ブログパーツ

2008.02.29 (Fri)

とにかく、「同じ中身なら、動作や表示が軽い方がいい!」というのが僕の「よいWebサイト」の基準。よって、余分なブログパーツやFlashはできるだけ付けたくないのです。でも、先日の山梨・秋田ツアーは、天候と交通情報の収集が悪く、その結果、選択を誤った部分もなきにしもあらず。そこで、まとまった情報を載せるブログパーツを二つ追加してみました。意外と軽いので、今のところそのままで行こうかと思ってます。
23:35  |  このブログ  |  Comment(0)

マーチに参加

2008.02.29 (Fri)

<大阪>「ドーンセンター売らないで」とデモ行進

お昼前にドーンセンターに着き、「売らないでください!ドーンセンター・春いちばんマーチ」に使う風船膨らませを手伝いました。

ドーンセンターは、僕にとっていろいろ学習の機会を得る場になりました。自分の主夫という立場を「オモロイやん」と認識させてもらう、貴重な場であり、それは今の講演活動の基盤になってます。

今は、京都に住んでますが、大阪には約10年住んでました。やっぱりなんといっても、大阪は関西の中心です。大阪が元気でないと、関西全体も沈下する気がします。ドーンセンターは、社会教育や生涯教育というエンパワメントセンターの役割を担っています。僕も、エンパワーさせてもらいました。そういう役割を民間に担わせるコト自体は、不可能ではありません。建物や事業を売却すれば、高く売れると思います。

ただ、僕はそういう人育て事業を、大阪府で運営しているという「粋」を捨てて欲しくないと感じています。今はシンドイ大阪府政。ここらで一踏ん張りする一番の資源は、人材やと思います。その人材を育てる場を、大阪府が運営してる。なんか素敵なコトだし、その「粋」がないと明るい未来も失われるような気がします。

ドーンセンターと言えば、2004年の「日本女性会議2004まつやま」以来で、田上時子さんにお会いしました。3年以上前のことで、まだまだ講演講師駆け出しの頃で、いろんなことを思い出しました。

Img_0491s.jpgマーチのあと、右手に大阪城、左手に大阪府庁本館(←画像)を見ながら歩きました。大阪市立の大学に通っていたせいか、大阪市役所などはよく利用しましたが、大阪府庁というのは、ほとんど入った事がありません。もしかして、ゼロかも。今日は、橋下徹知事の所信表明があったようです。今後、どういう展開になるのか?ヌルく見守ってます。「橋本政権は短命」と打ち出した関西メディアもありました。

そういえば、マーチの途中、府庁本館前でアジっているグループを見かけました。参加者の大半がサングラスやマスクで顔を隠していて、なんだか、母校の名物だった「中核派」を思い出しました。未だに、ああいう文化が残っているというのは、今風にいうと「痛い」ですが、あれも大阪らしさ?
23:26  |  日々の出来事  |  Comment(0)

よく消してしまいます

2008.02.29 (Fri)

最近、なぜかブログ記事をよく消してしまいます。
原因は検索です。
記事を書きながら、新しいタブを開いて検索して確認とって、もとの画面に戻ってみたら、いつの間にか検索画面に…もとの編集画面で検索してしまい、書きかけのテキストはすべて消滅。ガックリです。

ブログの編集画面に自動バックアップが付いてたらエエのに。
22:50  |  このブログ  |  Comment(0)

間違いさがし

2008.02.29 (Fri)

20080229210530
「ママ、何時に帰ってくるん?」
「おっきい針が3になったらやで」
「長い針やろ!」
「あ、そです(^_^;」
ちゃんとした日本語を求められております。
21:05  |  家事・子育て  |  Comment(0)

音環境を一新

2008.02.28 (Thu)

Img_6818s.jpg新しい音グッズが増えました。というか、選手交替です。

結婚祝いに買ったSONYのQbricシリーズHCD-101。2006年9月にすでに誤作動が起こり始めてましたが、とうとう電源ユニットがイカレてしまったみたいです。突如スイッチのオンオフを勝手に繰り返し、そしてついに電源オンにならなくなりました。10年間、ほぼ毎日、なにかの音楽を流し続け寿命をまっとうしました。

今日、「次」が到着しました。ONKYOのGX-D90(Y)です。昔の経験で、アンプユニット入りのスピーカーは音が悪いという先入観があったのですが、「所詮、PC付属のCDプレイヤーかMP3の再生」と割り切って、思い切って導入。パソコンからの音データを、USBで右のSE-U55Xに送り、データ処理して光デジタル信号で、GX-D90につないでます。アナログ部分を介さずにつないでます。

スピーカーの特性もあると思うけど、音イイです☆ミ
ドラムの音がクッキリです。ジャフ・ポーカロの音って、こんなに良かったのね?スティーブ・スミスの音も、こんなにクリアーだったとは…弦楽器の音もイイです。Yo-Yo Maのチェロってこんなにエロい音だったのね?…などなど、いろんな音を再発見しております。

もう一つ購入したのが、iPod nano(4GB)です。

基本的に、僕は耳を塞ぐのがあんまり好きじゃありません。とくに周囲に人がいる時は、塞ぐと自分を閉ざしている感じがして寂しいというかモッタイナイ気持ちになります。「ご縁」はどこで誰とつながってるかわからないですから。もしかして、新幹線で隣に座った人が、僕の人生をよりよく変えてくれるかもしれない。実際、アニルさんとの出会いは、そんな感じでした。だから、「僕はあなたを拒絶しません」「いつでも声かけて下さい」という意味でも、目も耳もできるだけオープンにしてます。

ただ、どうみても、僕とのご縁を閉ざしたがる人もいます。疲れてる人もいますし、睡眠不足の人もいるでしょうし、目の前の仕事に必死な人もいます。仕方ないです。みんなが「いつもリラックス」というアニルさんのような人じゃありません。むしろ日本では、「閉ざしたがる人」が多いように思います。残念な事です。閉塞感を訴える人は多いのですが、実際は、自分で閉ざしている人も多いと思います。モッタイナイ。

さてさて、ここまで「塞がない」「閉ざさない」という耳なのに、なぜiPod?

実は、これまでも、チョクチョクと携帯音楽再生機を使ってました。ボイスレコーダーのメモリーの余白に数曲入れて、景気づけや気分盛り上げなどに使ってました。ところが、乾電池を使うボイスレコーダーなので、電池をぼんぼん使い捨ててるのがどうも性に合わないのです。

それに加えて、先日、「こまち」の中で長時間過ごし、そしてスイッチを切り替えて、「よっしゃ~いくで!」という時に、音楽が僕の気分を盛り上がげた経験は、僕のなかの音楽の位置づけを再認識させてくれました。ずっと耳を塞ぐことはないと思いますが、リラックスしたり、気分を高揚させたりするには、とても便利なグッズだと思います。

移動中の騒音による疲労軽減のためにSONYのノイズキャンセリングヘッドホンMDR-NC22を使っているのですが、「どうせ耳を塞いでしまうのなら…」と音楽を流すようになったのもあります。このヘッドフォンのお陰で、かなり音を小さくしても十分聞き取れます。

「4GBで1000曲」と商品のポップには書かれていました。盛り上げ500曲にリラックス500曲。バッテリー満タンで24時間稼働らしいのですが、24時間では1000曲再生しきれないです。4GBで十分です。iPod Classicを最初考えてましたが、重たいし80GBも必要ないような気がして、小さい方を選びました。iTunesには17.02GB分入ってますが…。
23:35  |  家事・子育て  |  Comment(0)

賛否あると思いますが

2008.02.28 (Thu)

「ようこそダイスケ」ブッシュ大統領がRソックス祝福
--
【ワシントン=大塚隆一】2007年米大リーグ・ワールドシリーズを制したレッドソックスの選手が27日、ホワイトハウスに招かれた。

南庭で行われた式典には松坂大輔、岡島秀樹両投手も参加し、ブッシュ大統領から祝福を受けた。

大統領は式典のスピーチで「ようこそ、日本のダイスケ」と松坂投手に触れ、「彼を取材する報道陣は私より多い」と笑いを誘った。さらに、「私たちは2人とも英語の質問に答えるのに苦労している」と述べ、英語がつたないと評されている自身もからかいの対象にして、会場を再び沸かせた。

大統領はこの後、松坂、岡島両投手を含む全選手と握手し、激励した。

岡島投手は「大統領は肩もたたいてくれた。うれしかった。こんな所にはめったに来られない。本当によかった」と話していた。
(2008年2月28日12時25分 読売新聞)

--
こういうのを読むと、やっぱりアメリカって余裕あるなぁって思います。

こういうジョークをサラッと言う大統領もそうですが、
おおむね歓迎のアメリカンメディアも、国民も懐深いなぁと思います。
13:15  |  日々の出来事  |  Comment(0)

姫君ランキング Part2

2008.02.28 (Thu)

加奈子の「Mr.インクレディブル」熱は、昨日も書いた通りですが、
姫君ランキング」も忘れてません。

「なぁ~パパは『スーパーマン』(←加奈子の「Mr.インクレディブル」の呼び方)の中で、誰が一番いい?」
「ん?そりゃぁヘレン=イラスティガールやわ」
「んじゃ2番目は?」
「銀色の髪のミラージュ」
「え~なんで?」
「だって、ナイスバディーやん。クールやし」
「でも一番はヘレンなんやろ?」
「ははは。ナイスすぎるバディーはオモロないねん」
「ふ~~ん」
「それに、ヘレンの方が喋っててオモロそうやん」
「で、3番目は」
「あとは全部一緒」
「え~なんでなんで?次あるやろ?」
・・・・・

延々とランキング調査が続きます。
しかも、けっこう執拗に、根拠まで追求されます。

なぜに、そんなにランキングにこだわるかね?
ちなみに、「裏ランキング」の1位は、エドナ・モ~~~ドです。

DSC00655.jpgヘレンがエドナの製作所を訪れた際、声紋分析機に向かう時のエドナの声真似や、ヘレンに「なんで赤ちゃんのスーツがいるのよ」と言われた時のエドナの顔真似が、加奈子の十八番です。

「え?そんな顔してるか?」
「してるで!ゆっくり見てみ」
「え~~?」と言いながら、コマ送りする。
「あ!ホンマや!その顔してる!」

いやはや、マニアックに画面見てますわ。
一瞬のカット割りだったのに。
シミュレーションができるってのは大事なコトですわ。

なのに…
なんでキミは音程メチャメチャなん?
(うすうす原因はわかってるんですが、ここでは書けませぬ(^^;)
12:35  |  家事・子育て  |  Comment(0)

「不確実性の時代」

2008.02.28 (Thu)

不確実性の時代』とは、経済学者J.K.ガルブレイスの名著ですが、改めて、「不確実性」について考えました。

先日の、強風による交通機関の乱れと、それに伴う講演への遅刻。実は、僕の中では、まだ引きずっています。後悔と釈然としない気持ちだ。「たら・れば」の話は、いくら言っても尽きないから、「今後の教訓として活かす」方向に頭の中を切り替えるしかないのですが…

一昔前なら、あるいは交通通信が発達していない時代や地域なら、時間の遅れは常態化したり、コスト損失もそれほど大きくなかったはず。しかし、現代において、時間の遅れがもたらす人的コスト、経済的コスト、環境的コスト、精神的コストは計り知れないモノになってきている。

秋田県大仙市での講演に4時間以上遅れたことは、主催者だけでなく会場管理者など、関わったスタッフ全員の労働時間を延長させ、個々の予定や家族との時間を奪うし、従業者の残業代や会場の光熱費にも関わるし、光熱費が絡むというコトはそれだけ資源も無駄遣いしているわけだし、なんといっても、「まだかまだか…」と待ち続けるストレスも発生させている。僕も、「まだ運転再開しないのか?まだ着かないのか?」と不安になった。精一杯講演もさせてもらったけど、数日たった今「もしも定時に始められていたら、もっといい講演ができたかも」と思うと、それもストレス。

そもそも、「定刻に電車が到着する」というコトは、「確実」なようで実は「不確実」なコトなのかもしれない。そうならそうと、対策を打たねばならない。「必ず2時間前に到着するようにしている」という講師もいる。遠方なら前日に現地入りする、あるいは2日前に現地入りすることも考えないといけなくなる。

「確実性」が増え安定(=安心)することが、逆に「不確実性」へのリスクを増大させる。
不確実性に対する対策を考えると、コストは莫大に増大する。
「確実性への安心」は、不確実に対するコスト増大とともに、不寛容を誘発する。
「なぜ、○○をしなかった?」「どうして、☆☆という選択肢を考えなかったか?」となる。
確実性が増えたように感じるのは、錯覚なのかもしれない。

僕の中で、「道路は不確実性だらけ」という結論がある。
どんなに自分が気を付けて運転していても、ぶつけられる事がある。
前方2㎞先の自動車が事故をする場合もある。
逆走してくる車も増加してきている。
だから、移動手段として不確実性の高い自動車はできるだけ使わない。
少なくとも、自分では運転しない。
僕には、自分が運転する事で誘発されるであろう、周囲のコスト増大に対して責任がとれないからだ。

しかし、鉄道も昨年から、数回、不確実性と対峙させられている。明石市への講演に向かっている電車が、人身事故で開演時間ギリギリに到着する事態があった。社会の不安定化に伴って、確実性はどんどん減ってきている。今回のような災害も起こりうる。いくつもの回避経路を確保しておかないと、確実性は維持できない。確実性が増えれば増えるほど、不確実性のコストが増えリスクも増大する。行き過ぎる「便利」の追求によって、社会はその半面のコストとリスクを背負い、弱体化しているのではないか?とも思える。この半面、経済規模はその分大きくなる。これを「成長」というのなら、こんな「成長」は必要ない。

僕の直感だけど、確実性と不確実性のバランスを確保することと、ワーク&ライフバランスの確保は連動する気がする。
10:39  |  仕事ネタなど  |  Comment(4)

「Mr.インクレディブル」赤まる急上昇中

2008.02.27 (Wed)

「Mr.インクレディブル」の加奈子評が赤丸急上昇中です。

最初は、スリルあるシーンにドキドキしすぎた加奈子も、れいによって何度も何度もみているうちに、見慣れてきて、そのうち、いろいろセリフを覚え真似し始めました。

今のところ、「エドナ・モード」が真似しやすくハマっております。このところ、毎日、全編もしくは部分的に再生しております。

今や「レミーのおいしいレストラン」は存在を忘れられてるんじゃないかと思います。
23:12  |  家事・子育て  |  Comment(0)

タップリ睡眠

2008.02.27 (Wed)

今朝は、8時間睡眠の後で、目ざめスッキリ。
昨日は、まだ疲れてたみたいで、
秋田観光レポートをブログに載せようと思って書いたのに、
手違いですべて消えてしまいました。ガックシ。
普段なら、そんな間違いしないんですけど。

さて、次の講演地は埼玉県戸田市。
レジュメは午前中に発送予定。
事前の挨拶訪問もできてるし、
気持ちにも余裕あります。

とにかく無事に新幹線と京浜東北線と埼京線が動いてくれることを祈ってます。

11:15  |  日々の出来事  |  Comment(0)

鉄道ネタでもう一発!

2008.02.26 (Tue)

Img_0416s.jpg今回のツアーでは、貴重な体験をいろいろしたわけですが、「車内で停電」というのも、過去に例をみないくらいの長時間体験しました。

「プチ停電」は、北陸本線で敦賀から金沢に向かうと、途中で直流から交流に切り替わる部分があり、そこで数秒間の停電がおこり、よく経験しています。ところが、十分単位で電車の電力供給が止まるというのは、初めての経験でした。

倒木の処理のために、区間内の送電を止めたためでした。ところが、予想以上に撤去が困難だったようで、予定時間を過ぎても停電したままでした。

車内は画像のような非常灯が点くだけです。昼間だったから、天然の光が入ってきますが、夜だったら、ほぼ真っ暗でしょう。

空調が止まります。もともと密閉度の高い寒冷地用の車両です。すると、ものすごく静かです。咳どころか、本を読んでいる人のページをめくる音もハッキリ聞き取れます。時折、暴風が吹き抜ける音がゴォォォォ~~と聞こえます。ですが、他は静寂の世界です。スタジオの無音室とは違った緊張感のある静けさがあります。

そして、自動ドアが使えなくなります。手動モードに切り替わってますが、誰も席を立たなくなりました。とっさに「トイレの水は流れるんだろうか?」と思いました。

とにかく、停車している車内でも、いろんなコトが起こっていました。
22:30  |  旅行  |  Comment(0)

いろいろ乗りました

2008.02.26 (Tue)

2月22日から25日は、本当にいろいろ乗り物に乗りました。
乗り物好き大爆発!でした。

IMG_0361s.jpg Img_0395s.jpg
八王子→山梨市はE257系「かいじ」。翌日の山梨市→新宿はE257系「あずさ」でした。初めて乗りました。意外と座席もよくできてました。正直、JR東日本の車両シートって、JR西日本の車両シートに比べて、あんまり印象良くなかったのですが、印象が変わりました。JR東日本の車両紹介サイトによると、空調に特徴があるらしい。確かに、快適な空調でした。

Img_0394s.jpg快適な「あずさ」の旅は、中央本線の新宿が近付くにつれ、雲行きが怪しくなってきました。左のE233系中央線快速(画像はこちらに鮮明なのが多数)が車窓に見えるようになると、「あずさ」も徐々にスピードが落ちてきました。

中央線快速には、ズッと201系という、「通勤電車」の代名詞のような車両が長年走っていて、他の路線がどんどんスマートな車両に入れ替わっていくのに、いつまでも「昭和」「国鉄」的な車両が走っていましたが、変わる時はガラッと一斉に変わってしまい、今や201系の面影もないです。

Img_0362s.jpg「昭和」「国鉄」的な車両と言えば、中央線も八王子を過ぎた頃から、懐かしい「スカ色」の115系電車が現役で走っているのをみることができました。横須賀線を走っていた頃に比べると、ずいぶん短くなってましたけど、それでもなんとなく近郊車両の代名詞のような印象です。

JR西日本には、この115系のお下がりが大量に走っていて、いまだに「湘南カラー」も健在です。

IMG_0462s.jpg Img_0402s.jpg
今回のツアーで、一番長い時間乗り続けた車両、23日24日合計約12時間近く乗車したE3系「こまち」です。左の画像は、宿泊した「グリーンホテル大曲」の部屋から撮った「こまち」です。家々の軒先を新幹線が走ってるんです。JR東海・山陽新幹線しかしらない僕には、とっても新鮮な風景でした。大曲駅を出て、これから角館駅に向けて田沢湖線を走るところです。

「こまち」のシートはとっても快適でした。E257系「かいじ」「あずさ」のシートもよかったのですが、さらにグレードアップ。「こまち」には、元自由席だった車両と、元指定席だった車両があり、シートピッチが違います。僕は、23日も交換発行された24日も、元指定席座席でユッタリした。

右上の画像は、24日の僕の座席から撮ったものです。僕の乗った12号車には、全部で6人くらいしか乗っていませんでした。だからこそ、通常の乗車時間3時間+緊急停車時間6時間半もの間、落ち着いて座ってられたんだと思います。23日は、満席でした。しかも夜便なので、酒臭い乗客もいて、とてもシンドイ状態でした。2時間、大宮駅に停車していただけで、ドッと疲れました。あのまま、仮に大曲まで到着できても、心身共にフラフラだったと思います。



さて、秋田からの帰路。帰りはJALでした。機体はMD-90この記事の通り「クラスJ」にアップグレードしたので、ものすごく快適でした。MD-90に「クラスJ」があるなんて知らなかったので、秋田空港でアナウンスがあった時は、真っ先にアップグレードしました。「82K」席は、結果的に大満足のアップグレードになりました。

当初予定していた、秋田→大阪伊丹空港行きのフライトは、使用機材がMD-81なので、「クラスJ」はないんです。関空行きに変更になったのは、不幸中の幸いでした。24日の講演のご褒美みたいでラッキーでした。足の短い僕には、「クラスJ」シートのレッグレストはとても快適。2回目の利用でしたが、やっぱりプラス1000円はお買い得だと思います。

飛行機は、秋田空港を飛び立つと、新潟空港→長野市→小牧空港→津市→高野山→紀ノ川沿い→鳴門海峡を迂回して、南から関西国際空港に着陸しました。

この新潟空港から小牧空港にかけての空路は、山岳マニアにはタマラン!風景だったと思います。山というモノに、あんまり興味のない僕でも、機内誌の巻末にある簡単な空路地図と、窓から見える風景を照らし合わせながら、「アレが立山で、こっちが槍ヶ岳。これは乗鞍岳!」と興奮しっぱなしでした。富士山とは逆方向でしたが、富士山は時間的に完全な逆光だったはず。北アルプスの山々を堪能。「山好き」ではないけど、「地図好き」なので、楽しんでた感じです。

僕にとって、ウレシかった風景は、小牧から伊勢湾西岸沿いに飛んだので、鈴鹿サーキットが目の前でキレイにみえたこと。「そろそろか?」と探すと、特徴のあるS時カーブが見え、ヘアピン、スプーン、130R、ホームストレート…最近、鈴鹿サーキットには行ってませんが、はるか上空からだけど久しぶりの訪問。

人生初体験は、関空第2滑走路。「そろそろ着陸のはずが…こんな陸から離れた場所を飛んでて大丈夫?」と思ったら、そのまま着陸高度に落ちていく。「もしや」と思ったら、本当にな~んにもない第2滑走路に着陸。そこから延々ターミナルに向かって自走。延々といっても、上海空港やデトロイト空港のような、ホンマの延々な距離に比べると短いもんでした。貨物ターミナルを右手にみながら、ターミナルに到着。

ところが、関空に降りて、な~んか勝手が違う事に気付きました。そうなんです。関空の国内線デッキも初めてだったんです。国際線でしか使った事がなかったので、そりゃ勝手が違うわけです。とっても楽しいフライトでした。前方席だったので、乗務員連絡も丸聞こえ。150人定員の飛行機に、41人しか乗ってないのもわかりました。空いてて静かでした。

今回のツアー。いろいろアクシデントはありましたが、どれも座席シートが良くて、それに救われた感じがします。
13:00  |  旅行  |  Comment(2)

久しぶりにお迎え

2008.02.26 (Tue)

今日、久しぶりに保育園のお迎えにいき、加奈子と会った。
朝、和子さんに「今日はパパが迎えに来てくれるん?」と尋ねていたそうな。
やっぱり、ズッといないと寂しくなるらしい。

帰ってくるなり、加奈子は、「しまじろう」のワークブックの「よぉわからんねん」という部分を質問してきた。図形問題以前に、文章題の文章自体がちょっと理解できてないようだった。何度か説明しても「ん?」という感じだったので、実際に物を使って説明してみると、案外、スッと理解していた。

この図形の話を、帰ってきた和子さんにすると、「私にはそんなん聞かへんかったで。加奈子も相手みて聞いてるんやわ」と。まぁ、ガミガミ叱ってばかりの僕だけど、なんか加奈子の役にはたってるんやね。
00:36  |  家事・子育て  |  Comment(0)

心尽くし

2008.02.25 (Mon)

DSC00652.jpg DSC00653.jpg
今朝、昨日の大仙市の講演主催スタッフが、ホテルから秋田空港まで車で送ってくれはりました。その時、手渡された保温袋。中身は、市の男女共同参画室室長さんからの赤飯と漬け物でした。

泊まった「グリーンホテル大曲」のレストランが改装工事中で、25日の朝はサンドイッチとおにぎりが配られただけでした。24日は、朝、泊まった「スーパーホテルさいたま・大宮」では、「『こまち』に乗るだけだし」と軽くパンとスープとサラダしか食べてなかったし、お昼は小山駅の売店でおにぎり二つ買って食べただけ。夜、講演前にサンドイッチとおにぎりを頂き、それが24日から25日朝の全食事。

関空からの特急の中で、箱を開けると、湯気ホカホカ。
右の画像のような保温シートがケースの上下に貼られていて、それでホカホカだったんです。
こういう心遣いや心尽くし、ウレシいですね。
空きっ腹に染み渡る美味しさと量でした。ジーン。

漬け物がこれまた美味しい(≧▽≦)ノ。
漬け物好きの和子さんのために、半分残して持って帰りました。
赤飯の残りは晩ご飯に、家族3人で美味しくいただきました。
23:38  |  旅行  |  Comment(0)

講演録を追加

2008.02.25 (Mon)

23日(土)に行った山梨市での講演記録を追加しました。
山梨市で講演しました!

「帰宅後に更新しよう」とおもってたら、その後トラブル続出で、あまりにも「普通」に盛り上がって終わった山梨市の講演は、随分、「昔」のコトになってしまいました。

ちょっと「あげ」記事を入れておきます。
16:54  |  このブログ  |  Comment(0)

気分を盛り上げる

2008.02.25 (Mon)

さすがに、倒木による不通が2時間続いた時には、「もしかして…中止?」と思ったりしたけど、「ココまで来たのに…次に秋田に来られるのはいつ?」と考えるともったいなくて…そんなところに、「18時半から、再スタート!」という連絡が。一度は諦めかけてたので、「マジですか!?」と喜びよりも驚き。

Img_0437s.jpgさて、一度切れかかったテンションを再び盛り返すために、まずは音楽音楽。BGMは
The Rippingtonsの"Snowbound"、
Journeyの"Higher Place"、
服部隆之の"Bon Courage!!(「王様のレストラン」のテーマ曲)"。

パソコンを立ち上げてスライドをもう一度確認。
車窓は盛岡駅手前のキレイな風景(画像:クリックで拡大)。
「よっしゃ~いくで!」というところに、田沢湖付近で反対列車が遅れで、またまた数分停車。だけど、もはや「数分」くらい「遅れ」でもなんでもありませぬ。感覚鈍ってます。

駅に降りると、本当に寒い。京都も寒いけど、京都の寒さはジンワリ冷える感じだけど、大曲の寒さは、風が針のように衣類を抜けて突き刺さってくる感じ。車内でボワワ~ンとなった身体にはシャッキーン☆という刺激でした。

大宮駅で「こまち3号」に乗り込んだのは8:02。予定では10:59に大曲駅に到着の予定が、実際は17:29頃。実に6時間半の遅れでした。小諸市からの帰りに2時間21分遅れたことがあったけど(この記事)、その記録を遥かに更新。大曲駅の払戻は、「今日は朝から払戻ばっかりでさ、もうお金がねぇんだわ」と秋田弁丸出しで言われると「しゃ~ないですなぁ~」になりかけ、「おっとっと。これって全国で払い戻しできます?」「JR東日本の窓口で頼みます」とのこと。来週は戸田市で講演だから、その時に払戻をうければイイやん!で万事OK!

全然OK!でないのは、和子さん。
講演が始まる前に、一度、連絡入れとこうと思って携帯に電話すると出ない。義母宅に電話すると、義姉宅だと。義姉の携帯に電話すると、
「あれ?帰ってきたん?ゴメンゴメンもうすぐで帰るし」
「あの…今から大仙市で講演なんですけど…メール何度も送ったのにみてないの?」
「いやぁ~それがバッテリーがきれたうえに、充電器が行方不明で…えええ?!今から講演?!?!」
「昨日から東北新幹線が運休しててたどり着けへんかってん」
「あらまぁ~そぉなん?」
「だからぁ、今日もう一泊して帰るからよろしくね!」

この時、月曜日の生協の配達のコトはスッカリ忘れていたのでした。
さっき、帰宅後、預かってくれてたお隣さんに取りに行きました。
15:32  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

クラスJ

2008.02.25 (Mon)

20080225101959
久しぶりにアップグレードしました。秋田から関空って意外と時間かかるみたいです。モトとれるかな?それとも…
10:20  |  旅行  |  Comment(0)

大曲の朝

2008.02.25 (Mon)

20080225073657
ものすごく天気イイです。風もなく穏やか。一日ズレてたら…どうしようもないことだけど、ちょっと悔しいです。
07:36  |  旅行  |  Comment(0)

大仙市講演、無事終了

2008.02.24 (Sun)

やったぁ~!!んもぉ講演させてもろただけで満足です。

思ったよりもたくさんの人が聞きに来てくれてはったし、質問も絶え間なく続いて、ホンマに聞きたい人に聞いてもらえたみたいで感激でした。

ホンマは14時頃の講演の予定だったんです。それがまず強風で新幹線が止まって、16時スタートに変更。倒木で再び不通になって、再度18時半からに延期。2回も講演時間に会場に着けず、延び延びの講演になったんです。だから聞きに来てくれた人達は、一度家に帰ってからもう一度出てきてくれはった人達です。本当に感謝感謝です。

気持ちよく楽しく講演させてもらいました。ありがとうございます。

--(以下、思い出す度、どんどん加筆中)--
倒木で再び不通という事態に陥った時は、さすがにちょっとテンション下がって諦めモードでした。でも、現地から「18時半に再スタートします」と連絡が入り、もう一度、スイッチ入れ直しました。

90分の講演セットを無理矢理70分程度に詰め込んだので、かなり急ぎ足&早口で、関西以外の人には聞き取りにくかったかも?と反省。思い切って、カットする方法もあったと思います。今後、急遽時間短縮という場面もあるだろうから、その時のためにも「カットするならここ」というのは用意しておいてもエエなぁと思いました。

質疑応答は、主催者さんの「あまり出ないかも…」という心配とは裏腹に、本当にドンドン出ました。「得意料理はなんですか?」という質問から始まったのですが、こういう質問ウレシいです。最初から重たい質問でも大丈夫ですが、他の人が「ウッ、私が聞きたいのは全然おちゃらけてた…ここは遠慮しとこ」となる場合もあるんです。最初は、軽い質問が進行上もうれしいです。

そんななか、「「M」字型人間関係について、もう少し聞きたい」という補足説明希望がありました。とっさになにを話そうかと思ったんですが、「「M」字型人間関係に考えが至った経緯」について話させてもらいました。「「不倫」とはなぜ「不倫」と呼ばれるのか?」や「異性間の友情は成立しうるか?」というところを、参加されている男性保育士さんも話題で使わせてもらいながら答えました。なかなか普段されない質問でしたが、僕の「M」字型人間関係の核心部分について補足させてもらえてありがたかったです。

昨日、来場して下さった中に、「通販生活」2002年秋号(148~149ページ)で取りあげられた国民投票「今、家族手当の是非を考える」で僕が総評をした記事(この記事)を覚えて下さっている人がいました。もう5年半も前の記事です。「その時の記事が印象に残ってて、今度、あの人がくるというので、楽しみにしてました」と仰ってくれました。山口百恵の「いい日旅立ち」ではありませんが、♪日本のどこかにぃ~わたしを待ってる人がいるぅ~♪な感じで感激しました。
21:42  |  講演記録  |  Comment(5)

またまた停車

2008.02.24 (Sun)

Img_0415s.jpg
今度は駅もなんもない所です。
車内放送によると、倒木で線路が塞がれてるそうな…
12:47  |  旅行  |  Comment(2)

トホホ…

2008.02.24 (Sun)

Img_0405s.jpg
「こまち」に乗ってはや4時間。やっと運転再開です!!
12:12  |  旅行  |  Comment(0)

関西人

2008.02.24 (Sun)

まだ小山駅なんです。
さっき改札の先の売店で、昼飯の調達をして帰ってくると、ホームを歩いてる年輩のご夫婦。目があったんで「タイヘンですねぇ」と声かけると、「ホンマにもぉ~ナンギやわぁ」とコテコテの関西弁。
「ウチらこれから稚内行こ思てましたんやけどな」とそのおっちゃん。「そらまた、えっらい遠い稚内になりましたねぇ」「それやがな…」としばし話が続く。
いやはやしかし、こんな時でも、「笑わなしゃ~ないやん」的に過ごせる人種は、やっぱり関西人やなぁと思います。
11:23  |  旅行  |  Comment(0)

午前中は運休(*_*)

2008.02.24 (Sun)

東北新幹線は午前中いっぱい運休だそうです(泣)
「ガチンコ」のノリで「どうなってしまうのかぁ!!!!」ですわ。とにかく一刻も早く風がおさまって欲しいと願ってます。
10:37  |  旅行  |  Comment(0)

まだ小山駅にいます(泣)

2008.02.24 (Sun)

Img_0406s.jpg
順調にいけば今頃は盛岡を通ってるはずですが、なんと!まだ小山駅にいます(泣)
昨日から止まったままの「こまち」に座り続けてます。
10:13  |  旅行  |  Comment(0)

小山駅で停車中

2008.02.24 (Sun)

とうとう止まってしまいました(泣)いつ復旧するのやら…2時間遅れ位なら講演には間に合うんですが…。
08:32  |  旅行  |  Comment(0)

さっそく

2008.02.24 (Sun)

大宮駅を出た途端、「強風のために徐行中」が表示されてます。
今の車内放送によると、宇都宮~那須塩原間は不通だそうです。
08:16  |  旅行  |  Comment(0)

定刻に出発!

2008.02.24 (Sun)

今日の「こまち」は定刻出発!このまま順調に頼みます。
08:07  |  旅行  |  Comment(0)

一夜明けて

2008.02.24 (Sun)

20080224062034
とりあえず天気はいいです。あとは風です。
今のところ静かですが…

いくら「晴れ男」やゆ~て、
大宮の空晴れさせてどないするネン!ですわ。
秋田のそれも大仙市の空がスカッと晴れてますように(^∧^)
06:20  |  旅行  |  Comment(0)

明日の秋田

2008.02.23 (Sat)

今晩から明日の午前中にかけて、
東北地方の日本海側は大雪だそうです。

新幹線、動いてくれるんでしょうか?
講演会はできるんやろか?という心配もよぎります。
でも、「こんな天気だから無いだろう」なんていうのは禁物。
講演が予定通り行われるか、中止になるかは、
現場に行って、始める直前ギリギリになってはじめてわかること。
「絶対にやる」予定で行かないと、気持ちが切れてしまいます。

僕は、一度切れてもすぐに戻せるのですが、
これは、テレビ取材で鍛えられたおかげです。
でも、できれば、切らさずに行きたいです。
なんとか無事に現地まで、定刻までにたどり着けますように。
明日は、8時2分大宮発の「こまち3号」になりました。
約3時間の旅です。

帰りの飛行機が飛ぶかどうか?という問題は、
大仙市に着いてからでエエんですね。
22:05  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

大宮で一泊

2008.02.23 (Sat)

結局、「こまち」は動く気配なく、動き始めても徐行&徐行だろうとみて、今夜はさいたま市大宮に泊まりました。さいたま市といえば、先日、講演で来たばかり

もともと、今日は山梨市から新宿まで「あずさ」に乗り、そこから大宮まで湘南新宿ラインで移動して、大宮から大曲まで「こまち」の予定でした。それが湘南新宿ラインが不通で、埼京線を利用。来週、講演予定の戸田市を通過することに。赤羽~戸田公園間は、また来週通るわけです。

さてさて、さいたま市と言えば熱血主夫さん。大宮泊が決まるや、即電話。タイミングも良く、晩ご飯を熱血主夫さん一家とご一緒することに。三人娘とも久しぶりのご対面。いやぁ~三人もいると賑やかですねぇ。最初、一瞬、「このオッサン誰?」ってな感じでしたが、すぐに勘を取り戻したのか、「ねぇねぇ」「ねぇねぇ」「ねぇねぇ」の連呼。

もうすぐ3歳~10歳の子どもが一緒にいるってスゴイです。いやぁ~こりゃ子育てもタイヘンですよ。ウチなんて加奈子一人で楽してます。まぁ、これはこれでシンドイんですけどね。簡単に比べられるモンじゃないことは承知のうえだけど、でも3人ってのはスゴイ!尊敬しますわ。

というわけで、想定外の賑やかな晩ご飯でした。やっぱり一人の晩ご飯よりも断然楽しい!2時間近く新幹線に缶詰だった後なので、いいリフレッシュになりました。やっぱり僕は、喋って治すタイプですね。一人でジーッとしててもリフレッシュできないタイプですわ。

明日は、朝早くに大宮を出ます。明日こそ、嵐が通り過ぎて、パッキーンと晴れ間が欲しいです。
21:36  |  旅行  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT