12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

大阪ハーフマラソン 走りました

2016.01.31 (Sun)

2016020101.jpg
晴天でしかも1月末にしてはあたたかい陽気のもと、大阪ハーフマラソン走ってきました。30kmマラソン→ハーフマラソン→フルマラソンという流れにのって、大阪マラソンで自己ベストの4時間切りができたので、京都マラソンに向けても30km→ハーフ→というスケジュールを組んでのエントリー。

ところが、正月以降、いまひとつピリッとしない身体だったにも関わらず、大阪30K冬でボチボチの結果が出たので、気をよくして…どころか、ますますピリッとせず、準備も前日の夜にチャチャッと普段のランニングに行く+風呂屋に寄る程度のセットで家をでました。それも、京橋駅から受付会場までや受付の時間を入れると、スタート整列まで時間キッカリの無駄なし時間。気合いの入ったランナーなら、僕の2時間前には会場入りして、前の方のスタート位置を確保して、という熱心さ。それに比べてギリギリの会場入り。いかに気合いが入っていないか…です。

スタート位置に着く前に、いちおうトイレへいって毎度お馴染みのレース中尿意の対策。スタートブロックは「E」。周囲はゴール時間が1時間50分代の皆さん。僕が申し込んだ時のハーフのベストは高槻シティーハーフの1時間56分。それが今シーズン10月のあざい・お市マラソンで1時間44分13秒。シーズン中にタイムが大幅に上がるのはウレシイ反面、後半のレースはペースの遅い集団からのスタートになり、序盤は周囲のペースに巻き込まれて前に進むのも難しい状態になるのです。

この大阪ハーフは、一度、大阪城公園のグラウンドに整列後、スタート位置の玉造筋までゾロゾロと移動して、そこからスタートという段取り。グラウンドへの整列時間が、スタート時間のわりにけっこう早め。さっきトイレに行ったのに、またもや尿意。というわけで、みんなが整列してしまった後のガラガラのトイレでもう一絞り。せっかく並んだ整列位置だったけど、これで「E」グループの最後尾に。もともと後ろから10%位の位置だったので大差無しですが。こんな位置からのスタートなので、ますます周囲のペーストはギャップができてしまうことに。

案の定、この大阪ハーフマラソンでも、序盤からひっかかりまくり。その一方で、序盤にブッ飛ばすランナーもいて、後ろの「F」グループからはぶつかられるわ、前は遅い人に引っ掛かるわでタイヘン。6kmくらいまでは道も狭く、渋滞の中で空きを見付けては抜くという感じで、自分のペースどころではなく、スペースを見付けるのに精一杯でした。

2016020102.jpg
9km過ぎで、大阪国際女子マラソンの先頭集団が今里筋を南からやって来ました。もっと先かと思ってたら、予想以上に早く遭遇しました。そして、適当に撮った画像の中に、重友、竹中、チェピエゴそして一番後ろに福士が写ってました。

速さというのはエネルギーの放散。五輪クラスの選手の走りを、しかも反対方向に移動しながら体感すると、溢れんばかりのエネルギー波のようなものが伝わってきます。はじめて鈴鹿サーキットへ行った時、ダンロップコーナーのすぐそこをF1カー(それも予備予選中)が駆け抜けた時に感じたものに近いインパクトでした。インパクトありすぎて、涙が出るくらいの力があるんです!

エネルギーをもらって、当然のようにこの玉造筋の桃谷駅辺りからグンとペースアップ。前半の渋滞がやっととけて、前が広がったというのもあって、一気にペースが上げられました。

今回のコースの中で、一番走りやすかったのは今里筋。11〜14km区間の今里筋は道幅一杯に走れて、ジグザグ走行せずに追い抜きができてとっても楽しいゾーンでした。そして、今里筋から松虫通。♪このまままっすぐ行くと帝塚山〜♪と思いながら、懐かしい思い出イッパイのあびこ筋へ。

地下鉄昭和町の交差点を曲がってすぐに、会社員時代の営業先の楽器屋がぁ〜アレ?…ない!そりゃもう20年以上経ってますから。でも20年以上やってそうな楽器屋だったんだけどなぁ。ここからは昭和町、西田辺、長居と地下鉄の駅順に南下。地下鉄でも自動車でも自転車でも何度も通ったあびこ筋。見える風景はそんなに変化なく、「長居まであと信号3つ」など感覚的に覚えているコース。「そういや長居の踏切はどうするんやろ?」と思ったけど、とっくの昔に阪和線とあびこ筋の踏切は立体交差になっていたのでした。

このコース、大阪環状線と平行してスタートして、天満橋の京阪本線を横で見ながら、またまた環状線沿いに戻り、近鉄本線をくぐり、大和路線(関西本線)をくぐり、近鉄南大阪線をくぐり、御堂筋線の上を走りながら阪和線をくぐるという、鉄ちゃんランナーにも楽しいコースでした。

そんな地下を御堂筋線が走るあびこ筋に別れを告げ、長居公園に入ってからが思っていた以上に長い。長居公園に入った時、手元の時計は1時間32分。自己ベストの1時間44分を切るには1kmを4分48秒で走れば間に合う!もう一踏ん張り!と思ったのに、実はここからがとってもタイヘンな道のりに。あびこ筋のような片側3〜4車線のような大通りから、公園内の周回コースになり、またまたランナー達が密集することに。しかも、ゴールを前にしてスタミナ切れや足のトラブルでペースダウンする人達も多数。古舘伊知郎のトークを借りれば「動くシケイン」があっちこっちに。またもや、そんなランナーを避けるようにジグザグ走行に。

2016020103.jpg
長居陸上競技場のゲートを抜けて、はじめて入った長居陸上競技場のフィールド!これまで立ったどの競技場よりも、立派でキレイな競技場!モニターに映る自分!なんとも言えないフィールドトラックのクッションの良さ!感激しながらの4分の3周。タイムは1時間45分25秒(ネット:僕がスタートラインを超えてからの時間)。自己ベストには届かず。

計測チップのデータは以下の通り。

スタート   2'57"   LAP   /km
5km    29'50"  26'53"  5'22"
10km   55'34"  25'44"  5'08"
15km  1:20'17"  24'43"  4'56"
20km  1:43'28"  23'11"  4'38"
ゴール  1:48'22"   4'54"  4'29"

なんと5kmごとに1分ずつのペースアップ。これは頑張った!と「自分を褒めてあげたい!」のもありますけど、いかに前半が渋滞していたかの表れだと思います。もうちょっと前からのスタートなら、自己ベストの1時間44分13秒との差の1分12秒を超えられたかも…です。

ハーフマラソンの自己ベストは更新できませんでしたが、5kmの自己ベストを22分35秒から22分26秒に更新することができました。おそらく16km〜21kmの5km区間でのタイムだと思います。

とはいえ、どんなレースもそうですが、後半にペースアップできたレースは達成感が大きいものです。前々回の福知山マラソンのように、最後がグダグダになって歩いてしまったようなレースは、走りきった感やたどり着いた感は大きいですが、やったぁ!!感は少ないものです。

今回は、500mlのボトルをYURENIKUIに差して給水しました。中身は通常売られているのよりも、倍以上薄めたポカリスエット。僕は給水ポイントの通過が苦手で、給水前に急激にペースが落ちて、給水後急激にペースが上がって乱れてしまいます。それと、給水のスポーツドリンクがポカリスエットなど馴染みの味ならエエのですが、「そんなドリンクあったんや!」というドリンクの中には、ものすごくヘンな味のドリンクもあって、後口が悪くその後で余分に水を飲んでしまって、お腹がタプタプということが起こりがち。そこで今回は、500ml一杯にドリンクを持って走り、2km毎に一口ずつ飲み、給水所では一切給水せずに走りました。おかげで給水渋滞にも巻き込まれず、ペースも安定してたし、安定した薄味のドリンクでした。ボトルは約3分の2飲んでいたので、フルマラソンだと最後の方だけ給水すればいいコトになります。天気が悪ければ、もっと減りが少ないかもしれません。今回、前半に汗を多くかいたので、塩熱サプリを10kmと15km地点で摂りました。

天気も良くて気温もイイ感じで、どこを通っても懐かしい大阪の、それも大阪市南部の街の通りを走れたので満足。

2016020104.jpg
ゴール後、高校時代の同級生ヤスと合流して、スタンドから福士加代子選手がゴールするのを見ることができました。あの2008年の壮絶な彼女の初マラソンだった大阪国際女子マラソンから8年。2位を7分近く離しての圧勝!あの転倒しまくったトラックを、今度は風のように走って過去のものにしていく姿に感動しました。あの明るい勝利インタビューも生で見ることができました。リオ五輪もほぼ決まりだと思います。が、何が起こるかわからないのがスポーツの世界。あのとにかく明るい福士さんに明るくリオの街を走り抜けて欲しいです。

2016020105.jpg
長居公園内の長居陸上競技場(今はヤンマースタジアム長居というらしいが、いつまでこの名前が続くか不明なので、あえて)でゴールした。ということは、学生時代を過ごした我孫子まで一駅。というわけで、我孫子界隈杉本1丁目の「玉乃湯」へ。この界隈には、よさみ温泉、山之内温泉があったんですが、残っているのはどうやらこの玉乃湯のみ。学生時代、近所の山之内温泉が休みの日は、この玉乃湯に通ってました。

約25年振りの玉乃湯は、当時と大きく変わってなくて、懐かしい限り。16時前に入ったのですが、この時間帯に入ってるオッチャン達の感じも昔のまんま。
「うわぁ〜そのまんまや!」
「なんや兄ちゃん久しぶりなんか?」
「25年ぶりに来たんです」
「そぉか、ゆっくりしていってや」
という会話が自然に出てくるんです。大阪市は今、いろんなことで変化をしないといけない局面に立たされていますが、あの大阪市南部の空気感は、そのまんま残って欲しいなぁと思います。

2016012601.jpg
ところで「靴は何で走ったのか?」という、最近のトピックです。1月22日に購入したON Cloudsurferは、やっぱり靴底が硬くて、足裏への負荷が強すぎました。アスファルトの道路を鉄のスパイクを付けて走っている感覚でした。このままでは足底筋膜炎になるんじゃ?と心配に。

そこで、急遽、24日に買ったのがHOKA ONEONEのClifton。それまで1200km以上履いて過ごしたChallengerのロード版。今回、慣らしランニング35km程度でいきなりハーフマラソンに投入。少しキツイくらいの靴紐が5km辺りでイイ感じに緩んできて、以後はChallengerと同じように楽に走れました。思えば、Challengerも慣らし15km程度でイキナリ43kmのマラニックに出走したもんでした。

京都マラソンも、このHOKA ONEONEのCliftonで出る予定です。ちなみに、数日後にChallengerとCliftonのNEWモデルが発売開始されるようです。

 
23:13  |  ランニング  |  Comment(0)

ON Cloudsurferを試してみた

2016.01.23 (Sat)

2016012301.jpg
後ろに見えるHOKA ONEONEのChallengerATR。積算走行距離が1250kmを超えてしまいました。一般的には600〜800kmでクッション性や反発力が失われるらしいです。それでも快適なので履き続けてましたが、さすがにこのところの寒さもあって、底が堅くなったような気も。

そこで、新しいHOKAのシューズを!と思ったのですが、日本全国的に見ても在庫切れなHOKA ONEONEのシューズ達。2月入れば…という噂も聞くけど、次にいつ入ってくるかはまったく不明。

そこで最近注目されているONのシューズをトライしてみることに。楽歩堂 run & walk 阪急うめだ店にかなりの種類がそろっていました。サイズは若干お取り寄せもあるみたいですが。

さっそく試着してみたのが、CloudflyerCloudsurfer。実は、近くの他の店でCloudを試着したのですが、甲がキツくてダメでした。その店は、Cloudしか置いてなかったので、楽歩堂を覗いたのでした。

でも、店での試着って難しいというか、わかりませんね。店を歩いたりちょっとジョグしてみても、わかるのはせいぜいサイズ感くらい。履いた時の足へのフィット感がCloudsueferの方がよかったので、こっちを選びました。

2016012302.jpg
靴底はこんな感じ。水道のゴムホースがくっ付いている感じで、実際、中は空洞です。この空洞が衝撃を吸収すると同時に前への推進力を生み出すという謳い文句です。

2016012303.jpg
店で履いて新鮮だったのが、このかかとの感覚。普通はギリギリまで靴底がありますが、これは際まで底がありません。僕はランニング中は、土踏の辺りで着地するイメージなので、かかといっぱいまで靴底がなくても問題ないし、ないことでスムーズに足が運べている感じでした。よく考えると、土踏まず着地ということは、かかといっぱいまで靴底があっても、あんまり関係ないわけです。この辺の誤解も、店での試着ではよく起こることです。


で、今朝、15kmをレースペースやや速めで走ってきました。

結果。反発力強し。
最初はオーバーペース気味。ペースを抑えるのがタイヘン。ま、新しいシューズなんで、張り切ってしまってる部分もありました。5kmくらいになってようやく落ち着いてレースペース5分20秒を巡航。しかし靴底からの反発力はHOKAに比べるとガツンガツン。靴底のブロックだと、かかと側4つのうちの前内側で着地している感じだけど、その衝撃はけっこう伝わってきます。半月板の手術をした膝が少し心配。

10kmくらいでハムストリングに疲れが。昨日、11.5kmを5:03/kmペースで走ってるので、その疲れが残っているのかも?ですが、もしかするとCloudserferの堅い靴底の影響かもしれません。ってことは、練習で鍛えるにはいいシューズなのかもしれません。

とはいえ、HOKAから乗り換えたばかりだと、この着地衝撃は堅く感じました。ASICSのNew York4も、HOKAに慣れた足には堅く感じるくらいだから、Cloudserferの堅さも標準的なのかもしれませんけどね。とりあえず、Cloudserferで大阪ハーフマラソンまでは慣らしていこうと思います。

 
22:12  |  ランニング  |  Comment(0)

ふるさと納税(新上五島町)

2016.01.22 (Fri)

2016012101.jpg
長崎県の五島列島から荷物が届きました。届いたのは、新上五島町に(和子はんが)ふるさと納税したのでそのお礼です。

来月、新上五島町で僕の講演の仕事が入ったので、そのご縁のふるさと納税でした(納税したのは和子殿)。昨年は北海道士別市へ行ったので、その時もふるさと納税しました(もちろん納税したのは…)。なかなかご縁がないような遠い町も、ふるさと納税という縁づくりができるので、我が家ではわりと利用しています。

2016012102.jpg
新上五島町のお礼の一覧から選んだのは、干物5種類詰め合わせ。こういう物こそ差が出るので選びました。豪華な製品や特上の肉などは、他に比べようがないので、差があってもわかりませんし。もっとも刺身で食べられたら、もっと差がわかるんでしょうけどね。それは現地へ行ってのお楽しみです。

「五島うどん」といううどんの島でもあるので、お礼品もうどん関係が多いのですが、うどん県出身の僕は、どこかで讃岐うどん至上主義なところがあるのと、うどんはやっぱり現地で食べたいのです。家の鍋よりも、店の大鍋で茹でた方が美味しいと思いますし。

2016012103.jpg
今日はトビウオの干物を焼いて食べたのですが、食べ終わってからFacebookの反応を見ると、意外と五島列島に関わりのある知人友人がいたりと、ご縁はそこそこある感じでした。

今から新上五島町へ行くのを楽しみにしていますが、とはいえここ数日間の強風などをみると、無事に船で島に渡れるんやろか?という不安も。船は定時運航してるけど、ものすごい揺れってこともありうるわけで、乗り物好きの僕としても、この季節の航路移動は少々不安です。移動日前は天気予報とにらめっこです。

 
22:57  |  日々の出来事  |  Comment(0)

大阪30K冬大会 走りました

2016.01.17 (Sun)

2016011701.jpg
昨年10月3日に参加した大阪30K秋大会に続いて、大阪30K冬大会に参加しました。

2016011702.jpg
この大会のいいところは、電車と徒歩あわせて60分以内で会場に到着できること。普段よりもちょっとだけ早起きして、電車に乗って会場へ向かうと、最寄りの西中島南方駅からは、同じ目的地に向かう人の流れができています。地下鉄の中で出会った方が話しやすい人だったので、そのまま準備も一緒に。聞けばスタートブロックも1kmを5分30秒で走るブロックなので、スタートも横並びで。

今回は、からだの調子が全然良くなく(正月から体重はなかなか落ちないし)気分は今ひとつ盛り上がらず。家を出る時も和子さんに「なんか元気ないねぇ」と言われたくらい。大阪マラソン2015の時は、気分も盛り上がってて「はよ走らせてぇ〜!」という気合いだったのに比べると、この冬シーズンはどこかピリッとせず。前走の第25回福知山マラソンでヘバッた後遺症というか、あれでスイッチが切れたのか普段の練習もどこか惰性気味。

そんなピリッとしない感じだったのが、なんやかんやと話をしながら駅から会場へ向かい、スタートまでご一緒して下さったNさんのお陰もあって、いつの間にやらエンジョイモードへ。天気もイイし、気温は3℃とアナウンスがあったけど、日が当たるところはそんなに寒くなく走るにはイイ感じだし、たぶん3時間後には終わってるし。やっぱり誰かと走るというのはエエもんです。

2016011704.jpg
たまたまの流れで、Nさんとスタート位置に並ぶと、なぜかそのブロックの一番前に。この大会は一度にドンとスタートするのではなく、ブロックごとにスタートが切られるタイプ。まえの1kmを5分で走るグループがスタートした後は、自分が一番先頭!こんなシーン、マラソンし始めて初めて!パン☆と鳴るのと同時にスタートするのは、気持ちのイイもんでした。

どうやら、この1kmを5分30秒で走るグループが一番大きなグループだったようで。振り返ると大きな人の塊。ペースランナーさんは集団を伸ばすためだか、いきなり5分前半のペースでツッコミ気味。すぐに5分30秒に落ち着いたけど、あれで足が走るモードに切り替わった感じ。

集団が落ち着いてきた3km過ぎ、少し前を僕と同じHOKA ONE ONEを履いている女性を発見。見ると同じHOKAの、それも僕と同じChallengerATR!トレイルラン用のシューズ。話しかけると「え?あ、ホンマやぁ!コレ履き始めると、他が履けなくて、ロードにもこれで出てるんですよぉ」と。わかります!それにしても、ほぼ新品なChallengerATRでした。国内の在庫がほぼ無いなか、最後の出物をGETされたのでしょうか?

しばらく併走したのですが、調子がよさそうだったので5分15秒前後までペースアップ。5kmの最初の折り返し前後で、次が京都マラソンというUさんと話しながら10km地点まで。大阪30K大会は、チップ計測など大会の形式はあるものの、背中のゼッケンには「Next Challenge is ☆☆マラソン」と表記されていて(☆☆は申込時に申告)、その大会に向けた大規模かつ豪華な練習会の様相。参加者もそのつもりの人が多くて、30Kが本命!という人は少ないけど(たぶん)、同じ目標レースの人達と仲良くなれます。

ところが!せっかくUさんとの話が盛り上がってるのに、急にアイツがやってきたのであります。

恒例の…ザ 尿意。

これまで30kmの大会では一度もトイレに行ったことがなく、「30kmまではトイレに寄らずに済む」と確信していたのに、今回は突然10km手前で。10km地点はスタート地点。たくさんのトイレが設置されていて、並ばずにすみました。だけど、こんな時に限って「なんぼ出るんやぁ?!」というくらいの大放水。やっとコースに戻り、2.5km先の折り返しまで走るとUさんは1分ほど前方。

そこから7.5km先の折り返し地点までは、少し向こうに見えるUさんの黄色い靴が目標に。そして、その少し手前には、一度追い越したHOKAの女性の姿も。追いかける対象が見えていると、気持ちは切れないものです。5分10秒をコンスタントに刻み、20kmの折り返しでHOKAの人に追い付きました。やった!次は黄色い靴!と思ったのも束の間。あれれ?スピードが出ないぞ…と。最近の練習の最長が18kmだったので、そろそろ足に疲れがきたのかな?と思ったけど、冷静に様子をみると、東向きのコースから折り返して西向きになった途端の向かい風!5〜12.5kmの時にはなかった風が、1時間後には強くなっていて、それも向かい風に。天気予報通り。大阪30Kのような川沿いコースの場合は、とくに風の影響が大きいのです。

黄色い靴はいちど近づいたにも関わらず、この辺りから少しずつ離れていくことに。そして最後の27.5kmの折り返しで、またも1分くらいの差に。折り返してくるUさんのハイタッチで元気をもらって、なんとか最後の折り返しを通過。すると追い風!!なんて楽!!追い風フゥ〜!!最後の2kmは4分台へペースアップ。2時間36分12秒でゴール。

タイムリスト
計測ポイント スプリット  ラップ
start     00:00:02
5km     00:26:36  0:26:34
10km     00:53:05  0:26:29
15km     01:19:02  0:25:57
20km     01:44:52  0:25:50
25km     02:11:22  0:26:30
finish     02:36:12  0:24:50

前回の大阪30K秋大会が2時間44分18秒だったので、約8分の短縮。平均ペースで1kmあたり10秒以上のペースアップ。もちろん30kmの自己ベスト。2011年9月にほぼ同じコースを走ったなにわ淀川30Kからは、ちょうど1時間の短縮。

2016011705.jpg
ゴール後、参加賞のTシャツとおしるこ。汗はかいているものの、身体の芯は冷えているので、あたたかいおしるこはジワーッとしみました。

2016011706.jpg
おしるこの後は、バナナ、みかん、おにぎり、カステラ、ドリンク類と、無料のゴール後エイドを一通り食べながら、ステージでのマラソン攻略講習を受講。では!と帰りに土手をあがり会場を振り返ると、いつの間にやら曇天。どおりでゴール後に寒く感じたわけです。

会場から駅までの道で、もう一人HOKAを履く人を見付けました。こちらはCLIFTON2というロード向け。

今回は、予想外にタイムが良くて、走後は気分も良く家まで帰ったのですが、やっぱりこのところの体調イマイチ状態の影響か、帰ってからグッテリでした。全身に倦怠感があり、力が入らずヨタヨタな感じ。かなり早めに寝たのと、たくさん食べたのが功を奏したのか、この記事を書いている今(17日)はたいした筋肉痛もなく、普通に暮らせています。今回は、塩熱サプリを忘れたり、数日前からの鶏ムネ肉の摂取も忘れていて、気持ちの入り具合も今ひとつのままの30kmになってしまいました。

次は、大阪ハーフマラソン。制限時間2時間の気合い度の高い大会。前走の福知山マラソンで一度ヘタッたランニングは、今回の大阪30K冬で、ゴキゲンで走ってれば結果は付いて来る!という自信回復になりました。
 
16:18  |  ランニング  |  Comment(0)

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

2016.01.11 (Mon)

2016011101.jpg
「行こう行こう!」と言いながら、とうとう今日になってしまった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。加奈子と見に行ってきました。

小学5年生の僕が家族と「新たなる希望」を見てから40年。父娘でSTAR WARSの映画を見る日が来るとは、思ってもみませんでした。

この後は、2017年、2019年と公開が続くようなので、僕が生きている間に9作目まで見ることは可能になりそう。見るまでは死ねない。2019年…その時、加奈子は高校3年生になっているはず。一緒に見に行けるだろうか?

映画のできは想像以上でした。また、あの世界が戻ってきた!リアルタイムで経験できる!これだけで十分満腹になれました。僕の周囲で先に見に行った人達が、あんまりストーリーに関して書いていないのが気になっていたんだけど、それもわかった気がします。あれこれ書くよりも、誰かと話した方がオモシロイからです。帰りの電車の中でも、夕食中も、場面や登場人物のことなど話は尽きませんでした。

この先も、メチャクチャ楽しみだ。
 
22:44  |  映画  |  Comment(0)

地区の少年補導委員会主催のイベント

2016.01.11 (Mon)

2016011002.jpg
10日、加奈子が卒業した小学校で、校区の少年補導委員会主催のイベント「北風と遊ぼう」が行われました。いつの間にやらメンバーになっていた「おやじの会」の関係で、僕も参加するようになって今回が2回目。

初めての参加は、加奈子が6年生の時のPTA会報委員会のメンバーとして参加。それまで運動会や学芸会、授業参観など授業時間内の行事には参加していたけど、授業時間外の行事にはまったく参加してなかったのですが、PTA役員になってはじめていろんなイベントに参加するようになりました。

男性が一人で来ているケースはとても珍しく、会報委員の時におやじの会から声がかかり、卒業する頃にはメンバーになっていた感じ。おやじの会メンバーとしての「北風と遊ぼう」は今回が2回目。

2016011001.jpg
出し物は餅つき。今年も熟練のメンバーがたくさん参加してくれていたので、僕は片付けで貢献させてもらいました。やっているウチに上手になるとは言うものの、餅つきはスピード勝負の部分もあり、あんまりモッタリモッタリしていると、美味しい餅ができないし、材料もモッタイナイし。できることで貢献するというスタンスで、無理なく参加させてもらってます。

2016011003.jpg
イベント自体は14時くらいで終わるけど、夕方からはおやじの会の1〜3月の行事予定確認を兼ねた新年会。地元民ばかりなので、飲みに行く先もなかなかディープ。

一軒目は中書島の「揚子江」。中書島駅を降りて北へ向くと、イヤでも目に留まるのが、黄色い揚子江の店。ズッと前からある、中書島のランドマーク的な店だけど、入ったことは一度もなく、今回がはじめて。2階の宴会座敷で、たくさん食べてたくさん飲んで2時間騒いで一人2000円!安い!地域のスポーツ団体の打ち上げは、ココが定番らしいけど、なるほどこのコストパフォーマンスなら納得。

2次会は「伏見酒蔵小路」。場所を聞いても全然ピンと来ない。それもそのはず12月11日に部分オープンしたばかり。おやじの会の会長が「行ってみたい店があるねん」というので寄ってみたのがココ。さすが地元民。

ここからはPTAバレーボールチームの新年会メンバーと合流。女性が入ると俄然盛り上がるおやじ達。自分も含めて、わかりやすい皆様です。バレーボールメンバーの中には、一緒にPTA役員をした人もいて、当時の裏話なんかも聞いたり、その後のPTAの話を聞いたり。いつの間にやら「息子が立ってトイレをするor座ってさせる」の話になったり。

この後、三次会まで行き、夜中の1時頃に帰宅。明らかに飲み過ぎだけど、「揚子江」でたらふく食べたおかげか、悪酔いはナシ。


日本のほぼどこの地域にも、小学校区という地域がありますが、子どもがその校区の学校に通ってこそ、その地域感を実感する部分はあると思います。そして、地域感を実感するには、子どもが通うだけではなくて、なにかに参加して、存在と顔を知ってもらうことが必要。とはいっても、運動会や学芸会の撮影では、大人同士が繋がるキッカケにはなりにくい。

僕の場合は、最後の最後6年生のPTA役員に「仕方なく」なったことが大きなキッカケになった。あれがなければ、今の繋がりは無かったと思うし、年に数回だけど顔を合わせてワイワイする場もなかっただろうな。年代を超えて繋がれるのも、地元のいいところ。PTAだと、卒業すると終わってしまうけど、OB達もいるおやじの会は、子どもが卒業しても遠くの中学校や高校に行っても、なんとか地域との関わりをつなぎ止めてくれてそう。

僕の場合、ラッキーだったのは、和子さんがここから一番近い高校に通っていたこと。おやじの会の連絡担当さんは、和子さんと高校の同級生。こういう伏線も大きいし、地域の繋がりは伏線だらけ。少し話していると、「え?こっちでも繋がってたの?」というのがたくさん。今の地域に移り住んでもうすぐ11年。やっと地元に馴染んできたような気がしてきました。

 
19:43  |  日々の出来事  |  Comment(0)

スプーンはアメリカン航空がイイのだ!

2016.01.08 (Fri)

2016010801.jpg

2016010802.jpg
むか〜しむかし、空の旅がまだノンビリしていた「9.11」前のお話。機内食で使うナイフやフォークに、金属が使われている時代がありました(最近また見掛けるようになりましたが)。ナイフやフォークは、CAさんに言えば譲ってもらえました。たいてい「いいよ!」や、なかには「新しいのをあげるわよ」と言ってもらえ、コスト意識も今ほどガチガチでなく牧歌的な時代でした。貧乏旅行者だった僕は、それを旅行中に使い、同時に旅のお土産にしていました。

今でも、ウチには世界の航空会社のナイフやフォークがあります。お気に入りはFinairのもの。デザインがイイんです。しかも使いやすい。JALのスプーンもなかなか。シンガポール航空のスプーンは大小二種類など。

さて、冬でも麦茶(村田園の万能茶)を飲んでいる我が家。お茶缶からお茶パックに葉っぱを移し、ヤカンで煮出して飲んでます。その葉っぱを缶からパックに移すスプーンについて。(やっと本題にきた)

このスプーンには、アメリカン航空がイイのだ!
広さとイイ、浅さとイイ、アメリカン航空のスプーンがベスト。

ところが、どういうわけだか、いつの間にやらノースウエスト航空になっていたり、ANAになっていたり。変わると使いにくいのだ。

だれ?変えるの…といっても一人しか該当者はいませんが。
それよりも、なぜ変えるのか?が知りたい。
なんか理由があるんかな?

いつも変わっていると、聞こう!聞かないと!と思うんだけど、しばらく経つと忘れてしまって聞けてません。ま、どうでもいいコトではあるんですけどね。
 
22:44  |  日々の出来事  |  Comment(0)

We are the world

2016.01.07 (Thu)


今こそもう一度!
We are the worldを!
Bruce Springsteenの叫びを!


今こそもう一度!
亡きMichael Jacksonのメッセージを!

 
14:37  |  音楽  |  Comment(0)

初詣、走り初め

2016.01.03 (Sun)

2016010302.jpg
昨日(2日)、初詣に行きました。今回は、以前住んでいた家の近くにある城南宮へ。今は高松に引っ越した祖母も、大阪で暮らしていた頃には足繁く通っていた城南宮。ご縁という面では申し分ナシです。

境内に入り、ふとご祈祷受付を見ると、よく行くスーパーのレジ係さんが神子さんのお姿で。目が合い「あれま!」と。

今年は、義父母宅でお昼を呼ばれた後、家族3人と義姉一家4人で賑やかに参拝。いい腹ごなしと散歩になりました。なにせ義母といえば「ビールあるで!」「お寿司まだあるし、ゆ〜てや!」「亮ちゃんおつゆおかわりあるで!」という感じで、席に座っている間中「食え!食え!食うのじゃぁ〜!」という感じですので。義父母宅を尋ねて、空腹になる時間などまったくございません。とはいえ、今年は、皆さん元気でなによりでした。

2016010301.png
3日の午前中は、走り初めしました。いつもの宇治川河川敷コースを6km。帰り道にチョロッと御幸宮に寄って、こちらも参拝。朝早かったので、道時間は5分程度で済みました。午後、もう一度訪れた時は、軽く30分以上、下手すれば1時間近い待ち時間の行列になっていました。そのまま、明治天皇陵参道を駆け上り頂上まで。そして、そこからホームコースの北堀公園へ。お馴染みさんにもたくさん会えて挨拶できました。

2016010303.jpg
午後から、毎年ほぼ恒例となっている、新春ぶらり散歩。今年も大手筋から竜馬通り界隈を散歩。
「この店キレイになってる!」
「かなり前からキレイやで」
と、毎年同じコトを言ってる気がする夫婦の会話でした。

今年は元日から3日とも天気が良くて温かい日が続いています。昨年は、2日連続の積雪で、驚きの新年を迎えたのを思い出すと、なんとも落ち着いた穏やかな年明けを迎えました。

正月3日目となると、すでに「晩ご飯なにしようかな?」という悩みが湧いてきておりますが。

 
17:33  |  日々の出来事  |  Comment(0)

2016年スタート!

2016.01.01 (Fri)

2016010101.jpg
新年あけましておめでとうございます。今年も元気にあん餅雑煮からスタートすることができました。今のところ、毎年の正月恒例だった「和子ダウン」もなく、元気に過ごしております。去年に続いての家族3人元気な正月を迎えることができました。

2016010102.jpg
そういえば、昨日、僕の掛け布団のシーツを新しいのに交換してくれていました。その間、僕は用事をしていたのか、はたまた買い物にでも出掛けていたのか、昨日のことなのに思い出せませんが、和子さんと加奈子が交換してくれていました。年越しは、新しいシーツで軽くなった掛け布団で過ごしました。

2016010103.jpg
夕方、追加の年賀状を出しに表にでたら、ちょうどマジックアワー的な空でした。初日の出をみることはできませんでしたが、夕焼けは見ることができました。

その帰りくらいから、急に鼻水がズルズルとでるようになり、「?」と思っていたら、家に帰ってブエックションの連発。天気がよく、冬の低い日差しがリビングを照らすと、床の汚れが気になり、急遽、床をスチームクリーナーで掃除したり、キッチンマットのホコリを落としたり…!そうです!あの時のホコリが鼻に入り、アレルギー性鼻炎を起こしていた模様。

夜の「芸能人格付けランキング」を見ながらクシャミと鼻水でした。ピークはすぐに過ぎたようで、「格付けランキング」から2時間過ぎた今(23時)は落ち着いています。朝調子よくても、夕方にはグデグデという感じで、体調に関しては、一寸先は闇でもあります。この一年間、85点くらいを毎日続けられたら、もう十分だと思っています。アッチが痛い、コッチの調子が悪いなどなどあると思いますが、どうか今年も一年よろしくお願いいたします。

 
23:10  |  日々の出来事  |  Comment(0)
 | HOME |