03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

HOKA ONEONE ChallengerATR2 届きました!

2016.04.26 (Tue)

2016042602.jpg
去年(2015年)5月から、それまでのアシックスからHOKA ONEONEに靴を切り替えて走ってます。初めて買ったHOKAはChallengerATR。それで1278km走ったあと、一度は他のシューズを試してみたものの、やっぱり僕の膝にはHOKAのクッションが必要!ということで、大阪ハーフの直前にHOKA ONEONEのCliftonを購入。そして、エイプリルフールにはいつもHOKA ONEONEを購入しているRUN WALK STYLEのセールでClifton2を購入。

そして!今日、この夏のトレイルランニング用ChallengerATR2を手に入れました!

でも、この色(Aqua / Fushia)!
そうなんです、この色のChallengerATR2はほとんど流通していません。日本で流通しているのは、Parisian Night / Sunny Limeという僕には渋すぎるアダルトな色のシューズ。僕の足は24.5cmというHOKA ONEONEだとfor Womenになります。for Menだとネオングリーンや赤&黄のモデルもあるのですが、なぜか女性向けで日本に輸入されるのは渋い色のみ。

Challengerも欲しいなぁと思っていたのですが、「あの渋い色はなぁ」と思いとどまっていたところ、高校時代の友人が「アメリカに出張するついでに、買ってくるで」と声掛けてくれたんです!

そして、コロラド州デンバーから八王子市を経由して、京都へやってきた、ChallengerATR2!!
 
2016042603.jpg
というわけで、今、僕の手元には3足のHOKA ONEONEがあります。左からChallengerATR2、Clifton2、Cliftonです。
 
2016042604.jpg
この3足、ビミョウに木型の幅が違うようです。左のChallengerATR2が4E的、Clifton2が3E的、Cliftonは2.5E的な幅です。ただ、アッパーのメッシュ形が違っていて、細くてもキツく感じないCliftonと幅はあるのに小指がチョット窮屈なClifton2という位置づけでした。Clifton2も、走行積算距離が100kmを越えた頃から、小指の当たりが緩くなってきた気がします。

試しにチョットだけ履いて、家の前を200mほどダッシュで走ってみました。初めてHOKAを履いた時と同じで、スピードを落とすのが難しい!Cliftonにはないラグによるグリップで、足がグングン前に出て行きます。そして、幅広足の僕にとって、チャレンジャーのアッパーは本当に楽!HOKAは僕のために、このシューズを作ってくれたのか?と思うくらい。

デンバーで$130で定価販売。7.68%の税金を加えて$139.945。購入当日の為替レートで計算して¥15,286!!この色のChallengerATR2は日本で扱われてないので、正規輸入代理店ではなく並行輸入での購入に。すると25,000〜30,000円になるようです。

ちなみに、買ってきてくれた友人の話では、この24.5cmのこの色のChallengerATR2は、その店では「ラスト1」だったそうです。アメリカでも人気なようです。

 
ところで、デンバーから八王子までは友人が運んでくれたおかげで問題なかったのですが、八王子から京都の配送中、ネット上では「調査中」という文字がしばらくの間、表示されていました。

もしかして荷物が紛失?!変わりはほぼ無いのに?と思って心配していましたが、無事に16時少し前に届きました。どうやら、梱包していた包み紙が破れ、中の箱にもダメージがあった件についての「調査中」だったようです。箱なんてただの飾りです!

とにかく無事にデンバーから我が家まで届いてヨカッタ。あとはコレを履いて走るのみ!
 
21:10  |  ランニング  |  Comment(0)

京都3区補欠選挙

2016.04.24 (Sun)

20160424.jpg
衆議院京都府第3区選出議員補欠選挙の投票に行ってきました。7時に投票が始まったのですが、その30分後くらいに歩いて1分の投票場へ。

投票場は貸し切り状態。これまで何度も投票所へ出かけていますが、これほどまでに出足の悪い選挙ははじめて。出口調査の人(読売新聞の人でした)も「人少ないですねぇ」と言ってました。この後、30分ほどで出足は増えてきたようですが。

思えばこの京都3区の補欠選挙。前回の選挙で当選した人が「育休とる!」と話題を振りまいた直後に女性問題。ランニング友達から「なんかチャラい感じがして嫌い」と言っていたのがドンピシャ☆でやっぱり「オンナの勘」ってのはすごいなと実感したモノでした。

実際、けんすけ氏は地元で見かけることはほぼ無く「普段はどこにいるんやろ?」という感じの人でした。PTAに関わっていると、地元の議員さんとはよく会うのに、それでも全然見かけない。あ、一回だけ、社会福祉協議会主催のイベントで見かけた!…という程度。そんな彼がトップ当選したのを見て「へぇ〜!そんなモンなんや」と思ったんだけど、やっぱりやっぱり?でした。

ところで、この補欠選挙にかかる費用は2億6千万円だそうです(参考元)。これだけのお金があれば、いったいどれだけの「子どもの貧困」対策ができることか?

僕はけんすけ氏が任期半ばで辞職するのは、とくに問題視してません。もともとそういう人だそうですから。そういう人が立候補することは常ですし。問題は、そういう人を当選させた、自分も含めた京都3区の有権者345,190人の責任だと思ってます。だから、補欠選挙にかかる費用を有権者数で割った、一人753.2円は罰金として別途徴収してもいいと思ってます。

投票は立候補者をよく見て、よく考えて投票すべき(当たり前だけどね)。「オレなんかが投票しても変わらんよ」と言う人もいるけど、そんな人でも(そして、その人がどんなに貧乏でも)消費税は払っているわけです。その払った税金の使い道を決めるのが議員ですから、投票行動と現実生活は密着しています。そんな密着感を体感してもらうためにも、中途辞職議員を選出した選挙区民には追徴金加算してもいいと思います。

 
09:11  |  日々の出来事  |  Comment(0)

京都の大学めぐり第2弾

2016.04.17 (Sun)

2016041701.jpg
昨日(16日)は、天気も良く、おまけに和子さんの出張が熊本地震の影響で取りやめになったので、珍しく3人ユニットが揃う休日に。前から行ってみたかった出町柳のイスラエル料理屋「ファラフェルガーデン」へ。前の店舗の時に、一度食べに行って以来、今の場所になってからははじめて。フムスを久しぶりに食べることができました。僕は、とくに食べ物に対する主義はないので、ベジタリアン的料理でも、ビーガン的料理でも、精進料理でも抵抗なく食べます。「ファラフェルガーデン」では、期せずしてビーガンを選びましたが、ただの美味しい料理でした。

ズッと以前、僕が貧乏欧州ツアーをしている間、6日間ストックホルムに住むスウェーデン人の家に泊めてもらいました。彼は金閣寺の近くのローソンで出会ったのですが、ジーッとおにぎりを眺めたまま固まっていた人でした。どういういきさつで連絡先を交換したのか忘れましたが、その後、僕が欧州ツアーに行くと話したら「じゃぁ、ウチに泊まるとイイよ。ストックホルムの宿泊費は高いから」と言ってくれました。

行って知ったのですが、その彼はユダヤ教徒でした。つまり、彼の家に泊まったということは、その間、ズッとユダヤ食。といっても、特別窮屈な食生活をした記憶はありません。彼は自然に、豚肉を口にしなかったり、肉と乳製品を胃袋で一緒にしないことをしているようでした。とはいっても、日本では苦労したようで、おにぎりをジーッと見つめていたのは、中身の成分を確認したかったのかも。
 
2016041702.jpg
せっかく天気が良いので、鴨川沿いを散歩。出町柳のといえば、この亀石を飛び越えるところから。御所方面に向けて出発。
 
2016041703.jpg
どうせ御所へ行くのなら、ということで、京都府立医科大学の中を通り抜けることに。ついでに、前回の「大学めぐり」でもやった校門撮影。

府立医大は、これまでに数え切れないほど前を通っていながら、入ったのは今回が初めて。京大医学部とは鴨川を挟んで東西に見合う形。距離的には近いのに、川のアッチとコッチでほとんど交流がないのが、京都人の共通認識では?鴨川は見た目よりもズッと深いのです。でも、同じようにローソンがありました。
 
2016041704.jpg
そして、京都御苑を横切った先にあるのが、このオシャレなレストラン…
 
2016041705.jpg
…ではなく、平安女学院大学

サイトを調べると、上の「レストラン…」という部分は、今年オープンの「新・学生食堂エディ・カフェ」だそうです。今回、平安女学院が元の二条城の跡地に建っていることすら知りませんでした。

この後、丸太町から地下鉄に乗り、京都駅のアバンティで本の買い物。ドドンとお買い物して、重たい重たい帰り道になりましたとさ。

天気も良くて、いい休日でした。
 
17:16  |  家事・子育て  |  Comment(0)

生い茂る前にとりあえず

2016.04.16 (Sat)

2016041501.jpg
すっかり春の陽気。今日は気温が25℃を越えるような予報も。玄関脇の草も伸びる勢いが倍増。このままではエライことになりそうなので、昨日、手を付けることに。

2016041502.jpg
今回は、バッサリやりすぎた気がします。とはいえ、直にまたもとのようにボサボサになるんでしょうけど。

もう何年も「どうしたもんじゃろのぉ」と言い続けておりますが、結局のところ放置でございます。手前のブロック敷きも傷んできてるし、なんとかせんと。手間が掛からず、見栄えもよくというのはないモンでしょうか?

2016041503.jpg
ついでに庭の雑草も。いつもは根っこを残してカットしているのですが、今回は根こそぎ。こっちも「どうしたもんじゃろのぉ」で既に数年。エネファームを置いた時に今の状態にしたまんま放置。芝生を植える?とかウッドデッキにする?とか、いろいろ口には出してみるモノの、なんにも変わってません。

玄関も庭も、言わないと家族に気付いてもらえませんでした。ま、こんなモンです。自分で撮ってビフォーアフターを楽しんでます。庭の方はビフォーを撮り忘れたけど。
 
09:44  |  家事・子育て  |  Comment(0)

ぎっくり腰ふたたび?!

2016.04.13 (Wed)

一昨日(11日)の夜、晩ご飯を作り終わって、さて晩ご飯!
「いただきます!」
と言ってビールを一口したその時、

腰にピッキーン★

お、お、お…この痛さは…

加奈子が1歳半から2歳くらいの時だったか、
あんまり泣き転げるので、
「え〜もぉ〜シャーナイなぁ」
とエエ加減な姿勢で抱っこしようとした、
あの時感じて以来のズッキューン★

とにかく椅子に座ると痛い。
座卓で座るのも痛い。
立ってるか、寝転がっているかの二択。

座布団を山積みにして、そこへうつ伏せでなんとか過ごす。

腰が痛いって、ホンマに一気にQOL(Quality of Life)下がります。
やる気も失せるし、不機嫌にもなるし。
21時半という時間ながら、起きていても「イタイイタイ」とウルサイだけだろうから、
そのままふて寝させてもらうことに。

翌朝(12日)意外と腰の痛みは感じず。前の晩に、ふて寝しながらも、以前「反り腰」対策に教えてもらった、下腹を身体の内側の丹田に思いっきり引っ込める運動をやったのが効いたか?確かに、この下っ腹凹ませをしていると、腰痛はかなり緩和される。が、油断して下っ腹が戻るとジワワ〜ッと違和感が。

加奈子の弁当づくりは和子さんにしてもらったけど、その後の洗濯や掃除(これがけっこう腰にくるんです)を終えて、はてさて「今日はどう過ごすか?」と。安静とはいえ、ジーッとしていると身体が固まってきて、やっぱり腰が痛くなる。座るのはやっぱり痛いし。

かくなるうえは…というわけで、
2016041201.jpg
ユルユルと走りに行くことに。
今の僕のランニングの課題は、長い距離をユックリ走るのが足りない点。4時間くらいを目標に、距離は二の次で家を出ました。

2016041202.jpg
伏見稲荷を越え

2016041203.jpg
鴨川を通り過ぎ

2016041204.jpg
賀茂川に入り

2016041205.jpg
30km練習の時に折り返す、志久呂橋を越え

2016041206.jpg
京都市東北部クリーンセンターを越え

2016041207.jpg
叡山電鉄の鞍馬駅まで片道24km走りました。帰りは、そこから電車に乗って…と思ったら、出町柳駅までの10kmが420円という運賃の高さに驚き、「どうせ下り」と走って降りることに。

2016041208.jpg
先日、マラニックで通過した深泥池を通りすぎ

2016041209.jpg
加奈子と大学訪問散歩で通った京都府立大学の前を通り

2016041210.jpg
帰ってきました、賀茂川と高野川が合流して鴨川になる出町柳デルタ。

上って折り返して、ここまで34.29km。4時間18分のスローランニング。予定どおり股関節の付け根が筋肉痛。ココが弱点なんです。

出町柳からは京阪特急に乗って。そういえば、出町柳の駅で、階段を横イッパイに並んで降りる女子高生に行く手を阻まれ、目の前で特急を一本乗り過ごしたのでした。春は、まだよくわかってないヒヨッコたちがアッチコッチでウロウロ。5月の連休頃までは、こんな感じがアッチコッチで起こってるんでしょうね。

で、肝心の腰痛です。

走っている間は、ズッと丹田に力が入っているので、腰の痛みはまったく感じず。34km走ると足の方が痛くなるのですが、それもユルユルランニングだったのでそれほどでもなく、ジンワリ疲れている程度。

なによりも長時間走り続けたので体重が減っていて(おそらく大半は水分)11日よりも2kg減っていました。11日は前日10日よりも2kg急に増えたのも、腰に負担が掛かった原因かも。一日でもとの体重に戻せたのはヨカッタ。

今回の腰痛。急激な体重増加と、しばらくお腹凹め運動をサボっていたので、腹筋とくに下腹部の緩みが重なって起きたのだと思います。とりあえず間食は当分なし。晩ご飯時の米と小麦の摂取については要注意に。摂取ゼロはかなり難しいけど、注意するだけで摂取は抑えられるので。昨年7月以来、月間平均体重が右肩上がりで約2kgの増量。実は、昨日2kg落としたとはいえ、これでも去年7月よりは1kg重たい。つまり平均で2kg増えていたうえに、さらに1kg乗っていた。膝と腰のためにも、51kg前後で推移するように戻したいものです。

なんとか急性の腰痛をやり過ごした(ような気がする)のですが、再発の可能性は否めません。油断ならぬガラスの腰であります。
 
12:31  |  スポーツ  |  Comment(0)

京都桜めぐりマラニック2016

2016.04.11 (Mon)

2016041101.jpg
4月3日、やんちゃ村のうるルんマラニック「京都 桜めぐりマラニック2016」に参加しました。去年「京都一周トレイル 4分割その1 NEW東山編」に参加して以来のやんちゃ村のイベント参加。

マラソン+ピクニック=マラニック。順位もタイムも計測されないイベント。速ければイイというものではなく、むしろ時間いっぱいギリギリまで走る方が、モトが取れるという種のイベント。
 
2016041102.jpg
今回は、京阪本線出町柳駅を降りてすぐの出町柳葵公園が集合場所。ウチからは15分程度で参加できる、僕史上2番目に近いイベントのスタート地点(一番は、上記の東山編のスタート地点)。桜はほぼ満開。天気予報では、午後(夕方)からは雨だったので、早めにゴールできれば濡れなくてすみそうな感じ。

ゴール後の着替えや傘は、スタートの出町柳で預けて、ゴールの壬生で受け取れるので、途中は雨に降られて濡れてもゴールさえしてしまえば、問題なしのこのマラニック。とはいえ、桜の写真も撮れるなら撮りたいし、カメラは持たずにスマホのカメラで撮るつもりだし、そのスマホには防水対策をしていないので、やっぱり降る前にゴールしたい。

順位もタイムも関係ないとはいえ、雨に追い立てられそうな今回のマラニック。雨に降られず、かつ楽しむという難しい両立に挑戦。
 
2016041105.jpg
今回のマラニック。課題の一つは新しいシューズのシェイクダウン。先日のRUN WALK STYLEのsaleで購入したHOKA ONONE Clifton2の試し履きも兼ねていました。Cliftonとの比較もあって、普段通りのアシックスの靴下で。
 
2016041104.jpg
実は、4月3日当日の天気は下り坂と、早くから天気予報で出ていたので、4日前の3月30日にコースの下見を兼ねて、桜の写真を撮りながら走りました。

上の画像は、コースの中の鴨川沿いを南下する部分。3月30日(水曜日)の様子。天気は薄曇りだけど開花は半分くらい。水曜日に満開だったのは垂れ桜系でした。上賀茂神社、本満寺、京都御所の垂れ桜は見事でした。
 
2016041103.jpg
それがマラニック当日(日曜日)は満開!だけど、天気はこの通りの雨降り寸前。22km地点の2回目エイドの後、出雲路橋を渡って鴨川を横切り寺町通りを南下し始める時に、パラパラパラッと降られ「とうとう来たか…」と思わせられましたが、結局降られたのはその一瞬だけでした。

京都御所の桜は、下見の時の方が盛りだったけど、マラニック当日は日曜日ということもあって観光客の多さで盛り上がってました。

これを撮った前後くらいから、左足甲の外側が痛くなりました。靴紐を締めすぎたのか、シューズのタンの端っこがそこに当たっているのか。2回目のエイド時に靴下を脱いで確かめたところ、赤くなっていました。エイドに消炎スプレーがあったので、シュッと一吹き。靴紐を緩めて履き直し。どうやら、その対応が正しかったようで、履き直した後はまったく問題なく、むしろ「降りそう!」という空模様を気にしながらのペースアップ。

2016041106.jpg
その結果かどうか、ゴールの「壬生温泉はなの湯」へは、ずいぶん早くにゴールしてしまいました。120名くらいの参加に対して10番前後のゴールでした。試走の時はエイドこそなかったけど、ノンビリ撮影しながら5時間10分かかったコースなのに、3時間半弱で走ってしまっていました。スタートからゴール地点の閉鎖まで5時間半あるので、満開の桜を楽しみながらあと2時間くらいノンビリできたのを考えるとモッタイナカッたのか?それとも雨に降られずにすんでヨカッタのか?でした。

ほぼ同時にゴールした、僕を入れて5人の集団のうち、2人は以前の4分割トレイル東山編でもご一緒した方達でした。前後にもチラホラとお顔を拝見したことのある方達。来月8日には、今年も再び、「京都一周トレイル4分割その1」に参加します。またお会いできるかな?

今年は、4分割のその2、その3、その4に続けて参加して、京都一周トレイルコースを一周する予定です。
 
17:11  |  ランニング  |  Comment(0)

加奈子と大学めぐり

2016.04.05 (Tue)

2016040210.jpg
加奈子の「この春休みにやりたいこと」のリストの中に、大学見物があったのですが、気が付くと春休みもあとわずか。今日を逃すとチャンスがない!ということで、前の日からどの辺を見て回るか?と調べ、たくさん回れそうな出町柳駅からグルッと北山を回るコースで行くことに。
 
2016040202.jpg
地下にある出町柳駅から出て西へ向かうことに。出町柳の鴨川畔の桜もイイ感じ。川に並ぶ石を飛び越えて鴨川を渡り…
 
2016040203.jpg
まずは一番近い同志社女子大学から。ちょうど入学式。式典の最中だったのか、人の往来はそれほど多くなく、シットリとした感じ。
 
2016040204.jpg
続いては、そのお隣の同志社大学。いったい学生数がどれだけいるのか、ご近所にも同志社OBがあっちにもこっちにも。こちらも入学式。大学の入学式らしくサークルや部活の新人勧誘。チラシの束を抱える学生達。先輩達は自分の所属する部やサークルのチラシを一種類、新入生はあちこちのチラシを各種ドンと。新歓の風景は昔とそう変わってない気がします。
 
2016040205.jpg
同志社大学キャンパス内を通り過ぎて、烏丸通りまで出てそこから北上。地下鉄駅の今出川→鞍馬口→北大路と歩いて行くと左手に見えてくるのが大谷大学。趣のある建物は、尋源館(じんげんかん)という建物だと後から調べて知ったしだい。大谷大学は、今回、初めてキャンパス内に足を踏み入れました。この奥にもっと広いキャンパスがあったようなのですが、工事中のように見えて見学せず。
 
2016040206.jpg
北大路でお昼を食べた後は、京都府立大学へ。加奈子が「あれ何?」と指さしたのは「立看(立て看)」。そういえば、ココまでの大学では一切見掛けなかった。僕の母校の大阪市立大学は立て看だらけだったので、あれがあるのが当たり前だったけど、加奈子には新鮮な物体だったようです。公立大学出身の僕には、同じく公立大学である京都府立大の雰囲気に、心休まるノンビリさを感じました。
 
2016040207.jpg
京都府立大学を出た後は、京都マラソンのコースを東に歩き京都ノートルダム女子大学へ。ここ数年、ゲスト講師として訪れているので、少し馴染みの大学。とはいえ、実は、この風景から講義室への道くらいしか知らないですけどね。同じく入学式のようでしたが、ここは警備が厳しく数分で退散することに。
 
2016040208.jpg
そこからさらに東に向かって歩いた先は、京都工芸繊維大学。ここも僕ははじめての訪問。歴史的な建物というよりも、デザインのおもしろい建物が目に留まります。いちいち格好イイ!美術工芸資料館で村野藤吾建築設計図展をやっていて、建築模型に興味のある加奈子の触手が動きかけるも、ここまで既に8.5kmを歩き「入る元気ないわぁ」と。6月6日まで展示しているみたいなので、またの機会に。
 
2016040209.jpg
国立大学法人だからなのか?京都工繊大でも立看がありました。国公立大学のシンボルと化しているみたい。ま、立看を見たければ、おそらく西日本一の立て看量であろう京都大学へ行けばエエのです。

今回は、出町柳駅から西へ向かったので京都大学は外れてしまいましたが、次回は京都大学を一日掛けて見て回るのもエエなぁと。京教大→龍谷大→京都女子大もあるし、京産大→佛教大学→立命館大というルートもあるし、改めて町の規模のわりに大学が多いなぁと実感。

 
20:50  |  家事・子育て  |  Comment(0)

RUN WALK STYLEのsaleにいってきた

2016.04.01 (Fri)

2016040101.jpg
一昨年くらいから、よく買い物をしている大阪の森ノ宮にある「RUN WALK STYLE」が開店10周年記念セールをするというので、雨の中、出掛けてきました。森ノ宮駅でさっそくHOKA ONEONE Clifton2を履く女性と遭遇。行き先は同じ!と思って声を掛けると「あ、わたしもです」と。店までの道すがら、半月板損傷の話と執刀医(Dr.中川)の話で盛り上がりました。

京橋駅で一本環状線を見送ったせいで、開店11時前に到着する予定が、11時5分頃に。話しながら店に近づくとすでに店中に人の気配。「あれれ〜!?完全に出遅れ?」でした。

なにしろ店内全商品20%という大セール。国内では希少な商品も多く、よくても10%OFF程度の商品群。それが20%OFFとなると、普段から通っている人は飛びつくに決まってます。お試し用の靴(元は18,000円くらい)は5,000円の値段からの20%OFF。アッという間に、24cm〜26cmくらいのサイズは売り切れていました。

2016040102.jpg
そんな中、僕はフラスクを購入。ソフトフラスクは高いし、かといってペットボトルは大きいし…と思っていたところ、ネイサンのレース キャップ フラスクが。20%OFFの機会に購入。モンベルのクロスランナーパック15の前ポケットに入るか心配だったけど、帰って確認したらピッタリ。これで250mlを両方に入れられてバランスもOK。これまで500mlを片方に入れていたので、バランスもイマイチでした(走ってると気になってませんでしたが)。容器が湾曲しているので、身体に沿って収まるのもイイ感じ。

2016040103.jpg
塩熱サプリや2RUNなどお馴染みのサプリに加えて、マグオンも試しに一つずつ。そして、レジを終えると、一緒に店まで歩いた方がまだ物色中。「あ、着たら買おうと思ってたのを思い出した!」とファイントラックのパワーメッシュも購入。

でも、今回RUN WALK STYLEに出掛けた一番の目的は…

2016040104.jpg
HOKA ONEONE Clifton2を購入することでした。来年初頭には輸入商社が変わり、取扱量も変わるといわれていますが、それまでは品薄が続くと思います。大阪ハーフマラソン直前にCliftonの前のモデルを買ったのですが、靴底の摩耗は、その前に履いていたChallengerATR以上。今年いっぱい保つかどうかはかなり疑問。20%OFFの機会に確保!と思って購入しました。

サイズは24.5=7.5(USA)。もう残り2つでした。実はChallengerATR2とドッチにしようか迷いました。両方履くと両方ともイイ!大阪マラソン2015で4時間切ったのはChallengerの方。京都マラソン2016はClifton。ともに今出ているのは、後継モデル。ただ、トレイルランよりはロードの方が圧倒的に多いと思うので、ここは初志貫徹でClifton2で!

で、Challengerを諦めて片付けようとしたら「それイイですか?」と声を掛けられたのは、店まで一緒だった女性。「あ、どうぞ」と譲ると、そのまま「これにします!」と。これがこの店のChallengerATR2の24.5cmの在庫最後でした。

本当のことをいうと、僕はChallengerATR2のAqua / Fushiaカラーが欲しいんです。ザンネンながら、日本で手に入るのかどうか不明です。もともとの生産量が少ないのかもしれません。Parisian Night / Sunny Limeカラーの方は通販サイトなどでも見掛けるのですが。

2016040105.jpg
ところで、店の入ってすぐのワゴンに、お試しで輸入したと思われるHOKA ONEONEのCLAYTONがポンと入れられていました。値札は5,000円。ということは20%OFFで4,320円(税込み)。安い!と思ったけど、サイズは24cm。試しに履いてみると、ピッタリ!!…と思ったけど、やっぱり足の甲がキツイ(涙)。あと0.5cm!!Clifton2のAquaカラーも欲しいけど、これはこれで欲しかったです。

店内はものすごい人口密度でした。気が付くと1時間半も店の中で物色してました。一度レジを済ませて「あ、買い忘れた」と2度3度並ぶ人も。これだけたくさんの人がいながら、全員マラソン体型!スーツ姿で営業中に寄ったと思われる人も多数。僕のようなお気楽そうな人もいたけど、大半は30代40代くらいの働き盛りと思われる人達。皆さん元気です!この先のマラニックやトレイル大会でお目にかかることでしょう。
 
18:02  |  ランニング  |  Comment(0)
 | HOME |