加奈子の新しい自転車

2011.07.31 (Sun)

2011073001.jpg
昨日、加奈子の新しい自転車を買いました。前から夏休みに入ったら、誕生日プレゼントで買おう!とゆ~てたので、一足早い誕生日プレゼントになりました。

自転車屋に着くまでは「マウンテンバイクがいい!カッコいいし」とゆ~てたんですが、店にいろいろ並んでいるのをみると、やっぱりこういう感じの自転車を選んでました。

6段変速の付いた24インチ(あれ?26インチだったかな?)の自転車です。そのままだとサドルが高すぎるので、クッションバネを抜いたタイプのサドルを付けてます。

僕としては、もうちょっとイイ、しかもジャストサイズの自転車を選ばせたかったんですけどねぇ…まぁ、加奈子はえらく気に入ったみたいで、今日は僕の買い物にも自転車に乗りたいから付いて来るという具合です。

ちなみに、この前の自転車は2007年4月30日に買ってます。
2011073002.jpg
保育園年長組の時の加奈子です。ものすごい大きくなってます!

ちょっと困ったことがありまして…加奈子は前進に関しては問題ないのですが、バックの時のハンドルの切り方が全然理解できてないんです。自転車を自転車置き場に入れたり出したりする時に、バックで出し入れするんですが、よくあらぬ方向に動かしてます。このままだと、いつか狭い場所で、よその車にギギギ~と傷を付けたりしそうです。こんなことをいちいち教えなアカンのかな?とちょっと不思議。
23:56  |  家事・子育て  |  Comment(2)

ただただ運がイイだけ

2011.07.30 (Sat)

昨日、知人が講演をキャンセルする事態になってしもたそうな。

間に合う時間に起きられず、
新幹線に乗り遅れ、
代替の飛行機にも乗り遅れ、
空港で呆然と…だったそうな。

僕もたま~に、夢で目の前で乗り遅れる夢をみます。
その途方に暮れる感は、我がコトのように感じられます。

講師をしていると、話の中身ももちろん大事だけど、
なによりも、

その時間にそこに居る

というのが一番大事。
みんな、それをわかってるので、
前の日に現地入りしたり、一つ早い便で移動したりと対策してます。

でも、例えば、「途中の地域で大雨が降りそうだから」と
念のため雨の前に現地Aに入って講演できたとしても、
次の講演地B、Cへの道路が土砂で埋まって立ち往生。
「復旧には3日かかります」となったら…

どんなに気を付けていても、この不安定な時代。
電車に飛び込む人も、いつどこにいるかわからない。
「人身事故でダイヤが乱れてます」
は、ホンマに焦ります。

トイレのない電車で、突然お腹が痛くなったら…
最寄りの駅で降りるしかありません。
次の電車が数分後に来てくれればいいですが、
数時間後だと、もうアウトかも。

その時間にそこに居る
ができるのは、ただただ運がイイからだけかもしれない。

自分も元気でみんなも元気で、
犯罪もテロも戦争もなくて、
沿線での大火事もなく、
踏切事故もなく、
鉄道・航空会社もシッカリしてて、
天気も良くて…

当たり前のようで当たり前でない。
運だけでもないけど、運の部分も大きい。
いろんな面でいろんな人達の、チョットした偶然が重なって
いつも無事に講演できてるんやなぁと実感します。

お天道様も皆様も、有り難う御座います。
23:33  |  日々の出来事  |  Comment(0)

岡山県高梁市で講演しました

2011.07.29 (Fri)

今年1月29日に岡山県教職員組合女性部・男女平等推進委員会主催による講演からの紹介で、今回は教職員組合の高梁支部でも講演することになりました。半年ぶりの岡山県。紹介の紹介が続き、
2011072901.jpg
今回は伯備線沿線。初めての特急「やくも」にドキドキ。なにしろこの「やくも」に使われてる車両381系は、「電車酔い」する車両として有名なんです。

乗ってみると、確かにカーブにさしかかると急にガクッと横揺れに入り、急に元に戻る感じで、激しく揺さぶられる感じです。「スーパーはくと」「しおかぜ」「しなの」「N700」などとは違った振り子感。それでも、岡山から備中高梁までの30分程度なので、それほど酔いも感じませんでした。

備中高梁駅で、お迎えの担当さんと合流して、まずお昼ご飯へ。十割そばが食べられる「方谷庵」へ。
2011072902.jpg
ホンマに、蕎麦アレルギーがなくてよかった!と思わせてくれる蕎麦でした。ただ、食べてる間に身体がなんだかユ~ラユラ。「ん?」と思ったんですが、これが「やくも酔いなのか!」を実感。

この「方谷」というのは、高梁市の名士「山田方谷」に由来する名前です。僕もよく知らなかったんですが、道中、講師仲間の鎌田敏さんからメールをもらい、さっそく調べて次第。付け焼き刃とはいえ、知らぬと知ってるとでは大違い。同じ蕎麦もずいぶん楽しめました。

さてさて、講演の方は、半年前とはちょっと変えた内容でしたが、同じように最後に熱入れすぎて声が枯れ気味になりました。

僕は「プチ家事」をしゃべり出すと、エンジン全開になります。実例を話すのは楽しいし、反応も良いし、そればっかり話したい気持ちもあります。ただ、相手が先生ですし、そればっかりでは…と思いながら、ついつい抽象的な話も盛り込み盛り込みしてるウチに、いつの間にやらてんこ盛り。

1回の講座で全部話しきるというのは、どこかで無理がきますね。今回もちょっと詰め込みすぎた感じは否めません。でも、「もしかしたら、もう二度と来られへんかもしれん」と思うと、頑張ってしまいます。やっぱり、「喋り足りない部分を補足してくれる著書があったらなぁ」と思いました。

質疑応答の時間に、前回、岡山駅までお迎えに来てくれはった先生から、プレゼントを頂きました。「子どもにウケるレシピメモ」でした。ありがとうございます!そしてわざわざ同じ人間の同じような講演を聞きに来てくれてウレシかったです。「話を聞いて、元気になりました!」と仰って下さり、

今回、講演会場の写真を撮り忘れました。帰りの備中高梁駅でパシャリ☆。

2011072903.jpg
23:34  |  講演記録  |  Comment(0)

アホは治らん?

2011.07.28 (Thu)

大学時代の後輩が京都に来るというので、「じゃぁお茶でも」と小川珈琲京都三条店で3時間、話し続けました。

今思い返すと、「なんであんな話をしてしもたのか…」というような話題も。格好悪いことこのうえ無しであります。いやはや、エエ年こいて未だにガキンチョのような話をしてました。

まぁ、「はいはい」と聞き流してくれそうな人だったので、いろいろ話したんですけど、「こいつ…アホやわ」と思われてもシャーナイですわ。一部めちゃめちゃウケてた話もあったので、全部が全部アホ話でもなかったかな?

でも、懐かしい話もたくさんできて楽しかった。楽しかったから、アホな話もツイしてしもたんやと思います。

酒無しでアホ話全開してしまう自分は、根っからのアホなのかもしれない。
もっとも「酒が入ってたから」を言い訳にするのもアカンと思いますけどね。
23:28  |  日々の出来事  |  Comment(0)

家事はワークか?ワイフか?

2011.07.28 (Thu)

明日は岡山県高梁市でワーク・ライフ・バランスをテーマにした講演します。

いつも、ワーク・ライフ・バランス講演の中で、
「これはワークか?それともライフか?という区別は不毛だ」
という話に触れます。

例えば、普段、学校がある日に、自分が食べるためだけに作る昼ご飯は、「なに食べようかなぁ?お、これが残ってたか!コレなら…煮込んでみようかな?」と自分の好みの味で、自分の腹具合に合わせた時間と量で食べることができます。リフレッシュも兼ねた時間で、これは、僕としてはかなりライフ的(私的)な時間のように思います。

しかしながら、ただ今、加奈子の夏休みまっただ中であります。こんな時の昼ご飯は、これはもうワーク面がかなり大きくなってます。自分の腹具合とは関係なく「なぁ~パァパァ~、お腹へったぁ~」と言われると、こっちはそんなに減ってなくても、仕事が佳境に入っていても、「ちょっと待っとき!」と言うか「シャ~ナイなぁ~」と作るかです。料理は、親としての義務的ワークに成り下がります。でも、逆にいうと、こういう時間があればこそ、学校がある日の昼ご飯が相対的に「楽しみ」にも見えてくるわけです。

同じ昼ご飯を作るという行為で、しかも同じメニューであったとしても、状況によってワーク的になったりライフ的になったり。つまり、家事はワークか?ライフか?という区別はあんまり意味が無いことになります。

僕は、ワークとライフを区別をするのは天秤的発想のバランスで、ワーク・ライフ・バランスというのは、東洋の太極図のように、ワークとライフがお互いに影響し合い、その境目も直線的ではなく曲線的であるという考え方ではないかと捉えています。

お互いに影響し合うことを差して、ワーク・ライフ・シナジー(相乗効果)という論者もいますが、マイナスの意味での相乗効果(相殺効果?)も起こしうるので、相乗効果とは言い切れないと思います。



…と、まぁ、明日の講演があるので、辛気くさいことをつらつら書きましたが、言いたいのは、

夏休み中の昼ご飯作るのって、ホンマにタイヘン!

ということです。普段以上に手抜きしてしまうのは、こういう事情です。

僕の母は、休み中も朝に昼の弁当を作ってました。家で食べる時も、昼は母の弁当。弁当箱には入ってなくて一皿に盛りつけられてました。これなら仕事も中断されなくてエエです。でも、冷たいご飯って、美味しくないんですよね。でも、作る側になると、弁当でエエやん!という気にもなります。無理の無い範囲で、いろいろ選択しながら乗り切っていきたいもんです。

とりあえず、明日は目一杯喋ってきます。
23:15  |  男の家事  |  Comment(0)

加奈子の奥歯が抜けた

2011.07.26 (Tue)

2011072602.jpg
一昨日くらいから「抜けそう」と言っていた、加奈子の奥歯。
昨晩、晩ご飯の途中で、ボロッと抜けました。

さんざん虫歯の治療をした歯でした。

MacBook Airの背中に乗せると、
なにかメカニカルな感じがしないわけでもなく。

リンゴを囓ったら歯が抜けた!という感じ?
抜けた歯をリンゴが囓ろうとしてる?

生えてくる永久歯は虫歯の治療をせずにすみますように。

そろそろ歯が生えそろってきました。
下の前歯はきれいに並んでくれたんで、
上の歯もきれいに並んで欲しいモノです。

歯並びだけは、
どんなに金使ってでもチャンとせんとアカン!と、
歯並びガタガタの僕は強く思うのでした。
 
14:44  |  家事・子育て  |  Comment(0)

ランニングのお供に

2011.07.26 (Tue)

2011072601.jpg
ランニングのお供にSWANS Airless-Leaf SA-606を買いました。
僕と会った人はご存じだと思いますが、僕は目がデカいんです。夏場は、目ん球が日焼けしてジンジンしてくるんです。これはシャーナイと諦めてましたが、年をとってくると、だんだん我慢できなくなってきました。

和子さんが先に『通販生活』に載ってたのに近い、SA-008を買ったのを付けてみると、視界は暗すぎず、かつ紫外線もカットしてくれてる実感があって、とっても楽でした。

「僕も買おうかな」と思っているうちに、なんと「SA-008」は生産が終わってしまったらしく、SWANSのサイトにも見当たらなくなってしまいました。仕方なく、似たような仕様のサングラスを探し、SA-606を買うことに。

SA-008よりもさらに軽いんですが、ちょっと横幅が広いようです。僕にはちょっと緩くて走ってる最中にズリッと落ちてくる感じ。でも、ピッチリしすぎるサングラスだと、まつ毛がレンズにピチピチ当たって、これまた使いにくいんです。キツすぎず緩すぎないというのは、サングラスでは特に難しいです。

数年前から、母が「まぶしいまぶしい」と、どこへ行くのも度付きのサングラスをするようになりました。「そんなに眩しいか?」と思ってたんですが、最近、あのボヤキがわかってきました。若い頃は、露出を自分で調整できてたのが、だんだん自前の露出調整だけでは絞りきれなくなってきてる気がしてきました。

サングラスをして走ると、まぶしさも抑えられるし、地面もよく見えるので、気持ちイイです。白内障の予防にも効果大だそうです。
14:43  |  ランニング  |  Comment(1)

季節の食べ物!

2011.07.25 (Mon)

2011072502.jpg
今年も鰻を頂きました!
しかも天然鰻。
身の厚さが全然違うんです!

土用の丑の日をから中一日おいて3日。
鰻三昧でした。家族3人で楽しみました。

2011072501.jpg
鰻を頂いた方から、岡山名産の「マスカット・オブ・アレキサンドリア」も頂きました。
これがまた、美味しいんです!

毎年ありがとうございます。
18:50  |  料理  |  Comment(0)

脂肪だらけの身体なん?

2011.07.25 (Mon)

先週の土曜日23日のこと。和子さんの前職場でもある京大病院のオープンホスピタルに出掛けてきました。

そこで、いろんな診療科の紹介もあるんですが、ついでに簡単な検査を受けることができるので、あれこれ受けるのを一つの楽しみにしてます。

今回もInBodyやってみました。
走り始めて約半年。そろそろカチッとした身体になって、筋肉量も増えて「おおお!」という結果になってるという期待も込めて。

…のはずが、

体重は54.8㎏でBMIは「22.0」という標準ど真ん中。これは普段どおりの結果。

ところが、
体脂肪率が「20.7%」!
なんなんですか?これは。標準をややオーバー。

骨格筋量は「ギリギリ標準」の「24.0㎏」なのに対して、
体脂肪量は「11.3㎏」と「『高い』がすぐそこの標準」。

内臓太り?という疑惑もあるけど、
体脂肪バランスは、「全身まんべんなく脂肪ON」というデータ。

しかも、他の検査で出た、
脚筋力WBIも「日常生活は支障なく行えるが、疲れやすくスポーツでは思い切った動作ができないうえ、筋肉痛を伴う」という「0.6~0.8」。

なんか…
走ってるのに、脂肪プヨプヨの身体だったとは。
ガックリであります。
しばらく数値見ながらボーゼン…でした。

走っても筋肉は付かないんかな?
そういえば、血液中の中性脂肪値も高いし、全身高脂肪なんかな?
筋肉量がすくないから腰痛になりやすいんかな?

