FC2ブログ

対外的なイメージ

2006.01.04 (Wed)

<小泉首相>靖国参拝「外交問題にならない」 年頭会見で
--
首相は靖国神社参拝について「精神の自由、心の問題は誰も侵すことのできない憲法に保障されたものだ」と説明。「一国の首相が一国民として戦没者に哀悼の念を持って参拝することに日本人からおかしいとの批判が出るのはいまだに理解できない」とも述べた。中韓両国との外交関係が停滞していることに「私は交渉の扉を閉じたことは一度もない。一つの問題があるからといって他の交渉を閉ざすべきではない。あとは先方がどう判断するかだ」と述べ、中韓両国に関係改善の努力を促した。
--
たとえば、日本の首相が靖国参拝するコトのイメージが、諸外国にとって、現ドイツ首相がアドルフ・ヒトラーが葬られている場所(存在するのか?)を事ある毎に参拝するようなモノだとしたら、そりゃ欧州外交どころか、国際的な地位を失うこと必至でしょう。

イメージというモノは、勝手に先行したり、歪められたりすることがあるから、必ずしも正しいモノではない。だけど、そういうイメージを植え付けられるにしても、ある程度の根拠はあるだろう。「火のない所に煙は立たない」という言葉もある。

ヒトラーが無名戦士達と合祀されている場所を参拝し、「彼らがいたから今日の繁栄がある」という発言をすることは、やはり侵略戦争の正当化と解釈されざるを得ないと思う。「勝手に解釈するな!」というのであれば、やはり丁寧に説明する必要がある。ヒトラーとA級戦犯が違うのなら、そのことの説明をしないといけない。国内にもその違いがわからない人がたくさんいると認識しているのなら、余計に外国向けには丁寧に説明しないと通じないだろう。

小泉首相の態度は、「オレは間違っていない!」「なにがアカンのかワカラン!」と威勢良く振る舞ってるけど、ズボンの前が全開!みたいな格好悪いマヌケさを感じる。間違ってないと言うには、それなりの理屈が通ってないとダメ。

「日本人からおかしいとの批判が出るのはいまだに理解できない」そうですが、ファスナー全開を気付かずに、偉そうにしてる人って(自分に危害が及ばない限り)笑えますヤン。あれですわ、あれ。

「裸の王様」。

でも、結局は、「裸の王様」に政治を任せた選挙民が悪いんです。
「あれ?王様は裸だよ」という少年がいても、「いや、立派な服を着てらっしゃる」という人が多ければ、どうしようもないってコトですし、王様も「なに?ワシの立派な服が見えないのか?」と言い続ければ、例え少年がいてもダメってコトです。裸のまんま、国際会議にお出掛けになるんです。かっこわるぅ?。
22:16  |  ぼやき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

一階だけで生活

2006.01.04 (Wed)

今日は、朝起きてから加奈子と二人だったこともあり、
一度も二階に上がらずに生活してます。
外出してないどころか、一階から動いてないんです。
食材の買い置きはいっぱいあるし、パソコンも一階にあるしで、加奈子のおもちゃは全部一階だし…おかげで、体重は減る傾向すら見られません。むしろ…

老後って、こんな生活なんかな?と、ふと考えてしまう一日でした。
20:00  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |