さしあたってのメモ

2011.03.31 (Thu)

地震から3週間過ぎた時点で感じたコトをメモ。

過度の分担分業とそれに伴う過度の集中は危ない。
人的(集団・個人)地域的…それぞれの総合性と専門性のバランスが大切
「一村一品」(←死語?)だけでは非常に危険。

日本経団連 25%節電要請へ
電力の消費を抑えるには…
さしあたって思いつくのは、
・職住近接
・地産地消
・早寝早起き
同時に、身体にも優しい暮らしになる。
電力消費の増大は、シンドイ暮らしへの第一歩だった?
あるレベルまでの電力消費増加は快適生活。
それ以上の消費は疲労生活につながる?

NY紙「日本は自粛という強迫観念にとらわれている」
阪神淡路大震災の時に、これほどまで自粛ムードが起こった?
被害規模の違いからか?
それとも、関西人と関東人の気質の違いか?
情報発信地と被災地の物理的距離が心理的影響を与えている?
08:36  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

買い占めてしもたか?

2011.03.30 (Wed)

僕はここ数年、炭酸入りのミネラルウォーター「サンペレグリノ」をよく飲んでます。
ところが、地震と放射性ヨウ素検出問題の影響からかスーパーや酒屋から水が消え、Amazonからも水が消えてしまいました。

それでも、
「まさか炭酸入りの水はなくならんやろ」
と思ってたら、なんてことはなくサンペレグリノもあっさり在庫切れ。残るは正規輸入のペリエ程度になってたのでした。

それが一昨日、Amazonを見ていたら、
サンペレグリノがポンと出てるではないですか。
「そろそろ騒動も一段落したか
 じゃあ、もう買ってもエエやろ」
と2ケースをポチッと。
そして今日、商品が到着しました。

今夜、Amazonを見てみると…サンペレグリノが再び在庫切れ。

あれ?

もしかして…
買い占めに荷担した?

そんなつもりはまったくないけど、なんだか…。
僕が買ったのと在庫が切れたのが、たまたま重なっただけだと思うけど。
22:13  |  家事・子育て  |  Comment(2)

ロードはつらいよ

2011.03.29 (Tue)

2011032901.jpg
アラフォー世代とチョット上の人なら、雑誌の広告で出まくっていたこれ!見覚えありませんか?
「The Adventure of a Quarter」
Sydney Sheldon原作で、Orson WellsやPhoebe Catesが声優として出演しているカセット英語教材。和子さんお買い上げのこのアルバム(各カセット6本)が2セットという内容です。

これをmp3に変換して保存しよう!ということをチマチマと。

とにかく春休みに入ってから、一日中ずっと加奈子が家にいるわけですよ。なにかしようと思って、加奈子を1階で過ごされて、2階の仕事部屋に上がってきても、気が付くと横の和子さんの机に座ってるんです。ただ座ってるだけならエエのですが、隣にいるとなると、なんやかんやと話しかけてくるわけです。そりゃもう仕事や知的な作業は進みませんですよ。このブログですら集中できないという感じです。

仕方ないので、ダビングのような、思考ゼロでもできる作業をしてるわけです。締め切りの近い原稿なんかがないだけマシですが、この状況で切羽詰まるモノがあろうものなら、おそらく数時間に一回の割合でプツッと切れてると思います。

幸いにも(?)ダビング作業が必要なモノは豊富にあります。この他にも「聞き流し方法 科学技術英語実力養成講座」「BERLITZ ENGLISH 1」というカセットのセットがあります。昔から「聞き流すだけで英語が上達!」という教材はありましたねぇ。売り手も書いても全然進化しない世界。ある意味、スゴい。
21:47  |  家事・子育て  |  Comment(0)

読書、草抜き、読書

2011.03.28 (Mon)

2011032801.jpg
「春のロード」に本格的に突入した本日の月曜日。

これから4月6日(正確には給食の始まる12日)までのゆる~い日々が続きます。今朝は初っぱなにふさわしく、朝からぬる~い空気が家の中を漂ってました。

そんな中、午前中に本が届きました。加奈子の好きな、「ナツカのおばけ事件簿」シリーズの「ゆうれいドレスのなぞ」「深夜のゆうれい電車」「呪いのまぼろし美容院」の3冊が到着。

これまで持ってた「ゆうれいパティシエ事件」と「夕ぐれの西洋やしき」でだいぶん気に入ってたのですが、図書館に行っても貸し出し中のことが多くて、なかなか読めなかったので「そんなんやったら買えばエエやん」というリアル太っ腹な和子さんの計らいで、加奈子大満足です。

中身は、読み物なんだけど、吹き出しがあったり、中には漫画のようにコマ割りしているページもあって、かなり読みやすいです。もともと加奈子は絵本が好きで、1年生の時は300冊近く読み、2年生の時も100冊読んでました。3年生になって「記録するのがメンドウ臭い」と言い出し、何冊読んだかはわからないけど、漫画や絵本や物語などなど、手当たり次第に読んでます。

あんまり「名作を読みなさい」とか「漫画はダメ」とか言わないようにしてます。確かに良書に接するというのはエエことやと思いますが、学校の音楽の授業の影響で「音楽が音が苦になった」という声を聞くように、あんまり本を読むというところに教育的云々をくっ付けたくないんです。「あれダメ!これ読め!」の結果、スッカリ読書嫌いになったのがココ(僕のコトです)にいますし。

加奈子は読んだことのない本を片っ端から読んでるかと思うと、同じ本を何度も何度も読み返したりしてます。なにが読み返すキッカケになってるのか、こんど探ってみたいと思います。この春休みも、友達と遊ぶことはあんまりないと思うけど、本を読んでる時間はた~くさんあると思います。

だけど、あまりにも本にかじり付いたままなので、
「ちょっと庭掃除でもするか?」
と誘うと、意外とノリノリ。
2011032802.jpg
二人して、枯れ枝と雑草だらけだった、ネコの額の庭をキレイにしました。プランターにはネコがウンコしないように防護柵も。早く植えてしまうのが、一番のウンコ対策なんですけどね。

4月に入ったらなにを植えようかな?
今年は家庭菜園が爆発的に流行する(家庭菜園をせざるを得ない状況も予想されますし)とみてます。早めに苗を購入しとかないとね。
17:09  |  家事・子育て  |  Comment(0)

USBプリントサーバー対応ってこういうコトだったのね

2011.03.27 (Sun)

昨日、BUFFALO WZR-HP-G302Hを買いました。

昨晩、有線と無線のLAN設定を終え、今朝からUSBプリントサーバーの設定をしてました。これまでCanon MF4370dnをLAN接続して使ってました。MacからもWindowsからもiPhoneから(今はプリントできないけど)も、見てるページをそのまま「プリント」ボタン一つでできて便利でした。

でも、いかんせんモノクロレーザー。カラー印刷が必要な時もあるんです。これまでカラーの印刷はCanon iP4300をWindows機に繋いで使ってました。年賀状や乗り換え情報はこっちでプリントしてました。

プリンターのつなぎ替え以上に時間がかかるWindowsPCの立ち上げ(しかもOSはVista)。結局、常時MacとWindowsの2台を立ち上げて、節電どころじゃなかったわけです。余りの無駄に、MF4370dnのようにネットワークに直結して使えやせんか?と思っていたところ、ルーターにUSBプリントサーバー機能があるというのが目に止まり購入となりました。

そして今朝、接続設定。

ところが…
結果から言うと、
MF4370dnのように簡単には印刷はできないことがわかりました。

PC-A機から印刷した後、PC-B機から印刷しようと思うと、PC-A機で切断作業をした後、PC-B機で接続作業が必要だとわかりました。

MF4370dnは、そんな接続切断作業は不要で、とにかくいろんなPCから「プリント」を押すと、その順番に印字してくれるんです。いちいち切断&接続をしないといけないなんて。

ネットワークプリントに関しては、プリンターにプリントサーバーが内蔵されている機種を選ぶ方が、現実的だと思いました。

まだまだ使えるレベルじゃないな…という印象です。もっとも「今のところ」という限定付きだし、このルーターに限ったことかもしれないし、チャンと使いこなしてないからかもしれないですが、少なくともササッとセッティングしただけでは「使えないな…」でした。
11:46  |  PC  |  Comment(0)

外食産業が冷え込む理由

2011.03.26 (Sat)

まず、最初に…
怒ってます。
腹立ちました。

ランチ…不味かったです。
それなのに高かったです。

自分も料理する身なので、作る難しさはわかってるつもりです。だから、食べ物に対して「不味い」というのを、僕はめったに言いませんが、今日は「なにこれ?どうやって作ったらこんな味になるん?」と思いました。

このマイナスの味に出会い、ふと外食産業(の一部の粗悪な業者)に考えをはせました。


地震の後の自粛ムードから、イベントの類が軒並み中止や延期に。日本的横並び意識のせいか、どこも手を挙げない。挙げると、「こんな時に!」「不謹慎!」と袋だたき。民法のCMはつい最近まで「ぽぽぽぽ~ん」の連発。こんな中、外食産業もかなりシンドイらしい。

とはいえ、ウチではずいぶん前から、外食行動が大減退。加奈子が生まれる前はよく食べに行ったモンだけど、最近では、よっぽどでないと食べに出ない。

その「よっぽど」の条件は、
自分が作るより明らかに美味い
自分ではわざわざ作らない
自分には作れない
という条件。

自分が作るよりも美味しくない料理に金を払うのは、作れないかなり深刻な事情がこっちにない限り敬遠するものです。そして、最近、このライン以下の料理店が多いような気がします。

今日、ランチに入った店は「プラスチック食べてるんか?」というような味でした。きっと工場で下組みして現場で加熱して出しているだけなのだと思います。昨年末のスカスカおせち料理事件の後の「同じモノを安く作ってみた」でもわかるおり、今やほどほどのレベルの料理がレトルトや冷凍で簡単に手に入ります。加工食品業者の努力はものすごいと思います。ただ、出す店の方が、それに全然追いついてない気がします。

一つ思い当たるのは、ヨーロッパで外食した時の値段の高さ。家賃、人件費、光熱費その他諸々の経費を払ったうえで、ちゃんとした食材を買ってきて加工してサーブすると、ヨーロッパ並みの値段になってしまうところ、日本では競争のために(…だかなんだかで)安くせざるを得ず、削れる所を削った結果があの味なのかもしれない。

「まともなモノを食べたかったら、ヨーロッパ並みの値段は覚悟せよ」なのかもしれない。だったら、僕はそれでイイと思うんです。

「レミーのおいしいレストラン」の最後で、評論家のイーゴが「デザートは何にしますか?」と聞かれ、レミーに向かって「驚かせてくれ」と言ってました。その辺の店で「驚かされる」ことはあまりないと思いますが、「喜ばせてくれ」「楽しませてくれ」とは思います。

それが無いのなら買うには値しません。空腹でもガマンして家まで帰って作って食べるという選択をします。

外食産業が冷え込むには、地震や自粛ムードだけではなく、そもそもの理由があると思います。日頃から、買うに値するかしないかのギリギリだった。そして、今回の件を機に、一気に足が遠のいたという面が本当のところなのかもしれません。

今日は、美味しくないわりに値段の高いランチを食べさせられ、夫婦して「商売する資格無し!」と怒り心頭でした。店に入ってふと目に入ったモノに、某ファミレス系チェーンであることがかかれていたので、悪い予感はしてたのですが、見事に当たってしまったのでした。
17:40  |  家事・子育て  |  Comment(0)

「春のロード」

2011.03.23 (Wed)

今日は、6年生の卒業式で学校が休みだった加奈子。
明日は、終業式。
明日の午後からとうとう春休み。
別名「春のロード」。

春休み、夏休み、冬休み…
どれが一番タイヘンかというと、そりゃ春休みです。
夏と冬は、休み中にもいろいろイベントがあります。
夏休みは長い分、覚悟できてるし、それだけ対策もされてます。
夏休み講座的なモノもあったり、野外活動の案内があったり、
市場もそれなりに打ち出してます。

冬は、もともと短いうえに、
正月を挟んでバッタンバッタンしてるので、
「ロード」という感じよりも「激動」です。

それに比べて、春は…
大人は年度末&年度初めでバタバタするんでしょうけど、
子どもは蚊帳の外です。
バタバタに併せてか、イベントらしいイベントもなく、
市場も春休みSPなんてのも特になく、
宿題もとくに無いし。

その分、親はガンバらなアカンのですが、
なんかこぉ直前まで来て「あ!」という間に春休みという感じです。

思い立って
「そうだ!沖縄市へ行こう!」
と調べたら、あんまり天気が良くないみたいだし、
第一、飛行機の予約が…。
席はあるけど、ほぼ正規料金。
父娘で往復なんぞしようモンなら、ヒエェ~~~という値段です。
行くなら、早くから予約せんとアカンかったんですが、
ボーッとしてました。
このへんで、料金を見ずにポンと行けるのが金持ちなんでしょうな。

春ってのは、なかなか予定が立てられないというのが、
「ロード」を「ロード」的にしてるんじゃないかと思います。
今日みたいな散歩も、毎日毎日じゃ飽きるやろし、
なんか考えなアカンなぁ~。

…とゆ~てる間におわってしまうのも、
春休みの春休みたるトコロなのかもしれません。
22:58  |  家事・子育て  |  Comment(0)

加奈子、撮り鉄デビュー?!

2011.03.23 (Wed)

2011032301.jpg
今日は、6年生の卒業式。3年生の加奈子はお休み。
朝からゴロゴロゴロゴロ。
「けいおん!」を見ても、すでに何十回と見ている内容で、見てるというよりも流してる感じ。

なんとかお昼まで過ごせたモノの、昼過ぎからは
「たいくつ~ぅ、たいくつ~ぅ」
の連呼。

「天気もイイし、散歩でも行っこか!」
と誘うと、よっぽど退屈だったのか、出無精の加奈子にしては珍しく
「うん!行こう行こう!」
と乗り気。
「せっかくやしカメラ持って、春を撮りに行こう!」
というコトに。

そこで、上の撮り鉄デビューになったわけです。
実際は、京阪電車を撮るのがメインではなく、花のつぼみなんかも撮ったわけです。
2011032302.jpg

で、加奈子が撮った京阪電車が下です。
2011032303.png
実は、写真を撮ってるのかと思ったら動画撮影していたみたいで、それもブレブレ。手ぶれ補正はONになっていても、画面からはみ出んばかりのブレ具合。画像は映像からの切り取りです。色合いも編だし、左のポールも歪んでます。

こんなのも撮ってたみたい。
2011032304.jpg


この後、伏見中央図書館に寄り、大手筋商店街まで歩いて、今日発売開始のミスドの「焼きド」(リンク先、音出ます)を買ってみました。和子さんへのお土産だそうです。
16:37  |  家事・子育て  |  Comment(0)

毎日小学生新聞

2011.03.20 (Sun)

2011032001.jpg
1ヶ月(1週間だったかな?)無料で届くらしいので、とりあえず配達をお願いしてみました。さっそく今日の新聞を読んでました。

とくに「知層」を意識しているわけでもなく、中学受験なんてのも眼中になく(本人は「トイレのキレイな学校に行きたい」とは言ってます)、なんでもエエのでオモロいことが書いてないか?ダジャレのネタはないか?と読んでます。

しかしまぁ、漫画もいっぱいあるし、絵本もたくさんあるし、図鑑も物語もたくさんあるし、加奈子は恵まれてるなぁと思います。読むことのハードルが低く、なんでもスイ~ッと読めてしまえるのは羨ましいです。長い間、僕は読むことが苦痛でしたから。

なんか、新聞の角度や眺める角度や姿勢が、オッサンのようで思わずパシャリ。
この後、
「え?なんかオモシロかった?」
と聞かれ、
「い、いや、べつに…」
としか言えませんでした。
23:28  |  家事・子育て  |  Comment(3)

CW-Xが修理から帰って来た

2011.03.19 (Sat)

20110302.jpg
3月2日「転けました」での通り、破損したワコールのCW-X。確か13,000円くらいで買った物で、買って数週間で穴を空けてしまいました。

モッタイナイ…トホホ~~

と思ってはみたものの、なんとか修理でごまかせないか?どうやって?修理が無理で買い換えるにしてもどこで売ってる?を思い、CW-Xのサイトで調べていると、高島屋京都店で扱っていると。

ん?でも、地図の場所が全然違うぞ。
と思い、とりあえずワコールの窓口にメールで、
「これこれ穴を空けてしもたんで店を探してたんですが、場所がちょっと違うみたいですよ」
と連絡したところ、場所の間違いを確認したうえで、
「本社に送ってもらえば(程度にもよりますが)無償で修理しますよ」
との連絡が。

さっそく、本社へ!といってもワコールの本社は、京都市内にあって、自転車でも行ける距離なんですけどね。

そして、今朝、修理からCW-Xが帰って来ました。
見たところ、ジグザグミシンによって縫製されたのがわかりますが、そんなに目立つモノではない感じです。
2011031901.jpg

裏に当て布がされていて、こんな感じでした。
2011031902.jpg
履いた時に引っ掛かった感じがあるかと思いきや、全然なく、目をつぶっていれば膝のどこに当て布があるのかもわからない感じです。

これで無償修理
しかも送料もワコールもちで無料

--追記--
今はこのサービルやってないそうです。
--------

この数日間、CW-Xなしで走ってました。これはこれで走れるもんですが、久しぶりに履いて走るとどんな感じなんやろ?と期待してます。

今日は、走らなかったんですが、走らなかった日は、なんか身体がボーッとしてます。明日は、午後から雨らしいので、朝、走ってみようと思います。明日の朝は暖かいみたいです。

タグ : マラソン

23:04  |  ランニング  |  Comment(4)

「ところで兄さん」

2011.03.18 (Fri)

今日も、走ってきました。
もう少しで走り始めての総距離が200㎞になります。
2月初旬に走り始めて、はや1ヶ月半。

この間、ずっと同じコースを走ってるので、顔なじみの人も増えました。中には、一緒に走ったりする人もいて、いろいろレースのことや靴のことなんかを話しながら走ってます。

今日は、いつも3~6人くらいで歩いているオッチャングループの中の1人と少し話ししました。ちょうど45分走り終わったところで切り上げようと思っていると、オッチャンも数名のお馴染みさんと談笑中でした。僕が通りかかると、おいでおいでをしながら、
「毎日走っとるなぁ」
「いやぁ~けっこうサボってるんですよ」
「でも、よ~続いとるやん!」
「なんとか…」
と話したところで、

「ところで兄さん」

と切り出され、

「毎日、走ってるけど、お仕事なにやってるん?」


そりゃそうですよね。
平日午前中の、それも普通の人が、働き始めるような時間に走ってるんですから。

「実は、これこれこんな仕事をしてまして…普段は主夫です」

「ほぉ~そうなんかぁ!」

と言いながら、納得してもらいました。

僕も、毎日顔を合わせているので、
「いつか聞いてくるやろなぁ」
と思ってました。

退職後の人との交流では、現役時代の仕事について触れない方がイイという人もいます。そういった指摘や個人情報保護などで、他人の仕事や住所やプライバシーを聞くというのは、今ではけっこうナーバスなことになってるようです。

でも、ちょっと聞いてみることで、「あ~なるほど」「そういう事情やったんか」と一気に理解が進み、「それなら、こういう人もおるで」など繋がりが広がることがあります。むしろ、広がることに直結すると思います。

今日、僕に仕事を聞いてきたオッチャンは、見るからに世話好きそうな人で、そのグループの中でもチョットしたリーダー的な人でした。一昔前はどこにでもいた、こんな感じのお節介オジサンやオバチャンが、いろんな人との繋がりをアレンジしてくれてたんですね。

もちろん、聞き出した話をネタに「こんなんやって」「あの人★★らしいで」など、話しに尾ひれが付いて広がることもあると思いますが、それでみんながオモシロくなるなら、僕はそれはそれでエエと思います。話題に上がるなんて、光栄なことです。

というわけで、今日から、あの公園でのオッチャンコミュニティーに「こんなヤツ」という自己紹介ができました。言いそびれて、まだ名前言ってませんけど。この後、いつまでお付き合いがあるかわかりませんし、僕はまだ、今日聞いてきたオッチャンの名前もしりませんし、一緒に走ってる人達の名前もしりません。最初は、そんな緩い繋がりからでエエと思います。

まだまだ、このグループ以外にも、たくさんの人と会います。グループの人は少ないです。たいていは1人か夫婦で来てはります。オモシロいのは、グループで歩いたり走ったりするのはおっちゃんばっかり。女性ばっかりのグループってないんです。二人連れはありますけど。

僕は、同じ方向で走っていても逆でも、とりあえず「おはようございます」と声かけてます。返事のある人もない人もいます。笑顔だけの人もいれば、無視する人もいます。それでエエと思います。障がいがあって喋れない人や対人関係を築くのが苦手な人もいると思うし。この辺は、社会福祉領域にいたので、いろいろ思いを巡らせるようになれたと思います。

ただ、走りたい時に走れるってのはエエもんやなぁと思って走ってます。
走れるってシアワセなことです!

タグ : マラソン

17:26  |  スポーツ  |  Comment(1)

加奈子、復学(って言うのか?)

2011.03.18 (Fri)

やっと今日(18日金曜日)加奈子が学校に登校できました。
起きる時、出掛ける前に体温を測ったんだけど、
どちらも36℃代。

今回は、思いがけず長引いた。
ただの風邪かと思ったけど、
もしかしたらインフルエンザだったのかも。

和子さんの職場のドクター達の話しでは、
「インフルエンザでもヒドくない場合は、自宅療養の方が効果的」
だそうです。

結局、日曜日の夜からズーッと加奈子と一緒でした。ズーッと一緒ってのは、ズーッと離れてる人から見ると羨ましいコトかもしれないです。でも、それしか選択肢がないというのは、これはこれでキツイことです。

離れる時があればこそ、愛おしく思えるものでもあると思います。

とりあえず、一件落着。
でも、すぐに春休みが来る…( ̄◇ ̄;)
16:42  |  家事・子育て  |  Comment(3)

加奈子、若干回復

2011.03.16 (Wed)

ホンマに「若干」の回復です。
熱が上がるまでに時間があったせいか、
下がるのも時間がかかるみたい。

学校ではインフルエンザも流行していたらしい。
今日、スーパーでママ友から情報入手。

今日で学校休みは3日目。
つまり、僕も機能低下して3日経ったってコトです。

そんな加奈子に、夕方、ベネッセから作文・表現力講座の教材が届きました。
これで元気になったというか、無駄にテンション上げてしもたというか…

とにかく早く良くなって欲しいと願うばかりです。

夜、「今日もたいしたコトできんかったなぁ~」と
やけっぱちでビール飲みながら、
久しぶりに「サマーウォーズ」見ました。

昨日の「アポロ13」といい(あれ?一昨日だったか?)、
「諦めなさんな。諦めないことが肝心だよ。」
ですね。
21:50  |  家事・子育て  |  Comment(2)

JTBの払い戻し手続きができない

2011.03.15 (Tue)

徳島への出張は、高速バスを予定してました。
12日の早朝に家を出て、9時に高速舞子から乗り、10:52に徳島県の阿南駅前に降りる予定でした。

ところが、地震の影響で、12日の阿南での講演が中止が決定した時点で、12日の午後の京都発、徳島駅前行きの座席を予約し、阿南行きをキャンセルにしようとJTB HTA販売センターへ電話してみたら…

全然つながらない。結局、出発までつながらず、キャンセルの手続きができないまま、9時の高速舞子BS出発時間に。

これは、払い戻しを受けることはできるんだろうか?

大地震という、不測の事態であることは間違いないので、JTB HTA販売センターが全面的に悪いとは思いません。でも電話が通じなくて払い戻しが受けられないというのが成立するなら、悪意で電話を不通にすることも可能になるような気がするんですが…金額もたいしたことないから、しゃ~ないなぁ~という気持ちもありますが、でも、どうなるんやろか?という点で気になってます。

今日も、電話してみましたが、ズッと話し中です。こういうサイトもありますが、ページの存在自体が間に合ってませんでした(このページは今日から運用しているらしい)。ページに必要事項を入力してみても、「*大変申し訳ございません。ただいまこのサービスはご利用になれません。」とでます。これが一時的に利用できないのか?それとも、「今後も対応しません」という意味なのかも不明。

地震の直後や翌日という時間帯のキャンセルには、どう対応するんかな?

どっちにしても、しばらくの間、使わなかったチケットは、手元に残して置いた方がよさそうやなぁ。
18:00  |  日々の出来事  |  Comment(0)

加奈子ダウン

2011.03.15 (Tue)

2011031501.jpg
日曜日、徳島県つるぎ町の講演から帰って、同じく仕事から帰ってきた和子さんと加奈子と3人でいつもの「味苑」へ。竹田店に向かったんだけど、満席だったので赤池店へ。そこで晩ご飯を食べ、馴染みの店員さんと「いやぁ~久しぶり」とか言いながら気分良く食べてたんだけど、加奈子が急にケポッとリバース。チョットだったので軽く処理したんだけど、そこから加奈子のダウンが始まりました。

翌月曜日。朝、熱を測ると37℃代後半。ん~こりゃ休ませた方がエエかな?と学校を休ませました。ところが、月曜日ってのはなんだかバタバタするもので、僕がバタバタしてるのをエエことに、加奈子もなんか機嫌良く過ごしてました。ビデオを見たり、漫画を見たりしてけっこう元気そうでした。

ところが、午後、熱を測ると38℃代へ。加奈子は「マズい」と思ったのか、何度も何度も計り直す。そうこうする間に和子さんが帰って来ると、頑張ってた加奈子は、気が抜けたようにフニャ~ッと一気にダウン方向へ。

そして夜の間に熱はグングン上がり、今朝は顔も真っ赤。ポ~ッと上気した顔で目もトロ~ン。半分寝たような状態でおかゆを食べてる途中で、大量リバース。熱は39℃前後。

今日も学校を休みました。今日はさすがに昨日のがこたえたのか、一日中横になって寝て過ごしてました。夕方くらいから、やっとDVDの「シャーロックホームズの冒険」を横になって見られるようになりました。

今日は、看護専門学校を今期卒業した教え子達を招いたホームパーティーの予定だったんですが、キャンセルになりました。買い込んだ食材のうち、日もちのしないモノは調理して食べねばなりません。朝、今日も学校を休むことになると、「パパが買ってきた材料が無駄になるぅ」と涙ポロポロ。いやぁ~今、言われてもなぁ~でした。

和子さんは、「熱だけでたいしたことないし、来てもろたらエエやん」とお気楽そのもの。寝込んでる子どもがいたら、呼ばれた方も気になって楽しめんやん!普通、キャンセルにするでしょ?病弱だった僕と正反対で、超丈夫な和子さんは、このへんの感覚が僕とかなりズレてて、「え~?それ本気?」ということが起こります。まぁ、丈夫じゃないと看護師は勤まらんのでしょうけど、さすがに今回はズレ過ぎのような気がしました。

最近、一回の食事で2合弱という、ものすごい量を食べる加奈子も、今朝のおかゆは全部戻してしもてますし、お昼のうどんも2/3玉程度しか食べてません。飲み物だけはかなりの量を飲ませてますが、そろそろ腹が減ってきてるんじゃないかと思います。でもまぁ、今夜もうどんかな?なんせ、安かったので4玉も買ってしもたんです。しかも京都のコシのないフニャフニャのうどんを。今夜は煮込みうどんにでもするか?

せっかくの春休みですが、加奈子の看病から入りました。加奈子が寝てる間に、書類をだいぶん整理しました。
17:29  |  家事・子育て  |  Comment(1)

徳島県つるぎ町で講演しました

2011.03.13 (Sun)

2011031301.jpg
徳島県つるぎ町で「今日からチョット楽になる!子どもと一緒のこの時間」を講演しました。

ものすごくイイ天気のポカポカ陽気。東北地方の地震報道で滅入っていた僕には、元気をもらえる自然の恵みでした。これも自然の力なら、あれも自然の力。もう少し平均して僕らに与えて欲しいと思います。

あまりに天気が良すぎたのか、肝心の子育て世代の姿があまり見えず、むしろ孫育て世代の方々がメインに。とはいっても徳島県は昨年11月12日の吉野川市の講演でも手応えがあったように、かなり聞き手の反応がいいので、調子よくノリノリで講演させてもらいました。

あちこちで講演していると、本当に感じるのですが、県民性というか、地域性のようなモノはあると思います。同じような世代の人に同じ話をしても、地域によって全然反応が違うんです。

もしも地震がなくて、大津波警報が発令されてなければ、前の日に同じ徳島県の阿南市での講演する予定でした。阿南は海沿い、つるぎ町は内陸。それでも同じような反応があったとしたら、これは県民性と括っていいと思うんです。僕のように、その都道府県の県庁所在地以外の町にも行く機会のある講師ならではの楽しみだと思います。

実は、今回は行く前から、なんとなく上手くいく予感がありました。メールや電話のやり取りをしながら、窓口担当さんの文面や「ほぉやけん」という丸出しの徳島弁と桂文福さん似の声を聞きながら、「きっとこの感じの人なら上手くいく」と思っていました。徳島線の貞光駅で出迎えてくれはった姿を見て、「思っていたとおり!今日は上手くいく!」と確信もてました。年とってくると、文章や声、顔や姿に、大らかな人、裏表のない人、丁寧な人…いろんな中身が出てくるモノなんですねぇ。

出口で講演に参加された皆さんをお送りすると、握手をたくさんの方に求められました。そして、いつものように「橋下知事さんに似てますねぇ」と言われました。今回は、「なんか野口五郎さんに似てるって言われませんか?」とも。野口五郎さんは、初めて言われました。

講演の最後の質問は、「今日の講演では、たくさんの内容がありましたが、今日帰って一つするとしたら、先生はなにをオススメしますか?」という内容でした。いい質問です。是非、今日のことを誰かに話して、シェアして欲しいと思いました。それは、今日の講演の内容以外でも、「こんな講師だった」とか「こんな人と会場で会った」でもイイです。できれば楽しくオモシロい話を誰かと共有して欲しいと思います。地震の影響もあって(普段からですが)、マスコミはどうしても暗いニュースが中心になります。でも、身近なところではイイ話も楽しい話しもたくさんあります。せめて身近なコミュニケーションくらいは明るく楽しい話しで盛り上がって欲しいと願います。

何気ない日常のありがたさや大切さを、今回の地震でも教えられました。講演の最後に、そのことに触れながら、「会える時に会って、話せる時に話すことを大事にしたいですね」と締めました。

飛騨高山の時は一宮大カーブを飛んでいく気分でしたが、今回は晴天でキラキラ輝く吉野川の水面を蹴り発つような気分でつるぎ町を後にしました。
23:46  |  講演記録  |  Comment(0)

明日は講演です

2011.03.12 (Sat)

明日の、徳島県つるぎ町就業改善センターでの、子育て講演会のために徳島市内のホテルに泊まっています。今日の阿南市での講演は中止になりましたが、明日の講演は、主催担当さんから「開催します」と確認の連絡がありました。

今回の地震に際して、
何気ない日常が、こんなにありがたいものなのかと改めて感じました。

家族がそろってる。
一緒に食事する。
「じゃ、行ってくるね」と言って家を出る。
「いってらっしゃい」と送り出してくれる。
こんな当たり前の光景が、
一瞬でなくなってしまうこともあるのですね。

家、家族、仕事、食事、衣類、暖房、トイレ…
こんな当たり前にあるものが、なくなるなんて、
普段は考えもしなものです。

家でニュースをみていると、胸が苦しくなりましたが、
外に出てみると、意外と普通な風景が広がっていました。
世の中は意外と冷静になってました。
「そうだ…自分も冷静にならないと」

Twitterを見ると、講師仲間は今日も全国で講演しているようでした。
「そうだ…自分もできることを精一杯しないと!」

本当に、
何気ない日常のありがたさを実感しながら、
講演ができる、させてもらえることの有り難さをかみしめながら
明日の講演の準備をしてます。
20:45  |  日々の出来事  |  Comment(1)

明日の徳島県での講演は中止に

2011.03.11 (Fri)

明日と明後日に予定されていた徳島県での子育て講演会。
明日、阿南市で行われる分については、中止になりました。

朝、一番のバスで行く必要はなくなりましたが、
明後日のお昼につるぎ町に到着するために、
明日、京都を出て、徳島市で泊まります。

朝一番のバスのキャンセルをしたいんですが、
JTBのコールセンターに電話しても通じません。
仕方ないですね。

今年度は、台風で一つが延期になり、
地震で一つ中止になり、
いろいろと自然の影響を受ける年になりました。

テレビを見て被害の大きさに衝撃を受けました。
阪神淡路大震災を思い出しました。
地震の怖さを知らない加奈子は、のんきです。
それにちょっとイラッとしたりしました。

被災した人や避難シテイル人達、
そして、特に避難している子ども達も、
ストレスを溜めていると思います。
一刻も早く平穏な生活が戻ることを願っています。
23:14  |  日々の出来事  |  Comment(0)

ブログ休みは早寝の影響?

2011.03.10 (Thu)

「そういえば…」
と確認すると、昨日、今日とブログ更新してませんでした。
なんだか、アッという間に2日が過ぎた感じです。

最近、5時台に起きてます。
このところ出張が続き、しかもそれが
6時前起きの連続だったというのもあります。

今日のお昼に鏡をジーッと見てると、
目の下にクマが。
やっぱりちょっと無理してるんかな?

次の土日は、徳島県の阿南市とつるぎ町で2日連続で講演します。
それが終わると春休み。
気持ちよく休みに入れるよう頑張ります!
22:00  |  このブログ  |  Comment(0)

電通本社でヒヤリング

2011.03.08 (Tue)

今日は、汐留の電通本社で家事などに関するヒヤリング(公開取材のような感じ)がありました。話があった時は、「いったい何を聞かれるんやろか?」と思ってたんですが、おおむね家事の話が中心でしたので、自然体で答えることのできる話がほとんどでした。中には、今までに受けたことのない質問もあって、刺激的でなかなかクリエイティブな時間でした。

効率主義と予防主義という括りは、「プロ主夫山田亮の 手抜き家事のススメ」を書いた頃の内容だったので、少し忘れている部分もありました。とくに予防主義の具体例で「リンスぞうきん」しか思い出せずガックリ。実はもっと大切なコトがあり、それが「散らかす奴を散らかさない奴にする。さらには片付ける奴にする」という参加者を増やせ!というものでした。

それと、「100点満点でなくてエエんや!」というところで終わってしまってましたが、その先にある「家事は楽しい生活のための手段」という話まで行くのをスッ飛ばしてしまいました。講演のアンケートにも、この「手段でイイ」という部分に、たくさんの気付きをもってもらっていることが書かれていたのですが、ここも話さずに終わってました。

いくつか、「後になって考えたら、こう答えればもっと良かった」という点があります。が、なにしろ熱心に聞いてくれますし、いろいろと下手な講演よりも大きく反応してくれますし、適宜質問を挟んでくれるので補足説明もでき、話していて話甲斐がありました。

自分で話しててオモシロイなぁと思ったのは、自分はなんで家事を楽しめるんだろうか?ということです。僕の場合、家事は衣食住を整えるという以外に、リフレッシュという側面もあります。家事は総合的には複雑ですが、一つ一つは単純な作業です。例えば、料理にしても、メニューを考えるのは総合的なものですが、みじん切りをするや炒め物をするなどはシンプルな動作です。洗濯もたたんでいる時は単純です。それゆえに無心になれる瞬間でもあります。この無心になれるというは、現代社会においてはなかなか難しいような気がします。もしかしたら、マラソンがブームなのも、無心と関係しているのかもしれないと思ったりしました。

会の前に、ケータリングの飲み物を頼んだのですが「電通名物のイチゴジュース」を強力に勧められたので頼みました。ゴクゴクと飲むジュースではなく、マックシェイクのような感じですが、味は濃く美味しかったです。果糖が脳を刺激してくれるのか、口も滑らかになった気がします。今度から、講演での飲み物にこういう甘い系の飲み物をお願いしようかな?(笑)

ズッと楽器メーカーにいたら、電通も、その近くの日テレも、その建物に入ることはなかったと思います。大学教員になってたとしてもなかったと思います。流れ流れた人生の途中で、思いがけずあのビルの中に入ることになりました。運命とは、人生とは、不思議なモノです。次は国会にでも?(^^;

今朝は、5時起きでした。
23:03  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

MacBook Air 快調!

2011.03.07 (Mon)

2011030610.jpg
昨日の講演は兵庫県養父市のビバホールで行いました。
このホールにMacを持ち込んでスライドを使った初めての人間が僕だったそうです。
それはそれは、ホール関係者や主催担当さんに、
「大丈夫やろか?」
「Macらしいですよ…」
と心配を掛けたようです。

イザ、セッティングを始めると、そんな心配はまったくの杞憂。
一発OKでした。

以前はWindowsのLet's noteを使ってました。毎回毎回、「上手く接続できるか?」でヒヤヒヤしながら会場入りしてました。それが、Macを使い始めた今では「ドンと来い!」と安心して接続できます。昨年6月10日の北名古屋市立師勝南小学校のPTA教育講演会でのMacBook Airのデビュー以降、機材接続に関しては、ノートラブルでここまで講演のお供をしてもらってます(使いこなせてなかったという技量の問題はありましたが)。

断言してもイイと思いますが、Macの方がはるかにトラブルが少ないです。セッティングも短時間で可能になりました。むしろ、こっちが普通のはずで、Windowsパソコンは、なんであんなに接続機材の相手によって不安定になるのか?と思います。

プレゼンの多い人にMacユーザーが多いのかもわかりました。デザインや操作性云々もMac導入の理由にあると思いますが、それ以上にトラブルが圧倒的に少ないという点です。

唯一の欠点は、Macに慣れてない人に「大丈夫やろか?」という不安を与えるコトだけだと思います。これは成功例を重ねるしかないと思います。かつて日本車を買ったアメリカ人も、「日本製?大丈夫か?」と言われてきたと思います。それと同じだと思います。

Macを使う人は、どうしても都会で仕事をする人が多いような気がします。「ここでMac使ったのは初めて」というケースに出会うのは稀かもしれません。全国津々浦々MacBook Airを連れていき、後から来るMacユーザー達が少しでも抵抗なく、むしろ「Mac?ラッキー」と歓迎されるようになればエエなぁと思います。先行成功者の後に行き、僕もその恩恵に授かれればラッキーです。

会場のプロジェクターは少し前のSONY製品でした。SONY製品は高価格帯では、ホンマにエエ製品作ってますね。映像発色の美しさは惚れ惚れでした。無理して低価格帯製品を市場に供給するのは止めてはどうかと提案したいくらいです。企業規模を数百人にして…高級機だけで勝負した方が22世紀までブランドイメージを守れるような気がします。

会場の運営はボランティアさんで行われていたそうです。プロジェクターの下の台やレンズカバーがお手製で、とってもイイ感じのホノボノ機材達でした。ステージの床もキレイに磨かれていたし、機材の収納もキレイに整頓されていて、関係者のホールへの愛が伝わってきました。
17:26  |  PC  |  Comment(0)

山陰線183系ラストランへ

2011.03.07 (Mon)

山陰線を走る国鉄時代からの特急183系(JR西日本仕様)が287系の新型特急に入れ替わるらしく、此度の養父市への出張は沿線や車内の撮り鉄さん達のお祭り状態の中での移動でした。

僕も乗り換え時に、チャチャッと撮りました。iPhone4で撮ってるお手軽記録で、こんなので撮ってるのは、僕くらいでした。沿線には、バズーカ砲のような望遠レンズが並んでて、狙われてる方から見るとスゴかったです。

京都駅出発の「はしだて」。なぜか表示は黒地に赤文字の「特急」。
2011030604.jpg

福知山駅でもうじき無くなる「北近畿」との並び。
2011030605.jpg

こっちは国鉄カラーの「北近畿」。夕日を正面に浴びてキラキラ。
2011030606.jpg

帰りに養父駅から乗った「北近畿」。
2011030607.jpg

山陰線の普通列車系列も。
僕が明治国際医療大学の非常勤講師任期中に導入された223系(5500番台?)。
2011030608.jpg

223系以前に、学生達から「かぼちゃ」と言われていた湘南カラーの113系。綾部駅の向かいホームに停車中。
2011030609.jpg

以前は、毎週乗っていたJR山陰線。今度、新型の287系が導入されると、ちょっと雰囲気も変わるかな?なにしろ、「お古」感ありありの路線でしたから。毎回乗っている身としては車両更新は「やっと?」という感じです。懐かしさに浸るのもエエですし、長年のおつとめご苦労様の気持ちもありますが、静かで揺れの少ない移動が確保されるなら、僕はその方がありがたいです(サンダーバードみたいに新しくても揺れまくりで、本も読めないというのなら、今の旧型の方がエエです)。

ただ、新型も走ってて同じ料金なのに、旧型が来るとガックリやろなぁ。新旧混走はないのかな?全部が刷新されるわけじゃないんですよね?確か。紀勢線のお古が回ってくるという話も聞きますが…。

どうなるのか、よくわかりませんが、とにかく次の山陰線方面の出張がある時は、是非新型で!です。一回は乗ってみたいです。
12:06  |  旅行  |  Comment(0)

兵庫県養父市で子育て講演しました

2011.03.06 (Sun)

2011030602.jpg
兵庫県養父市で子育て講演「イクメンをして気が付いた 誰にでも出来る子育て支援」をしました。10時15分からの講演なのですが、朝一番の電車だとちょっと厳しい時間と距離なので、前乗りしました。

京都も底冷えで有名ですが、京都よりもさらに山手の盆地である養父市は、空気がキ~~ンと締まっている感じでした。移動の土曜日は天気がよくて、山陰線からの車窓も「春やなぁ~」という雰囲気でした。それでも駅を降りると、空気が冴えわたってました。講演当日の日曜日は、朝焼けだったものの(朝焼けだったから?)その後、天気は下り坂でした。
2011030603.jpg
講演は、フェスティバル形式の一つになっていて、前後の子ども達のダンスステージに挟まれてました。なんと言いますか…出し物の間に挟まれる(僕の方が出し物?)というのは、正直言って難しいです。講演どころではない、子どものお友達やら兄弟姉妹達が席取りをしていてウロウロキャーキャー。中盤ではヨチヨチ歩きのボクちゃんがステージ脇に登ってきて歩いてたし…気分は、学級崩壊クラスの先生?

それでも、難しくやりにくいとは言っても、熱心に聞いてくれてはる人もたくさんいて、その人達の期待にこたえるべく、頑張って話しました。講演を終えて控え室に入ると、いつものように汗かいてました。ものすごいエネルギー使ってました。

午前の部をなんとか終え、午後は父と子の料理教室。「豚まん試作の日々」はこの時のためのものです。

参加者全員が「はじめて豚まん作ります!」でした。豚まんと言えばたいていは買って食べるものになってると思います。そういう意味では、今回は豚まんの中身がこういうモノだったのか!を知ってもらう機会でもありました。

ちょっと失敗だったのは、同じテーブルになったメンバー同士で、最初に「よろしく!」の握手会をするのを忘れてしまったことです。この握手会をすると、その後のコミュニケーションが格段にスムーズになり、調理も少し短縮できるんです。

忘れた分だけ調理時間が延びたのか、2時間という時間設定の中では終わりきれませんでした。集中力が切れてしまった子どももいました。でも、できたてのアツアツホカホカの豚まんを食べて「美味しい~!」と言う子ども達と、「やったぜ!」というお父さん達の笑顔を見ることができて、ホッと一安心。材料さえ間違わなければ、そう無茶なモノにはなりませんし、これを機会に自信もって厨房にもたまに立って欲しいと思いました。

フェスティバル形式での子育て講演会には、もうちょっと参加型のワークが必要やなぁと思いました。
22:21  |  講演記録  |  Comment(0)

FaceTimeいいね!

2011.03.04 (Fri)

2011030601.jpg
今日はFacebookでチャットをしました。いろんな繋がり方がありますが、やっぱりライブであったり、顔が見えるというのはエエもんです。

先日は、iPhone4についてるFaceTimeをはじめて使いました。画面の相手は「熱血主夫」の網干さん。

これまでSkypeやGoogleのVideoChatなんかを試してみましたが、FaceTimeが一番スムーズな感じがしました。もちろんこの小さな画面でのFaceTimeですが、なんてったって簡単!そして動きがスムーズ!音の遅れもほとんど無く快適でした。

顔が出るのを嫌がる人は多いのですが、顔が見えるという安心感や信頼感は、他に代え難いモノがあるような気がします。匿名であったり、顔が見えないことで、どれだけ混乱する要素が増えるか…ちょっと顔が見えただけで解決する問題もたくさんあると思います。やっぱり顔の情報量はものすごいと実感しました。
17:18  |  PC  |  Comment(0)

講演訪問都道府県

2011.03.03 (Thu)

去年の今ごろの訪問地図です。
20100303map.jpg

2011年3月3日時点の講演で訪問した都道府県です。
20110303map.jpg
この一年間で、岩手県、栃木県、徳島県、沖縄県が増えました。

残りは9県。
このうち、プライベートでも行ったことのない県(つまり人生で一回も行ったことのない県)は、島根県、福島県、山形県、青森県。

逆に千葉県は、プライベートではあれほど行ってるのに(TDRとか)1回も仕事ではありません。問い合わせはあったのに日時が合わずに行けなかった…というのがありました。それは千葉県以外に熊本県、長崎県、福島県でありました。まったくかすりももしてない青森県と山形県と島根県。この3県に行けるのはいつになるんだろ?最後まで残るのがどこになるのか、ものすごく楽しみになってきました。

もっとも、これは都道府県レベルですけど、市町村レベルにすると、地元の京都府でもまだまだ未踏地が残ってます。

これまでで一番短時間だったのは、加奈子の通っていた保育園の保護者会での講師(自転車で3分弱)。
一番、開催地までに時間がかかったのは高知県室戸市(約8時間)。これは高知龍馬空港からお迎えの車に乗れば、もっともっと早かったんですが、わざわざローカル線を乗り継いで行ったからです。

ローカル線に乗らずして、最速手段を使っても到着までに時間がかかったのは静岡県松崎町でした。新幹線で三島まで出て、そこから修善寺まで伊豆箱根鉄道。そこからバスに乗って延々伊豆半島の西海岸線を走りました。

大都会や衛星都市、山奥の町や海沿いの町、賑やかな町や静かな町。いろんな場所に行きました。行くまでも、行ってからも楽しめてしまう自分は、ホンマに人が羨むような楽しい仕事をさせてもろてます。

日本は広い!
まだまだ知らない町がたくさんたくさんあります。
ものすごい数のまだ見ぬ人達がいます。
これからもいろんな町に行けることを楽しみにしてます。
17:46  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

今回のパイピングジャケット

2011.03.02 (Wed)

2011022801.jpg
パイピングジャケットのネタをしつこくアップ。

前回の黄緑ネクタイをやめ、高山市ではいつものピンクネクタイにしました。自分でも、この方がシックリくるように見えます。ネクタイはTimothyEverest。今はこの柄のネクタイは作ってないみたいです。ブランドのシンボルみたいな柄なのに、なぜディスコンに?
13:06  |  日々の出来事  |  Comment(0)

転けました

2011.03.02 (Wed)

20110302.jpg
まる二日空いたジョギング。今日は風は強いけど、雨も降ってない!と張り切って出ました。

いつものコースで小学生達のマラソン大会だかなんかをやってました。

「やれやれ」

と大渋滞のランニング。ところが後半スタートの子ども達に抜かれ、思わずプッツン。ペースが大幅に速くなり、瞬間ペースは3min/1km。これでは乱れるわけです。そして、顔なじみのオッチャンに「お~今日も頑張っとるなぁ」と声を掛けられ、手を振った時にズザザーッと派手に転倒。

ワコールのCW-Xも画像のように破れてしまいました。身体も財布も痛いです。ランニングは当初の緩い目標であった5㎞も達成せず、今日は断念。転倒後はすぐに立ち上がれましたが、その後、しばらく頭がグラグラしてました。水を飲み、落ち着き、なんとか立ち上がって家まで歩いて帰りました。一瞬、頭グラグラで運動公園からタクシーに乗って帰ろうかと思ったくらいでした。

昨日もらった「さるぼぼ」の効果は?と思いましたが…いや待てよと。ペースを乱すことの危険性を身をもって知ることができたわけです。これが本レースならリタイアでした。自分より速い人はイッパイいるわけで、それには年齢も性別も関係ありません。子どもに抜けれて思わずプッツンした自分はまだまだ未熟者でした。

それと準備体操も足りなかったと思います。傷口が固まればお風呂に入って筋肉の緊張をほぐそうと思いますが、その時、体重も計測してみます。おそらく体重もかなり増えてたんじゃないかと思います。体重が増えてたにも関わらずいきなり飛ばしたわけです。

なにごとも「慣れてきた頃が危ない」と言われますが、今回はそれを身をもって経験しました。むしろ走り始めて1ヶ月で経験できたので、まだ小さなケガですんだのかもしれません。半年後などだと、さらに大きなコトになっていたかも。

転けてわかった好材料もあります。左右同じようにケガしました。タイツが破れたのは右足だけですが、左足もタイツ越しにすりむいてました。右手も左手も擦りむきました。どっちも右の方がケガが大きいですが、それは右傾斜の下り坂だったからだと思います。チャンと手が出て、手と膝で受け止めることができてたのも、好材料。とっさの受け身が、加齢にも関わらずできることがわかりました。顔や肩で受け止めるようになったら、かなり危険だと思いますし。

しかし…CW-Xの買い換えは痛い。高いんです、これ。トホホ~。

タグ : マラソン

11:21  |  ランニング  |  Comment(0)
 | HOME |