FC2ブログ

終わったことと始まったこと

2006.02.17 (Fri)

大学院を単位取得満期退学しました。
今日、その書類を提出してきました。
長い長い大学院生活に、とりあえずピリオド。です。

お世話になった皆さん、
刺激を与えて下さった皆さん、
調査に協力してくださった皆さん、
果てしない議論に飲みながら付き合ってくださった皆さん、
そして出資してくださった方々、
ありがとうございました。

博士論文を書くには至りませんでしたが、
とってもいい時間を過ごすことができました。
今後の活動に活かしていきたいと思います。

退学届けを提出した直後、
システムブレーンから登録講師のお話がありました。
なんだか、また新しい展開になりそうです。
講師陣には、辛淑玉さんや落合恵子さんもいらっしゃいます。
スゴイですね。
21:38  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

久しぶりのフルメンバー

2006.02.17 (Fri)

フルメンバーっていっても、たった三人なんですけどね。しかも家族3人。

昨晩は、A.和子さんが出張だったので、B.家族三人が揃った晩ご飯でした。
A.とB.の因果関係は、これでエエのか?と思いますけど。

せっかくなので、ちょっと早めの時間から仕込みに入り、筍を手羽元と一緒にトロトロに煮込んでみました。回鍋肉にトマトサラダ、ほうれん草のおひたし、味噌汁、ご飯。さすがに残りました。
15:31  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

結ぶ

2006.02.17 (Fri)

いつの間に、こういうコトを覚えて、できるようになったんやろか?僕は一回も教えたことないんだけどね。

結ぶコトを覚えながら、沖縄の「ゆいまーる」のことも、いつか知って欲しいと思う。
15:05  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

長浜での事件

2006.02.17 (Fri)

滋賀県長浜での事件、なんだか目の前が暗くなりました。

殺された子どもの親は、交替で子どもを送っていたって言うから、よく知った仲だったでしょうに。「まさか、こんなコトになるとは…」という思いだと思います。

テレビなどではあんまり話題にもならないと思いますが…目の前で、自分の親が自分の友達を刺し殺す光景を見せられた子どものことを考えると、言葉を失います。

全容がはっきりしないので、コメントしづらいですけど。
14:10  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

自由化の構図

2006.02.17 (Fri)

昨今言われる規制緩和や自由化。
これまで規制されていたモノが自由になり、自分たちにも利益が回ってくると思っている人達も多いみたいなんだけど…
例えば、こんなコトなんじゃないかと思う。

(ベトナム戦争映画なんかのワンシーンをイメージ)
部隊が展開しているエリアでは、ゲリラ側の攻撃はまだ断続的で、その応戦が終わる気配もない。そんなとき、本部から撤退命令が下った。撤退後に核を投下して、全て焼き払うようだ。部隊の撤退は急を要する。撤退用のヘリに載せられる荷物はたかだかしれている。必要最小限を手にし、後は残していくしかないだろう。撤退準備が始まると、同盟側の民衆が残った食料や備品に群がってきた。私は迷った「そんなモノを集めるよりも、早くこのエリアを去れ」と言うべきか言わざるべきか。部隊が完全に去った数時間、これまで自由に手に入らなかった食料や装備を手にして、民衆は喜んだ。つかの間の喜びの後、そのエリアは全て焼き払われ焦土と化した。後から知ったのだが、スパイを送り込んでいたゲリラ側も我々と同様に撤退していた。どうりで残していった物品をゲリラが奪いに来なかったわけだ。



自由化を決める人達は、自分たちの利益確保の確信があるから、それを進めるわけだ。民衆が手にできる規制緩和や自由化の成果は、彼らにとっては取るに足らないモノ。もしくは、自由化の成果を分配した後、民衆自身がそれを増殖させてくれ、それを根こそぎ搾取する算段ができているか。

宝くじは、くじを買うよりもくじを売る方が絶対に儲かる。個人投資家がどんなに土地や株で損をしようとも、手数料を獲る方は儲かる。どんなにエエ加減な住宅が建てられても、儲ける奴は儲ける。資産運用は運用する側ではなく、運用させる側にたった方が安定する。リスクを煽ることは、「ゲリラに財産を奪われるぞ」と煽るのと同義。
10:26  |  ぼやき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |