ゴーヤの実

2009.06.30 (Tue)

Img_0128s.jpg緑のカーテンとして植えているゴーヤ。
うどんこ病が広がり、下の方の感染した葉っぱが刈り取られ、まさに刈り上げ状態のゴーヤ。そんなゴーヤに先週からポツポツと実がつき始めました。

画像だと大きく見えますが、大きさは、まさに幼児男児のオチンチンくらいです。
もともと、そんなに大きな実にならない種類らしく、10センチ程度の実がポロポロとできるみたいです。
でも、やっぱり初収穫は楽しみです。
初収穫分は、ゴーヤチャンプルに♪

加奈子も楽しみにしているらしく、
一昨日、勝手にデジカメでゴーヤの実を撮影していたようです。
さっき、データを書き出すと、なにやら熱心に撮影した痕跡が残ってました。
どれもピンぼけでしたけどね。
10:22  |  家事・子育て  |  Comment(0)

市民税・府民税

2009.06.30 (Tue)

DSC01556.jpg今日が、一括納付の最終期限日。
昨日、机の上を整理してたら、書類が発掘され、
期限をみたら今日。
時計を見たら午後14時55分。
諦めて、今朝いちばんに納付してきました。

1月からの半年締め日であり、
かつ四半期の締め日でもある6月の月末なので、
銀行はものすごい人やろなぁ~と憂鬱になってました。

が、8時50分頃に銀行へ行くと、意外と空いててチョット拍子抜け。
手続き順番番号札は当然「1」。
チャチャッと手続きが終わり、
9時4分には銀行を出てました。

それにしても、市民税・府民税。高過ぎやしませんか?
稼いだお金が税金と保険料でどんどん消えていきます。
おまけに、今月はVAIO Type Pの支払も。
預金口座がものすごく寂しいコトになってます。
10:16  |  家事・子育て  |  Comment(2)

新車のゆくえ

2009.06.30 (Tue)

Img_0117s.jpg画像は、昨日の光景です。「和子さんの新車」で書いた、電動アシスト自転車。まだ出勤に使われたことはありません。昨日も、自動車で出勤されました。

まぁ、この時期、雨は降るし、暑いし、自転車通勤を始めるにはとっても不向きな時期ではあります。しかし…買い物など、ご近所乗りを含めても、新車納入の6月21日一回しか乗ってないのでは?と。

あれば乗ることはできますが、あるだけでは無意味です。このへんがモノを所有するところも難しさであります。必要な時だけレンタルするという感じの、共同所有なんかができるとエエんですけどね。
09:58  |  家事・子育て  |  Comment(0)

加奈子と買い物

2009.06.28 (Sun)

お昼から、加奈子と本屋に買い物に行きました。
僕はNPO設立に関するガイド本、
加奈子は「なんか図鑑が欲しい」というので行きました。
Avantiの書店でまずはNPO関連の書籍を。
次いで加奈子の目的の書を。
「なんか図鑑」は小学館の「21世紀こども百科 もののはじまり館」になりました。
図鑑って高いのね?税込み3,990円!!
でも、大人が眺めてもおもしろいトリビア満載です。
これまた加奈子以上に僕が欲しかったようなモンです。

さて、せっかくAvantiに来たんだから、
その本屋の下の階のファッション系ショップも覗いてみたいモノ。

「加奈子ぉかわいい帽子とか見てみよか?通学の時に帽子ないと暑いやろ」
「えぇ~~~」
「なんや?そのえぇ~~ちゅ~のは?」
「だってぇ、本買ったし~帰ろうよ」

そうなんです。加奈子の買い物はザ・「オヤジ買い物」

こやつの辞書には「ウインドウショッピング」なんて言葉はないのです。
買う物を決めて出掛け、それ手に入れたらトットと帰る。
まさしく、「オヤジ買い物」。

ちなみに、僕と和子さんの買い物スタイルは、
あっちフラフラ~こっちフラフラ~
「なぁなぁ、こんなんあるで!スゴイやろ?」
と、さも自分が発案or作ったかのような自慢振り。
ただ店に置かれているのを見付けただけなのに。
買い物だけで一日つぶせます。
しかも、何にも買わずに…

加奈子にとって最悪の買い物は、
「☆☆と○○買うぞ!」
と予定建て出掛けながら、
「☆☆はやっぱりイマイチやなぁ」
「○○は品切れだった」
という買い物です。
おまけに、「ついでに来たんやし、※※でも様子見とこか?」などと入ろうモノなら、
「えぇ~~~もぉ帰ろぉよぉ~~すぐ帰りたいぃ~~ぃぃぃ」です。

学校の指導上は、「道草ダメ!」「寄り道アカン!」を全うしている加奈子の方がエエのですが、そうじゃないでしょ!こんなヤツと買い物に行くなんて、買い物の楽しみが半減です。加奈子こそ、ネット通販でしょう(ますます出不精になります)。

思うに、「道草」や「寄り道」こそ、生きてる証拠!ライブの醍醐味です。思わぬ発見があったり、そこから縁ができたり。そういうヒトやモノとの出会いがあるからこそ、人生は豊かになるモンなんじゃないんですか?一回も「道草」や「寄り道」したことない人なんて、きっと誰も話したくないですよ。

加奈子に買い物の楽しみがわかって欲しい
…なんて、おそらくあと数年。
きっと僕が
「なぁ~まだ?まだなん?え?もう一軒?もぉ勘弁してぇな。
加奈子とは買い物したぁないわぁ(-_-メ)」
「べつに『一緒に来て』なんてゆぅ~てないし!」
でしょうなぁ(笑)
21:37  |  家事・子育て  |  Comment(2)

類は友を呼ぶ?

2009.06.28 (Sun)

お隣の孫キッズ達がウチに遊びに来てます。
加奈子と同じor少し上の学年なので、同レベルで遊んでる感じなのですが、コヤツらも片付けません。加奈子も片付けないヤツです。「このウチなら大丈夫!」と踏んでウチに遊びに来てるのかもしれません。散らかり具合もハンパじゃありません。

ちなみに、この子達は、オモシロい特性をもってます。何かをして欲しい人を呼ぶ時、「来てぇ~!」とだけ叫びます。「なんなん?」と聞くと、「エエから来てぇ」と。「○○して欲しいから来てぇ」と、いつ言うのか楽しみにしてます。
17:27  |  家事・子育て  |  Comment(0)

ドクターイエロー

2009.06.28 (Sun)

Img_0077s.jpg講演の帰り、名古屋からの新幹線は15号車。京都に向かってほとんど最後尾。そのホームの端に、レンズのデカイカメラを抱えたテッチャン達がうろうろ。
「なんか珍しいもんでも?」
といっても、新幹線のレール上、そうそう珍しい車両もないはず…東海道新幹線のレールに「こまち」でも走れば、そりゃ大ニュースだけど。

と思いつつ、ホームのきしめん屋でツルッと食べた後、見るとまだテッチャン達がたくさん。
一緒に眺めていたら、

やって来たのはドクターイエロー

みなさん、これを待っていたらしい。
いちおうカメラに納めました。
12:33  |  旅行  |  Comment(0)

無事に復帰

2009.06.28 (Sun)

Img_0081s.jpg
前回「なんじゃこりゃぁ~」で4キロも増えた体重。
今朝、計測してみたら、平常値に戻ってました。

バグだと分かっていたとは言え、
もしかして…という一抹の不安もありましたが、
無事にBMI 22.19に戻りました。
12:11  |  身体のコト  |  Comment(0)

愛知県東郷町で講演しました

2009.06.27 (Sat)

今日は、愛知地区教職員組合主催の教育対話集会で「~きっと毎日が楽しくなる~主夫から見た子育て支援」を講演しました。

朝、加奈子と家を出て、途中の駅で義父母宅に加奈子をバトンタッチ…の予定が、ホームに義父の姿が見当たらない。加奈子が「2年生だし、ジイジが来るまでまてるよ」と言ってくれて、僕はそのまま京都駅へ。どうやら、義父は「名古屋へ行く」というのを、近鉄特急に乗って奈良経由で行くと勘違いしたらしい。

今日の会場は、地下鉄鶴舞線の赤池駅から車で10分。先日の豊田市に続き、またまた鶴舞線。おかげで「やごと」や「ごきそ」なんていう駅の名前も読めるようになりました。「八事」「御器所」なんて、なかなかよその土地のモノにはなかなか読めるモンじゃないと思います。

さてさて、今回の講演は、スケジュールがとってもタイトでした。到着後、セッティングしたらすぐに講演というかんじでしたし、講演が終わってからは質疑応答して書籍販売&サイン会をしたら、もう出発の時間。すこし慌ただしい講演になりました。でもまぁ、こんなコトもあります。

講演に関しては、ゆっくりじっくり盛り上がっていく東海地区の講演そのものでした。今日は、話の枕を行きの新幹線の中であれこれあれこれ考えすぎて、絞りきれないまま話し始めてしまい、初っ端のツカミが掴みきれませんでした。最後の質疑応答では、司会の先生との掛け合いもあって、漫才をしてるみたいで楽しかったです。

今日、初めての経験をしました。家族紹介ビデオを流すところで、音声さんにライン音声をあげてもらうのが通じてなく、無声映画のようになってしまいました。そこで、僕が「弁士」のように映像を見ながらセリフを入れたり解説を加えてみました。実況解説アナウンスってむずかしいですね。後半は音声が会場スピーカーから出て弁士役から解放されました。

講演の内容はまずまずだったと思います。ただ、エッセンスをあれもこれもと盛り込みすぎたような気もします。もう少し絞ってもよかったなぁと思います。質疑応答で「なにか一つ絞るとしたら…」と出て、「てんこ盛り過ぎたんやなぁ」と感じました。受講者の大半が学校教師ということもあって、少し張り切りすぎました(^^;

講演の後の書籍販売&サイン会では、「楽しくも考えさせられました」「とってもヨカッタです」「元気になれました」と言ってもらえました。盛りだくさんにした甲斐がありました(?)。

お母さん大学」の記者さんが来場されていて、少しお話しすることができました。いろんな発信媒体があるんですね。つながりが広がるとウレシいです。
21:55  |  講演記録  |  Comment(4)

明日は名古屋ぁ♪

2009.06.26 (Fri)

明日は、子育て系の講演会です。
このネタで講演するのって久しぶりな気がします。スライドも新しいのを入れて、自分でも「次、なんだったっけ?おお!この話だったか!」とリハーサルやりながら楽しんでます。

当然!というか、明日の名古屋も晴れハレの予報です。
明後日から曇りor雨になるらしいです。

午前中の講演なので、朝早くに出掛けます。午前の講演は前日現地入りの方が無理やリスクがなくていいのですが、なにしろ現在我が家は父娘二人暮らし。和子さんは京都→千葉県銚子→東京→博多→京都というロードに出掛けております。加奈子が寝てからの明日の最後の仕上げ。もうちょっと早く寝たかったな。

でも、張り切ってます!
23:21  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

Michael Jackson!

2009.06.26 (Fri)

今朝、加奈子を送って家に帰って、洗濯機を回すついでにNHKニュースをみていたら、速報の形で「マイケル・ジャクソンが死亡のもよう」と一報が。そのあと選挙だったか国勢のニュースになり、すで一度満たないようだったので、さっそく民放にチャンネルを変えると、どこも「Michael!」「Michael!!」「Michael!!!」

ホンマに衝撃です。

僕は、高校時代をMichael Jacksonと共に過ごした感じです。
まさにマイケルジャクソン世代です。
ベストヒットUSAやMTVにMichaelが出まくっていたのを、リアルタイムにみて過ごしました。新しいビデオが出る度に「おおおお!」と驚いたモノでした。当時、僕はゴリゴリのメタルとプログレにハマってましたので、Michael Jacksonの音楽面ではあまり興味がなかったのですが、後年、僕にも音楽的な幅がうまれ、その完成度の高さに改めて衝撃を受けたのでした。

思い出す曲はたくさんあります。「The Girl Is Mine」「Beat It」「Thriller」「bad」…これとは別に「We are the World」もありましたし、なんといっても僕と和子さんとの関係でいくと、「Black Or White」は外せません(そのエピソードはこちら)。

そのMichael JacksonとJennifer Battenとスーパーボールが一緒になった映像がこれなんです。NFL絡みの映像はすぐに削除されてしまいますので、この動画もご多分に漏れずではありますが…このMichael。登場してからズッと停止。まさにフリーズ。Wii Fitしてわかったのですが、ジーッと立ったまま止まり続けるというのは、ものすごく筋肉が必要なんですね。楽曲が切れない動画はこちら

そして、その静寂を切り裂くジェニファーのギター。
フィードバックが♪キュォォ~~~ン♪たった一音だけでハート鷲掴まれ。
そして、ライブは「Billie Jean」が終わり、次の曲へ…
曲はあの「Black Or White」。
イントロがタカタカタカタカ~~ん♪ギュ~チャカチャカチャカチャカチャ~♪
(全身鳥肌)

!ハァゥ!

ジェニファーもステージ上へ!ナンチュー格好良さ!!サイコーや!

すべてが計算されたステージ。
短時間でも魅力満載。
これぞエンターテイメント!

(はぁ。一息おく)
Freddie Mercuryがこの世を去った時も、ものすごい衝撃でしたが、同じ時代を生きていたMichael Jacksonがこの世からいなくなってるんだという事実は、僕の高校時代をプツッと削除されたような感じもします。熱烈なMichael Jacksonファンでは決してなかったのですが、改めて、その「スーパースター」の存在感に触れた感じがしました。ここ数年は、トラブルばかりのMichaelでした。栄光の年代を知っている僕としては、できれば控えていたロンドン公演が成功して、不死鳥の如くよみがえった後、歌手としての幕を引いてほしかったなぁと思います。また一つの時代が終わった感じです。

Heal The World…
14:41  |  日々の出来事  |  Comment(4)

なんじゃこりゃぁ~!

2009.06.26 (Fri)

Img_0053s.jpg Img_0054s.jpg
今朝、Wii Fitで「からだ測定」をしたら、
なんとグラフのとおり、
BMIと体重が急増!!

体重にして4キロ増です。

一日で4キロ増やそうと思ったら、
ものすごい量を食べないとアカンはず。
どんなに頑張っても、僕にはギャル曽根のような大食いはできません。

電池をチョットだけ充電してボードに入れて使ったせいか、おそらくセンサーが過敏に反応してるんだと思います。でも、もしも、次回もこのままだったら…

今朝は「なんじゃこりゃぁ~」「バグやバグ!記録しとこ♪」と楽しんで記録してますが、次回の計測でこのグラフが元の数値に近付かなかったら…

次が怖い。
そして、乞うご期待。
13:32  |  身体のコト  |  Comment(0)

きゅうり2本目GET!

2009.06.25 (Thu)

Img_0035s.jpg Img_0038s.jpg
庭のきゅうりが実り、昨日と今日でグッと大きくなったので、1本目に続いて、2本目を収穫しました。
晩ご飯の後に収穫したので、きゅうりは冷蔵庫で冷やして、明日の朝のサラダにしようと思います。
「きゅうりってブツブツが痛いんやなぁ」
と発見もあったようです。
「なんで買ってくるきゅうりは痛くないんやろか?」
「たぶん運んでるうちにブツブツが削れて、お店に並ぶ頃には痛くなくなるんかなぁ」
ブツブツ言ってました。

ところで、きゅうりを摘み取った後の枝。
切り口から「天然きゅうりジュース」の雫が一滴。
生命力のほとばしる光景でした。
「ジュース」は、本当に特濃のきゅうり味でした。
背景はお隣さんの建物。こういうふうに撮ると、どこかのリゾート別荘のようです。
Img_0051s.jpg
21:55  |  家事・子育て  |  Comment(0)

服を分類する

2009.06.25 (Thu)

今朝の毎日新聞に載っていた槇村さとるさんの連載「ステキにエイジング」。
そこで衣類の整理について書かれていました。
もともと、自分のスタイル(生き方)を知る方法としての文脈なんだけど、単なる整理法とみてもオモシロい内容でした。

収納法を身につけるだけよりも、整理法も身につけると、ものすごく効率化できるはず。収納と整理はどこがチャウの?という意見もあると思いますが、収納する時、たいていの人は暗黙の整理ルールにのっとって収納しているはずです。「これはよく使うから手前に」「これはめったに使わないけど絶対に必要だから」などなど。ただ、あくまでも暗黙です。

そんな中、「☆☆コーナー」や「※※シリーズ」という感じで、似たようなモノを固めてまとめて収納するコトがあると思います。これが整理法です。まとめる基準軸を見えるようにすると「見える化」が進みます。新しいグッズの収納場所に悩まなくてもOKです。そして、その場所が満載イッパイイッパイなら、それは「そろそろ在庫整理が必要」という合図です。

槇村さんのワードローブ整理法。基準軸は、
・好きな服
・似合う服
・必要な服
この3つの要件すべてを満たす服こそが、「自分のスタイルとして育てていきたい服」と言ってます。

これは、あらゆるモノに関して言えそうです。僕の視線の中を見渡すと…例えば、文房具があれこれ飛び出してます。本当に必要な物なのか?好きで使うモノなのか?自分に似合ってるかどうか(これは文房具にはあんまりマッチしない要件か)?とにかく、二つ以上の基準軸を持つと、モノは一気に厳選される気がします。

「モノが増えてしかたない」…いろんなモノを試してみるのは、イイことだと思います。ただ、その試みが思惑通りだったのか?それとも期待はずれだったのか?これをふり返ってみて、ついでにチョコッと記録してみると、取捨選択にも弾みが付くと思いますし、記録が蓄積すると自分の消費行動パターンも見えてくるはずです。記録は「見える化」の大事な要素です。
10:03  |  家事・子育て  |  Comment(0)

講義の後の一杯(≧▽≦)/□

2009.06.24 (Wed)

今日は、看護専門学校の講義の後、京都駅近くの「Man in The Moon」で学会事務局時代の同僚とお昼ご飯。

そこでまず聞いたのが、馴染みの女性大学教員が亡くなった話。確か、半年か一年くらい前のとある団体の総会に参加している姿を見かけたんだけど、まさか急に?すこしメンタル系の病気をされたこともあったので、もしかして自殺?と思ったりもしたんだけど、どうやら癌らしい。最近、若くして癌でなくなる身近な人がポツポツと。とくに若いと進行も速いので、本当に急な印象をうけます。誤報かもしれないので、名前も伏せてますが、その方面では「知る人ぞ知る」研究者でした。

そして、次に聞いたのが、学術系NPO法人の恐るべき理事会の話。「船頭多くして船山に上る」とはまさにこのこと。僕もこれからNPO法人の設立手続きに入りますが、いろいろ反面教師的な事例を聞けて参考になりました。

そのNPO法人の話は、また追々。
23:49  |  日々の出来事  |  Comment(0)

これが若さというものか…

2009.06.24 (Wed)

Img_0032s.jpg昨日、大学の講義の後、4年前の教え子ちゃんがウチに遊びに来ました。今は、和子さんのいる病院で働くナースです。久しぶりにウチに遊びに来たので、加奈子も大喜び。ズーッとハイテンション。そのハイテンションにズッと付き合ってもらえて、加奈子がますますご機嫌さん。

画像は、「Wii Music」をしているところですが、このあと彼女は「Wii Fit」に挑戦。「からだ測定」もしたんだけど、その重心トレース(体重を量る時の赤い点の状態ね)で…なんと一発、ど真ん中!左右だけでなく上下も真ん中の、まさしくど真ん中。ちなみに僕は180回以上重心トレースしてますが、ど真ん中は1回だけです。

その後「Wii Sports」のテニスに燃え、僕とかなりのセットをゲームしました。初めてすると、かなり力んでコントローラーを振り回すのがお決まりです。たいていその翌日に筋肉痛ぅ(T_T)なので、今朝、メールしてみたら「筋肉痛?全然…です」と。若いってエエなぁ。

若い時の子育てってのは、状況のシンドサを体力で乗り切れる部分もあるんやろなぁ。加奈子はジジババ子育てをしたみたいで、良く言えば「無茶しない」けど、悪く言えば「若者らしくない」子育てかも。近所にも子どもが少ないからなぁ。子ども同士でドバッと遊ぶなんて、小学校に行ってる時間だけやしなぁ。
18:11  |  日々の出来事  |  Comment(0)

ユニクロは変わったなぁ

2009.06.22 (Mon)

昨日もユニクロへ。
加奈子は最近、ユニクロで毎月なんか買ってる。値段がそれほど高くないので、チョクチョク買っても大丈夫だし、着るモノに対して興味をもつのは大切なこと。

ところで、最近、ユニクロに行くと思うんですが、以前のユニクロとは全然違ってますよね。なんといっても女性向け衣料が増え、子ども服も増えたことです。ユニクロと言えば、団塊世代のオッチャン達の「カジュアル」購買店として、洋服の青山と双璧を成していたのですが、今は女性や子ども客も増えて、オッチャン率はグッと下がった気がします。

衣料品の購買と家族属性との関連でいうと、女性>子ども>ペット>男性という順らしいので、ユニクロの店舗展開も、ある意味それに沿ったといえるでしょう。もはや、昔のユニクロの様子を思い出せないくらいです。

先週月曜日発売の「AERA」。久しぶりに買いました。その号の巻頭特集が「ユニクロの女子力」でした。もともと「新しい腰掛け?育休KY社員」という記事に友達の阿部志穂さんのコメントがあったから駅の売店で買ったんだけどね。「育休KY社員」の話しは先日のWLB研究会での話しと重なり、しかも記事中には渥美由喜さん(現・東レ経営研究所ダイバーシティ&ワークライフバランス研究部長)も登場。話しのネタがかぶれば、コメント主もかぶる。

しかし…この「育休KY社員」とその次の「無職夫支える 最後の一線」の記事。事例が「ホンマにこんなコトってあるの?」という感じに読めてしまった。な~んかリアリティーを感じないんですけど。なんでかな?あまりにも文脈の流れに乗りすぎた事例紹介になって、流れに事例を合わせたんかな?と読めてしまうからだろうか?僕は、文章に何が足りないと感じてるんやろ?
23:00  |  日々の出来事  |  Comment(0)

父の日

2009.06.22 (Mon)

Dsc01549s.jpg昨日は「父の日」でした。加奈子が保育園に通っていた頃は、毎年、父の日グッズを持って帰ってきたので「お~そろそろか…」と気付いたものですが、小学校に通うようになると、とんと「父の日」「母の日」を聞かなくなりました。

昨日は、加奈子が朝「パパァ~今日は父の日やから、ご飯は加奈子が作るし、パパはゆっくりしてていいよ」と言ってました。ところが、お昼を「味苑」で食べたので、晩ご飯を作ることに。

夕方、和子さんが「新車」の試運転も兼ねてTSUTAYAへ「Back to the Future2」を借りに。晩ご飯が終わってから見るのかと思いきや、夕方から見始め、「ちびまる子ちゃん」も「サザエさん」もキャンセルの勢い。

USJに行く前に「Back to the Future」を見せたんだけど、先日深夜の映画番組で「Back to the Future3」をしていて、一気にヒートアップ。「1」と「3」だけでは今一つ理解できない点を補う意味で「2」を見始めたら、どうやら加奈子のツボにハマったらしい。

そんなこんなで、すっかり「ご飯作ったげる」は頭の外へ。結局、お昼に買ったお造り用のかたまりを僕が切って並べて食べました。寝る前に、もう一度「3」を見ておさらい。「父の日」だったことなんて、すっかりどこかへ行ってしまってました。でも、これでエエんです。熱中できるモンが目の前にあるってのはエエことです。


父の日のニュースを見ていると、お隣の宇治市の大久保で、
手作りバーガーで親子触れ合い 宇治 「父の日」料理教室
というイベントがあったらしい。この夏、大阪の河内長野市で試みる「手作りハンバーガー」。バンズも自分達で作ったとなると、相当な時間がかかったと思うんだけど、どうやったんやろか?河内長野では発酵時間の短いベーグルでバーガーを作る予定ですが…90分セットならギリギリ間に合うかな?
16:43  |  家事・子育て  |  Comment(0)

お茶の製品提案

2009.06.21 (Sun)

今朝の「ビジネス新伝説 ルソンの壺」は、「伊右衛門」でお馴染みの福寿園がテーマでした。

番組を見終わった後で、こんなメールを送りました。
--
今朝の「ビジネス新伝説 ルソンの壺」拝見しました。「新しいお茶の飲み方を模索している」ということでしたが、是非、作って頂きたい製品があります。それは、ネスプレッソ等の機械で使える日本茶のカプセルです。

仕事の合間に、よくネスプレッソの機械で、エスプレッソコーヒーを飲んでいるのですが、コーヒーではなく日本茶が無性に飲みたくなる時があります。スイッチを入れてすぐに飲める日本茶。コーヒーのカプセルとの併用は味が混ざり難しいと思いますが、是非、いつか実現して欲しいです。

機械で煎れたお茶なんて…という向きもあると思いますが、ペットボトルであの味を出せた福寿園さんなら、いつかきっとカプセルでも美味しい日本茶が飲ませてもらえるんじゃないかと期待しています。
--
仕事の合間に、ククッと濃い煎茶。エエと思いますけどなぁ。
日本の休憩にはお茶がイチバンやと思います。
身体にもエエって聞きますし。
17:59  |  日々の出来事  |  Comment(0)

和子さんの新車

2009.06.21 (Sun)

Img_0014s.jpg和子さんが自転車を買わはりました。もちろん!電動アシストチャリンコです。勝間和代はんのような自転車じゃございません。あんな自転車に乗ったらお腹がつっかえるに違いありませぬ。

で、Panasonicのリチウムビビ・DXでございます。

これに、後ろカゴを取り付けて、まんま「ママチャリ」です。ちょっと僕はよぉ乗らんタイプの自転車です。そもそも、この手のハンドルが苦手なのであります。同じPanasonicでも、エーガールズのような洒落たアシスト自転車もあるのに、敢えて「ママチャリタイプ」をお選びに。

で、「これから、チャリ通(自転車通勤)する」というのですが…距離にして10キロ弱。平均時速10キロとして1時間かかります(20キロ出せる人なら30分で着くのですが…)いったいどういう時間の計算してたんでしょうか?原チャリと間違えてるんじゃ?(笑)今よりも少なくとも30分は早く出勤せねば間に合わないんじゃないかと思います。が、やる気になってる人間の意欲を削ぐのもなんなので、「頑張って運動してちょ!」と言ってます。

ちなみにこの「ママチャリ」。買いに行ったのは自動車で。そして、僕がこの「ちょっとよぉ乗らん」チャリに乗って家まで帰ってきました。ペダル踏み始めのグググッというフォローは、アシスト成しに慣れた僕には妙な感じです。だけど、たしかに軽い!坂道もスイスイ登れてしまいます。でもママチャリの姿勢はけっこうシンドイです。
17:54  |  家事・子育て  |  Comment(0)

うどんこ病

2009.06.21 (Sun)

Img_0004s.jpg Img_0010s.jpg
「緑のカーテン」を目論んでいたゴーヤ。ところが、その下の方の葉が、「炭そ病?」かと思いきや、あっという間に枯れ落ちてしまい、しかもその上の葉にも感染。あわてて、症状のある葉をバッサリ切りました。思わず、「風の谷のナウシカ」に出てくる菌のように、切っても切っても菌で汚染されている風の谷の植物を連想しました。

Img_0006s.jpg風通しの良くなったゴーヤ。日よけ効果もリセットです。猛暑の時期までに健康な葉で覆われることを願ってます。いちおう栄養補給をしておきました。その成果、新芽がどんどん生えてきて、数週間後にはイイ感じになりそうです。ゴーヤの実は、それほど期待してません。黄色い花がチラホラと咲き始めてます。

期待してるのは、右のこの中玉トマトです。今、25個程度の実をつけています。実をつけて「赤く熟すまでに85日かかる」と野菜売りのオッチャンが言ってました。最初の実もまだまだ緑色です。でも、続々と収穫できる予定なので、夏のお楽しみです。
17:35  |  家事・子育て  |  Comment(0)

やっと回復の兆し

2009.06.21 (Sun)

この一週間、病んでおりました。
な~んか調子が悪い。
シャキッとしないどころか、
頭は常になんだかユラリンユラリン。
ドヨヨ~ンと気分も落ち込み気味。

こっこれは…久しぶりに「黒い犬」が来たか?と思うような無気力感。

落ち込み始めると、あれやこれやと暗黒面な要素が気になり始める。
はぁ~いよいよ本格的なのが来たか?と思ってた矢先、
ふと、
「この感じはいつからやろか?」
と思い出してみた。
落ち込みはともかく、体調の不調が起きたのは、
先週、土曜日の「run!」の時
あの時、 手足の先の感覚が無くなるような感じや、
平衡感覚が狂って、立ってられなくなって以降だ。

原因というか発端がわかると、つっかえが一つ取り除けたような気になる。
食べ物から入ってきた毒素を出すには、食べて出すしかあるまい!
と勝手に論理漬け、今日のお昼は四川料理の「味苑」赤池店へ。

DSC01547.jpg担々麺や回鍋肉、海鮮おこげ、きゅうりの香油あえなど、熱いのやら冷たいのを織り交ぜて、たくさん食べました。店員さんに「山田さんでこちらが加奈子ちゃんですね?」と尋ねられました。「いつもブログに書いて下さりありがとうございます」と。はじめて会う店員さんだったのですが、竹田店からの店の方(オーナー?)の姪御さんとのこと。

そして「辛いのは大丈夫ですか?」と聞かれ、「ええ好きです」というと、左画像の唐辛子と山椒を豆板醤であえたような味でした。いろんな種類の辛さが時間差攻撃でやってきます。回鍋肉にこれを少し足すと、辛さは別次元。四川省の気候だと、このくらいの辛さがないと身体も温まらないのかな?身体の中から汗が噴き出し、毒気も抜けたのでは?と思えるような清々しさでした。

シメは杏仁豆腐をツルッと。

なんとなく、少し身体が軽くなったような気がします。
16:44  |  日々の出来事  |  Comment(0)

「さかなくんがいた」

2009.06.18 (Thu)

先日、加奈子の学校と、近所の養護学校の交流会がありました。

今回は、加奈子達が養護学校へ出向く番。その朝、歩いて40分の小学校まで登校したのに、ウチから歩いて10分の養護学校まで戻ってきた加奈子。

前の晩に、「明日は、養護学校のお友達と一緒に授業する」というので、障がいと共に暮らす子ども達の話しを風呂に入りながらしました。身体が思ったように動かない子のことやものすごく恥ずかしがり屋な子の話しをした中で、とっても素直で感動したらすぐに大きな「ウワ~~!」「キャ~~!」という声が出てしまう子の話しもしました。

「ほら、電車とか見て『カッコイイ!』『速い!』と思ってキャ~~!って言ってる子いるやろ?加奈子は、みんながいるところで「(カッコイイ!)キャ~~~!」って言うのは恥ずかしいと思うかもしれへんけど、恥ずかしいと思う前に感動で声が出てしまうねん」

と言うと、
「そんな子っているかなぁ?」
というので、
「ん~~あ!ほら!さかなくん!『魚がカワイイ』と思ったらキャァ~!って言ってるやろ?あんな感じかな?」
「あ、さかなくんか!わかったわ!」
と納得してました。

養護学校から帰ってきた加奈子。
「なぁなぁ、今日、養護学校で『よろしくお願いします!』って挨拶してる時になぁ、パパが言ってたみたいに、さかなくんみたいに『キャァ~!』ゆぅてる子がいたぁ」
「そうか!さかなくんがいたか。きっと、加奈子達が来てくれて『うれしぃ!』って思ったから声が出たんやで」
「うん。喜んでそうやった。一人がキャァ~!って言ったら4人くらいキャアキャアゆってたし」

僕の「さかなくん」の例が良いのか悪いのかはともかく、自分の範疇を超えるような現実があったとしても、あらかじめ知識や情報として頭に入っていれば、「そういや、こんな話ししてたわ」「あ~このコトかぁ」と、少し理性的に対応できるはず。無用な嫌悪感や敵対心は、知識や情報で回避できる可能性がある。それができれば、人に優しく接することもできる。情報化社会とは、本来、優しい社会に向かうはず。使い方を誤ると、不要な先入観や思い込みを植え付けることにもなるけど、その使い方を教えるのは、大人の役割だと思う。


昨日の児童虐待の講義で、回復期の子どもの話しをした時も、同じ主旨だった。虐待によるケガなどで入院している子どもは、最初「かわいそうな子」と認識されるが、元気を取り戻し始めるとしばしば「手の付けられないクソガキ」になる。それは、虐待されないし、大切に扱ってくれる病院の環境に慣れることで安心し、人間性や社会性を取り戻す過程をもう一度経過するからだ。

赤ちゃんの時に、手に触れるモノを投げつけたり、食べ物をコネコネしたり、引き出しを勝手に引っ張ってみたり、悪さしながら親の顔をうかがったり…こんなプロセスを経て僕たちは社会性を身につけてきた。ところが、虐待された子は、たいていの場合、何をしても怒鳴られ殴られたり、あるいは無視され続けたりして、身につける機会を失ってきている。そのうち、コミュニケーションの方法としての暴力を伝承したりする。

安全で安心できているからこそ、その発達プロセスを繰り返せる。しかし、入院している被虐待児童の問題は、赤ちゃんではないことだ。駆け出すにしても赤ちゃんの走りと児童の走りは違う。投げつけるにしても腕力が違う。他愛のない赤ちゃん行為が、迷惑行為になる。だから「手に負えないクソガキ」になる。ましてや暴力を「伝える手段」として学習してしまっている。ちょっと伝わらなければカッとくる。聞き直してくれたり、伝わるまで待ってくれた経験がないからだ。

こういう事情がわからなければ、単なる「病室で暴れる困った子ども」と認識されてしまう。「早く退院して!」というコトにもなる。確かに、ギリギリの現場では、負担がかなり増えるとは思うけど、こういう事情を知識として是非忘れずに現場に出て欲しいという願いを込めて、この回復期の子ども達の行動について話した。被虐待児が安全で安心できる現場であって欲しいと、子ども達とこれから臨床に出ていく学生達のためにも願う限りです。
16:39  |  家事・子育て  |  Comment(0)

そこまでして通すだけの法律か?

2009.06.18 (Thu)

「村木局長が偽造指示」=自立支援法の成立意識か-「議員案件」で徹底・郵便不正

局長本人が否認しているので、「仮にも」ということで書きますが…。

議員からの要望に、不正と認識していても応え、その見返りに法律の制定への便宜を図ったという構図であったとして…その無理してでも通した法律が、あの「障害者自立支援法」とは…。多くの障がい者当事者から、「まったく自立の支援になってない。むしろ自立疎外法」という声を聞く法律。

僕の印象では、不正に手を染める値打ちのない法律。国民の利益よりも、自分の実績づくりを優先した独善的で身勝手な行為ではないか?と感じます。

ただ…局長本人は否定してますから、むしろこのような反感が出て来ることを誘発すべく、周囲に「はめられた」のかもしれません。部下のスキンヘッド係長が、「不正とは認識しながらも、自分はノンキャリなので、キャリアからの支持には従わざるを得なかった。」と言っているそうで、これもなんだか「ハマりすぎ」な気がしないでもありません。

どっちにしても、「障害者自立支援法」については、もともとバタバタと慌てて作られた感が否めません。この機会に、見直しの気運が高まるとうれしいなぁと思います。
08:40  |  ぼやき  |  Comment(0)

「好き」か「金」か

2009.06.18 (Thu)

今日の「スポンジボブ」は、スポンジボブが急に大金持ちになる話しでした。それを加奈子と見ながら、身近なお金持ちのアニルさんの話しをしたりしてました。

お風呂に入った時に、
「好きで楽しい仕事してたら大金持ちになれるかな?」
と加奈子が言うので、
「それがイチバンやなぁ。でも…」と続きを話しました。

「好きで楽しい仕事と、お金とは、直接は関係ないねん」
と。

「加奈子は、好きで楽しいけどあんまり儲からない仕事と、お金持ちになれるけどオモシロくない仕事なら、どっちがいい?」
「そりゃぁ好きで楽しい仕事かな。好きで楽しい仕事だけで十分やし」
「好きな仕事や楽しい仕事って見付かるかなぁ?」
「やってるうちに楽しくなってくるんとちゃう?」

いつの間にか、僕好みの労働観が形成されているようです。
00:10  |  家事・子育て  |  Comment(0)

講義は生モノ

2009.06.17 (Wed)

同じネタで、しかも同じスライドを使って講義をしても、内容が全然違ってくるのはなぜ?

僕は、表向きには波は少なく、いつもわりと飄飄とした感じ(のはず)。
あんまり人前でガッと怒ったり、落ち込んだりはしない方(のはず)。
とくに教室では、いつも一定の感じだと思う(たぶん)。

なのに、講義の中身はえらく違ってくる。
やっぱり講義は生モノやなぁと思う。

ちょっとした人の反応が見えたり、見付けられなかったりで、随分変わってくる。集中して聞いてる視線は、真っ正面に受けとめると顔が止まってしまうから難しいんだけど、ビシビシ感じてます。決して気付かないわけじゃない。逆に、顔は上がってても、視線が死んでるのも感じられる。

同じ講義をして、なぜにこうも反応が違うのか?
この記事の、「こっちが消耗するだけ」と「ものすごく鍛えられました」を実感するなぁ。



今日の講義も楽しかった。
今日はXP化したVAIO type Pを連れてパワポのスライド講義。

テーマは「児童虐待」。
あっちこっちで何回も何回も話した内容の講義。
「パワポを使うから、レジュメはいらないっか」と思って講義したら、講義の後で、スライド資料のリクエストが。児童虐待は、看護学校では、いろんな科目の先生が触れる内容だから、もうすでに知ってることも多いはず。だけど、敢えてリクエストが来ると、それはそれで張り切って、内容を追加して学校に送ったり。期待されると、それに答えたくなる。

ところで、講義の後に書かせる「講義アンケート」を見ながら、ここ数年の学生の児童虐待に対する認識の変化を感じた。以前は、「自分の子を虐待するなんて信じられない!」「虐待するなんて親じゃない」という感想がかなりの割合であった。ところが、ここ数年は、「誰にでも虐待してしまう可能性があると思う」「自分から『僕、虐待されてます』と言えない子どものためにも、それに気付ける看護師になりたい」という内容が目立つようになった。講義での誘導が上手くいってるとも言えるけど、それ以上に、社会の虐待に対する見方も少しずつ変わってきてるのかな?という、希望的な変化が起きてるのかもしれない。虐待に関する本やマンガ(『凍りついた瞳(め)―子ども虐待ドキュメンタリー』など)や資料やデータなど、派手にワイドショー的事件としてとり上げる以外の情報源が増えてきて、虐待というモノにたいする見方に多様性が生まれてきたのかも。

「叩いてナニが悪い?!」と言ってる虐待親に関しては、まだアプローチが難しいけど、ダメだと思いながらも、「また叩いてしまった…」という親とその子については、なんとか上手く関係性を再構築する手助けができればなぁと思う。やってしまった虐待はもう消せない。でも、「繰り返さない」を主眼に置けば、きっと今よりももっと前向きな認識が広がるはず。
23:28  |  日々の出来事  |  Comment(0)

なんだか不安定

2009.06.17 (Wed)

ここ数日、インターネット接続の具合が不安定で、夜中の23時半過ぎになると、急に接続不可能に。

ウチのLAN環境も、そろそろ目一杯になってきた。パソコンが6台にネットワークプリンター1台、そしてWiiがつながる環境に。とくに、無線LAN付きのルーターの調子が悪いみたい。

今日の午後、講義から帰ってきて、調整しようかと思ったんだけど、このところの寝不足のせいか、とっても眠たい午後で、昼寝の時間にまわした。忘れてたんだけど、今日は加奈子が早く帰ってくる日だった。なんやかんやで、今日しようと思ってたネット環境の調整は、明日かな?
23:18  |  PC  |  Comment(0)

VAIO typeP XP化に成功!

2009.06.15 (Mon)

4月30日に始まった、VAIO type Pとの付き合い。
SONY Vaio typeP」でぬか喜び、
typePショック」でガックリ、
6月6日のD-DAY、豊田市の講座実戦のヨタヨタでXP化を決意、
第一次XP化作戦に失敗し、

やっと、
VAIO type P XP化に成功しました!!(≧▽≦)ノ

やっぱり、前回の失敗の原因は、XPのべージョンでした。
SP3だとまったく問題なく、インストール作業に自動的に入りました(画像右下)。
Img_7240ss.jpg Img_7241ss.jpg

XPは、typeP上でほとんど作業をしてなかったので、Vistaの入ったディスクを完全にフォーマットしてからのインストールでした。デュアルブートを勧めているのが一般的ですが、購入後すぐや作成ファイルもログも必要ない人はディスクフォーマット後のインストールでイイと思います。これでも、少しはVistaの痕跡が残ってるはずですけどね。

さてさて、拍子抜けするほど簡単にインストールできてしまったXP。懐かしい草原の壁紙。デコデコしたスタートメニュー(画像左下)。画面のサイズは、XPだけで1600×768のサイズにアジャストできてしまいます(SP3だから?)。が、その他の不明なデバイスもまだゴロゴロ(画面右下)。有線も無線もLANは使用できない状態です。
Img_7242ss.jpg Img_7243ss.jpg
先日作成した、ダウンロードファイルDVDをセッセと開いてはインストールを繰り返していくと、徐々にもとのtypePの機能を取り戻していきます。途中でインターネット環境が復活してくると(画面右下)、「やれやれ」という安堵感が。
Img_7245ss.jpg Img_7246ss.jpg
まだ、必要なソフト全部がtypePに入ったわけではないのですが、逆に、メーカー品のパソコン独特の余計なソフトは一切無く、非常にSDDもユッタリとしてます。そのユッタリが功を奏しているのか、動画は非常にイイ具合です。PowerPointに埋め込んだ「フル スクリーン表示」の動画も、コマ落ちせずスムーズに外部モニターに映し出せています。

「逆転夫婦!」に向かって、テロップが下から出て来るシーンも、画面と音とがリンクしていて、Vista仕様の時のカックンカックンした動きとは、格段に違って見えます。音が悪いのは、typePの小さなスピーカーをフルボリュームにした音だからです。

これで、講演にVAIO type Pを持って行けます。どこへ持って行っても恥ずかしくないパソコンになりました。軽いし、小さいし、能力高いし…だと思うんですけど。さっそく、明日講義に使ってみます。
14:46  |  PC  |  Comment(0)

教えて育つのも教育

2009.06.15 (Mon)

【run】な土曜日から一晩開け、日曜日は復活。
日曜日の午前中は、義姉宅へ。
前から頼まれていた義姉夫の塾「河原シュタイナー教室」のWeb更新。

この記事をアップしたんですが、
今、読んでみて、「こんなピュアな生徒ってまだいるんや?『ダイヤの原石』って今でも日本にいてるんや」と驚いた。そして、教師として、これほど爽やかな達成感が得られる生徒と巡り会えるコトって、ホンマに貴重なことやろなぁと、「エエなぁ」と僕も実感。

僕もですね…非常勤講師を続けていて、それも決して偏差値の高くない学校で教師を続けてきて、これだけは言えるんです。ものすごく鍛えられました。

もしも「一つ話したら10わかってくれる」ような学生ばっかりと出会ってたら、僕はこんなにいろいろ教える技術が身につけられなかったと思う。今でも、どんどん教育方法を学習できるのは、「10話しても一つしか身に付かない」学生達に鍛えられたからやと思います。

ただし、偏差値の低い学校では、「一つ」でも身にする気のある学生を探すのがタイヘン。身につける気のない学生を相手にするのは、こっちが消耗するだけ。このへんの「斬り方」も長年やって来て少しわかってきた気がする。

教師という仕事はオモシロいです。これは確信をもってます。だたし、学校という組織と僕とは、あんまり親和性がないような気がするんです。
13:05  |  日々の出来事  |  Comment(0)

run!

2009.06.15 (Mon)

【diarrhea】…和訳すると「下痢」であります。土曜日の日中、僕は、このdiarrheaに苦しんでました。僕が初めての一人旅行をしたオーストラリアで、和英辞典を調べて発した言葉、それがこの【diarrhea】でした。辞書を一回引いただけで頭の中にストンと入り、いつま~でも覚えているという単語はいくつかありますが、このdiarrheaが一番強烈な覚え方だったと思います。

さてさて、話は土曜日の日中です。
七転八倒なのは僕だけ。
…というコトは僕だけ食べたものとか飲んだものとか…
ん~~~
あった

木曜日の夕方に買ったパンを、金曜日の朝に加奈子がひと囓りして、そのまま常温で置いていたのを、土曜日の朝に僕が食べていたのでした。

食後、約20分で大ヒット★★
下腹部の筋肉は弛緩していく一方。

もはや状況はdiarrheaというよりも【run】でありました。
スクール・オブ・ロック」で初めて【run】にそんな意味があると知ったのですが、
まさしく!【run】状態。
ちなみに、鼻水もrunだそうです。

お昼前には、とうとうリバースも。
手足の先は、感覚が無くなりジーンと痺れたような、感覚のない状態。
こんなにヒドイのは久しぶり。

お昼は、うどんを茹ですぎにして、腰のないフニャフニャうどんにして食べるという、香川県民屈辱の昼ご飯。和子さんも疲れすぎだとかでゴロゴロ転がっていたので、自分で茹でて自分でダシをとるという、かなりツライ昼ご飯でした。そろそろ加奈子にうどんくらいは教えとかないとね。

午後もボーッとすごし、晩ご飯は和子さんの得意料理(?!)「お粥」を食べました。目の前で、にぎり寿司を食す和子さんと加奈子でしたが、全然、食べたいと思わんかったんですから、よっぽどですわ。



その晩、突然、テレビ制作会社から電話があり、

「『笑っていいとも!』への出演依頼ですが…」

と。
さすがにテレフォンショッキングではなく、番組冒頭のコーナーでした(笑)
和子さんの仕事の都合で、出演はまず無理なのでお断りしました。

なんてったって平日お昼の「生放送」です。関東地方の人間なら、昼休みにチョロッと出掛けて、出演して帰ってくるというのも可能かもしれないけど、京都の人間にそれは…リニア新幹線が開通しても、無理でしょう。「10時半にアルタ入り」だそうですので。

「いいとも!」は、言ってみれば「キング・オブ・バラエティー」番組でしょう。あれだけの年数、続いている(1982年スタート)というだけでも十分「キング」ですし。いろんな番組への評価はあると思うけど、キングに出るチャンスはそうそう無いですし、ちょっとザンネンです。和子さんが教員だったら不可能じゃなかったんでしょうけどねぇ。今の立場では無理でしょうね。

あ、ちなみに、出演依頼があったのは、金曜日の「ギャップ婚」のコーナー。
gaps.jpgなんといっても僕たちは(←左画像)ですから、ネタとしては「ギャップ婚」にドンピシャ★であります。制作会社は、以前、取材に来たこともある会社で、ウチへの依頼はネタとしてストックされていたようです。「満を持して」かどうかはワカランですが、電話からも狙ってた依頼だった感じがありました。

ただ、この企画。ホンマにものすごいギャップがあると、「上」の人が出にくい場合も多々あるやろなぁと思います。「上」には重責があったり多忙だったりするでしょうし。難しい企画でもありますね。そういう意味では、コーナーが続くだけのネタストックがあるというのはスゴイです。

番組出演お断りはちょっとザンネンだったけど、きっとまた機会はあるでしょう。
12:29  |  日々の出来事  |  Comment(0)

きゅうり収穫!

2009.06.13 (Sat)

Img_9977s.jpg Img_9972s.jpg
庭で栽培していたきゅうり。一本だけ花から実になったきゅうりです。「巨大きゅうりにする!」と待っていた加奈子ですが、予想通り待ちきれず、朝一番パジャマのままで刈り取り。

さっそく、最近学校で習った「測る」をさせてみて、計測の結果「23センチ1ミリ」でした。普通サイズでした。

上と下をスパッと切り落として、ガブッとかぶりついたのですが、思ってたような味じゃなかったのか、一口食べただけで「あ、あとはあげるで」と偉そうに言ってました。
11:39  |  家事・子育て  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT