06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

「風立ちぬ」観てきました

2013.07.30 (Tue)

加奈子と二人暮らしの4日目。昨晩、「明日『風立ちぬ』を観に行こう!」と席を予約して、今日の朝一番で観に行ってきました。

ジブリ映画ですが、お子様は観てもほとんどオモシロくないと思います。宮崎駿監督も当初、原作の漫画を映画化するにあたって「子ども向けじゃないから映画化は反対」と言ってたようです。

それと、がむしゃらに何かをしたり脇目も振らず何かをした体験のない人にも、きっと伝わらないと思います。その経験はなんでもイイと思うのです。スポーツでも芸術でも、もちろん堀越二郎と同じく設計や開発などの技術仕事でもいいし、その他の職種でもかまわないと思います。雑念を捨てて寝食忘れて取り組んだ経験があれば、きっとこの映画はオモシロいと思います。

加えて、大正から昭和にかけての時代背景がある程度頭に入っていないと「あの人はなぜ?」「あそこでなにを?」な場面もあります。「関東大震災」「特高」「結核」「サナトリウム」「日独伊三国同盟」くらいはわかって観た方がイイと思います。「ユンカース」がどんな会社かわかると、より楽しめます。でも「シベリア」は何かわからなかった。帰ってから調べました。

席について、「さぁ楽しませてくれ!」「どこで泣かせてくれる?」という感じで観ても、あんまりのめり込めないだろうしオモシロく無いと思います。観る人によって全然違う映画評になっているのは、そこに原因あるのだと思います。最近の映画(特に邦画)独特の「これでもか」という演出で盛り上げていく感じではなく、流れていく中の行間に散りばめられた思いやメッセージがあります。その行間を拾えるのは、先に書いたようながむしゃら体験のある人だと思います。

声優については、映画が終わってから「あ、そういや庵野監督だったんやった」と気付いた程度です。「棒読みだ」という酷評もありますが、僕はあんまり気になりませんでした。理系の人って、本当に棒読みの人いますから。実際、驚きが過ぎると棒読みになることもありますし。むしろ、今どきの映画が過剰に感情表現を盛り込んでいる気もします。

出てきた航空機の数々。カプローニさんの巨大でケッタイな飛行艇「カプロニCa.60」は実在するというオモシロさ。ドイツの巨大な爆撃機「ユンカース G-38」。そして、鉄道好きにもツボはたくさん。そして、映画を通して聞けるキレイな日本語。「うん」ではなく「はい」。家族の間でも敬語が使われるシーンも。言葉に関しては、欲を言うと名古屋での場面にはチョットくらい名古屋弁が登場して欲しかった。地震が到達する描写や時代に垂れ込める暗雲の描写は見事。もちろん荒井由美の「ひこうき雲」もイイ!

“Le vent se lève, il faut tenter de vivre”
 
23:25  |  映画  |  Comment(0)

桃山ふれあいまつり

2013.07.28 (Sun)

2013072801.jpg
留守番2日目は、小学校区の社会福祉協議会主催の桃山ふれあいまつりに加奈子と参加しました。参加といっても、僕はPTAでの役もあったので、そのついでという感じで。加奈子は、「え〜加奈子も行くん?」という感じでしたが、始まってみると大勢の参加者とお友達もたくさん来ていて、「来てヨカッタ」になってくれました。

地元校区のイベントなのに、これまで一回も参加したことがなかった桃山ふれあいまつり。PTA役員に当たったからこそ、参加する機会を得たようなモンです。地域のイベントに参加して、毎朝ランニングの時に会ってたオジサンが地域の役員さんだったことも判明。

2013072802.jpg
子ども向けの工作コーナーがPTAブースでしたが、用意した材料を使い切る盛況ぶり。福引きや飴細工、みたらし団子、風車作りなど、いろんなコーナーの他に、演し物もいろいろ、沖縄音楽のバンドも登場!

アンプ使用の楽器と生楽器の混在ステージを、返しのモニターなしで演奏しきったバンドのメンバーにただただ感服。もう楽器&ボーカルのレベルバランスはバッラバラだったけど、それでも曲の形になったのは「なんくるないさ〜」がベースだから?いやはやタイヘンだったと思います。

2013072803.jpg
ものすごく驚いたのは、桃山中学校吹奏楽部の演奏。演奏がどうのよりも、聴衆周囲。ハンディービデオの数々。撮ってる人のモニターを覗くと、自分の子どもだけをガッチリフォーカス。それが良いとか悪いとかではなく…おそらく撮ってる人は聴けてないと思うんですよ。音はライブが一番イイんですよぉ。

なによりも、吹奏楽部の演奏をビデオカメラで録る人がこんなにいるってコトに軽〜くカルチャーショック。僕が中学生の頃なんて(僕も吹奏楽やってましたので)、どこかで演奏するというのがあっても、録音さえ珍しかったですし。コンクールの時は、大会公認のボチボチ機材の録音チームがいて、各学校にマスターテープが渡され、それを顧問の先生が欲しい生徒にダビングしてくれたものでした。そもそも吹奏楽部なんてのは、運動部や演劇系と違って、ビデオに撮る値打ちなしだったと思うんですけどね。

9時半に家を出て、帰ってきたら13時半。さすがに僕も加奈子も蒸し暑い体育館で消耗したのかグッタリでした。PTAの本部役員さんは、もっと早くから出動して帰りも遅いはず。いやはや脱帽です。
 
23:50  |  家事・子育て  |  Comment(0)

母校ザンネン

2013.07.25 (Thu)

2013072502.jpg
ベスト4まで残っていた母校の野球部。甲子園まであと2つ!やったのですが、2000年に決勝で負けた丸亀高校に、またしても負けてしまいました。甲子園は遠いのぉ。

僕は画像のNHKの速報を見ていたのですが、1回の表がササッと終わったのに比べて、1回裏がなかなか終わらないので、回線が混雑でもしていて更新が遅れているんやろと思って他の用事をしてました。ふと「もう回も進んでるやろなぁ」と思って速報をみたら、やっと1回の裏が終わったところで、なんと11点も取られてるではないの!

なんかの見間違いか?と思ったんですが、「まぁこれからボチボチと点を返せば…」と思ってたのもつかの間。2回以降、両チームのゼロがトトトンと並んだと思ったら、なんと5回コールドで負けてしまいました。準決勝にコールド設定があったとはつゆ知らず。

もしかしたら甲子園?と思ってたんですがザンネン。でもまぁ、なかなかこんなに「どうなるやろ?」「もうそろそろかな?」と地方大会を楽しみにしたのも久しぶりです。楽しませてもらいました。今のチームにはピッチャーが3人いるらしいですが、3人とも2年生と聞いてます。また来年期待してます。春の甲子園でもエエですよ。
 
23:01  |  スポーツ  |  Comment(0)

なんと母校がベスト4に

2013.07.23 (Tue)

なんと!僕の出身高校である高松北高校が、この夏の高校野球の地区予選でベスト4に残っています!

2000年に一度決勝まで行ったことがあったらしいけど(参照元)その時は全然知りませんでした。今回は、去年創立30周年のイベントと同窓会もあり、Facebookなどでの同窓生同士のやり取りが増え、今年の情報もそこから入ってきて知りました。

今年は、エースの塹江(ほりえ)敦哉投手が最速145kmを投げ、しかもかなり安定しているそうです。今日の準々決勝も0点で抑えてました。

野球は最近トンと接する機会がなくなりましたが、もしかして?の甲子園もありうるわけで、僕も少しばかり気持ちが入っています。一回くらい甲子園で母校の応援ができたらエエなぁと思ってましたが、今回はなんだかイケるかも!と期待してます。

次の対戦は、丸亀高校になりました。県内屈指の進学校。頭もエエし野球も強い。2000年の時に甲子園まであと一歩!で負けたのも丸亀高校(らしい)。次の試合は25日13:30〜。その次は尽誠学園と英明という私立の勝者との対戦。とにかく期待してます!( ̄▽ ̄)ノ
 
20:41  |  スポーツ  |  Comment(0)

鰻の産地はデンマルク

2013.07.21 (Sun)

2013072102.jpg
今朝のスーパーの新聞折り込み広告は、どこも鰻!鰻!鰻!でした。土用の丑の日は明日ですが、日曜日の今日の方が派手に売り出している気がします。ちなみに、今年は土用の丑の日が二回あります。明日の7月22日と8月3日です。

せっかくの鰻セールにアレですが、鰻ってのは冬の方が肥えて美味しく、夏の鰻の身はペラッペラ。もともと夏場には売れなかった鰻を売るために、平賀源内が「丑の日に鰻を!」と勧めたとか言われてます。

でも、夏は美味しくない…と言われても、やっぱり習慣は習慣として、あの香りがしてくると「ん〜やっぱり鰻かぁ?」と思ってしまうもの。

今日は、加奈子と二人のうな丼を晩ご飯に食べました。僕は鰻が好きです(でも、もしかしたら、鰻のタレのかかったご飯が好きなのかもしれないなと)。そんな僕も、最近では、めったに鰻を食べなくなりました。なんせ高い!もはや絶滅危惧種?というくらいの数の減少らしいですし。

僕は鰻ならだいたい好きですし、以前は安さにひかれて中国産もよく食べてました。今はその中国産ですら高くなって「もう食べることもないかな?」と思っていたところ、今朝の広告に出ていたのが、デンマーク産!

2013072101.jpg
なぜか北欧と聞くと、無条件に安全なイメージをもってしまう僕は(社会福祉関係の領域にいたからかもしれない)こりゃイッチョ試してみねば!と、さっそく購入。デンマーク国旗をデザインしたパッケージの文字をみると、デンマーク産で静岡加工という本品。身はやや小ぶりで値段はその分お安く、隣で売られていた鹿児島県大隅産の約半額。

もちろん冷凍ものなので、まずは皿に載せ、日本酒を大さじ1たらし、ラップ(僕はレンジ蓋というのを使いますが)して1分間チン☆。すると、フワ〜ッと身が戻り、加奈子も「美味しいねぇ」というくらいの味に。二人で二匹堪能しました。

外の夕焼け雲をみながら「夏だねぇ」と、うな丼を二人で食べるノホホン時間。貴重な時間です。
 
22:04  |  家事・子育て  |  Comment(0)

Let's note SX2 参上

2013.07.19 (Fri)

2013071906.jpg
先日の、「和子さんのPC周りがスッキリ」の通り、なにやら机周りがスッキリしたなぁ〜と思っていたら、デスクトップ機に別れを告げたついでに、新しいLet's note SX2を購入してました。

今まで使っていたLet's noteでも十分速いとは思いますが、それでも高速化への触手が動いたらしく、Let's noteの乗り換えとなりました。

2013071901.jpg
以前のLet's noteに比べると、画面が縦方向にやや短くなっています。スペック上の画面サイズは12.1インチで同じなんですけどね。折れ曲がる回転軸からの距離は新しい方(黒い機体)が、画像の通り短いです。回転軸の構造も大きく変更されています。

2013071902.jpg

2013071905.jpg
そして、Let's note最大の弱点とも思われていた本体の厚さもかなり解消されています。昨今のウルトラブックの中、Let's noteも少し影響を受けたのかもしれません。下の画像なんて、「間が空いてるの?」と思うくらいの高さの差が見られます。

とはいえ、新幹線の車内で見る限り、広げているパソコンと言えば、「ウルトラブックブーム?なにそれ?」と言わんばかりの、Let's noteとMacBook Airの2種類が大半ですけどね。

マットブラックの表面は、なんかこれまでのLet's noteとは違う雰囲気が出てます。

2013071903.jpg

2013071904.jpg
薄くなり、短くなったぶん、トラックパッド周りの余裕は無くなっています。これまでLet's noteのトラックパッドは周囲から沈み込んだ丸い池で操作している感じでしたが、新しいLet's noteでは、盛り上げられた土手の中にある池で操作している感じです。慣れれば違和感は無くなると思いますが、しばらくは「ん?」となります。

動作に関しては、SDD(256GB)の効果とメモリーもMAXの8GBを搭載(このメモリー搭載MAXは、和子機の伝統)している効果もあって、かなり軽快に作業ができてます。SDD256GBで足りるのか?という不安もありますが、いちはやくクラウド対応している和子さんなので、その辺は問題なしのようです。そういえば、CPUも我が家最速のCore i7-3540m CPU 3.00Ghz!

今日は「新しいのを置いていくんで、セッティングしといてね」ということなので、午前中にNASの無線アクセスも無事にクリアー。なぜか前のLet's noteではできなかったセッティングだけど、こちらの機体は一発でスンナリOK。セキュリティーソフトの違いが原因なんかな?ちなみに、本体の裏にはWindows8のシールが貼られてはいますが、入っているのはWindows7です。

そして、これまでメインで使っていたLet's note(銀の方)は、加奈子へと引き継がれることになりました。加奈子は、今のWindowsXPモデルからオサラバすることになりました。
 
14:44  |  PC  |  Comment(0)

PTA会報、本日リリース

2013.07.18 (Thu)

2013071801.jpg
5月中頃から取り掛かり始めたPTA会報。学校に届いたPTA会報を、今日、クラス別に仕分けし無事にリリースとなりました。

最初は、メンバーさえ決まってなかった状態からのスタートだったし、急加速フルスピードな進行でしたが、なんとか夏休み前に子ども達に持って帰ってもらえることになりました。

僕としては、まず横書き左綴じ!が実現できたこと、これまた1ページ目に来ていた校長先生&PTA会長の挨拶を2ページに移動させ表紙を加えることの2点が実現できたので、とりあえずOKです。以前行った「公報誌の作り方」講座をものすごく意識しました。

思っていたよりもずいぶん暗いトーンの印刷だったのと、元原稿では無い改行位置で印刷仕上がりになっていたりと、入稿した後の段階でのことでよくワカラン部分もあり、このあたりは次号の課題となりました。

仕分け作業は思った以上に短時間で終わったので、ランチまでの間に、12月リリース予定の次号の企画と、同じく12月のイベントで出す壁新聞の企画も考えるという臨時編集会議。とはいえ、前もってお題を出してなかったのもあり、とくにコレといった決定打もなく…ザンネン。

作業が終わった後、地元の有名店「鳥せい本店」でランチ。一緒に食べに行った中に、午後からの個人面談の予定が迫っている人もいたのに、ギリギリまでタップリ食べて喋って…でした。そういえば、家族以外の誰かと一緒にご飯食べるのって、かなり久しぶりのような気がする。

今回は、なんとか無事に目標だった夏休み前のリリースが実現できてホッと一息。足りない部分はまだまだあるけど、とにかくここまでの間、何度も小学校に通ったおかげで、職員室や子ども達に少し顔が売れました。
 
23:34  |  日々の出来事  |  Comment(0)

これが加齢というものなのか…

2013.07.16 (Tue)

前回は、InBodyでの計測結果がヨレヨレだったという話でしたが、今回は体の中ではなく、外もヨレヨレという話。

2013071601.jpg
手湿疹に悩まされているのは、以前載せたとおり。最初の湿疹箇所は今はキレイに治っているのですが、左手中指の人差し指側側面に転移したまま、ここは一向に治る気配を見せません。チョット油断していると、すぐに画像のようなプチプチができてしまいます。一生治らないんじゃないか?と思うくらい、治癒してません。3歩進んで2歩下がるならまだマシ。3歩進んで3歩下がってる現状では、トホホとしか言いようがございません。

これぞ立派な主夫病なのかもしれませんが、指のせいもあって、なんか家事やる気もイマイチ。「たいして家事してないのに…」という声が聞こえてきそうな今日この頃。弱り目に祟り目とは、このことでございます。

もう一つ、この冬、あかぎれデビューをしました。これも左手中指のみ。これまた一進一退で、気持ちよく治った感はまったくなし。さすがに、夏になり「治ったかな?」と思って、先日ギターを弾いていたところ…

曲はMSGの"Into the Arena"!
ギターの休みが終わって後半に向かう三連符トリルも駆け抜け、運指のややこしい弦飛びフレーズ(敢えてややこしく弾いてるんですけどね)もクリアーし、クライマックスへ!
22フレットでチョ〜キング〜〜〜

ブチッ......>_<

また、爪と指の間が裂けてしまいました。

2013071602.jpg
中指チョーキングはない曲なのに、スパッと裂けた中指。薬指は安泰。でも薬指に沿えてるし、一緒に引っ張られてるんだろうな。

再び、ギターの弾けない日々が続いてます。接着剤でくっつけるのも何度かやり、そのたびに周辺の湿疹が大荒れになるという惨状も経験。もはや自然治癒は無いと思いますが、それでも数分の一を可能性を掛けて、せいぜいクリームを塗る等の対処でしのいでいる次第。

それにしても、なぜに左手中指のみが、こんなに災難に見舞われるんでしょ?ここだけ、なんかに取り憑かれてるんでしょうか?
 
17:09  |  身体のコト  |  Comment(0)

ヨレヨレの身体データ

2013.07.14 (Sun)

2013071401.jpg
昨日、和子さんのついでもあり、京都大学病院のオープンホスピタルに行ってきました。僕にとっては年に一回の筋力とInBodyによる計測の日であります。

その結果がさんざんでありました。体重は全然問題ないのに、体脂肪率で「軽度肥満」、筋力は四肢と体幹それぞれが標準ギリギリという「誰のデータ?」でした。表向きまったく肥満傾向にないので、残るは内臓脂肪。血液検査では、常に中性脂肪値が高く、しかも悪玉コレステロール値が高めという、「軽度肥満」因子はゴロゴロ。でも、日頃、それだけ食べて運動不足なのか?と言われると、にわかには信じられないところ。

いろいろ調べていると、どうやら食事傾向や運動不足の他に、遺伝や体質が要因になるケースもあるらしいと。尿酸値が高いのは親からの遺伝が確定的なので、中性脂肪値も可能性大。まったくもって…ナンギなモノを引き継いでしもたわけです。トホホ…。

注目すべきは、ランニングを始める前の5年前と、ほとんど数値が同じということ。これは一体どういうこと?走ってもなんにも効果出てないってこと?あるいはランニングによって劣化を食い止めていると見るべきなのか?

2013071402.jpg
InBodyの裏には1kgの体脂肪は7200kcalと。ランニングのデータ的には、カロリー消費はかなりいいペースで行われているはずなのですが…食べすぎてるんでしょうか?甘い物も嫌いじゃないし、アルコールも嫌いじゃないけど、過飲過食してるレベルではないと思うんですけど。

筋肉量が全然増えてないのも「なんで?」です。これだけ走ってるんだから…と思いながらも、負荷のかけ方を間違えているのかもという不安さえ感じるデータ。

とにかく、あちこちで少しずつ集めたデータを総合すると、ガックリ落ち込むようなトホホ現状。トホホとしょげていてもなんにも変わらないので、とりあえず今朝も走っては来ましたが、なんとも釈然としない感じ。


それにしても「中性脂肪」で検索したら、検索結果やそこかしこにニッスイの「イマークS」が出まくるのが、かなり目障り。そういうマーケティングなんでしょうけど、かなりウットウしい。あまりに登場しすぎて、ぎゃくに嘘くささがプンプン。かえって拒否反応起こしてます。
 
16:24  |  身体のコト  |  Comment(0)

人が来る!掃除しないと!

2013.07.12 (Fri)

今日はお昼過ぎから大阪市人権だより「KOKOROねっと」の取材がありました。
人が来る!ということは掃除しないと!です。昨晩、加奈子に「明日は取材があるからヨロシク」というと、「わかった」といつもの散らかし放題を封印して、寝る前にしばしの片付けタイム。とはいっても、テキトーに詰め込んだだけで「もうちょっとキレイに片付けられへんのかいな?」と思うけど、とはいえ何もしないよりはマシなので、出かかってるひと言をグググと押し込む。

2013071202.jpg
そして、今朝、座卓を上げて掃除。最近、しょっちゅう床掃除してる感じ。今回は以前ホームセンターグッズの取材で試したワックスの残りカスもキレイに除去。擦りすぎてフローリングにちょっと傷を付けてしまったのがザンネン。

2013071203.jpg
さらに玄関も磨きました。普段、ほうきで掃くくらいはしてますが、ブラシで擦って磨くというのは久しぶり。最後に、トイレもピッカピカに。結局、トイレは取材中に使われることなかったですけど、これは自分の気分の問題なので必ずやることに。

2013071201.jpg
今回は、ライターさん、構成さん、カメラさん、大阪市の方二人という5人チーム。人数が多いと、なんだか公報誌の取材というよりもテレビ取材のような感じに。読み物だとたいてい二人ですし、一人というのもよくあります。5人はおそらく過去最多。取材スタッフ最多は、某テレビの深夜バラエティー番組で、バス1台分のスタッフと機材というのがありました。これはビックリでした。ご近所でもナニゴト?!でした。

かなりスムーズな取材で楽しく話させてもらいました。「これは言おう」と決めていた以上のコトを引き出してくれました。さてさて、これがどんな記事になるのやら?楽しみです。
 
16:03  |  日々の出来事  |  Comment(0)

和子さんのPC周りがスッキリ

2013.07.08 (Mon)

2013070801.jpg
昨晩、というか今朝早く(?)2階でなにやらガサゴソと作業する音がしてました。今朝、2階の仕事部屋へ上がると、和子さんの机の上がスッキリ。PCモニターが撤去されてました。これまでは、持ち運び用にLet's noteと家用にDELLのデスクトップ機を使ってましたが、DELL機の動作が日に日に遅くなり、いよいよもって不要ということにしたようです。これからはLet's note一本で使うんだそうな。この伏線としてNASの設定を延々とやってきたわけです。

思えば、結婚した頃から、夫婦そろってデスクトップパソコンを並べて過ごしてきました。結婚当初、和子さんはNECのValuestar V12で僕は富士通のDESKPOWER SXでした。当時の日本ではこの2つのメーカーのPCが圧倒的に多かったのでは?と思います。僕は一太郎&Lotus123モデル、和子さんはWord&Excelモデルを持って同居し始めたので、家庭内のフォーマットはバラバラでした。

2013070802.jpg
画像は、V12とその後継機として購入したDellのDimension J500Cが写ってます。これ以降、約14年間DELLを愛用してきた和子さんですが、自宅ではとうとう「さらば!DELL」になりました。職場では2011年4月からDELL StudioXPS 9100を使ってて、こっちの方は当分使えそうです。

机の上をドデンとPCとモニターに占拠されているのが仕事している図(気分)な風景が長く続きましたが、いよいよそんな光景も終わりにきているのかもしれません。少なくとも、和子さんはその時代を終焉させました。2013年梅雨明けの日のことです。
 
16:33  |  PC  |  Comment(0)

PTA会報の撮影で給食調理室へ

2013.07.02 (Tue)

2013070201.jpg
PTA会報、今、エンジン全開で最後の調整をしています。夏休みに入るまでに、しかも直前だと持ち帰る荷物の中に紛れてグシャグシャになる可能性があるので、休みの数日前に各家庭に届くように。印刷の時間を考え逆算すると、もはやギリギリ。

今号は、教職員紹介がメイン。その中の給食調理員さんの紹介ページに大きなスペースが。「なにを埋めたものか?」と考えてみたものの、もう時間がなくて(明後日、印刷所に入稿)「調理風景画像以外に選択肢なし」と学校に取材願いを出したところ、今日のPTA実行委員会議の前の時間が撮影OKに。

衛生上の問題や作業のジャマにならないように、入り口付近からの撮影。広角で調理員さん4人をなんとか一枚に。

2013070203.jpg
早い時間帯だったので、まだ食材の仕込み段階でした。山盛りのタマネギとニンジン。手前のシンクにザルごと浸かっているのは大豆。今日の献立は大豆と牛肉のトマト煮込み。

もう少し遅い時間帯なら、巨大鍋で調理するところなんかも撮れたのでしょうけど、ザンネンながら会議の都合でそこは撮れず。これから登場するであろう鍋の写真も撮ってきましたが、やっぱり鍋には材料が入ってこそ!

2013070202.jpg

それでも、加奈子が小学校に入って6年目ですけど、給食調理室に入れるとは思いませんでした。ラッキー!
 
21:24  |  家事・子育て  |  Comment(0)
 | HOME |