FC2ブログ

早めのお迎え

2006.10.31 (Tue)

朝、加奈子に「明るいうう(時間帯)に帰りたい」とリクエストがありました。

そういや最近、ホントに日が短くなってきて、お迎えに行く時間は夕焼けも終わった、夜風景。今日は、福知山へ講義に出掛ける日だし、和子さんが晩ご飯無しなので、「伊勢丹で晩ご飯を調達」と予定していました。

というわけだったので、「あんまり期待せんといてな」と返事しておきました。

それが、夕焼け中に家に帰れてしまいました。せっかくなので、早めに保育園のお迎えに行きました。加奈子はえらく喜んで飛び出してきました。

久しぶりに17時なんて時間にお迎えに行ったら、普段会わないようなお母ちゃん達と大量にご対面。「あれ?今日は遅いの?」「いえ、メチャメチャ早いんです」や、「えらい早いヤン!仕事休み?」「今日は、仕事があったから早い…あれ?」など…ヘンな会話が。

早く帰って、いつもよりもかなり早い時間の晩ご飯を食べました。なんか、夜を有効に使えた一日でした。
23:59  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

決め手の一言

2006.10.31 (Tue)

障害は不便ですが、
不幸ではありません。
(ヘレン・ケラー)
--
今日は、京都創成大学の講義で「障害者福祉」を話しました。僕は、障害者福祉論の講義は、わりと講義しやすい部類になります。あまり多様なケースと接しているわけではないからかもしれませんが……そういえば、佛教大学の通信課程にいた時に、大学院の受験を薦められたのも、障害者福祉論のレポートがキッカケでした。

いろいろ、障害の内容や概念や最近の法制度などを話しながら、上のヘレン・ケラーの言葉は、障害者を取り巻く社会福祉を考えるうえで、本当に重要だなぁと改めて感じました。

人それぞれに、不便な要素はもっています。ただ、その不便があることでその人を不幸にさせるか、不便であっても「たいしたコトない」とさせるかは、その人が属する環境によって決まるのだと思います。

身体の状態は同じであっても、車椅子が気軽に手に入り使いこなせる環境の人がいたり、車椅子を例え手に入れることができても段差だらけ人混みだらけの環境の人がいたり、車椅子なんてまったく存在しないけど地域のみんながオンブしたり台車に乗せて押してくれたりして、社会生活を営める環境の人がいたり…本当にいろいろだと思います。

同じ身体や精神の状態でも、場所や時代によって、不便の具合は全然かわりますし、周囲のあり方によっては、それが不幸とも関係してしまいます。障害は環境や社会によって位置づけられる概念だと思います。
19:02  |  仕事ネタなど  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ここ数日、英語パニック

2006.10.30 (Mon)

上海行きが近づき、アニルさんからは、「どないするんや?」「上海でなにがしたいんや?」と問い合わせのメールが頻繁に来てます。おまけに、現地で受け入れをしてくれるアリスさんからも、問い合わせが来ています。

簡単な英語の簡単な内容にもかかわらず、返信が全然スムーズにいきません。もともとスムーズではないのですが、ここ数日、さらにカッチンコッチンで、言ってみればドロドロ血液のような英語作文回路です。

このまま上海に着いてしもたら、アリスさんにえらい迷惑かけるやろなぁ。と思いながらも、「空港からリニアモーターカー乗りたいんですけど、可能?」と聞いたりして、さらにややこしいことにしてしもてます。
23:39  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

再び貯水力オーバー?

2006.10.30 (Mon)

ここ数日、連続してオネショの加奈子。どうやら、再び、膀胱の貯水力が排水処理能力に追い付かなくなったみたいです。これはもぉ、仕方ないことで諦めてます。またしばらく続くかもしれません。

漏れた時は和子さんに訴えるので、夜中にもかかわらず、和子さんは起きて、シーツの入れ替えや着替えをさせてくれてます。僕はたいてい作業の途中に「あれ?漏らした?」と気付くんだけど、すぐに意識不明に戻ってしまいます。

とはいっても、夜中に目を覚ます影響が皆無なわけじゃなく、洗濯物はやたらと多いし、昼間はなんとなくボーッとしてしまうし、「これ、どうしようか?」の判断を誤ることも多々。

それでも…フト思うんです。夜泣きしてた頃に比べたら、はるかにマシ。
16:40  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

リニアモーターカー

2006.10.30 (Mon)

以前、丸歩氏から、「豊田市の仕事では、是非リニモにご乗車を!」とお勧めいただいた。国内実用リニアモーターカー路線を、廃線になる前に乗るという魅力あるお誘いだけど、そうでなくても遠い豊田市なので、これ以上往復に時間をかけるのも…と思っていた。

昨日、やっとこさ、『地球の歩き方 上海 杭州・蘇州』を買ったところ、上海の浦東国際空港から時速400キロオーバーのリニアモーターカーが運行されていると載っていた。「リニモ」も時速100km/h出そうだけど、こりゃ日中両方のリニアモーターカー乗車を試みてみるのも悪くないと野心が芽生えてきた。

といっても、実際、上海に着いたところから、アニルさんの会社のaliceさんという方がアテンドしてくださるそうで、「リニアに乗りたい」と言うと困るらはるかもしれないので、それとなくリクエストしてみようかと思ってます。

どこへ行っても物好きというかマニアはいるモンですね。リニアモーターカーの動画がありました。車輪とレールの接点が無いのでものすごく静かなんですね。ただし時速350km/hを越えると振動が目立つようです。
13:53  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

頭に浮かぶ曲

2006.10.30 (Mon)

昨日、夕刻の京都駅です。夕焼けと去りゆく列車の風景が好きです。

こういう風景を見ると、頭に浮かぶ曲があります。Journeyの「Faithfully」とBoz Scaggsの「You Can Have Me Anytime」です。根拠はなにもありません。でも、どこかで頭に浮かぶスイッチが入ったのでしょうね。「You Can Have Me Anytime」は中学3年生の時にはじめて聞いて以来、その曲が浮かんでます。
09:34  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

小倉千加子さん

2006.10.29 (Sun)

京都駅で、『結婚の条件』『幸福論』の小倉千加子さんを間近で見ました。意外と人の良さそうな感じでした。大きな人に見えました。中性的な印象でした。

そういえば、昨日は新大阪駅で、よみうりテレビの辛坊治郎キャスターと真っ正面でご対面しました。が、怖い顔してはりました。「寄るな、触るな、話しかけるな」というオーラが出ていて怖かったです。以前、京都タワー下で、NHKの松平定友キャスターと、これまた真っ正面で対面したときも、「寄るな、触るな…」的でした。ああいう仕事は、ああいう顔になるのかな?

それからいうと、小倉千加子さんは、ヒョウヒョウとした感じでいい味出てました。
23:34  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

全日本大学女子駅伝

2006.10.29 (Sun)

佛大が立命を抜いて現在一位!!

もう一つの母校はこういう大会ではまったくご縁がないですが、佛大はたまにこういうコトがありますね。

立命館の4区を走った矢口さん。昔、仲良かった人に似てた感じで、ドキドキしました。
13:26  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

一人ノンビリの日曜日

2006.10.29 (Sun)

和子さんは、朝から博多へ、就職面接に出掛けていきました。加奈子は、夕方から義母宅へ行く予定だったのが、晴天に気をよくしたのか、それとも父親が嫌われたのか?朝から「竹田に行く!」と一人でせっせこ用意を始め、「パパ!まだ行かへんの!」と催促。とくに断る理由もないので、「んじゃ、今から行くか?」でした。義父母は喜ぶし、加奈子も機嫌良く行ってくれたし。

というわけで、一人ポツネンと家に残り、上海行きの予習をしたり、洗濯物干したり…たいしたコトしてません。こんなモンです。時間があるとなんにもしない。

あ?明日、東京行きたいナァ。
元気もらいたいなぁ。
12:51  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

今日の講演は80点!

2006.10.28 (Sat)

今日の西脇市の講演は、とっても楽しかったです。話している間、いろんなアイデアが湧いてきました。もちろん、毎度のことながら、言い忘れたネタはたくさんあります。でも、新しい内容が湧いてきて、その場で組み立てて話してみるくらいノッてました。

一つは、久しぶりに関西で講演して、反応の良さにノセさせてもらったことがあります。もう一つは、「西脇市まで無事にたどり着けるのか?」という不安があったので、たどり着けた時点で半分以上OK!状態だったのでとってもリラックスして講演することができたのだと思います。

--
僕と付き合いの長い人や、付き合いはないけどブログやホームページを長年見てきた人は、お気付きだと思いますが、一見「家事の達人?」と聞こえる「スーパー主夫 山田亮」という芸名(?)も、実は、「アンチ・マッチョ宣言」と同じく、その短い言葉のなかに「はぁ?なんじゃそりゃ?」というマヌケ要素を持ちあわせているのでした。

「スーパー主夫 山田亮」は家事の達人でも、家事第一主義者でもありません。むしろ家事を突き放してみる、家事に冷めた存在でもあるのです。

僕の中で、ある実在夫婦のサンプルがあります。そこは、夫が全然家事をしないのですが、夫婦はとっても仲良しなのです。よくよく聞いてみると、夫婦とっても話し好きなのでした。ちょうど、今の朝ドラの「芋たこなんきん」の國村隼演じる徳永健次郎(藤山直美の夫役)のような感じでした。朝まででも話に付き合うのです。

コミュニケーションがチャンととれるのなら、夫が家事できなくても、妻が家事をしなくても全然問題ないんじゃないか?という結論から、「共感のために家事が活きる」や「コミュニケーションにおける共有・共感>家事共同・子育て共同」という図式ができました。

「家事さえしてりゃエエというコトではない!」「実は、家事なんて、たいしたこと無いのよ。もっと大切なことがあるでぇ」を「スーパー主夫」(←もしかして家事の達人?)が語るところに、実はオチがあるんじゃないかと思うのです。

みんなが楽しく、シアワセやなぁ?と実感できる生活が第一だと思います。家事はあくまでも、楽しい生活のための手段です。とはいっても家事は、手っ取り早く、楽しさやシアワセ感を引き出してくれる、そして日常にゴロゴロ転がっているお手軽な手段なのです。



帰りのバスは、ものすごく渋滞してました。16:43に滝野社インターを出て、家に着いたのは20時でした。行きより1時間余計にかかりました。帰りは疲れました。
22:11  |  講演記録  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

加奈子シクシク泣く

2006.10.27 (Fri)

今日も、晩ご飯を食べ終えて、「ドラえもん」を見ていたら、お終い時間に和子さんが帰ってきました。かなり早いお帰りだと思ったら「アカン、風邪引いたみたい…」だそうです。

加奈子は、和子さんが帰ってきたら一緒に遊べるモノと思ってたらしく、帰るなり布団を敷き横になった母の横にいきシクシクと泣き始めてしまった。しばらくすると、今度は体温計を持って来たり、お茶や雑炊を運んだりして、甲斐甲斐しく看病態勢。

「元気になるもの買いに行こう」と加奈子と僕の二人で「わが家の冷蔵庫」ファミリーマートへ買い物に。あれやこれやと買い込んで、母子で食べたり飲んだりしてました。いつの間にか、2人揃って寝てました。

23:35  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

新庄剛志のいい話

2006.10.27 (Fri)

この話、ご存知の人もいると思いますが、
僕が「新庄剛志ってエエ奴やなぁ」と応援するキッカケになった話です。
ルーキー達のためにも、全力疾走する話は、今読んでも胸が熱くなります。

日刊スポーツ2003年8月11日の記事です。
17:26  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「当たり前」のその影に

2006.10.27 (Fri)

今回、西脇市に向かうにあたって、月1回「第4土曜日は運休」というJR加古川線の事情を知り改めて思いました。

鉄道なんて、毎日毎日、決まった時間に繰り返して運行されるのが「当たり前」になってますが、その影には、真夜中に線路の補修工事をしたり、車両の点検が行われたりしているわけです。

当然、その人員が確保できなかったり、時間的な制約が追い付かなかったりすることもあるのでしょうね。「土日運休」や「土曜日運休」という列車はよく見ますが、「月1回だけ運休」なんて、よほどの事情があるんだろなぁと思います。

日々の生活の中でスッカリ「当たり前」になっていることは、本当にたくさんあります。スイッチを入れれば明るくなる。蛇口をひねると水が出る。電線や無線を介して会話できる。食べ物が店に売っている・・・・当たり前だけど、いろんな人の支えがあってのものなのですね?

「当たり前」と思い込んでる最たるモノは、「自分が生きていること」かもしれません。これもいろんな偶然が重なって、辛うじて成立している貴重なコトなのかもしれませんね。

明日の仕事もできる限りの精一杯でいきます。どんな人が来てくれはるんかなぁ?どんな人と会えるんかなぁ?
17:15  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

日本シリーズ終了

2006.10.27 (Fri)

久しぶりにスポーツネタです。
昨日、めでたく北海道日本ハムファイターズが優勝しましたね。
新庄剛志という男は、ホンマに運のいいヤツやなぁと思いました。

さて、かねがね、僕は「日本のプロ野球よ、NFLを見習え」と言ってきました。
具体的には、サラリーキャップ制やウェーバー方式の導入です。
ところが、データを見ると、ずいぶんNFLっぽくなってきてます。

日本シリーズだけに限って分析してみると、2000年以降、セントラルもパシフィックもリーグの6球団中4球団が日本シリーズに勝ち上がってます。「いろんなチームに優勝の機会を!」を「NFLを見習え」の根拠にしていた僕としては、かなりイイ感じになってきていると言わざるを得ません。

さらに、日本一チームも、2000年以降2回以上日本一になったのはジャイアンツのみ。7回開催され6チームが優勝しているのです。これは、とりあえず混戦状態と言っていいでしょう。「今年強かったからと言って、来年も勝てる」という程、甘くない環境になってきたわけですね。

制度的な導入や検討を待たずして、このような混戦になった背景のひとつは、MLBとの選手交流(正確には流出かな?)があると思います。シリーズで活躍した選手や監督がMLBに抜ける。このことが結果的にチームの平準化をもたらし、その結果、「どこが優勝するかわからない」という混戦状態を生み出しているのではないかと思います。いってみれば、「出る杭を抜く」感じですね。

もうひとつ要因をあげるとするなら、昨年の千葉のバレンタイン監督、今年の北海道のヒルマン監督のような、新管理術の導入が機能的に働いているという点でしょう。

選手の流出とシステムの流入が、プロ野球を混戦化させているというのは、表裏一体のようにも見え、なかなかおもしろい構図だと思います。

もう一つ、近年のプロ野球を評価できる点があります。それは、地元に根付いたチームが頑張っている点です。ホークス、ドラゴンズ、タイガース、マリーンズ、ファイターズなど、地元に熱狂的なファンのいるチームが頑張っています。フランチャイズ志向の僕にとってはいいことです。この流れでいくと、来シーズンの「大穴」は、広島カープか?それとも楽天イーグルス?・・・システム変更が起こりそうにもないので、やっぱりダメでしょうね。
12:44  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ひいぃぃぃ??アワワ

2006.10.27 (Fri)

Shuriken Pro4は、危ないソフトです。
少なくとも初期設定のままでは危険すぎます。

某所からのかなりシビアな問い合わせメールに、「チッ!無茶言わんといてぇやぁ?そっちの仕事とチャイますのん?」とブツブツ文句メールを書き、“送らずに”フォルダに入れて憂さ晴らしをしようと思ってたんですが、書きかけのメール画面で、何かの拍子に「F8」ボタンが当たってしまいました。

Shirikenの「F8」は、「即送信」でした・・・・・・

ひいいいぃぃぃぃぃ??!
血の気の引く思い。


とりあえず、「送信」のショートカットを解除しました。
でも、とき既に遅しか…?
10:08  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

遥かなり西脇市

2006.10.26 (Thu)

兵庫県西脇市は、遠いです。
あさって土曜日、講演で行きます。

以前、6月17日に一度訪れているし、「今度は昼間だから、前回のような終電乗り継ぎもないやろ」と安心してたんだけど、それがエライことになってます。

山陽本線の、加古川駅から西脇市駅にいくJR加古川線。なんと!「第4土曜日」に限り、日中の電車が全部運休。そしてあさってはその「第4土曜日」。「そんなアホな…」といろいろ調べても、やっぱり全線運休。

シャーナイので、バスで行くことを考えたのですが、これがまた…発着時刻が変更しまくっているみたいで、どうも正確な時間がワカランのです。明日、バス会社に直接電話して、運行確認しますが、「あさって、無事に西脇市にたどり着けるんだろうか?」とチョイ不安です。

いやぁ?前回の「終電→終電一つ前→終電」という乗り継ぎもスリリングでしたけど、今回も、かなりスリリングな展開です。案外、近いと思っていたところが遠いんよね。むしろ札幌とか仙台の方が簡単に行けてしまいます。
21:11  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

なんじゃそりゃ?(--#)という仕事

2006.10.26 (Thu)

今朝、ビザの申請手続きにJ*Bに行きました。
ビザの申請の受付にも、必要書類を揃えていたにもかかわらず、しかも一番客で入ったにもかかわらず、ものすごく長い時間(45分)待たされました。

考えてみたら、旅券発注の際に、パスポートの提示があり、そこで和子さんの国籍も確認済みのはず。本来なら、そこで「ビザは大丈夫ですか?」という旅行会社からの問い合わせがあるはず。なのに、昨日まで放ったらかしで、「急ぐから追加料金が必要」というのは、どうか?と思うんですけどね。

さらに!今日、家に帰ってきて「それって間違ってんじゃないの?」というコトが。「11月初便から燃料チャージが上がるから、追加で3人分11,000円支払え」というのです。よく考えると、「買う」と決めたのは、燃料チャージ、空港使用料込みの値段を見て決めたわけで、それをもとにホテルなんかもとってもらってるわけです。そこまで決まった後で、「追加料金を払え」というのは、売買契約上の違反になるんじゃないかと思うんです。ちょっと専門家に聞いてみたいです。

さらに!さらに!ビザ申請受付で手間取っている間に、あさっての西脇市での仕事のための移動手段として、新大阪→滝野社インターのバスを確認してもらったんだけど、「駅すぱあと」に出てくる便は「運行していない」とのこと。「あらま」と思いながら、帰ってきて確認したら、新大阪のバス乗り場は2箇所あり、「駅1階」発で検索するとその便はないんだけど、「新御堂筋」発にすると、その時間の3分遅れで運行しているバスがあることがわかりました。J*Bカウンターの検索能力は、素人の僕よりも低いのか?

旅行会社の窓口もタイヘンだとは思うけど、あまりにもエエ加減な仕事してやしません?
20:29  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

学生の講演企画

2006.10.26 (Thu)

鳥取大学の学生から、講演依頼が来ました。鳥取県の男女共同参画課の支援を受けての依頼だそうです。学生の頃から、こういうイベントに関われるというのは、おもしろいだろうなぁと思います。

自分たちで会場探したり、講師を探したり、予算の計算したり、広報したり。「参加者が集まるだろうか?」や「講師が偉そうだったらどうしよう?」とか、そういう不安もあるでしょうね。これは大人になっても一緒だし、今後、いろんな場面で活きる経験だと思います。

「講演の後、学生と交流できたらと考えてます」なんて・・・普段の講演でも、交流させて欲しいくらいですよ。喜んでぇ?☆です。よくよく思い出すと、講演の後、主催者や参加者とゆっくり交流できたイベントは、なんとなくイイ印象なんです。

話した内容のどこを聞いてくれたのか?がわかるし、説明し足りなかったところや、「私には当てはまらない」という指摘をされて新しい課題が見付かったりしておもしろいんです。

12月3日で調整中です。年内の土日はかなり埋まってきました。2007年も土曜日はボチボチと埋まりつつあります。
08:27  |  仕事ネタなど  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆お弁当

2006.10.25 (Wed)

2006年10月11日掲載分

◆お弁当
自分で詰めるのが
子どもの一番の楽しみ
先日は、娘が通う保育園の運動会でした。運動会と遠足といえば弁当。多くの子どもにとって、楽しみのひとつがこの弁当だろう。

娘は年中組になり、運動会も4回目。周囲の弁当を見ると、さすがに“慣れ”が見られる。

でも、子どもにとってお楽しみの弁当とはいえ、早くに食べ終わった子が遊び始めると、その途端、みんな、もう弁当どころじゃなくなる。せっかく手の込んだ料理をたくさん用意しても残るだけ。帰りの荷物も全然軽くならない。季節柄、残り物を晩ご飯に食べるのは、かなり勇気が必要。泣く泣く捨てたこともあった。

わが家は、なぜか弁当は妻と子どもの領域になっている。今年は、テレビ番組で仕入れた「冷めても美味しい卵焼き」をトライしてみるべく、卵焼きだけは僕が作った。

娘は、自分で弁当箱に詰めるのが一番の楽しみ。だから、昼食時間に弁当箱を空けて「うわぁ?!」という楽しみは全然ない。「あ、そういえば、こんなんやった」と再確認するだけ。でも、そのおかげなのか、「あれを作れ」「これを入れて欲しい」という要求は少ない。助かってます。

--
しばらく京都新聞の連載分を載せ忘れていました。
22:48  |  京都新聞連載  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

今日はお弁当

2006.10.25 (Wed)

今日は、保育園の年長年中さんは、八瀬へ園外保育。

昨日、担任の先生に「明日は普通のお弁当ですか?」と聞くと「普通ですよ」と答えてたんだけど、家に帰って「普通というのは、普段のご飯だけの弁当なのか?それともおかず入りなのか?」と考えてしまいました。

こういう時は、パパ友WHOちゃん宅に電話。「はぁ?おかず入りやん!」とアッサリ。「おやつもいるでぇ?」と心配してくれましたわ。

で、今朝、無事に、加奈子はおかず入りの弁当をもって出掛けました。京都新聞の連載にも書きましたが、弁当はなぜか母と子の仕事なのです。卵焼きを作るのは、最近、僕がするようになってしまいました。おにぎり握ったり、レンジでチン☆したりするのは、和子さん。詰めるのは加奈子の仕事です。
22:40  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

こんなところにもOZZY!?

2006.10.25 (Wed)

テレビを付けると、日本シリーズの中継。
次のバッターは新庄剛志。

こ、この登場BGMは…

オジーオズボーンの「Crazy Train」じゃございませんか!

こんなところでOZZYを聞くとは思いませんでしたわ。
22:24  |  音楽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

そういや自分のビザは必要ないのか?

2006.10.25 (Wed)

和子さんのビザにバタバタしたけど、夜、ふろ
「あれ?そういやこれまで2回の北京旅行は、2回ともビザを取りに行ったぞ」
と思いだし、調べてみたらば、

日本人の場合は、2003年以降「15日以内の旅行で、目的が観光・商用・親族訪問・トランジットを目的とする」場合、有効な日本のパスポートがあればビザは不用になったのだそうな。最後に北京に行ったのは、加奈子が生まれる前。そりゃ、事情も変わってますよね。

日中友好万歳!です。
20:42  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ビザが必要だった

2006.10.25 (Wed)

いつも、すっかり忘れてるけど、和子さんは外国籍。
僕と同じように行ける国もあれば、行けない国もある。
和子さんは、多分3回目の中国だと思うのに、
ビザが必要かどうかは覚えてない。
というか、覚えてもすぐに忘れる。

今日、チケット代の残金を支払いにJTBに行ったついでに、「ビザってどうなってるんでしょうか?」と尋ねてみたら、「え?っと和子さんは必要ですね」ということに。

「えっ!!」(ビザ発行が渡航前に間に合うのか?)

さっそく電話。
「しゃーない、追加料金払ってもエエで!」
と太っ腹なお返事。
太っ腹でいられるから、ビザがどうだったかを忘れられるのかもしれない。
これはこれで、ひとつの渡世術かもしれない。
17:06  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

とっくに期限切れ…

2006.10.25 (Wed)

上海行きのチケット。
JTBで申し込んで、その時に予約金を払ってたんだけど、
今朝、「もしかして…」と資料を見たら、
残金の支払期限は19日になってました。

慌ててJTBに電話。
「あ、ちゃんと残ってますよ」
ということで、ひとまず安心。
今から支払いに行ってきます。

いやはや…バタバタしている間に、エライことになるところでした。
アニルさんにちゃんとメール送っとかな、心配しはるやろなぁ。
10:53  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ハイテンションです!

2006.10.25 (Wed)

昨日、某出版社から、「よかったら企画案送って下さい」というメールが来ました。

先週から、出版各社に「本を出そうと思っているのですが、検討していただけませんか?」というメールを送っていたのです。すると、上のような返事を送ってくれる出版社があったのです。

昨晩、夜遅くまでかかって構成案というか目次案を作りました。すると、やっぱり講演の小見出しの並びと良く似たものになりました。さすがに回数してるだけあって、自然とイイ感じの並びになっていたんですね。小見出しタイトルは、講演の時よりも、さらにキャッチーなモノをいろいろ考えました。

完全に寝不足ですが、不思議と頭は冴えてます。もう少し校正してから、出版社に企画案を送ります。
09:27  |  仕事ネタなど  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コンビニで試食

2006.10.24 (Tue)

珍しい試みだと思います。気合い入ってますね。ファミマの高菜とベーコンのスパゲティです。
20:06  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

毎週火曜の弁当

2006.10.24 (Tue)

330円のミニ洋風弁当です。これとミニ和風弁当を週替わりで食べてます。なんともはや…

だけど、売り物の弁当って、色あいやや配置が良くできてますよね。弁当文化って、素晴らしいと思います。この小さな箱に一食を閉じこめられていて、箱庭みたいな小宇宙を感じます。この感覚は、「日本ならでは」だと思います。
14:37  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

少しずつ紅葉

2006.10.24 (Tue)

園部と綾部の間の下山駅近くです。山あいに少し黄色いはや赤い葉が見えます。山陰線の紅葉はまだまだです。
11:18  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

とりあえず元気

2006.10.24 (Tue)

今日の爽やかな秋晴れと同じように、加奈子も元気に動きまくってます。
鼻水は出てますけど、水鼻から青鼻に移行してます。
とりあえず、今日は福知山へ講義に行けそうです。

最近は、休講にしたら絶対に補講をしないといけないし、
その補講は2月とか3月のややこしいシーズンなんで、
できれば秋のウチに行っておきたいんです。

京都市内はイイ感じで晴れてますけど、
福知山は曇ってるんだろうな…
まっ、今日は子どもの話なんで、
明るくいけるような気がします。
08:27  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

食欲落ちず

2006.10.23 (Mon)

もりもり食べてます。
食べていたのは、
手羽元とタケノコとニンジンの煮物
韓国風春雨炒め(チャプチェ)
タコとワカメと海藻いろいろサラダ
そして、加奈子は切り餅2切れ食べました。
晩ご飯位までは順調に回復してたんです。
ところがっ、和子さんが帰ってくると、加奈子は「遊んで遊んで」と一気にヒートアップ。そして、熱まで上げてしまったみたいです。
18:04  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT