「週刊女性」80ページ

2005.06.30 (Thu)

今日、掲載誌が届きました。ウチには、いろんな書籍のサンプルが届くけど、ここまで原色と文字(それも全部ゴシック系活字)の多い表紙の雑誌が届くのは初めて。なんか新鮮やわぁ。

80ページに顔写真付きで載ってました。
是非、立ち読みしてみてください。
文章は、校正+修正の甲斐あって、まぁボチボチ。
縦書き文は気持ちイイ。

「そこで僕は洗濯槽から取り出したものからその場で全部ハンガーにセットし、外の物干しには引っかけるだけ!」になっていました。
22:20  |  仕事ネタなど  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

八百屋の選曲

2005.06.29 (Wed)

ウチの近所は、高齢化著しく、
トラックの荷台に野菜を満載した「移動八百屋」がいろいろやって来る。
その中の一つに、スピーカーで音楽を流す業者がいる。
スピーカーの音は確かに確かにデカいけど、ごく短時間。
音のデカさは問題じゃない。
その音楽が問題なのだ。

今日は、「♪更けゆく?秋の夜?」、
この前は、「♪垣根の垣根の曲がり角ぉ?」。

・・・・・おいおい。
野菜に季節感が無くなったとは言え、
せめて八百屋くらい「旬」を意識して売ってくれよ。
今なら、「♪ささのはさ?らさら?」や
「♪あっめあっめ降れ降れかあさんがぁ?」だろうよ。

それと、この業者、選曲が暗い!
「♪赤い靴?は?いてたぁ?おんなのこぉ?」
が流れることも…。
そのままトラックに乗せられて連れて行かれそうですわ。
11:32  |  ぼやき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

軒の短い家

2005.06.29 (Wed)

↓の通り、軒の短い「刈り上げ」ハウスな我が家。


もともと狭小地に建てる仕様なんだと思うけど、
この軒の短さは、隣接が1メートル以上の我が家では、大いにマイナス。
雨と一緒に少し風が混ざるだけで、窓が開けられなくなる。
スリット入りの雨戸を入れているモノの、風の流入は激減。
雨の時だけは、やっぱりエアコンの力が必要になるかも。

ところが、そのエアコン。
必要と思われるのは、リビング+和室と仕事場。
ともに、10畳以上のサイズ。
冷房効率が悪いのは、目に見える。
ものすごい電気代かかりそう。

雨を入れず、風だけ通す窓があるとエエなぁ。
Gore-Texの窓とか?
11:26  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Mixiを辿れば

2005.06.28 (Tue)

最近、あべくんに勧められて、Mixi始めました。

限定公開の日記があるので、仕事の愚痴・不満などを吐露中。

その中に、「足あと」というのがあって、「どんな人が見に来てくれたんかなぁ?」というのが、確認できるのですが…先々週はゲイ関係の方々が大挙していらっしゃいました。今週は、女装♂の方々とご縁があります。

ん?わからん。
どこでどうつながったんやろ?
そういえば、身近にもボチボチといらっしゃいます。
とくにゲイ&レズビアンの方。
世界が広がる感じです。
08:32  |  PC  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

バトン

2005.06.26 (Sun)

t.4.2.vm_skiさん
遊 於 藝さん
から来たMusic バトン。
音楽関係の質問には、なかなか応えるのが難しいです。
節操なく聴いているので、「これ」というのがないんです。

☆コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

13.4GB(全部MP3です)3927曲入ってます。

☆今聞いている曲

「I.G.Y」 Donald Fagen
iTuneのシャッフルでたまたまこの曲。

☆最後に買った CD

「Saxophone Colossus」 Sonny Rollins
「そういえば持ってなかった」と気付き購入した名盤。

☆よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲

「Are you going With Me?」 Pat Metheny Group
「I Loves You, Porgy」 Keith Jarrett
「Don't Stop Believin'」 Journey
「Bark At The Moon」 OZZY Osbourne
「NO.NEW YORK」 BOOWY

いろいろあって、とても5曲にはまとめられません。
あえて、パパッと思い付いた順に並べてみました。
Pat Metheny Groupだけでも、5曲くらい
すぐにリストアップできてしいそうなので、
上の5曲は、あくまで参考というコトで…。
RUSHやYes、ELPなんかのプログレグループが抜けてるし、
classicも入ってないし、ラテン系もない。
やっぱり5曲じゃ少なすぎ。

バトン…誰に回せばいいのやら。
10:44  |  音楽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

しょーもないコトですが

2005.06.24 (Fri)

お隣の家が完成間近。
今日は、クリーニング会社が来て、引き渡し前の清掃。
窓開けっ放しなんで、中をチョイと拝見。
一番に見るのは、やっぱりキッチン。
クリナップの箱に入ったキッチンが納入されているのは見てたんだけど、
そのグレードが気になるところ。

で、見ると、対面式の「クリンレディ」。
チョビッと優越。
ただそれだけ。

グレードの高いキッチン入れてるから、
その分美味しい料理ができるか?
楽しい食卓が演出できるか?
というのとは、まったく関係のない話。

でも…( ̄ー ̄)ニヤリッ
すみません自己満足浸りまくりです。
10:54  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ビーバップ!ハイヒール

2005.06.24 (Fri)

今晩オンエアーされていた、「ビーバップ!ハイヒール」という番組に、視聴者代表として登場してました。僕の登場場面は、収録も短時間だったから、「こんなもん」と予想していたので、「なぁ?んだ」という感じもなく気軽にオンエアーチェック。

収録の様子はこっち

今日のオンエアーは、ゴロッと横になって眺めてたけど、
「スーパー主夫が講演」というのがニュースで流れてたのは、
ちょっと背筋を伸ばしてしまった。
00:54  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マジレン指人形

2005.06.23 (Thu)

夕方の父娘工作の時間。
かなり久しぶりの指人形リクエスト。
少々デブッチョのマジレンジャー。
ちょうど5人。
19:16  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

きゅうり丸かじり

2005.06.23 (Thu)

「(となりのトトロの)さつきみたいにキュウリ食べたい」という念願がかなった。気付いたら切ってしもた後というのが続いたもんで…
18:28  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

あれはいったい…

2005.06.23 (Thu)

講義中、静かな教室の後ろの方の席で、
唐突に

プウゥ??
という音。

「今の音はいったい…」

しばし冷え固まる教室の空気。
シーンとしたままなのは可哀想だと思って流したんだけど、
教室のみんなは一方向を見たまま。
どうやら、机にうつ伏せになって寝ていた女子学生が発信源らしい。
寝てると、調整でけへんもんなぁ?。
哀れなヤツ。

今日は、講義中に、学校の裏の建物に、
バキュームカーが来て作業するなど、
そっち方面にいろいろな教室でした。
17:37  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ハイリスクな一服

2005.06.22 (Wed)

こんなことで警察沙汰にする人はいないと思うし、ましてや「訴えてやる!」となるのは、よほど悪質な場合に限られるとは思うけど…

ウチに一番近い踏切は、駅のすぐ横とあって、朝夕は「開かずの踏切」時間帯がある。往復4本分、下手すりゃ6本分の踏切が降りたまま。僕は喫煙しないので感覚が分からないんだけど、ちょうどタバコを一本という感じなのかもしれない。よく踏切を待ちながら一服している人がいる。

ところが、その時間帯は、保育園の送り迎えのや学校の登下校や塾の時間帯でもある。煙が子どもを直撃する場合もあるし、子どもの顔の高さにタバコを持っている人もいる。風が吹き、吸い殻が他の人に飛んだりする可能性は高い。ましてや、電車が通過する度に突風は必ず起きる場所。

もしも、吸い殻が誰かにかかり、服を焦がしたり火傷を負わせたりしたら、その場合、傷害事件になったりしないのかな?煙を吸わされる場合はどうなるんだろう?これだけ、JTが「タバコのマナー」をえらく熱心に広告・広報している限り、「知らなかった」「気付かなかった」「予期できなかった」では済まされないと思う。

一服したいのは分かるけど、もしも訴訟沙汰に発展できるとなると「当たり屋」も可能で、ものすごくハイリスクな一服だと思う。あそこで一服する人のほとんどが、その危機管理意識がないとなると、これは「当たり屋」にとって格好のカモ獲り場。
要注意やと思うなぁ。
09:34  |  ぼやき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

『お父さん頑張る★★痛快!主夫業』

2005.06.21 (Tue)

あみぼし"熱血主夫"かつひろさんの本『お父さん頑張る★★痛快!主夫業』が届いた。
数日前に届き、すでに二回り読み終わり。

ここまで近い人だと、読んでいて共感しまくり。
外出先のトイレは、娘を連れる父親共通の悩みだし、
休日の雨は僕も密かにうれしい。
朝ご飯の手抜き具合は、ウチもよく似たもの。

違う点もあって、この対比がまたおもしろい。
例えば、歯磨き。ウチはかなりエエ加減。
お弁当への思い入れ具合もはるか及ばない。

全体を通して、「今」という子どもとの時間を、
精一杯生きる熱血ぶりが、文章ににじみ出ています。

僕の家事・子育て論は、やや中性的で、女性の共感を得られやすい反面、男性からは「そこまではチョットできない…」という反応をもらうこともあります。あみぼしさんの家事・子育ては、「普通の男性」が向き合う「男の家事・子育て」という印象。こういった点から、男の家事・子育ての一つのあり方として、多くの男性にとって、サンプルとして参考にできる点が多いと思います。
17:39  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

皮一枚でつながる

2005.06.21 (Tue)

左手中指の傷は、こんな感じです。
写真の下から上に向かって爪先まで貫通。
左上(指の突先部分)3ミリくらいで辛うじてくっついている状態。
今のところ、化膿はしてないようです。
11:25  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ピザ作ったよ

2005.06.21 (Tue)

昨晩、作ったピザ。ピザシートを買ってきて、ケチャップ塗って、チーズ載せて、タマネギ載せて、ソーセージ載せて、ピーマン載せて…自分で作るとけっこう美味しい。やっぱり焼きたてだから美味いのか?!
11:21  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

和子さんの職場

2005.06.20 (Mon)

イベント用のスーツをお忘れになったと電話があり、お届けに参上。
実習中の教え子にも遭遇。
医短前で久しぶりにジェフ・バーグランドさんに会った。
「また(自慢の)家に来てやぁ」と。

ジェフさん宅は、昔の旅館をそのまま住居にした、町屋の面影を残した家。しかも、鴨川沿いにあり、なんとプライベート納涼床のある家。数年間、そこから五山の送り火を拝ませてもらっていた。今年は久しぶりに行ってみる?
12:55  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

あれはいったい…アメリカGP

2005.06.20 (Mon)

延々とテスト走行を見せられた感のするアメリカGP。

テレビで見る限り、インディアナポリスは曇ってましたけど、
もしも、雨が降り出していたら、どうなっていたんだろう?
入場料は、いくらか払い戻してくれたんだろうか?といろいろ考えた。

朝、早々にチャットでも話が出たんだけど、
僕たちは、1994年サンマリノGPのリアル世代。
ラッツェンバーガーとセナが事故で亡くなり、
翌日、職場でも涙したコトを克明に覚えています。
あんな哀しい思いは二度としたくなかったので、
とりあえずは、良かったと思う。

だからといって、ミシュラン、FIA、各チームの対応、
どれもが決して良く評価できるモノではない。
どの一番責任が一番重いかはともかく、
一番蔑ろにされたのは観客でありファンだ。

プロスポーツは「見てもらってなんぼ」「楽しんでもらってなんぼ」。
「なんじゃこりゃ」「つまらない」「アホか」「勝手に走ってろ」…
そう思われたらおしまい。

若貴然り、プロ野球1リーグ制騒動然り、オリンピック然り、F1ももちろん、
スポーツが観客やファンを置き去りにして、
どんどん政治的に利用されているように感じる。
「より強く」「より速く」「より遠く」「より正確に」…というような
純粋な競争が難しくなってきているように思う。
10:16  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

シュレッダー

2005.06.19 (Sun)

学校関係の書類はチャンと粉砕して捨ててます。
シュレッダーは子どものおもちゃ?
神妙な顔して廃棄してます。

アイリスオーヤマのこのシュレッダー、パワフルだけど静か。
16:52  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

子どもの頃の憧れ

2005.06.19 (Sun)

子どもの頃、友達の家で出してくれるカルピスのおいしかったこと。ウチで飲んだ記憶はない。「身体に悪い」だったかなんだったか、お中元でもらってもすぐに他の家に。
今、こうやって自分で買って飲むと、改めて「うんめぇ?」と感動。
11:19  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

障害者自立支援法案はどうなる?

2005.06.18 (Sat)

【障害者自立法】応益の発想でよいのか

社会福祉関係のニュースは、じっくり考えて言及したいので、
ブログや日記にはだしてなかったけど、この法案はアカンでしょう。
これを通して「よかった」という人っているのか?
重度障害だからサービスがたくさん必要。
重度障害だから収入を確保するのも難しい。
その人に、
「あなたはたくさんサービスを使ってるから、たくさん払いなさい」
というのは、人権・人道的にみてエエのか?

全体に、「貧乏な家に生まれたのが悪いんだ!」「障害者なのが悪い!」
「不法滞在の親の下に生まれるのが悪い」「失業する人が悪い」
というような落とし方になってきているような気がする。
これじゃ、日本の活力は失われる一方だと思う。ニートが増えても仕方ない。
機会の平等が保障されない社会に、未来はないと思う。

この法案が通った後の、僕の近未来予想は、産前障害診断が激増する。
そして、障害児と判定された人の多くが人工妊娠中絶するような気がする。
それ以前に、子どもが障害をもって生まれる可能性ゼロではない以上、
出産自体を控えようという動きになるような気もする。
少子化対策の逆をいく。

事故などで、いつ自分が障害者になるかわからないというのに…
どこかでスイッチが入り間違っている。
23:00  |  ぼやき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

名誉の負傷

2005.06.18 (Sat)

キャベツをカット中、加奈子の声によそ見。
その瞬間、中指を爪の上からザックリカット。
これがまた、アホみたいに切れる包丁「GLOBAL」で、
切り口もスッパリ。きれいに切れたせいか、
我が家の看護師よる応急処置で一応止血。
割りと短時間で出血が止まった。
包丁がよいのか?処置が良かったのか?

しかし…いつまでこのF**k you ポーズを?
15:09  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

仰木彬

2005.06.17 (Fri)

イチローがメジャー通算1000本安打を達成し、
野茂が日米通算200勝を達成。
日本でニュースが流れ、その両方ともにコメントで登場したのが仰木彬。

「この選手の監督」として、特定の個人が登場する機会は、そんなにない。
仰木彬はそういう意味では貴重な存在だ。
とくに、「イチローにこれを教えた」というのは、ないかもしれないけど、
独特のフォームをもつ二人を、そのまんま育てたというのは、
できそうでできないことだと思う。

他で思い付くのは、古田敦也と野村克也。
もちろん、他にもいるとは思うんだけど、
やっぱり人材育成って難しいんやナァ。
13:39  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

朝テーマ

2005.06.17 (Fri)

iTuneのプレイリストに「朝テーマ」というのを作ってます。
メジャーコード系、アップテンポ系、アドレナリン分泌系の、
いわゆるイケイケな曲ばっかり選曲してるんですけど、
そのなかに trf の「Crazy gonna Crazy」を入れてます。

な?んか、この曲って、「10年前」がいかに遠い昔かを思い知らせてくれます。
こんな脳天気な楽曲が、今存在するでしょうか?
2005年の今、改めてこの曲を聞くと、
小室哲哉の偉大さ(逝っちゃてた度)がわかります。

ちなみに、「朝テーマ」の他の曲は、「The Imperial March(ダースベイダーのテーマ)」やBon Jovi、Def Leppard、Ratt、Whitesnakeなどなど80年代系ハードロックなどが入ってます。
09:39  |  音楽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

フィギュア

2005.06.17 (Fri)

コカ・コーラのおまけで当たったのはシークレットのルパ?ン。不ぅ?二子ちゃ?ん狙ってたんだけど…。んまっ、いっか。
もちろん、買うのはダイエット・コーク。
07:43  |  ミーハー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

保育園からお迎え電話

2005.06.14 (Tue)

今しがた保育園からお迎え要請電話あり。
37.4℃だそうで…やれやれ。
なかなか治らんのぉ。

16:35  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

カナダGP

2005.06.14 (Tue)

ジル・ビルニューブ・サーキットは、とってもいいところにあります。
川の中州で普段は公園。
サーキットは、散歩や自転車でまわる単なる散歩道。

だけど、壁のここそこに、ヒットした車、
とくにタイヤの痕跡が生々しく残っています。
僕があのサーキットを歩いた時は、
3ヶ月前にフェラーリに乗ったイワン・カペリが
ヒットした跡がクッキリと壁に残っていました。
そこは、今回、アロンソが激突した壁と同じ壁でした。

ところで、このカナダGPは、普段イマイチだったチームや人が、
なぜか突然、優勝したり入賞したりするコース。
1989年にブーツェンがここで初優勝した時も、そんな感じだった。
1995年にアレジの生涯唯一の優勝もここカナダ。
その時の2位3位は、バリチェロ&アーバインのジョーダン。
カナダで活躍しても、その後、パッとせずか?
1991年には、最終週のシケインでマンセルがスイッチOFFというお間抜けもあった。
な?んか、ここだけ妙な空気が流れてるんじゃないか?と思うことも。

そこから見ると、今回フェラーリが2位3位を確保して「復活?」という声もあるけど、
逆に、このカナダで落ち目が決定的!というコトもありうる。
まぁ、"あの"ミハエルがいるチームで、「落ち目」はないと思う。

今回のカナダGPの最後、ロン・デニスが微妙にミハエルに近づいたのが印象的。
McLarenのミハエル・シューマッハーも悪くない。
なんせ、エンジンはメルセデス。
若き日のミハエル・シューマッハー、フレンツェン、ヴェンドリンガーのメルセデスジュニアチーム3人組は、ザウバー・メルセデスでお世話になったのだ。
皇帝は最後に、ドイツ車に乗って、花道を飾るというのも悪くない。
「そろそろ、こっちに乗れや」と、ロンが声かけてるんじゃないかと…

1993年にモントリオールに出掛けた時のジル・ビルニューブ・サーキット。


(左)今回、佐藤琢磨が車を停めたヘアピン。(右)バトンが引っ掛けた縁石のある最終シケイン

(左)スタートスイッチとチェッカーフラッグが振られる場所からの視線。本当に普通の公園なので、こういう場所にも普通に上がれる(右)ゴールライン「Salut Gilles(サリュー ジル)」の文字。ものすごいドンピシャ遠近法な構図。
14:26  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

関西がどうも調子悪い背景

2005.06.14 (Tue)

5月31日の関西テレビ「痛快!エブリデイ」で
「シチズン時計が全国の200組の夫婦に「1週間のうち自宅で最も心地よい時間」(窓)」が紹介されていた。

昼時間帯の関西の番組って、コメント陣の多くが、
落語や漫才系のオヤジタレントなんよね。
師匠―弟子という関係社会での規範で喋ってることが多くて、
時々、サラリーマン感覚とのズレが気になることも。

師匠―弟子という封建社会は身分社会でもあるから、
「男は女より上や!」「ベテランが新人よりもエラいのは当然!」というのもアリ。
身分下は、上の者に付いて教えてもらう変わりに、
お世話するという関係であって、決して対等じゃない。
だから、対等な「会話」など存在する余地はない。
「おい」「○○やっとけ」なのが封建身分社会。

ということだから、番組中、夫婦の平均会話時間が90分と出た時、
「夫婦で(90分も)何を話すねん?!」
という出演者の反応が出ても不思議じゃない。

子どものコト、学校のコト、家族のコト、仕事のコト、ニュースや新聞のコト、見たり聞いたりしたコト、出会った人のコト、ご近所のコト、友達のコト、趣味のコト、思い出のコト…なんやかんや、話をするコトはたくさんあるはず。

ところが、
経済面では夫>妻、
家庭面では妻>夫
という身分制度(分担リーダー制)を作っていると、口を挟む余地はない。
身分上の者たるリーダーに意見するとは不届き千万、秩序を乱す不心得者。
こう分析すると、「関西人≠新しい物好き」というのも、納得できる。

関西の発展遅滞は、こういう伝統芸能社会の住人が、
一つのオピニオンリーダーとして位置づけられているという背景も
影響していると思う。

決して、落語や漫才界の人達が悪いというわけではない。
伝統を守るというのは、ある面では封建的であったり、排他的な要素が必要。
ただし、マスメディアで採用する場合は、
その辺の「差」を踏まえたうえで、コメントを聞ける条件が必要かな?と思う。
10:03  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

やれやれ?

2005.06.14 (Tue)

久しぶりに、保育園に加奈子を送ってきました。
出掛ける直前には、予想通り
「保育園に行きたくない」「楽しくないのぉ?(メソメソ)」と言っていたけど、
「ニモもお父さんと別れて一人でがんばってたやろ?」と
テキトーな例を出しながら、なんとかなだめすかして登園。

保育士さんが、「今日は途中で少々あっても(=しんどそうにしてても)、できるだけウチで看ます」と言ってくれた。このへんが、四角四面の保育園でなくて助かる。時には、そのアバウトさに「うへ?」と思うこともあるけど、今回のようなケースは大助かり。なかには、お迎えが一分遅れただけで、ガミガミと怒られる保育園もあるらしい。

久しぶりに、家で一人。
ゆっくりしたいけど、食材の買い出しやらなんやら、
看病中に行けなかった要買い物品が溜まりまくり。
09:25  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

食べ物いろいろ

2005.06.14 (Tue)

保育園に持って行くはずのおにぎりを使って、お昼のお弁当。こうするとチョットずつだけど、いろんな種類のモノを食べてくれる。でも、面倒くさい。


従弟(埼玉在住)から旭川のアスパラガスが送られてきた。大量に送られてきたので、先日5月25日にオンエアーされていた、「ためしてガッテン」のアスパラガス特集で紹介されていた茹で方「和食の達人に学ぶ 極上のゆで方」でやってみた。塩やマヨネーズなど、なんにも付けずとも、甘みがジワッと広がり、思わず「うめぇ?」。写真の分量で、送られてきたモノの4分の1位。それで送料込みで1500円だとか…北海道はアスパラデフレ。

右は、その番組で紹介されていた、「アスパラの味噌ネーズ焼き」。辛子マヨネーズを使ったせいで、ずいぶん辛くなった。せっかくの美味しいアスパラガスがモッタイナかった。

このところ、毎日酢の物を食卓に。以前は横着していたんだけど、キュウリはやっぱり塩もみして、ギュギュッと水気を絞ると、本当に美味しさがググッとUPする。水気が抜け旨さが際立つ感じ。今日は、ワカメとキュウリと、トマトのざく切りを、ポン酢で絡めてみた。マズイはずがない。
01:04  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

それはあなたの問題!男の問題ではない!

2005.06.13 (Mon)

6月9日放送のNHK「難問解決!ご近所の底力」は「町ぐるみで防げ 糖尿病」
秋から、地域福祉論を教えないといけないので、「ご近所=地域」と位置づけ、
まめにチェック。

糖尿病の食事療法についてのトコロで
「食べる順番に気をつけましょう」
というのがあった。
野菜(食物繊維)→肉・魚(タンパク質)→ご飯(炭水化物)→野菜→…
という簡単な内容。

んが、会場の男性から一言。

「次に何を食べていいのかなんて、男にはわからない」

なにを食べていいのかわからないなんて、はっきり言って情けない。
その"自分"の情けなさを、"男"に転嫁させるなんて、"男"に失礼です!

思うんだけど…
「男らしさ」というモノの一部分は、
個人の情けなさの隠れ蓑なんじゃないかと。
09:52  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

やっぱり

2005.06.13 (Mon)

朝からこれだけグッスリ寝られるってコトは、調子悪いんやろなぁ。
08:58  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT