メモ(主婦と主夫の違い)

2009.10.31 (Sat)

ある方との面談時に出てきた話題のメモがありました。
そこに主夫と主婦の違いについて書いてあり、
(たぶん、僕の発想にはなかったからメモしたんだと思うけど)
興味深いメモが残ってました。

主婦は、外の世界との関係を断ち切る(断ち切れるor断ち切られる)
主夫は、外の世界との関係を引きずる(引きずり込まれる)

「主夫は珍しい」という、ごくありふれた観点も、珍しさという相対化作業を経ているわけだから、引きずり込まれているわけですね。

外との関係については、少しずつ変化はしてきているけど、まんざらハズレでもない認識だと思います。
10:11  |  男の家事  |  Comment(0)

伏見街道を走る

2009.10.30 (Fri)

来週末の東かがわ市→高知市ツアーの復路チケットの変更をしに、近所の「みどりの窓口」を探してみた。一番近い、JR奈良線の桃山駅には「みどりの窓口」がない。次に近いJR藤森駅にもない。その次に近いのは、六地蔵駅か、稲荷駅。距離はどちらも似たようなモン。ただ、六地蔵へは山越え。稲荷はほぼ平坦。

ということで、和子さんが毎日チャリンコ通勤している、伏見街道を走って稲荷駅に行ってみることに。

なかなかエエ感じの街道でした。コッチから行くと、近藤勇が襲撃されたとされる、伏見街道と国道24号線の交差点から北上し、藤森小→藤森神社→京都教大→深草小→聖母女学院短大→伏見稲荷という感じで、わりとあれやこれやと建物があるし、八百屋さんや魚屋さんなど、昭和の香りがプンプンする下町の風景が続いてました。

片道15分のチョットしたチャリンコ散歩でしたが、天気もよくて気持ちよかったです。
14:30  |  旅行  |  Comment(0)

和子さんの新PC

2009.10.29 (Thu)

和子さんのPCは、
机の上に置けるデスクトップが条件になり、
DELLの「Studio Hybrid」になりました。
来週には到着するはずです。

それにしても、今年はいろいろ出費がかさみます。
なんでこんなモノに?
なぜ今壊れる?
という感じでお金がポンポン出ていきます。
年末に向けて支出を絞らねばなりません。

とはいえ、いろんなモノやサービスを買ってますが、
きっといつか回収できる日が来るはずです。
一つ一つ大切にジックリ丁寧に仕事していけば、
きっと大丈夫なはず。
少なくとも、投資の分は楽しんでますし。

ガンバって、企画書作ります!
16:54  |  PC  |  Comment(0)

期待はずれでした

2009.10.29 (Thu)

驚きの事実」で発覚した我が家の地デジ事情。
地デジアンテナを買わなアカン!となり、電気屋へ行ってみると
「ん~5万から10万円くらい見といて下さい」
という話でした。

思ったよりも高いなぁ~。
と思っていたところに、J:COMの「モデム交換チェック」とは名ばかりのセールスが来て「ZAQ契約のついでに電話とテレビを一緒にしてみては」という話があり、「Not Bad」的にオーダー。

そして、昨日、J:COMの工事がありました。


ところが、
タイトルの通りの「期待はずれ」のトンデモ工事でした。

ウチがオーダーしたのは、今、屋根上にあるアンテナから家への引き込みに、アダプターを取り付けて、室内は既存のアンテナ線を利用するという配線図。「出力が足りなければ、ブースターを加えてもOK」という付帯案も了承済み。

にもかかわらず、昨日来た来た施工屋は、事前説明もなく、電信柱のケーブル電線から直接家に引き込んだのです。家の東にある電線から、西側にあるリビングまで、家の南側を巡らせてリビングへは、エアコンダクトを通して引き込んできた。リビングには、アンテナ線が縦に這うという不格好この上ない。

職人は黙々と作業するのが「美」なんだか、なんだか知らないけど、注文と違う作業してたんじゃアカンでしょ。コミュニケーション能力の低下が、こういう仕事の劣化を生んでるんだけどなぁ。説明もなく作業を始めるから、こんなことになるんやん。J:COMの営業に問い合わせる施工屋。結局、工事はやり直しってコトに。でも、ウチの壁には、いくつかの穴やケーブルが。

おまけに、違う工事をしてトラブってて、トラブル連絡まで施工屋がしてるのに、J:COMからは、「すみません」とも「やり直し工事の日程確認」も、なんにも連絡がないんです。


