01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

クラスみんなで一緒に!

2014.02.27 (Thu)

2014022701.jpg
今日も小学校へ登校。今週は毎日登校している気がします。

2限目と3限目の合間の休み時間、グラウンド横で運動場を見ていると、加奈子のクラスの子達が、大縄飛びをしてました。ほぼクラス全員が参加していました。男子も女子も、運動のよくできる子も加奈子みたいに苦手な子も、大人しい子もやんちゃな子も、とにかく参加してました。2014年に入ってから転校してきた子も、すっかり溶けこんでいる印象でした。

みんなで一つの作業をする。その中に加わることで、一体感が生まれてくる。今の時代、みんなで一緒に作業するという時間は、ものすごく減っているように思います。家庭でも、単身赴任だったり、生活時間がバラバラで孤食だったり、年末大掃除をする家庭も減っていたりしています。

よくよく考えてみたら、もはや学校くらいしか「みんな一緒!」は難しいのかもしれません。地元の公立小学校なので、いろんな家庭の子がいます。保育園の時ほど家庭環境が多様ではないけど、それでもお受験をして通う私立の学校よりは、まだ生徒の多様性があると思います。そんな多様な子どもたちが一緒になる機会。しかも保育園の頃よりも、はるかに自分の意志をもった集団が一緒になって遊ぶ。

貴重な時間を過ごしてるんやなぁと思いながら眺めてました。
 
17:10  |  家事・子育て  |  Comment(0)

12年後のわたし

2014.02.26 (Wed)

2014022601.jpg
今年度最後の授業参観と学級懇談会にあわせて「図工展」が行われていたので見に行ってきました。6年生は「12年後のわたし」という粘土を使った工作と祇園祭の版画でした。

「12年後のわたし」は今どきの6年生を垣間見ることができてオモシロかったです。

加奈子は建築家になりたいらしく、製図机に向かう自分を作っていました。女子の多くはパティシエと京都らしくパン屋になっているわたしでした。デザイナー、歌手、ペットトリマー、服屋、花屋などがありました。オモシロいのは、旅しているわたしと、釣りガール、そして日本人初の女性宇宙船船長!僕らの時代にはなかった将来像。看護師も二人いました。いつの時代も確実にいますね。

女子よりもオモシロかったのが男子。一番印象に残っているのは「仕事のできるサラリーマン」。加奈子の情報によると、その子は最初は「正社員」と書いていたらしい。その話を聞いて、「男子っていつまでも子ども」という印象がひっくり返りました。今、「正社員」への道がいかに困難か…彼らが24歳になる12年後、今の「正社員」という立場がどれだけ残っているでしょうか?「公務員」という子も一人いました。その子のお父さんも公務員らしく、そしてそれを書いた彼も公務員らしい感じの子でした。正社員も公務員も女子には一人もいませんでした。男子のリアルさには、さらに上がいて、「仕事帰りの僕」と題して、おでん屋で一人酒をする姿を作った子がいました。上着を壁のハンガーに掛けてカウンターの大将とさしで飲んでいる姿。誰がモデル?と思ってしまいました。そんな男子の一方で、野球選手、サッカー選手という男子の王道も多数。なんだかホッでした。

一緒に見ていた保護者の数人と、「学校の先生、保育士、幼稚園の先生がいないね」と話しました。僕らの時代には、いわゆる先生職という子が学年に10人はいたと思うけど、ここではゼロ。医者も一人だけでした。政治家はゼロ。科学者が一人いたかな(彼は薬剤師になりたいらしいけど)。先生職は今ひとつ人気がないようです。昔ほど、自由でなくなっているのも事実だし、子どもの目にもタイヘンそうに映るのかもしれません。

そういえば主婦(主夫)もいませんでした。24歳なら早い子は結婚しているはずだけど、その辺りも時代の変化なのかもしれません。

子どもたちの将来像について、今、「そういえば○○もなかった」など、いろんな細かいことに気付きながらも、やっぱり「正社員」の一言で全部もっていかれた気がしました。もっともインパクトのある「12年後のわたし」でした。

ちなみに、僕は卒業文集の将来なりたいものに「阪急電車の運転手」と書きました。そういえば、電車の運転手もいませんでした。実際は、楽器メーカーの営業マンでした。短期間の貴重な正社員体験をしました。
 
22:43  |  家事・子育て  |  Comment(0)

大寝坊!

2014.02.25 (Tue)

加奈子の小学校生活も残りわずか。
ここまで大きな事故や事件もなく…と思ってたら、今朝、やらかしました。

和子さんに「亮ちゃん!えらいこっちゃ!」と起こされてビックリ!
時計を見ると、普段、加奈子が学校へ行く時間!

家族全員そろって寝坊!

昨晩、ふなっしーの映像を見まくったのが原因?

30分くらい遅いと大焦りだけど、1時間以上寝坊すると、もう開き直り。
案外、冷静なもんです。

タクシー登校決定。
これがまた、なかなか通らずMKのスマホ配車を初利用。
便利やねぇ。

指定通学路に小学生の姿は見えず。
既に全員登校済みの模様。
運転手さんと「寝坊あるあるトーク」。
「イイ思い出になりましたねぇ」という運転手さんのゆる〜い会話に、
加奈子も落ち着いて諦めがついた模様。

門限2分前に学校に到着。

そこからそのままタクシーに乗りっぱなしで帰ってきたら、自治会の廃品回収車が来てるじゃないの!
雑誌や新聞はまとめてたんだけど、まだ荷造り紐でまとめてなかった段ボールは「そのままでエエよ」という業者さんに甘えて、そのままトラックに。

朝からドッタンバッタンでしたわ。
 
09:22  |  家事・子育て  |  Comment(2)

交通科学博物館に行ってきた

2014.02.20 (Thu)

2014022001.jpg
もうすぐ閉館(4月6日が最終日)する弁天町の交通科学博物館に行ってきました。2月の寒い平日の午後ということで、閑散としているかと思いきや、さすがに閉館前とあって、けっこうな入館者数でした。

約40年以上ぶりの交通科学博物館(当時は交通科学館)。当時とは少し変わっているところもあると思うけど、僕が一番鉄道好きで「キハ」だのなんだのと言っていた時期と訪れた時期がダブる、懐かしい建物と展示物の数々。展示物のキレイな画像は、他でもたくさんネットに上がっているので、個人的に思い入れのある場面のみ紹介します。

2014022002.jpg
真ん中の「新大阪←→宇野」の列車行先札。これは急行「鷲羽」のものでしょう。香川県高松市で生まれ育った僕ですが、母親の郷里が大阪だったので、夏と冬は大阪に帰省してました。その時に乗っていたのが「鷲羽」でした。そのうち、新幹線が岡山まで延びて、鷲羽に変わって岡山までの宇野線快速に乗るようになりました。物心が付いた頃には宇野線快速になっていたような気がします。

2014022003.jpg
建物の奥に展示されている鉄道ジオラマ。子どもの頃、何度か訪れた交通科学館でしたが、なかなかジオラマを走らせる時間と合わず、見たのは一回限りだったと記憶しています。これを見てNゲージが欲しくなったものでした。そういえば小学校の同級生のシンヤ君の家にHOゲージのジオラマがあったのも影響されてました。

2014022004.jpg
30年くらい前は、いろんな観光地に記念メダル販売機がありましたね。買ってもらえると思ってもなかったので、「欲しい」と言ったこともありません。今なら気軽に買える値段ですが、さすがに買うぞ!というスイッチは入りません。年とったってコトでしょうね。

2014022005.jpg
これと似たような感じで、3両だったか4両の機関車と客車の木工模型を買ってもらった事がありました。本当はプラレールが欲しかったのですが、これまた買ってもらえるわけもなく、こっちは大人になってチョロッと買ったことがありました。妹も買ってました。レゴではなくダイヤブロックで駅を作って始発や終着、通過の設定を書いた時刻表を作って遊んでいました。

子どもの頃の、いろんなことを思い出させてくれる交通科学博物館でした。今でも鉄道は好きですが、絶対唯一の好きなモノではなく、いろいろある好きなモノの中の一つになりました。そういう意味では、僕が鉄道しか興味がなかった時期の貴重な瞬間が凝縮されている場所です。

交通科学博物館は、この春の閉館後、2016年の春「京都鉄道博物館」として再開されるようです。どうやって展示物を運ぶんかな?
 
10:48  |  日々の出来事  |  Comment(0)

京都マラソン2014 自己ベストで完走しました!

2014.02.16 (Sun)

2014021601.jpg
京都マラソン2014自己ベストで完走しました!今シーズンは、神戸マラソン奈良マラソン→京都マラソンとフルマラソン3本。この間に高槻シティハーフも入って、毎月どこかの大会で走っていました。とりあえず、この京都マラソンが今シーズンの締めくくり。走る度に自己ベストタイムを更新してきたので、今回も!という思いと裏腹に、2週間前のアレルギー性鼻炎と、なんいやらかんやらで調整不足だったのもあって、「とりあえず完走」「第1関門の制限時間に引っ掛からない」へ目標を落としていました。そういえば、出張から帰ってきた翌日にマラソンというのも初めてでした。

2014021602.jpg
スタートは最後尾のKグループ。さすがにこのグループで3時間台やましてや2時間台を狙う人など皆無で、ノンビリマッタリした雰囲気でした。集合地点はサブグラウンド。トップグループのメイングラウンドは広くて風通しがよかったので、待っている間とっても寒かったそうですが、サブの方は建物に囲まれていたせいか、たまたま僕がいた所だけなのか、わりと寒くなくて「暇やなぁ〜」と待ってました。上空のヘリコプターの爆音が大きいのと、アナウンスが届かないせいもあって東日本大震災の被災者への黙祷の合図も聞き取れませんでした。

2014021603.jpg
最後尾のKグループ中段にいた僕がスタート地点を通過したのは先頭から約11分30秒後。15〜20分後を予想していたので意外と早い通過で、少しホッと。渡月橋が見える頃には、ペースも落ち着いて「さぁ、これから!」という6km過ぎの嵐山高架橋を登っている最中に、右足ふくらはぎにピキーンと。足が攣る直前のあの感覚。今月初めにも練習中に足が攣ってしまい、それが残っていたのかも。少し様子を見ながら走ることに。

2014021604.jpg
広沢池を通り過ぎ、

2014021605.jpg
仁和寺を通り過ぎ、右足の痛みもなんとか慣れてきた感じ。この区間がズッと上り坂で、下り坂独特のドンという衝撃がなかったのもラッキーでした。

ところが仁和寺の辺りから、毎度お馴染みの尿意。痛風もちの僕は尿意をガマンするとダメなので、「どこかに空いてるトイレは…」と探すものの、序盤のトイレはどこも長蛇の列。諦めかけたその時、佛大大学院に通っていた時の通学路、千本北大路北東の楽只消防団詰め所に「トイレあります」の文字。見たところ待っているのは一人だけ!そこに並びました。たった2分半でコースに復帰することができました。

ちょうど消防団詰め所から出た時に、目の前を5:30のビブス(ゼッケン)を付けたペースランナーが通過。せっかく仁和寺過ぎで追い抜いたのに、たった2分半で追い抜かれてしまうこの残念さ。

2014021606.jpg
今宮神社を通る頃に5:30のペースランナーに追いつき、ホッと一息。ところが目標の5:00のペースランナーは全然見当たらず。

賀茂川沿いは、以前1回だけ走ったことのある道。やっぱり馴染みの道というのは気持ちも楽。そして、その後、京都マラソン最大の難所といわれる国際会館へ向かう宝が池通りの狐坂へ。この頃には右足ふくらはぎの痛みもどこかへいき、右も左もあっちこっち痛いところだらけ。「キツイキツイ」と聞いていた狐坂は意外とスッと登れてしまいチョット拍子抜け。そらまぁ奈良マラソンのあの坂&坂&坂のコースに比べるとだいぶん控えめな高低差ですし。頂上付近で生八つ橋をGET。ところが、二つももらってしまって、手袋も口の周りも粉だらけ。それを収めようと飲んだザバス ピットインリキッド ウメ風味。これが気管の方に入りかけ、さらにゲホゲホとむせてしまう周囲に大迷惑なランナーに。

この下りから修学院方向にかけての道のりがけっこうキツくて(下り坂が苦手なので)いいペースの女性の後にズッと付いて走りました。もう写真を撮る余裕もなくて、ただその人の背中を見ながら付いて足を動かしているだけ。そのうちに28km地点くらいで、この前の人が突然コース脇に倒れ込んでしまい、次の人を捜したところ、何度か抜いて抜かれてした人を発見。やっぱり女性だけど、今度は見るからにオッカサンという感じの人。マラソン大会では、こういう全然速そうに見えず、足音もペタペタやドタドタというような人が意外と速いんです。特に女性の場合に当てはまるみたい。28kmから38kmくらいまでの間、オッカサンの後で走りました。後で見たら、給水を除いてはほぼ均等なペース配分。どこのどなたか存じ上げませんが、すばらしいペースの方でした。おかげで30kmからの減速もなく過ごせました。

そして、鴨川河川敷を走り抜け神宮丸太町駅。もうここまで来れば、馴染みの道ばかり!と思ったら、ここから京大を抜けて銀閣寺に向かう白川通りまでの道がジワーッと緩い上り坂。上り坂得意の僕もさすがに気力が萎え萎え。そしてオッカサンも少しペースダウン。

やっとの思いで白川通り手前の折り返しを通り過ぎてすぐのこと。「山田さん!」と若い女性の声!若いも若い、加奈子の同級生の女子生徒の声でした。彼女のお母さんが3時間前半ランナーで神戸マラソンでも快走していたそうで、その応援に来ていたんでしょう。一番シンドイ所で声掛けてもらって、ホンマに彼女が天使に見えました。ありがとう(*'▽'*)!

そこから東山通りを南下。もう早く丸太町通りにたどり着きたくて。「今頃、看護師国家試験を受けてるんやろなぁ」と教えた学生の皆さんのことを思い出しながら走ってました。

40km地点でふと時計を見ると4時間45分。あと15分で5時間切りが可能!できないタイムではないけど、最後の2kmは本当にシンドイ。「5時間切りてぇ」と心の中で叫びながらも、最後の岡崎公園北東の折り返しで一瞬、足が止まってしまいました。なんとか5秒後くらいに走り始めると、目の前に42kmの看板!そして、その少し向こうにズーッと見たくても見えなかった5:00のペースランナーの皆さん!!「抜いたら5時間切れますよ」という声に最後のダッシュ。

2014021608.jpg
画像に写っているタイムは4時間58分44秒。そのゴールライン少し向こうに3人の5:00の人達。あと1分16秒間、ここで5時間ちょうどの調整をしていたようです。最後の最後で追いつけた5時間のペースランナー。初めて彼らよりも前でゴールできました。もちろん自己ベストタイムでした。

Point  Split (Net Time)  Lap   Time
5km   00:45:03 (0:33:31)  0:33:31 09:45:03
10km  01:18:30 (1:06:58)  0:33:27 10:18:30
15km  01:54:04 (1:42:32)  0:35:34 10:54:04
20km  02:27:01 (2:15:29)  0:32:57 11:27:01
25km  03:01:01 (2:49:29)  0:34:00 12:01:01
30km  03:34:44 (3:23:12)  0:33:43 12:34:44
35km  04:09:50 (3:58:18)  0:35:06 13:09:50
40km  04:44:36 (4:33:04)  0:34:46 13:44:36
Finish  04:58:07 (4:46:35)  0:13:31 13:58:07

Splitといのは、スタート時間からの時間。(Net Time)というのはスタート地点を通り過ぎてからの時間です。前回の奈良マラソンと比べて、5kmのラップで36分以上がなくなったのがよかったです。トイレもラッキーだったし、前を走ったオッカサン達に感謝です。今回は、沿道の応援も中盤以降ほとんど見る余裕がありませんでした。ゼッケンに「山田りょう」と文字を入れてもらっていたので、「山田さん頑張って!」「亮さんファイト!」と声をかけてもらった時だけ、周囲を見ていた感じです。キロ表示すらみる余裕がありませんでした。手元のモニター使用しているCardio 40Eで表示される距離表示(少しずつズレてましたけど)や現在のペース表示を見ながら走りました。顔を上げるよりも負担が少なくて楽だった気がします。本当は顔を上げて走った方が良いんでしょうけど。

2014021607.jpg
今回は、いつも北堀公園で走っているランナー仲間の皆さんと一緒に出かけ、ゴール後に待ち合わせて、銭湯へ行き晩ご飯も一緒にしました。一人で出かけて一人で帰るのも、ジンワリいいのですが、走り終わった後「あそこでこんなことがあった」「あそこにこんな応援の人がいたな」などなどいろいろ話ができるのもエエもんです。マラソンブームとは言え、全体から見ると走る人はまだまだ少数派。世の中から見たらヘンな奴ら。「今日のレースでこんなことが」と話しても、たいていは「へぇ〜」で終わってしまうことも多々。そんな時、同じように走ってシンドサと達成感を共有でき、共感できる人がいるというのは、とってもイイものだと思います。

打ち上げ会場は「希味」。2500円のコースでお腹いっぱいの盛りだくさん。京都の真ん中でこんなリーズナブルな店は他ではなかなか無いようなな気がします。飲み代入れても一人3500円!食べ終わりかけた頃に次の料理が出てくるタイミングの良さもナイス。味も値段のわりにはかなり良くて大満足。さすがにランニング後のビールは控えめでしたが、走り終わった開放感で十分酔えました。

無事に、完走&自己ベスト更新で今シーズン最後のフルマラソンを終えることができました。少しホッとしています。足の痛みも、それほどひどくなく、この調子なら明日には普段通りに過ごせそうな気がしてます。
 
22:43  |  ランニング  |  Comment(0)

ギャンブル成功!

2014.02.15 (Sat)

2014021501.jpg
小浜市からの帰り道のこと。

小浜駅から小浜線に乗り、敦賀駅で乗り換え〜♪と思ってポケットを見たら、敦賀で乗り換え予定のサンダーバードの指定席特急券が無い!無い〜い!すでに回送扱いになっている乗ってきた小浜線の車内に戻ってみると、運転手が残っていたので事情を話すと「車内へどうぞ」と乗務員入り口から車内へ。でも、無い!

サンダーバードのホームまで行き、「とりあえず乗ってから、自由席券(1160円)でも買うか」…と思ったら、サンダーバードが、今日は湖西線経由ではなく迂回路の米原まわりの東海道線経由に変更されているとアナウンス。強風の時にはよくある措置。それで京都へは30〜40分遅れになるとのこと。

吹きっさらしのホームでサンダーバードを待っていると、そのうち、湖西線経由の敦賀始発の新快速が隣のホームに入線。こっちは強風でも湖西線を走るらしい。この時点で新快速を選択。これは特急券がないから普通乗車券でも帰れるという、財布の事情から選んだところもある。VIVA!アーバンネットワーク!

そして、隣のホームに入った新快速に乗ったところに、サンダーバードが到着。なんと車内は残席無しの混み混み状態。おそらく、僕の指定席の所だけがポッカリ空いてたんでしょう。こっちの新快速はガラガラ。おまけにサンダーバードは先行する「しらさぎ」の遅延をうけて数分遅れの出発。僕の乗った新快速は定刻に出発。「これはもしかしたら…コッチの方が速いんじゃないの?」と思ったのも束の間。新快速の車内アナウンスによると、湖西線の強風は「今のところ」マシなので運行しているけど、今後も強風による運行停止の可能性はあって、下手すると途中で運転取りやめの場合もある。そこで、京都・大阪へ向かう人は、この先の駅の近江塩津駅で東海道線の新快速に乗り換え米原経由をオススメするとのこと。

iPhoneで路線検索すると、その近江塩津から米原まで行き、そこから新幹線の特定区間切符(一駅間なら自由席が1000円)を使えば、特急券を買って米原経由のサンダーバードで帰るよりも早く帰れる!と算段。混み混みのサンダーバードに1160円払うよりも、新幹線の1000円の方が早く帰れる!ラッキーと。

そして近江塩津駅。湖西線経由の新快速を降り、東海道線の新快速が来るホームへ移ろうとすると、そこにまたしてもアナウンス。悪い予感。到着予定の東海道線の新快速は人が線路内に進入したとかで、近江塩津で折り返しする便にかなりの遅延が発生しているとのこと。もう、あっちもこっちも遅延。

ここでギャンブル。湖西線の新快速に戻り、強風が吹かれずそのまま素通りできるかもしれないという可能性に賭けてみました。近江今津を過ぎて、近江舞子を過ぎ「もしかして、無傷で湖西線を通り抜け?」と思った和邇(わに)駅手前で電車は徐行から停止へ。「ただ今、近江舞子と堅田の間(和邇駅はこの間)で規制値を超える風を観測しました。そのため停止しています」とアナウンス。

いつ復旧するともしれない車内。そういえば志賀駅を通過する時、異様な横揺れが一瞬あったなぁと思いだした。でも車窓は、意外と穏やかな風。すると4分後くらいに「この列車は、すでに強風域を通過しているので、この先もこのまま運行を続けます」とアナウンスが。やった!

その後も順調に運行を続け、冬の湖西線なら許容範囲内ともいえる4分遅れのまま京都駅に到着。一方、サンダーバードの方は、なにやら大混乱らしく、駅員がさかんにアナウンスしているんだけど、これがまた聞き取りにくい放送でよくわからない。とにかく、近江塩津駅で湖西線の新快速に戻ったのは、正解だったらしい。もしかすると、もしかして、もともと乗る予定だったサンダーバードよりも早く京都駅に着いたのかもしれない。そうでないとしても、僕の選んだ新快速は、乗客もそう多くなく、僕の隣の席が埋まったのは、京都の一つ手前の山科からでした。それまで、どの座席もカップル以外は二人掛けに一人ずつ。満席のサンダーバードに比べると、ノーンビリ帰ることができたんじゃないかと思います。

今、運行サイトで確認すると
「湖西線では、近江今津駅付近の強風の影響で、16時58分頃から近江今津駅~近江塩津駅間で運転を見合わせています。」
となってた。あの数十分後からズッと不通になっているみたいです。僕が通過できたのは、一瞬、風が緩んだ間だったんですねぇ。運がヨカッタ。
 
18:15  |  旅行  |  Comment(0)

福井県小浜市へ

2014.02.14 (Fri)

2014021403.jpg
京都マラソンの受付を終え、いったん家に帰って受付でもらった荷物を置いて、今度は仕事カバンを持って、京都駅へ。久しぶりのゼロ番ホーム。一時期、福井県、石川県の講演が続いたこともあって、しょっちゅう乗っていたサンダーバードですが、今回は久しぶりのサンダーバード。でも、こっち側の顔はあんまりサンダーバードという感じじゃないですね。

2014021404.jpg
敦賀で降りて、大阪側の顔を見ると。うん、やっぱりサンダーバードはこっちの顔の方が雰囲気あるとおもいます。iPhoneで流し撮り。これは後で入れたアプリで撮影。やっぱり精度は純正のカメラアプリの方がいい。ピンとも速いような気がします。

2014021405.jpg
敦賀で小浜線に乗り換え。敦賀駅や舞鶴駅で見たことはあれども、乗ったことのなかった小浜線。やっと乗る機会ができました!わりと新しい車両ながら、線路状況のせいだかなんだか、ガッタンゴットン揺れながら、つり革の輪っかが荷物棚に当たりそうなくらい揺れたり。

2014021406.jpg
1時間5分揺られて小浜駅に到着。先日の青谷駅も木造だったけど、小浜駅も木造。大都会の駅にはない雰囲気がありますねぇ。一時間に上りが一本、下りが一本。それが通り過ぎるとシーン。こんなの都会の駅ではなかなか味わえません。
 
23:27  |  旅行  |  Comment(0)

京都マラソンの受付に行ってきた

2014.02.14 (Fri)

2014021401.jpg
京都マラソンの受付に行ってきました。受付会場のみやこめっせに到着したのは10時半過ぎ。10時半からの受付だったので、まだ人もそんなに多くなく、ゆっくりほぼ並ばずに手続きできました。

といっても、都市マラソンの受付はこれだけではすまない。ありとあらゆる企業や団体の販促やPRブース、物販など、寄り道し始めるとキリが無いくらいの出店具合。本当はあれこれ寄って物色したかったんだけど、この後の予定もあり断念。どうしても!というのであれば、明日一般入り口から入って買うという手も。

ゼッケンが写ってますね。「21595」です。これをこの追跡サイトの入力画面に入力すると、今僕がどこを走っているかがわかるようになっています。こう宣言しておくと無様な走りはできなくなりますし。とはいっても、シンドイ時は、誰かがチェックしてるとか、本当にどうでもよくなりますから。「あ、あいつ歩いてしまいよった」「あれ?無茶して走っとる!」など見て楽しんでもらえたらウレシイです。

2014021402.jpg
しかしまぁ、今日は朝から雪がたくさん降りました。日曜日がこんな天気なら、ほぼ即決で棄権です。ネタとして半分くらい走るのもおもしろそうだけど、真剣に走って風邪ひくってのもマヌケだし。

明日はちょっと気温も上がるみたいなので、路上の雪が溶けて、凍らずに流れていって欲しいと願っています。と、思いながら、僕は次の目的地へ。
 
23:00  |  ランニング  |  Comment(0)

加奈子の家事DAY

2014.02.12 (Wed)

2014021201.jpg
昨日は、どういう風の吹き回しか、突如、加奈子の家事DAYになりました。天気が良くて日差しが部屋に入り込んだことで、ほこりや髪の毛が溜まっているのが目に入ったらしく、掃除機を取り出してほこりとり。

2014021204.jpg
今度は窓が汚れているのに気付いたのか、窓拭き。高いところは届かないので、僕も助太刀。そのうち、加奈子から「チョット右」「もちっと上」など指示が飛ぶ。窓拭きは、拭いている人が見える汚れと、遠くから見える汚れがあって、拭きながら見付けるのは、なかなか難しいもの。二人一組の作業がベスト。

2014021203.jpg
掃除が終わると晩ご飯。餃子を包むのも父娘の共同作業。32枚入りの餃子の皮一袋じゃ全然足りなかった!餃子好きの我が家はやっぱり50〜60枚分は必要。

しかし、二人で作業しているところを撮るというのは、なかなか難しい。三脚立ててタイマー撮影する手もあるけど、それだと構えてしまうし。いつの間にかシャッターが切られているというインターバル撮影すればイイのかな?
 
18:12  |  家事・子育て  |  Comment(0)

もうすぐ京都マラソン

2014.02.11 (Tue)

2014021101.jpg
次の日曜日16日は京都マラソン。天気予報によると、今日と同じくらいの気温になりそうなので、今日は16日の服装を試すことに。

今日走ってみて、上の画像の格好でも走っている間は寒くないので、かなり薄着に思うけど、これでいくことにします。

いつもは一番上にウインドブレイカーを着て走っていて、奈良マラソンではウインドブレイカーを着たり脱いだり。今日はウインドブレイカー無しで。手先はズッと寒いんですが、体幹はそれほど寒くなく、むしろ中で汗が蒸れたりしない分、身体の冷えがマシなような気がしたくらい。首はやっぱりチョット寒いので、参加賞のBUFFが役に立つと期待してます。

2014021102.jpg
先日から、Cardio 40のモニターをやってます。今日が装着して走る2回目。Nike+は走り始めた時から使っていたのですが、今年に入ってから、先週、先月、前年のデータが見られなくなってしまいました。去年の春からはiPhoneでRunKeeperを。ただ、iPhoneの画面を走りながら確認するというのはシンドイくて、走りながらは1km毎の「タ〜イム、フィフティーセブンミニッツ!」というアナウンスを聞いて確認するくらい。走りながらペースを確認できるGPSウォッチを探していたところ「モニター募集」を見付けて応募したら当たった!というところ。

Cardio 40は、たまにGPS衛星が捕らえきれずにペース表示がおかしくなりますが、おおむねGPS補足も悪くなく、RunKeeperともほぼ同じ距離、同じペースを表示してくれます。1分1秒の勝負をしてる人には、許せない誤差かもしれませんけど、僕には問題なしのレベル。バッテリーがどのくらいもつのかは、実際に走ってみないとわからないので、当日は予備でiPhoneもウエストポーチに入れて走るつもり。

前回の奈良マラソンと同様、調整不足感は否めませんが、せっかく当選した京都マラソンなので、道路の真ん中を走れる貴重な機会を楽しんでキョロキョロしながら、制限関門に引っ掛からずに最後まで走ろうと思ってます。
 
23:33  |  ランニング  |  Comment(0)

鳥取市青谷町まで行って帰って

2014.02.10 (Mon)

2014020909.jpg
昨日、鳥取市青谷町へ講演で行ってきました。

近鉄で京都駅まで行き、ちょっと時間は早めだけど…と思いながら、スーパーはくとのホームに行くと、見慣れない色の車輌。なんと、サンライズ瀬戸・出雲でした。

2014020910.jpg
本来なら、午前3時59分に京都駅を出発するはずのサンライズが、約5時間遅れで京都に。僕がサンライズを見かけるのは、たいてい品川駅の操車場で駐まっているところ。実際に、客を乗せているところを、それも京都駅で見るのははじめて。日曜日だったので、親子連れが記念写真というのもあちこちで見かけました。

2014020908.jpg
スーパーはくとの鳥取までの旅は、隣席に座った洗濯&掃除好きのお兄さんといろんな話で盛り上がり、アッという間の移動になりました。たまに、隣の人と話しできることがありますが、たいていは挨拶程度。会話が長く続く人となると、これはかなり珍しいことです。お互いにブロガーということで(彼のブログは「まあくんのなんでも体験記」)ブログネタや更新の話、水耕栽培の話、いろんな物の洗濯にチャレンジする話、楽器(とくにトロンボーン)の話など話題は尽きることなく続きました。

ところで、彼は僕が就活時に内定をもらった数社のうちの一社にお勤めの方でした。社章に見覚えがあると思って、家に帰ってから調べてみたらやっぱり!でした。もしかしたら、同僚だったかもしれない人だったんですね。

2014020907.jpg
鳥取駅から青谷駅までは、快速とっとりライナー。わりと新しめのキハ126系。軽快な足回りであっというまに青谷駅に到着。どこへ行くにも行きは速いんです。

2014020906.jpg
青谷駅の駅舎は、木造で瓦屋根。梁や柱にも趣がありました。

2014020904.jpg
帰りは、青谷駅始発の鳥取行き列車で車輌はキハ47。これはもう国鉄時代からのディーゼルで、しかも国鉄時代を思い出させるタラコ色。

2014020905.jpg
車内は昔のまんまのような気がします。こんな感じのセミクロスシートだったかな?

2014020903.jpg
懐かしいなぁ〜と思いながら、鳥取駅に着いたら、タラコ色が3つも並んでました。ディーゼル王国!

片道4時間、往復8時間の鳥取市青谷町までの日帰り往復弾丸ツアーでした。
 
23:08  |  旅行  |  Comment(0)

今週は…

2014.02.08 (Sat)

今週前半は、先週からのアレルギーを引きずり、ボーッと動いているだけな感じでした。やっと鼻の調子が普段どおりになり、打ち合わせや講演やその準備にいろいろ。

そのうち、原稿の締め切りが二つ近づいてきて、そろそろ取り掛からないと…という間に、週末の講演の準備。準備というか、あまりの天候に経路確認等々、やってることは旅行会社のプランナーのよう。走ってみても、今ひとつな一週間でした。

とはいえ、風邪でもなく、食欲だけは減退せず、体重を少しばかり増やしました。

来週の日曜日は京都マラソン。今回も、奈良マラソンと同じく、調整不足は否めませぬ。アレルギーがいつ再発するかとヒヤヒヤ。おまけに杉山近くを走る花粉をもらいに行くようなコースでもあります。なんとか無事にゴールできることを目標にしてます。

 
23:11  |  日々の出来事  |  Comment(0)

今宵、ようやく復活

2014.02.03 (Mon)

2014020301.jpg
先週の中頃から、急に体調が悪くなり、金曜日にはクシャミ、鼻水が止まらずの状態に。おまけに、胃の左や盲腸の奥や右肩胛骨内側など、身体のあちこちが痛くなる症状も。全身にわたる倦怠感で、ジッと作業するのもシンドイ状況。

こりゃ風邪かな?と思って寝込んでみても、一向に症状は良くならないし。おまけに週末なので、医者も開いてない。近所のマツモトキヨシへ行き、とりあえずの鼻水止め薬を手に入れてなんとかしのぐものの、今度は猛烈な喉の渇き。そして副作用によるダルさで身体はフラフラ。週末は、生気が抜けたような状態でした。

今朝、耳鼻科へ行くと「風邪じゃないですね。鼻炎ですよ」との診断。聞けば調剤薬局のお姉さんもまったく同じ症状だったそうな。気温の上下が激しくて、それに伴ってアレルギー要因がブワッと巻き上がったのかも。耳鼻科で処方される鼻炎薬はあんまり眠たくもダルくもならず、身体に合っている感じ。

耳鼻科から帰って、第48回スーパーボウルを観戦。「一度はチャンピオンにさせてやりたい」と応援していたシアトル・シーホークスの勝利!しかも下馬評をひっくり返しての圧勝!やっぱりスーパーボウルはディフェンスの強いチームが勝つというデータは正しかったんですね。

これで気をよくしたのか、夜になると、かなり症状はマシになり78%くらいの状態でほぼ平常状態。なんとかアレルギーの山を越えました。毎年、季節の変わり目にドンとくるんだけど、たいていはまる一日過ごせば復帰できてました。今年は、かなり長い時間グズってました。シンドかったぁ。
 
22:09  |  家事・子育て  |  Comment(0)
 | HOME |