FC2ブログ

南千里保育園で講演しました

2008.11.30 (Sun)

大阪府吹田市南千里保育園で
「第26回 吹田の保育・子育てを考える集会 南ニュータウン 地域集会」(な、ながい…)で

「主婦も驚く!スーパー主夫の
 家事技紹介!
  & 家事で家族が仲良くなる!」

を講演してきました。
天気予報では「寒そうやけど大丈夫かいな?」だったけど、桃山台駅に着くと風はきついけど快晴。会場の保育園について気が付きました。「この風景、かなり見覚えがある」。それもそのはず、エッセイ版のブログには書いてるんだけど、僕は和子さんと出会う前に、他の女性と婚約していたコトがあるのですが、その女性のお姉さんの夫の両親が、その保育園のすぐ近所に住んでいたのでした。懐かしいやらなんやら…そういう場所でした。

講演自体は、保護者会と保育園総出で準備して下さっている感じで、その期待に応えようと頑張りました。お陰で、反応も上々でした。話は、普段あんまり話さないような余談や脱線をしました。それだけ「あ、これも話しとこう」「これもたとえ話にいいかな?」とポンポン思い出せたんだと思います。イイ話を思い出せるということは、適度に緊張感と余裕があったというコトだと思います。

だけど、今日もICレコーダーが9分50秒で止まっていました。講演スタートと同時に録音スイッチを入れたのに、家族の紹介ビデオを流すところで止めてしまい、ビデオが終わってもそのまんまでした。冒頭のツカミのところだけしか録音できてませんでした。まぁ、ここだけの録音を続けていても、判定価値はあると思いますけどね。なんせ最初の5分で講演の印象がほぼ決まってしまいますし。ICレコーダー以外の機材はバッチリ問題なく、最後まで無事にいけました。

ザンネンだったのは、鼻炎の症状が最後の最後ででてしまい鼻声で講演せなアカンようになったことです。最初はポツポツだった質疑応答も、続けてポンポンと出るようになったので、最初の頃の受け答えもボチボチとイイ感じだったのでしょう。「こいつに質問してもアカンわ」とは思われなかったんだと思います。質疑応答って、その講師の姿勢や性格がわかりますからねぇ。

講演後の書籍販売は、アッという間の完売でした。いつも少な目でしか持って行けず申し訳ないですが、何冊もの本を持っていくのは、やっぱり重たいんです。だいたい来場者の10%くらいが販売部数の目安なんですが、最近は20~25%くらいの手応えがあります。今日は、売り切れて買えなかった人から「サインだけでも下さい」と言われ、ちょっと感激しました。こんなのはじめてです。

帰りは京都駅に寄って、新しくシャツを一枚買いました。ノーネクタイで講演できる用のシャツです。これまでとちょっと違った傾向のシャツなので、袖丈の調整が仕上がるのが楽しみ。できあがりがちょうど誕生日の12月7日。自分プレゼントです(笑)
21:31  |  講演記録  |  Comment(3)

父娘で耳鼻科

2008.11.29 (Sat)

今朝、父娘で耳鼻科に行きました。
加奈子は以前から掛かっていた耳鼻科だけど、
僕も、先週から(というか正確には、先月中旬から)ず~っと鼻の調子が悪く、
「一回、診てもらわな…」
と思ってたので、加奈子を連れて行くついでに受診。

鼻からカメラを通し、
喉の奥の気管入り口までチェックしてもらいました。
「ん~ポリープとかはありませんね。

ありませんがぁ~

奥に鼻(粘液の方)がものすごい量溜まってます。
とりあえず薬で対処してみます」

というコトでした。

鼻というか喉というか、その境目くらいが痛かったんです。
炎症が起こってるみたいです。
その炎症部分に鼻がコッペリという感じらしい。

薬を飲むと、なんとなく重たかった鼻の奥がマシです。
まだ空気の通りは悪いし、痛みも残ってるけど、
今シーズンは、なんとか乗り切れそうです。
ズーッと風邪だと思ってたんだけど、
鼻喉系の炎症だったみたいです。
21:17  |  家事・子育て  |  Comment(0)

「ハンサム★スーツ」

2008.11.29 (Sat)

Dsc01219s.jpg午後、加奈子と映画を観に行きました。
んもぉ~加奈子と二人の土曜日で、しかも明日は講演。準備のツメもしたいのに、「なぁなぁ」と遊び相手を求める加奈子。仕事は諦め、「なんか映画でも行くか?」と言うと「行く行く」とノリノリ。

はてさてしかし…この時期に子どもが観てもエエと思える映画ってあるんかな?とMOVIX京都やTOHOシネマズ二条をチェックするも大人向けばかりでイマイチ。ん~と考え、「そういえば、この前、父娘料理ショーをしたワーナー・マイカル・シネマズ高の原は?」と調べてみた。

なんとなく目に止まったのが「ハンサム★スーツ」。「塚地武雄が主演やからコメディーやろ」と予告編を加奈子とチェック。「これにするか?」と出掛けてみた。ドアto映画館でちょうど30分。奈良に向かっても便利な我が家。

映画は良かったですよ。ツカミもエエ感じです。そりゃB級映画には違いないかもしれないけど、映画が終わった後、拍手したくなるような映画でした。そして、アラフォー世代には懐かしいのが音楽の選び方。メインテーマでズッと流れるのが、渡辺美里の「My Revolution」。まさか映画を作った頃には、小室哲哉がこんなことになるとは思わんかったでしょうけど、まさに小室哲哉の会心の一曲が、この曲。そして、久保田利伸、PRINCESS PRINCESS、ユニコーン、米米CLUBに♪だよねぇ~♪や佐野元春などなど。「懐かしい(・・、) 」と思える曲が、「ここぞ!」という時に流れる。それだけで、オッチャンは楽しめてしまえます。

最初からブサイク振りで笑えましたが、ハンサムスーツの試着場面で大爆笑させてもらいました。謎のブサイク本江(もとえ)の存在は、僕はすぐに読めてしまいましたが、それでもよかったです。みんな薄々気付きながら見てたんだと思うし。中に出て来るセリフに込められたメッセージも、僕は「うんうん」と思えるモノがありました。

「誰もが認めるハンサムor美人」じゃない人は、観て損はない映画だと思います。加奈子も十分に楽しんでましたし、ストーリーも理解できてました。
18:47  |  映画  |  Comment(0)

加奈子論文『女性のすごしかたいれぶん』

2008.11.27 (Thu)

Img_7917s.jpgImg_7931s.jpg一昨日から、なにやらゴソゴソと書きものをしていた加奈子。昨日も、「続きを書く」といって作業していたのですが、どうやら完成したようです。

その名も
『女性のすごしかたいれぶん 12さいから49さいまで』
です。

内容は、以下の通り。
--
女の子は、おとなになったら ふくをかうときは かっこいい または かわいいふくを かうといいです。

女は男よりも すなおですので おさけなどビールなど できるだけのまないほうが あしたのえがおがみえてくるはず。なきたいときでも えがおを見せたほうが あいてのきもちがよくわかるはず。

まい日えがおですごしているあいだに えがおがしにくくなっていってしまう人もいるかもしれないけど えがおでいたからこそ かわいくなるのです。かおできまる人、ふくできまる人、たいどできまる人、セーソできまる人もいます。

みためではきまりません。
がんばっていきてきたからこそ いちばんえがおで がんばってすごしていけるはずです。だから女はいいのです。

おさけをのむとよっぱらってえがおになるかもしれないけど にあにあしててきもちがわるいからやめて。

でもほんとはえがおがいちばんいいのです!
--

ひっくり返った論理もありますが(例えば、服を買う時の注意点はあるけど、見た目では決まらないなど)、とにかく本気の笑顔で過ごせ!と啓蒙しているようです。

「だから女はいいのです」

って…(^^;

「なきたいときでも えがおを見せたほうが あいてのきもちがよくわかるはず。」というのは、含蓄ありますなぁ。

しかし、ふと加奈子がこれを書いた背景を考えると、最近、僕は家では酒を飲まないし、和子さんも家では飲まない。ただ、忘年会やらなんやらで、酒席で両親どちらかが抜ける機会が多いこのシーズン。加奈子はそれがイヤで、「おさけなどびーるなどできるだけのまないほうが…」という記述になったんかな?と思います。

最近は、僕とあんまり折り合いが良くないので、そこで「だから女はいいのです」なのかも(苦笑)。こういう時期もあります。「だから♂がいいのです」というのも、いずれは書くのでしょう。ワハハ。

「セーソ」というのは、「清楚」のことです。最近の加奈子が仕入れた「いい女」キーワードの一つです。いったいどこで「清楚」という言葉を知ったのかわかりませんが、「清楚」が価値基準に入ってるというのが、なんだかオモロイです。

「いれぶん」というタイトルですが、11個の格言が登場することではなく、単にサウンド先行のタイトルだそうです。別に「せぶん」でもよかったそうです。

提言をしながら、(こじつけながらも)その根拠を探して書いている点で、体裁としては「論文」形式になっていると思いますが、いかがでしょうか?
09:18  |  家事・子育て  |  Comment(6)

プレゼントのリスト

2008.11.26 (Wed)

もうすぐ誕生日なのと、クリスマスということなんだろうか?
加奈子から

「プレゼントで欲しいものを4つ書いて」

と紙が回ってきました。

普段、物欲からトンと縁のない僕は、
「4つも思い付くかな?」と、あれこれ考えました。
いろいろ考えて出てきた4つです。

1.仕事に使うかばん。Let's noteのWがゆっくり入って、持ちやすく丈夫で軽い鞄。
ニュー鞄」で書いたmanhattan passageのSmall Office Briefcasはイマイチ収まりが悪く、ブタ鞄状態になるので、もうそろそろ限界。

2.ナイロン弦のギター。
そろそろウルサくない音楽の演奏もしたい。一つの楽器で曲が完結するという魅力を感じてます。エレキギターの場合、バンドで鳴らすのが一番楽しいわけで、一人では楽しさ半減です。3万円くらいのモデルで十分です。こんなので十分ですが、余裕があれば、これこれなんかも良いです。

3.練習用の電子ドラムセット
これまで、唯一、バンド楽器でちゃんと練習してない楽器なので。ドカドカ叩くとストレス発散にもなるかな?と思ったり、家出セッションできるかも…という野心も。コレくらいのセットがいい。

4.オーストラリアまでの航空券
これはもう現実逃避的アイテムで、すでに現実味ナシです。

すでに4つ目にして、どうでもエエもんをリストアップしてます。

プレゼントでなければ、靴下のストックが減ってきてるので、買いに行きたいです。
2~3足1000円くらいの靴下がベストです。

あ、エレキギターでESPのHORIZON-II NTというモデルがあるのですが、
あれが手に入れば、今持っている2台は処分できるはず。
でも、このモデルは自分で買いたい。
ギターは個体差があるからなぁ。

鞄も自分が使ってみてわかるモンやからなぁ、プレゼントでもらっても「おおお!」とピッタリくるのってなかなか難しいやろなぁ。
22:53  |  家事・子育て  |  Comment(0)

今日の三条大橋

2008.11.26 (Wed)

DSC01214.jpg Dsc01215s.jpg
天気良いです。
京都市内はポカポカです。
この機会に…三条まで髪の毛のカットに来ました。
久しぶりに「脱引きこもり」。
買い物と仕事以外、めったに外出してない今日この頃。

三条大橋まで、家の玄関から12分。
ホンマに便利なとこに住んでるんやなぁ。
こんなに便利なのに、引きこもり。
各地からわざわざ京都に来てる観光客の皆さんスンマセン。
13:55  |  日々の出来事  |  Comment(0)

温め時間

2008.11.26 (Wed)

20081126123441
皆さんは「3~5分温めて下さい」という時、何分温めるんやろ?
僕はいつも真ん中にします。この場合は4分です。
12:34  |  家事・子育て  |  Comment(0)

連休後はいつも

2008.11.25 (Tue)

ちまたじゃ3連休だったそうですが、
僕は全然実感なかったのです。
ところが、今日、加奈子と過ごしているウチに、
連休だったことを思い出しました。
連休後の加奈子と僕との関係は、常にイライラであります。

なんてったって連休中は和子さんが一日中いた。
連休中ずっと家にいるってコトは少ない人だけど、
3連休もあれば、どれか一日は一日中ベッタリできる。

連休が明けると、それができなくなる。
おまけに、年末ペースに入ってきた和子さんは、
宴会続きになり、今日も帰りは加奈子の就寝後。
甘えられないし、おまけに過酷な学童生活も始まる。
連休明けは、加奈子にとって良いことナシ。

宿題を後回しにして、あれこれ遊んだ挙げ句、寝る前になって、
「宿題してないやん!」
「んもぉ~!今、やろぉと思てたとこやん!」
と言われ、半分、目を閉じながらの音読。
ヨレヨレになってベッドに直行し、即、熟睡スースー(-_-)゜zzz…

「ママに会いたい」という気持ちからか、
半分泣き声で「おやすみ」という声。
不憫だけど、どうしようもない。

今宵は、険悪なムードが漂いつつも、
なんとか理性を保っていた二人でした。
21:49  |  家事・子育て  |  Comment(0)

出し惜しみをしない

2008.11.25 (Tue)

11月7日のコト。
東京から高崎行きの「MAXとき」の中で手にしたJR東日本の車内誌「トランヴェール」2008.11号。
巻頭のエッセイは内館牧子の「『踊り子号』の男」。

内容にググッときたのを思い出した。

踊り子号の中で居合わせた男性客が、
「旅行とか、人気のレストランとか温泉とか、行きたがってたのに、俺は『定年後はいつでも行ける』とか言って、仕事や自分のことを優先して…」
と言っていたことから始まり、
話は、内館牧子が橋田壽賀子のもとで仕事をしていた時のエピソードに。

内館牧子がはじめてNHKの朝ドラの脚本を任された時、橋田壽賀子からのアドバイス。

「出し惜しみしちゃダメよ」
「(前略)後のことは考えないで、どんどん投入するの。出し惜しみしない姿勢で向かえば、後で窮しても必ずまた開けるものよ」


--
僕も、この「出し惜しみしない」が好きだ。
僕も「もう一回、講演させて下さい」が通じない。
「もう一回書かせて下さい」もない。
その時の100%を出さないと「後がない」。
今も昔も後がない。

ただ、サラリーマン時代は、来月や次の四半期のコトを考えて売り惜しみしていた。それが習慣になったせいか、会社員を辞めてからも、しばらくは生き惜しみする生活が続いていたような気がする。そもそも、「一発勝負」という仕事に巡り会ってなかった気もする。残念だけど、今も、教室での講義は、どうしても「次がある」という甘えが自分にあるのを感じている。

基本的に、講演は「次」がない。機材のトラブルがあっても、体調がイマイチであっても、「もう二度とここには来ることがない」と思うと、気力は奮い立つ。でも、こう思うようになるまでに、何度失敗があったか…

「次に会ったら話そう」
「もう一回くらい、チャンスはあるやろ」
「次はチャンとやろう」

こんな感覚で話をして、
「穴があったら入りたい」と思うような恥ずかしい仕事をいくつかしてきた。

思い返してみたら、僕はこの「出し惜しみできない仕事」をズッと志向していたのかもしれない。生来のアカンタレというか甘え体質なのか、「次がある」と思うと、どうも「とにかく、やれるだけやってみよう」という気持ちになりきれない。

内館牧子が紹介した橋田壽賀子の話の中の

「出し惜しみをしない姿勢で向かえば、後で窮しても必ずまた開けるものよ」

もありがたいお言葉です。まさにその通り。

と、いろいろ思い出しながら、次の日曜日の準備をしているのであります。

第26回 吹田の保育・子育てを考える集会
南ニュータウン地区 地域集会
「主婦も驚く!スーパー主夫の
 家事技紹介!
  &家事で家族が仲良くなる!」


これまでにないタイトルです。
子育てと家事と仲良くなる話です。
このうえに、忙しいお父さんにもできる子育てヒント。
なんだかテンコ盛りだけど、
「出し惜しみせず」になんとかキッチリまとめていきます! 
16:32  |  仕事ネタなど  |  Comment(4)

冬支度-暖房器具編

2008.11.24 (Mon)

Img_7697s.jpgImg_7700s.jpg去年の冬使っていたサンヨーのセラミックファンヒーター。今年に入って使おうと思い、加湿用の水を入れると、ジャジャ漏れ(左画像)。調べてみると、水の通り道の内側に、石化した物質がこびり付いていました(右画像)。

そこでこびり付いたものをガリガリと擦ってみると、水漏れは止まった。ところが、加湿機能が働かず、あえなくオダブツに。

今日の午後、加奈子がお隣さんで遊んでいる間に、電気屋へ買い物。売り場に出ていたPanasonicの加湿機能付きセラミックファンヒーター DS-FK1202を購入。さっそく部屋で使ってみた感じだけど、フワッと部屋全体が暖かくなっている感じ。こりゃエエわ。

もう一つ、机仕事の足下用に、45㎝×45㎝の小さなホットクッションを購入。やっぱり足下が暖かいってのはエエもんです。これまで、通販生活で取り寄せた、デスク用パネルヒーターを使ってたんです。これはこれでエエのですが、下から暖かさが来る方が、なんとなく効率がエエような気がして、ホットクッションにスイッチさせてみました。また、パネルヒーターに戻すかもしれませんが。
18:00  |  家事・子育て  |  Comment(3)

えちぜん鉄道とサンダーバード

2008.11.23 (Sun)

Img_7895s.jpg IMG_7902s.jpg
勝山市での講演の帰りは、えちぜん鉄道に乗って福井駅まで。
紆余曲折のあったえちぜん鉄道。地方路線のわりには、車両はかなりキレイ。沿線に永平寺があるのと、土曜日の夕方ということもあり、ほとんど観光地路線で、廃線前の公式、「乗客は朝夕はヤンキー+日中はジジババのみ」ではなく、それなりにバラエティーに富んだ客層で、イイ感じです。

ヤンキーだらけの荒れ防止にも、アテンダントが役に立ってるのかも。これはディズニーランドではヤンキーもチャンと行列する公式と同じかも。アテンダントがいることで、なんとなく和む車内。さすがに混んでくると、和み空気は薄らぐものの。そういえば、メイド喫茶で暴れる客ってのを聞いたことがないのも、これと同じ?

勝山から福井への54分の旅は、ユックリ走る電車で、空調もよくて、の~んびりできました。

で、問題はこの後です。
福井から乗ったJR西日本、北陸線のエースであるはずの「サンダーバード」。レイプ事件もあり、以前からあんまり印象の良くないこの車両。本当にダメ車両であることを実感しました。
Img_7910s.jpg Img_7904s.jpg
乗ったのは、8号車1列(車両番号はモハ683-1305)。いわゆる車端席というやつです。目の前が壁。これはまぁ、予約した時からわかっていたのでエエのですが…とにかく揺れがものすごい。特急レベルでこれだけガックンガックンゆれるというのは、保線が上手くできてないのか?それとも車両のサスペンションが不具合を起こしてるのか?と思うくらい。車端部だから揺れるのは覚悟してたけど、それにしてもヒドイ揺れ。

さらに、密閉がうまくできていないのか、騒音もヒドイ。「モハ」って言うくらいだからモーターを積んだり車両でもあってウルサイ。そのうえ、キーーーンという金属音も。そのうえ、空調が効いてないのか、空気の循環不備なのか、メチャクチャ寒い。冷気を浴び続ける。ジャケットを膝掛けにして、マフラーを首に巻いたけど、1時間26分冷風を浴び続けた挙げ句が風邪引き。

もともと体調は今一つスッキリではなかったのものの、こんなにひどくなるとは…「サンダーバード」の車端席に乗るくらいなら、「雷鳥」の真ん中あたりの方が、よっぽどマシ。ネットで調べると、「サンダーバード」の揺れに関しては、あちこちで指摘されてます。JR西日本は、東海道山陽本線の新快速も、ひどい揺れですし、あんまり乗り心地というものが考えられてないような気がします。速度設定に無理があるんじゃないかと思います。もう一回、福知山線での脱線事故のようなコトが起こらなきゃエエんですけど…

揺れ揺れの車内で「越前ちゅんちゅんかにめし」を食べました。楽屋弁当はたいてい冷めてるし、駅弁と冷たい。だから、こういう温める機能のついた駅弁はウレシい。寒い車内で食べた温かいご飯。これがなければ、最悪の列車旅行でした。
15:55  |  旅行  |  Comment(0)

福井県勝山市で講演しました

2008.11.22 (Sat)

Img_7888s.jpg福井県勝山市で講演しました。
昨日まで、悪天候だった勝山市も、今日は日中晴れ間が覗く天気。
やっぱり晴れ男?

さてさて、昨日までの悪天候で雪まで降った勝山市。僕は今シーズン初めての雪を見ました。そんな雪の影響か、鼻がムズムズ。講演中にクシャミしたくなるという初めての経験をしました。途中から鼻水が出そうになったり、鼻声気味になったり…ちょっとヘンな体調でした。

鼻声になると、どうしても平板な喋りになりがちなので、滑舌と緩急は強く意識しました。前半、ゆっくりペース、後半テンポアップという配分も、時計を見ずにキッチリいけるようになりました。そりゃまぁ、中身は違えど、同じような構成配分で話をしているわけですから、時間配分も感じで掴めるようになります。


今日の教訓としては、会場入りが1時間を切る場合は、事前に全体の流れを把握しとかないとバタバタするということです。電車の本数が限られていたり、イベント当日にならないとわからない段取りなどもあり、会場入りの時間は自由に決められない部分も多いのですが、事前に情報があれば1時間でも問題なく対処できそうです。

今日は、会場に到着すると和太鼓の音がドドン♪つまり、長いイベントの中の一つとして講演がセッティングされていました。この件も、「かつやま‘のぞみフェスタ’」というイベント名を知ったのも、その時がはじめてでした。

僕の出番前にも当然行事があり、それが終わってからのセッティング。その間も、客席ではお客さんが座って待っていました。無事に一発でセッティングが決まるのは「当たり前」だけど、それでも「ありがたい!」です。ここで決まらないと、もうパニックでタイヘンですから(O.O;)(o。o;)

今日も、楽しく無事に講演が終わりました。持っていった「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ (別冊宝島 1400)」は即完売でした。もうちょっと持っていっても良かったです。手に入らなかった方、ゴメンなさい。

Img_7889s.jpg今度、勝山市に来る機会があれば、その時は、恐竜博物館をゆっくりと見てから帰りたいです。

右画像は、えちぜん鉄道勝山駅にあるイグアノドンの像。とにかく町中、恐竜の看板や像だらけ。恐竜渓谷(ダイノソーバレー)構想推進事業(PDF)というのもあります。
21:15  |  講演記録  |  Comment(0)

今日ならではのネタ

2008.11.22 (Sat)

今日は、福井県勝山市で講演です。
なにげなく講演の日を確認してました。

改めて、今日確認すると、
今日11月22日は「いい夫婦の日」。
なんかネタとして、おもしろい日です。
これは触れんとアカンでしょう。

「今日はなんの日?」ってあんまり気にしてなかったけど、
ツカミネタに困った時は、使えるかも。
要チェックや!
09:45  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

風流どもの夢の後

2008.11.21 (Fri)

DSC01207.jpgエキゾチックジャパ~ン♪とよしずを購入したのは、2年前の夏。買った当初は良かったんだけど、夏の暑さと雨ですっかり風化し、今や残骸と化していたよしず。

折しも、今、お隣の庭に庭師が来ていて、毎日、枝や葉っぱを大量に持ち帰っている。今日、声をかけると、「家の前に出してくれてたら持って帰るよ」と。これ幸いと、裏と2階のベランダに出しっぱなしだったよしずを1階に下ろす。

下ろすと、これまたバラバラになり、その後の掃除がナンギしました。

結論!現代のライフスタイルに、よしずは合わない。処理先が確保されている人のみ、買う値打ちがあると言えるでしょう。2年越しの懸案が間もなく解決。ただし、明日、取りに来るらしいけど、明日、僕は福井県勝山市で講演です。
12:17  |  家事・子育て  |  Comment(0)

冬支度

2008.11.20 (Thu)

Img_7869s.jpg今年もこの季節がやってきました。このツリーのてっぺんに加奈子の手が届くようになったんで、今年は電飾以外は加奈子がセッティング。コダワリの飾り付けかと思いきや、案外アッサリと終わらせてました。あと、一ヶ月はこのツリーが出たままです。

それにしても、今日も半袖半パンです。夕方、学校から帰ってくるスタイルは、これにランドセル。

「寒ぅないの?」
「全然!」

という毎日毎日同じ会話が続いてます。

Img_7876s.jpgで、今晩は、和子さん不在なので、加奈子と二人でピザを食べました。

熱々の時は、勢いよく食べるんだけど、冷めてくるとダラダラ食べになるのがピザの常。そのダラダラの極みが、右画像。なぜか「M字開脚」です。このポーズが落ち着くんかな?見てると、よくこのポーズになってます。がに股女。アカンわぁ~イタダケナイ(>_<)

ついでに…

今晩、トイレで立ちションを試みた加奈子。
「横にこぼしてしもた…」
「アホォ」
でした。言うに
「昨日は成功したのに」
一度、試みてみたかったんやろなぁ(笑)
21:49  |  家事・子育て  |  Comment(0)

今日的音楽嗜好

2008.11.20 (Thu)

最近、よく聴いているのが上海人歌手「金莎(Jim Sha)」。
中国POPSは、以前、チョロッと書きましたが、中国語の響きが心地よいです。
とくにバラード系は絶品です。
iPodに入れて出張のお供になりそうです。
中国系歌手の常として、You Tube上に映像は流れまくっております。太好了!

清涼系の音楽の話の後で、メタルの話はなんなんですが、
もう一つ、「今さら…」によく聴いているのが、
Nocturnal Rites、Halloweenでございます(∩_∩)ゞ
とくに北欧メタルであります。
ツボがいちいち僕好み。

金莎とNocturnal Ritesは、あまりにも違いすぎると思いますが。

あと、映画「Red Cliff(「赤壁」ね)の阿蘭(アラン/alan)。
チベット民族音楽独特の節回し、ものすごいですね。
日本語の歌詞がぁぁ…
16:18  |  音楽  |  Comment(0)

講演の王道?

2008.11.20 (Thu)

昨日、和子さんが参加した講演の話。
講師は、テルモの松村啓史氏。『ナイチンゲールに学ぶときめきの経営学』という本を出されてます。

和子さんから聞いた話なんだけど、これが定積どおりの講演でスゴイというか、改めて安宅仁さんが書かれた『プロ講師になる方法』は定石ネタの宝庫なんやなぁと感じました。

冒頭ネタが「驚きました!」で京大病院内のドトールの話。面積当たりの売り上げ単価が日本一だか関西一だかとにかく有名なドトールなんですけど、そこで働いてると当たり前になりがちですよね。それを改めて「驚きました」と取りあげることで、再発見を促す。

和子さんの印象だと、「とにかくポジティブシンキングやねん」「考え方のスイッチを入れ替える視点がいい」という。講演講師が「まずできること」と言えば、考え方や受け取り方を変えてみること。制度や状況自体を変えるのは難しい。でも、捉え方やその背景を知ることで、少しは状況へのアプローチが変わる。その小さな変化が大きな変化への力になる。僕は、いつも「そのヒントが提案できたらエエなぁ」と思って講演してるのですが、伝え聞く松村さんの講演もそんな感じでした。

それと、「事例のバラエティーがものすごく広かった」と。いろんな聞き手がいる場では、紹介事例にバラエティーをもたせることで、「どこかでピンと引っ掛かって欲しい」という狙いだと思う。事例の内容は、聞き手を観察することから始まるから、引き出しをたくさん用意しておいて、「どれを使うか?」というのは、その場で判断して変えていくというのができると、話しても楽しいと思う。

全体の構成は、事例の紹介で笑いがたくさんで、細切れのシメはチョット理屈っぽく。具体からググッと抽象的にもっていく。それの事例と理屈の繰り返しで構成されていたそうな。満足度が上がる構成だと思います。

松村さんも、「お開き」の挨拶があった後、サッと出口に行き、そこで来場した人に「ありがとうございました」と一人一人お見送りをしていたそうです。これは僕もやってます。なにしろ、聞いてくれた人の顔が間近で見られるということは、その講演の感想情報が簡単に手に入ります。浮かない顔の人、晴れやかな顔の人、「疲れた~」という顔の人、いろいろです。時間が許す限り、最後までお見送りして、「楽しかった」「元気になった」「ちょっと頑張ってもらおうかな?」と思ってもらえたらエエなぁと思います。
13:59  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

加奈子の作文

2008.11.19 (Wed)

Img_7853s.jpg今日、いつもと違って宿題が一つ多かった。それは、クラスの中で加奈子ともう一人だけに出された宿題だった。

先日、国語の時間に「文章で伝える」という授業があり、加奈子は学校にいる魚のことを書いていた。それが良かったので「清書するように」という宿題になった。

その作文は、僕が読んでもなかなか良くできていて、「へぇ~~イイねぇ」と即答したくらいだった。

--
さかな

 学校のなかにわのはしにあるいけのなかに、さかながいます。
 目はまっくろでくりくりしてて かわいいです。
 もようのいろは、くろです。
 しっぽは、あおとくろです。
 おなかは、くろです。
 いつも、木の下のほうで かくれんぼうをして、たのしそうに あそんでいます。
 とても およぐのがはやくて すぐ みうしなってしまいます。
 さかなは、いっぱいいて 九ひきいるってきいてるけど、二ひき見つけました。
 さわってみたいです。
--

という作文でした。

様子を伝える作文課題だったみたいだけど、自分の目線や感想が盛り込まれた文章で感心しました。僕も和子さんも、一度も作文の書き方なんて教えたことないんだけど、サラッと書いてこんな感じ。きっと夏休みに読んだ100冊の本や、もうすぐ200冊目に突入するくらいたくさんの本を読んだからだろうね。親バカ全開。
21:54  |  家事・子育て  |  Comment(7)

スッカリ紅葉

2008.11.19 (Wed)

Dsc01206s.jpg
加奈子と一緒に登校時、通過する神社。
いつの間にか赤や黄の葉っぱがイッパイ。
朝日を浴びてキラキラでした。
13:15  |  日々の出来事  |  Comment(0)

今年も予防接種

2008.11.19 (Wed)

朝、起きると、「あれ?」とまた喉に違和感。
大阪に行く予定をキャンセルして様子をみる。
お昼前にはナンもなかったように回復。
今、大阪(堺市方面らしい)ではインフルエンザが
ものすごい勢いで流行っているらしい。

というわけで、回復した機会に、
近所の保育園のママ友がいる内科で
インフルエンザの予防接種。
昨年は12月10日に接種してた。

効き始めるのに10~14日かかるらしい。
来週末は大阪市吹田市で講演。
ギリギリやなぁ。
11:42  |  日々の出来事  |  Comment(0)

すんごく格好悪いF1

2008.11.18 (Tue)

2009年レギュレーションのF1カーだそうです。

これ

なんちゅ~格好の悪さや。
リアウイングの幅がこんなに細いとは。
フロントはやたら幅広だし。

こんな不格好な車で「世界最高峰のレース」と言われてもね。
小さなウイングだらけの、ここ数年のマシーンもゲンナリだったけど、
この2009年型はスゴすぎです。
最高峰は最高に格好イイ車でレースして欲しい。

個人的には1990年代前半とグランド・エフェクト・カーの時代(1980年前後)の車体が好きです。
23:43  |  スポーツ  |  Comment(0)

今日も鉄棒

2008.11.18 (Tue)

逆上がりのテストはなかったモノの、とにかく鉄棒が思ったようにできない加奈子。今週も鉄棒の授業は続いていて、気になってシャーナイ。今日も学童を休み、早めに帰ってくると、近所の公園で鉄棒の練習。

いやはや、ホンマに加奈子は頑張り屋さんです。
これは間違いなく僕の血筋じゃございません。

加奈子は、小学一年生の段階で、「できなくてもエエねん」なんて言う子でなくてよかった。常々、和子さんの激甘な子育てに「エエのかな?」と思ったりもしていたけど、「言えばなんとかなる」「やったらなんとかできるようになる」というのが加奈子の実感としてあるのなら、それはそれでエエもんやと思う。

という話はさておき、加奈子と一緒に鉄棒をし、その横にあるうんていもすると、夜、肩から腕が筋肉痛。自分の体重を支えられない腕ってどうよ?とにかく落ちない体重と食欲に、本気でエアロバイクを買おうかと思ってる今日この頃。
21:48  |  家事・子育て  |  Comment(0)

加奈子帰宅

2008.11.18 (Tue)

20081118152644
11月も半ば過ぎたというのに、帰宅時はいつも半袖半パン。帰宅一番「暑っ~ぅ」な毎日。
15:26  |  家事・子育て  |  Comment(0)

講演アンケート

2008.11.17 (Mon)

今日、先週行った行方市での講演アンケートのコピーが届きました。いつもの一般市民向け講座ではなく、域内の事業所従業員向けの講演で、反応が気になってたのですが、予想以上に良い内容でした。

とくに、家事の「見える化」は好評で、「目からウロコ」や「こうすれば良かったんだ!」「共同化の第一歩が標準化・ビジュアル化だったとは…納得」というコメントをたくさん頂きました。(業務連絡:照美はんイケますぜ!「家事の見える化」企画!)

その他、「男女共同参画講演と聞いて、退屈な講義をイメージしていたら、とっても聞きやすく、アッという間に時間が過ぎた」、男性から「単身赴任だった頃の家事を思い出しながら楽しく聞けた」「そろそろ家事をはじめないといけない年齢(57歳)だと思っていたが、グッとやる気になった」「もっと男性に聞いて欲しい」「当たり前のような毎日が過ごせることに感謝しようと思った。家族の大切さを再認識した」などなど、高評価でありながら、それぞれが取って付けたような模範解答ではなく、自分の言葉で書いてくれていて、とってもウレシかったです。

行方市での講演当日は、ACケーブルを忘れて、スライドの最後の2枚が投影できなかったというアクシデント(というかミス)があったり、学生向け?と思わせるようなレジュメを用意したりという、実験要素もあり、反応が気になっていたところでした。

思った以上の好感触に、ホッと一安心です。
20:30  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

とにかくたくさん乗りました

2008.11.17 (Mon)

週末11月15日(土)、16日(日)は、山梨県内船と埼玉県小川町での講演があり、とにかくたくさん鉄道に乗りました。
Img_7769s.jpg静岡駅で新幹線を降り、東海道線の特急「ワイドビューふじかわ」に乗り換え。

静岡駅から富士駅までは、進行方向と逆向きに座るという(日本にしては)ユニークな列車。「ワイドビューひだ」も、名古屋から乗ると、岐阜駅までとそこからは逆向きになるんだけど、「ひだ」の場合は、皆さんその都度、座席の向きを変えてました。この辺りは、岐阜県民と静岡県民の違いなのか?それとも観光特急とビジネス特急の違いか?

今回の旅行の楽しみの一つが、由比のあの広重の浮世絵の場所であり、「さった峠」から撮られた写真が有名なあの場所を通ること。ちょうどこの場所(ここ)。東名高速道路の上りと下りの間でシャッター。天気がよければ富士山が拝めたはずなのに、今回は曇天。残念ながら広重の構図は見ることができず。

Img_7790s.jpg列車は、富士駅から身延線に入っていく。進行方向に向かって左側のA席は、富士川側で清流を観ながらエッチラオッチラとノロノロと、およそ特急らしくない速度で走っていく。ノロノロ運行のお陰で疲れはほとんどない。

車窓からは、収穫作業を中断して、近所の農家数件が集まって庭先でお昼のお弁当をつつく風景も見えて、のどか風景そのもの。車内でも駅弁を広げてノ~ンビリ。富士川の向こうに見える山の紅葉は、まだまだこれから。

IMG_7804s.jpg内船駅に到着。一つのホームの両面に上りと下りが配置する典型的な田舎の駅。駅員はいなく、車掌さんが切符を回収する。

跨線橋も地下道もなく、画像右端のスロープを下って線路を踏みきりでわたって駅舎に向かう。一昔前は「不便」と言われたであろうこの構造が、現代では「バリアフリー」になる。時代は一回転。1時間に3本くらいしか電車が来ない駅に跨線橋はいらないと思う。そんな駅の回りの町はたいてい高齢化している。跨線橋や地下道が、高齢者や車椅子利用者の負担になっている。ベビーカーも使いにくい。設備維持費も高くつく。設備の更新を機会に、この内船駅のように平坦化してはどうだろう?

Img_7818s.jpg講演が終わって内船駅から甲府まで、「ワードビューふじかわ」で身延線の残り区間を走る。今回の旅行で、身延線は全線乗った。全線乗ったことのある路線というのは、意外と少ないのでチョットうれしい。

甲府からは、E351系の「スーパーあずさ」E257系の「あずさ」は、山梨市での講演の時に乗ったことがあったけど、E351系ははじめて。振り子機構でユラユラと揺れる車体は、あんまり乗り心地のいいもんではなかった。この日は、新宿駅工事の影響で、「スーパーあずさ」は中央線の中野駅止まりという珍しい設定に。僕は立川で降りたので影響なかった。

16日は、立川駅から埼玉県小川町駅(東京にも小川町という駅がある)へ。本数が多いのは、立川→新宿→池袋→(東武東上線)→小川町だと思うけど、東武東上線は帰りにも乗るので、往復一緒だとツマラナイ。そこで、マニアック路線でそのまま北上する路線で移動することに。

Img_7825s.jpg立川からは青梅線。中央線の新しい車両。今回、はじめて中央線、青梅線、五日市線、八高線の構図が理解できた。一度乗ってしまうと簡単なんだけど、路線図だけ眺めていても「?」だった。ツイデに言うと、その近くの西武新宿線と西武池袋線が交差する所沢、東村山、小川、萩山周辺のゴチャゴチャも、眺めているだけじゃ全然ワカラン。一度行ってみねばなるまい。

拝島駅までは、アッという間に着いてしまう。

Img_7829s.jpg拝島駅から念願の八高線南線。この八高線は、高麗川を境に南は電化線、北は非電化線に分断している。直通の列車がない。八高は「八」王子と「高」崎の意味だけど、実質は「八」王子と「高」麗川になっている。

拝島駅から高麗川駅までは川越行きの電車にゆられてゴトゴト。横田基地の西側を走ると、だだ~っ広い土地が米軍のモノになっているのがよくわかる。こんな場所を夜間訓練でジェット戦闘機が離着陸しているとなると、こりゃ石原慎太郎でなくても「考えようよ」という気分になる。

Img_7832s.jpgさてさて、小川町行きのメインイベント!それは高麗川駅からの非電化区間。ディーゼル列車でガルルと北上する八高線北線。高麗川駅で30分以上の待ち時間。ここまで乗ってきた川越行きの電車も、反対からくる電車を待って長時間停車。ただ、この長い停車時間だったからこそ、車内に忘れたスーツのガーメントを取りに戻れた。運が良いとしか言いようがない。

この八高線に乗って気付いたのは、この沿線にも大学が山を切り開いて多数建てられていたことだ。ものすごい投資をして山を切り開いた大学の大半が、この先、学生不足で廃校になるのは自明のこと。廃墟がたたずむ山になるんだろうな…

前日の身延線といい、この八高線といい、車窓の素敵な路線。真夏に通っても気持ちイイと思うし、真冬の枯れた風景もイイと思う。もちろん春や秋も。乗るだけで楽しそう。関西にもこういう路線はあるはず。あまりにも身近だから、そういう気分にならないだけかもしれない。

Img_7840s.jpg Img_7841s.jpg
小川町での講演の後は、都会の通勤路線。東武東上線。東武東上線といえば、最近できた「TJライナー」だけど、池袋向きには運行していないらしい。急行に乗って池袋に向かうモノの、川越までは各駅停車。小川町ではほとんど乗客がなかったのに、ドンドン増えてきて、あっという間にかなりの混雑。それと同時にだんだんと睡魔も…大都市私鉄というのは、普段使いにはイイんだけど、単発利用だと勝手がわからず落ち着かない。

そんな「よそ者」視点で、いつも乗ってる近鉄や京阪を見直すと、アナウンスが聞き取りにくかったり、駅の表示がわかりにくかったり、「普通」や「準急」などの運行区分が複雑すぎたり(京阪!)、とても「よそ者」に親切ではないような気がする。

でも、いい経験だった。ローカル線や私鉄はなかなか乗る機会がない。よっぽど「乗るぞ!」と決めて乗らないと自動車での送り迎えになったり、切符手配の関係でJR線優先になってしまうし、非常事態を考えると迂回ルートを確保しやすい路線=幹線優先になってしまう。

来月は、群馬県大泉町で講演があるので、東武伊勢崎線に乗る。東上線と伊勢崎線を乗ると、次は日光線?栃木県での仕事が来ることを祈りつつ、スペーシアに乗るのはいつ?と。
14:24  |  旅行  |  Comment(0)

予約が遅かった

2008.11.17 (Mon)

次の土曜日(22日)は、福井県勝山市で講演です。

講演時間が30分遅くなるという連絡は聞いていたのですが、出発の電車は当初の予定時刻「そのまま」で、と思ってたら、「そのまま」の電車は予約で満席。リスク承知で自由席というのも、座れなかった時が最悪。

というわけで、30分遅い便に変えてもらい、主催の担当さんにご迷惑をお掛けしてしまいました。もともと講演のついでに、勝山の福井県立恐竜博物館に行こうと思っていて、ゴタゴタしているウチに満席に。

「もしや」と思って帰りの特急の座席予約に入ると、これまたギリギリと思える端っこの席。目の前が壁です。でも、煙モクモクの車両に移るよりはマシなので、ネットで予約&決済。

今は、秋の観光シーズン。電車の予約も早め早めにしないとダメですな。
11:24  |  旅行  |  Comment(0)

向きの問題?

2008.11.16 (Sun)

東京からの帰り。
名古屋駅を過ぎた右にある「クラヤ三星堂」の広告灯。
なぜか「クラヤミ星堂」に読めてしまう。
京都からだと気にならないのに。
20:06  |  家事・子育て  |  Comment(0)

小川町で講演しました

2008.11.16 (Sun)

20081116131321
キレイな町立図書館の中にあるホールです。木がふんだんに使われた建物で落ち着きます。そんな会場で講演させてもらいました。控え室もオシャレ。あ。控え室の写真撮るの忘れた(残念)。

さて、そんな小川町での講演。開口一番

「みどり市の皆さん!こんにちは!」

…あ?
…あれ?

そうなんです。先週の会場だった、群馬県の「みどり市」と言ってしまいました。コレまでにない間違いに、「すみませんすみません」と平謝り。期せずして、いきなりリラックスした雰囲気に。ケガの功名です。

ちょっと言い訳させて下さい。講演前に、控え室で今回の講演の実行委員長さんと話をしていて、会場入り口で催されていた菊展の話になり、「先週、みどり市の大間々菊会場で講演させてもらったんです」という話をしたんです。で、その時の「みどり市」が頭に残っていて、それで思わず「みどり市の皆さん!」だったのかと思います。でも、自分の町の名前を間違えられるってのは、あんまりイイ気分じゃないと思います。わざとなら大ヒンシュクです。今後は、そういうことの無いように、よ~く気を付けないと。

講演は、そんなスタートだったお陰(?)で、とっても和やかに聞いてもらえたように思います。客席が近かったこともあり、とっても反応がよくて話していて楽しかったです。画像にもあるように、演台を用意してくれてたのですが、これを下げておけば、もうちょっと横にも動けたかな?と思います。

小川町と言えば衣料品小売りの「しまむら」の発祥地。チョロッと「しまむら」の話を盛り込んでみたのですが、やっぱり「おっ!」という反応がありました。やっぱり現地リサーチは欠かせませんね。

小川町は「武蔵の小京都」でもあり、僕の在住地の「京都」とはとってもご縁のある町でもあり、ツカミにこの話をしました。関心をもって聞いて下さる人は、少しでも自分との接点を探ろうとするモノです。いろんな話題をする時間があれば、あれこれ話をして接点を見付けてもらえるのですが、限られた時間でとなると、話題は限定されてしまいます。

そんなわけで、今回は、小川町出身の「コント山口君」の話は触れられずじまい。「コント山口君と竹田君」には「山口君と竹田君の暮らしの達人」のテレビ収録でお会いしてるんです。前の家の時に、ウチまでロケで来られたんです。そんな話もしたかったのですが、残念ながら盛り込むタイミングが無くて…きっと、「山口君なら、ウチの隣にいた!」「同級生だった!」という方もいたと思うんです。触れられなくてホントに残念。

今日は、ステージの向かいに時計がありました。時間の調整をしながら話をコントロールできる、とってもやりやすい会場でした。ところが、反応が良いとついついサービス精神からか、「こんな話もあるんです」と追加エピソードも。すると時間はいつの間にか押せ押せ。おまけに、あの時計が2分ほど進んでまして、「え?もうこんな時間(汗)」。家事のように緩急つけながら、無事に、予定時刻に終わることができました。

IMG_7838s.jpg今日は「みどり市の皆さん!」以外は、自分にイイ点数出せそうです。町が主催している「男女共同参画パネル展」の紹介も踏まえることができました。講演前に、駆け足ですがザッとパネルをみることができ、埼玉県がM字型就労曲線の凹みが平均よりも凹んでいるということを知りました。通勤時間の長さも影響しているというデータでした。興味深かったです。

ICレコーダーもスイッチを入れていたので、聞き直してみます。帰りの新幹線でも、聞き直そうとしたのですが、いきなり「みどり市の皆さん!」で…ちょっと萎えてしまい、マーカーを点けてお終いでした。

それにしても、あのながめ余興場での講演から、まだ一週間です。この間、何度、東京への新幹線を往復しているのでしょう?10年前の僕からは想像もできない生活です(笑)

来週末は、福井県勝山市です。ちょっとだけ近いです。
13:13  |  講演記録  |  Comment(0)

危なぇ

2008.11.16 (Sun)

立川から小川町に向かってます。今、高麗川で30分以上の電車待ち。ディーゼル車両独特の振動を感じてます。

ここまで青梅線→八高線の川越行きと乗り継いできてますが、乗り換えの度に網棚にガーメントを忘れ、一度降りた電車に取りに帰ってます。たまたま停車時間が長かったから良かったものの…危ない危ない(^_^;
11:22  |  家事・子育て  |  Comment(0)

スーパーホテル

2008.11.15 (Sat)

最初、「スーパーホテル?」と思ってましたが、一度泊まってしまうと、けっこういいんです。

なにがイイって、

なぜか、僕はシングルで予約してるのに、
たいてい複数ベッドのある部屋なんです。
今日なんて、ベッドも3つだし、スリッパが3つもあります。
タオルも3つ、歯ブラシも3つ。

というわけで、なんだか広々してます。
大浴場!(≧▽≦)ノとは言えないけど、
家の風呂よりはるかに広いお風呂もあるし、
各部屋LAN対応!でケーブルを持参しなくてもいいし、
最小限ながら、一通りそろってる気がします。

今宵はスーパーホテルJR立川北口です。

ちなみに、今夜は「松屋」のカレーを食べました。
なんか疲れた時の、あのカレーと味噌汁の組み合わせがエエんです。
ベタですけど、辛さと量がちょうどエエんです。
21:45  |  旅行  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT