里」と聞いて「何県?」でした。家に帰ってから調べ、奈良県南部、吉野よりもさらに南の地域のことと知りました。同じ関西に住んでいながら、この認識。地名に関しては、鉄道沿線なら全国いくらかわかりますが、鉄道の通っていない場所に感してはトンとダメな僕。「奈良県南部」と小さくでも書いてもらえたら、「あぁ、天川村の」と気付けたかもしれません。ザンネン。

グッズや特産品など物販に徹するブース、不特定多数の人集めに徹するブース、興味あって近寄る人をターゲットにするブース、どっちつかずのブース。僕もあっち側が分かるだけに、気になってしまいます。それもまたオモシロいんです。
 
2018051902.jpg
せっかくなので、いろんな航空会社のブースもくまなく回りました。大手は、こういったTwitterやInstagram連動の企画が多いですね。

ユナイテッド航空の尾翼マークって、昔は「U」でしたよね。いつから今のマークに?と思ったら、コンチネンタル航空を合併した時に、コンチネンタルのデザインが選ばれたんですね。

ユナイテッドは、まだ一回も乗ったことのない航空会社です。
 
2018051903.jpg
こちらはデルタ航空。全米ライフル協会会員に対して行ってきた運賃割引制度を廃止した航空会社。デルタは何度か乗っているし、合併したノースウエスト航空はかなりあちこちで乗りました。アメリカン航空もけっこう乗ってます。が、ユナイテッドは一回もチャンスがない。
 
2018051904.jpg
そして、去年、ホノルルマラソンの往復で乗ったAirAsia。
 
2018051905.jpg
台湾の高雄までの往復で乗ったScoot。

航空会社のブースで印象的だったのは、韓国のLCCって、今、こんなにたくさん関空に就航してるん?!でした。
JINAIRJEJUairAIR BUSANt'wayEASTAR JETpeachAviation
まだ他にもあるかもしれないけど、これだけで十分「こんなに?!」です。日本の地方空港よりも、よっぽど乗り入れ社数も便数も多いような気がします。
 
2018051906.jpg
ラピートには大阪万博誘致ラッピング。京都で暮らしてますが、隣の大阪が万博を誘致してるなんて、全然話題になってないような気がしますけど…。大阪では盛り上がってるんかな?
 
2018051907.jpg
「関空戦士 ラピートルジャー」というキャラが。動画も公開されていますが、なかなかの手作り感満載というか、ヤケクソ気味というか。
 
23:11  |  日々の出来事  |  Comment(0)

剪定&草むしり

2018.05.10 (Thu)

2018051001.jpg

春がきて、来週には真夏の暑さがくるという天気予報。昨日は雨で、今日は曇りのち晴れ。明日はごみの日。絶好の草むしり日和!

秋からこっち、まったく手入れしてなかったので、草ぼうぼう。南天の枝も伸び放題。ホント、南天って、成長早いですよね。来週の夏日を前に夏仕様にスッキリ。

そして、ネコの額の庭も草刈り。抜いてしまうと、地面が露出して、夏は照り返しがきつくなるので、抜かずに切る。だからすぐに伸びてくる。また切る。また伸びる。だいたい2回から3回は切らないと。あぁメンドウ。

といいながら、来月からは、ウチの何倍かの面積の庭の手入れもすることになりそう。こちらは自分用だけじゃないので小マメにしないと。

2018051002.jpg
ウチの庭から(気持ちだけ)奥の庭に続いているように見えるのが、いいところ。
 
22:01  |  家事・子育て  |  Comment(0)

「第26回武庫川ユリカモメウルトラ70Kmマラソン2018」レポート

2018.05.05 (Sat)

2018050301.jpg
5月3日「第26回武庫川ユリカモメウルトラ70Kmマラソン2018」走ってきました。結果、70kmまでは走れず、途中関門の56.5mすら届かず、53kmで関門制限時間オーバーにて終了でした。
 
2018050302.jpg
この日のために投入した、「HOKAONEONE Clifton4」新品が一番クッションが残っているので、ここまで温存。たいていの靴は「履き慣れた状態にして…」でのぞむけど、HOKAONEONEに関して慣らしは不要。

7:36甲子園口駅着の電車で会場へ。「もうすぐ受付を締め切ります」のアナウンスを聞きながらの受付。受付はスムーズ。更衣室はたぶんいっぱいだろうし、土手沿いの道路脇にゴミ袋を敷き、その上で脱ぐだけ。ただ、ゼッケンを付けるのに手間取り、開会式は間に合わず。トイレに並んで出すモノ出したら、スタート5分前。なんて効率のいい!
 
2018050303.jpg
ここから何時間も走り続けるわけだし、少々のタイムロスは誤差。トップ集団はともかく後方はユル~くスタート。ただ参加人数がそれほど多くないので、スタートまで歩くということもなく、スムーズに走り出す感じ。
 
2018050304.jpg
前夜までの雨で水溜まりとぬかるみは各所に。ただ、思った以上に水はけが良さそうで。気温の上昇に伴い、昼前までには水溜まりはほぼ解消。
 
2018050305.jpg
宝塚側の折り返し地点。雲が薄くなってきて、空の色が変わってきてます。この辺りから気温も上昇。とはいっても少しひんやりとした風が吹いていて、しかも、僕が走るよりも速い風速だったので、南向き北向きのどちらでも風を感じることができて、そこは助かりました。
 
2018050306.jpg
河川敷コースの難点は、日陰がないこと。武庫川沿いは、所々にこのような木があり、まだマシでした。とはいえ、やっぱり橋の下のパラダイス感は、河川敷ラン特有。
 
2018050307.jpg
2回目の宝塚折り返しを過ぎた30km手前。後ろから救急車に追い抜かれました。搬送されたのは、ユリカモメウルトラに参加していた人のようです。スタッフが2人救急隊員と話しているのを見かけました。

この辺りから、僕も汗が出なくなってきて要注意。
 
2018050308.jpg
そして、フルマラソンの42.195kmを通過!これ以上の距離は、個人でポツポツと走ったことはあっても、大会で走ったことはない未踏の領域。給水&給食以外はまったく歩かずにここまで来たけど、ここから急激にガックリと。マラソンの42.195kmという設定が本当によくできているのか?それとも、「あれ以上」という思い込みの重みなのか。

足の裏に感じ続ける違和感。靴を脱いで靴下とインソールの間に入った小石をふるい落とす。でも、砂粒程度でたいした石は入っていない。靴底に小石を挟み込んでいたモノの、超厚底のHOKA ONEONEにはあんまり関係ない。違和感を感じながら、だましだましのランニング。

2018050309.jpg
コースは武庫川右岸河川敷沿い。上流から山陽新幹線、阪急神戸線、JR東海道線の橋をくぐる。これはJR東海道線の橋脚。下りの神戸方面行き(右)は全面コンクリート。上り大阪方面行き(左)の橋脚は下がレンガ積み。レンガはイギリス積み。
 
2018050310.jpg
山陽新幹線を下から見上げる。N700系7000番台の水色がかった車両が通過。
 
2018050311.jpg
コースは、大阪国際空港(伊丹空港)の離陸コースの真上。北向きに離陸した航空機が高度を稼ぎながら、一気に南向きに上がる、ちょうどその途中。機体の腹部分を見ながらランニング。前半は余裕があったので、「B787が増えたなぁ」など思いながら見上げてました。
 
2018050312.jpg
なぜか阪急神戸線は、僕が通り抜けるタイミングと電車が来るタイミングが合わず。最後にやっと遭遇。
 
2018050313.jpg
45kmくらいから、足裏に痛みが出て、帰ってから確認すると水疱ができていました。アスファルトへの着地衝撃で痛みが増すので、なるべく草の生えたところを走ったり歩いたり。終盤の7kmは歩くしかできず。

2018050314.jpg
…というわけで、53km地点で制限時間オーバー=コース閉鎖によるリタイヤとなりました。気持ちはまだまだ走れる元気が残っていたし、足の筋肉痛も思ったほどヒドくなかったけど、とにかく足裏が痛くてダメでした。

「フルの向こう側」が見えると言われるウルトラマラソン。でも、帰って足の裏を見て、今の自分にはウルトラ適性はまったくないと分かりました。フルマラソンですら怪しいという実感も。とはいえ、やってみないとわからなかったウルトラ感覚。イイ経験になりました。とくに胃がムカムカして食べられないとか、脱水症状がでるとか、体調の変化はなかったので、足裏さえなんともなければ、もうチョット行けたのかも。とはいえ、今の自分には精一杯のランでした。

マラソン大会でスタートして、はじめて完走証を受け取らず(受け取れず)に会場を後に。イッパイイッパイ感はあったので、とくに悔しくもなく、この結果にも、「まぁそうだろうな」という感じのみです。
 
70kmというと、京都マラソンのスタート地点、西京極駅から阪急京都線に乗って十三へ。そこから神戸線に乗り換えて神戸三宮駅までの距離。僕がリタイアした53kmはというと、JR西大路駅から甲子園口駅までで53.2kmなので、武庫川の東土手くらいには到着できてそうな距離。終盤は歩きながらとはいえ、7時間でここまで走れるとは、10年前の自分なら考えられないこと。

途中リタイアの残念さもちょっとあったので、参加費に含まれていた銭湯や打ち上げは利用せず、そのままJR甲子園口から帰宅。洗濯して晩ご飯の準備をしているところ、スマホにTBSから電話で朝の情報番組の問い合わせ。武庫川で70km走って、銭湯に入って、打ち上げでユックリしていたら取れなかったであろう電話。リタイアは残念だったけど、こういう展開もあるのね?でした。
 
15:56  |  ランニング  |  Comment(0)

シカゴへ電車を見に行った話

2018.05.01 (Tue)

今年(2018年)の2月末にカリフォルニアで滞在した話は、ずいぶん前に公開したけど(これとかこれ)、その後、イリノイ州でも滞在しました。

ロックフォードの友人宅にホームステイした2日目、その友人とシカゴの町へ。シカゴの街といえば…人によってもつイメージはいろいろだと思うけど、僕が一番に思い出すのは、この動画「CTA Junction 12 in winter timelapse」。このポイントと90°ターンだらけの路線!「いつか本物を見たい!」と思っていた僕にチャンス到来。

2018050101.jpg
ロックフォードからバスでシカゴユニオンステーション駅へ。ユニオンステーションといえば「アンタッチャブル」の大階段。ケビン・コスナーって元気にしてるんでしょうか?
 
2018050102.jpg
小説「怒りの葡萄」や映画「カーズ」でも同じみの「ルート66」!の標識。
 
2018050103.jpg
そして、チョット歩くと見えてきた「シカゴ・L」。ビルの3階くらいの高さを走る電車。街中は環状線。
 
2018050104.jpg
各地から乗り入れてくる路線は、環状線を引っ掛けるように走り、その後、またどこかへ行く。路線図は、きっぷを買った時に、オバちゃんがくれたけど、実は駅にあるこのボードを撮った方が調べやすい。
 
2018050105.jpg
Washington/Wells駅。ここからまずは軽く様子見の一周。
 
2018050106.jpg
そして、目を付けるのは、やっぱり一番複雑な直角交差から近いClark/Lake駅。この駅から西を見ると、運行パターンアー8種類。1.東から西に進む電車、2.西から東へ来る電車、3.北から南へ抜ける電車、4.南から北へ抜ける電車、5.東から北へ曲がる電車、6.北から東へ曲がる電車、7.南から東へやって来る電車、8.南から西へ向かう電車、北と西の連絡はないけど、8パターンの動きのあるダイヤモンドクロッシング。

全パターンは撮れてないけど、部分的にはこんな感じです。

コンパクトデジカメとiPhoneで撮ったので、この程度の映像ですが、ちゃんとした望遠や少し高い位置から撮れると、かなり楽しい動画が撮れそうです。運行間隔は短く、次から次へと電車がくるので、ディープな鉄道好きでなくても十分楽しめると思います。

もしも、鉄道好きの人がシカゴへ行く機会があるのなら、是非とも、このClark/Lake駅の西の端に立ってみることをおすすめします。それほどディープに好きでなくても、あっちからこっちから来る電車は楽しめると思います。


そのClark/Lake駅からピンク線に乗ってクルッと。その途中の Adams/Wabash駅 から Harold Washington Library駅までの後方車窓です。小さなコーナーを90°ターンしています。駅に着くと、向こうを真っ直ぐ走り抜けるグリーン線 or オレンジ線の車両が見えます。ちなみに、動画前半の背景はあの「トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー」。
 
2018050107.jpg
最後は、ちょっとクラシカルなQuincy駅で降りました。。シカゴでQuincyといえば、クインシー・ジョーンズ!マイケル・ジャクソンの大ヒットアルバムのプロデューサーとしても有名。その夜は、一緒にシカゴへ出掛けたボブさんとアメリカンポップス談義に花が咲きました。
 
18:50  |  旅行  |  Comment(0)
 | HOME |