でも、そのわりには、10㎞くらい走っても、
ほとんど、というかまったく疲れないのはなんでやろ?
走るペースが遅すぎるんかな?

でもまぁ、3年前の計測値が残ってたので比べてみたら、
体脂肪率「23.0」だったのが、今回「20.7」でした。
だいぶん改善してとも言えるかな?

走るのは汗かいて気持ちイイし、
ランナー仲間とも会って話するのも楽しいし、
走った記録が残っていくのもオモシロいから
まだまだ続けます。

来年こそは!
もっといい数値のデータが出るように!
18:37  |  身体のコト  |  Comment(0)

加奈子のプリキュアブームは2年半

2011.07.24 (Sun)

金曜日の夜の飲み会の席での話。
娘もちの親ばっかりってコトで、
「プリキュアグッズが増えるぅ~(T_T)」
「あれはいつまで続くんやぁ~(T_T)」
という話に。

とっさに思い出せなかったんだけど、加奈子のプリキュア歴は、
2005年の『ふたりはプリキュア Max Heart』の途中から始まり、
2006年の『ふたりはプリキュア Splash Star』
2007年の『Yes! プリキュア5』の途中まででした。

ということは、加奈子は4歳から6歳途中までですね。
ちょうど年少組から年長組の途中まで。
「Splash Star」の途中で熱は醒め始め、
「Yes!」の開始でちょっと盛り返したモノの、
夏休み前には完全に醒めてしもてました。

「Max Heart」のグッズはたくさん買いました。
クイーンチュアレクトやなんたらコミューン。

「Max Heart」の時は、「マジレンジャー」「響鬼」と他も楽しんでたナァ。
マジレングッズも響鬼グッズもチョットずつ買わされましたわ。

「マジレン」の前には「ゾロリ」をしてて、これも好きで、
とにかく加奈子の日曜日はえらい早起きやったです。

いずれにしても、ブームはパ~ッときて、
ある時、急にパ~ッと過ぎ去ってしまうモンです。

しばらくの辛抱です。


た・だ・し



子どもより親の方がハマッてしまった場合は別です。
08:24  |  家事・子育て  |  Comment(0)

ロブスターとオープンホスピタル

2011.07.23 (Sat)

お昼前はロブスターと格闘。
2011072301.jpg

2011072302.jpg
「オマール海老のビックリムース」はとっても手間の掛かる料理だということが、よ~くわかった。

午後からは、京大病院のオープンホスピタル(PDFファイル)へ。
2011072303.jpg

2011072304.jpg

説明は後ほど。
23:59  |  家事・子育て  |  Comment(0)

降りかかったコトをどう解釈し、どう行動するか?

2011.07.23 (Sat)

昨日の、東梅田での飲み会の帰り。京都方面行き京阪特急は最終でした。

当然のように座席は満席。つり革に捕まって立ってると、目の前に僕がRoland退社後に心斎橋そごうでバイトしてた頃、正社員だった人が。グッタリヨレヨレに疲れて、薄目と口を開けて寝てました。心斎橋そごうは、今や影も形もなく、大丸になってしまいました。彼は無事にどこかに転職したらしいのですが、それにしても半端ないくたびれた様子でした。

僕は阪神淡路大震災の影響で、そごうの下請け会社(僕の直接の雇い主)から「来月から来なくてイイ」と言われましたが、あの時スパッと辞めた(辞めさせられた)からこそ、今があるような気がします。あのままズルズル残っていたら、大学院に行くキッカケも失ってたような気がします。そうなると和子さんとも出会ってなかったし、加奈子も生まれてなかったし、講演講師もしてなかったと思います。

「派遣切り」や「雇い止め」「突然の一方的解雇」はズーッと問題になってます。確かに、働き手の成果とは無関係に、雇い主の勝手に、働き手が振り回されるのは問題です。でも、そんなことをする雇い主は、やっぱり「その程度」の雇い主であって、長い目で見た時、例え争って雇用の継続を勝ち取ったとしても、先は知れてるような気がするんです。あの元そごうの社員のくたびれ具合を見てると、そんな気がしました。

確かに「クビだ」「もう来なくてイイ」と言われると、全人格を否定されたような気になるでしょうし、僕でもそんな気になりました。でも、僕の場合は、自分の働き方が決して100%誠実だったとも言えませんでしたし、サボったりダラダラ働いていた瞬間も多々あったので、「あ~やっぱり?そりゃ切られて同然かもね~」とも思いました。「来なくてイイ」と僕に言った管理職の人もとっても言いにくそうでツラそうだったのが見て取れましたし、むしろそっちの方に同情したりもしました。

あの後、本当に食べていくのに困った日が続いたんですが、夜のビル掃除や駅の看板広告張り替えなど、その日一発の仕事でなんとか食べつなぎながら、大学の通信教育課程を卒業し、社会福祉士をとって、大学院にも進学できました。

僕がクビを宣告されたのが、27歳(たぶん)という、まだ若いうちでラッキーだったのかもしれません。子どもも居る状態で「クビだ」と言われると、そりゃタイヘンだと思います。でも、ある日突然、職を失うことは、資本主義社会ではかなりの確率で起こりうることです。そんな「起こりうるコト」が降りかかってきた時、それをどう解釈し、どう行動するか?これこそ、その人の生き方や考え方が表れる瞬間だと思います。

僕は、本当にラッキーな人間だと思います。局面局面で、たいして深く考えもせず、「なるようになるやろ」と思いながら選択したコトが、全部良い方に来ました。

あの当時、僕は、サラリーマン街道を踏み外し、そごうに出入りしながら食べていくのがやっとの暮らしでした。その僕が、昨日、楽しい楽しい飲み会の帰りに上機嫌で帰ってる、その目の前に、有名企業の正社員で、それなりの待遇だったはずの人が、くたびれ果ててよだれを垂らして薄目を開けて寝ているのです。なにがシアワセなのかは、ある一瞬の一場面を切り取っただけではワカランものですね。

ま、この僕も、この先どうなるかなんて全然わかりません。でも、それがまた生きていくおもしろさでもあります。なにをするにせよ、自分で解釈して、自分で行動を選ぶ。そしてその時できるコトを精一杯やってみる。これを忘れなければ、なんとかなるような気もしてます。
23:57  |  日々の出来事  |  Comment(0)

午前中は島本町、夜は東梅田へ。

2011.07.22 (Fri)

22日金曜日を事後報告。

午前中は、大阪府島本町で平成23年度人権啓発施策審議会に参加。

今回は全体会で、島本町の人権に関わる代表者が一同にそろい、先日の三田市での審議会の倍以上の参加人数。今回は、活発な議論を行うというよりも、これまでとこれからの経過の報告を受けながら、次を見据える感じでした。次からは男女共同参画に関する部会の会合になり、人数も減るので、先日の三田市の審議会のように、議論が行われることでしょう。

この機会に、8月5日に同じく島本町で行われる、男性向け料理教室についての打ち合わせもチョロッと。

一度、京都の家に戻って、昼ご飯を食べる。
前日、土用の丑の日に前の職場の同僚さんから頂いた鰻で鰻丼。最近、鰻の値段が高騰してるので、鰻を頂けるなんて感激!しかも、僕の好物!美味しかったです!また鰻がたくさん残ってるのが、ものすごくシアワセ。
2011072201.jpg

しばらくすると、夏休みに入って♪ご機嫌♪の加奈子が帰宅。
夏休みに「涼宮ハルヒ宣言」する加奈子。
「なにそれ?」
と聞くと、
「7月中に宿題を終わらせるってコトやん!」
なるほど、「エンドレスエイト」のことだったのか。

夕方になり、自分が食べることのない、和子さんと加奈子の晩ご飯の焼きそばを作ってから、今度は東梅田へ。
2011072204.jpg
東梅田といえば「泉の広場」。僕は大学時代、毎週、ここを通り抜けて「スタジオKEY」にリハーサルに通っていたのでした。いろんなバンドを掛け持ちしてたので、週3回のこともあったし、他のスタジオと行ったり来たり。泉の広場の独特の雰囲気は今も変わらず。ただただ懐かしい限り。

講師仲間の山口照美さんが仕事で関わっている会社の「塚田農場 梅田東通り店」オープンに合わせた飲み会にお呼ばれ。照美さんの仕事仲間さんとご一緒。
2011072202.jpg
よ~くよく思い返してみると、店のオープンに立ち会うのって、Rolandの営業時代以来かも。営業開始日や新装オープン日は、たいてい混み混みだしバタバタするしで、避けてました。久しぶりのオープン日来店は、これはこれでエエもんです。活気があるし(お客さん満席状態!)自分もバタバタ状態の中からカイゼン点や可能性を見付けて楽しめるようになったんやと思いました。
2011072203.jpg
「塚田農場」の店自体は、「これが東京から来た店なん?」というくらい、コテコテな大阪ノリでした。テーブルごとに担当がだいたい決まってるみたいで、その子がやたらとテーブルにやって来るんです。もちろんオーダー取ったり、料理運んだり下げたりもそうですが、それ以外に、ポイントカードの説明やら、名刺代わりのシールやら、なんやらかんやら。こりゃオッチャン達大喜びやと思います。照美さんの話では、僕もそうとうチャチャやらツッコミを入れてたそうです(あんまり覚えてない)。型通りの接客にウンザリしている僕には、楽しい雰囲気でした。ちょっとやり過ぎ?なところが、東京的なのかもしれませんけど。最近の「草食系男子」のこの店での反応が見てみたいです。

19時から飲み始め、店を出たのは23時。アッという間の4時間。話も笑いも尽きない楽しい楽しい飲み会でした。
21:55  |  日々の出来事  |  Comment(0)

乗換を調べるソフト

2011.07.21 (Thu)

パソコンを使い始めて、ズーッとWindowsユーザーだった僕は、出張やレジャーで使う鉄道を調べるのに、「駅すぱあと」を使ってました。なんでこのソフトを使い始めたのかは、未だに謎なんですが、きっと最初に買った富士通のデスクトップにバンドルされてたからなんだと思います。

しばらくして、IBMのAptivaを買った時に「乗換案内」が入ってたんですが、地図が気に入らなくて使わず、そのまま「駅すぱあと」を遣い続けました。

そして、2011年の今も、「駅すぱあと」を使ってます。

ところが、今は僕のメインはMac。Windows機も使ってるんですが、使うのは家計簿と「駅すぱあと」程度。このソフトのためだけに、Windows機を立ち上げるのも、とってもメンドウなこと(なにしろWindows機の立ち上がりはものすごく時間が掛かる)。

そこで、「駅すぱあと」のMac版を購入してみようかと思ったら…

Mac OS X Lionは非対応となります。また、今後の対応予定もございません。

と。
つまり、「もうMac版を作り続ける気はございません」ということらしい。

Mac OS X Lion対応なら「乗換案内MacX」があるようですが、やっぱり「あの」画面だし、なんだかレビューを見てると時刻表データの期限が切れると使えないらしい。期限が切れるっていっても、変更になる区間はごく僅かだったりするから、チョットくらい古い時刻表でも問題ないっちゃ問題ないのに。

Macで使える乗換案内ソフトって、なかなか無いんやなぁ。

かくなるうえは、Parallels Desktop 6 for MacVMware Fusion 3を買うしかないのか?
しかしParallelとFusion、どっちがエエんやろ?
 
16:11  |  PC  |  Comment(0)

台風でドタバタ

2011.07.20 (Wed)

昨日から「どうなることやら」と見守っていた台風の進路。
今朝6時、警報注意報を見てみると、京都市に暴風警報!
加奈子に
「とりあえず1時間目2時間目はないで」
というと
「ヤッタ~~!!」
と歓喜の声。

ところが、どうも風が強くなる気配もなく、雨もピタッと。
和子さんが職場に到着してすぐくらいの8時半頃に電話が。
「警報、解除になってるで!」

確認すると、警報の影が…
看護学校の教務主任さんからも
「解除されましたねぇ」
と電話が。

加奈子は9時時点で解除なら、10時半からの3時間目からの学校。
学校までは歩いて30~40分。
とはいえ、加奈子一人に戸締まりさせるのはかなり面倒。

「本持って行っていいから、一緒に家出る?」
「あ、一緒でエエの?」

というわけで、久しぶりに加奈子と駅までのホンのちょっと一緒に登校&出勤。加奈子が学校に到着したら、先に男子が一人来てたらしいけど、加奈子が到着した少し後からはゾロゾロだったそうな。みなさん中途半端な時間の登校になったので、早めに送り出したんやろなぁ。

電車も普段とちょっと違ったメンバーでした。駅から学校までの道にも小学生の姿がポツポツ。ちょっと新鮮。

僕は、今日の講義は、どうしても今日したかったんです。なにしろ、夏休み中のレポート課題とその解説、そしてレポートの書き方を話す予定だったんです。もしも台風で休講になった場合は、提出しめきり前日の8月31日にナル予定でしたから。前日に「書き方」を講義しても意味ないですし。

というわけで、台風情報にハラハラあせられながらも、今日、無事にレポート課題の解説と書き方の説明をすることができてホッとしてます。そして、夏休み前の講義は今日で終わりました。バンザイ!
21:36  |  家事・子育て  |  Comment(0)

野外学習センター行きキャンセルの影響

2011.07.19 (Tue)

台風接近中!どうなる野外学習?で書きましたが、結局、昨日の段階で、今日からの加奈子の野外活動センター行きは10月に延期と決まりました。

さて、今日はホンマなら学校からバスに乗って志摩方面に出掛けるはずだったのが、普通に学校に通って授業になったわけです。ところが、給食は突然のキャンセルに対応できないので、今日は弁当持ちでした。

学校から帰ってきた加奈子の話では、「みんな、えらい地味な弁当やったわ」とのことでした。おにぎりとミニハンバーグと卵焼きの子や、おにぎりと卵焼きとトマトとレタスだけだった子もいたそうな。もともと今日のお昼は、志摩行きとなっても弁当と決まっていたのですが、きっと今日の弁当の材料は昨日買えばエエやろと思ってたんでしょう。それが昨日、ドザ降りの雨で「ええい、あるモン詰め込んどけ」になったのかと。

肝心の台風本体は、これから近畿地方に影響を与えはじめます。

明日の予定がこれまたヤヤコシイんです。

朝7時の時点で暴風警報が京都市・京都府南部に発令されていたら、加奈子の小学校は午前休校。
9時時点で発令されていたら僕が教えに行く看護学校が休校。
11時時点で発令されていたら、加奈子は午後休校。

6時には発令されて、9時以降解除になると、僕が出勤した後で、加奈子は戸締まりをして鍵を閉めて、一人で登校することになります。もしかすると、一人で登校デビューになるかもしれません。中には、普通に一人で登校している子も少なくないと思いますが、やっぱり初めての時は、親も子も心配したと思います。

普通に働いている親なら、「台風で会社は休み」というのは無いと思うので、こういう時ってホンマに困ると思います。台風保育、台風学童、台風子どもクラブ…いろいろ思いつきますが、その施設まで子どもが行くのが難しいから「警報」になってるわけで、こうなると「ちょっとお願い」ができるような近所の人の存在って大きくなってきますよね。

しかしまぁ、途中から登校なんてのは、ホンマにヤヤコシイですけど、やっぱりそのくらいギリギリで運用しないと授業コマ数が合わないんかなぁ?

そうそう、今回の台風騒ぎで、今夜のチョットしたパーティーが中止になってしまいました。和子さんと和子さんの大学時代の友人夫婦と4人で「祇園で飲もう」という話になってたんです。でも、嵐の夜に家に娘を置いて飲みに行くってのは、なかなかできるモンじゃございません(アメリカじゃ、この時点で児童虐待として罰せられる州も)。大人による、大人のための、大人時間は、今回もお流れに(T_T)
19:59  |  家事・子育て  |  Comment(0)

実は身体のアッチコッチが

2011.07.19 (Tue)

実は身体のアッチコッチがボロボロのここ数日でした。

まず腰痛。
これは加奈子を抱っこする時にグキッとやって以来…ちょっと待てよ、その前に、R&Rライブハウスでツイストやってグキッといわしたんでした。とにかく腰痛は今や持病でございます。腰痛もったまま走ってるんです。

ところが、ここ数週間、強烈な痛みがやってきてました。椅子を変えてみたりしたのですが、一昨日の夜(つまりなでしこジャパン優勝!の夜)からシーツを変えてみました。

すると!昨日、今日と、腰痛はかなりマシ。毎朝、起きてすぐが腰痛が一番ひどかったので、「もしや…」とは思ってましたが、「やっぱり」でした。

これでランニングも楽に走れるようになるかも?

次は左腕。
先週の日曜日(10日)に家族でプールに出掛けた時のこと。下り坂で加奈子と僕の自転車が接近しすぎて、思わず急ブレーキして自転車がジャックナイフしかけバランスを崩し、妙なグリップになった時、左手の中指と薬指をグキッと。

この2本は未だに痛くて指ソリができない状態です。握力も左手はほとんどゼロ。物は、親指と人差し指と小指の3本で握ってる「ズゴック」状態。一番困るのがペットボトルのキャップ開け。今日、ようやく少し握力が戻ってきた感じです。ちょっとだけギター弾いてみました。まだまだ思ったように動いてくれませんけど。

左手中指第1関節部に湿疹。これはもともと、キャベツの千切り中によそ見をした途端、スルッと削ぎ切ってしまったことが原因。血が出て、絆創膏を貼ってたんだけど、そこからばい菌が入ったらしく、なかなか傷が治らない。そして、いつの間にやら湿疹形状に。もう2ヶ月以上こんな状態。

その次は、右肩背面。これは寝違えたか、昼寝中に扇風機の風が当たり続けたかで、一昨日から。

とにかく、あっちこっち違和感だらけですが、もともと100%の快調が無い人間ですので、ボチボチと痛みや違和感と付き合いながらの毎日です。そのお付き合いがチョットしつこい目かあっさり目かの違いくらいです。

明日も、台風で走れなさそうやなぁ。
17:31  |  身体のコト  |  Comment(0)

女子サッカーW杯優勝!

2011.07.18 (Mon)

今日は、なんといっても「なでしこジャパンW杯優勝!」を書き残しておくべきでしょう。
昨日、貴船・鞍馬行きが効いたのか、9時頃すでに眠たくなり、そのまま就寝。
ラッキーなことに、目覚まし無しで起きたのが朝3時35分。

これは!

と思い、そのままテレビのスイッチをON。
序盤はもぉいつ点が取られても仕方ないようなアメリカの分厚い攻撃。
いきなりヒヤヒヤしたお陰で眠気は一気に吹き飛んだ感じでした。

そして後半の取られて取り返して、そして延長でも取られて取り返して。

もうアカン…と思ったその時に、ポンと決めるタイミング。逆にアメリカからすると、「勝った」と思ったら同点にされ、「もう勝負アリやろ」と思った時にまた追いつかれた感じやろなぁ。

今日の試合は、あの大きなワンバック相手に1回だけ抜かれた熊谷選手が、派手じゃなかったけど頑張ってたなぁと思います。最後の最後でPKを決めて、しかもそれが教科書通りの所にスーッと決まって、よかったなぁ!!と。

延長後半の澤選手のゴールが、テレビ映像では、ボールにタッチする瞬間が死角になっていて、どこをどう当てて?と謎でもあり、たいていは右足外側だと思うけど、もしかして左足の裏?と思ったり、謎めいたまさにミラクルシュートに思えてました。夜になって写真が出て、右足外側だったのが確認できたけど、それでもマークしていた選手の足とは、ほんの僅かの差しか出てなくて、よくあの角度で決めたな!です。

ありふれた表現ですが、最後まで諦めないというのは本当に大切なコトだと、改めて思いました。もし仮に負けてしまっていても「いい試合だった」という試合でしたが、勝ったことでうれしさも加わるいい試合でした。

そしてフェアプレー賞おめでとう。見ていて気持ちのイイ連日のなでしこジャパンのゲームでした。
22:47  |  スポーツ  |  Comment(0)

今年も貴船・鞍馬へ

2011.07.17 (Sun)

祇園祭の山鉾巡行時、京都の町中はものすごい人出と予想し、それを避ける&避暑という狙いで、約1年ぶりに貴船・鞍馬に出掛けました。

2011071702.jpg
去年の貴船・鞍馬行きと違うところは、沿線の「けいおん!」物に目が止まること?加奈子と「お!」「あ!」といちいち。むぎが通学に使っている修学院駅のポスターにももちろん反応。

2011071701.jpg
貴船口に着いて、神社に向けてエッチラオッチラ。炎天下をテクテク。そして、前回もここで抹茶アイスを食した記憶が。今回は、抹茶アイスだけでなく、川床でランチもしてみることに。
2011071703.jpg

2011071704.jpg
川の流れの上に床を出して、その上で食べたり飲んだりというのは、いったい誰が考えついたんでしょうか?ホンマにエアコン無しで得られる、最高の涼しさと楽しさの両立ではないかと思います。加奈子は、エラく川床が気に入ったらしく、「来年も!」と今からゆ~てます。立ち寄った料理屋は「河鹿」です。頼んだのは、ミニ会席よりもさらに安いミニミニ会席です。酒類は、この後のことを考えて、控えました。

腹も膨れたところで、イザ、我ら初デートの地貴船神社へ。
2011071705.jpg
なかなか家族3人で写った写真がないので、こういう機会に。
2011071706.jpg
さっき、昼ご飯を食べたばかりやというのに、こういうのは、ホンマに別腹らしい。と、いいつつ、一口頂きました。加奈子は水占いをして、「吉」でご満悦でした。

そして、貴船神社を出てからは、いざ鞍馬へ。
2011071707.jpg
貴船側の鞍馬寺西門から入り、鞍馬寺本殿を抜け、叡電鞍馬駅までを歩くコースです。今年も家族3人無事に歩き通しました。僕と加奈子は問題ないのですが、和子さんは今年はじめて杖をついての道中。なかなかタイヘンになってきてます。

2011071709.jpg
今年の夏も、元気にこの風景を見ることができました。
ありがたやありがたや。
16:57  |  日々の出来事  |  Comment(0)

祇園祭の宵山に出掛けてみた

2011.07.16 (Sat)

2011071501.jpg
京都に移り住んで、はや13年。これだけ住んでいながら、京都の夏の風物詩である祇園祭は、偶然横を山鉾が通っていった的な山鉾巡行見物や、少し混雑がマシな宵宵山へ和子さんと出かけたコトがあるくらい。

今年は、以前、東京のラジオの仕事でご一緒した人が「はじめて祇園祭に、キャンセル待ちでホテルが取れたので行きます!」と連絡があり、「それなら」と一番人出が多いと言われる、宵山の夜に合流することに。

まぁ、ホンマにものすごい人出でした。四条通りなんかは、元の道幅がある程度あるのでマシでしたが、一本南側の綾小路通は、埼京線の終電みたいな混雑で、しばらく身動きが取れませんでした。メッタに人混みに出掛けない僕には新鮮でしたが、わざわざ東京から京都に来て、この混雑はちょっと気の毒でした。

京料理「すま屋」で合流してかなり飲んだ後(なんせ僕以外は東北の人と九州の人だったので)、夜の見物へ。

ちょうど御旅所から各鉾のお囃子隊が帰って行くところでした。上の画像は、その中の放下鉾のご一行様。このお囃子隊の皆さんが通り過ぎると、四条通の歩行者天国が終わる23時。そして23時が過ぎると、自動車が行き来し始め、各山鉾はは一般公開していた装飾品などを山鉾に設置し直し、翌日の山鉾巡行を目指すようです。

2011071502.jpg
「後の祭り」ならぬ「祭りの後」。この「祭り」とは、この祇園祭から由来しているのであります。

翌日の山鉾巡行時には、このようなゴミの山はスッカリ撤去されているワケです。ものすごいゴミ処理能力です。ゴミ箱なんかがないので、こういうコトになってしまうんだと思いますが、ゴミ箱はテロ対策で置けないんかな?とも。
23:46  |  日々の出来事  |  Comment(0)

台風接近中!どうなる野外学習?

2011.07.15 (Fri)

2011071401.png
19日から21日までの2泊3日で京都市野外教育センター奥志摩みさきの家に行く予定の加奈子達。
これは昨日も書いたとおりですが、

なんと!


台風が近づいてます。
予報円の中に入るかどうかはともかく、海は大荒れのはず。

「台風に対する非常措置についてのお知らせとお願い」というプリントを学校から持って帰ってきました。それによると…○○の場合は、☆☆の場合は、といろいろ書いてあって、ヤヤコシイ。

19日の午前11時に警報が発令していた場合は、臨時休業だそうで、その場合は、20日と21日の1泊2日コースになるそうな。20日も警報出てたらどうなるんかな?

それと、19日の対処方法は書かれているのですが、例えば北緯27度くらいを超えて急加速した場合、19日は問題なく三重県に移動後の20日に警報が出るケースも考えられますが、どうするんでしょうね?現地で待機なんでしょうか?

「~の場合は」の想定が少ない気がしますが…。
15:36  |  家事・子育て  |  Comment(0)

ビール飲まなくなったな

2011.07.15 (Fri)

2011071301.jpg
ビール好きなんですけどね。
とくに、この季節、美味しいですよね。
わかってるんですけど、最近、家でビール飲まなくなりました。
というか、酒自体を飲むことが少なくなりました。
もらい物のワインや紹興酒が溜まったままです。

外ではチョロッと飲む程度です。
上の画像は、昨日
ランチに出掛けた「佛沙羅館」です。
タイ料理にはタイビールです!
この程度の量で十分になってしまいました。

家で飲むのは、もっぱら炭酸水。
走るようになると、夜にビールを飲んだ次の日、身体が重たいんです。
最初の上り坂で「もぉエエわ」と帰りたくなります。
2011071302.jpg
このところ、ずっとサンペレグリノを飲んでましたが、今回は、サンベネデットを注文。以前、ボトルデザインのオモシロいサンベネデット 1500mlを買ったことがありましたが、冷蔵庫に入れづらくアウトでした。

たった数日しか滞在できなかったイタリアだったけど、その間にガボガボと飲んだ記憶のある2本。両方共好きな水です。バックパックの横にホルダーをぶら下げて歩いてました。9.11の前だったから、そのまま機内に持ち込んだり。のんきな時代やったなぁ。
13:54  |  日々の出来事  |  Comment(0)

加奈子の野外教育活動準備

2011.07.14 (Thu)

19日から加奈子は小学校から野外教育活動として、三重県の「奥志摩みさきの家」に2泊3日で出掛けます。引率の先生方もタイヘンやと思いますが、送り出す親もタイヘンであります。

持ち物の量が尋常じゃないうえに、「これは何につかうんやろか?」と不明なモノもたくさん。そのすべてに「名前を書け」という、ほとんど入学式直前以来の指示。ぞうきんまで必要(活動終了後、みさきの家に置いて帰る用)となると、気分は入学式前のあのバタバタ感。

京都の町は祇園祭の宵山と山矛巡行を控えて、そうでなくてもバタバタ感大あり。そこへもってきて家の中もバタバタ。

こんな時期に野外活動って、ホンマに熱中症対策に追われそうですが、それでも京都市内でいるよりは涼しいかな?加奈子はキャンプファイヤーの開会の言葉担当らしく、台詞覚えの練習をしているそうです。日頃からドラマや映画の台詞丸覚えで鍛えてるので、「たいしたことない」らしいですが、「声が小さいだの」「聞き取りにくいだの」とダメ出しされながらのお役目に、「もぉ~どぉでもエエわ」という気分らしい。

こんな経験もあとから振り返れば、数えるほどしかできないわけで、無事で楽しんで来て欲しいです。
22:45  |  家事・子育て  |  Comment(0)

三田市男女共同参画推進委員会に出席

2011.07.13 (Wed)

今日の夜、三田市の男女共同参画推進委員会の初会合に出席してきました。

いきなり委員長候補の方が欠席ということで、急遽、僕に進行役が回ってくるというハプニング。初めて参加する初めてのタイプの会議で、いきなり進行役。

いろいろ議論しながら、一つずつ議案を進めていく感じで、なんとか時間内に議事を終え、ホッと一息。

帰りの電車の中で「ヨタヨタしながらでも、順調に進行できたのはなんでやろ?」と振り返って、ふと気が付きました。そういえば、僕、ズッと以前、和子さんと出会った頃、某研究学会で事務局長をやってまして、その時、常任理事会の司会進行役をいつもやってたのでした。僕以外はたいてい偉い先生方やあるいは学会のベテラン&重鎮達でした。そんな中での進行役をしているうちに、いつの間にか鍛えられていたのかもしれません。

無意味じゃなかったあの時間。

当時は、集合時間や終了時間を守らない人や、決議が済んだ事項を蒸し返す人や、演説をする人に「エエ加減にセェよ」「子どものダダかいな」とイライラしながらも耐え、手を焼いたモンでした。

アレに比べれば、今日参加されていた皆様の常識人たるや!

次回からは、委員長さんが出席してくれはると思います。今回限りだと思われる進行役経験ですが、貴重な経験をさせてもらいました。
23:18  |  社会活動  |  Comment(0)

親子であっちこっち

2011.07.10 (Sun)

2011071001.jpg
珍しく一日中、家族一緒の日曜日。
午前中は、伏見港公園のプールへ。
毎年、7月15日頃からしかオープンしない屋外プールが、オープンしてました!
異様に早かった梅雨明けに合わせたのか、「そんな洒落た計らいはないやろ」と全然期待してなかったので、ウレシかったです。加奈子も屋内のプールで一通りクロールの練習をした後は、屋外プールでバチャバチャ。

そういや、加奈子のクロールは息継ぎを除いては、なかなか格好良くなってきてました。先日の「アインシュタインの眼」のクロールの回のVTRが効果的だったみたいです。

2011071002.jpg
泳ぎ終わると、恒例のアイスクリームタイム。先週、和子さんと来た時は、アイスクリームの自販機が調整中だったらしくブーブーだったそうな。そういや、この中書島のプールまで、これまでは京阪電車か車で来てたのですが、今年から加奈子も自転車で来られるようになりました。一気に、行動範囲が広がった感じです。まだ道は全然覚えられてないみたいだけど。

午後はマッタリと過ごした後、夕方、「晩ご飯どないします?」という話から、なぜかVibramのFiveFingersの話になり「どこで扱ってるんやろ?」という流れから、急遽、京都タカシマヤへ行くことに。「晩ご飯も、その辺でテキトーに」という話に。

そうでした。和子さんの外反母趾対策云々で、クッション性の高い靴になれ、つま先着地になるからなんたらかんたらで…それで「五本指の靴があったはず」でVibramに行き着いたんでした。

靴売場に行く前に、CW-Xの売場があり、そこで「もうちょい涼しいCW-Xはないか?」と探していたところ、スポーツショーツとウエストポーチを購入。ついでにプーマの速乾シャツも買ってしもた。

いざ、和子さんがFiveFingersをトライすると…
指が各指の入るべきポジションに入らなくて、履くことすら困難と。僕と加奈子は足の指がグワッと広がるんですが、和子さんの足の指はキュッと固まったようになってるので、あのタイプの靴は難しかったようです。

僕も「この機会に」と履いてみたらスンナリ。薄いソールと独立した指で踏んでいる感覚は、これまでにない新鮮なものでした。確かに、足のアーチがしっかりしてないと疲れるだろうなという感触でしたが、あの靴で長距離が行けるようになるということは、相当鍛えられているってことかも。

この後、加奈子の服をバーゲンコーナーで物色。
2011071003.jpg
なんとまぁ、僕の買い物合計額よりもお値段の高い上下のセットでした。でもまぁ、シーズンに一つくらいエエかな?このショートパンツは「ピチレモン」にも出てたそうです。

和子さんのバーゲン前にチェックしていた白いジャケットは、すでに売れてしもてたらしく断念。そんなこんなでスッカリ晩ご飯時を過ぎて腹ペコな親子3人は、そのまま7階のレストラン街へ。「アルポルトカフェ」で軽くパスタで晩ご飯。ジョリパスとは違う料理がエラくお気に召したようでした。「また行こ!」と盛り上がってました。
2011071004.jpg
僕も久しぶりにチャンとしたところで作られた、チャンとしたパスタを食べた気がしました。

最後に出たマンゴーのジェラートがものすごく美味しくて、「別に、メニューに載ってる『ジェラート3種盛り』をオーダーして『全部マンゴーで』って頼めたらオモロいなぁ~」と話していたところ、店員さんによると「可能ですよ」とのことです。事前に確認があると、なお確実に可能なんだそうです。チャンとした店は、チャンとオーダーすれば、チャンと対応してくれるんやなぁ。ますますお気に召した加奈子でした。
22:35  |  家事・子育て  |  Comment(0)

ゴーヤーのネットを継ぎ足し

2011.07.09 (Sat)

2011070901.jpg
梅雨明け前後から(こんなに早く梅雨が明けるとは驚きだけど)、急激に成長し始めたゴーヤーの苗。とうとう1階の掃き出し窓の高さを優に超え、ダラ~ンと垂れ下がって来てました。そのままにして、うっそうとさす方法もあるのですが、今年は「より上へ」と向かわせることにしました。

2階の加奈子の部屋からリビングの屋根を覆うようにして、余った部分を西面のゴーヤー側に垂らしてみました。最初は、もう少しネットが被さってきてたのですが、あまりにウットウしいので、再度セッティングして、画像のイチまで。そのたびに、リビング部分の屋根に乗って作業したわけです。「もしも足を滑らせて落ちてしもたら…」と考えると、ちょっと危険ではありましたが。

あわよくばリビング屋根部分にもゴーヤーが伸びて、より涼しい1階リビングになってくれることを願ってます。
22:50  |  家事・子育て  |  Comment(0)

ハーフマラソン距離を走った!

2011.07.09 (Sat)

20110709ハーフ達成m
これまでの最長ランニング距離は、16㎞台でした。

なにも梅雨が明けたばっかりのこんな暑い日に走らなくてもよかったし、昨晩はちょっとだけどビールも飲んでたけど、なぜか今日は「行ってみよう!」という気になりました。

最初から「タイムよりも距離」で走っていたので、無理せず負荷も掛けずコツコツと。NIKE+ SPORTSBAND2の表示もいつもは経過時間なんだけど、今日は走行距離。

2月から走り始めて5ヶ月たちましたが、やっとこさハーフマラソンの距離21.0975㎞を走りました。もちろん人生で最長の距離です。

今日は、普段持って行かないポカリスエットも持って行きました。まぁ、それだけ気合いは入ってたのですが、とにかく暑くて。いつも会うオバチャンも「今日は風がなくて暑いなぁ」とボヤいてました。

実は、家に帰ってきた時点では20㎞だったんで、ちょっとだけ走り足しました。ハーフを1時間56分なので、このままのペースだとフルマラソンは4時間ちょうどくらいです。そんなに甘くないと思うので、目標は4時間半から5時間くらいでしょうか。
14:18  |  ランニング  |  Comment(0)

明日の農と食を考える研究会に参加した

2011.07.09 (Sat)

昨日は、立命館大学「明日の農と食を考える研究会」の第1回オー​プン研究会に参加してきました。

京都で暮らしていると、京都大学と立命館大学とは接点がたくさんあります。なんせまぁ大学の規模や教員の絶対数が多いですから。不思議と同志社大学はOBとの接点はあっても、教員との接点は町中の人間にはあんまり無いような気がします。京大、立命の次に多いのは龍谷かな?僕は佛教大学の大学院に通ってたので、当然佛大とも接点がありそうなんですが、意外とありませんねぇ。

という話はともかく、昨日は久しぶりに大学の先生の話を聞きました。いかにも大学教員!という話の人もいれば、「お?ちょっとメリハリがあって話もまとまってるやん」と思って、あとで名刺交換したら大阪市大の大先輩でした。やっぱり喋りは、京都よりも大阪の方が鍛えられるんかな?大阪のイラチな人達に「で?なんやの?なにが言いたいんや?」とつっこまれる経験をすると、短い言葉でまとめる力も付きますわな。

僕と同じようにMacのKeynoteを使ったスライドも見ましたが…反面教師的に参考にさせてもらいました。みんながガー・レイノルズの『プレゼンテーションzen』とか「TED」のようなプレゼンしてたんじゃ、自分との距離がありすぎて参考にならないですよね。言い方は悪いですが、「いったいなにを伝えたいんやろ?」というスライドを見せられると、「あそこをこうして」「ここをああして」といろいろ考える材料になります。

とりあえず先生方。ポインターは使わない方がいいですね。その分、身体を動かして説明する方が印象もいいです。赤く見にくいポインターで「これが~で」と説明されると、なんだか横着している気になります。僕もたま~に(緑の)ポインター使いますが、これからは使わない方向でいきます。

大学の研究者は、研究成果に限らず、発表物すべてが、自分の生み出す製品であり、商品であるという認識をまずもって欲しいと思います。僕は民間企業から脱サラして大学院に入ってきて、一番にこの製品感覚の違いに気付きました。大学の教員はブランディングこそ簡単(かな?)ですが、商品差別化や商品紹介についてはあんまり意識してないような気がするんです。21世紀の大学教員はその辺を頑張ってもらわないと。

昨日のプレゼンの中でスライドや立ち位置とかそんなことを超えて興味深かったのは、株式会社フォス代表取締役藤原雅章さんの「わざびとシイタケのバイオ栽培による福祉の仕事づくり」でした。会場にいる専門外の人達にもわかるような内容でしたし、なによりも仕事に対する熱意や、雇い入れた障がいをもった従業員への愛情というようなものが伝わってきました。しかも、もともと全然農業関係とは違って、金融業を渡り歩き、ジャンボジェットの販売をし、流れ流れてバイオ栽培にたどり着いたという経歴。その経緯だけでも十分ドラマチックでした。よくよく思い返してみると、いいプレゼンにはなにかドラマがありますよね。

そういえば…僕も社会福祉士という資格をもっていたりします。そういえばと思い出さないといけないような資格ですが、専門学校で障がい者福祉なんかを教えながら、雇用のことはいつも気になってます。日本理化学工業の話もそうですが、このフォスの話も、希望のもてるいい話でした。きっと「地域づくり」や「人づくり」の話も希望のもてる話だったはずなのですが、どうも情熱や愛情が伝わってこなかったです。プレゼン技術云々以前の問題かもしれません。もったいない。

懇親会にも参加しました。まぁ~「明日の農と食を考える研究会」もオッチャンだらけでしたが、懇親会も見事にオッチャン(僕の父親世代)だらけ。徳島県上勝町の葉っぱビジネスの話もそうでしたが、この高齢者集団の「明日」を考えることは、医療や健康、介護や収入、町としての存続を考えるという意味で、日本の未来の縮図であると感じます。僕は、上勝町の葉っぱビジネスで突破口から実際に突破した実績を作ったのは、オバチャン達だと思います。この研究会に、農家のオバチャン達が参加するようになって、はじめて「考える」から「行動する」推進力が備わるような気がします。

例えば、このオバチャンの参加など、まだまだ課題の多い研究会だと思いますが、それだけに可能性も秘めていると感じました。
12:30  |  日々の出来事  |  Comment(0)

ノンビリしてます(してました)

2011.07.07 (Thu)

週末をドタバタと過ごした後、しばらく惚けていて、昨日の講義で急激に脳みそを動かした後は、エコノミーモードで運用中。仕事机の上の書類をScansnapして、なんとか片付けるともう加奈子のご帰宅時間。

講演のアンケートがボチボチと届いてます。「期待以上だった」という反応はウレシイです。もっともわざわざアンケートに書いてくれる人ですから、たいていは「良かった」だと思います。あるいは逆に「ものすごく悪かったか」のどっちかだと思います。

ノンビリしてたんですが、これじゃなんにも進まないので、明日は研究会に参加することにしました。そしたら、某企業からの研修プログラムが進展したという電話が入って、急遽、ちょっとした資料が必要に。明日は午前中に、資料を作成して、午後から研究会です。研究会は異業種交流的だから名刺を大量に用意しないとね。
22:06  |  日々の出来事  |  Comment(0)

念願の近江鉄道に乗った

2011.07.05 (Tue)

2日土曜日。東近江市での講演の後、念願の近江鉄道に乗りました。

これまで何度滋賀県で仕事をし、何度も乗るチャンスがあったのに、なっかなか乗れずに今日まで。今回、東近江市は東近江市でも、旧八日市市での講演で、会場も八日市駅のすぐそばだったので「チャンス!」とばかり講演担当さんに「送りは八日市駅までで」とお願いして実現しました。お願いしないと、たいていはJR近江八幡駅まで送ってくれはりますので。

地元では「ガチャコン」と呼ばれ、年配の人は「近鉄(きんてつ)」と呼ぶ近江鉄道。その世代の人は、僕の家の横を通ってる近畿日本鉄道京都線のことは「奈良電」と呼ぶので、ゴチャゴチャにはならないそうな。

「近鉄で近江八幡まで出て、そこから国鉄に乗って、京都で奈良電に乗り換えて東寺へ」

という文章になる感じかな?

のほほ~んとした八日市駅。
20110702001.jpg

係留中の電車はドア全開の換気中。なんかアジアっぽい風景です。
20110702002.jpg

彦根方面から貴生川行きが来ました。
20110702003.jpg

近江八幡方面から折り返し近江八幡行きの電車が到着。赤い電車は滋賀県が世界に誇るエレベーターのフジテックのラッピング。
20110702004.jpg

横の姿は、大株主でもある西武鉄道の「昔の」車両にソックリ。…というか、そのままのお古?
20110702005.jpg

ギャラリートレインとプレートが。車内の壁面広告スペースに、地元の幼稚園や保育園の子ども達の絵がズラーッと飾られていました。
20110702006.jpg

八日市駅から20分くらいで終点の近江八幡駅へ。力の抜けたエエ雰囲気ではありますが、この間の料金がなんと400円!京都から草津まで(22.2㎞、新快速で21分)がちょうど400円です。9.3㎞、19分の八日市から近江八幡が400円。JRと比べても倍以上。なんか値段の高さ感が、ロンドンの地下鉄みたいです。
20110702007.jpg

JR東海道線のホームから近江鉄道近江八幡駅をみるとこんな感じです。の~んびりしてます。
20110702008.jpg

というわけで、たった19分の近江鉄道の旅は、無事に終了。普通、近江鉄道の旅というと、米原から彦根をとおって貴生川にいく本線のことだと思います。それは承知してますが、あくまでも運良く仕事のついでで!というところにこだわってます。「わざわざ乗りに行く」ってのはしたくないんです。
16:16  |  旅行  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT