FC2ブログ

お久しぶり

2007.08.31 (Fri)

またまたホテルを移動しました。
今度のホテルは、アニルさんがゲスト用に用意したホテルで、昨日まで泊まっていたホテルとは格が違います(もちろん☆の数も)。当然のように、無線LANがあります。北米でもお世話になったT-mobileです。

とはいっても、小娘を引き連れた旅行では、更新する余裕もなかなかありませぬ。
19:45  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

更新はココまで?

2007.08.28 (Tue)

今晩から、無線LAN快適なアニルさん宅を離れ、ホテル暮らしになります(すでにアニルさんのカード予約になってました)。伝統的なイギリスのB&B(一階がPUB&レストラン)に泊まるので、あんまりネット環境には期待できません。近所のカフェかどこかにLANエリアがあればラッキーですが…。

宿泊先は、Berkhamstedの「The Kings Arms Hotel」のジュニアスウィートです。「3人で泊まるにはちょうどやろ」との取り計らいです。
23:11  |  このブログ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ビッグベンとメキシカンファミリー

2007.08.28 (Tue)

戦争博物館を出て、そのまんま帰るのはもったいなかったので、そのへんをウロウロ散歩。いかにもロンドン!という風景といえばやっぱりココでしょう!たまたまカモメ君が飛んできて目の前にチョコッと止まってくれました。すかさずシャッター☆カモメの足下に貨物船の荷物が写ってしまってとっても残念。

僕は、いろんな場所へ旅行しましたが、「あ、イイ町」と思う共通項は「水鳥」です。とくに海の鳥。彼らがいると、なんとなく落ち着いた気持ちになります。それが観光地であっても、田舎町であっても、水辺が近いというのは、エエもんです。

歩いていると家族で代わる代わる写真を撮ってる場面に遭遇。「撮りましょか?」というと、「え?イイの?んじゃお願い」というお子様連れのお姉さん。みれば、逆光なのに「普通」で撮ってて、出来上がりが真っ黒け。Lumixだったので扱いは知れたモノ。強制発光モードにすると背景も顔もバッチリ。「僕は日本人やし、これも日本製やし」「まさしく」と。

「どこから来たの?」と聞くと、「メヒコ」。アミーゴ!ム?チャス グラシアスですな。楽しそうな親子連れで「一緒に撮ろうよ!」と撮りあいして遊びました。
20:18  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Royal War Museum

2007.08.28 (Tue)



王立戦争博物館に出掛けてきました。「ササッと眺める」はずが、長々と滞在してしまいました。いやはや、ホンマに人間というモノは、アホなモノを作って、アホに使って、アホばっかりしてますなぁ。

さすがに、写真の兵器のプラモデルを作っていた子どもの頃とは違って、この中に入っていた人やその家族のこと、弾丸が向かった先のことなんかを考えるようになってる自分がいて、チョビッと大人になったなぁ?と思いました。

その一方で、「やっぱりドイツの戦車は美しいナァ」という脳天気な自分もいました。もっとも、その脳天気な頭は、館内に設置されている「Holocaust Exhibition」を見た後は、グッテリでした。

これまで実感してなかったこと。戦闘機は、戦車に比べると、「小型」といわれるモノでも、かなりデカイということ。戦闘機の外板は、ほとんどペラペラ。ゼロ戦に至っては、外板をたたくとペコペコ鳴ってました。88ミリ砲は、プラモもそうだけど、実物も思った以上に小振り。スピットファイヤの前輪は左右が恐ろしく近く、着陸は綱渡りしてるみたいだったに違いない。「HuntingPanther(タミヤ名「ロンメル」)」は、意外と中が広かった。一方、T-34はものすごく狭かった。そして、「やっぱり」アメリカ&イギリスの戦車は積み木を重ねたみたいでとにかく格好悪い。

そして、戦争は人間の尊厳というモノに対して、まったくエエことがないってコトを実感しました。
19:57  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ロンドンのunderground

2007.08.28 (Tue)


地下鉄もあれこれ乗ってます。路線配置は、大阪ほどシンプルではないけど、東京ほどゴチャゴチャしてない感じ。マップも割と「その通り」ですが、たまに、「この乗り継ぎって…駅名は一緒やけど、隣の駅クラスの離れ具合やんか」というのもあります。

外の風景が見えないのはツマランですが、人の観察するには楽しい乗り物です。1DAYチケットを買ってるので、まだまだ地元的な乗り方ではないけど、まぁ楽しんでます。
19:38  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

バーミンガム方面の列車

2007.08.28 (Tue)


アニルさん宅から最寄りの駅までは15分ほど車で移動して、そこからロンドン市内へはSilverlinkという鉄道を使ってます。

昨日は、「いつもオッサンが一緒だとやりにくいやろから」とアニルさんが言うので、一人でロンドン市内に出掛けました。なんども行ったり来たりしてるので、切符を買ったり自動改札を通ったりも慣れました。

これっていうのも、日本の鉄道が、その導入からシステム維持に関して、イギリスの鉄道を参考にしている部分が多いからかも。

Euston?Berkhamstedの移動は、だいたい30?40分というちょうどイイ時間。都会の風景も楽しめるし、田園風景も楽しめます。牛や馬がノ?ンビリ草を食べてる風景は、いわゆる癒される感じです。思わす頭の中を「世界の車窓から」のテーマ曲が流れます。
19:28  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

庭のテントの中

2007.08.28 (Tue)


イギリスの「自宅の庭で結婚式&パーティー」というのがどんな感じか、全くわからず、予備知識ゼロできたんだけど、まさかこんな感じだったとは…

巨大なテントが全部で4つ。大きいのが二つと小さめなの二つ。庭の広さは、サッカーグラウンドよりはやや小振りだけど、ホンマに「やや」程度。そこにドドドンとテントが。広いのは会場用。狭いのはケータリング用と、雑用用。それでも既製品でこんなテントが、家庭用にリースされてるんだからスゴイです。需要があるってコトやもんね。日本だと、学校とか公民館でしか借りないだろうけど。

リースには、ありとあらゆるモノが含まれていて、もちろん食事や飲み物から、テーブルや椅子、子ども用のベビーシッター、トイレまで含まれてるらしい。ホンマにスゴイです。

左の写真は、新婦が「ここが中心ってコトだからぁ?」と思案しているところです。右の写真は、左の写真の奥にあるテントです。このテントの外に、プールがあったり東屋があったりするのです。恐るべしイングランド庭園。
18:23  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

噂のイギリス料理

2007.08.27 (Mon)

一度食べたら、「もう勘弁」と病みつきになると噂の(爆)イギリス料理でございます。なぜか、僕にはあんまり違和感を感じなかったのはなぜ?こんな舌で家事してて大丈夫なんかな?

写真の料理は、アニルさん宅から歩いて数分のPUBのランチです。レンジでチン☆どころか、本格的なステーキです。これがまた、ものすごい大きさで…卓球のラケットくらいの大きさのラムでした。当然食べきれず…この皿は、顔二つ分くらいのサイズです。小さく見えてしまうところが恐ろしい。

こっちでは残すのは全然問題ないみたい。むしろ「美味しく食べる見極めは、自分でする」です。他人が盛りつけたんだから、相手は自分の腹具合なんて分からない。「残すくらい盛りつけられても困るんだよね」という感じです。とにかく「量が十分かどうかは、自分で考えろ」です。

日本では、「相手の好意を無駄にしてはならない」と盛りつけられたモノは全て食べるのが原則だけど、考えてみれば、みんなに同じ量をサーブしているんだから、多い人がいたり足りないと思う人がいて当然なんだけどね。
18:41  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

今日の「ウルルン」

2007.08.27 (Mon)

いやぁ、自分の家のお庭で結婚式するってタイヘンなのね。

おまけに地元の名士とあれば、これまた地元向けにPUBを借り切ってのパーティーもせんとアカンらしいんです。金持ちは金持ちでタイヘンなんやね。おいそれと「セレブ」なんて言葉を使ってしまうと、「ほぉ?、で、次の主催パーティーは?」と聞かれるのがこっちです。

今日は、机の配置でもめてました。あと、この枝を切るとかなんとか。なんでももめるネタはあるのですが、一つ一つですったもんだするのを端から眺めているのは、なんとも愉快です。「ほっほっほ、ここでもめるなんて、万国共通やね」という感じです。

頑張れ、花嫁&花婿!って感じです。

さっき花婿の妹で次女のプレアに会いました。これまたキュートな娘さんで素晴らしい!僕は、クールでキレイなお姉様もエエのですが、この明るいキュートなじゃじゃ馬ちゃんの方が親しみやすくてスキです…とかどっちでもエエことを思ってます。
05:02  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

PUBいろいろ

2007.08.26 (Sun)

昨晩は、BerkhamstedのPUBを3軒ほどハシゴしました。PUBは初日のあのPUB以来。ロンドンど真ん中のPUBじゃなくて、こういう郊外にある、普通にみんなが集まってるようなのPUBを経験できるのは、現地に知り合いがいないとなかなか難しいやろなぁ。日本でいうと、非チェーン系の居酒屋に外国人観光客が行くような感じかな?

3軒行ったPUBはホンマに三様。一件目は、伝統的な「これぞPUB」という感じのPUB。ライブもやってて盛り上がってました。が、やや年齢層が高い感じで、男色のつよいPUBでした。アニルさんいわく「労働者階級のPUB」だそうです。バーテンのオーストラリア人お姉さんは、いかにもオージーで明るく元気でイイ感じの人でした。僕の後ろにチョロッと写ってます。

そこで飲んだいかにもイングリッシュなビール。「Old Speckled Hen」は僕の好みの味でしたが、その横の「Greene King IPA」は、お手上げな味でした。「Jone Smith」はイケル!味でした。Guinnessなんかは、日本でも飲めるようになってきたので、敢えてトライしませんでした。もちろんデンマーク産の「Carlsberg」もオージー産の「Fosters」はありました。

二軒目は、ちょっとオシャレな感じの店で、アニルさんが紹介してくれたマネージャーはフランス人。奥のレストランももちろんフレンチ。若者の多い店でした。アニルさんに「お!あの娘はおまえに興味があるみたいやぞ」とけしかけられましたが、僕には、「その視線」を感じ取るセンサーが全く機能してないみたいで、「え???ホンマぁ?」と答えてました。せっかくなので、「どこでそんなん分かるン?」と聞くと、ずばり!「目線と笑顔」と。彼が言うには、「そうそう滅多なことで、こっちの女性が笑顔を男性に向けることはないネン。横の男と話していても、目線は他の男を見てるモンや。そうやって観察した後で、一瞬のサインを送る。それに気づかん奴は鈍い奴。男もよぉ?観察しとかなアカンて」とのことです。「あ、自分を見てる!」というアンテナは、鍛えな全然機能しませんです。トホホ。言われてその女性を見ると、感じ良さそうな人だったんだけど、一瞬のサインをキャッチできなかった僕は、すでにアウトォ!です。こういうのって、僕は日本人同士でも難しいんです。顔色見て話するってのがものすごく苦手。ましてや、外国人の顔色なんて…あ、ヴィーナ@アニルさん妻の顔色はわかりやすいです(苦笑)すぐに沸騰するんやから…もぉ。

その2軒目で飲んだ「Bombardier」(←)は、きっついビールでした。その、お近づきになる機会を逃したガックシもあって、Premium Bitterにふさわしい苦さたっぷりな味でした。

3軒目は、いわゆるクラブ。あんまり好みじゃない雰囲気でした。来てる人をみて楽しんでるだけの時間でした。

とまぁいう感じで、すっかり午前様になって帰ってきたら、新郎デイビッドが一人で晩酌。しばらくなんやらかんやら話しながら、夜の1時まで起きてました。とにかく天気が良いと元気ですわ。
22:36  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

We Will Rock You

2007.08.26 (Sun)

行ってきました!
We Will Rock You

ロック好きにはたまらん内容でした。台詞がほとんどわからんかったので、笑うところは半分以下しか笑えず、そこがチョビッと残念だったですが、まぁ、そんなことはどうでもエエくらい盛り上げてくれました。

スタンディングオベーションって、早く立つ方が気持ちいいような気がするんですけどチガウ?
「もうイッチョ、あの曲いっとく?」で「ボヘミアンラプソディー」が流れるんだけど、んもぉ??タマラン!と立ってしまいました。隣は、おばあちゃんだったんですけど、悠然と座ってました。エエんです。いろんな楽しみ方がある!それがわかってよかったです。

「そういやミュージカルだった」という感じで、僕は最後までロックコンサートのノリでした。「ミュージカル?けっ!」というロック人にはとっても馴染みやすい演目ですわ。ミュージカルって、ほんま何年ぶりでしょ?子どもの時に学校(幼稚園)から見に行って以来かも。
18:37  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「ウルルン滞在記」っぽくなってきたぞ

2007.08.26 (Sun)

ただいま、日曜日の朝。
朝もはよから、新郎デイビッドがアニルさん宅に来て、いろいろ結婚式の段取りやなんかを打ち合わせしてるんです。新婦のマヤはいないんだけど…。

ところがまぁ、段取りの打ち合わせってのは、ホンマに進んでないみたいで、「No!」「Why?」の連発が聞こえます(苦笑)。

まぁ、こいういうのって、なかなか決まらないよね。特に、妻になる人の両親と打ち合わせしている新郎デイビッドはタイヘンだと思うよ。

がんばりやぁ?ベルギー人新郎デイビッド@レゴ勤務!?(*^o^*) /
↑彼の英語はフランス語っぽい訛りで聞き取るのが、ホンマに難しいのよ(T_T)でも、多分、誰が見てもイイ奴。ちなみに、新婦マヤはコカコーラ勤務。誰が見ても美人。細っそい!ロンドンで出会った誰よりも細いかも。なんか、子どもの大好きなメーカー2社の結婚式みたいでとっても楽しみ。

昨日は、ネームカードを立てるスタンドをアニルさんと並んでセッセと作りました。なんかね、「世界ウルルン滞在記」みたいになってきたよ。ズーッと居候してるし。「日本の主夫が、イングランドの結婚式に出会ったぁ?」てな感じ。「娘が結婚するってどういう感じ?」と聞いてみたり(あはは)

そういや、アニルさん妻は「househusband?それってHousewifeの男版?!主夫かぁ?!そりゃイイわぁ?!ワッハッハッハ」と大ウケでした。彼女もワーキングウーマンだからね。

なんかね…ヴィーナ@アニルさん妻と、宗教や信仰の話で盛り上がりましたよ。「普段は、わたしも宗教なんてどうでもイイと思ってるのよ。ただ教養としてとってもおもしろいのよね。なんてゆ?かLove&Peaceを説明するには、一番手っ取り早い気がして…あ、あなたが特定の宗教を熱心に信仰してたらゴメンね」とゆってはりました。いやはや、合理主義は世界共通で、気が合います。
18:24  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

熟睡でした

2007.08.25 (Sat)

昨晩は、19?21時と23時?今朝の6時半まで、熟睡しました。
やっぱり疲れてたんやろなぁ。
今朝は、太陽がサンサン輝くイングリッシュモーニング!です。
ちょっと近所を散歩に出てみようかと思ってます。
なんせ緑豊かな土地です。
17:09  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

頭痛でダウンしました

2007.08.25 (Sat)

ロンドン二日目。
久しぶりに使ったコンタクトレンズが合わなかったのか、はたまた疲れが溜まってきていたのか、バッキンガム宮殿あたりで頭が痛くなってきました。

「こらアカン」とアニルさんに伝え、予定をキャンセルして帰宅することに。帰って、ソファで横になると、そのままストンと眠りに就き、2時間ほど熟睡。かなり回復しました。

晩ご飯は軽くパンとフルーツを、アニルさん家で。homusというイスラエルのバターのようなモノを塗って食べるとオイシイ。

あ、お昼は、アニルさん宅の近所のPUBでランチしました。いかにも!というTボーンステーキでした。肉ばっかりなのも身体に良くなかったんかな?
05:54  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ロンドン上陸後最初に行ったところは…

2007.08.24 (Fri)

これがまたアニルさんらしく。
日本語のサイトだから書けますが…


ストリップPUBです(爆)



東欧系のお姉様方がセクシーなダンスを披露するアレです。
全然エッチな感じはなく、「踊ってますぅ!裸だけどね」という感じでした。
ちょっと疲れた身体には刺激的でシャキッと目が覚めました。
「ついでがあったら覗いてみたかった」みたいです。

その後は、インド料理やで辛くないカレーを食べて、アニルさん宅でお泊まりしました。
20:01  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ロンドン到着!

2007.08.24 (Fri)

いやはや、ヘルシンキからロンドンまでの空路。北海上空で揺れる揺れる。どの便もかなり揺れたみたいで、トイレで吐いてる人も。そういうのを見ると気持ち悪くなるんだよなぁ。おおかた飲み過ぎてる人もいるんだろうけどね。

で、ヒースロー空港の入管からアニルさんに会うまでの2時間半が、僕にとってものすごく長い時間でした。

とにかくヒースローの入管は時間がかかる。上海空港並みと言っても過言じゃございません。加奈子がこの時間待てるかどうか?心配です。機内で見る用のDVDは、むしろここで見せた方が良いかもしれないです。軽く一本見る時間があります。審査自体は、案外簡単で、「何日滞在するの?」「これって友達の家?」「帰りはダイレクト?それとも経由?」程度でした。

さてさて、長々並んで審査が終わり、荷物を受け取って、さぁ?アニルさん!

え?!?!なに?このものすごい人は?

みなさん、到着する人を「今か今か」と待ってる人達でごった返してました。アニルさんの銀髪を目印に探してウロウロウロウロ。

「いない…」

ん?かくなるうえは、電話か!と公衆電話に行き、教えてもらっていた番号に電話してみたら…つながらない。おいおい、もしかして番号間違ってるんじゃ?ネット接続でメール送信も試みてみたんだけどダメ。

ヤバイよヤバイ。
そうこうしているうちに、インドから仕事でイギリスに来たという日本人のオッチャンに出会ったので、電話番号のコトを聞いてみたら、「あたまの44は国番号だから不要」「44の変わりに0を入れて押して」とやってみると…つながった。

でも、留守番電話。
なんじゃそりゃぁ???(T_T)(T_T)(T_T)

イギリスの公衆電話は、各機にそれぞれ電話番号が振られている。さっきアニルさんに掛けた公衆電話が鳴ってる。「おおお!」ととると、「おお!Rio?今どこ?」というアニルさんの声。助かった。聞けば、すぐそこの「Costa Cafe」にいるという話。

ええええ!?!?!

さっそく、そのcafeに行ってわかりました。彼は帽子をかぶっていたのでした。これでは銀髪を探しても見つかれヘンわけです。ははは(^^;

無事に、アニルさんと合流したら、さっき電話のかけ方を教えてくれたオッチャンが、今度は「ターミナル2に行くには、どう行けば?」と逆に質問。持ちつ持たれつでございました。とにかく、写真を撮る余裕もなく、あたふたとしたロンドン上陸でした。折しもパラパラと小雨。やたらと疲れたロンドン上陸でした。まるで「ディーデイ」にノルマンディー半島に上陸した連合軍?不安とプレッシャーの雨あられでした。いはやは、つくづく僕一人で良かったです。これで加奈子もいたらエライことになってました。この教訓を活かし、和子さんがロンドン上陸の際は、かなりスムーズなはずです。待ち合わせは「Costa Cafe」です。
19:38  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

食べた!飲んだ!

2007.08.23 (Thu)

食べたのはドネルケバブ。前回の新婚旅行で、和子さんに「もぉエエわ」と言われたケバブ。僕が食べたかったのはピタブレッドのケバブだったのが、今日わかりました。

飲んだのは、フィンランドビールの「KOFF」。飲んだのは町のど真ん中の「Raffaello」。ユッシやJPと飲みに来たり、新婚旅行中にアンネ@ユッシ妻との待ち合わせに使ったり。その店のカウンターでKOFF。ドザ振りでも乾燥してるから、すぐに喉が渇くんです。ちょうど夕刻18時だったので、入ってみました。時間が早かったのでがら空き。ゆっくり時間掛けて味わいました。

雨が降って風が吹いている間は、スェットが必要だったけど、晴れると半袖Tシャツで十分。まだまだ暖かいヘルシンキでした。明日の夜は、いよいよロンドンやなぁ。

食べる、飲むのあたりの時間帯は、デジカメのバッテリーが無くなってしまって、写真撮れませんでした。
02:05  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

フィンランド鉄道の新型車両

2007.08.23 (Thu)

ヘルシンキのトラムは、他の欧州都市に比べると、やや旧式な車両でした。高床で重たそうな車両でした。ところが、新しい連接車両が導入されていました。低床車両で3ユニット連接の21世紀型な車両でした。場所を決めて「ここや」と思うところで新型車を待っていたら、エエところで電話中のお兄さんが入ってきて…トホホでした。ホンマはもうチョット近づいたところでシャッター押したかったんですけど。「次」を待つほど根性の入った「鉄」じゃないので、来た列車に乗って動きました。

もう一つVR(元国鉄?)にも新しい車両が。これがまた…無理矢理低床部分を作ったような2両1ユニットの車両。丸いドア窓がオシャレ。VR伝統の赤と白の配色で、これが森と湖の背景に合ってイイ感じなんです。

同じ日の写真なんですけど、いかに天気がガラッと変わったかがわかるかと思います。
02:00  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ヘルシンキの保育園で話が聞けた

2007.08.23 (Thu)

ブラブラ歩いていたら、目の前を車が横切って入った先に子どもたちの声が。こりゃ保育園じゃありませんか!お母ちゃんが迎えに着たところだったのです。さっそく入らせてもらって軽く挨拶したら、保育士さんがいろいろ話してくれました。

1歳から6歳までいる(フィンランドの小学校は7歳から)。1?3歳クラスは12人。4,5,6歳はそれぞれ20人で4クラス構成。朝の7時から夕方の17時まで開いている。たいていの人は、そのなかの7?8時間預けている。なんか今、加奈子を預けている保育園と似たような感じでした。

資料でみて、ある程度は知ってたんだけど、実際に目で見て、保育士に話を聞いたことで、「ホンマにやってた」というのがわかりました。

3時頃という、けっこう早い時間だったけど、ボチボチとお迎えに来てました。その中にお父ちゃんの姿も。たまたまかもしれないけど、僕がいた時間に迎えに来たのは、お母ちゃんとおばあちゃんらしき人が4人。お父ちゃんは1人だけでした。
01:58  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「かもめ食堂」

2007.08.23 (Thu)

行った!入った!食べた!の「かもめ食堂」です。当たり前ですけど小林聡美さんはいませんでした。が、日本語のメニューがありました。それだけ「かもめ食堂参拝」の人が多いってコトですね。その中の一人が僕です。

で、その「かもめ食堂」ですが、なんと!なんと!僕が前々回にフィンランドに来たときに滞在した友人JPルーシュカネンの家の一区画違いの道路反対側でした。「かもめ食堂」の住所「Purismehenkatu」をメモした時に、「な?んか見覚えがあるぞ」と思ってたし、そもそも映画を見ながら「なんでこんなに馴染みの場所が?」と思ってたんですが、そりゃもう馴染みの風景なワケです。
ところが、そこまで道のりがタイヘンでした。朝から、雨模様。僕がホテルを出た時はマシでしたが、トラムを乗り換えたあたりから雲行きが怪しくなり、元JPのマンションの軒先まで着た時は、ドザ振りだし雷もドンガラガッシャン。「バケツをひっくり返したような」という雨でした。

これまた見覚えのある薬屋さんに入って雨宿りさせてもらってたら、「良いのがあるわよ」と言われて、透明レインコートを買わされました。3ユーロでした。なんやかんやで、すぐそこにあるはずの「かもめ食堂」になかなかたどり着けなかったわけです。

「軽くコーヒーでも」と思って入ったんで、1.7ユーロのコーヒーをゆーっくり飲んでいたら、いつの間にか長居していてランチタイムに。「ついでに食べたれ」と思って8.2ユーロのランチを。サラダとスープは取り放題のランチだったのですが、メインの量を考えずに取って食べたるウチに、メインの魚がドドッと。特盛状態でした。「こ、こんなに食べられヘンゾ」と思ってたけど、意外と食べられました。シェフらしき人が隣のテーブルを片付けに着た時に「大きい皿ですねぇ」と言ったら「全部食べるには2時間くらいかかるよ。ほら、ここに座ってた人(フィンランド人のオッチャン)も残してるやろ」と言ってました。「残してもエエネンで」と。

日本人客がけっこう多くて、斜め向こうに座っていた母娘二人組に声かけて、写真撮ってもらいました。おかげで、一人旅行だとめったに撮れない自分の写真が手に入りました。くだらんコダワリなんですが、カメラを自分に向けて撮る「自分撮り」は、僕の中では「負け」なんです。よっぽど人がいないのならシャーナイですが、人がいるなら人に声かけて撮ってもらえばエエのです。コミュニケーションもできて写真も撮ってもらえるワケですから。

イイ感じの「食堂」でしたよ。なんてったって、地元の人達が入れ替わり食べに来てましたし。これってオイシイ食堂のバロメーターですよね。
01:55  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

少しずつ勘を戻してます

2007.08.22 (Wed)

前回、フィンランド(欧州)に来たのって新婚旅行で来た9年前。ものすごい建設ラッシュは当時からだけど、今や駅西側もスッカリ様変わり。

それはそうと、例えばエレベーターに乗るときに、先客がいたり入ってきた人がいたら一声掛け合うとか、そういう習慣の勘を戻すのに時間がかかってます。日本だと、あんまり挨拶なんかしないし、ぶつかっても何にも声かけないけど、こっちではチャンと声かけないとね。トラムを降りるときのドアボタンも、ボーッとしてたらいつまで経っても開きませんし。

こういうギャップを楽しめるのがノンビリ旅行のエエところですけどね。

現在22日の09:10です。さっきまで、嵐のような空模様でした。いかにもフィンランド!という天気です。昨日は、ものすごくイイ天気で暑いくらいでした。みんな半袖Tシャツでした。ですが、今日は外を歩く人が長袖です。ジャケット着てる人もたくさんいます。

とりあえずダウンタウンまで出て、ブラブラしてきます。子育てグッズを物色してみたい。
15:12  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

長い長い一日

2007.08.22 (Wed)

今、フィンランド時間で夜の21時です。まだ空はボンヤリ薄明かりです。

西回りは時差ボケにはならない変わりに、朝出発すると、ものすごく長い昼間がやってくるので、疲れます。徹夜した感じです。

3日間乗り放題チケットを手に入れるまでと、トラムに慣れるまでにたくさん歩きました。足がパンパンです。このパターンは…

最悪の事態が起こらないように祈りながら、今日はゆっくり寝ます。
京都で和子さんと加奈子は、無事なんでしょうか?(笑)
02:59  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ヘルシンキと言えば

2007.08.22 (Wed)

この風景でしょう!

おのぼりさんコースも懐かしさを味わいながら回ってます。明日は、「かもめ食堂」をいってみたいと思います。
02:54  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

旅は道連れ

2007.08.22 (Wed)

機内でやたら楽しそうな女性グループがいました。荷物の受け取りで一緒になりました。皆さんヘルシンキの駅近くに行くというので、僕もタクシーに乗せてもらいました。いやもぉ喋る喋る。楽しい時間でした。

で、「晩ご飯も一緒に」という話になったので、「17:30にヘルシンキ駅横のホリデーインのロビーで待ち合わせ」というコトにしました。ところが、その時間にそこへ行っても誰もいない。フロントの人に聞くと、「ん?5人も日本人がグループになってチェックインすれば目立つわよねぇ。でも、そんなPartyはいなかったわよ」と。

いったい何処へ?この広くもないヘルシンキの町をウロウロしてみたものの、手がかりはつかめず。残念。というわけで、一人でサンドイッチ買って食べました。せっかくやったのに…ちょっと残念。名刺いただいたので、帰国したら連絡とってみます。
02:46  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

スチール製のナイフ類

2007.08.22 (Wed)

9.11以降、機内食に使うナイフ類は、一気にプラスチック化が進んだみたい。ところが、今日乗ったフィンエアーのナイフ類は、スチール製でした。ステンレス?珍しいので記念写真撮って、客室乗務員に話を聞いたら「おみやげに」と未開封のモノをくれました。またワンセット増えました。でも、同じフィンエアーでも、以前のモノとはチョットデザインが違います。
02:40  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

関空北の端

2007.08.21 (Tue)


フィンエアーは8番ゲートで一番端っこでした。機体が見られへん(泣)今や貴重なMD-11なのに。
機内持ち込みの荷物は一個厳守!ですね。
09:59  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

機内の使用制限

2007.08.21 (Tue)

先日、加奈子が北海道へ行った時のコト。安定飛行に入って和子さんがPCのスイッチを入れようとしたら「今、使っていいの?怒られへん?」と、何度も聞き直してたんだそうな。なんかで「使っちゃダメ」というのを見たんやろなぁ。ハッピーセットのおまけゲームのスイッチすら「今はいい」と言ってたらしい。

08:33  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

とりあえず

2007.08.21 (Tue)


足の痛みはとれました。体のことは、細かく言えばキリないですけど、なんとか元気で関空に向かってます。
只今、ラピート乗車中。
08:27  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

やっと就寝

2007.08.20 (Mon)

バタバタして準備してました。一日中駆け回ってました。明日は機内でボーッとなってると思います。疲れが溜まりまくってます。

少し心配な症状が…左足外側に帯状の痛みがあるんです。何かにぶつけたのならエエのですが、アレの反応だとしたら…

23:43  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ご縁がないといえば…

2007.08.20 (Mon)


この近鉄特急の二階建て車両もまだ巡りあってません。これだけたくさん乗ってるにも関わらずです。
13:36  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT