発電開始!初日は順調!

2014.01.31 (Fri)

2014013101.jpg
本日、午前9時半過ぎから、ソーラーパネルによる発電が始まりました。今日は、天気もよくて、自給率170%くらい。とはいえ、ひとたび雲にかかると途端に発電量が下がるのが太陽光発電。上がったり下がったりする水色の棒グラフを、しばらく楽しんでました。

一昨日の画像では、真ん中のボタンがオレンジでしたが、今日は青。これはオレンジは買電中で、青は売電中のサイン。今日は日中ズッと売電中でした。

ちなみに、一番発電するのは5月なんだそうな。真夏はパネルの温度が上がって発電効率が落ちるらしい。なんとモッタイナイ。いや、これはきっとなんかの策略に違いない。

ところで、今週火曜日くらいから、鼻水がズルズル、クシャミも出るように。風邪かな?という心当たりもあるけど、もっと悪い予感はアレルギー。もう?という感じだけど、東京では花粉飛び始めの宣言があったらしいし、こっちでも飛び始めているのかもしれません。やっかいなシーズンに入ったもんです。むしろただの風邪の方がマシです。
 
22:45  |   |  Comment(0)

足場撤去

2014.01.28 (Tue)

2014012801.jpg
ソーラーパネルの設置が終わり、今朝は足場の撤去。午前中いっぱいかかるかと思いきや、約1時間で撤去終了。なんともアッサリ。設置時は、停めているAQUAを移動させたけど、撤去時は移動も不要と。

ソーラーパネルの写真を!と思ってみたけど、南隣の家がかぶってってあんまり見えませんなぁ。ま、「乗せてるで!」と見せるもんでもないし。

今日は、記録ブログ。もしもGoogle Earthに写る我が家にソーラーパネルが写っていたら、それは2014年1月28日以降の画像だと判別するための記録になりそう。
 
21:21  |   |  Comment(0)

ソーラーパネルが屋根に乗った

2014.01.27 (Mon)

2014012711.jpg
(画像は発電量が少ない試運転中のもの)
朝からの作業で屋根の上にソーラーパネルが乗りました。午前中は、パネルを乗せるフレームの設置。そして、午後からいよいよパネルを設置。普段は、自分の上の階に誰かがいることはないのですが、今日だけは頭上のアッチコッチで足音。

2014012708.jpg
パネルはリフトで持ち上げられていました。ケーブルカーみたいで見ていて楽しい。

2014012709.jpg
室内のブレイカーの横には、エネファームのスイッチと、そして今日取り付けられたソーラーパネル用のスイッチ。ギリギリで並べられました。

2014012710.jpg
外にはパワーコンディショナーがドンと。あっちこっち機材が付け足されています。電気のメーターも新しく大きいモノに変わります。

モジュールなんかがゴテゴテくっ付いてきて、我が家はいつのまにか多層壁になりつつあります?少なくとも屋根の南面は、ソーラーパネルとガルバリウム鋼板の二層構造になりました。これで、夏の屋根焼けが少し減って涼しくなるかなぁ?

今日は、天気が良くてヨカッタ。雨が降り出したりすると、延期になるところだったし。
 
23:49  |   |  Comment(0)

中央本線勝川駅まで行って帰って

2014.01.27 (Mon)

2014012705.jpg
昨日、講演の仕事で愛知県春日井市まで日帰りしました。中央本線勝川駅までの往復。

名古屋駅の中央本線ホームには国鉄顔の211系5000番台が待ってました。この電車は、予定よりも一つ早い各駅停車。これに乗ると、少しだけ早く会場入りできるなぁと思っていると、反対側に次発の快速が入線。

2014012706.jpg
かつて「セントラルライナー」として使われていた313系8000番台。ちょっとだけ他の快速車輌よりもシートピッチが広かったりする車輌。もともとこっちの電車で行く事になっていて、お迎えもこれに合わせた時間だったので、少しだけ後から出発するこっちに乗ることに。

2014012707.jpg
ドア横のこういう壁に、風や雪の強い地域の特徴がでていると思います。名古屋から勝川なんて、本当にすぐだし、快速と言っても各駅停車との停車駅差は一駅だけだしノ〜ンビリ。

2014012704.jpg
さてさて、帰りの名古屋駅の新大阪博多方面行き新幹線ホーム。広島行きが二つ並んで表示されているのをウレシがって撮って気付いたのが、東京行きの新幹線車両がピッカピカでキレイなこと。

2014012701.jpg
よく見ると…改造N770「A」!もともと普通のN700系だったのをアドバンス化させたリニューアル車。小さい「A」マークが特徴。

2014012702.jpg
そして、僕が乗る「のぞみ」が入線すると、こちらは生まれた時からアドバンスなN700「A」!大きい「A」マークが特徴。いずれは「A」が増えて見かけることも多くなるはずですが、今のところはまだ少数派ですのでラッキー感ありです。

2014012703.jpg
新幹線を撮った名古屋は晴れていたのに、関ヶ原を過ぎて滋賀県北部に入ると、雪混じりの強風!そして、そこを過ぎて京都に着くと、また晴れ間。逆に言うと、あの区域さえ外せばもっと遅れのない新幹線が可能だったのかな?と思ったり。行きも帰りも新幹線の僕の横の席は空いていました。たまたまそういう時間帯だったのかもしれませんが、わりとユックリした車内でした。
 
10:11  |  旅行  |  Comment(0)

足場が組まれた

2014.01.25 (Sat)

2014012501.jpg
今日の午前中、我が家の南半分に足場が組まれました。

周囲からも「なにが始まるん?」と言われていますが、
ソーラーパネルが乗ります。

今日は足場だけで、月曜日にパネルが搬入されます。

足場が組まれた=ジャングルジム化されたということです。煙でなくても登りたくなるのは当然(いや、それはアホやからとチャウか?)。スルスルスルッと登ってみると、簡単に上の方まで…

で、考えたんです。
これってもしかして…

泥棒さん、いらっしゃ〜い状態?

窓の鍵を確認して回ったのは言うまでもない。
 
22:26  |   |  Comment(0)

京都マラソンは最後尾スタート!

2014.01.23 (Thu)

2014012301.jpg
京都マラソンのナンバーカード引換証が届きました。

開けてビックリ!僕のナンバーは最後尾の「K」グループ。前の奈良マラソンが「H」グループでスタートまでに8分48秒。参加人数と、一グループの人数がわからないのでだいたいの予想だけど、「H」よりも後ろの「K」はスタートの号砲から、おそらく12分〜15分、もしかすると20分くらい遅くスタートする感じではないかと。

42.195kmの中でその程度なら…と思いたいところだけど、京都マラソンはどういうことか、6.1kmというかなり早い段階で最初の制限時間関門があって、そこの通過が10時07分。6.1kmを1時間7分で走るのは普段ならまったく問題なし!だけど、スタートの遅れと遅い集団(おそらく7分/kmくらい)の中で走ることを考えると、15分遅れのスタート以降なにも問題がないとしても第1関門の通過は57分後。集団転倒という速いグループにはないアクシデントも起こりうるなか、無駄なペースアップをせず第1関門を通過できるやろか?と気になります。

先日の高槻シティハーフで1時間台のタイムだったし、こりゃ京都マラソンでも5時間切りどころか4時間半も狙える!と意気込んでいたところ、思わぬ落とし穴が待ってました。トホホ。

でもまぁ、出るからにはあっちこっちキョロキョロしながら楽しんで走ります。マラソンの楽しみはタイムだけではないのだ!とはいえ、もちろん連続自己ベストの更新は狙いにいきますけどね。
 
18:16  |  ランニング  |  Comment(0)

加奈子の気になる日本語

2014.01.22 (Wed)

「決めれん」…楽天・田中のツイート、米国で波紋
田中マーくんの「決めれん」がアメリカでの所属チーム先を巡って波紋を呼んでいるようですが、このニュースを見た瞬間、加奈子は「あらららぁ〜」と顔をしかめたのでした。

そして、「決められんが正解やなぁ」です。「ら」抜き言葉に対してとても敏感。5000万円で辞めた都知事が「出れる」と言った時など、「この人、ホンマに作家?変わりの人が書いてたんとちゃう?」という反応。

「ら」抜き言葉の他にもう一つ。「すごいウレシい」という表現。「すごくウレシいならエエんやけどなぁ」と。こっちのほうは「ら」抜きほどキツくはない。

いずれにしても、テレビに映る男前もイイ感じの女性も、「ら」抜き一発で、加奈子の評価はガタ落ち。「チャンとした日本語を学んでない。アホや」とすごいキビシい(←ブブーと鳴らされます)。

加奈子が「ら」抜き言葉がアカンと知ったのは、『日本人の知らない日本語4 海外編』を読んで以降です。日本語を学ぶ外国人がもつ、素朴な日本語にまつわる質問に答える形の、目からウロコな内容がイッパイの本でした。
22:33  |  家事・子育て  |  Comment(0)

加奈子と淀川国際ハーフマラソンに出ます!

2014.01.20 (Mon)

2014012001.jpg
昨日、高槻シティハーフマラソンが終わったばかりだというのに、またまたマラソンの話ですが…

3月21日開催の淀川国際ハーフマラソン
の「ファミリー3km」に、
加奈子と参加する申し込みをしました。

前日の20日が卒業式なので、卒業記念にマラソン!です。運動嫌いというよりも、そもそも出無精の加奈子が、なにゆえ「出るよ!」と言ったのかは謎ですが、気が変わらないうちにトットと申し込みました。

どうやら、冬休み中にランニングをする予定だったのが、全然走れてなかったことを担任の先生から「で、いつ走るンやぁ?」と突かれてるらしく、「マラソン大会に出る」と言えば先生も黙ってくれるかな?というコンタンらしい。

3kmということは片道1.5km。通学路が片道2km弱なことを考えると、それほど無茶ではないと思うし、マラソンと言っても3kmは時間制限がないから、ジョギングでもいいし僕が付いて走れば大丈夫かな?と。「マラソン大会に出るってこんな感じ」を父娘で共有できればエエなぁと思います。いつか一緒に出て走れたらエエなぁと思ってたので、近々実現しそうなのはウレシい。

しかし…移り気な加奈子のことだし、果たして、無事にスタートまでこぎ着けるんだろうか?というところが気になります。
 
21:34  |  ランニング  |  Comment(0)

高槻シティハーフマラソン完走しました

2014.01.19 (Sun)

2014011902.jpg
高槻シティハーフマラソン、無事に完走しました。

2014011901.jpg
天気予報で伝えられていたとはいえ…朝起きると雪!北国の人ならこのくらいの雪で驚くことはないと思うけど、朝日が昇ってからも降り積もる雪に、「今日はもうやめようかな?」と半分くらい思ってました。京都から大阪に入るころには雪雲もなくなり晴れ間も。

ところが、スタート前にはやっぱりどんより分厚い雲。風もあって体感気温はどんどん下がるなかスタート。スタート前にトイレに行ったものの、いつまでも出続けるし、出しても出しても尿意というトホホ…状態。とはいえ、ひとまず走り始めると、尿意は停まるモノ。

途中で、後から「頑張って!」と背中をポン。誰かと思ったら、ゲストランナーのエリック・ワイナイナさん。いやもぉ〜歩くように走ってるんです。一瞬「付いていけるかな?」と思ってしまうんですけど、背中を撮ろうと追いかけたらアッという間に離れていってしまいました。

2014011903.jpg
そんなマラソンの途中で、一瞬だけ日が差しました。その瞬間をパチリ☆。新幹線の高架をくぐる時もパチリ☆

2014011904.jpg
タイムは1時間56分39秒でした。手もとのRunkeeperでは1時間57分13秒で、平均5分30秒/kmジャストでした。意外とペースが落ちず、最後まで元気に走れました。10km地点でトイレに寄った時はペースが7分40秒/kmに落ちてました。そのほかは、だいたい5分10〜30秒の間でした。

ハーフマラソンでこのタイムということは…フルマラソンで4時間切り!!と簡単にいかないところがマラソンなんですけどね。とはいえ、ハーフの記録としては、思った以上のタイムが出せました。これで、次の京都マラソンは4時間半も!と思うんですけど、やっぱりトイレと寒さが気になります。

いつになく頑張ったせいか、家に帰って風呂に入って洗濯したらもうグッテリ。晩ご飯は加奈子と2人でジンギスカンを!と思ってたんだけど、その元気がなくて、急遽レトルトのカレーライス&ハヤシライスに変更。買っといてヨカッタ。きっと京都マラソンの後も、こんな感じでグデングデンかも。やっぱり寒いのは苦手です。暑いくらいの方が、僕には向いていると感じました。

「高槻シティハーフマラソン」について、重要なことを書き忘れていました。ゴール500m手前にある有名な「ランナーズストップ」。僕は引っ掛からずに素通りできました。僕の周囲は全員スルーでした。むしろ引っ掛かる方が貴重かもしれません。
 
20:40  |  ランニング  |  Comment(0)

今日も会報委員会

2014.01.16 (Thu)

2014011602.jpg
年度末のPTA会報誌のリリースに向けて、今日もPTA会報委員会。年度末号は、特集として各委員会の活動報告のような内容をそれなりの形で残して、来年度にPTA役員に当たった人達の参考にしてもらおう!という予定です。

各委員会へ取材にいってもイイんだけど、「こんなコトした、あんなコトもした」は時間をかけて思い出したり調べてもらったほうが、「そういや、こんなコトもしたんだった!」と後から出てこなくていいという結論になり、質問紙に答えてもらう形にすることに。そうすると、先週の実行委員会(各委員の委員長と副委員長、本部役員が集まる)で配ればヨカッタ!と今さらながら気付いた次第。

その質問紙の中で、「○○委員でよかったこと・苦労したこと」という項目を作りました。「はてさて、自分はどうだった?」と考えてみるに…

会報委員でよかったこと。
各委員会主催のイベントも地域のイベントも、とにかく委員会やPTAの枠を越えて、いろんなことに参加できて、親同士だけではなく、子どもたちとも、先生方とも接する機会がたくさんあって、学校や地域のことをよく知る機会になったこと。いろんなイベントで、他の保護者よりも一歩も二歩も前でかなり自由に写真撮影ができること。活動自体が会報誌や壁新聞として形に残ること。

苦労したこと。
これは会報委員でなくても同じだと思うけど、メンバー間の連絡。平日午前中の委員会はなかなかでられない人もいるし、メール連絡もPCの人もいればスマホの人もいるし昔ながらの携帯の人も。同じ原稿チェック用のデータを送っても、見られる人と見られない人がいたり。それと、取材や作業のスタッフ割り振り。そして原稿内容のチェック。とくに最近は個人情報云々がキビシくて、あちこちのチェックを受けないとリリースできないから、チェック時間を考慮したスケジュール運用がとってもキツかったこと。

これだけの内容を盛り込むと、すでに掲載枠イッパイになりそう。

僕個人のよかったことは、平日の昼間に大人と会話ができること。たいていは一人で過ごしているから、話をしたり聞いたりする時間はとっても貴重。そんな貴重な時間が、月一回とはいえ確実にあるというのはエエもんでした。委員会の話だから、結論を出したり決定しないといけないこともあるけど、それ以外は他愛もない話。今日も委員会の後半は、「背の高い女性って…」という長身の(和子さんよりも背が高い)ママさんの、これまでの苦労話に「へぇ〜」「そんな苦労が…」などなど。これはこれでオモロい話でした。
 
22:28  |  家事・子育て  |  Comment(0)

中学校の入学説明会に行ってきた

2014.01.14 (Tue)

2014011401.jpg
加奈子が進学する予定の(何が起こるかわからんので)地元の公立中学校の入学説明会に行ってきました。

そうでなくても寒い日に、寒い体育館での入学説明会。説明する中学校の先生も寒かったのか、1時間弱で終わってくれてホッでした。

印象的だった説明がいくつか。
「○年前から落ち着きまして」「(○−1)年前に赴任してきて以降」と、やたら「○年前」が出てきたこと。そうとう苦労されていたようです。僕が中学生の頃は、ツッパリブームやなめ猫の時代。今よりももっとわかりやすいバイオレンスな荒れた時代でした(+土地柄ってのもあったと思う)。窓ガラスがバンバン割られ、卒業式には警察もやってくるという大荒れの中学でした(隣校はもっと荒れていたとの噂)。アレを経験した僕の恩師の皆様方も、きっと同じように表現していたんだろうな。

相変わらず、校則はオモシロい。
「不要な物は持ってこない」の例が、お菓子・携帯電話・ゲームは、良いとして、漫画になると、例えば受験参考書はかなり漫画化されていますしギリギリでしょうね。そしてライター・エアガン・ナイフ等という記述も。持ってきた生徒がいたんでしょうかね?

携帯電話については、その使い方で、かなりトラブルが起きているという話でした。とくに「LINE」の扱いについて、公開の設定によるトラブルや、いわゆる「既読」にまつわる問題等。ニュース番組なんかでも言われている問題ですね。今は僕も「LINE」くらいなら付いていけますが、そのうち付いていけなくなるかもです。僕は「使うな」ではなく「使われるな」を教えたいです。

頭髪や装飾品等についてもオモシロかった。久しぶりに「そり込み」という文字を見ました。そり込みをする生徒って今でもいるんでしょうか?刈り込み(っていうのかな?)は、たまに見かけますけど。「オーデコロン」という文字も久しぶりに見ました。

パーマ・染色・脱色については、なかなか難しい扱いになるのでは?加奈子の通う小学校にも欧州系の生徒がいたり、アジア・アフリカ諸国からの生徒もいます。国際機関の住宅が校内にあって、子どもも国際化しています。その子達も地元の中学校に上がるとなると…オリジナルな色や毛質であれば良いという方向かな?ピアスも単なる装飾ではない地域もあるし、扱いは難しいでしょうね。

「清潔感ある中学生らしい頭髪」という表現は、多様化に対する現実へのクッションになるけど、校則運用側の裁量も与え、気分次第でいくらでも変えられるという、どこぞの国の保護法みたいになっている気がします。価値観の多様化といわれて既に数十年が経ちます。国際化も確実に進んでいます。メンドウでも決まり事は明文化しないと「らしさ」だけでは伝わらない時代になっていると思います。

昼休みや休憩時に「他教室への入室は認めていません」というのもオモシロい。廊下や屋上や部室がインタークラスやインター学年な集いの場になるということか。なんだか教室という閉鎖ムラ社会形成にも似た内容で、社会学的には非常に興味深い。

一番印象に残ったことは、壇上で説明する教務主任や生活指導担当の先生が、みんな若い!昔は、ベテランの先生がそういう役割を担っていた気がします。言ってみれば名誉職的なポストだったのかもしれませんが、今は「動ける人が」なのかもしれません。男性の先生ばっかりでした(これはたまたまかな?)。
 
17:24  |  家事・子育て  |  Comment(0)

MagicTrackpad復活?!

2014.01.13 (Mon)

2014011301.jpg
一昨日「壊れた」と記事にしたMagicTrackpad。

部品は残っていたので、セロテープでとりあえずくっ付けてみたら…使えた!

こんなツギハギなのに、クリックはちゃんとできる!
セロテープで行けるところまで引っ張ってみます。

作りがシンプルだから、部品さえあればなんとかなるんだろうな。

 
22:48  |  PC  |  Comment(0)

PTA行事

2014.01.12 (Sun)

2014011201.jpg
お昼前から地域の少年補導委員会が主催するイベントに、小学校PTAからもお餅をまるめたり、大縄跳びやらバンブーダンス、ジャンボあみだくじなどの演し物に参加していて、PTAの全委員会出場で委員88人がスタッフ参加するという一大イベント。

僕は後半参加だったのですが、いつものように会報用の写真を!と思いチョット早めに参加。11時過ぎに運動場に着くと、日は照って暖かいし地面はシットリしていてホコリっぽくもなく「今日は天気はラッキーでしたねぇ」と前半組の人達と喋っていました。ところが、12時半を過ぎた辺りから日が陰り、風も出てきて、一気に気温は降下。一転、めちゃアンラッキーな後半組になってしまいました。

こういう学校イベントもそうですが、参加する子どももだいたいメンバーが固まってきた感じです。加奈子のクラスメイトは、女子の参加率がわりと高くて「あ!加奈子のお父さん!」と声かけてくれたりします。とうの加奈子は出無精炸裂で、「お友達けっこう来てるで」と電話しても留守番を決め込んでおりました。加奈子のクラスの男子は数人見かけた(それもPTA役員の息子達)だけだったかな。女子の方が社交的?

14時のイベント終了時には身体が冷え冷えになるくらいだったけど、とにかく大けがする子もいなくてホッでした。もうあと、ちょっとの小学校生活。今日も卒業対策委員会(6年生のPTA役員は自動的にこれも当たる)のスケジュール確認が合間にあったり、なにやら年度末に向けてバタバタな予感です。
 
18:32  |  家事・子育て  |  Comment(0)

Magic Trackpadが壊れた

2014.01.11 (Sat)

2014011101.jpg
買った時から、クリックからの戻りが悪かったMagic Trackpad。とくにドラッグすると、いちど本体を持ち上げてやらないと戻らないという、なんとも不便な使用感でした。使っている人のたいはんは「快適」とレビューしてるので、僕のはハズレだったんだろうな。

だましだまし使ってたんですが、8日にとうとう裏のポッチが取れてしまいました。中身はクリックを関知するボタンとそれを包むゴムカバー。

使い始めて1年以内なんだけど、保証書が見当たらない。もしかすると、買ってすぐに捨ててしまったのかも。保証書が行方不明=シリアルナンバーがわからないのではどうしようもない。

MacBook Proは2009 Midモデルで、2009年の12月から使い始めているから、こっちもそろそろ限界かな。MacBook Proは本当によくもってくれたと思います。

長くもつものもあれば、短い期間しかつかえないものもありますね。次はいいのと巡り会えますように。
 
22:29  |  PC  |  Comment(0)

高槻シティハーフマラソンの参加証

2014.01.09 (Thu)

2014010901.jpg
一昨日、高槻シティハーフマラソン(リンク先はPDF)の参加証が届きました。11月の神戸マラソン、12月の奈良マラソンに続き、今月19日は高槻市のハーフマラソン。そして来月の京都マラソンで今シーズンは終わり。

19日がハーフマラソンの開催日だから、あと10日。お正月も激太りせず乗り切れたので、とりあえずOKでしょう。ハーフははじめてなので、距離感も今ひとつピンときていません。10kmのペースで倍の距離を走るとたぶん途中で失速するだろうし、かといってフルのペースで半分の距離と考えると、制限時間に引っ掛かってしまいそうだし。

10km、30km、フルマラソンの経験はあるので、これでハーフが加わると、各距離を経験したことになります。残るは100kmウルトラマラソン?
 
22:11  |  ランニング  |  Comment(0)

雨の日のお楽しみ

2014.01.08 (Wed)

2014010802.jpg
今日は一日中雨でした。新年に入って初めての傘さし登校。

そこで、年末に買って出番を待っていた、この黒い傘の登場!

なにやら、模様が見えます。六文銭に、その右は三つ亀甲に三葉、さらにその右は立葵。六文銭の左三葉葵!戦国武将の家紋じゃございませんか。

十三詣りの後で立ち寄った嵐山の土産物屋で買った傘(日本サムライ刀傘折り畳み YS-024)です。

2014010801.jpg
傘の持ち手はこの通り。シャキーン☆という音が聞こえてきそうです。

持ち手は楕円なのですが、この方がもちやすいし、鍔があるのでギュッと握らずとも軽く握るだけで傘が持てます。案外、この日本刀の柄型の持ち手は傘に向いているのかもしれません。

加奈子は、「男子にチャンバラ遊びに使われて、壊されれたりせんやろか?」と心配してましたが、京都の子どもはこの手のグッズは見慣れているのか、いたって普通な反応だったようです。

加奈子は、雨に濡れると浮かび上がる隠れた家紋を見付けて喜んでました。これで雨の日もちょっと楽しく登校できそうでヨカッタ。
 
22:32  |  家事・子育て  |  Comment(0)

「ごちそうさん」を見て思った天才と言い訳と普通

2014.01.07 (Tue)

2014010702.jpg
(画像は学研「現代新国語辞典」金田一春彦、金田一秀穂編より)

ごちそうさん」を熱心に見ている加奈子。今週からは、一風変わった娘のふ久が登場。

そのふ久が「月が空に浮かんでいる様子を見て、空に浮かぶ石を見付けようと、小学校の2階の窓から小石を投げ落として同級生に怪我をさせる」「煙草の煙が上へ上がっていく様子に興味を持ち、自分でも煙を起こそうと考えて勝手に焚き火をして小火騒ぎになる」(Wikipediaより)など、なかなかユニークな行動をするのに、加奈子は興味津々。そのふ久を見ながら、「天才とはどんな状態なん?」という加奈子の質問。素朴だけど凡人には絶対に答えられない質問。難題だ…。

で、そのふ久へのめ以子の態度に加奈子は「ちゃんと子どもの言うことに耳を傾けな!」とお怒り。そこで過去に「言い訳するな!」という某教師から言われたことへの不満も吐露。「パパは学生が遅刻してきても、『なんで?』という言い訳を聞くって言ってたけど」とも。

僕の見解では「言い訳するな」は封建時代の主従関係や徒弟関係での規律。師匠の言うことやすることを、いかに忠実に再現するか?が大切な要素。ところが現代は、たいはんがそういう体制ではなく、学校教育で学ぶ。読み書きができれば、本を読んで1人ででも学習できる。そして、正確に読んだり聞いたり、そしてわかりやすく伝え、価値を作り出せるかが大切な要素。「言い訳するな」では、伝える力は鍛えられない。今、社会では説明責任を問われる。

話は「ごちそうさん」に戻るが、「普通であって!」というめ以子の気持ちもわからないでもない。でもでも(否定接続詞の連続)普通じゃない両親から生まれた加奈子に「普通であって」と親が願うのは端から無理があるし、そもそも「普通であって!」と思う部分がどのくらいか?と聞かれると、答えに困ってしまう。つまり「普通」がよくわからないのです。今の時代の「普通」の定義は、とっても難しいと思います。それが困った問題なのか、それとも「そんなもん」なのかは、人によって違うでしょうけど。

 
22:18  |  家事・子育て  |  Comment(0)

冬休み最終日は

2014.01.06 (Mon)

2014010602.jpg

2014010601.jpg
コツコツ型の加奈子は、夏休みや冬休みの宿題はわりと計画通りに終わらせるのが普通でしたが、この冬休みはどうしたことか、最終日の今日の夜までエンジン全開で宿題を片付けていました。昨日の記事には和子さんがエンジン全開と書きましたが、加奈子もエンジン全開です。

その理由は、「歴史年表」の作成にものすごく時間がかかったためです。年表は一番簡単にするには年数の横に出来事を数行書けば良いだけ。ところが、加奈子の年表は、家系図あり、似顔絵あり、その他のウンチクありの盛りだくさん。資料も教科書だけではなく、パソコンや高校生向けの日本史資料集なんかも引っ張り出してきて、「どれが正確やの?」と読み比べて記入しているので、そりゃもう時間がかかるかかる。

これは、僕もこんな感じでした。得意な分野は凝りに凝ってしまい、時間や労力の配分まで頭が回らず、最後にトホホでした。でも、僕はこれは子どもの特権だと思います。好きなことにとことん時間を費やせる。これがあればこそ、勉強の中には楽しいジャンルもあるんだと実感できるのだと思います。一つ楽しいことが見付かれば、きっと二つ目三つ目も見付かるはず。楽しいことも時間を決めてコントロールするというのは、自制心が働いて立派なことだとは思いますが、それは大人になるとそうとしかできなくなります。「やりたいことを、好きなだけやってみた」は、モノによっては端から見るとアホっぽく見えることもありますが、その満足感は本人にしか得られないものだと思います。加奈子の小学校最後の長期休みは、こんな感じで暮れていきました。

明日は寝坊せずに起きられるんでしょうか?
 
22:18  |  家事・子育て  |  Comment(0)

アイドリング中?

2014.01.05 (Sun)

和子さんが正月ダウンから復帰し、昨日は家族そろって初詣に出掛けた我が家。
今日の和子さんは徐々にアクセルがONになってきた模様。

昨日の「毎朝歩こうと思う」はお昼過ぎになったけど、2㎞チョイの道を上ってきたそうな。さっそくスネの下が筋肉痛とか。で、さっそく近所のストレッチに行ってました。

起き上がったと思ったら、いきなりアクティブモード。明日からのエンジン全開モードを前にアイドリング中のようです。
「なんか正月休みは短かったわぁ」
「そら、寝込んでた数日分がとんでしもてるからなぁ」
「あ、そうか…」
「モッタイナイ話やでぇ」

今夜は久しぶりに「サザエさん」の時間に家族揃って晩ご飯を食べました。
明日は和子さんのスタート。
明後日は加奈子のスタート。
やっと主夫時間が戻ってきます。
 
22:42  |  日々の出来事  |  Comment(0)

やっと初詣

2014.01.04 (Sat)

2014010501.jpg
1月4日になりましたが、やっと家族揃って初詣に行くことができました。例年は三が日の中で初詣に行くのですが、ことしは恒例の和子ダウンが長引いたのもあって、4日の今日御香宮にお詣りしました。さすがに、初詣の行列も短くて待ち時間も短く寒い日の参拝には好都合。

そして和子さんは初詣に際し、決意を新たにしたのか、「今年も?」の今回で懲りたのか、はたまた言ってるだけなのか「やっぱり毎朝、歩こうと思う!」とゆ〜てました。試しに、初詣の御香宮からの帰り道、桃山城方面をまわり、桓武天皇陵から家に帰ってルート探索しました。ウチから桓武天皇陵が徒歩約10分。往復20分に坂の上り下り。ゼロからのスタートにはいいと思います。とにかく続けるコトが一番!頑張ってもらいましょ。
 
15:14  |  日々の出来事  |  Comment(0)

気を遣いつつパーティー!

2014.01.03 (Fri)

昨日は義父母宅の新年の集まりに。昼間っから飲む。飲むと言ってもビール数杯。あとはひたすら喋る。義兄が塾経営者なので、教育論もチラホラ。それにも負けず、義母の「もっと食べてや!」「まだあるで!」「おかわりいかへんのか?」攻撃がスゴ過ぎて…。(和子さんの)甥っ子が「じゃぁ半分くらいで」「チョットでエエし」が山盛りになっているのを見て、「まだまだやノォ」と伯父は思ってしまうのであった。

今日は「友だちの友だちは友だち」パーティー!元お隣さん繋がりでググッと広がったユニークな皆さんの飲み会。こっちは飲み助ばっかりなので、飲む飲む飲む×5くらい。唯一の歯止めは、加奈子連れなので、「連れて帰らなアカン!」の気持ちだけでへべれけを超えずにすんでいる程度。

加奈子と宴たけなわ状態から家に帰ると、毎年恒例の「元日ダウン」をしていた和子さんが「もぉ大丈夫!」と起きて一人時間を満喫中でした。まぁ、そんな時間も必要やな。

さて、明日は4日。おせちも今日、食べ尽くしたし、いよいよ平常の家事運転が始まります。とりあえずカレーライスくらいから?
 
22:01  |  日々の出来事  |  Comment(0)

今年もよろしくお願いします

2014.01.01 (Wed)

2014010101.jpg
新年あけましておめでとうございます。

大晦日の夜は、紅白歌合戦のあまちゃんスペシャルに感動しながら…ではなく、NHK BSプレミアムでやっていた「Back To The Future」の3部連続放送を18時20分から年越し0時10分頃まで見ていました。気が付いたら新年!でした。

我ら家族はご存じの人もいるかと思いますが、家族3人で映画を観るという機会がものすごく少ないので、こうやって3人が同じ映画を見続けるというのはものすごく珍しいことです。もしも紅白を見ていたら、きっとどこかで誰かが寝てしまったり、どこかから誰かが居なくなったりしていたと思います。そういう意味でもBTTFはスゴイ!

「Back To The Future」には、一度捕らえたら画面から目を外させない流れや楽しさがあります。ストーリーなんて、何度も何度も見て覚えているのに、それでも見続けてしまいます。もちろんNHKだから間にCMが入らないから、映画と映画の合間の数分だけが休憩&トイレ。それでも6時間見続けることを苦にしないエンタメ!素晴らしい!そしてそれに耐えられる映画がイイ映画といえるでしょう。

映画が終わってから「あけましておめでとうございます」と家族で挨拶し、それから睡眠。そうなんです、加奈子は起きたまま日付を越えた人生最初の日になりました(ただし国際線機内での日付こえは除く)。いずれは初徹夜なんて日も来るんでしょうけどね。

2014010102.jpg
新年の朝は、僕の郷里の香川県の雑煮であるあん餅雑煮を、まだグッスリ睡眠中の加奈子を残して夫婦だけで食べました。

毎年、高松から届いたあん餅はすぐに冷凍して、食べる前に解凍してから雑煮に使っていました。今年は、届いたその時に試しに生であん餅を食べてみたら、これが美味しいんですよ!「だったら冷凍させずにそのまま食べようじゃないの!」ということで、「美味しいうちに頂く」意味で年末から雑煮を食べております。あん餅はリビングの隣の和室をできるだけ低温に維持することで、常温保存しています。あん餅が届いたのが、12月29日なので今日で4日目ですが、まだまだ美味しいあん餅です。残りわずかになってきました。

雑煮を食べ終わってから軽くランニングで走り初め。軽くのはずが10km越えて走ってしまいました。今朝は時折晴れ間ものぞき、おまけにここ数日の寒さがウソのように暖か。足も軽やか。この調子で2月の京都マラソンまでいきたいモノです。

帰ってきたら、加奈子も起きてたのでおせちのお重を開けることに。ここ3年、おせちはよく行く割烹料理屋「和久」のおせち(一般販売はしてないようです)。以前は、「明後日二人お願いします」でいけた店ですが、今はかなり前から予約しないと席がない、まさに「予約の取れない店」になってしまいました。おせちで久しぶりに和久さんの得意のだし巻き頂きました。

今年は金柑が入って彩りも鮮やか!野菜と魚が中心で、肉系というと鶏肉くらい。ずっと続いてきた日本の料理ばかり。牛や豚などの四つ足動物の肉が入っていないというのにも伝統を感じます。「日本の伝統を大切に!」と言いながら「好物は焼き肉」というどこぞの★★に見せてやりたい!(と、正月早々毒を吐いております)。

最近は、加奈子もおせち料理の味がわかるようになってきたみたいで、「これはなにかなぁ?」とまずは名前を調べ、材料を調べながら「これは美味しい!」「これは大人の味」と少しずつチャレンジしています。和久のおせちは、いわゆるおせち独特の濃い味付けが少なくて、とっても美味しいです。僕は、一般に売られているおせちやおせち食材の濃い味が苦手で、全然美味しいと思えないし、そもそも身体が受け付けません。いっそ、雑煮だけでエエやんか!と思っていたところに、ご縁があって和久のおせちを食べるようになり、もともとはこういう味付けだったのか…と知ることができました。

走るようになってから、あんまりお酒を飲まなくなりました。本当にチョビットだけで十分酔えますし、食べる量もガタッと減りました。食べなくても十分動けるし、むしろこれまで圧倒的に食べ過ぎていたのがわかってきました。というわけで、おせち料理はしばらく残ってそうな気がします。数日掛けて堪能します。

今年は、4月から連載のサイクルが倍以上+雑誌連載も一本加わるので、少し仕事が忙しくなりそうです。そのための準備やストックを用意して、できるだけ長く続けられるように頑張ります。きっとその頑張りが次を生んでくれる!そんな気持ちを持続しながら、走り続けようと思います。

今年もいろんな人や町との出会いがあることを願っています。よろしくお願いいたします。
 
15:19  |  日々の出来事  |  Comment(2)
 | HOME |