久しぶりにF1!

2009.08.31 (Mon)

ベルギーGPで、ジャンカルロ・フィジケラが2位に入りました。
乗っていた車は、フォースインディア

最近は、中継をみることはなくなりました。でも、予選と決勝の結果だけはメールで読んでます。

今回はメールで、「なんと!フォースインディアが2位?これは久しぶりに観なければ!」と思い、録画して先ほど見終わったところです。さすがに、結果を知らずに見るドキドキ感はないですが、それでも十分楽しめました。もっとも最近のレースは、最終周回で順位が変わるというコトもほとんど無いですし、中盤で体勢が決まると、あとは淡々と過ぎていくだけですけどね。

参戦二年目でこれまでノーポイントだった「フォースインディア」。今シーズンも見事な「B級チーム」の仲間入り。遡ると、フォースインディアは、スパイカーミッドランド←ジョーダングランプリとなる。「B級」の歴史もしっかりしたモンです。トロロッソ(元ミナルディ)がレッドブル傘下に入り大手系列になったのに対して、未だにインディーズレーベル系のフォースインディア。

そのフォースインディアを駆るジャンカルロ・フィジケラが、予選でポールポジション。普通、こういうポールは、突然の大雨だとか大事故などで、前半のタイムしか計測されず、「最初にコースに入ったモン勝ち」で獲得されることが多いけど、なんと今回は、正攻法!最近ではこういうのをガチンコ勝負というらしいけど、まさにガチンコ勝負になってのポール。

F1を熱心にみていた頃の僕のweb日記やブログには、よくジャンカルロ・フィジケラが登場しているとおり、彼はデビュー以来の応援対象。絶対の速さはもってるんだけど、閃光的「天才」ではないし、おまけに人事マネジメントのお粗末なイタリア人環境。イイ気運に乗りきれないドライバー。「なんでそんなチームに移籍するかなぁ?」ということも多々。常にチャンピオン争いを演じても不思議じゃない人材が、いつの間にか中堅どころか下位チームでフラフラ。同様に晩年を不遇で過ごしたミケーレ・アルボレートが頭をよぎる。いつのまにか出走回数は200回越え。「200戦錬磨のパトレーゼ」と言われていたリカルド・パトレーゼの域にも達したにも関わらず…

でも、それまで鳴かず飛ばずの車に鞭打って、よくぞ表彰台へ!
それも佐藤琢磨や鈴木亜久里よりも高い2位へ。
前線のヨーロッパGPの前に、フォースインディアはマシンをモディファイしていて、それがヒットだったらしい(情報源)。だから、今回のPPも決勝2位も「ただのマグレ」ではない(と思う)。

噂では、「次から、最下位のルカ・バドエル(フェリペ・マッサのピンチヒッター)に変わってフェラーリに乗るんじゃないか?」と言われています。イタリア人ドライバーがフェラーリに乗って勝つ!いったいいつ以来見てない光景?1985年ドイツGPに勝ったミケーレ・アルボレート以来。移籍していきなりの勝利を求められても、そりゃ酷でしょうけど。最後のチャンスかもしれないし、是非、ここはSchumacherの代理人に交代してでもフェラーリへ!しかも!次はモンツァ!でありますぞ!ルカ・バドエルには悪いけど、ここはフィジコを走らせてやってくれよ、フェラーリの首脳陣さん。でも…フォースインディアに乗ってモンツァで勝つのも観てみたい!
15:33  |  スポーツ  |  Comment(2)

2009.08.31 (Mon)

Img_0816s.jpg小林カツ代さんの肉じゃがです。とにかく短時間(15分くらいでOK)で、しかも確実にできます。

じゃがいもの皮むきに時間がかかりますが、買う時になるべく凸凹の少ないイモを選ぶのがポイント。ピーラーを使って短時間に皮むきできます。メイクイーンでも男爵でもOK。トロットロの肉じゃがが好みなら男爵がオススメ。でも、凸凹が少ないのはメイクイーンの方かな?

かなりの頻度で作ってるのに、これまで、レシピをアップしてなかったのが不思議。先日、アラフォー講師会の時に、この肉じゃがのお話しをして、ブログにも公式サイトにもアップしてなかったのを知り急遽掲載。

★材料
じゃがいも4~6個(600~650g)芋がメイン!
牛薄切肉200g
玉ねぎ1個
サラダ油 大さじ1
A(砂糖大さじ1 みりん大さじ1 しょうゆ大さじ2と2分の1)
水(1.5~2カップくらい←材料がひたひたになるくらいで調整)

★作り方
1.フライパンにサラダ油を熱して牛肉と玉ねぎを炒め、
2.肉の色が変わったらAを加え強めの火で煮る。
3.肉にしっかり下味がついたらじゃがいもを加え、水をひたひたに注ぐ。
4.表面を平らにならして蓋をし、
5.強めの中火でじゃがいもが柔らかくなるまで10分前後煮る。
6.途中で1度大きく混ぜる。
7.煮汁が少なくなったら出来上がり♪

冷めても美味しいですし、弁当に入れても大丈夫です。
11:18  |  家事・子育て  |  Comment(0)

yomi+plus

2009.08.31 (Mon)

yomiplus.jpg先週ですが、「yomi+plus(よみぷら)」という、大阪府八尾・東大阪・泉南方面の読売新聞の販売店の一部署で発行されている情報誌(発行部数28000部)に登場しました。

記事の内容だけ読むと、ものすごい手抜き主夫にも読めますが、ホンマの事ですので隠しようもございませんです。さらに、これまたものすごい手抜き料理も紹介されています。こうなると料理というか、加工というか、わからんくらいです。でも、僕はこの「簡単チャーハン」をよくお昼に作ってます。

お昼ご飯って、ホンマに手抜き中の手抜き。その反動が休日に来るわけです。この先、そのままの手抜きで、休日のお昼を過ごす方法を考えねばなりませぬ。「自分のモノは自分で作る」くらいにしてみようか?

上の画像をクリックすると、拡大した画像をみることができます。
11:04  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

東洋紙業労働組合年次大会で講演しました

2009.08.30 (Sun)

DSC01628.jpg DSC01630.jpg
東洋紙業労働組合の年次総会で「きっと毎日が楽しくなる!スーパー主夫のワーク・ライフ・バランス提案」を講演しました。

労働組合大会は、毎年どこかで講演して、だいたいの参加年齢層や感じはわかっているつもりでしたが、今回は会場内の子どもの姿がほかよりも目立っていました。こんな事なら、パワポのデータに「磯野波平さんや野原ひろしなんかのイラストも入れればよかった」とちょっと後悔。データだけは持っておいて、会場の様子をみて入れたり抜いたりというのもエエかもしれませぬ。

波平さんはよく「男の家事」をしてタイヘンな目に遭ってますし、参考になる話もいくつかあります。「いざという時では遅い」という例にも使えますなぁ。野原ひろしも、みさえの留守中に焼きめし→チャーハン→ピラフ→の繰り返しをして、しんちゃんから「もぉ~飽きたぞ」と言われてたシーンがあったような。労働組合大会向けのネタはもう少し洗練できそうです。

いつもは90分の講演を、60分に縮小し、ネタもいくつか外して構成させたのですが、どうもまたやってしまった「てんこ盛り」感。事例を一個外すんじゃなくて、テーマごと一個ゴボッと外さないと、結局、補足なんかを話してしまって「あれもこれも」状態に。一番大事なテーマを中心にして、ほかはそぎ落としていく。理屈じゃわかっているんだけど、「次の機会」がなかなか無いと思うと、「今、伝えとかな…」という気持ちが勝ってしまいます。外す勇気をもたないとね。

講演の後、聴講していた女性社員の方達から「いい話をありがとうございました!」と握手と求められました。男性の方からも、「おもしろかったです」「参考にしてやってみます」と声をかけてもらえました。是非、次の行動につなげてくれたらウレシイです。

60分、目一杯キンキンに話して燃え尽きたのか、帰りの電車では意識不明でした。和子さんからの「お昼ご飯食べた?」のメールで起き、乗り過ごしは回避できました。
23:59  |  講演記録  |  Comment(0)

衆院選2009

2009.08.30 (Sun)

政権交代ですね。
雑感を羅列します。

自民党が後半から民主党のマニフェスト批判に走り始め、「すでに野党になる覚悟ができたんやなぁ」と感じました。

自民党からの立候補者事務所に集まっている人達が高齢なのが気になりました。一方の民主党事務所が各年齢層まんべんなく散らばっているのとコントラストが印象的。

自民支持者が民主党議員や民主党に投票しているという出口調査が大きい要因?

「郵政改革」というスポット耳に入るフレーズが、今回は「政権交代」になったのだと思います。オモシロイ構造があります。
「ゆ~せいかいかく」
「せ~けんこうたい」
文字数と、延ばすところが一緒です。

そのまんま東…出てたらどうなってた?

幸福実現党って、全国くまなく立候補者を出したんやね。


これからのコトですが…
公明党はどうするんでしょ?自民党と一緒に野党としてやっていくんやろか?

民主党は分裂するんじゃないか?(=政界大再編)という予感がします。コレまでは「政権交代」を軸に結束していたと思うんですが、この先、共通の課題がなくなった(ホンマはこっから頑張ってもらわなアカンのですが)時に、しかもかなり自由にモノが言える議席になった時に、「寄せ集め」政党である民主党に分裂の危機が訪れるかもしれないです。「公約実現」という共通の課題に向けて頑張って欲しいモンです。がっ、自民党も黙っちゃいないと思います。新自由主義者から共産主義者までいる自民党ですから、民主党内の新自由主義者と手を組んだり、福祉国家志向の議員同士が共闘したりと、政界大再編の予感もします。

政権交代後の組閣がどうなるんかな?
22:54  |  日々の出来事  |  Comment(0)

不思議なご縁

2009.08.29 (Sat)

明日、8月30日は午前中に企業労働組合で講演します。
東洋紙業という会社です。

この東洋紙業。僕が心斎橋そごうで働いていた時に、店の包装紙やペーパーバッグ、チラシ、DMなどの紙類を取り扱っていた会社でした。毎日、裏の搬入口に東洋紙業の独特の色のトラックが到着して、大量の紙類を入庫させていました。

その心斎橋そごうも、いよいよ今月末31日で店を閉じることになりました。

その閉店一日前に、関係した会社で講演するというのは、なんとも不思議なご縁です。明日は60分という少し短い講演時間ですが、精一杯お話しすべくこれからリハーサルに入ります。
15:57  |  日々の出来事  |  Comment(0)

髪切りました

2009.08.28 (Fri)

20090828161637
沖縄行きの時点ですでに伸び伸びだったんですが、やっと切りに行けました。やっぱり切ると涼しいわぁ忘れていた感覚でした。
16:16  |  家事・子育て  |  Comment(0)

手書き風フォント

2009.08.27 (Thu)

パソコンを入れ替え、アプリケーションやデータの移行が一通り終わり、
「やっと普段通りのパソコン仕事ができる」
とおもってたら、フォントの移行を忘れてました。

僕は料理教室のレシピやレジュメなどに、いろんなフォントを使います。
とっくに手書き風フォントは活用しまくってます。

あくあ
あずきフォント
あんずもじ

以前は
みかちゃん
も使ってましたが、ちょっとクセがあるので最近は使ってません。

あんまり手書き風フォントがメジャーじゃない頃は、
「え?全部手書きですか?」
と驚かれたモノです。
今じゃ、かなり普及して、そういう反応は見なくなりました。

日本語はひらがな、カタカナ、漢字と文字数も多いのに、
手書き風フォント制作者の皆さんはホンマにスゴイと思います。
しかもたいていフリーソフト。
皆さんの技術力と心意気に感謝感謝です。
11:39  |  PC  |  Comment(0)

逆に目を惹きます

2009.08.27 (Thu)

20090827085415
KY
SEIYUの折り込みチラシです。

「KY」の意味は「カカク ヤスク」の意味らしいけど、皆さんあっちの意味を連想しはるんじゃはいかと思います。
08:54  |  家事・子育て  |  Comment(0)

赤い糸チェッカー

2009.08.26 (Wed)

モモさんのブログで紹介されていた、
赤い糸チェッカー」やってみました。


1251269960E5B1B1E794B0E4BAAE.png

なのだそうです。
ザンネンながら、
「かおるこさん」に心当たりはまったくありませんが、
たくましい人にはご縁があります。
16:18  |  ミーハー  |  Comment(0)

右足のかかとが痛い

2009.08.26 (Wed)

昨日のお昼過ぎから、右足のかかとが痛いんです。
かかとに数ミリの鉄板が刺さっていて、
歩く度にカッツンカッツン当たってる感じです。

「痛風ちゃうの?」

という我が家の医療関係者。
頼むわぁ~勘弁してぇ~な。

ただ、沖縄滞在中、ザイロリックは一回も飲んでません。
だけど、ビールも控えてますから。
15:16  |  身体のコト  |  Comment(0)

STAR WARS TRILOGY

2009.08.26 (Wed)

Img_0811s.jpg Img_0810s.jpg
加奈子が到着を待っていた「スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX」が今朝届きました。

字幕版の映像データはすでに手元にあるのですが、加奈子ではまだ字幕の読み込みが追いつかず(といってもストーリーや台詞は覚えてしまってますけどね)「やっぱり日本語の声で観たい」というリクエストに応え、とうとう我が家にやってきました。

今朝も、登校しながら「A NEW HOPE」について語ってました。なにしろ、「加奈子の人生で一番おもしろい映画」と断言するくらいの入れ込みよう。この先、しばらくウチのテレビモニターは、こればっかり流れるんでしょうね。

しかし…Star Warsを観るのなら、
5.1サラウンドを入れてみようかという気になります。
子が子なら親も親であります。
10:16  |  家事・子育て  |  Comment(0)

やり投げ、砲丸投げ、円盤投げ

2009.08.25 (Tue)

ベルリンでの世界陸上で、やり投げの村上幸史が82メートル97を記録して銅メダルを獲得!
この種目では日本人初のメダルだそうで、とにかくおめでとう!です。

ところで、ふと思ったのですが、

やり投、ハンマー投、円盤投
投げ系のこの3種目で、
一番遠くまで飛んだ記録があるのはどの種目?




調べてみました。

投擲競技には、上気3種目の他に砲丸投がありますが、
さすがに、砲丸投は他の3種目よりも距離が出なさそうなので、
ここでは省略。
19:48  |  スポーツ  |  Comment(0)

今日の毎日新聞、東京夕刊でコメントが

2009.08.25 (Tue)

今日(8月25日)の東京版夕刊に僕のコメントが紹介されています。
--
憂楽帳:惑わされず

憂楽帳:惑わされず

 衆院選は229人の女性が立候補した。前回の147人を大きく上回り過去最高だそうだ。子育て支援、介護、非正規雇用……。政党のマニフェストには以前から女性が訴えてきたテーマが並ぶ。もはや「女性議員だから」という時代ではないのかもしれない。

 「投票の判断材料に候補者の性別はあまり考えなくなった」と京都市の「スーパー主夫」、山田亮さん(41)は話す。男性の家事・育児や男女共同参画などのエキスパートだが「男女平等について深く考える男性もいれば関心のない女性もいます」とも言う。納税しているのに外国籍で投票できない妻の選挙権のこと、娘が生まれてからは核と平和の問題が気になるという。

 60年代に米の女性運動で使われた「The Personal is Political」(個人的なことに政治や権力の問題が潜んでいる)は今にも通じる。30日の投票では「変だ」と思うことにこだわり、身近に思えない政策も自分や家族に引き寄せて考えたい。候補者のイメージや先入観、属性に惑わされず……。【大和田香織】
--
「The Personal is Political」…大学院時代にどれだけ読んだり聞いたコトか。思いがけず久しぶりに接することになりました。

この記事を書かれた大和田香織さんは、2000年1月に初めて、世の中に主夫@山田亮を紹介して下さった記者です。そして、その時から僕の主夫としての講演&執筆活動が少しずつ始まったのでした。
19:02  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

ゴーヤ撤去

2009.08.25 (Tue)

20090825115426
「朝、なんか大きな作業したような」と思ってたんですが、それはゴーヤの撤去でした。沖縄に出掛けていた間にウチのゴーヤは半枯れになってしもてました。
東のはきだし窓はスッキリ。昼は暑くなるんやろなぁ。
11:54  |  家事・子育て  |  Comment(0)

今日から休み明け

2009.08.25 (Tue)

今日から、小学校が再開します。
朝、いつものように神社まで加奈子を送って往復すると、
以前と変わらずご近所さん&子ども達と再会。

家に帰って「や~れやれ」と一息。
そこへ和子さんから出張の段取り問い合わせの電話。
博多での午前仕事。
前ノリすべきか?当日移動すべきか?

博多までの時間チェックのために立ち上げたパソコンのついでに、
Amazonで本数冊購入。

そのうちの一つは、講師仲間の山口照美さんの新著予約。
企画のネタ帳 30キーワードで楽々ネタ出し!

「やっと仕事に戻れる!」
と喜んだのに、時間はあっという間に過ぎていきます。
依頼原稿、講演準備、家のメンテナンス…やることイッパイ。

お腹減ってきた。

しもた!洗濯機回し忘れてるヤン!(O.O;)(o。o;)

すべてひっくるめて、
日常生活が戻ってきたってコトですね。
11:39  |  家事・子育て  |  Comment(0)

父親が紹介されてました

2009.08.24 (Mon)

先日、NHK高松局の番組に出演した僕の父。
局内のブログに登場してました。

竹笛おじさんにお会いしてきました!

18:51  |  日々の出来事  |  Comment(0)

わかっていたコトとはいえ

2009.08.24 (Mon)

少し前の記事ですが、コメントを。

育休取得率、男性減る=女性9割超に-08年度厚労省調査

わかっていたコトとはいえ、
やっぱり下がったかというのが率直な感想です。

現実的には、日本ではとくに育休取得は難しいと思います。
取得する方も、取得させる方も難しいと思います。
とくに中小企業では厳しいと思います。

そこで、
完全休暇ではなく、まずは時短などでイイと思います。
まずは、「1時間早く帰れる」から始めるくらいが妥当だと思います。
1時間早く帰るために、夕方からの会議は避ける、
そして、会議自体を減らす、
標準化をすすめる、
「見える化」の徹底など、
時短は、育休への足掛かりにできるはずです。
「一気にドラスティックに進めないとアカン」
というのは、革命幻想のようにも思えます。
少しずつ着実に展開していく方が、反動も少なく、定着しやすいと、僕は思います。



もう一つ、これは根本に関わる提案なのですが、
「育児休業」はともかく「育児休暇
という言葉を換えるべきだと思うのです。

「育児休暇かぁ~いいなぁ」
というのは、「今しかない子どもとの貴重な時間を過ごせていいなぁ」という意味と、「仕事を休めていいなぁ」という意味合いがあると思うんです。前者は正しいと思いますが、後者は間違っています。「仕事を休めていいなぁ~」というようなイヤイヤ仕事に向かっているような人こそ、是非、育休を取得して、大人同士で意思疎通が言葉で通じあえる環境がいかにエエモンであるかを実感して、職場に戻ってきて欲しいと思います。

育休はたいてい「休暇」なんて甘いもんじゃございません。生まれたての赤ちゃんの頃もタイヘンですが、1歳半から2歳くらいの子育てもこれまたタイヘンです。むしろ、子どもが生まれたばっかりの時よりも、自我形成期に両親そろって子どもに関わる方が、効果的かもしれません。

「育児休暇」という言葉自体が、育児をしない人たちの言葉で、実像とはズレている気がします。「育児休暇」というから取得しにくい気もします。

加えていうなら、「育児休業」も問題あります。これは「育児のために給与取得のための業を休む」という職場からの視点であり、子どもからの視点にすると「育児という人間の業を休んでいる」とも解釈できます。「業」は賃金労働だけではないはずです。

代替名として「兵役があるから育児役?」というのも考えてみました。そして、フト、育休すら取得できないのに、一部にある「兵役を導入せよ!」という議論は、これまたすごい発想やナァと思います。ただ、逆転の発想をするなら、兵役で人が抜けることを前提に仕事が組まれているとするなら、育休取得もスムーズかもしれません。北欧諸国での育休がスムーズな背景には、兵役制が関係しているかもしれません。兵役は、立場によっては徴兵とも言いますが、家庭や子どもにとっては男性を育児に徴兵するくらい必要なものであるのですけどね。
18:46  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

明日から学校

2009.08.24 (Mon)

20090824085305
昨晩、夏休み最後の夜更かし!とばかりに23時半まで「スポンジボブ」をみてました。今朝は、和子さんの出勤時も夢うつつ。

明日からまた学校。早寝早起きしないとね。京都市の学校は少し早く休み明け。
08:53  |  家事・子育て  |  Comment(0)

楽しい時間は早くすぎる

2009.08.23 (Sun)

Img_0807s.jpg木津川市の講演の後、大阪淀屋橋で、システムブレーン社の紀三井さんの呼びかけで、40歳前後の講演講師の集まりがあり、参加してきました。

「皆さん個性強くて濃いんやろなぁ」と思って出かけたんですが、「あんたが言うなよ!」という感じになってしまいました(∩_∩)ゞ

皆さん同世代なので、「ナメ猫」「チェッカーズ」「吉川晃司」「厚ベルト」「鶏冠ヘアー」などなど、懐かしネタが続々。出張の多い講演講師ならではの、「新幹線の席列の話」「N700系サイコー!」「伯備線の『やくも』揺れ揺れ」や「スーパーホテルのお風呂はいつも空いてる」「スーパーホテルはシングルの部屋なのになぜかベッドが二つ以上ある」「出雲駅前のスーパーホテルの隣の温泉がナイス」とか、「講演前の山盛り弁当はキツイ」「『講演前はサンドイッチなどの軽食で』と書いたばかりに、いつもいつもサンドイッチが出され、とうとうキレた大御所講師の話」など、そのほか「行き詰まった話」「しんどかった頃の話」など、とっても共感できる話も。

とにかく話をするのが仕事の皆さんなので、本当に話題の引き出しは豊富です。そして、誰でも楽しめる話のネタもたくさんお持ちです。僕の脈絡のないオバチャントークもちゃんと付き合ってくれはりました。一番、楽しませてもらった感じがします。そして、それ以上に、同世代の同業者で、こんなに輝いてる人達がたくさんいるというのは、ホンマに心強いし励みになりました。そして、そんな皆さんの中に僕がいたことに「エエンやろか?」と思うと同時に「ご一緒させてもろてシアワセ」でした。
11:48  |  日々の出来事  |  Comment(2)

木津川市で講座ダブルヘッダー

2009.08.22 (Sat)

Img_0801s.jpg京都府木津川市で料理教室+ワーク・ライフ・バランス講演会のダブルヘッダーをしました。天気予報では、イマイチの天気だったのですが、やっぱり「晴れ男」というか、今回は「雨じゃない男」程度ながら、雨は回避できました。午後からはホンマに晴れ間も見えてきて、天気予報は大ハズレ。勝った!

午前中は、お父さんと子どもの料理講座。「ほぼ初心者というお父さん、どのくらいいてはりますか?」と聞くと、ほとんど全員。うはぁ~大丈夫かな?というのはいつも杞憂でして、今回も心配ありませんでした。皆さんレシピを取説のように見ながらゴーイングマイウェイ!最初、おそるおそるアクセルを踏んでたのに、いつのまにか高速道路運行。どんどん先に進んでいくお父さんと、のんびり観光ドライブをするお父さん。子どもはそれに付き合ってる感じ。

親子丼定食は全員無事に完成し、子どもたちからも「美味しい!」とOKもらっていました。まったく料理ができない人って、ほとんどいないんです。ただ、やらない(やれないorやらせてもらえない)だけです。

京都新聞に記事が出ていました。
パパと親子丼作ったよ 木津川で料理教室

DSC01621.jpgそんな午前中の調理&試食を終え、午後からはワーク・ライフ・バランス講演。僕は、プロジェクターのセッティングなんかもあって、それなりにやるべきコトはあるのですが、お父さん達はのんびり。中には、ホールのソファーで伸びて昼寝のお父さんも。料理教室って、意外と疲れるんです。

午後は、午前中のお父さん達に、地元のやや年齢層高めの皆さんが加わり、席はしっかり埋まりました。中高年女性が多いというのは、講師としてはホンマに助かります。打てば答えるオバチャン達。その反応に乗せてもらい、喋りもかなり滑らかに。最近、料理教室が多かったので、講演自体は6月27日以来だったんだけど、感覚は無事に取り戻せました。前日のリハーサルも効いたし、少し入れ替えたのも新鮮でよかったんかな?と思います。

京都府下は、中部北部での講演はぼちぼちとあったのですが、南部はあまりご縁がありませんでした。この春に城陽市で講演の機会があって、初めて少し南にでました。今回の木津川市は、京都府最南端(?)ですが、近くには精華町、和束町、笠置町、南山城村などがあり、まだまだ未踏の地です。フロンティアはまだまだあり楽しみは残っています。

講演地最寄り駅まで、わずか24分という昨日の移動。でも、行きの電車の中で、ドイツのアーヘン (Aachen) 出身の男子学生といろいろ話しました。「日本にはドイツ車が多くて驚きました」「ミハエル・シューマッハーの復帰が無くなってザンネンだね」などなど。24分はあっという間でした。
23:40  |  講演記録  |  Comment(0)

珍しく雨?

2009.08.21 (Fri)

明日は、京都府南部の木津川市で料理実習&講演。
ところが、僕にしては珍しく雨の予報。
今日は早寝します。
21:55  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

沖縄の旅いろいろ

2009.08.21 (Fri)

Img_0562s.jpg今回3泊したのはANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート。見晴らしイマイチの格安客室ですが、それでも一人分の宿泊代で、普通のホテル3人分。あまりの居心地の良さに、加奈子は「部屋でゆっくりさせてぇよ」と言い出すくらい。和子さんは、旅行に行くと目一杯動きまくり、普段でも120%動いてる人が、旅行先で150%の全開タイプ。加奈子と僕は、我が家のセレブ一派。僕は、旅行中も普段通りの75%運行。旅行はのんびり&ゆったりがモットー。加奈子は、普段から家では40%運行なので、さすがの僕でも、「せっかくやし、アッチコッチ行ってみようよ!」と言うくらい。今回も、かなり手こずらせてくれました。

Img_0592s.jpg移動はレンタカー。HONDAのフィット。足回りがキンキンの走りモードになってました。レンタカーのナンバー「わ」は、観光地という観光地に停車していて、しかも大半がフィット、ビッツ、デミオ、マーチ…というクラスの自動車。無事故でなによりでございました。

Img_0602s.jpg沖縄工芸村でトンボ玉(曲玉)作り体験。加奈子は最初、緊張してガチガチ。ガラスを溶かして重ねていく作業にもなかなか慣れず、「鉛筆を持つ感じでぇ」と言われても、いつもちゃんと握ってないので、上手くクルクル回せず四苦八苦。なんとか形が整い、翌日、ネックレスにアレンジした完成品をとりに。その後は、水に入る時以外は首からぶら下げていました。

Img_0628s.jpg万座毛の岸壁の上で夕日をバックに。とっても天気のいい夕方で、最高の日没でした。この2日目は、朝から、ビーチシュノーケリング→ガラス工房→万座毛→ホテルの沖縄料理レストランでディナーショーと忙しい一日でした。

Img_0737s.jpg美ら海水族館にも行きました。大きな水槽にはジンベイザメが3頭も。目一杯の魚たちで、てんこ盛りの水槽でした。大阪の海遊館に比べると、大盛りな印象。僕たちが訪れた日は、スタッフに新型インフルエンザ感染者が3人出た影響で、3人と同時に勤務していたスタッフが自宅待機になり、大半の従業員が休みになっていて、水族館以外の施設がほとんど稼働してなかったそうです。僕らは、水族館だけでお腹いっぱいだったので、十分でしたけどね。

Img_0760s.jpgこの夜、ホテルの体験企画で三線を初体験。普段エレキギターを弾いているので、弾く感じそのものは似ているのですが、なんせフレットレス。音程は竿の目印が頼り。それでも、数分弾いていると慣れてきて、それっぽいフレーズも弾けるように。やっぱり実際に弾くと欲しくなってしまいますわ。ここは、帰ってからの置き場を考えることでガマンガマン。

Fh010025s.jpg海の遊びもいろいろ。加奈子は全部初体験。まずはシーウォーク。湾内の緩やかなところを数分歩くだけどいうのは予想外に早くてちょっとザンネン。このとき、水中仕様の「写るんです」を買ったので、水回りの画像がなんとか確保。

Fh000017s.jpgシュノーケリングは、ビーチシュノーケリングと、ボートで瀬底島沖まで移動しての2回。両方共でリバースした僕。呼吸方法がアウトらしい。でも、魚の多さとキレイさは堪能。おなじみのナンヨウハギには一回も会えなかったのに、クマノミは各種に会えました。ツノダシも意外と簡単に会え加奈子と驚き。

Fh000007s.jpg加奈子初体験の最後は、釣り!こんどは、ボートで伊江島沖に停泊し、釣り糸を垂れる。加奈子の人生初めての釣果はカワハギでした。ところがこの海域は、カワハギが入れ食い状態で、1時間半程度の滞在中、加奈子は10匹近く釣り上げたのでした。小さいのはリリースして、大きいのだけ港に持って帰りましたが、その後の処理がどうなったかは定かではない。

Fh000004s.jpg入れ食いの極めつけが、加奈子のトリプルでした。「なんかすごい重たい」というので、引き上げると3匹一度に釣り上げてました。ほかに、「これは!」という当たりが来たらしく、「パパ!手伝って!」と言われたんだけど、たまたま僕にも当たりが来ていて手が離せず。ガイドさんが来て竿を変わった時には、針の先のおもりごと持って行かれてました。加奈子が言うには「幻の大物」で30センチはあったという、釣り人らしい話をしてました。今、横で「あれは30センチとチャウで!60センチはあったで!!」とさらに釣り人話を炸裂。まぁ、こんな広々とした海に比べれば、魚の大きさなんてちっぽけな話です。
Img_0772m.jpg
18:43  |  旅行  |  Comment(2)

無事に帰京

2009.08.21 (Fri)

昨晩遅く、無事に我が家に到着しました。
今朝の沖縄は、天気が荒れ模様らしく、
ホンマに滞在中は、よく天気がもってくれたモンです。

ちょっとケガはあったけど(カワハギに噛み付かれた)、
それ以外はすべて順調。
楽しい旅行でした。
また画像は後ほどアップします。

家に帰ってきて思うのは、
「暮らしているうちに、モノってホンマに増えてくるんやなぁ」
ということです。
ホテルで4日過ごして、最小限のパッケージを知ると、
やっぱり家にはモノが多すぎると感じます。
もうちょっと荷物は減らせるし、シンプルな暮らしができそうです。
07:32  |  旅行  |  Comment(0)

那覇では激しい雨?

2009.08.19 (Wed)

夜のNHKニュースを見てびっくり。

沖縄 川に5人流され4人不明
--
当時、那覇市では大気の状態が不安定になって発達した雨雲が通過していて、現場から西におよそ2キロ離れた那覇空港では、午後1時20分までの1時間に48ミリの激しい雨が観測されていました。
--
さいわい、僕達が滞在している万座ビーチも、午後に出掛けた「沖縄美ら海水族館」も天気はよかったです。ただ、向こうに見える島影の上に真っ黒な雲が被さっていたのは見えました。

同じ沖縄でも、那覇と中部では天気も全然違っていたみたいです。恐るべし「晴れ男」?
21:45  |  旅行  |  Comment(0)

今日もリバース(^^;

2009.08.19 (Wed)

午前中。ボートでポイントまで移動してのシュノーケリング。
今日は風がけっこうきつくて、ボートも揺れ揺れ。
天気はよくて、見渡す限りの水平線を久しぶりに体験。

昨日と違って、海の深さがあるところなので、
見られる魚の種類も豊富だし、少し大きめの魚も。
前半30分は調子よくいってたんだけど…

揺れ揺れのボートでも酔わないのに、
水の中だとなぜか気持ち悪くなる僕。
和子さんの分析では、過換気だそうな。
水中眼鏡とシュノーケルを外すとなんとかセーフ。
船に戻って、気持ちよくリバース。
全部、魚の餌になってました。

帰りのボートも揺れ揺れだったけど、
やっぱり大丈夫。
陸に上がると普段通り。
あの管を通してする呼吸がどうも合わないらしい。
肺活量は少ないくせに、融通の利かない呼吸器官。

加奈子は、張り切って水中対応の「写るんです」で撮りまくってました。
しばらくすると、和子さんにカメラを渡して、
「ママ!ここ撮って!」
「はい、次はこっち」
と偉そうにしてました。

朝昼晩とバイキング形式の食事が続き、どうも食べ過ぎ。
「今日のお昼は軽く」と思ってたのに、加奈子は、
「バイキングじゃなきゃイヤ」
というし、ホテルの子ども向けランチバウチャーはまだあるし。
僕だけ日清カップヌードルシーフード味を部屋で食べました。
母子はバイキングで、今回も腹キンキン。

さて、午後からは名護市の方に出掛けます。
ちょっと雲行きが怪しくなってきました。
13:39  |  旅行  |  Comment(0)

万座毛

2009.08.18 (Tue)

20090818184637
もうすぐ日没
18:46  |  家事・子育て  |  Comment(0)

万座ビーチ

2009.08.18 (Tue)

昨日の、夕方万座ビーチに着き、
あけて今日は朝から万座ビーチ。
天気も上々。

朝一番で、海底散歩。
頭から宇宙服のヘルメットみたいなのを被って、
海をお散歩…って、ほんの数分のイベントでちょっと物足りない。

ビーチに移って浅瀬をバシャバシャしていたら、
足に鋭い痛みが!それも数回。
上がってみたら、傷口から血が。
ライフガードのお兄さんに聞くと、
「あ~モンガラカワハギですねぇ。」
とのこと。引き潮時はとくにどう猛さが増すとか。
あちこちで、「痛てぇ!」という悲鳴が聞こえてました。

お昼を食べて、午後のガイド付きシュノーケリングツアーへ。
時間キッチリに到着し、ウェットスーツを着てイザ海の中へ。
加奈子はシュノーケリング初体験。
さっき噛み付かれたモンガラカワハギもいたし、クマノミも各種。
「FOREVER BLUE」でみた魚たちがたくさん。

ところが、このツアー終了頃、どうもむかむか気持ちが悪くなり、
上陸後、リバース。
お昼の食べ過ぎ、ウェットスーツがキツ過ぎが原因かと。
和子さんの話では、
「顔が真っ青」
だったそうな。

ホテルの部屋に戻り、昼寝。
一眠りすると、リセット。
さて、夕方からどこへ行く?
16:31  |  旅行  |  Comment(0)

沖縄県庁

2009.08.17 (Mon)

20090817171652
ちゃんとシーサーがいました。
17:16  |  家事・子育て  |  Comment(0)

送り火

2009.08.16 (Sun)

20090816201038
京都市左京区某所から大文字です。ここまでデカく見えたのははじめてですわ。もっとも携帯のカメラで撮ると、ホンマに小さな「大」ですけどね。点火から消火まで十分堪能しました。

途中から、義姉母子と加奈子のクラスメイト一家も加わり、わいわいと鑑賞。加奈子のクラスメイトの一家は、お酒の買い出しに出かけた近所のスーパーでたまたま出会い、「よかったら」とお誘いしたところ、「それじゃぁ」とわざわざ出かけて来てくれました。やっぱり子どもの相手は子どもに限るわけでして、出かけるまで「行きたぁない」とゴネゴネしていた加奈子も別人のように絶好調。スターウォーズのうんちく語りまくりでした。

お盆で戻ってきていた皆さんも、無事にあの世にお戻りになったことでしょう。今年は、知人や友人がたくさん亡くなりました。ふと、その人たちのことを思い出しました。こうやって、少しずつ忘れていく人のコトをちょっと振り返ることで、限りある命の大切さや、今生きていることの実感を再認識するようにできてるんでしょうね。送り火は、仏教行事の一つではありますが、同時に人生哲学のようでもあります。
20:10  |  家事・子育て  |  Comment(2)
 | HOME |  NEXT