02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

MacBook Proがこんなコトに!

2014.03.28 (Fri)

2014032801.jpg

数日前から、iTunesで音楽を流していても途中で無音状態になったり、映画を観ようとしてもカックンと止まったまま数分たったり、なんだか挙動がヘンでした。それよりも、ずいぶん前から、本体のトラックパッドが異常でした。クリックをしてもパッドがカチッと入っていない感触。

さすがに、こりゃヘンだと、CPUやメモリーの具合を「アクティビティモニタ」で確認してみるけど、よくわからない。「かくなるうえは」とケーブル類を全部外して順に繋いで…と思って、本体をテーブルに置くとカックンカックン。カックン?と改めて見てみると…

なんだか裏ブタが浮かんでる。ねじが緩んでプカプカ。浮かんでいる部分があるから、底が平らじゃなく、それでカックンカックン。フニョフニョの底なので、トラックパッドのクリックも効いてない。

そして、ねじを外して見てみると、

2014032802.jpg

バッテリーがバンバンに膨らんでいるではないの!そりゃフタがちゃんと閉まらないわけです。

2009年12月に買ったMacBook Pro13inch(参考ブログ)。Appleのサイトで確認すると、「最長で5年間も使い続けることができます」とある。約4年3ヶ月、ほぼズーッと電源ケーブルを繋ぎっぱなしで、AppleTVのサーバーと化していたから、よく保った方なのかも。

中に入っているデータをTime Machineに移したら、次の機体へ移行かな?

今考えている選択肢は、デスクトップ用にMac miniに買い換えるか?それとも2010年10月に使い始めたMacBook Air(参考ブログ)とまとめる意味でMacBook Air13inchを買おうかと。どうしよう。どうせなら消費税が上がる前に買ってしまいたい!さぁどうする?
 
21:10  |  PC  |  Comment(0)

高槻市の祖母さま宅へ

2014.03.27 (Thu)

2014032701.jpg
この春先、祖母さまが人生のたいはんを過ごした大阪の高槻市から、香川県高松市に移住しました。98歳でのお引っ越し。大丈夫かな?と思ったら、今は田舎でゴキゲン暮らしをしているそうな。

ゴキゲン暮らしの祖母さまの様子は来週見に行くんだけど、その前に、高槻の家の片付けの手伝いに行かねば!と思っていたのに、PTAやら卒業式やら、親子マラソン大会なんかで、タイヘンな時はまったく行けず。今日、業者に運んでもらいにくい荷物を「来週行くのなら」と言付かるべく、受け渡し場所の高槻の家へ出掛けた次第。

17年前に祖父さまと祖母さまが引っ越してきた高齢者向けの府営住宅。当時、僕は大学院修士課程。時間の融通が利いたし、一番近くに住んでいたのもあって、引っ越しの準備に自転車で通ったものでした。ホームセンターと電気屋へ行ったり来たり。まだ和子はんと出逢う前の話。

17年ぶりに入居前当時(新築だった!)のように、なんにもない状態になったのを見ると「こんな感じやったっけ?」でした。さすがに新築独特の臭いはなくなっているし、冷蔵庫や棚など接していた物があった壁は黒ずんでいました。それでも、17年暮らしたにしてはかなりキレイだと思います。炒め物や揚げ物をほとんどしてなかったのも理由かと思います。

荷物に関して、片付けに来ていた母が言うには「スッキリしていたはずなのに、片付けをし始めると物があっちこっちからあふれ出てくる感じだった」と。98歳だからそりゃ貯まる物も溜まる物もたくさんあったはず。引っ越してきてから増えた物もあるだろうし。ウチも、今からどこかに引っ越すとなると、今の家に引っ越してきた時よりもはるかに増えた荷物と格闘することになるんだろうな。加奈子が小学生から中学生になるこの春は、一区切り付けるにはイイ機会のはず。

2014032702.jpg
とりあえず、天井収納に入ったままになっている、ままごとセットやぬいぐるみやおもちゃは次の行き先を考えてもイイだろうな。
 
23:34  |  家事・子育て  |  Comment(0)

春のロードに突入!

2014.03.24 (Mon)

2014032401.jpg
先日、加奈子が卒業式を終え、その後、三連休があり、なんとなくノンビリ過ごしていて、意識の外にあったのですが、
卒業式が終わったということは、春休みということです!毎日、自分以外の人間が食べる昼ご飯のことを、考えないといけない時期に突入したということです。

消費税導入前の買いだめ広告がドッサリ入って、気分はウンザリ。その流れで買い物量も減り気味の今日この頃。春休みの昼飯食材のことなどスッカリ頭から離れてしまっていたのでした。

今日の朝になって、「そういや、今日のお昼どうする?」となり、もう一人分のことを思い出した次第。

今日は、テキトーに豚野菜炒めと炒飯を考えていたのですが、なんだか途中で「一緒に炒めたらどうなるやろ?」というヘンなスイッチが入ってしまい、よく分からない炒飯になりました。「美味しいよ!」と言ってもらえたのでよかったけど、もうちょっと焼き色が付く感じの方が美味しそうですね。

毎度毎度、昼ご飯が憂鬱な長期休みを過ごしていてもなんなので、加奈子にメニューの極意を教えるべく、簡単な食材組み合わせ表を作成することにしました。ヤツにも折り込みチラシや冷蔵庫の中を見て、「コレとコレでアレが作れる」がシミュレーションできるようになってもらおうというコンタンです。
 
17:03  |  家事・子育て  |  Comment(0)

卒業記念に淀川国際ハーフマラソン

2014.03.21 (Fri)

2014032101.jpg
昨日、小学校の卒業式を終えた加奈子。今日は、卒業記念に第4回淀川国際ハーフマラソンのファミリー3kmの部に出場しました。

昨日の、ドザ降りの雨はあがり、晴れ間も見える空模様。ただし、風はかなり強くて冷たく、体感温度は1月下旬頃の感じ。この寒さにもかかわらず、加奈子は半袖半パン!さすがに寒そうなので、参加賞のTシャツを上から着て、僕の手袋も貸しました。

2014032103.jpg
走り始める前は、寒さのあまり「サムサムサムサム」とばっかり言ってたのですが、走り始めると今度は「もうちょっとペース下げて」にチェンジ。iPhoneを見ると6分/kmのペースだったので、6分30秒/kmにペースダウン。

そして1.5kmの折り返しを過ぎると一転追い風方向に。知らないうちにペースupしていて、後半は5分30秒/kmで走ってました。最後のゴール前で「抜きたい!」というので、僕らの前を走っていた人達10人くらい一気にごぼう抜き。そのままゴール!タイムは手元で18分50秒。もっと加奈子は遅いと思っていた僕は、23分くらいかかると思ってたのですが、意外と早くゴールできました。


そして、ゴール後に、100円うどんを食べながら
「初マラソン大会どやった?」と聞くと、
「また出たい!」
と。
「もう二度と出ない」と言われないように、「ペース大丈夫?」「しんどくないか?」と声掛けながら走った甲斐がありました。「もうちょっと距離が長くても大丈夫」とも。近所の城陽マラソンは中学生5kmの部があるでぇ。

2014032102.jpg
そして、最後にウレシイ偶然が!たまたま着替え終わって、イベントステージに寄ると、ファミリー3kmの表彰式。そこに有森裕子さんの姿が。表彰式とはまったく無縁のタイムだけど、厚かましくも一緒に記念写真撮らせてもらいました。これまで奈良マラソンで3回、神戸マラソンで1回お姿は拝見していますが、一緒に撮らせてもらったのは初めて!加奈子も「はじめてオリンピック選手に会ったわ」と感激でした。

しかしまぁ、この大会。親子2人で1000円という格安の参加料。そして、参加賞がけっこうイイ生地のTシャツ。完走後にはVAAMのドリンク付き。荷物置き場の管理もまあまあ(雨が降ったらどうなったんだろう?という不安はあったけど)、運営もけっこうキッチリな感じ。こんなんでモト取れてるんでしょうか?と心配になるくらい。とはいえ、加奈子に「マラソンって楽しいかも」と思ってもらえたし、長い目で見ればじゅうぶんモトは取れるのかもしれませんね。

さらにもう一つ。一昨日は暖かくてイイ天気。今日は寒かったけどイイ天気。なんで卒業式の昨日だけドザ降り?どぉゆぅこと?
 
14:56  |  ランニング  |  Comment(0)

加奈子、卒業しました

2014.03.20 (Thu)

2014032001.jpg
昨日の「父の乳」の記事画像で大泣きしていたベイビーが、今日、小学校を卒業しました。あれから12年、大きな病気もケガもなく、無事に小学校を卒業しました。

今日は、和子さんも午前休みをとり式に参加。「加奈ちゃんとこのお母さんって、ホンマにいるん?」という周囲の皆さんからの「エア母親」疑惑を払拭するべく(?)式の途中から僕の横で涙ボロボロと大泣きしてはりました。

僕はというと、もっとウルッとくるかと思いきや、意外と淡々とすごしていました。一昨日の会報委員会の後、職員室で加奈子の担任の先生とガッチリ握手した時に、「とうとう卒業か!」という気持ちになっていので、今日はむしろ穏やかな気持ちで見守っていた気がします。

小学校生活6年間。次の6年が経つと高校卒業。ここからは超加速な時間が過ぎていくんでしょうね。

しかし…入学式の日も小雨がパラつく空模様。そして今日はドザ降り。とにかく雨の多い学年でした。この調子でいくと中学校の入学式も雨かも。
 
18:50  |  家事・子育て  |  Comment(1)

「父の乳」はこうやって生まれた!

2014.03.19 (Wed)

2014031901.jpg
マイナビニュースに「パパが授乳!?世界に広がる"パパ達の子育て革命"の真相に迫る」という記事が出ていました。父親に授乳への理解を!という主旨らしい。僕の経験からいうと、お父さんと授乳、それはかなり関係のあることです。父親である自分と子どもしかいないという時間が長ければ長いほど、同時に母親の母乳がよくでる人であるほど、関係するのでは?と思います。


僕の子育て講演での話に「父の乳」という話があります。一時期、コンビ社の子育て会員情報誌で連載をしていたことがありました。その時に、原稿と一緒に「こんな物作ってくれるとウレシい」という乗りで、製品企画を送ったことがありました。

「父の乳」というその製品は、おもちゃのおつぱいブラの中に、ミルクのタンクを仕込み、乳首の位置にほ乳瓶の先を付ければ、僕でも授できるという製品でした。普通に考えればキワモノ製品ですが、当時の僕は真剣に考えていた製品でした。


8月12日に加奈子が生まれた2カ月半後、10月からの後期カリキュラムが始まったのと同時に、和子さんは職場に復帰していきました。そこから、加奈子と過ごす日中の長い時間。加奈子が泣いても叫んでも僕しかいない。この当時、泣くのは3パターンの欲求信号。腹減った!オムツ替えて!眠たい!の3種類。だんだん泣き声で、何をして欲しいかも分かってくるように。

腹減った!と、オムツ替えて!はミルクを飲ませるか、オムツを替えればすんだけど、眠たい!は強敵だった。抱っこして、トントンして、時には散歩して、腕の中でやっと寝てくれたと思ってベッドにソロッと降ろすと、その瞬間、目を開いて「フンギャァ〜!」と上の画像みたいに大泣き。ヤレヤレとまた抱っこして、トントンして、の繰り返し。

そのうち、ベッドに降ろしても、すぐに手を離してはいけないと気付き、ソローッとベッドに置いた後、しばらくそのまま手を加奈子とベッドの間に挟んだままキープ。そして呼吸を合わせる。3分くらいそのままで過ごすと、手を抜いても起きない!これを発見した時は、思わずヤッタ!とガッツポーズしたもんでした。あの瞬間、子育てスキルのレベルが3段階くらい上がった気がしました。

と、まぁ、このくらい苦労して、泣く加奈子をあやしていたのです。

が、夜、和子さんが帰ってくると、こんな技なんてまったく必要とされない。加奈子が泣く。「おおお!どうしたんや?オムツか?」と確認して「チャウか」となると、オッパイをポロッと出して加奈子の口へ。あっという間に静かに。しかも、加奈子の顔は極上のゴキゲン&シアワセ顔。

なに?この無力感?
なに?あの楽チンぶり?
それにひきかえ、こっちのスキルはまったく用なし。

そして、ムラムラとわき上がるオッパイへのジェラシー。

アレさえあれば!
どんだけ楽できることか!


そして、思い立ったのが「父の乳」でした。
お父さんが、子育てをしていて、自分の至らなさを感じる瞬間があるとすれば、ココではないかと思うのです。オムツも、寝かしつけも、沐浴も、着替えも、離乳食も、本気ならなんだってできます。ただオスである以上、オッパイだけは無い。どうやっても授乳だけはできない。そこから「やっぱり男の子育てはお手伝いだな」と思ってしまった人もいるのではないかと思います。

「父の乳」は、そんな子育てに向かいながら、なんとなく寂しい思いをしたお父さんを、「こんなアホな物を思い付いたヤツも同じ気持ちだったんやで」という励ましグッズになれたのではないかと、今になって思います。

当時、僕は「アレさえあれば!」と思ったものでしたが、しばらく続くと、「これは自分の時間ができたってコトか!」と切り替わり、その間にメールの返事をしたり、細切れの作業を片付けたりするようになりました。

もう一つ、今になって思うのが、「父の乳」をどうやって捨てればいいのか?という素朴な疑問。ゴミ袋に、オッパイが入っていたら?!厳重に包んで市の指定ゴミ袋に入れて捨てたかな?

世の中には、オッパイが出にくいお母さんもいます。きっとその人達は、楽をせずに泣く子をあやしているんだと思います。和子さんは、昼間はピタッと止まり、夜にだけオッパイが出るという便利なオッパイだったのですが、お母さんみんながこんな都合のいいオッパイでもありません。張って張って仕方ないという人もいますし、乳腺炎になる人もいます。オッパイで苦労しているのはお父さんだけでもありません。「アレさえあれば」と思った僕も、そのことで少し多様性の幅が広がった気がしました。
 
17:54  |  家事・子育て  |  Comment(0)

今年度の会報委員会の仕事納め!

2014.03.18 (Tue)

2014031801.jpg
今日の午前中、年度内最後の会報委員会があり、PTA会報「桃峰119号」を各クラスに配布する作業がありました。学校内ではインフルエンザが大流行中で多くの委員さんが欠席の中、4人での配布作業になりました。とはいえ今年度3回目の配布作業(実際は2回目)で慣れもあり、すんなり30分程度で終わりました。

その後、場所を移してちょっとした茶話会。来年度への引き継ぎをどう伝えるか?など、大事な話もしたけど、たいはんは端から見ればどうでもいいような話。会報委員会全体を通してみても、大事なことは3割くらいで、あとはワイワイとどうでもいいような、他愛のない話をしながらも、なんとか年度内3号のPTA会報と壁新聞を発行することができました。

もちろん、余計な話などせず作業だけに集中すれば、もっと効率的だったかもしれませんが、それはそれでシンドくなった部分があったと思います。帰り際に、「一年間楽しかった」「もっとガチガチの委員会かと思ってた」とそれぞれに言ってたのを聞いて、これはこれでよかったと思います。

PTAのそれも会報制作に関わったことで、気付いたこともあります。それは、保護者の中には、能力の高い人があっちこっちにいるということです。頼んだら、数時間で誌面構成を作って送ってくれる人、「こんなことまで?」とチェックして校正を返してくれる人、正確に事務処理をしてくれる人などなど。何人かで組めば、PTA会報の制作請負会社ができるんじゃ?と思うくらいでした。本人が気付いているかどうかは別として、そんな優秀な人達のお陰で、僕はずいぶん楽な委員長をさせてもらえました。

残りは、来年度の全体委員会での会報委員への勧誘プレゼンと、委員が決まった後の段取り説明くらいです。4月以降にも行事が入っているところが、少し落ち付かないですが、それでも会報委員長の仕事のほぼ全部が終わりました。バンザイ!

2014031802.jpg
今年度のPTA会報3号。「桃峰」の文字の色は、夏の空の青、紅葉のオレンジ、桃山の桃色をイメージしました。自分の中では、PTA予算の一番大きな会報印刷代を大幅に削減しながらも、見栄えを落とさずマネジメントできたところが一番の成果だと思っています。ザンネンな点は、会報誌のちょっとした見落としミスの数々。これはもう言い始めると果てしなく出てくるので、仕方ないことと割り切ってます。

とにかく終わったァ〜!
加奈子より、一足早く卒業!
 
16:48  |  家事・子育て  |  Comment(2)

もうすぐ東京新聞での新連載がスタート

2014.03.15 (Sat)

4月からの東京新聞の新しい連載の原稿。締め切りは明後日だけど、エイヤ!と今日の午後、書き始めたらアッという間に書けた。

今回の内容は、2ヶ月前くらいから担当さんとのやりとりで決まっていたので、書き始めたらスラスラだったけど、書き始めるまでがタイヘンでした。熟成させた時間が長ければ長いほど、結果に欲が出て、欲が出れば出るほど、最初のワンフレーズの壁が高くなり、取り掛かるまでに時間がかかるという構図。

あまりに昼間にゴロゴロと床に転がり、意味もなくiPhoneでゲームばっかりしていて(現実逃避モードに入ると果てしなくやってます)加奈子から「パパァ〜なんでゲームばっかりしてるん?」と言われる始末。

「もうアカン!逃げられへん」と2階の仕事部屋へ久しぶりに入った次第。書き始めると、ネタメモを見るまでもなく、頭の中に入っている題材だけで十分な分量が書けてしまいました。

なんでも自分で買って自分で使うというのは、自由で便利だけど、それだけお金も場所も必要になります。年に1回使うか使わないかわからないようなモノは、隣近所で共有すればイイという内容の話です。

それで思い出したんですが、小学校に入った頃、僕の家には電話がなくて「呼び出し電話」でした。クラスの連絡先名簿(こんな物も今どき存在しませんが)の電話のところには、「呼」の文字が付いた家がウチ以外にもう一軒あった記憶があります。団地の向かいの家の人に、取り次いでもらっていたように思います。

こんな記憶をたどりながら、万物を私有化する代わりに、近所付き合いや人間関係を失ってしまったのかも?という話をサラッと形にしました。
 
22:37  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

京都マラソン2014の完走証

2014.03.14 (Fri)

2014031403.jpg
京都マラソン2014の完走証が送られてきました。

自己ベストとはいえ、11,293人中8050位というのは、完走した人の半分より遅いってことで、まだまだ自慢できるモンじゃないですね。「趣味は?」と聞かれ「マラソン」と答えるにはまだまだだと思うので、「ランニング」と答えてますが、それで正解だと思います。

それでも、振り返ってみたら、5年前なんて自分が42.195kmを走れる人間だなんて思ってもみなかったし、5kmの往復をヒョイッと走って行けるようになった今の自分は、ちょっと身体が丈夫になったのと、自分の足で行ける距離が延びたことを実感できてます。

でも、不思議なコトもあるんです。マラソンで5時間くらい続けて走るのは大丈夫なのに、買い物に行くと1時間動き回るだけでヘトヘトになるのはなぜ?別の疲れ方をしてるんでしょうか?
 
17:24  |  ランニング  |  Comment(0)

帰ってきたカメラ&レンズ

2014.03.14 (Fri)

2014031401.jpg
前ピンでは?と調整に出していた、EOS Kiss X5とSIGMA 30mm F1.4 EX DCが昨日帰ってきた!

修理品納品書によると、やっぱり前ピンだったようで、調整されて帰ってきた。試しに撮ってみると、ドンピシャ☆ジャストなピント(たぶん)!

数日の間、デジイチなしだったけど、送料の525円だけでイイ画像が撮れると考えると、とってもお得なサービスだと思います。もっともレンズ自体は525円どころの値段じゃないですけどね。とはいえ、ヨカッタヨカッタ。

2014031402.jpg
返送されてきた時の箱と梱包材は、ママさん学生のもとに届けるおもちゃの運搬用に再利用。加奈子がほとんど使わなかった「こねパン」を使ってもらおう!と。
 
17:07  |  カメラ&レンズ  |  Comment(0)

当たったお年玉付き年賀葉書を交換したら...

2014.03.12 (Wed)

2014031201.jpg
確定申告も終わって、最後のPTA実行委員会の終わり、年度末の予定も見えてきたところで、やっとこさ年賀葉書のお年玉抽選番号の確認をした先日。当たりが3枚あったので、ちょっと遠くの郵便局まで買い物のついでに行って交換。

家に帰って「やっと机の上が整理できる」と、当たらなかった年賀状の束を片付けていたら、年賀状の束がもう一つ。
「あれ?この束は?じゃこっちの束は?」

よくよく見たら、交換した年賀状は平成25年の年賀葉書でした。郵便局の窓口のオバチャン、あの日はえらく混雑していて、きっとソッチに気をとられて年を確認し忘れたのでしょう。

改めて、平成26年の年賀状を調べてみると、当たりが4枚あったので、今日、ちょっと遠くの郵便局へ再度でかけて、「実は先日交換してもらった年賀葉書が去年の物でして…」と同じオバチャンに話をすると、「アラン!イヤン!(◎_◎)!ごめんなさいねぇ」と。

差し引きして、もう一枚の切手シートをもらってきました。今日はノンビリ暇そうな郵便局でした。
帰りは、グルッと回って月桂冠大倉記念館の前を通ってみました。春やなぁ。
2014031202.jpg
 
12:59  |  日々の出来事  |  Comment(0)

最後の最後でやっと載った!

2014.03.11 (Tue)

2014031101.jpg

2014031102.jpg
6年間通った理科実験教室「科学の学校」。今週が最後の講義。

そんな最後の最後の塾レターに、加奈子の実験のまとめノートが「まとめgoodで賞」になり、ノート画像も公開されました。このまとめグッドで賞!には、2段階あって、名前と教室名が載るのと、ノート画像も載るのがあります。ノート画像が載る方が、よりウレシい賞だそうです。

これまで、名前と教室名で載ったのは数回でしたが、最後の最後でノート画像も載せてもらえて喜んでいました。

なかなか学校での理科実験が難しいようで、昔のような試薬を使った実験や、生物の解剖なんかもやりにくくなっていると聞きます。現象や事象を目で見ることなく、話を聞いてだけで理科に興味をもつというのは、よほど想像力がたくましくないと難しいと思います。

たまたま家から歩いて1分の場所に塾があったのと、たまたまお試しイベントの日に参加したのが、通い始めたキッカケでした。ほとんど6年間をマンツーマンで指導してもらったおかげで、リケジョの基本は仕込んでもらえたと思います。本人は建築設計をしたいそうです。
 
16:24  |  家事・子育て  |  Comment(0)

ランドセルに革新は起こるのか?

2014.03.10 (Mon)

2014031001.jpg
12月6日にランドセルが壊れて以降、加奈子はコールマン ウォークホリック15で通学しています。15リットルの容量でタップリ入るのに軽い。加奈子も「こんなことなら、早くリュックサックにすればよかった」というようなコトを言っています。

ランドセルは重たいし、大きさのわりには意外と容量も小さく、たいてい9リットル程度。そして、6年生くらいで壊れるようになっています。世の中には、もっと軽くて丈夫なバックパックが登場しているというのに、ランドセル自体は50年くらいあんまり変わっていない。確かに、素材や機能性や選べる色数は確かに上がって(増えて)いるが、重さや堅さ、容量効率の悪さなどは大きく変化していない。

多くの学校では、校則に「ランドセルで通学すること」とは記されていない。だから、スポーツバッグでもイイし、キャリーバッグでもイイはず。両手がふさがらない背負うタイプのバッグがイイとは思うが、それでも多種多様な商品が存在する中で、なぜ「あの」ランドセルが半世紀にわたって選ばれるのか?

良くも悪くも日本的といえましょう。
 
22:41  |  家事・子育て  |  Comment(0)

学区内清掃に行ってきた

2014.03.09 (Sun)

2014030901.jpg
夏の愛校日(8/27)に校内の草抜きをしたのですが、その時に、やりきれなかった西校舎南側のジャングルを、冬にもう一回挑戦しよう!ということで、学区内(学内だけど)清掃に参加してきました。

夏と違って、かなり寒かったせいもあって、参加者は少なめ。それでも夏の時とは違って、草刈りばさみや枝切りばさみなどの道具も揃っていて、かなりの成果。

一方、校庭では本職の造園業者も入って大木の剪定。伸び放題になった木を一本まるまる手入れ。落とされた枝の数がものすごく、西校舎が終わったあとは校庭に落ちた枝集め。これがまたものすごい数で、あっという間にゴミ袋はまんぱん。入っているのが枝なので、あんまり強く押し込むとゴミ袋が破れて、持ち運ぶのが悲惨なことに。

夏に続いて、またまた、ビフォー&アフターを撮り損なってザンネン。

残り10日ほどになった加奈子の小学校生活。6年間通った学校をキレイにして卒業できたというのは、気持ちイイ!それにしても、大量のゴミ袋はどうやって運び出されるんだろうか?
 
23:32  |  家事・子育て  |  Comment(0)

加奈子、塾通いはじめました

2014.03.06 (Thu)

2014030602.jpg
加奈子は、今日から塾に通い始めました。義姉の夫が主宰する塾で、数学を受講しています。この2週間は、この数学塾と理科実験塾、そして英語と3つかけもち。来週で理科実験塾はおしまいなので、3つは今だけ。ちなみに、僕は塾というものに通った経験がなく、塾とはどんなところなのか、未だによくわかっていません。ま、いろんな塾があるようですし。

2014030601.jpg
さてさて、そんな加奈子の数学塾デビュー。なによりも、1コマが2時間!120分!今どき、大学生でも120分授業は集中力続かない人がほとんど。でも、大学入試の場合、2科目連続などで120分間集中しないといけない学校(某国立大学など)もあるし。やっぱり授業時間が1コマ120分でやってくる子達は、それなりに覚悟してきてますね。

加奈子の授業中、僕は職員室奥の机で、明日締め切りの原稿をシャカシャカと文章化して入力。その合間にも聞こえてくる授業の様子。さっそく怒鳴られている子も。僕は怒鳴られたのが、加奈子じゃなかろうかとヒヤヒヤ。

授業が終わって、「どやった?」と聞くと、珍しく「疲れた」と。そりゃ120分授業は疲れるわな。とはいっても、実験塾では90分になったり100分以上になったことも。それに慣れていたのか、わりと最後まで付いていけたそうな。なによりも、万事がスロースターターだった加奈子が、初っ端から置いていかれずに食らいついていっただけでも成長です。

片道電車で30分の通塾。一人で乗り換えもできなかった加奈子だけど、この機会にそれもマスターしていってもらえたらと。もうアブナイだの危険だの言い出すとキリが無いご時世ですが、いつまでも親が付いて行くわけにもいきません。いつかは手を離して一人で行ったり来たりさせないと。これがいい機会になりそうです。
 
22:42  |  家事・子育て  |  Comment(0)

このレンズのクセにようやく気が付いた

2014.03.05 (Wed)

2014030501.jpg
お気に入りのSIGMA 30mm F1.4 DC HSMレンズ。先日の看護学校の卒業パーティーでも、薄暗い会場でエエ感じの写真が撮れてました。

でも、当初から「ん?」と思う画像もチラホラ。このレンズは多くの人がレビューしているように、載せるカメラによるのか、若干ピントのズレがあるようなんです。静物を撮る時はあまり気にならなかったのですが、人物を撮るとそのズレが目立つ気がします。せっかくのイイ写真なのに、どこかピリッとしない写真が多いのです。

で、そのズレを確かめるべく、試し撮りしてみました。

2014030502.jpg
2014030503.jpg

上の画像は、中央の「n」にピントを合わせて撮ったモノ。
下の画像は、左の「n」にピントを合わせて撮ったモノ。

下の奥の「n」でちょうど真ん中に合っている感じでしょうか?1cm奥にピントを合わせるとキレイに撮れるみたいです。横顔を撮る時は、鼻頭でピントを合わせると目がクッキリ?

少し気になるのは、このレンズを付けて一回カメラを落としたことがあるんです。動作的にはどこも問題がないのですが、もしかしたらピントのズレはその時の落下が原因?
 
11:24  |  カメラ&レンズ  |  Comment(0)
 | HOME |