吉本祇園花月へ

2013.03.29 (Fri)

2013032901.jpg
加奈子と「春休み中に行こう!」と言っていた吉本祇園花月へ今日行ってきました。

いつの頃からか、加奈子は週末の吉本新喜劇が欠かせなくなり、旅行等でテレビが見られない時は録画してチェックするという娘になりました。せっかく関西に住んでいるので、これはこれで他所にはないライフスタイルだと思うし、僕との会話のネタにもなるし一緒に楽しんでいます。

「いつか舞台を見に行きたいなぁ」とかなり前から言ってたのが、今日実現しました。僕も長年関西地方に住んでますが、吉本新喜劇を生で観たことはありませんでした。そういう意味では、今日は、ホンマモンの関西人に一歩近づいた気がしました。

2013032902.jpg
本日の演目は、前半が芸人さん入れ替わり立ち替わりの漫才、コント、落語の時間。そして後半が吉本新喜劇で今週は烏川耕一主演の「ひょっとこ仮面、参上!」でした。辻本茂雄も出演してましたが、加奈子の好きな「茂造じいさん」役ではなくちょっとザンネン。でも、生で「金正恩や!」が観られて感激してました。新喜劇以外では、前説に出てきた「ヘンダーソン」がヨカッタと言ってました。一所懸命な気持ちの伝わる前説でしたし、会場の雰囲気ってこうやって作るんやなぁと僕も参考になりました。

こうやってライブでお笑いを観て加奈子と話したのは、「こりゃ池乃メダカさんが元気なうちに生で観とかんと!」でした。メダカさん、すっちー(すち子役)、島田珠代は是非観ときたい!と力強く語っておりました。

2013032903.jpg
せっかく祇園まできたので、円山公園のしだれ桜も見に行きました。曇ってはいたけど、その分影が無くて、花自体を眺めるにはヨカッタです。明日は天気もよくて気温も上がりそうなので、もしかしたら満開になるかも!です。

2013032904.jpg
今日の吉本祇園花月のお土産は「しげぞう学習帳」を2冊。1冊は自分ので、もう1冊は茂造じいさん好きなクラスメイトへのプレゼントに。今の加奈子の夢は、そのクラスメイトとお笑いコンビを組んでデビューすることらしい。かなりハードルの高い夢になってきたもんです。勉強も頑張って「ロザン」の女版を狙うとも言ってたような…さらにハードルを上げてます。

 
23:33  |  日々の出来事  |  Comment(0)

堺シティマラソンにエントリー

2013.03.27 (Wed)

今日は一日、な〜んか眠たいなぁと思っていたら、昨晩の2014年W杯ブラジル大会アジア最終予選のヨルダン戦を観戦したからでした。あれがW杯の重圧というモノなのか…とシミジミ。

さてさて、そんな眠たい一日の中、来月4月29日に堺市で「堺シティマラソン」が開催されるというのをFacebookで知りました。

大会概要を見ると「45歳以上」は「マスターズ」に入るそうな。自分もいつの間にか「マスターズ」と呼ばれるグループに入ったのか…とこれまたシミジミ。10kmを70分が制限時間。1kmを7分弱で走るとギリギリ。去年はかなり暑くてキビシい条件だったようなので大丈夫かな?と思ったりもしたけど、「フルマラソンの四分の一以下の距離やし」とエントリー。

このところ、当面の目標もなくボチボチランニングばっかりだったのですが、とりあえず目標ができたので調整に入ることに。少し走るペースを上げるのにも取り組んでみようかと。でも、基本は無理せず、ヒザを痛めないようにボチボチとです。

 
23:01  |  ランニング  |  Comment(0)

あかぎれ初体験

2013.03.26 (Tue)

2013032601.jpg
年々、身体の潤いがなくなっているのか、今年の冬、生まれて初めての「あかぎれ」を経験しております。今までは、どっちかというとあかぎれとは正反対のテカテカ系体質だったのに、左手の中指だけは、昨年には手湿疹ができ、そして今年はあかぎれも!という状態です。

ちょっと治って傷口がくっついたと思ったら、今度はその隣がパクッと裂けるんです。この瞬間が、これまた「イッテぇ〜>_<」でして。クリームもまめに塗ってますが、ちょっと料理したり皿の汚れを流したりしてもパクッと。

和子さんもそうだし、母も妹もあかぎれしやすい体質なんですが、こりゃ痛いかっただろうね。ウチは食洗機があるからまだマシだけど、それでもしょっちゅうパクッと裂けて痛い。しばらくは料理するのも憂鬱です。手袋しての料理って、なんか上手く切ったりできないし。

手湿疹も長患いしています。こうなれば奥の手、家事(料理)休業を試みてみるか?
 
17:01  |  身体のコト  |  Comment(0)

桜咲き始め

2013.03.25 (Mon)

昨日の日中、加奈子となぜか学校まで自転車でエッチラオッチラ。とくに用事もなかったのに、なぜだか不思議と出掛けることに。せっかくなので、開花したとニュースで言っていた桜を撮ろうと、カメラも持って出掛けてみました。

ザンネンながら、学校の通用門の桜は、本当に咲き始め。まだ1割も咲いていない様子でした。「そういえば昔ここで撮ったなぁ」という話になったので、同じ場所でパチリ☆
2013032401.jpg
今は「撮るよぉ」と言っても、「あ、そ」な感じですが、

5年前は
2013032402.jpg
こんな感じでした。
 
15:29  |  家事・子育て  |  Comment(0)

新しい自動車がやってきた

2013.03.23 (Sat)

2013032302.jpg
1月20日のブログには「ランクスを乗り続けるか?自動車を持たないか?」ということを載せてますが、あれからなんやかんやとありまして…今日、新しいAQUAが届きました。

注文してから納車まで約4週間!その間、ランクスの車検が切れてしまい、我が家の駐車場には大きな鉄の物体と化したランクスが放置されている状態でした。

今日、やっと到着したAQUA。実は、色は模型のサンプルカラーでしか見てなくて、実車での「赤」を確認したのは今日が始めて。もうちょっと明るい赤だとどうしようかと思ってたんですが、やや深めの赤でヨカッタです。AQUA独特の凶悪顔にこの赤!わたしゃ心の中で「シャア大佐!」と思いました。TOYOTAマークの場所にジオン公国の紋章ステッカーを貼りたいとさえ思ったくらい。大佐の機体のように3倍速く移動できるか?あるいは3倍速く消耗するか?わかりませんが。

赤は家族全員の希望でした。今のランクスもメタリックベージュという、あんまり見かけない色のお陰で、巨大駐車場で探すときに便利でした。「次はもっとわかりやすい色で」ということで、当初AQUAのオレンジはどうか?という話になってたんですが、展示車を見るとかなり黄色に近いオレンジで、ちょっとイメージが違っていました。黄or赤で「赤!」になりました。

車体説明等が終わり、ディーラーの営業さんが放置していたランクスのナンバープレートを付け替えて帰ろうとしたらば、ランクスのエンジンがかからない。今年に入ってすでにエンジン始動の怪しい状態が続いていたんですが、最後の最後にダメに。JAFを呼んでバッテリーを起動させなんとかエンジン始動。4週間待ったうえに、これで30分ほど余分に待つことに。

このAQUAに乗ってさっそく城南宮へ行き交通安全祈願をしてきました。ちなみにそこからの帰りは、僕が約15年ぶりに運転しました。頑固に自動車運転を避けてきた僕ですが、再びステアリングを握ることになりました。

キャプテン号(英語では海軍&空軍大佐はcaptainになるそうな)!末永くよろしく!です。
 
20:53  |  日々の出来事  |  Comment(0)

卒業式で登校

2013.03.21 (Thu)

2013032102.jpg
今日は、去年までならお休みだった卒業式。今年は在校生代表として6年生を送るための卒業式で登校。

昨日から「なに着ていったらエエんやろか?」「ランドセルは持っていくんかな?」などなど、悩みまくりの加奈子でした。カジュアルすぎず卒業生と間違えられずということで、こんな格好になりました。ジャケットはおさがり。来年もまた「なに着て行こぉ?」と言うに決まってるので、「去年はこうやったで」と参考にするためにも、今日の服装をアップ。

いやはやしかし…来年は卒業する側ですよ!入学したのがついこの前と思えてしまうのは、自分がおっさんになった証拠かも?来年の卒業式、和子さんの涙腺は大丈夫かいな?

それにしても見た目の変化もものすごいです。
2013032101.jpg
毎日見てると変化に気付きませんが、ものすごく背が伸びてますなぁ。
あと15cmくらいは伸びて165cmくらいになって欲しいですし、なんなら170cmくらいでも。そういえば、足が僕と同じサイズになりました。
 
22:25  |  家事・子育て  |  Comment(0)

今日から春のロード開始

2013.03.20 (Wed)

2013032001.jpg
昨日で、加奈子の通う小学校の今年度の給食が終わりました。というわけで、今日からしばらくの間、加奈子の昼ご飯のやりくりが必要になりました。

もっと先だと思っていたのに、アッという間に年度末。そして春のロードに突入となりました。自分だけのお昼ご飯なら、本当にエエ加減でもいいのに、誰かがいるとなると、やっぱりそれなりにせなアカンような気になるもんです。

朝、弁当を作って、テキトーに食べといてもらうのもエエとは思うんですが、とはいってもせっかく一緒にいるのなら、一緒に食べてもエエやんとも思うし、なによりも加奈子に料理の手伝いをさせるイイ機会でもあるし、なんとか4月の新学期まで、手を変え品を変え乗り切れるよう考えます。

こういう悪あがきも、ズッと先には経験しようにも経験できないコトになると思えば、「まぁシャーナイな」という気にもなれます。

初日の今日のお昼は、シメジたっぷりのチャプチェ。明日は午前中は卒業式。そして給食なしなので、きっと腹ペコで帰ってきます。なににしようかな?
 
23:51  |  家事・子育て  |  Comment(0)

Apple Storeでプレゼンセミナーを受けた

2013.03.18 (Mon)

2013031801.jpg
昨日は『Keynote・iPadでつくる、人を動かすプレゼンテーション』に参加してきました。

最近、スライドを使った自分の講演にどうも垢抜けないものを感じ、ジリジリしてました。かといって今シーズンはいろいろ出費もかさみ、高額なセミナーを受講する経済的な余裕もなく(家計の方はそんなことはありませんが)、主にネット経由での情報に頼っていました。そんな中、Apple Store心斎橋で無料のプレゼンセミナーがあると聞けば、そりゃ行かないわけにはいきません。

いろいろ確認できてヨカッタです。やっぱりスライドの作り方としては間違ってなかったと思いましたが、「ディゾルブやタイプライターは無意味。使えるのは出現のみ」には納得。なんか喋ってても、あれを使ったスライドでは引っ掛かりやすいなぁと思っていたら、そういうコトだったんですね。全部文字が出るまで読み始めないからなんだそうです。

ガー・レイノルズとのビジネスコラボがある方らしく、スライドはまさに『プレゼンテーションZen』的でした。

「エレベーターピッチ」「Show & Tell」「Whyから始める」「伝えられるMAXから覚えてもらえるMinへ」などなど、参考&確認できたことはたくさん。無料なのにこんなに有益なセミナーでした。

そこまでの仕込みがありながら…敢えてなぜ?なのが、サンワダイレクト リングマウス。これ、僕も買いました。でも今は使ってません(参照ブログ記事)。感度反応距離がプレゼンには向かないくらい狭いんです。その信号電波にもムラがあって、クリックしてもページが送れない時がある一方で、急に感度が良くなって2枚くらい一度にスライドが進んでしまうことも。この不確実性は、Mac特有の現象なのかもしれませんが、なぜ使ったんだろ?と不思議です。

「Show & Tell」は日本の教育ではあんまり実践しているのを聞きません。でも、プレゼンの基本中の基本技術を身に付ける訓練になりますね。

Apple Store心斎橋は、混み混みでした。そしてこのセミナーも立ち見客が多数。プレゼンに対する関心の高さを垣間見ることができました。
 
18:40  |  日々の出来事  |  Comment(0)

大丈夫ですか?家電量販店

2013.03.14 (Thu)

某家電量販店へ、和子さんがプレゼント用に買うビデオカメラを物色にお伴してきました。

カメラのことはちょっとわかっていても、ビデオカメラのことは今ひとつ詳しくない僕。「まずは店員に」と尋ねてみると、ビクターのロゴの入ったベストの彼はビクターのお手頃価格ビデオを紹介。でもネットで売られているビデオに比べると高価。
「ネットにはもっと安いビデオが出てるんですが…」
と振ってみると、
「それは型落ち機種でしょうね」
とのこと。

爆発的な進化があっての型落ちならともかく、マイナーチェンジでも型落ちは店頭から消えてしまう。販売面積が限られている店舗では仕方のないことだけど。

ネット上で仕様をゆっくり検討した結果、「安くてもたいして変わらない」と判断されれば、ネット上の安い機種が買われるのでは?と。「同じ機種であっても、ネットの方が安いですけどね」とも。そりゃそうでしょうなぁ。

とはいっても、送り先のリクエストの贈り物なので、とりあえずがんばって探してみる。すると安いのもあるではないの。Panasonicに名前は変わったものの元SANYOのザクティ。

で、今度は某家電量販店の店員に尋ねてみる。
するとやっぱり最初はビクターのお手頃ビデオを紹介。これは販売量に応じていろいろある販売(ゴニョゴニョ)なんでしょうか?
「ザクティはもっと安いですよね」
と言ってみると、
「立て録りだから不安定」「手ぶれ補正が付いてない」「画質が荒い」などなどの製品紹介。何を撮りどういう使い方をするのか?など聞かずに製品を説明すると、やっぱりこうなる?「出先の風景などをメモ的に撮るらしいですよ」というと、「あ、それなら、コレでも十分です」と。その程度の説明なら、僕でも調べて理解できていましたけどね。

こんなやりとりがあった後で、ふと思ったんです。
値段では同じ製品ならネット販売の方がたいてい安いです。
説明も、ネットで紹介動画やサイトを見る方がわかりやすいこともある。
店まで行く時間と労力、店内で探す労力を考えると、
対面販売のウリってなんなんでしょ?

やっぱり「現物を触ることができる」でしょうか?

あらかじめネットで調べて店に行って
「おおお!これかぁ!なんか感じ違うなぁ(やめとこ)」
「あれ?思ったよりもズッとイイね(スマホ使ってその場でネット注文)」
こんな客ばっかりだと、そりゃ販売員の説明も上手にならないですね。

店頭で買うメリット。
それが見える店ってなかなかないんですよねぇ。
客はなにを求めてその店に出掛けてるんでしょ?

僕は
「こんなのがあったのか!」
「そうだったのか!」
「そんなこともできるのか!」
などの新しい発見を求めて出掛けている気がします。

結局、ビデオカメラは諦めて、JCBギフトカードを送ることになりました。チャンチャン♪
 
20:39  |  日々の出来事  |  Comment(0)

忘れていませんよ

2013.03.12 (Tue)

2013031203.png
(画像はMSN産経ニュース
昨日は東日本大震災からちょうど2年目でした。「震災の記憶を風化させないように」というメッセージをあちこちで見ました。人はどうしても時間が経つと忘れがちです。でも、今でも多くの人が避難生活をしていて、彼らは今も震災真っ只中。忘れたくても忘れられないことと思います。

と、同時に、2004年の新潟県中越地震、1995年の阪神淡路大震災、1993年の北海道南西沖地震での被災者も大勢いますし、あの時の忘れられない記憶とともに暮らしています。被災した人は、このような大きな震災だけではないし、大きく扱われなかった災害にも被災者はいます。

「忘れていないよ」ということは、どこかで誰かが言ったり書いたり残したりしていくことが大切だと思います。歴史上のありとあらゆる被災者や被害者がきっとそうではないか?と思います。

 
18:10  |  日々の出来事  |  Comment(0)

エリマキシギの繁殖戦略と少子化対策

2013.03.11 (Mon)

2013031101.jpg
(画像はNHKサイトより)
昨晩のNHK総合「ダーウィンが来た!生き物新伝説」はおもしろかった。ウェーデン北部で過ごすエリマキシギの繁殖戦略について。

どの生物も、一般的にメスはパワフルマッチョなオスが好みらしい。そこでエリマキシギのオスは、縄張りと立派な襟巻きをもつオスを目指す。これがオスの8割。(通称「縄張りオス」)

残りの2割は白い襟巻きをもつ「白襟オス」。自分の縄張りを持たず、「縄張りオス」のやられ役(しかも事前に「縄張りオスから」の「やられ役を頼みます」という打診あり)を引き受けながら、「縄張りオス」のスキを見てメスと仲良くなってしまうというチャッカリなオス。縄張りがないから広範囲に活動できるし、マッチョな「縄張りオス」にメスが群がると当然おこぼれも多いってコトです。あたしゃ、この「白襟オス」をみて「なんてアンチマッチョなやつ…」と共感してしまいました。「白襟オス」の中でもトップクラスになると、「縄張りオス」が「演技お願いします」と頼んでも、「ん〜あんた弱そうだからなぁ」と拒否することもあるそうな。

ところが!最近になって発見されたのは、見た目はメスそっくりの「偽メス」。メスに近づくのも簡単。マッチョな「縄張りオス」やチャッカリな「白襟オス」がメスだと思って油断している間に、チャチャッと手を出すスゴイヤツ。

繁殖のための進化は、本当に興味深い。同時に人間の繁殖パターンがあんまり進化していないような気もする。人口爆発地域では進化は必然じゃないだろうけど、少子化地域では「白襟オス」や「偽メス」的な存在が必要になっているのでは?と。そこまでして人口を増やすべきなのかどうかも考えものだけど、少なくともオスの「縄張りオス」一辺倒的な繁殖パターンに、メス社会が興味を失っている側面はあるのかもしれない。そして人口減少が深刻な地域ほど、オスメス共に「縄張りオス」への志向が強いような気がする(だから減少している?)。加えて、繁殖期のオス達は「縄張りオス」一辺倒ではやっていけないことを重々認識していても、その親世代の「縄張りオス」志向が強くて、うまくいってないのでは?という気も。

 
09:26  |  日々の出来事  |  Comment(0)

京都マラソンの応援に行ってきた

2013.03.10 (Sun)

2013031001.jpg
去年に続き、今年も京都マラソンの応援に行ってきました。去年と違って僕一人で。

去年は風は強いし肌寒いし、「来ないかなぁ〜」と待っている間がタイヘンでした。でも晴れ間もあってまだマシでした。今年は、昨日までの温々陽気がウソのような天気。お昼前まではウッスラ明るかったのが、真昼くらいからはドンヨリ黒雲。そして、3時間半のランナーがゴールする頃には雨混じりの強風。彼らを見送って家に帰ってくるとドジャ降りと強風。

スタート時点は暖かだったのに、ゴール頃はかなり寒い。これは6時間くらいで走るランナーには、ものすごく酷な条件だと思います。身体が疲れて栄養もなくなって、元気でも冷えてくる時に気温まで冷える。足が痙攣したりつったりする人が多かったと思います。

今回は、近所のコースでたまに一緒になる佐藤さんと、大学のクラブの先輩の田中さん(先週のABC篠山マラソンにも出て2周連続のフルマラソン!)が出場していました。佐藤さんがこのまま行くとゴールは3時間半少し過ぎ、田中さんが4時間少し過ぎくらいにゴールという、早めに応援が終わる時間に走り抜けてくれました。

ネットで「今ここを走ってます」を見ているうちに、実際の応援場所に行くための電車に一本乗り遅れてしまいました。神宮丸太町の駅を上がると、ちょうどそこに佐藤さんの姿!歩道を全力で走って追い抜いて(やっちゃアカンとのですが…)「ガンバレ〜!」と応援できました。佐藤さんも気付いて手を振ってくれました。

近道して41km過ぎでもう一度!と思って探していたら、佐藤さんはいつのまにか通過してました。ネットの今ココ追跡が遅れていたみたいです。さいわい、テキトーに撮った写真の中に、佐藤さんの姿が写っていました。ラッキー。

田中さんは、同じ地点で「来た来た来た〜!」と撮って走って声かけて応援できました。「田中さ〜ん!ガンバれぇ!もうチョイでゴールですよぉ!」「おお!山リョウやんけ!ご無沙汰やなぁ!」と。あまりに普通のやり取りに、周囲のランナーから笑いも。

それにしても…2回応募して2回落選。本当に完走するより出走する方が難しいんとチャウか?の京都マラソン。なにやら参加料を値上げしても赤字だそうで…そしてなによりも、イマイチ天気に恵まれていない京都マラソンのような気がします。それは晴れ男の僕が走らないから?来年こそ!

本当はどこでもエエんですが、奈良よりももうチョット平坦なコースのマラソンに出てみたいです。
 
14:55  |  ランニング  |  Comment(0)

走った距離がいろいろ

2013.03.08 (Fri)

2013030801.jpg
一昨日は2時間。今日は1時間走りました。
今日は一昨日からはじめたRunKeeperに加えて、SportyPalも加えて走りを計測してみました。

その結果、
Nike+:8.9km
RunKeeper:9.53km
SprtyPal:9.70km
となりました。
同じように走っていながら、結果はビミョウに違います。
Nike+は少し走った距離が短めに出るというのは、共通しています。
これまでズッと走った距離よりも短く表示されてたんですね。
 
20:35  |  スポーツ  |  Comment(0)

割合のテストが返ってきた

2013.03.07 (Thu)

2013030702.jpg
今日、加奈子が割合のテストを持って帰って来ました。点数は100点!
いやもぉ〜ホッと一安心しました。

というのも、僕は5年生の時、割合の単元期間をまるまる中耳炎で学校を休んだため、生まれて初めて「えええ?!?!」という点数のテストを持って帰ったのでした。学校の補講などなく、親が打率や勝率、値引きなどを使って練習問題を作ってくれ、それを解いてなんとか追いついた感じでした。それ以降、少しずつ算数に苦手意識が生まれ、中学の間はなんとか逃げ切ったものの、高校の代数幾何&基礎解析に完全に入ってギブアップ!でした。

加奈子もタイミング悪く、割合の単元に入った頃にインフルエンザで休むことに。さいわい僕の頃には一週間程度で流した割合単元を、今は二週間くらい掛けて教えているみたいで、休んでいた分を取り戻せたようです。僕と同じことになるのかと、かなり心配していたので、とりあえず100点を持って帰ってきてくれてホッと胸をなで下ろしています。

このテストには裏面もあって、そこにあった割合を円グラフに表す問題で、数値はあっているのに書きうつす時に目盛りを5つ間違えて×を一つもらってました。どこかオマヌケなのは父親譲り?
 
22:50  |  家事・子育て  |  Comment(0)

ヒザは問題なし!

2013.03.06 (Wed)

2013030601.jpg
ながらくヒザの痛みと共に暮らしていた僕ですが、この冬(奈良マラソン直前)から痛みがスッカリとれて足取りも軽く走れるようになりました。

今日は急に春らしい天気になったのもあって、いつもよりだいぶん頑張って走りました。痛さがとれて調子に乗ってみたというわけです。

今日からRunKeeperというiPhoneアプリをインストールしてGPSで走っている様子を記録してみました。GPS衛星は宇宙ステーションよりもはるか上空にあるというのに、こんな狭い場所をチョコマカと動いている端末をよく判別して追いかけられるモンやなぁと感心します。

公園の周回コースをグルグル回って走っているのですが、実は自分が何周目か?などすぐに忘れてしまいます。Nike+だと、今回走った総距離がでるので、そこから「たぶん5周したんやろ」とアバウトに記録しています。

GPSで記録すると、その辺りはキッチリですので、今日は12周したというのがよくわかります。したの棒グラフは高低差(緑)とペース(紫)です。同じコースをグルグル回っているので、高低差も同じ形が12個並んでいます。途中、ペースが異様に遅くなる部分が数カ所ありますが、これはコースのお馴染みさん達と立ち話をしているところです。

そういえば、今日は久しぶりに見かけたオバチャンがいました。11月から2月まで入院されていたそうです。「いやぁ〜相変わらずスマートでお元気そうやねぇ!」と声かけてもらいました。何人か、ここ数ヶ月姿が見えない人がいます。皆さん大丈夫なんやろか?と気になっていますが、かくいう僕も「久しぶりやないかい!出稼ぎに行っとったんか?」とも言われています。小学校のママ友も走ってました。

人と会ったり、なんやかんやと話したりできるのも、ヒザの調子が良くなってコースに出られるから。タイムとかスピードとかよりも、僕は皆さんの顔が見られることを一番の楽しみにしているのかもしれないです。RunKeeperのデータは、「この山は○○さんと話した時」という記録にもなります。
 
23:32  |  スポーツ  |  Comment(0)

切符がない!そんな時は(紛失再)切符

2013.03.04 (Mon)

2013030401.jpg
先月の2月24日。講演で茨城県常陸太田市へ向かおうと、朝早くの京都駅のこと。近鉄電車からJR新幹線の改札を通ろうと、財布を見ると常陸太田までの切符が見当たらないんです!
往復で普通乗車券を買ったのですが、帰りの切符はあるのに
行きの切符がない!

しかも、間の悪いことに、新幹線は別にエクスプレス予約をしていて、そっちの乗車券は先に自動発券機で受け取ってしまっていました。受け取ってなければ、後の列車に予約を変えてユックリ探すこともできたのですが。片道約1万円の距離。サーッと血の気の引く思いと焦って探して額には大汗。でもポケットもカバンも探しても出てきません。仕方なく、JR東海の窓口へ行き
「実は乗車前の普通乗車券を無くしたんですが…」
というと、
「それでは」
と画像のような(紛失再)とスタンプされた切符を発行してくれました。

この詳しい説明はJR東海のサイトにありますが、つまり「なくした切符が見付かった時は払い戻してくれる切符」です。鉄道好きなのに、こんな切符があるのを知らなかったです。そもそも切符が見当たらないなんてことは、これまで一度もなかったし。

時間が迫っていることを伝えると、窓口でサッと発行してもらえ、大急ぎで新幹線改札を通り、ホームに上がるとちょうど乗車予定の「のぞみ」が入線。間一髪間に合いました。自分の座席について、コートを脱いで掛けると、ワイシャツの胸ポケットに往路の乗車券があるではないの!もうチョットよく探せば、こんなに慌てなくてすんだのですが…。だいたいこんなモンです。

(紛失再)切符の利用条件には、目的地駅での「再収受証明」が必要なのと、(紛失再)切符は途中の自動改札は通れませんから新幹線出口も駅員のいる通路を通ることと、通った証明のスタンプが必要で(行き先が無人駅の時はどうするんだろ?)。

精算の期限は一年間。(紛失再)を発行した会社の切符販売窓口で、見付かった切符と(紛失再)切符の両方を持って手続きすればお金は返ってきます。

僕の場合は京都駅のJR東海の窓口で(紛失再)を発行しました。同じ京都駅でもJR西日本の窓口なら、近所のJR西日本の駅の窓口で再発行できたのに、JR東海だったばかりに京都駅まで出る必要がありました。これは東京駅にあるJR東海窓口や小倉駅や博多駅のJR西日本窓口などで(紛失再)を発行してもらうと、同様のことが起こります。要注意です。

もしも、(紛失再)切符でなく、事情を説明せずに普通に切符を買っていれば、往復切符(17,200円)+片道乗車券(9,560円)=26,760円が必要でした。それが復路割引切符+払い戻し手数料210円=17,410円ですみました。

(紛失再)切符発行にクレジットカードを使った場合は、その時に使ったカードも必要です。僕は普段と違うカードで買ったらしく、今日の払い戻しの時に少し手間取ってしまいました。

以前、講師交流会で「誤乗切符」の話がでました。寝過ごした時に、本来降りる駅まで戻る間の運賃をどうするか?ですが、申し出れば「誤乗切符」を発券してもらえるそうです(誤乗および誤購入に関する規定はこちら<PDF書類>)。僕は寝過ごしたことがないので、知らなかったのですが、これもお得な制度ですね。

わかったことは、とりあえず「こういう事情で」というのを窓口や車掌に言ってみることが大切だというコトです。もしかしたら、なにか救済策があるかもしれませんから。

「切符がない!」そんな時は是非(紛失再)切符のことを思い出して下さい。
 
14:38  |  旅行  |  Comment(0)
 | HOME |