09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

加奈子、髪切りました

2012.10.31 (Wed)

2012103103.jpg
加奈子の髪は、それほど長くもなかったんだけど、
「ご飯食べてたら、横の髪がバサーッと落ちてくるのがウットウしいねん」
というので、28日の日曜日にカットに行ってきました。

そして、
2012103101.jpg
この通りの少年っぽい髪になりました。
「頭が軽い〜」
と喜んでおります。
カットした後、急に寒くなったので、早々とマフラー巻いて登校してます。

2012103102.jpg
普段は、リビングで宿題をする加奈子です。自分の部屋と自分の机があっても、リビングの方がエエのだそうです。まぁ、そのうち自分の部屋に入ったままになり、「入らんといて!」という時期も来るんでしょうけどね。

2012103104.jpg
学芸会で「町娘3」の役をするらしく、浴衣をあわせました。父と同じく、発声法が悪く「声が小さい!」と注意され続けているらしく、最初はノリノリだった発表会の練習が、だんだん苦痛になってきている、最近の加奈子でありました。

 
22:19  |  家事・子育て  |  Comment(0)

別府で一泊してきました

2012.10.28 (Sun)

11月27日の別府市での講演にあわせて、一泊旅行しました。
2012102901.jpg
行きの新幹線は、予約に出遅れ、16号車しか空席がないという大混雑。どうやら団体旅行が入っていたらしく、京都駅の新幹線ホームも人だらけ。「まもなく左手に明石海峡大橋」などのアナウンスも入っていました。画像はN700系の1号車と16号車のノーズ側のドアです。このドアだけが他のドアの引き戸構造と違ってプラグドア(ムニュッと動く密着ドア)なんです。

新幹線車内は、たまたま隣に座った立命館大学の佐藤敬二教授とご一緒。立命館アジア太平洋大学への行事参加だそうで、行き先も同じく別府!いろいろ別府の温泉の話や、学位取得や講義準備や主夫話などしているうちに、アッという間に小倉駅に到着!先生お付き合いありがとうございました。佐藤先生は次のソニックに乗るので、ここでお別れ。

その楽しかった時間とは裏腹に、乗っていたのぞみは3分遅れで小倉駅に到着。乗り継ぎのソニックはもともと7分乗換の設定。小倉駅でもそれは承知で、通常とは違う乗り換え近道ゲートが開いていました。ダッシュしてソニックの待つホームヘ。しかもソニックは指定席がすでに満席で予約不可だったので自由席へ。ダッシュがさいわいして自由席で座席確保!

2012102902.jpg
乗ったソニックの車輌は、あのソニック独特の耳付きの座席ではなく、普通っぽい座席でした。

2012102903.jpg
京都を出たときは快晴だったんですが、別府ではドンヨリ。そして講演前に降り始めたのでした。それでもたくさんの方が講演に参加して下さり、コミュニケーションタイムも盛り上がって楽しい時間を過ごしました。

2012102904.jpg
講演の後、今夜のお宿へひとまずチェックイン。その途中で「鉄輪温泉 別府湯けむり展望台」に寄って下さいました。本当に町のあちこちから湯気がモクモク。これ、今の季節に見るからいいんですけど、真夏に見たらスゴイやろなぁと思いました。

2012102905.jpg
お宿は「おにやまホテル」。ネットで予約しようとしたら、すでにほぼ満室だったにもかかわらず、泊まることができたという…ラッキーでした。部屋にはいってさっそく屋上の「空の湯」へ。17時頃に入ったせいか貸し切り状態!一人の〜んびり♪あまりにものんびりだったので「あと2人来たら出よう」と思ってたのに、3人目が来た頃にはすっかり茹だってしまってました。

2012102906.jpg
夜は、講演主催である男女共同参画担当係の皆さんとの懇親会。いやもぉ京都では食べられないようなお造りに大満足!関あじ関さばの美味いこと!もちろんブリも美味しかったです!流通技術が進歩したとはいえ、京都ではこんなに良い状態の刺身はなかなか食べられません。久しぶりに美味しいお造りを、それも思う存分味わわせてもらいました。

2012102907.jpg
これはスダチ?いいえ!大分と言えばカボスです!カボスサワー中。大分といえば…で出てくるモノはたいてい食べさせて頂きました。「とり天」「しいたけ」「日出ポークスペアリブの炭火焼」「麦焼酎」などなど。撮り忘れるというか、撮るのがどうでもよくなるくらい、「美味い!」「美味しい!」の連発でした。

2012102913.jpg
すっかり酔っ払ってゴキゲンさんになった僕でした。

2012102908.jpg
翌朝はイイ天気!前の日に見ることのできなかった鶴見岳も拝むことができました。
さぁ、朝風呂!
…どころではなく、昨晩飲み過ぎたうえに寝不足。二日酔い独特の頭がグラグラはないけど、身体は果てしなくダルい。朝風呂どころか朝ご飯さえままならず。「飲み過ぎたときは水分補給や!とりあえずお茶飲もう」と飲んだ麦茶は、アッという間にリバース。もはや食べ物も飲み物も受け付けられない身体になっていました。不思議なことに(不幸中の幸いで)昨晩の大分の美味しいモノは全然リバースされず!

2012102909.jpg
ホテルから別府駅まではタクシーを呼んでもらいました。なんとか別府駅にたどり着いたモノの、尋常ではない体調。みどりの窓口で小倉までのグリーン席を予約。直後のソニックはすでに満席なので、30分後のソニックの席を確保。額からは脂汗がダラダラ。発券後に窓口の女性に「すみませんが構内に横になれる場所はありますか?」と尋ねると、正面の男のただならぬ様子に、駅事務所のソファーを案内してくれました。別府駅の皆さんのはからいで、しばらく応接ソファーで横にならせてもらいました。

2012102912.jpg
そろそろ座席を買ったソニックの出発時間。「ありがとうございました」と別府駅の人に挨拶すると「まだ顔が真っ青だけど大丈夫?」と心配されました。とはいっても、ズッと別府駅にいるわけにもいかず。辛うじて鉄ちゃん魂は残っていたのか、温泉マークの駅標をパチリ。

2012102910.jpg
滑り込んできたソニックもパチリ☆今思えば、あんな状態だったのに、よぉ撮ったと思います。

2012102911.jpg
ワーイ!ソニックのグリーン車!と喜ぶ余裕もなく、僕の後ろが空席なのをいいコトにフルリクライニング。ところが、数分後にはトイレに駆け込み、オエエェェェ。ソニックって振り子列車やったっけ?もう出るモノは何もないはずなのに、それでも嘔吐。もはや地獄の苦しみ。そういえば…泊まった温泉は地獄の真ん中にあった。地獄から出ても地獄とは…。なにか閻魔様のお怒りに触れることを、酔っぱらっている間にしていたらしい。あのブッチャケトーク?それともあの失言?それともあの手?もしやこの手?

ソニック車内では、意識不明かトイレでのたうち回っていたかでした。でも小倉駅の新幹線ホームで風に当たると、それまでのシンドサがスーッと引いていき、小倉からののぞみではユックリ身体を休めることができました。少し落ち着いてiPhoneで音楽を聴く余裕もありました。

それにしても、「おにやまホテル」のフロントの皆さん、タクシーのおっちゃん、別府駅の職員さん、ソニックの客室乗務員さんなどなど、帰路は本当にいろんな方に親切にして頂きました。こんなアホでも楽しく生かせてもらってることに感謝感謝です。もちろん別府市の男女共同参画担当係の皆さんにも、楽しい夜をお付き合い下さって感謝感謝です。懇親会の途中でつぶれてご迷惑をかけなかたのが、せめてもの救いです。

弱ってシミジミ実感しましたが、別府はホンマにエエところでした。あとはすべて僕の自己責任です。今後は節制します。

 
23:18  |  旅行  |  Comment(0)

テレビ出演の打ち合わせ

2012.10.24 (Wed)

2012102401.jpg
年末恒例の年末大掃除のシーズンがやってきました。まだ2ヶ月も先!と思っていても、テレビ番組の収録はそろそろ年末に向けた内容を撮っています。この時期に、通常番組の年末放送分を撮り、ここから年末までは年末年始のスペシャル番組を撮る感じです。

毎年一つはテレビ出演していましたが、今年も年末になって問い合わせがありました。今日は、その打ち合わせで大阪市内に出かけてきました(昨日、問い合わせの電話があったばかりですが)。京橋駅で大阪環状線に乗り換えようと階段を駆け上がったら、たまたま一番前の車輌の一番前の扉。上の画像のとおりの見事な鉄ちゃん席でした。向こうから、乗っている車輌と同じタイプが来たので、思わずiPhoneでカシャリ☆

テレビ局で待ち合わせ中に、吉本新喜劇の宇都宮まきちゃんに遭遇しました。帰ってから、加奈子に
「宇都宮まき見たで」というと
「あのまきちゃん!すご〜い!」
とエラい喜んでました。
「今度のロケで一緒なん?」と聞くので
「それはない」と答えると
「な〜んや」と今度はガッカリしてました。

打ち合わせは順調に進み、内容もだいたい決まりました(もっとも関西局の場合は、本番直前や撮影中にどんどん変わることがあるので、流れに任せますが)。宿題も頂いてしまいました。週末の別府市への往復の間にでも考えます。

大掃除関係のロケ収録って、もしかしたら2009年の年末の「あっぷ&UP」以来かな?その後、「思いッきりDON!」「NEWSゆう+」「ZIP!」と出たけど、大掃除関係のロケは久しぶり。ロケはスタジオ撮りに比べて収録時間が長くて、体力的な面や集中力を保つ面からタイヘンです。でも、その分、作り上げていくという実感もあります。ロケまでにディレクターさんからの宿題を考えとかないとな。

 
23:59  |  日々の出来事  |  Comment(0)

どんなにエエことも一気に進めると反発される

2012.10.23 (Tue)

朝、鼻水がツツーッと流れて目が覚めました。急激な気圧変動の影響か、朝から盛大にアレルギー反応。鼻水ズルズル、クシャミも止まらず。たまらず薬を飲むと、今度は言い様のない倦怠感。朝の段階ですでに、「今日一日終わった」感。

とはいえ、なんにもせずにボーッと起きているのもツライので、録り溜めたテレビ番組を一つずつ見ていく。その中のNHK「ビジネス新伝説 ルソンの壺」株式会社大近の回が、とっても興味深かったです(株式会社大近グループのサイト)。

とにかく無添加にこだわり、納得のいく商品を売るためには自社で作ることも辞さずという方針。最初は無添加のうどんから始まり、子どもが食べる機会の多い、ハム・ソーセージにも挑戦。そうして600品くらいを自社製造するという徹底ぶり。他社製品を売る場合は、製法を確認し無理のない個数での仕入れをするという小売りの鏡のような会社でした。

それでも、最初は「色が悪い」「美味しくない」とクレームが多かったそうです。そこで、少しずつ添加物を減らしていき、時間をかけて最終的に無添加にしていったと紹介されていました。

どんなに良いコトであっても、急激に変革してしまうと、どうしてもそれに付いて来られない人を生んでしまいます。もしも、それが本当に良いコトという確信があるなら、時間をかけてでも進めていくのも選択肢の一つです。特に食事や生活に密着する部分であればあるほど、どうしても人は保守的になりがちです。良いか悪いかだけでなく、その良い方への過渡期でのコントロールこそが、マネジメントであり重要では?と考えさせられました。

家事のやり方や考え方、男女共同参画やワーク・ライフ・バランスにも同様のことがいえると思います。
 
14:54  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

床下検査に関して、忘れないうちにメモ

2012.10.18 (Thu)

2012101806.jpg
15日月曜日に床下のシロアリ検査がありました。そういえば、この家も建てて7年半が経っていました。

前回、床下検査に来てもらったのがいつだったか忘れたけど、その時は、若いお兄さん二人組でとっても爽やかな印象だったので、今回もそんな感じの検査だと思ってました。

「午前中に」という予約だったんだけど、来たのは昼過ぎ。それも「カーナビの住所が違うようで…」という電話がかかってきたので案内。表に出てみると、向こうから黒塗りのデカくイカツイ、およそ作業車とは思えない車がやって来る。「アレとはちがうやろな」と思っていたら、向こうから「そっち?」と手を振ってくる。

車から出てきたのは…お腹でっぷりの…あの体型は…

安西先生!by「スラムダンク」
(とっさに出てくるタプタプ&ミョーンという擬態語)

どうやら安西先生一人らしい。家の周囲をチョロッと除いて「このタイプの建築は…」といきなり建物の工法についての講釈。調子合わせて返事しても、全然聞いちゃいない。なんか感じの悪い安西先生。

とはいえ、床下に入るとゴリゴリ前進してアッチコッチを綿密にチェックしてくれる実力派かも!なんて微塵にも思ってなかったら、案の定、作業着に着替えて床下収納庫から床下に入り、数十センチ進んだ所でハァハァ言いながら大汗かいて出てきた。ガクッ。

アッという間に出てきたと思ったら、「この家は、この下に向こうの端まで基礎工事の枠があって…」とまたまた講釈。床下が狭い、床下換気ができてないなどなど、ズッと構造上のリスクの話。「柱とかはどうでした?」という話をしても、やっぱり全然聞いてなくて、シロアリ除去剤添付の見積もりの話へ。そりゃそうでしょ!見てないんだから答えられないよね。

ちなみに、安西先生が帰った後、床下収納口をそのままにしていたので、僕が潜って写真撮ってみました(上画像)。数枚撮って確認したところ、今のところ問題なさそうです。

 
23:47  |  家事・子育て  |  Comment(0)

繋がらない!焦りました。

2012.10.18 (Thu)

昨晩、やっと外付けHDDの設置が完了しました。配線も変えたりいろいろ変え、「さて動作確認」と思ったら、僕のパソコンからはインターネットへの接続ができるのに、他のパソコンからは接続ができない!無線LANからは接続可能。ネットワークプリンターも作動しない!これはいったい…??

僕のパソコンはメインのMacさえつながれば概ね問題ないのですが、和子さんのパソコンはつながらないと一大事です(いろいろ入っているので)。大慌てで気温は涼しいはずなのに、大汗吹き出しながら、ああでもないこうでもないと作業。

CATVのモデムやルーターの電源を落としたりしたので、IPアドレスがグチャグチャになったのか?と思い、スイッチを入れ直してみたりいろいろ試してみました。でも、つながる気配無し。でも、なぜ僕のMacからはアクセスできるのか?和子さんの帰還時間は迫ってきてるし焦りまくり。

ブレイクを入れて、お茶をのみ、もう一度よ〜く確認してみたら…

ルーターとハブを繋ぐLANケーブルが無かった!

どおりで、僕のMacはルーターに直接つながっていたからアクセスでき、ハブからつながっていた他のパソコンやネットワークプリンターはアクセスできなかったわけです。やってもた!でした。


今回の、NAS接続で気付いたことを備考録的にメモ。

・NASの接続設定するときは、AirMacは「切」。
・まず最初にRAIDの設定。それからデータ移行。
・NAS(外付けHDD)にiPhotoを入れると、すんごく動作が遅くなる。

 
22:42  |  PC  |  Comment(0)

ハードディスクの引っ越しはタイヘン!

2012.10.16 (Tue)

2012101601.jpg
最近、なんだかパソコンの動作が以前と比べて緩慢だなぁと思っていたら、なんと!残りのハードディスク(HDD)容量が8%くらいになってました。

これというのも、デジタル一眼レフカメラやiPhoneで気軽に写真を撮るようになって、ものすごい容量の画像データがHDDを圧迫しているからです。といっても、仕事で撮ってる人とは比べものになりませんが、それでも250GBの内蔵HDDの150GBを使ってしまっていました。

そこで、この150GB分のデータを外付けHDDに移行するべく、作業を開始!

…の前に新しい外付けHDDを接続。

ところが、これがまた上の画像のように、すでにパソコン背面は周辺機器でゴッチャゴチャ。配線もグッチャグチャ。こんなの見たら、整理整頓&掃除好きの人はキィィーーーーー!!と血管の数本が切れることでありましょう。

メーカーさん、大きさや形がバラバラのACアダプターをなんとか揃えましょうよ。もしも電気が無線で飛べば最高にスッキリするやろなぁ…

…という妄想はさておき、いざ接続。そして気が付く。電源タップが足りない。ついでにLANケーブルも足りない。家電量販店に買い物へ。もう作業は全然進みません。

なんとか接続して、いざ!データを移行!

と思ったら、ノロノロノロノロノロノロノロノロ。超高速LAN対応のシステムなのに!これまた全然進まず。画面を見たら、作業が終わるのは「500時間後!」と表示されてます。来月の7日頃までかかるそうな。なんぼなんでも…これは悪い冗談でしょ?本気で冗談であってくれ!と願ってます。

メインのパソコンがこんな状態なので、とりあえずメインのMacBookProから必要なデータをMacBookAirに移して仕事をしています。これがいつまで続くかは、今のところ不明。いったいいつ移行が終わるのやら。トホホ。

--追記--
翌朝、確認すると、無事に一晩でデータは完全に移行できていました。最初はユックリ慎重に足下を確かめながら、ある程度道が固まったところでドドドッとデータが移行されたのでしょう(勝手な推測)。

 
23:15  |  PC  |  Comment(0)

セイウチと大工さんの話

2012.10.14 (Sun)

東京1泊出張からご帰還の和子さん。
風呂に入ってベッドに横になり、「ほれ」と足を出す。
足つぼマッサージをしてくれということらしい。

「何?その態度!」
と言いながらもツボをグイイ〜ッと押さえ込むと
「あ”ぁぁぎもぢい”い”〜グエぇェ〜」
と何語かワカランうめき声。
そして最後に
「セイウチに生まれてよかったぁ〜」
と申しておりました。

僕と加奈子は、この横たわった巨体を「セイウチ」と呼んでおります。
ちなみにセイウチに対する場合、僕は「大工」であります。
「不思議の国のアリス」に出てきた「セイウチと大工の話」です。
"the Walrus and the Carpenter or the story of the curious oysters"
加奈子はおかげでセイウチが"Walrus"というのも知っているのです。
キッカケがあれば、なんでも覚えられるモンですね。

そういえば、今夜も、明日の「アサイースムージー用に」と思って残しておいたバナナを、ペロッと食べられてしまいました。まさに、大工がキッチンに入っていた間に、牡蠣をペロッと食べたセイウチのようで。

 
22:02  |  日々の出来事  |  Comment(0)

金魚の最期に付き合った

2012.10.14 (Sun)

2012101401.jpg
いつの頃からか、金魚と一緒に暮らしていました。加奈子が保育園にいた頃、同じクラスのパパ友の職場の行事で金魚すくいがあり、その時、すでに金魚鉢があったので、かれこれ5,6年前からのこと。一時期は、7匹もいたことがあったのですが、ここ1年半は2匹になっていました。

一昨日の金曜日の午前中、残り2匹のうちに1匹が寿命をまっとうし旅立ちました。これまでは夜中に息を引き取り、朝水槽を見たら沈んでいるか浮かんでいるかでした。ところが、今回は朝から見る見る元気がなくなり、1時間くらいで息絶えてしまいました。

見えていて痛ましかったのは、息絶え絶えになる死期間際の金魚をもう1匹が突いて起こす画像の光景。
「寝たらアカン!寝たらアカンて!起きてよ!起きてぇよ!」
と突く、すると呼吸回数が少なくなった片方も、
「ゲホゲホゲホッ!だ、大丈夫や!」
と息を吹き返す。でももはや尾びれと背びれは動かず、胸びれだけで泳ぐも長く続かず、また横たわったまま動かなくなる。するともう片方が、ウロウロウロウロウロウロとものすごい勢いで泳ぎ回る。
「逝かんといてやぁ!残ったら僕一人ぼっちやん!」
時々、僕の方を見て
「あんた!なんとかならんの?ボーッと見るだけやなくて!あ〜もぉ〜」
という感じで訴えてくる。

こんな様子で数十分が過ぎ、ふと所用で席を立ち僕が戻ると、さっき以上に猛烈な勢いで泳ぐ残った1匹。その数分の間に最後の呼吸が終わっていました。

もはやなんにもできず、水槽からすくい上げて庭に穴を掘り埋葬しました。

アッという間にあの世に旅立ったとはいえ、その間の2匹の光景があまりにも人間的で、その分、命が尽きた時は僕もガックリし胸がキューンと締め付けられました。映像も撮っていたのですが、あまりに切ない2匹に、編集もためらいました。

金魚が旅立つ前後に、快復法や励ましのメッセージを頂き、ありがたいなぁと感じました。
 
18:02  |  日々の出来事  |  Comment(0)

パパみたいな大人になりたい!?

2012.10.12 (Fri)

ひと月ほど前のこと、突然、
「あんな〜加奈子、パパみたいな大人になりたい」
と言われました。

ほほう、それはそれは。
と心の中でニヤニヤしながら、
「どうしてそう思ったん?」
と聞くと、

「理由はいくつかあるよ。
まずは、ズーッと家にいて、
たま〜に仕事に出かけて、
ドンと稼いで、
ノ〜ンビリしてる。
で、いつもゴキゲンそう」

なんですか?それは。
ズーッとも家にいないし、ましてやドンとも稼いでないし。
でも、子どもにはそう見えるんやろなぁ。

とはいえ、
最後の「いつもゴキゲンそう」は
そう思ってもらえるだけで、ウレシいもんです。
いつも不機嫌な大人なんて、ましてやそれが自分の親だなんて、
子どもにとっては絶対にイヤでしょうから。

いつまでも、ゴキゲンな大人でいたいものです。
 
16:51  |  家事・子育て  |  Comment(0)

お地蔵さんにご挨拶

2012.10.10 (Wed)

2012101001.jpg
先日の晩ご飯どきの僕と加奈子の会話。

「じゃぁご飯食べよっか!」
「うん!」
「いただきます!」
「いつもありがとうございます」
「…ん?なにそれ?」
「あ(汗)お地蔵さんと間違えた」
「…なんと??」
「いや…いつもお地蔵さんの前通る時にゆ〜てるから」
「へぇ〜〜〜ぇぇ!そうなんや!」

低学年の頃、送り迎えしていた頃は、そんなコトしてなかったので、ここ数年以降のことかと思います。

なんにでも「いつもありがとうございます」という気持ちと言葉をもっているというのは、エエことだと思います。思っていてもなかなか口に出せない言葉ですが、普段から口にしていると、それはきっと自分にも返ってくることでしょう。

確かに、近所のオバチャンの中に、前を通るたびに合掌している人達がいるから、きっとその人達を見習ってのことなのでしょう。特に「こうしなさい!」と教えられたわけでもないだろうし、自分からやってるんでしょうね。僕が教えたわけでもないのに、ちゃんと人を見ているんですね。驚きました。真似たい大人が地域にいるというのは、本当にありがたいことです。

 
16:10  |  家事・子育て  |  Comment(0)

名古屋の甥っ子に会ってきた

2012.10.09 (Tue)

2012100801.jpg
3連休の最終日は、加奈子と妹一家に会いに名古屋へ出掛けました。

甥っ子も上は4年生、下は5歳になって、チョコチョコ動く範囲も内容も広くなってました。それを見て、加奈子は「男子って単純でエエなぁ〜」とシミジミ。なに?その熟女みたいな発言…でした。

今回は、妹の頼みで、れいの「ロード・オブ・ザ・リングSEE版3部作」を持って名古屋へ。さすがに短時間でSEE版3本分を全部みるのは不可能なので、追加シーンの場面だけを飛ばし飛ばしに。それでも数時間かかってしまい、帰る時間の直前に。

加奈子は、「何度見ても新しい発見がある」と言うマニア的見方をするので、叔母と付き合ってましたが、甥っ子二人はいつのまにか自転車遊びに。最初からこうやって遊ばせとけばヨカッタとチョット後悔。

2012100802.jpg

お昼は、途中で寄り道した名駅のタカシマヤで買いこんだ名古屋グルメ。天むす、味噌カツ、ひつまぶし、エビフライ、手羽先などなど。それにみわ屋の牛まぶし弁当。この牛まぶし弁当はホンマに美味しかった。義弟も「うんめぇ〜!」と喜んでくれました。

盆も正月も会わなかったので、久しぶりの甥っ子達でした。自分が「伯父さん」であることを実感した一日でもありました。

 
17:28  |  家事・子育て  |  Comment(0)

学生のコストコパーティーにお呼ばれ

2012.10.07 (Sun)

2012100701.jpg
昨晩は、今年と去年受けもった学生(それも人生いろいろあった組)のホームパーティーにお呼ばれしました。料理類はすべてコストコ!我が家もたまにコストコで買い物しますけど、量が多くて買うのを躊躇している商品がたくさん。

そんな普段、躊躇していた商品達が大量に買い込まれて並んでました。ピザやパスタ類は小分けして焼いたりチン☆したり。ここでも家と同じようなことをしている僕でした。

でもまぁ、みんなで協力し合って準備するのは楽しいもんです。そして、会場になった麻美さん宅のキッチンはとっても動きやすかったです。ウチと同じ壁付きキッチンでしたが収納場所等の配置がいいんでしょうね。

ピザも、パスタ、サラダ、寿司、パエリヤ…どれもヘタな店で食べるよりは美味しかったです。コストコ以下の味の店はこの先がないかもしれません。なんせ、どれも格安ですから。とくに、誕生日スペシャルのティラミスはメチャ美味でした。

19時頃からスタートし、気が付いたら翌日になっていたパーティー。若者達はまだまだ食べて飲んでたみたいですが、さすがに僕はお先に失礼しました。ワイワイギャーギャーと盛り上がってました。結婚・離婚の話や子どもの話、キャリアプランの話や学校での裏話など、普段、教室では聞けないような話もたくさんあって、これが採点前ならエライことになっていた予感です。次は忘年会?

 
22:17  |  日々の出来事  |  Comment(0)

京都でフムス

2012.10.06 (Sat)

2012100601.jpg
2007年の夏にロンドンを旅行した時、ホームステイ先の冷蔵庫にあったのがフムスの瓶詰め。最初、マッシュポテトの瓶詰めかと思ってパンに塗って食べたら、なんとも美味!

「これは一体なんぞ?」
と聞くと、
「ヒヨコ豆のペースト」だと。
「なんという料理?」
「フムスという中東料理だ」

あれから5年。
昨晩、京都のトルコ料理屋「イスタンブールサライ」で久しぶりに口にしました。
はじめて食べた時のようなインパクトはなかったモノの、まさにあの味でした。

「冷蔵庫の中のモノは好きに食べてイイよ」と言われても、そうそう好き勝手食べられなかった僕ですが、フムスだけは一人で瓶詰めの半分位食べてしまいました。

豆料理というのもあって、食べ過ぎた後の数日間、オナラが止まらなくなるという事態が起こりました。「屁こぎ姉さが嫁に行く in ロンドン!」みたいでした。

いろいろ含めて「もうあれから5年も経ったのか!?」な思い出のフムスとの再会でした。御香宮のケバブサンドや伸びるアイスに引き続き、トルコ料理とご縁のある一週間であります。
 
15:38  |  日々の出来事  |  Comment(0)

御香宮のお祭りに行ってきた

2012.10.03 (Wed)

2012100304.jpg
昨日は、加奈子が学校から帰ってすぐに加奈子の友達から「御香宮のお祭りに行こう!」とお誘いがあり、僕も久しぶりなので付いて行くことに。加奈子が3年生になるまでは、毎朝、一緒にこの鳥居をくぐって、学校へ向かう交差点まで見送ったものでした。

2012100306.jpg
こんな風景は、まさに「エキゾチックJAPAN!」だと思います。他の国では見られない独特な光景。外国からの留学生とおぼしきグループもいました。もちろん観光地や有名なお祭りにもいいところはイッパイありますが、こんな日常の中の日本的な風景もエエもんですよ。

2012100301.jpg
御香宮といえば、この千姫御輿!…というのを、月見館の女将さんのFacebookを読んで「あれだったのか!」と改めて確認した次第。あまりに日常の中にあると、その有り難さに気付かないことも多々。お恥ずかしい限り。

2012100303.jpg
夜店も、17時台だと子ども達がたくさん。とくにこの神社は加奈子の小学校校区内にあるので、馴染みの子ども達もチラホラ。見回り中の学校の先生やPTA役員さんにも遭遇。今年は加奈子の運動会を見に行けなかったので、久しぶりにみんなの顔を見た感じ。

2012100302.jpg
エキゾチックJAPAN!なお祭りだけど、毎年東門入ってすぐにいるのは「ケバブ」の屋台。僕も加奈子もケバブ()正確にはピタパンケバブね)好きなので、欠かさず買ってます。伏見稲荷にもゑびす神社にも出てくるケバブ屋さん。たいてい同じお兄さん。今年は隣に「のび〜るアイス」も来てました。アイスの盛りはややシブチン気味。ケバブも、ヨーロッパで売ってるみたいにトマトやオリーブのせて、サワークリームたっぷりにしてくれると、あたしゃ毎日食べてもイイよ!って思ってしまいます。

今年は、大手筋の西端にあるインド料理屋「ニューデリー」の屋台も出てました。小籠包の屋台、チヂミの屋台など、屋台も国際的になってきました。日本の神様は寛容だから、へんな民族主義がなく、みんなでお天道さんの御利益にお礼しよう!なエエ感じです。このユルさこそ、日本のエエところだと思うんですけどね。

2012100307.jpg
加奈子のお友達が、「みずあめ」で4本も当ててしまい「加奈子食べて」と1本もらうも、矯正具のついてる加奈子は飴・ガム・グミ類がアウト!コネコネしただけでした。口にする直前までアウトなのを忘れてたというノンビリさん。

2012100305.jpg
御香宮からの帰り道すがら、僕が小学2年生の時に、縁日に行って帰りに迷子になり、知らないオッチャンの車に乗せてもらって家に帰った話を加奈子にしました。
「え〜っ!!知らん人の車に乗ったりしてエエの?!」
「世の中のほとんどに人はエエ人やねん。悪い人の方が少ないねん」
この世は知らない人だらけ。この先もたくさんの知らない人達と仕事したり、一緒に移動したりするわけです。そんな知らない人達のほとんどが悪人みたいに教えるのは、どうも納得できないんです。「この人はヤバい」と思えるのは、ヤバくない人をたくさん知ってるからできることです。

一緒に神社のお祭りに行けるのも、残りわずかやろなぁ。もしかしてこれが最後になるかも?
 
12:50  |  家事・子育て  |  Comment(0)

加奈子が歯列矯正はじめました

2012.10.02 (Tue)

画像をのせようかと思ったんですが、見た感じがあんまりよくないのでやめました。

昨日、矯正歯科医に行って、加奈子の上顎に装具が取り付けられました。歯列矯正の装具というと、僕は銀色の針金みたいなのが前歯にくっ付くアレしか思い付かなかったんですが、加奈子の場合、舌が前歯を押し出しているとかで、まずは舌の位置を適切な場所で安定させるという装具から付けることになりました。

これを1年くらい装着するらしいのですが…正直言って、加奈子のQOLはガタ落ちです。食べにくい、喋りにくい…メンタル発達の大事な時期に、こんなウットウしいモノ付けて生活せなアカンのか?と思う一方で、この先どんどん前歯が出てきて出っ歯になるのもQOL強烈ガタ落ちだし…。

いろいろ考えるところがありました。つまり、日本にいる限り、ちょっとくらい歯並びが悪くてもシャーナイと思えますが、欧米に行くと、歯並びが悪いというのは致命的にマズい印象を与えてしまいます。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」でエリザベス・スワンを演じたキーラ・ナイトレイも、エリザベスの頃はガタガタで「欧米系の女優にしては珍しいなぁ」と思っていた歯並びも、いつの間にかキレーになっているように見えます。

僕も若い頃は歯並びなんて全然気にしてませんでしたが、外国(特に欧米)へ行くようになると、自分の歯並びの悪さにガックリするようになりました。なんというか、どんなにイイ服を着ていても、そのズボンの膝に穴が空いてるようなモノだと感じます。できれば小さな頃に治したかったなぁと思っています。

加奈子がどんな人生を選ぶか?どんな人と付き合うか?どんな仕事をするか?どんな教育機関に進学するのか?あるいはしないのか?そして、どんな服を着て、どんな化粧をするか?それは加奈子自身が決めることで、僕がとやかく口を出すことではないと思っています(今のところ)。でも、歯並びだけは、親のエゴと言われようと、整えて社会に出してやりたいと思っています。

2012100201.jpg
昨晩は、今シーズン初めての鍋をしました。ご飯は「装具があって食べにくい」というのでお粥にしました。

2012100202.jpg
今朝もお粥にしたのですが、「やっぱり美味しくないよ」とたくさん残しました。その残りが、今日の僕のお昼ご飯。残った粥を中華スープでもう一度ネギを混ぜて煮込み、最後に卵でとじる。これがなかなか美味しかったのでした。

今日からは普通のご飯にしてみます。きっとすぐに慣れるはず。歯列矯正なんて、親の都合かもしれないけれど、これだけは頑張ってくれ!
 
15:49  |  家事・子育て  |  Comment(0)
 | HOME |