この件に加えて…ケーブルテレビ回線からチューナーを経て、地デジや「BS」を観るには、HDMI端子が必要だったんですな。営業からはその説明は無かったので、工事後に使用法説明の段階でテレビ画面を見たら、朝まで観てた地デジ画像からググッとレベルが落ち、なんだかノスタルジックな画像が画面になってて驚きました。

おもわず、お決まりの

「なんじゃこりゃぁ~!」

と言ってしまいました。
ウチのSharpの液晶テレビ(LC-32AD5)ってば、HDMI端子が付いてないんよね。なんてコッタイですわ。

工事時間は、9時~11時の予定が、伸びて伸びて、終わったのは13時。施工屋も僕も腹が減ってイライラ。「争いごとを避けるには全員を満腹にさせることだ!」とは、映画『トンマッコルへようこそ』での村長のセリフでした。
13:08  |  日々の出来事  |  Comment(0)

災難続き

2009.10.29 (Thu)

Img_1338m.jpg
早朝から、2階でドッタンバッタンと音がするし、
なにごとかと思ったら、
「パソコンが起動しない」という和子さん。

見ると画面には「USB device over current detected !!!」という文字。
そして、すべてのUSB機器を外しても、このメッセージは出続ける。
ネットで調べてみても、日本語のページに関しては、ほぼ「ギブアップ!」。
決定的だったのは、この修理屋さんのブログ記事
プロが見てアカンのなら、これはシャーナイと。

いちおう海外のサイトも見てみる。
でも、どれも対応策は芳しくない。
「結局、マザーボード交換しちゃったぁ」
というコメントが目にとまる。

もともと、このPCは、義兄の塾の使ってないPCの廃物利用。
怪しげなパーツと、おかしな配線で動いていた摩訶不思議PC。

それにしても、いくら摩訶不思議マシーンとはいえ、1年もってませんゼ。
なんて弱っちいPC。
Img_1337s.jpg
「ASUS」のサイトを見ると、USBトラブルに関するパッチも出てますが、PCが立ち上がらない今、どないしてパッチを入れろと?

さいわい、和子さんはSugarSync愛用者なので、仕事で使うデータはすべてそっち。
メールもG-Mailなので、当面支障なし。
なんて素晴らしい!
しかし、ネットが落ちたら終わり●~*°゜°。。


…というわけで、
今日、近所の電気屋へ新しいPCを買いに行ってきます。
Windows7マシーン?
07:56  |  PC  |  Comment(0)

「書」の書き順

2009.10.27 (Tue)

先日、参観日にいくと、担任の先生が板書に「書」という字を書きました。
その書き順を見て
「へ?」
と思ったんだけど、しばらくそのままでした。

今朝、加奈子を送りながら、
「なぁ、『書』っていう字の縦棒って何画目?」
と尋ねると、
「え~~っと、1、2…6画目!」
と。確かに先生も6画目に書いてました。

でも、僕の中では4画目。
和子さんに聞くと、和子さんも4画目。
家にある辞書で調べてみても6画目。
3冊調べてみたけど、どれお6画目。
僕らは、間違って覚えてたんでしょうか?
それとも、途中で書き順が変わったんでしょうか?

よく似た構造の字の、「重」の縦棒は、6画目ですよね。
9画目じゃないと思います。
このあたりの法則性はどうなってるんかなぁ?
21:00  |  家事・子育て  |  Comment(0)

タヌキの「ぽん太」

2009.10.27 (Tue)

加奈子が作文を書いてました。
タヌキとリスの話です。
それぞれに名前を付けるところから設題があり、加奈子はタヌキに「ぽん太」を付けました。

イヌといえば「ポチ」
ネコといえば「タマ」
そして、タヌキといえば「ぽん太」?
いずれにしても、タヌキらしい名前です。

ですが、なぜ「ぽん太」なのか?
加奈子に、
「なんでタヌキは『ぽん太』なんやろ?」
と聞いてみると、
「そりゃポンポコリンやからとちゃうか?」
「でも、本物のタヌキはポンポコリンなんてせぇへんで」
「昔、タヌキ狩りした人が、前足もって引っ張り上げたら、お腹が出てたからとちゃうか?」
「それが太鼓みたいやったからポンポコリンで、タヌキは『ぽん太』か?」
「ん~~~どやろなぁ」
「ん~~~」

謎や。
タヌキとポンポコリンのつながりは、いったいどこが期限なんやろか?
20:55  |  家事・子育て  |  Comment(5)

つながり実感を育てる

2009.10.26 (Mon)

NHKの「課外授業ようこそ先輩」を見ながら、「自分ならどんな授業をしてみたいか?」と考えてみました。

「身の回りのモノと、自分の親の仕事をつなげてみよう」
(今の学校教育現場では、親の職業を授業ネタにするのは、まず不可能だと思うけど…)

たとえば、「消しゴム」。
ゴムを運ぶ人がいて、
その運ぶ人の自動車を作る人がいます。
消しゴムを包む紙を作る人もいます。
その消しゴム工場を建てた人もいます。
その工場を建てた人の弁当を作った人がいます。
弁当の空き箱をゴミとして集める人がいます。
消しゴム工場の社長さんの財布を作った人がいます。
工場を建てた人が使ったタオルを作った人もいます。
タオルを作った人の携帯電話を売っている人もいます。
その携帯電話を売った人のお昼のハンバーガーを売った人がいます。
ハンバーガーの材料を作った人がそれぞれいます。
携帯電話を作った人を運んだ電車の車掌さんがいます。
車掌さんの制服を作った人がいます。
その制服のボタンを作った人がいます。

こうして、どんどんどんどんつながっていきます。

そして、いつか、自分のお父さんやお母さんとつながります。
友達のお父さんやお母さんともつながります。
先生の親につながることもあります。

「消しゴム」をスタートにしていろんな人がつながってます。
消しゴムの隣の「鉛筆」も同じように、いろんな人とつながっています。

このように「つながり」を見ていくと、世の中に無駄な仕事なんてなに一つ無く、そのつながりがあるから、今の自分がいると感じられるのではないか?と思います。いかに部落産業や在日韓国・朝鮮人産業や世界の発展途上国産業が身近な生活を支えているかも理解できると思います。社会について学ぶというコトは、このようなつながりをよく知り、大切にし、その中で生活している自分を自覚するためだと思います。

こんな授業は、個人情報云々が厳しい今ではきっと不可能だと思いますが、家庭でならできると思います。「スタートのモノ」と「ゴールの人」を自由に設定すると無限にゲームは楽しめます。
11:42  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

この秋の楽しみ

2009.10.26 (Mon)

12565180516192.jpg
この秋、講演で久しぶりに未踏の都道府県に出掛けます。

一件は新潟県。
プライベートですら行った経験のない新潟県。楽しみです!
もう一件は、高知県。
プライベートでは数回行ったことがありますが、講演では初めて。
これまでの旅行とはチョット違った感じかもしてません。

残ったのは、青森県、岩手県、山形県、福島県、富山県、千葉県、島根県、徳島県、佐賀県、長崎県、熊本県、沖縄県の12県。このうち、プライベートでも訪れたことがない完全未踏地は、東北の青森、岩手、山形、福島の4県と島根の合わせて5県。

いつか訪れる機会がありますように。
09:58  |  旅行  |  Comment(0)

珍しい光景

2009.10.26 (Mon)

国道24号線の、御香宮の南と北の信号機が通電せず、機能停止。
24号線(宇治方面行き、京都市内行きとも)と、そこに入る側道は大渋滞。お巡りさんが立って、交通整理。

ところが、今どきは、手信号の講習もしないのか、「Go!」なのか「Stop!」なのか、動作がとってもわかりにくい。雨による視界不良もあって、道路は大混乱。

お巡りさんの交通整理がパッとしないというコトは、それだけ信号機トラブルが減ったってコトでしょうけど、やっぱり最小限の基本は、講習なりマニュアルに載せて、現場に急行する間に参照して、復習できるようにせんと、アカンなぁと感じました。

家事も同じですね。最小限の家事は「見える化」「標準化」で抑え、その上でハイテク機器を使ったり、自分ならではのやり方でしたりという区分整理が大切です。
08:11  |  日々の出来事  |  Comment(2)

夕張石炭ビール

2009.10.25 (Sun)

20091025191126
夕張石炭ビールとラム肉でジンギスカンです。

近所のスーパーで北海道展をやってたので、勢いで購入。

ジンギスカンは、久しぶりにホットプレートで焼いてみました。
ラム肉は、火が通りすぎが禁物。
「ここや!」というところで、引き上げ柔らかく風味豊かなラムを食す。
これがまた絶品!!でありました。
ラムの肉汁を吸った、もやしやキャベツがこれまた美味い!
お昼が軽かった分、少し食べ過ぎたかも。

家族3人で「うま~い!」「美味しい!」と言いながら食べるのが一番美味いですなぁ。

ちなみに今日のスープは加奈子が半分以上作りました。
市販のベースに材料を足していく方法ですが、
野菜たっぷりのスープも美味かったです。
19:11  |  家事・子育て  |  Comment(0)

今日もアップデート

2009.10.25 (Sun)

ネットワーク複合印刷機Canon Satera MF4370dnの調子が悪い。
節電モードに入ると、そのまま機能停止に陥り、
データを送っても電源が入らないことが多々。

9月15日にv63にアップデートしたばかりなのに、
今日見ると、v69にバージョンアップしてました。
しかも、対応に、上記の節電モードからの復帰も含まれてました。

急遽、v69にアップデート。

もしかして、ウチに
「FAXを送ったのに、ウンともスンとも返事がない」
という方がいたら、こういう事情です。
今日からは、大丈夫!(のはず)。
14:23  |  PC  |  Comment(0)

新三銃士

2009.10.24 (Sat)

加奈子の最近お気に入りの番組は、NHK教育の人形劇「新三銃士」。
14年ぶりのNHK人形劇だそうです。

人形劇と言えば、「新八犬伝」の
「我こそは、たまずさがおんりょぉぉ~~~ドドドドドド」
を思い出しますが、物語自体は全然思い出せません。
「三国志」は、大学生の時に再放送でじっくり見ました。
ホンマによくできた劇で、あの「三国志」という
壮大なドラマの見せ方なども素晴らしかった記憶があります。

そして、久しぶりの人形劇。
僕も、加奈子と一緒に見てます。

「なぁなぁ、三銃士の名前にはつながりがあるねん」
「ほほぉ、どんな?」
「アトスとアラミスは『ア』で始まるところが一緒やろ?」
「ほうほう」
「アトスとポルトスは『トス』で終わるところが一緒やろ?」
「…ということは」
「アトスは『ア』と『トス』で二人と一緒があるやろ?だらかリーダーやねん」
「そうやったんか!」
「ホンマかどうかは知らんけどな」
ガクッ

なんせ、「毎日ワクワクする!」と言ってます。
三谷さん、子どもの心つかんでますよ!
ドラマ「王様のレストラン」でも、加奈子のハートをつかんでますし、
映画「ラヂオの時間」「みんなのいえ」もお気に入りです。
22:16  |  家事・子育て  |  Comment(2)

PowerPointのディスプレイ機能

2009.10.24 (Sat)

これってパワポでもできたのね?

の記事のコメントにあった、きむちさんのリクエストにお答えして…
僕は「PowerPoint2003」を使ってるので、「2007」とはちょっと違うかもしれないですけど。


こんな手順でセカンドディスプレイ機能が使えます。
15:48  |  PC  |  Comment(0)

これってパワポでもできたのね?

2009.10.23 (Fri)

Img_1312s.jpgiWorkのkeynoteにある、セカンドディスプレイ機能。メインのディスプレイにはプレゼンスライドだけを表示させ、手元のディスプレイには進行状況やメモを表示させたりできる機能。keynoteに入っているのなら、パワポにも入ってるかと探してみたら、案外簡単に見つかりました。

自分が喋るポイントをスライドに全部載せていたこれまでの講演。
いったい僕はこれまでどんなプレゼンしてたんでしょ?

画面は、右のノートPCが「発表者用画面」で、左の外付けモニターが「閲覧者用画面」です。

プレゼンテーション Zen』のサンプルに載ってるようなシンプル&クール&スタイリッシュなプレゼンなんて絶対無理!と思ってたんだけど、この「発表者用画面(別名:あんちょこ画面)」をプレゼン画面とは別に表示できるなら、ネタを飛ばしてしまうコトもなくなります。全部載せなくても大丈夫です。

これなら、画面はもっと象徴的なモノに変えても支障なくなります。
さっそく、スライドの変更に取り掛かります!

なんとまぁ、こんな機能に気づかずパワポを使っていたとは…
電卓の存在を知らずに、何十桁という数字を筆算していた気分。
あるいは、
ものすごく便利なExcelの関数を見付けて、「これまでの苦労っていったい…」という気分。
10:04  |  PC  |  Comment(2)

富士市で講演しました

2009.10.23 (Fri)

Img_1310s.jpg加奈子が帰ってくる直前に家を出て、京都駅からはエッチラオッチラと「こだま」の旅。そういえば、京都駅の売店でお茶を買ってお金を払っていると、「ボクのブローチ、キレイやねぇ」とレジのオバチャンに言われました。「ボ、ボク?」と思ったけど、なんか気分良かったです。今日もキラキラの☆ブローチ付きで行きました。

さてさて、講演会場は、平日夜の講演とあって、客席は僕世代前後の男性が多かったです。男性が多いというコトは、あんまりドッカ~ンという笑いはないのがこれまでのパターン。例え、いつも講演でギャハハと笑ってもらえる部分がシーンと無反応でも気にとめず、いつも通りのペースでいけました。以前は、「あれ?」「なんかヘンやった?」と気にして、あとがドタバタするコトがありましたが、最近は落ち着いて様子を見られるようになりました。

反応が大人しいからと言って聞いてないわけではなく、質問タイムにはササッと手が挙がって、いろいろやりとりできました。その中の一つに、いまひとつ質疑応答がかみ合ってなかったと思われるケースについて、ここで追加説明をします。

質問の意図は、きっと、
「僕が出張に出る事に対して、和子さんはナニも文句は言わないのか?」
というコトだと思います。質問を受けた時は、要点がつかみきれず確認もしないまま返答してしまったので、ピント外れだったのかもしれません。帰りの新幹線の中で、「あの質問の意図はなんやったんやろか?」と考えて、ようやく、「こういうコトやったんかな?」と行き着いたのが上の質問意図です。

結論から言うと、僕たち二人の間に、提案はありますが、文句はありません。「M」字型人間関係だからです。「一人でも十分やっていける。でも、君といるともっと楽しい。だから手をつないで暮らしている」という関係だと、彼女のしたいように生きるし、僕のやりたいように暮らせます。存在がジャマになったり面倒になれば、別れて暮らすまでです。そこには、ガマンや、無理や忍耐がかすがいになるという発想はありません。「結婚したんだから、ガマンしないと!」では結婚に躊躇する人が出てくるのは当然だと思います。

「先生が、出張に行く時、妻に文句を言わせない『殺し文句』みたいなのはありますか?」と聞かれ、おそらく僕の生活の中には存在しない状況だったので、その意図も瞬時に理解ができなかったのだと思います。「こういうコトでしょうか?」と質問返しをすれば良かったです。今後の課題です。

片付けをしているところに、受講者の方々から「帰ったらWebサイト見せてもらいます」「ためになりました」「家事やってみようと思いました」と声を掛けて下さいました。
ありがとうございます!
なにか一つでも動けば、なにか一つ変化が起きます。少しでも仲良く楽しく暮らせるようなお手伝いができていればウレシイです!家に帰ると、主催担当さんから、もうお礼のメールが届いていました。早い!終わったばかりのホカホカの時に反応を伝えてもらえるのはウレシイです。ありがとうございました!

今日は、一つ自分で注意していたフレーズがあります。最近、コメントなんかを話す時に「~かな?と思います」というのをよく耳にします。「こちらでよろしかったでしょうか?」に近いような…でも間違ってはないんだけど、「~かな?」と、ストレートじゃなくやんわり伝えるところに、今どきの人間関係の難しさを感じます。でも、講演で「~かな?」というのでは、伝わりにくいと思うので、「~かな?と思います」ではなく「~と思います」と言うように心がけてみました。押しつけにならず、でも、まっすぐ伝える感じかな?と思います(やっぱりシックリ来ぉへんですわ)。

薬は講演の最後まで効いてくれました!無事にアレルギーを乗り切りました。
00:04  |  講演記録  |  Comment(0)

加奈子の初賞状

2009.10.22 (Thu)

20091023123950
今、富士市から帰ってきました。

リビングの座卓に加奈子の賞状が置いてありました。この前に展示されてた絵の賞状だと思います。

おめでとう(^o^)!
23:39  |  家事・子育て  |  Comment(0)

乾燥対策に

2009.10.22 (Thu)

20091022151552
新幹線は空気清浄がわりと上手くできているらしく、アレルギー反応は出にくいらしいです。でも抗ヒスタミン剤の影響で喉がカラカラ。マスクで湿気を確保しないと鼻の奥と喉がヒリヒリになりそうです(>_<)
15:15  |  家事・子育て  |  Comment(0)

ウヒャァ~

2009.10.22 (Thu)

20091022151101
新富士駅に向けて出発!
なんと修学旅行の子ども達と一緒になりました。ちょっと席が離れてますが、近いとおもろかったかも(^_^;
15:11  |  家事・子育て  |  Comment(0)

久々に、加奈子ブルー

2009.10.22 (Thu)

今朝、久しぶりに「学校行きたくない」が出ました。

イベント前には出てくる、この種のブルー。保育園時代はなかば恒例行事になってましたが、小学校に入ってからは、なりを潜めていて、なんだか久しぶりに出た感じ。

話を聞くと、この秋の遠足で加奈子は、「いも掘り」に出掛けるのですが、その帰りの列の作り方を忘れてしまって、怒らるんじゃないかと心配して、シクシクとブルーになってるんだそうな。

普段と違うコトが入るだけでもちょっとブルーなのに、そこにインフルエンザによる学年閉鎖があり遠足自体が延期してしまってるというのも加わり、手順を忘れた…と、加奈子のブルーは一気に加速。

しかし…子どもなんてのは、あとさき考えずにバーッと走ってしまい、「だいじょうぶ!だいじょうぶ!」だったり、時には「ありゃりゃぁ~」となったりいうイメージがあるんですが、加奈子の場合、なんとまぁ警戒心が強いというか、小心者というか…先の予見ができるという面では、アホではないと思うのですが、臆病というかチキンと言いますか…

家でズーッと居るのも、予見できない事に対する不安感があるからという面もあるんでしょうね。一人で行動したり判断できるようになるには、ある程度の失敗も経験しながら、「それでもナンとかなるモンや」という感覚を身につけていかないと、自立への道は遠いですなぁ。

なんでも親が先回りして道を用意してしまうのは、アカンとわかってます。でも、それには時間的や心理的な余裕が必要です。この辺のバランスが難しいです。また、守られる確信があるからこそ、冒険にも出掛けられるという側面も言われています。今は、その確固たる位置づけが必要な時期なのかもしれません。少しずつ冒険の要素を混ぜていくことを頭に入れておく程度でエエのかもしれません。加奈子の場合、ボストンやロンドンといった、予見の範囲を遙かに超えてしまった場所への短期間冒険があり、それがかえってアカンのかも…という気もします。
09:35  |  家事・子育て  |  Comment(0)

副作用キッツイです

2009.10.22 (Thu)

ステロイドと抗ヒスタミンが入った薬を飲んでます。
アレルギー反応は収束し、鼻水もくしゃみも出てませんが、
副作用が激しく出てます。
眠たく、ダルく、ボーッっと筋肉弛緩してます。
起きてるだけでエネルギー使ってる感じで、
寝てた方がマシかもしれません。

昨晩は、薬のお陰で久しぶりに熟睡した感じです。
でも、眠たい。
09:17  |  身体のコト  |  Comment(0)

アレルギーでじゅ

2009.10.21 (Wed)

20091021190833
秋恒例のアレルギーが出てます。鼻水グジュグジュくしゃみ連発でグッテリです。一昨日から発症してます。薬局に行くと、一昨日から急にアレルギー性鼻炎の人が増えてるそうです。強力な抗アレルギー剤を処方してもらいました。明日の講演はこれで乗り切れるか?
19:08  |  身体のコト  |  Comment(0)

お勤めお疲れ様

2009.10.21 (Wed)

Dsc01672s.jpg我が家のPC3機が退役しました。
今日、無料回収の業者が来るというチラシが昨日入っていたので、昨晩、作業して今朝家の前に出していたら、ササッと持っていかはりました。
 DELL DIMENSION 4500C
 DELL DIMENSION 4400
 DELL DIMENSION E521
どれも、よぉ働いてくれました。僕の両親なんて、未だにWindowsMeマシーン使ってるのに、なんでこんなに寿命が短いの?と思いますが、その分、酷使してますわな。

どれもHDDを抜いてますので、学生のデータが流出することはない(はず)です。「3台も捨てるなら、1台ちょうだい」という話もありますが、個人データを扱ったかもしれないPCは、やっぱり廃棄しかないのでございます。そのHDDも、完全消去を施した後、ディスク破壊して廃棄の予定です。

この2ヶ月で、7台(!)あった我が家のPCは、3台に減らせました。一気にスリム化できました。予備の機体を…と思ったんだけど、ノートPCもある、iPhoneもあるし、「要らないね」という結論に達しました。

できるだけ身軽な生活を心がけたいモンです。
10:10  |  PC  |  Comment(0)

授業参観

2009.10.20 (Tue)

午後から、授業参観に行ってきました。

授業参観の後の懇談会には、時間的に出られないので、その分、ちょっと早めに教室に入ってみました。教室にはあんまり生徒がいず、たいはんは外で遊んでいました。そんな少ない生徒の中に、加奈子がいました。さすが出不精。

授業は、道徳で、「耳の聞こえない子」がテーマでした。加奈子も何度か手を挙げて発言してました。教室の中では、落ち着いた部類の生徒に入ってました。ごそごそする子は、止まらずごそごそしてますね。大学の講義でもこんなモンです。

なんどか授業参観にいくうちに、来ている親たちの顔ぶれが、いつも一緒になってきました。もちろん、この前の「おもいッきりDON!」で一緒に出たお母さん達は、いつもいる人たちです。向こうも、僕のことは「いつも来てるお父さん」なんでしょうね。

帰りは、加奈子と一緒に帰る事もできたんだけど、加奈子に「どうする?」と聞くと、「友達と帰るわ」とあっさり。おかげで、加奈子が帰ってくるまでに買い物に行けました。
22:02  |  家事・子育て  |  Comment(0)

部屋の照明

2009.10.20 (Tue)

Img_1306s.jpg加奈子の部屋の照明を、これまでのエスニック照明から、東芝のDigilxに変えました。

和子さんが、「通販生活」のネット販売サイトで安く出てたのを買ったそうです。パッと見てパッと買う決断は、和子さんの得意分野です。昨晩も、なんやかんやと見てたそうです。仕事は・・・・聞かん方が良さそうです。

お昼前に、荷物が到着したので、パパッと取り付けてしまいました。こういう作業は僕の方が得意です。
12:37  |  家事・子育て  |  Comment(0)

加奈子の結論

2009.10.20 (Tue)

夕飯時から、急に雲行きが怪しくなった加奈子。
聞くと、
「今朝、間違ってマラソン大会の練習に出てしもた」
という。
秋に学校のマラソン大会があって、事前に参加申し込みを出した子が参加するんだけど、加奈子は端っから参加する気無し。ところが、昨日の朝、友達達がグラウンドに出て行くモンだから、ヒョイヒョイとくっ着いて行くとそのままグラウンドへ…というコトだったらしい。

で、加奈子の悩みは、「このままマラソンのメンバーに入れられてたらどないしよ」というコトだった。

「先生に入ってしもてないか聞いたら?」
「それは怖くてできない」
「そしたら、聞くか?出るか?のどっちかやな」
「ん~~~~~~~~
    じゃあ~~出る!

親二人は
「なんでやねん!」
と大爆笑。
「子ども心」というのはオモシロイ。
08:59  |  家事・子育て  |  Comment(0)

加奈子に見せたYoutube

2009.10.19 (Mon)

10歳のギター少女、影山遥の映像を加奈子に見せました。
ちょっと刺激を受けたみたいで、
「パパにギター教えてもらおうかな?」
と。


この機会に、Joe Satrianiの"Always with me, always with you"も聞いてみました。エエです。Joe Satriani自体、久しぶりに聞いて、その良さを改めて実感しました。ついでに、最近、Steve Vaiも気に入ってよく聞いてます。

しかし、この遥ちゃん。
ホンマにスゴイですね。
とりあえず、僕よりはるかに上手いです。
音もエエです。
セッティングも自分でしてるんかな?

この重たいレスポールの抱えて、
小さな手でスス~~ッと弾いてるのをみると、
僕は、ただ練習をサボってただけなのを見せつけられます。

別に加奈子にここまで上手になってもらわなくてもいいけど、
「せーの」で音楽ができるというのは、エエもんやと思います。

モト冬樹さんが、娘を見守る親の目で弾いてる気持ちがよくわかります。
世代を超えて一緒に楽しめるって、音楽のエエとこですね。
21:59  |  家事・子育て  |  Comment(0)

『孤独な群衆』リースマン

2009.10.19 (Mon)



おそらく社会学をかじった人間なら、一度は耳にした事があるだろう有名な本。新品なら4,725円もするのだが、Amazonの中古書販売で珍しく数百円で出品されていたので買ったみた。

今日、届いたその本は、昔の岩波文庫を思わせるような紙質でA5版。手に持って読むにはヘナヘナ過ぎ。昭和39年に初版本が出され、僕が手にしたのは11刷の昭和43年発行。僕とほとんど同じ時間を、この世に存在していた本だった。お値段は900円。昭和43年に900円で流通していた本は、平成21年に4725円。インフレやその他諸々の要素で、5倍以上の値段になったのだろう。今は、何刷なんだろうか?昭和43年と同じ「みすず書房」から出版されているから、刷数は積算のはず。

最近の自己啓発本や生き方本が売れる傾向は、リースマンが指摘する「他者指向型」社会への疲弊と同時に、「内部指向型」への回帰、もしくは再認識の現れではないか?と推測して、原著を取り寄せた。

「他者指向型」社会では、他者との関係性の善し悪しが個人の行動基準となるため、常に他者の視線を気にする(同時に監視する)必要に迫られる。その結果、家族関係ですら、他者が自分をどのように感じているか?どうとらえているか?が重要になっている。たとえば、DV被害を受けながらも、「オレにはおまえが必要なんだ!」と言われると被暴力環境から逃げ出せなくなるのも、自分の価値判断よりも「他者思考型」による他者の視線が優先される結果だ。

リースマンの「他者指向型」は、「共依存」「KY」「孤独」という言葉が存在する現代日本において、これほどピッタリ当てはまる概念は他にないんじゃないか?という印象をもっている。ジックリ読んで、検証してみたい。
17:55  |  仕事ネタなど  |  Comment(2)

懐かしいブラスサウンド

2009.10.19 (Mon)

お昼ご飯を食べながらテレビのスイッチを入れると、「スタジオパークからこんにちは」で渡辺謙が出ていた。話の途中で、魔が差したように「BS」に切り替えると「BSーHi」で「クラシック倶楽部」で東京佼成ウインドオーケストラの演奏が。曲は、ホルスト作曲「吹奏楽のための第1組曲」。

僕は、1回生のほんの少しの間だけ、大学のブラスバンドにも所属していたことがあったんですが、その頃の「おのぼりさん」状態やら、勘違い振りなどを思い出しました。

さっそくiTunesで探してみると、あるある「第1組曲」。ついでに「バンドのための民話」や、「インヴィクタ序曲」「シンフォニア・ノビリッシマ」も購入。演奏音源は、大阪市大のブラスバンド「コンサートバンド」ともご縁の深かった、大阪市音楽団。

大阪市音楽団「わが青春の吹奏楽」

今思えば、吹奏楽団が、僕が接した一番大きな組織かもしれません。
ローランドは全社員1000人くらい居ましたが(今の規模は知らない)、営業所は20人弱の構成だったし、パーティション隣の営業企画課や海外営業部は別組織な感覚だったですし。それ以降も、いろんなところで働きましたが、セクション内で完結してました。大学院は文系だったので「一人屋台」状態。講師業はまさにピン商売。大人数で一斉に同じ方に向かうという経験は、僕史上、吹奏楽団以外に経験がない気がします。

吹奏楽もオーケストラも、何十人ものメンバーがそれぞれ別のパートを受け持ちながら、一曲を組み立てていく。究極の分担分業制芸術。中学から始めた吹奏楽は、中学後半にロックに目覚め、高校中盤でバンド活動を初めてからは、「ロボットじゃあるまいし」とプレイヤーが部品化されない音楽を目指したわけですが、今、こうやって音楽演奏から距離を置いて聞くと、これはこれで一つの表現の仕方だと認識できるようになりました。年ってヤツでしょうか?
14:49  |  音楽  |  Comment(0)

季節の変わり目のせい?

2009.10.19 (Mon)

季節の変わり目のせいか、体調がスキッとしない。
一番深刻なのが左膝。
「DON」の収録の頃からズーッと痛い。
今日は、階段の上り下りでズッキンズッキン。

左の肩胛骨の内側面も寝違えたようなジーンという痛み。
起きてすぐは痛くなく、加奈子を送った帰り道くらいから。

鼻水がズルズルと。
これは毎年の恒例行事のような気がするので、
季節性のアレルギーかな?
明け方に鼻が詰まり口で息をするので、
どうしても喉は腫れ気味。

一番の、膝の痛みには心当たりがある。
最近、体重増量中で、その負担も考えられます。
一昨年の夏と比べると、3~4キロは増えてます。
ほぼ毎日Wii Fit Plusをしてるんだけど、なかなか減りません。
食事量を減らし、膝への負担を軽くしないと、こりゃ治らんかも。
14:17  |  日々の出来事  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT