排水系トラブル(完結編)

2017.02.28 (Tue)

2017022801.jpg
先日、アップした排水系のトラブル。その続編にして完結編です。結論からいうと、無事に解決しました。しかし、そこへの道のりは少々険しかったです。最初からプロにお願いすれば、平坦な道ではあったのですが、自分で解決を目指した分、いろいろ理解できた面もあったので、それはそれでヨシとします。
 
2017022802.jpg
「おそらく何かで排水系が詰まっている」と推測し、まずは詰まっているであろうモノをゴリゴリしてみました。が、3mではなにも引っ掛かりません。
 
2017022803.jpg
そこで購入したのがケルヒャーの高圧洗浄器K2クラシックプラス。それに15mのパイプクリーニングホース。本体よりも15mホースの方が値段が高い!ケルヒャーではよくあるパターンです。バキュームクリーナーWV75 plusスチームクリーナー SC1クラシックもある我が家。ケルヒャーのお試し貸し出しができそうです。

昨日の夕方に届いたケルヒャーの高圧洗浄機。今朝、もう一つ購入した物品の到着を待ってから始動させることに。
 
2017022804.jpg
待っていた物品とはコレです。防水の内視鏡。これで中を見て、目標物にピンポイントで高圧水を当てて解決!と目論んだわけです。
 
2017022805.jpg
いざ、内視鏡を配水管の中へ!

おおお!見えるぞ!これが詰まりの正体だったのか!



と上手くいくわけがなく、
自分のアホさ加減を思い知るのでありました。

配水管が詰まってて、汚水が溢れ出ているのです。ということは、配水管の中も汚水。真っ黒です。そんな中に内視鏡を入れても、LEDライトが付いているとはいえ、見えるのは真っ黒な闇。ライトの前だけが白く映り、おそらく洗剤カスと思われるおびただしい浮遊物が通り過ぎていくだけ。

ええい!見えない敵でも、高圧洗浄機をもってすれば解決できよう!

ケルヒャーの高圧洗浄機に15mのホースを取り付けて、イザ!


ところが…ここでも、やらかしてしまいました。新品のホース。さっきまでガッチリと巻かれていたホース。しかもけっこう堅いホースで一度付いた巻きグセがそのまま残っている。それなのに、そのまま配水管に突っ込んでしもたのでした。

3mくらい進んだところで、どうやら風呂側の分岐に先が入ってしもたらしく、押しても引いても動かない。引っ掛かったままで、どうにもならない。困った困った。

手元に残っている12mのホース束をグルングルンと回しながら引っ張っているうちに、スポンと分岐から離れて戻ってきた。

今度は、十分に先端1mを真っ直ぐに伸ばしたうえで、再度挑戦。今度はグングン進んでいく。どうやら風呂もキッチンも通過した模様。ところが、12mくらい行ったところでガツンと壁にあたる。これはゴミの固まりでもなさそう。かなり堅い感触が伝わってくる。高圧洗浄機でもどうしようもないような固形物の予感。

もはやこれまで…

設計と施工をした工務店に電話したところ、関連会社の専門業者を向かわせるとのこと。

先に2人が到着。さっそく現場検証。その前に「ガレージを空けといてくれませんか?」と連絡があったので、クルマを運転して、近くの駐車場へ移動。久しぶりにウチのAQUAを運転した。で、駐車場にあったマンホールを3つポンポンポンと開ける。2つは流れを見るためのマンホールだけど、残りの1つが道路側の排水マスでした。こっちにもあったのか!あとで、確認したら、庭の排水マスから12mくらい先は、この道路側の排水マスでした。そりゃコツンと当たるわけだわ。
 
2017022806.jpg
なかは、庭の溢れた排水マスの比ではない汚れ具合。そして、こっちももうすぐ溢れんばかりの水位。「ギリギリでしたね」というスタッフ。「とりあえず水を通そか?」バールでマスの内側をゴリゴリ。すると、ドブのような悪臭が。
「何ですかね?」
「油と洗剤のカスがくっ付いたモンですよ」
そして数十秒後にはゴボッという音と共に、ギリギリまで上がっていた汚水の水位がドンと下がる。隣の流れを見るマンホールに汚水が流れ込む。上の画像は、その水位が下がった状態。周囲の白い物体は洗剤カス。そして、あと数センチでこちらも溢れるところまで来ていたのがわかります。

とりあえず流れ出したのを機に、洗濯機の下から強烈な異臭。昨日、洗濯機の下の管が詰まってるんじゃないか?と掃除した際、トラップの水を抜いてしまっていたのでした。昨晩から「なんかドブ臭いな…」と思っていたけど、開通した途端に本格的な臭いまで開通したみたい。水があるから臭いが上にこないのに、その水を抜いてしもてるもんだから、臭さ直撃ですわ。慌てて洗濯機を動かして、トラップに水を。ようやく臭いは収束。
 
さて、ここまででも、当面は困らないけど、このままだと、近いうちにまた今回のようなコトが起こる。かくなるうえは築12年で初めての排水洗浄をお願いしよう。

2017022807.jpg
というわけで、高圧洗浄車が到着。駐車場の水道から水をいっぱい引き込み、圧力を上げて、イザ!
 
2017022808.jpg
洗浄が始まると、思った以上にスンナリ。こちらは道路側の排水マス。
 
2017022809.jpg
こちらは庭側の排水マス。これが正常時の水位なのか。

せっかくなので、片付けてる業者さんといろいろ会話。ケルヒャーのホースよりもはるかに柔らかそうなプロのホース。しかもこちらからは全然力を入れずともスルスルと管の中を進んでいくように見えるホース。聞くと「そうなんですよ、噴射する水が後ろ向きなんで、それが推力になって進んでるんです」とのこと。ケルヒャーのはホースが堅いから、勝手に進んでる感じがなかったけど。先の構造はケルヒャーも同じなので、ホースが柔らかくなってくると、取り扱いも簡単になりそう。

「こっち(道路側)にも排水マスがあると思いませんでしたよ」という話から、「排水マスがとんでもない場所にある家」の話になりました。床下にある家があって、その家もマスから排水が溢れ出てたんだけど、なんせ床下。その床下浸水がある日、畳を抜けて床上にまで達してたそうな。そこまでいくと、キッチンや風呂の排水だけではなくトイレの排水も混ざってしまい、床下は…惨状だったそうです。物置の下になっていて、溢れているのに気が付かない家もあるらしい。

今は排水マスがポリ製品なので溢れ出るけど、昭和時代にはコンクリートで作られたものもたくさんあるらしい。すると溢れ出る前に、しみ出して地下へ流れでるらしい。ひどい時は土壌まで流してしまい、去年の博多駅前のように地下が空洞になることもあるんだそうな。恐ろしやぁ。

いろいろ話を聞けて納得!や、そうだったのか!など話のネタをいただきました。とにかく3ヶ月に一回は、排水マスを開けてたまった汚れを掻き出すなり、高圧で砕いて流すなどした方がイイというアドバイスでした。

不発に終わった内視鏡。キレイになってからもう一度試みたモノの、やっぱり水の中ではよく見えない。ムダな買い物をしてしまったかと思ったけど、待てよ…水の中に入らなきゃいいんだから…

2017022810.jpg
と思って、作ったのが内視鏡を載せる舟。これにカメラを載せて固定させればいけるか?これなら排水管の水の上を沈み込まずに。でも、途中でねじれたりしたらやっぱり水没か?いずれにしても近いうちに再チャレンジせねば。


それにしても、一戸建て暮らしの家事には、排水管の管理も含まれていたとは。リフォームや修繕については、いろいろ書かれたりしていますが、水回りのそれも排水のメンテナンスなんて、家事本にはほとんど触れられていません。少なくとも僕は見たことがないです。マンション住まいのライターさんが多いのかな?

それと洗剤カス、気になります。どの洗剤がダメなんでしょうかね?


---後日追記---
排水管洗浄の費用は45,000円でした。
12年分として3,750円/年、312.5円/月の計算になります。
チリも積もれば山となる。小マメなチェックが出費の抑制に。

 
22:18  |   |  Comment(0)

HOKA ONEONE Clifton3

2017.02.27 (Mon)

性懲りもなく、またランニングシューズを購入しました。

2017022704.jpg
HOKA ONEONE Clifton3。この色はBLUE JEWEL / NEON CORALというパターンで、HOKA ONEONEでは少し前から存在する色だけど、なぜか生産数が少ないのか?それとも日本にはほとんど入らないのか?なかなかお目にかかれないカラー。

京都マラソンの直前に、ゼビオでの買い物のついでに、靴もチョット見てみたんです。でも、「これは!」というのがなかったので諦めて、あざいお市ハーフで、スピードは出るのに靴ひもがすぐにほどける、ChallengerATR2で走ることに。靴ひもの締め方を変えたら、まったく問題なくなったのでそれで出場。

その京都マラソン前の買い物時に、トレラン用のザックが半額セールされていたのを、京都マラソン後に「あれはイイ物だった」と思いだし、再びその店を訪れたらすでに売り切れ。ガックリ&ザンネン。仕方なく、店内をウロウロしていたら、常設のHOKA ONEONEの展示スペースとは全然違う場所で、HOKA ONEONE 20%オフSALEというワゴンを発見!!もしかして、京都マラソンの前からSALEやってました?京都マラソン前に見付けてたら絶対に買って走ってたのに…またまたザンネン。

しかし、ここで出会えたのもご縁。しかも、目に止まったのが、Clifton3のBLUE JEWEL / NEON CORAL。Clifton3ならこの色しかないやろ!というお気に入りの色。サイズは…7.5!ここで間違っちゃいけないのが、男性用の7.5は日本の25.5cm、女性用の7.5は24.5cmという差。僕は24.5cmなので、女性用の7.5でピッタリ。この色の、このサイズしかなかったという、奇跡の出会い!
 
2017022705.jpg
画像は、左からClifton3、Clifton2、Clifton1です。走行距離は、それぞれ0km、936km、616km。2はクッションがなくなってるはずだけど、未だに愛用しています。はじめて買ったHOKAのChallengerATR1は1,278km走れましたし。まだまだ使えそうです。
 
2017022706.jpg
だいぶん履きこんだ1&2と、今回買った3の比較など無意味かもしれませんが、見た感じだけでも1&2と3とは大きく異なっています。同じCliftonを名乗ってはいますが、別の靴と見てイイかもしれません。特にかかとのアッパーとつま先のソールとアッパーの厚さは、足を通さずとも見ただけで別物とわかります。履いてみると、3は2よりもさらに幅がユッタリしている印象。かかとやつま先の厚さは、見た目ほど感じないです。

もったいなくて練習で履くのも惜しいくらい。とくにHOKAの命のクッションは新しければ新しいほどイイので、靴擦れなどの心配がないのなら、馴らしランも最小限でのぞみたいくらいです。気分が盛り上がる靴が手に入り、またランニングへの意欲がフツフツと。京都マラソン後の筋肉痛は、結局、約1週間も続くという初めての経験でしたが、それもほぼ解消したので、ボチボチと練習も再開。

次のシーズンは、楽にユルユル負担軽くエンジョイランが目標。

 
22:50  |  ランニング  |  Comment(0)

排水系のトラブルです

2017.02.26 (Sun)

2017022601.jpg
1週間くらい前から、なぜか庭が水没するように。はじめは激しく雨が降ったからか?と思っていたけど、晴れた日でも水没するのを確認。こりゃマズイ。
 
2017022602.jpg
しばらくすると水は引いていく。
 
2017022603.jpg
だいぶん経つと、ここまで水位は下がる。

で、どこが原因か一つずつ水を流して調べてみると、洗濯機と洗面台で流した水が溢れ出ている感じ。お風呂は浴槽のお湯は流しても溢れ出てそうにないけど、シャワーの排水は溢れ出ているような気がする。

そこで、家を建てた2004年11月の画像を調べてみると、配管具合が写っているのが数枚あった。
 
2017022604.jpg
洗面台からの排水はほぼ真下方向に基礎の下へ流れている。緑色はガス管。

2017022605.jpg
洗濯機の排水は、風呂からの排水の途中から合流して基礎の下へ。
 
2017022606.jpg
その基礎の下はどうなっていたかというと、こんな感じ。

2017022607.jpg
…ということは黄緑色で囲んだあたりが詰まっていて、排水マスに逆流してきているのでは?と推測。

しかし、この場合、浴槽からの排水も合流しているわけだから、ものすごい水量が庭に流れでてくるはずだけど、そこまで大量の逆流は起こっていない。ちょっと疑問。

とはいえ、黄緑の部分は怪しい。その先で合流するキッチン排水も少し流れが悪いような気がするので、黄緑ゾーンから少し先まで詰まっているのかもしれない。

2017022608.jpg
それにしても、基礎工事の前からズッと写真を撮り続けててヨカッタ。今、とっても役に立っています。当時は「こうなってるのかぁ」とおもしろがって撮ってたんだけど、基礎の下までわかるなんて、本当に撮っててヨカッタ。明日は、排水マスから本来の水の流れに沿って、5mのパイプクリーナーを突っ込んでみます。

それがダメなら高圧洗浄機を購入しようと思います。

家を建てて12年と3ヶ月。そろそろ、いろいろ出てきそうですね。冷蔵庫や洗濯機も今のところ無事ですが、そろそろ寿命が近づいていると思いますし、エアコンも…。

 
23:56  |   |  Comment(0)

アトランタからの電話

2017.02.23 (Thu)

父娘二人暮らしになって6日。年に数回の二人暮らしにもすっかり慣れてきました。だんだんと「和子さんって、いつ帰りだったっけ?」が気にならなくなってきました。最初の頃は、「ハヨ帰ってきてぇ」と思ったものですが。確か、今回のアトランタへの出張の後、香港とハワイへの出張もあるように聞いている、この年度末。

そんな今日の午後、大阪府島本町での人権啓発施策審議会の会合を終えて、帰りの電車での移動中、突然スマホが振動。見ると、アトランタの和子はんから電話。車内移動中だったので、「ただ今、電話にでることができません」を作動させて、メッセージで「ただ今、電車で移動中」と送ると、しばらくして「加奈子に頼んだからオッケー」と返事が。

なんだったの?と帰宅後、加奈子に聞くと
「そやねん。たいへんやったんよぉ」と。
「通勤に使う自動車のダッシュボードに入っている、書類を撮って送って欲しい」
というリクエストだという。

「鍵やねん鍵!」
「え?!なんの?!」
「もぉ〜鍵あるやろ?」
「え?ふなっしーが付いてるヤツ?」
「その四角の鍵!」

で、撮って送ったら
「これじゃない!」
と返事が。

そんなやり取りをしながらも、最終的には目的を達成したらしい。加奈子から聞いただけだけど、あんな説明でよく他人を思い通りに動かせるもんだ…と感心。

日テレの『世界の果てまでイッテQ』の「出川哲郎はじめてのおつかい」で見せる、出川さんのように、パッションでやる!パッションでさせる!という感じですな。あまりの熱さと勢いに、無茶を言われているのに「え?こっちが悪いン?」という気になり、つい動いてしまう感覚。きっと加奈子もそうだったんやろなぁ。あの熱さと勢いは自分にはないわ。すごいなぁ。

今頃、きっとアトランタでも、あの調子でアメリカ人達を「え?え?なになに?」と動かしているに違いない。日本人の英語に足りないモノ。それは伝えたい!伝えねば!というパッションとデカイ声ではないか?と思うのです。

 
22:36  |  日々の出来事  |  Comment(0)

第一志望の高校に合格しました

2017.02.22 (Wed)

16日の公立前期試験が終わって、自己採点した後、「あ〜受かっててもギリギリや」と言っていた加奈子。その日の夜には、うっかりミスをあちこちしていたことが判明し「もうアカンわ…」とポロリ。

それ以降、毎日毎日「受かってるかなぁ」「受かってるよな!」「落ちてたらどないしよ」「落ちてることはないっか」…と落ち着かない気持ちの吐露を聞かされ続け、こっちまで、なにやら落ち着かない気分になってきました。模試では合格可能性で「A」が付いていた学校だったし、もともとはもう少し上の学校を受けるつもりもしていたので、「ここで落ちることはないだろう」と思ってはいたけど、「アカンわぁ」「どうしよ」と聞かされ続けると「ホンマにアカンのか?」と思うようになってしもたり。

試験から発表までの間に、京都マラソンがあって少しは気が紛れてましたが、心の中は、「受かってた場合はまぁエエとして、落ちてた場合にどう声を掛けて、中期試験に再起動させるか?」を考え続けてました。加奈子の場合、第一志望を落ちた時は、同じ高校の普通科を受けることにしていました。第一志望は理系科。普通科へ入ると文系も選べる。今の加奈子は文系が強い。「強い方を伸ばすチャンスが来る!」とでも言っておこう....と心積もり。

今朝、「発表はパパも見に来る?」と言うので、発表時間の14時に家を出て見に行きました。なにしろ我が家からは小学校よりも近い高校。徒歩7分の高校が近づくと、合格発表を見に来たとおぼしき中学生や親子連れがゾロゾロ。校門を入ると加奈子の姿が。遠目に僕を見付けると、口パクでなにやら言ってるけど、表情で結果は明らか。

近づくと「受かってた!」と。

張り出された番号と受験番号のメモを照会すると........ある!あった!
これであの落ち着かない時間からやっと解放される!と安堵。

昨日の晩、「受かってても落ちてても泣くやろなぁ」と言っていた加奈子は、意外と淡々とした感じ。実は、現在、父娘二人暮らし。昨日の夜中ゼロ時過ぎのジョージア州アトランタにいる和子はんへ電話。一応、電話の前にメッセンジャーで「合格してました!」の速報を入れて返事があったのを確認。会話に若干のタイムラグがあるものの無事に伝わった模様。

2017022202.jpg

2017022201.jpg
合否どっちかわからなかったので、結果を見てから買いに行ったケーキ。2人、パスタと小さなケーキでささやかに「やったね!」とお祝いの乾杯。本当にホッとしました。

さぁ高校生活!ですが、その前に、我が家では部屋の大シャッフルが提起中。今の「誰々の部屋」が全入替になる模様。この春の一大行事になりそうです。

 
22:39  |  家事・子育て  |  Comment(0)

昨日の分析

2017.02.20 (Mon)

ただ今、絶賛筋肉痛です。やっぱり両太腿の裏が痛いです。これは練習中から、ちょっとペースを上げた練習をするとなってました。昨日は、特に左足が、股関節から足の親指まで痙りました。ここまでヒドイ痙りははじめての経験。

昨日の京都マラソン2017は、レポートの通り目標タイムに少し届かずでした。その一番の原因は走り込み不足。

2017022001.jpg
上のグラフは毎月の走行距離。12月の短さが目立ちます。奈良マラソン前に体調不良があって、しかも奈良マラソンは出走できず。そのモヤモヤ感を引きずり、走り出せないまま年を越してしまったのでした。これまで、どんなに走る距離が短い月でも100kmは走ってたので、極端に走れていない状態。

これはいろんなコトに言えると思います。コツコツ積み上げたモノは、なかなか崩れないけど、ちょっとサボった途端にガクッと落ちる。スポーツもそうだし、文章を書くのもそうだし、受験勉強も同じだと思います。負荷を掛けすぎずに一定のペースでズッと続ける方が、安定した力になるような気がします。

もちろん人には特性があって、僕は瞬発力が非常に乏しいので、一夜漬けができないタイプ。仮にやったとしても試験中に眠たくなるタイプ。逆に、普段は力を温存していて、ここぞ!という時にものすごい集中力で乗り切るタイプの人も。

今回は、35km以降かなり歩きましたが、それでも4時間チョイでゴールできたのは、前半の貯金があったからで、それは長いスパンでの蓄積があったからだと思います。とはいえ、無理したのは明らか。

ま、いずれにしても、タイム狙いのマラソンは昨日で終わり。

この先は、リゾートマラソンや観光マラソン、ハイキングやマラニックなど、「今日は天気いいなぁ〜ちょいと遠くまで走るか!」という感じで、ヒョイと走れる身体だけは維持しておくつもりです。走るのはやめませんが、今は曲がり角に来ているであろう自分の身体と相談しながら、無理せず変化を迎えようと思っています。

 
18:10  |  ランニング  |  Comment(0)

京都マラソン2017 目標達成できず!だけど自己ベスト?!

2017.02.19 (Sun)

2017021901.jpg
スタートの号砲からゴールまでのグロスタイムでサブ4という目標は達成できませんでしたが、グロスの自己ベストを1分18秒更新しました(スタート位置のおかげ)。そして自分がスタート地点を通り過ぎてからゴールまでのネットタイムは4時間に17秒届かず、こちらもサブ4ならず!

もう「ああしてれば」「こうすれば」感満載ですが、なによりもこうやって家に帰って、レポートできているというのが、今日の救い。
 
2017021903.jpg
スタート時は、例年通り日陰と風が当たるところは寒い。ところがスタート待ちをしている時から、日が当たる場所はけっこう暖か。「これは気温が上がりそう」と思っていたら、案の定、グングン上昇(していたように感じました)。前半はBブロックスタートの恩恵で、前の遅い人にぶつかることもなくスイスイ。こんなに序盤が楽なのははじめて!(Bブロック真ん中辺りで、号砲から2分過ぎにスタート地点を通過)

それに気をよくしたのか、目標達成にはこれまで通りのペース5分25秒/kmで走れば、十分に余裕もって達成できたのに、それよりも10〜15秒速いペース。中間点までは、「エエ?!もう中間点」というくらいの余裕とハイペース。それが25km過ぎて「ん?」と足の疲れを感じ、賀茂川河川敷に入った途端、明日急に重たくなり、立ち止まるように。

35km過ぎ、市役所前のイチゴを食べた後は、しばらく動き出せず。そして残り4kmからは両脚の太腿裏(ハムストリング)が痙るという事態に。もはやノロノロ歩くのみ。しかも上り坂。せめて早足ででも歩ければ…だったけど、それもかなわず。39km地点で一度道端に座って、足を延ばし立ち上がった目の前を4時間のペースランナーが通過。「あぁもうダメや」とトボトボ。

ところが、百万遍の交差点を曲がったところで、後ろから別の4時間ペースランナーに追い付かれる。「あれ?前にもいましたけど」「あ、あっちはかなり余裕もって走ってるペースランナー。こっちはギリギリです」というではないの。この人に付いて行けばまだ望みはある!と思って300mほど走ったところで、またしても両脚とも痙攣。もはや為す術なし。

痙らないように、高い金出していろいろサプリやドリンクを用意したけど、12月と1月の練習不足はモノでは取り戻せず。36km過ぎからは頭がボーッとしてくるし、こめかみの辺りに痛みも感じていたし、40km過ぎでは貧血のように血の気がサーッと引いていく感じもあり「また、倒れるかも?」という不安も。

なんとかゴールできたけど、こんなにゴールまでがシンドかったのは、初フルマラソンの2011奈良マラソン以来。

そしてゴール後、再び頭がグラーっと。一番上の写真を撮ってもらった直後、目に止まったゴール横の救護室にそのまま直行。

2017021905.jpg
両脚は脱水症状による痙攣だった模様。その他、頭痛や吐き気も脱水が原因だったよう。暖かいスポーツドリンクを飲み、その後、ドリンクを1リットル飲んで10分くらい横になると、痙攣も治まり体調も元に。自分で靴を履いて、立ち上がれてホッとしました。脱水や熱中症予防にとCMでお馴染みの「OS-1」を今回のドリンクにしたんですが、効き目無しでした。

2017021904.jpg
タイムはこの通り。30kmまでは良すぎ。35km地点で、あと7kmを6分/kmで走っても大丈夫と思いながらも、もう足が出なかった時のガックリ感たるや…でした。35kmから40kmが30分であっても目標は達成できたんですけど、まぁ「たら・れば」です。序盤のとばし過ぎに尽きます。

上位スタートであまりにも走りやすく、つい調子に乗ったと言えばそれまでですが、それも含めて自分。調子に乗らない自分だったら、講演やテレビ出演もなかっただろうから、よくも悪くも調子乗り。ということで、今日は非常に自分らしいレースだったと言えるでしょう。
 
2017021902.jpg
着替えた後は、あっちこっち知り合いに挨拶したり話したりしながら、15時から三条大橋たもとの居酒屋で、ご近所ラン友さん達と打ち上げ。脱水だったこともあり、あんまりお酒は飲まずもっぱらソフトドリンク中心。2980円で3時間飲み放題はお値打ちでした。話も十分できました。

さて!これで僕のタイム狙いにいくマラソンは一区切り。ここからは風景や人との出会いを楽しみに、そしてなによりもケガや故障のないランニングを目指します。

 
22:10  |  ランニング  |  Comment(0)

京都マラソン2017の受付にいってきました

2017.02.17 (Fri)

2017021701.jpg
今日から京都マラソン2017の受付が始まりました。今年で4回目の受付。毎年、金曜日の受付に行ってます。

明日の土曜日は、土曜休みの人と、遠方からのランナーが前日入りして受付するので、大混雑(たぶん)。毎年金曜日に来ているのでわかるのですが、金曜日も遠くからのランナー達で混んでます。外国から来るインターナショナルランナー達が目立つのが金曜日。上の写真はタイから来たという、えらくベッピンさんに撮ってもらいました。「大阪も申し込んだんだけどハズレたの。京都マラソンが初めての日本」と言ってました。
 
2017021702.jpg
三条駅からテクテク歩いてみやこめっせへ。その途中に交通規制の表示。これを見ると、気分もやっと盛り上がってきます。

なんせ、今日は加奈子の公立入試の2日目。面接試験でした。朝8時過ぎに家を出て、帰ってきたのは9時半。「え?もう?」という時間。一番目の面接だったそうな。かなり早めの昼ご飯を食べて、いざ受付会場へ。

2017021703.jpg
第一生命のブースで目標タイムと一緒に記念撮影。3時間45分!!このタイムが出ればエエんですけど、目標はスタート号砲から(グロスで)4時間以内でのゴールです。これまでは自分がスタート地点を越えてから(ネットで)の4時間以内ゴール(通称、サブ4)はクリアーできてますが、号砲からの4時間というのが、後方スタートという問題もありクリアーできてませんでした。今回は、Bブロックという好位置からのスタートなので、普段通りのペースで走れれば、グロスでのサブ4もクリアーできるはず。ついでに自己ベストも更新できたらイイなぁ。

先日もアップしたように、タイムアタックをするマラソンはこの京都マラソンで最後にするつもりなので、少々シンドくてもタイム狙っていきます。去年は京都マラソンの2日後に講演が入っていたりと、それも気になりましたが、今年は次の講演まで少し間が開いているので気にせず頑張れます。
 
2017021704.jpg
本番のフルマラソンもタイヘンなんですが、僕にはこの受付で毎回ヘトヘトになってしまいます。たくさんのブースやイベントを素通りしてサッサカ通れば、きっと10分もかからず出られると思うのですが、写真撮ったり試食したり買い物したりしているうちに時間がたって、人の多さに(金曜日は少ないはずだけど)グッテリしてしまいます。

なるべく寄り道しないように…と思いながら、フラッと寄ってしまうところも。上の第一生命のブースもそうですし、この京都フローラのブースもそう。ファンクラブ勧誘に来ていた京都フローラの岩田きく選手(左)と金山亜莉紗選手(右)。午前中はウチの近所の伏見桃山城運動公園で練習していたそう。ちょうど僕がジョギングしている時に☆カキーン☆という音が聞こえてました。
 
2017021705.jpg
そういえば、今年はアサヒビールのノンアルコールビールがなかったな。自動車メーカーのブースもなかったし(あれは大阪マラソンだったかな?)。他のマラソン大会ブースは、金沢マラソンだけでした。ちょっと寂しい。とはいえ当日は、そんなこと忘れてしまうくらい、ものすごい人の数なんでしょうね。

京都マラソンは参加賞がBUFF。今年は左下のような渋い色合いです。そしてゼッケンは「13415」。なんか良い語呂合わせはないか?と考えています。
 
23:06  |  ランニング  |  Comment(0)

古河市での講演の画像

2017.02.16 (Thu)

先週の土曜日(11日)に茨城県古河市で講演した時の写真が届きました。広報担当さんが一眼レフで撮って下さったのを頂きました。

あっちこっちで仕事してますが、仕事風景を撮ってもらえることがなかなかないので、こういった画像を頂けるのは本当にありがたいです。ホールや会議室で、しかもスライドを使う関係でどうしても暗めの会場が多いので、キレイに撮ってもらうのが難しいのです。

2017021601.jpg

2017021402.jpg

2017021602.jpg

2017021603.jpg

写真を見ていて気が付いたのですが、一時期よりも顔が丸くなってますね。ここ数年で一番体重が軽かった時よりも、平均で1.5kgほど増量しています。1.5kgなんてたいしたことないと思いますが、肉を1500g買うとズッシリ。あれが身体にくっ付いているのかと思うと…。

明明後日は京都マラソン。明日は受付に行ってきます。直前の栄養備蓄なんかで体重を増やしすぎないように気を付けねば。

 
22:58  |  日々の出来事  |  Comment(0)

明日はいよいよ本命入試

2017.02.15 (Wed)

先日の加奈子の私立高校の入試は、無事に合格していました。
ありがたいことに、特待生での合格となり学費は半分免除というおまけ付き。

とはいえ、本命はソコではなく、明日の受験高校。
家から一番近く、通うことになれば中学校と変わらない通学時間。

京都の公立高校前期試験は、どこもなかなかの難問を繰り出してくるようで、最後の最後まで過去問とにらめっこしています。1時間目の国語は得意の古文からと決めてるそうで、「そこでノッていければ、なんとかなる」とは本人の弁。

数学の難問度が高いらしいけど、こればっかりは「どんな問題を出してくるかなぁ?」で「これが来たかぁ!!」と問題を見るまでのお楽しみ…ということにするらしい。今頃、試験問題は学校の金庫で眠っているはず。明日の朝、晴れてご対面!!となるんですな。

明日の試験も先日の私立高校と同様、朝から夕方までの試験。弁当持ち。試験日の弁当って、本当になにを作ろうかと。

それにしても…
ついこの前まで、「た〜♪」と言ってた加奈子が、明日高校受験とは。



チューリップでも桃でも桜でもいいです。とにかく花が咲きますように!!

 
22:14  |  家事・子育て  |  Comment(0)

京都マラソンに向けて準備

2017.02.14 (Tue)

2017021401.jpg
次の日曜日は、京都マラソン2017。マラソン大会、とくに地元での京都マラソン前には、なんやかんやと買い物をして、その分、グッズが増えてる感じ。

今年は、途中の栄養補給グッズとグローブ。そういやグローブは、毎年受付会場でSALE激安品を買っていた気がする。補給グッズのついでにいろいろ眺めていたら、肌触りのめちゃいいグローブがあったので衝動買い。サイズもピッタリ。「M」でピッタリってことは女性用か?ま、入ればどっちでもエエのです。

前々からチョロッと触れていますが、今回の京都マラソン2017を最後に、「目標◎時間切り!」的なマラソンを辞めようと思っています。

一番のキッカケは血管迷走神経失神をしたこと。身体的にはあのあと症状は安定しているけど、「また倒れるかも」という心理的なダメージが大きいです。もうすぐ50歳だし、身体が変化する頃かもしれないし、しばらくは様子見。

友達が「マラソンがつまらなくなった」と書いてて、ん〜そういえば、自分は楽しい感じで走ってるかな?と振り返ってみました。

もともとダイエットのために走り始めたけど、体重はたいして落ちなくて(走り方が悪かったんですけど)。落ちないまま走ってたら、半月板がその衝撃に耐えられなくなって断裂損傷。その手術のリハビリ&筋トレと軽い糖質制限で体重が落ちたら、一発でサブ4が達成できて「やればデキルでないの!」とおもしろくなった。夏はトレイルも走るように。それと、いろいろ走ってるといろんな人と友達になれた!うん、これが一番大きいな。練習コースで会う人達。大会で出会う人達。昔の友達に大会で再会したことも。

人と繋がるのが楽しくて走るのなら、とくにタイム目標は設定しなくてもいいかも。この先は、自分が気持ちのいいスピードで走ればそれで十分だ。

もっと遡れば、僕はとっても病弱な子ども時代を過ごしてたから、マラソンを完走できたことですら快挙なレベル。そんな僕がサブ4できたんだから、もう十分満足してます。

というわけで、19日の京都マラソン2017の目標はサブ4維持。そしてそれが達成できてもできなくても、それ以降はタイムを気にせず(といってもあんまりユックリすぎても逆にシンドイので、ボチボチのペースで)観光ランニングすることにシフトさせます。

これまで何度か、「これが最後のタイム目標ラン」と言ってきましたが、「辞め辞め詐欺」のようになってるので、ここらで「ホンマに観光ランに移行するよ」と実行するべく、観光マラソンの予定を入れました!

今年12月はホノルルマラソンへ!!

ホノルルマラソンは観光マラソンの王様的大会と言ってイイでしょう。昨日、とりあえず飛行機とホテルを予約しました。例年、ホノルルマラソンの時期は超お高い値段が付くホノルルのホテルと航空チケット。ところが、今年はAirAsiaが関空〜ホノルル路線に就航した記念キャンペーンで、格安パッケージが出ています。チケットとホテル(5泊7日)で75,000円。この時期にこんな値段で行けるホノルルは、もう二度とないと思います。誘ってくれたラン友の佐藤さんに感謝です。

その次のホノルルマラソン参加予定は、加奈子が大学生になった年の12月。これは和子さんが出場するので、そのお供に。今回は、その「下見」という意味もこめて。

各地のいろんな大会に参加しながら、70歳くらいまでマラソンが楽しめたらエエなぁと思います。

 
23:10  |  ランニング  |  Comment(0)

受験weekにインフルエンザで学年閉鎖?!

2017.02.13 (Mon)

2017021302.jpg
昼どき、昨晩の鍋の残りを雑炊にして、食べているところに中学校PTAから連絡(画像では「小P連」になってますが、小学校時代から継続しているので)。

インフルエンザ及びインフルエンザ様疾患で欠席する生徒が急増のため、今日の午後から明日終日、学年閉鎖となるという。

今週の木曜日16日から、京都の公立高校の前期試験が始まりますが、ここでインフルエンザとは、なんともはや…

今朝、我が家では不埒なことながら、「風邪やインフルエンザに罹る子が増えてるし、予防的に学校を休むか?」と話していたばっかり。

しかも、なんとなく予感がしていたのか、今日の弁当はコンビニおにぎり2個とミカンという超手抜き。加奈子が週末に弁当箱を出し忘れたことへのペナルティーでこうなったのですが、午後から休校ということは、期せずしてその弁当で正解だったかもしれないと。

しかし…なんで午後から学年閉鎖なんでしょ?
休む生徒が多いのは朝の時点でわかったはず。残った生徒の間で感染が広がらないようにするのなら、即閉鎖するのがベストだと思うんですけど。「お昼まで」の根拠はなんなんでしょうかね?そういう決まりなんでしょうか?

今日は、先週金曜日に受験した私立高校の合格発表。学校を早退してきた加奈子と一緒に確認することになりそうです。

 
12:28  |  家事・子育て  |  Comment(0)

茨城県古河市にいってきた

2017.02.12 (Sun)

茨城県古河市で講演をしました。その前後の旅の模様を。今回は、鉄っちゃんバンザイ!な鉄分多めな内容です。

2017021201.jpg
2月11日土曜日14時からの講演だったのですが、天気予報によると「西日本は所によって大雪」の予報。鉄道の運行にも影響があると判断し、前の日の金曜日に移動することに。京都駅を定刻に出発したのぞみは、滋賀県に入ったところで減速&徐行運転。すぐにアナウンスが入り「名古屋到着は13分遅れの見込み」と。近江八幡市から彦根市、米原市のあたりは吹雪のような車窓。

それが、豪雪地と知られる関ヶ原に入ると天気も良く、雪も少ない。名古屋に至っては雪はゼロ。

2017021202.jpg
富士山もいつになくクッキリ。

結局、東京駅には7分遅れくらいで到着しました。乗ったのは、残りが少なくなってきた700系のぞみ。どんどんN700系に淘汰されているので、もしかするとこれが最後の乗車になるかもしれません。700系もJR東海所属車両でした。

2017021203.jpg
東京駅近くで二つ用事をすませ、いざ古河駅へ。上野東京ラインが開通して、東京駅から宇都宮線は一本で行けるように!上野で乗り換えしなくてもイイなんて!です。

東京駅に常磐線特急の姿も。「ときわ」のE657系。以前の「フレッシュひたち」が今の「ときわ」な感じでしょうか?

2017021204.jpg
あれは!以前の「スーパーひたち」651系じゃございませんか!

2017021205.jpg
そして、古河駅に無事到着。途中の東京駅で一服しているとはいえ京都から乗り換え一回で、こんな場所まで来ることができるとは、なんて便利になったんでしょ。ちなみに京都駅までも一本なので、乗り換えは京都駅と東京駅のみ。常磐線も高崎線も乗り入れてるので、かなりの範囲が少ない乗り換えで行けるようになったんですね。

経路検索だと、大宮まで新幹線で行き、そこから在来線に乗り換えるルートが優先表示されてましたが、とくに荷物の多い時などは(今回は多くなかったけど)この乗り換えの少ないルートも重宝ですね。新幹線を使っても、大宮までなら、到着時間がそんなに変わらないのもミソ。

2017021207.jpg
講演地に前日入りするのを伝えたところ、「では!」と主催担当課で前夜祭を開いて下さいました。場所は、宴席の申し出を頂く前は、一人で行こうと思っていたのでホテルから片道2kmを歩いて行ける「寿司おかさと」の予定でした。が、送り迎えもして下さるということで「旬おかさと」へ。

なぜ、そんなに丘里へ?といいますと、昨年10月のTBS「がっちりマンデー!!」で紹介されていたから。そこで古河市の店舗が紹介されていて「そういや、2月に古河市に行くぞ!」とチェックしていたのでした。

小洒落た店内と愛想の良い女将と仲居さん達。食事も上々で、なによりも話が楽しくゴキゲンさんな宴会でした。

2017021206.jpg
翌朝は快晴!ホテルのチェックアウトまで古河市内を散歩。ホテルは駅の東側だけど、駅の西に向かってテクテク。古河は日光街道の宿場町なんですね。

2017021208.jpg
石畳の道路もあります。そこを、車が細かい段差でゴゴゴゴと音を立てて通ってます。音だけならヨーロッパの街のよう。音だけなら。
 
2017021209.jpg
二昔くらい前の建物がボチボチと残っています。これは篆刻美術館。元は旧家の蔵のようです。

2017021210.jpg
僕は名所や重要文化財的なものも嫌いじゃありませんが、街の日常や猥雑な部分を見るのも好きです。商店街や繁華街、ネオン街、遊郭跡など、生活に密着した部分こそ、その街の顔ではないか?と。

古い町並みが残っている一方で、新しい風も入っているようです。フィリピンの国旗にShowTimeの文字。
 
2017021211.jpg
そんな町を通り抜けると、渡良瀬川。「わたらせ」と聞くと、思い出すのは森高千里の「渡良瀬橋」。その橋はもっと上流の栃木県足利市に掛かっています。

2017021212.jpg
渡良瀬橋はシングルワーレントラスの橋ですが、この三国橋もシングルワーレントラス。

2017021213.jpg
橋の中ほどに、茨城県と埼玉県の県境。県境はなんだかおもしろい場所です。なんでも端っこはオモシロイ場所です。真ん中では見えない風景を感じることができます。

2017021214.jpg
橋の反対から向こうを見ると…んん?

2017021215.jpg
あれは富士山ではないのか?直線距離にして、約126km。


そして、三国橋を渡りきる所で、警報器の音が。向こうから来たのは…

2017021216.jpg
赤い車両。「東武鉄道にこんな色の電車がいたっけ?」と思ったら、前の成田エクスプレスだった253系。その改造車両の253系1000番台。なかなか見る機会のない電車に、遠目ながら姿を見ることができてラッキー!

2017021217.jpg
そして三国橋を渡ったところにあるのが、埼玉県加須市の表示。古河市の向かいにあるからなのか、この辺りは加須市向古河という地名。

2017021218.jpg
そして、向こうに見えるのは東武日光線の新古河駅。その新古河駅から「列車が通過します」というアナウンスが。おおかた急行かなんかだと思ってたら…ん??あれは…

2017021219.jpg
東武鉄道100系スペーシアでないの!東武鉄道といえばコレですよ。小田急のロマンスカーとともに、関東の私鉄特急を代表する車両といってもイイでしょう。以前、栃木県での講演の帰りにスペーシアに乗ったことがありますが、その一度だけです。なかなか乗る機会がありません。

この色は「雅」編成ですね。スペーシアが通過する時刻を調べて散歩していたわけでもないのに出会えて、本当にラッキー!それもこんな近くで!しかも駅に着いてすぐに通過するとは。片道2.5kmの散歩も無駄じゃありませんでした。

今日はめちゃめちゃついてる!と思ったら、やっぱり講演もかなり盛り上がった内容に。前夜祭からの流れそのままの楽しい古河市滞在でした。

2017021220.jpg
さてさて、帰りも上野東京ラインで東京駅まで一本で行くことに。時間的には一本前の湘南新宿ラインに乗って大宮まで行き。そこで東京行きに乗り換えることもできたんだけど、乗り換えを少なくを帰路も選択。これ一本で東京駅までいくことに。

2017021221.jpg
実は、行きも帰りもグリーン車に乗りました。はじめてSuicaカードを天井にタッチ♪しました。二階席に乗ったので揺れるかと思いきや、ほとんど揺れは感じず快適でした。

2017021222.png
途中の白岡駅で「特急列車の通過待ちを行います」というアナウンス。「この線に特急って走ってたっけ?」と思いながらカメラを用意していると…来た!そうか!この特急だったか!

朝、会った100系の「日光詣スペーシア」。ゴージャスな色合いでした。

ところで、古河駅からの宇都宮線沿線には、尋常じゃない数の撮り鉄。明らかに珍しい獲物を狙っている感じのカメラの数。なにかの甲種輸送か?と思ったり。

すると乗っていた上野東京ラインが土呂駅に着いた時に、反対側のホームで「電車が通過します」というアナウンス。朝はこれでスペーシアと出会ったのですが、「今回はなに?!」と期待していたら、

2017021223.png
このヘッドマークは!「カシオペア」じゃあ~りませんか!撮り鉄の獲物はコレかだったのか!超大物でないの!どうやら、札幌雪まつりへのツアー客を乗せた「カシオペアクルーズ」らしい。もう運行してないのかと思ったら、たまに見ることができるんですね。

2017021224.jpg
去りゆく後ろ姿もキャッチ。とはいえ、相対速度はものすごく、車内からだとチャンと撮れるわけもなく。せめて向こう側の線路を走ってくれたら…でしたが、撮り鉄でもないし、出会えたこと自体がラッキー!です。

2017021225.jpg
見かけると思わずカメラを向けてしまう東京スカイツリー。まだ行ったことも登ったこともないです。見てるだけ。

2017021226.jpg
田端駅と西日暮里駅の間。常磐線から東北本線へつながる線路を走る貨物列車。コンテナ台車に珍しいコンテナ。調べてみたところ、産業廃棄物輸送用のコンテナのようです。

2017021227.jpg
東京駅での乗り換えは20分。この間にエクスプレス予約した切符を受け取って、食べ物買って…電車の中で調べると、どうやらGRANSTAというところへ行くといろいろお惣菜系が手に入るらしい。ところが、焦っていると「どこ?どこ?」という感じ。新幹線南乗り換え口から見渡すとecuteが目に入る。「そっちで行くか」と、混雑の中に飛び込んで買ったのは、結局、毎回これになってる気がする「豚めし」。豚のイラストが、「クレヨンしんちゃん」に出てくる「ぶりぶりざえもん」と、どことなく近い気がするのはなぜ?と思って見比べると…眉毛があるから?

帰りののぞみも、名古屋までは順調。そこから徐行運転に入り、京都駅に着いたのは10分遅れでした。
 
20:21  |  旅行  |  Comment(0)

明日は人生初の入試!

2017.02.09 (Thu)

うちの加奈子さん。
この前、中学校に入学したと思ったら、その中学校生活ももう最終盤。
そして、明日は人生初の入試へ。
早いわぁ。

地元の公立高校が第一志望なんだけど、担任の先生が「どうしても滑り止めを受けて欲しい」というので、私立高校の受験へ。ただ、そこは地元では「制服が可愛い」で有名な高校。その後、ファッション業界へ就職した、加奈子の知り合いのお姉さんも、制服でその高校を選んだくらい。そんなわけなので、その私立へ行くことになっても、気落ちしなくてイイのが救い。

学費はちょいとお高い私立高校だけど、一定の点数を超えると、学費免除や学費半額という特典もあるそうな。できるなら、そこを目指して!と言いたいところだけど、さすがに「それだけ点が取れれば、他も落ちないだろ」という点数。

さてさて、今夜から明日の朝にかけて京都市内は雪の予報。京阪電車は人身事故で遅れることはあっても、天候等で遅れることはめったにないので、そこは安心。

しかし…遙かとおい昔、自分が高校受験した時のことがまったく思い出せないのです。

新設高校を受験したので、校門から校舎までの道がまだ舗装されてなくて泥んこだったような…いや、それは合格発表の日だったか?そもそも受験会場はその高校だったのか?高校までどうやって行ったっけか?入試は一日だったっけ?それとも二日だったか?面接ってあったっけ?などなど、本当にまったく思い出せません。

大学入試の方も現役時代の時のことはサッパリ記憶から消えてます。浪人の時は、余裕があったのか、あれやこれやとかなり余計なことまで覚えてますけど。

それよりもタイヘンなのが、明日の弁当。朝から夕方まで試験があるので、弁当がいるんだそうな。今夜のおかずの豚肉のショウガ焼きを…と思ってたら、少し辛くなってしまって、食後に喉が渇く渇く。「こら、アカンわ!」ということで、明日の朝、他のものを作ることに。そういや、こんなに弁当の中身を気にするのは、もしかしてはじめてかもしれない。


 
21:28  |  家事・子育て  |  Comment(0)

第51回スーパーボウル

2017.02.09 (Thu)

2017020901.jpg
例年、正月を過ぎた頃に、一度は触れていたNFLの話題。今年は、その機会を逸し、気が付けばスーパーボウル当日。それも「あ!今日がスーパーボウルじゃないの!」と当日に気が付くくらいの意識の低さ。

以前は、たまたまボストンに滞在する機会があったのがご縁で、ペイトリオッツを応援していたんですが、あまりにも強いので、逆におもしろくなくなりました。その後は、万年下位なのに「どうした今シーズン?!」や「長い苦節を堪え忍び、今再びよみがえる〜♪」的なチームを応援するように。という最近の流れなので、試合前は「また、ペイトリオッツか…だったら、アトランタ・ファルコンズを応援するか」でした。

テレビを付けたのは第2Qの中盤(すでに出遅れ)。それが、スコアを見てビックリ!ペイトリオッツがゼロ!ファルコンズが、あのペイトリオッツをシャッタアウト!!スゴイと思うのもあるけど、ペイトリオッツのやることなすことトホホ…な守備と攻撃に驚き。

「こ、これはいったい…」。

僕の中では、2013年シーズンの第48回スーパーボウル、シアトル・シーホークスVs.デンバー・ブロンコスの43-8のような超ワンサイドゲームの再現かと。あの時のデンバーは、開始早々デンバーのスナップの乱れから、12秒でシアトルに得点が入り、その後は本当にやることなすこと全部ダメという、トホホゲームの見本のような試合だったなぁと思い出したのでした。ま、あの時も、「またデンバー?またペイトン・マニング?」だったのでシアトルを応援していたのでしたが、あまりにも凡ゲームになってしまい、途中で見るのを辞めて朝風呂に入ったくらい。

さてさて、話は今回の第51回スーパーボウル。ハーフタイムショーの間に、週明け朝の仕事を片付けて、さて後半。しばらくはやっぱりアトランタのペース。「もはやこれまでか…」と思いかけたところで、上の画像のあの瞬間が!!

スポーツの試合には、「なぜ、あの時、あのプレイを?」という、そのゲームを左右するような瞬間がありますが、この試合の分水嶺は、まさにココでしょう。

点差は28-12。アトランタの優勢。試合の残り時間は8分29秒。これまでのスーパーボウルなら、試合結果は見えたような時間帯。しかも3rd&1。あと1ヤード進めば、攻撃の継続権があるという状況。あと1ヤードという残り距離から、誰もがボールを持って走るプレイを選択するであろうココで、なぜか投げる。いや、「誰もが」というプレイをしなかったから、アトランタがここまで勝ち進んだのはわかるけど、「なぜ?今、このプレイを?」でした。そして、ニューイングランドも、「誰もが」の反対を読んでのQBサック。そして、こぼれたボールはペイトリオッツの手に。いやはや、いくらHCのベリチックがディフェンス出身とはいえ、このドンピシャのディフェンスは、まさに「ここで、このプレイ?!」でした。

これで流れがグッとニューイングランドに。そして同点に追いつき、延長戦のオーバータイムス。そして、アッサリと決めきってしまうところは、以前のように憎たらしいくらいに強いペイトリオッツでした。

あぁ、あの時、ランプレイを選択していれば…。ほんの少しだけマット・ライアンに周囲を見る余裕があって、投げ捨てができれば…あまりにも「たら・れば」の大きな試合でした。


しかし、その「たら・れば」は僕にも起こっていたのでした。

朝のメール返信のために席を外したハーフ・タイムショー。そのハーフ・タイムショーの演者が、レディー・ガガであることを知らなかったのでした。あとでBS-1のダイジェストを見て「えぇぇ!!こんなにいいステージだったの?!」と感動しました。

ガガ様良いです。もちろん歌も良いんですが、その存在も良いのです。過去にいろいろあったようですが、それを乗り越えて堂々と存在しているそのお姿。そして、物怖じせずに堂々と「反トランプ」と発言する姿勢。今回のハーフタイムショーでも見せてくれた、優しさと力強さのアイコンとしても素晴らしいです。ネットではポッチャリと言われているようですが、あの肉感の良さがイイのです。スーパーモデルのようなガリガリの脚にはなんの魅力も感じません。

リアルタイムで、ハーフタイムショーを見ていれば…と思った次第。

といっても、スーパーボウルのハーフタイムショーは、2004年の第38回大会でジャネット・ジャクソンが妙な演出をして以降、突然の放送事故に対応するべく、意図的に遅延して流されています。だから、リアルタイムのハーフタイムショーは、リアルにスタジアムに行かない限り体験できないのが現状。ジャネットの兄のマイケル・ジャクソンは、第27回大会で、伝説とも言われる、「動かない!」のハーフタイムショーを演じ、歴代ナンバーワンのショーを見せてくれたのに(あの時はリアルタイムで見ていて、鳥肌が立ちまくった記憶が今もなお残っています)。

今回のレディー・ガガのハーフタイムショーは、僕には、あのマイケル・ジャクソンの伝説に近いくらい素晴らしいものでした。前からレディー・ガガが好きですが、ますますファンになりました。そのハーフタイムショーの映像は、ネットで見ることができます

試合中は、ペイトリオッツの逆転劇にエキサイトしてしまいましたが、試合後しばらくすると、「やっぱり強すぎるペイトリオッツはオモロない」と。前半のトホホプレイの連続で、僕はペイトリオッツの罠に見事に引っかけられたのでした。もう来シーズンはだまされんぞ!

 
12:08  |  スポーツ  |  Comment(0)

Webサイトの移転

2017.02.03 (Fri)

2017020301.jpg
(画像をクリックすると大きく表示されます)

久しぶりにWebサイトを訪れた方は、僕のWebサイト
http://www.kyoto.zaq.ne.jp/rio/
が上記の通りのサービス終了に伴って、2月1日から見られなくなっています。

移転先は
http://rakukajiseminar.com/
です。

移転に伴って、いくつかサイトを改編しました。京、改めてWebサイトを確認したら、「お問合せ」のメールアドレス欄の書式と、使っているプログラムの書き換えが上手くできてなくて「エラー画面」が表示されていました。大慌てで手直ししました。

 
12:58  |  PC  |  Comment(0)
 | HOME |