03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

もうすぐ東京新聞での新連載がスタート

2014.03.15 (Sat)

4月からの東京新聞の新しい連載の原稿。締め切りは明後日だけど、エイヤ!と今日の午後、書き始めたらアッという間に書けた。

今回の内容は、2ヶ月前くらいから担当さんとのやりとりで決まっていたので、書き始めたらスラスラだったけど、書き始めるまでがタイヘンでした。熟成させた時間が長ければ長いほど、結果に欲が出て、欲が出れば出るほど、最初のワンフレーズの壁が高くなり、取り掛かるまでに時間がかかるという構図。

あまりに昼間にゴロゴロと床に転がり、意味もなくiPhoneでゲームばっかりしていて(現実逃避モードに入ると果てしなくやってます)加奈子から「パパァ〜なんでゲームばっかりしてるん?」と言われる始末。

「もうアカン!逃げられへん」と2階の仕事部屋へ久しぶりに入った次第。書き始めると、ネタメモを見るまでもなく、頭の中に入っている題材だけで十分な分量が書けてしまいました。

なんでも自分で買って自分で使うというのは、自由で便利だけど、それだけお金も場所も必要になります。年に1回使うか使わないかわからないようなモノは、隣近所で共有すればイイという内容の話です。

それで思い出したんですが、小学校に入った頃、僕の家には電話がなくて「呼び出し電話」でした。クラスの連絡先名簿(こんな物も今どき存在しませんが)の電話のところには、「呼」の文字が付いた家がウチ以外にもう一軒あった記憶があります。団地の向かいの家の人に、取り次いでもらっていたように思います。

こんな記憶をたどりながら、万物を私有化する代わりに、近所付き合いや人間関係を失ってしまったのかも?という話をサラッと形にしました。
 
22:37  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

お掃除講座のネタ整理

2013.12.16 (Mon)

2013121601.jpg
土曜日に大阪府島本町でする「目からウロコのなるほど!!おそうじ講座」のネタをA2サイズ強の紙に書いていたら、大ネタ小ネタとゴソゴソ出てきて、紙面がグシャグシャに。

メインはいつもの省力化と共同化でいきますが、「そもそも論」の三つ「西洋式暮らしは掃除しにくい」と「モノが多すぎるから掃除しにくい」と「年末は掃除してもキレイにならない」をどうするか考え中。90分という短時間の講座に、原論的な「そもそも論」はなくてもエエかな?という気もしますが、原論なしでイキナリ方法論にいく、あるいは方法論に触れながら原論を素通りするのに、少し抵抗感というか不完全燃焼感をもってしまうのは、研究者的で頭が堅すぎかな?今のところ、「年末は…」だけは共同化との絡みで触れる程度に考えてます。

「上から下へ」
「拭く前に剥ぐ」
「広く薄く拭くと狭く強く磨くでメリハリ」
「白モノは白く、光モノは光らせるのがキレイに見せるコツ」
「家事予防なくして効率的掃除なし」
「大掃除ヤル気にさせる『見える化』3項目」
などを考えています。

それにしても…人生の中から探し物の時間を削れたら、どれだけ時間が有効に使え、イライラも減るだろうか?掃除と片付け収納とは大いに関係のある領域だなぁと。片付いてないから掃除もしにくいし、探す時間も増えるんだな。
 
23:54  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

実は、この配色って

2013.11.08 (Fri)

2013110801.jpg
iOS 7 colorsより)
明日は講演。11月はこれが最後。ちょっと寂しい講演スケジュールだけど、今シーズンはその他の予定がジャカスカ入っているので、ある意味助かっているというのは、昨日も書いたとおり。

明日のリハーサルを午前中に!と思って始めたんだけど、結局、あれやこれやと手直ししているうちにお昼に。午後、通しのリハーサルを再開。なんとか予定時間内に収まりそう。

僕の講演にはスライドを使います。ない方がイイ場合もあるんだろうけど、家事のノウハウを伝えるに当たっては、口で言っても伝わらないことも多いので、見てわかるのを優先させています。「ほら!キレイでしょ?」や「こうやって収納!」というのは、ホンマは現場を見てもらうのが一番なんだけど、それが難しいとなると画像や映像で見てもらうのが一番だと思うんです。

スライドも長い間使っていると、だんだん無駄がなくなってきている気がします。昔はグラフの配色がよく分からず、Excelで作ったグラフをそのままスライドに貼り付けたりしていました。あのExcelのグラフのデフォルト配色、今は改善されてるんでしょうか?

今は、自分でグラフ配色を考えて見やすくアレンジしています。配色に困った時は、このiOS 7 colorsは参考になります。ものすごく計算された配色だと思います。そして、このiOS 7 colorsが登場する前に僕が配色の参考にしていたのは、JRカラー。とくにJR東日本の通勤圏色を参考にしています。京葉線、中央線、総武線、山手線、京浜東北線、横須賀線…という具合です。多少のズレはあるけど、この並びでiOS 7 coloreの一列目も並んでいる気がします。この並びだと違いが見えにくい場合は、並びを入れ替えて使っています。
 
23:51  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

「小さいことはいいことだ」

2013.05.06 (Mon)

録り溜めたVTRを見てます。昨日の朝の「新・ルソンの壺」はグリコのおまけがテーマでした。

「小さいことはいいことだ」

高度経済成長時代の「大きいことはいいことだ」という時代に、「小さいことはいいことだ」と言ったオマケ担当の宮本順三。彼の言葉として、

「やれ所得倍増、経済大国だと大きくなることばかりで、なぜ小さくなろう小さく生きようとしないのか?どうして人類は一寸法師のようになる方法を考えないのか?全人類の一寸法師化に成功したら、オマケの飛行機で飛び回り、自動車に乗る。そうなったら地球の地下資源はすべて無限となる。耕地も宅地も有り余ることになるだろう。はやくアリのような人間社会になりたいものである。」

が紹介されてました。

価値観とは相対的なものだから、絶対に大きい方がイイ!や、いつも元気がイイに決まっている!とは必ずしも言い切れないもの。主流の反対側にもまた価値は存在するもの。想像力や創造力はむしろ小さいからこそ大きく広がると考えるオマケ開発者。いつも元気じゃない、いつも元気にはなれないからこそ、元気の良さがわかるし、元気じゃない人のことも考えられるし、元気になる方法も見えてくる。

今の時流で言うと「強いことはいいことだ」かもしれないが、逆の「弱いことはいいことだ」からも価値はみえるはず。「強い○○」を主張するマッチョ節の本質は弱さ。弱いからこそ、強さを強調してそれを隠そうとする。己の弱さを認めず否定から発せられる強さは薄っぺらい。ペラッペラの強さは、見かけの武力や装備の増量によって表される。そんな自分の弱さと向き合うコトもできないようなマッチョ節よりも、まずは自分の弱さや情けなさやショボさに向き合う強さをもつことの方が先ではないか?と思うのです。

アンチマッチョはいいことだ。
 
09:57  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

どんなにエエことも一気に進めると反発される

2012.10.23 (Tue)

朝、鼻水がツツーッと流れて目が覚めました。急激な気圧変動の影響か、朝から盛大にアレルギー反応。鼻水ズルズル、クシャミも止まらず。たまらず薬を飲むと、今度は言い様のない倦怠感。朝の段階ですでに、「今日一日終わった」感。

とはいえ、なんにもせずにボーッと起きているのもツライので、録り溜めたテレビ番組を一つずつ見ていく。その中のNHK「ビジネス新伝説 ルソンの壺」株式会社大近の回が、とっても興味深かったです(株式会社大近グループのサイト)。

とにかく無添加にこだわり、納得のいく商品を売るためには自社で作ることも辞さずという方針。最初は無添加のうどんから始まり、子どもが食べる機会の多い、ハム・ソーセージにも挑戦。そうして600品くらいを自社製造するという徹底ぶり。他社製品を売る場合は、製法を確認し無理のない個数での仕入れをするという小売りの鏡のような会社でした。

それでも、最初は「色が悪い」「美味しくない」とクレームが多かったそうです。そこで、少しずつ添加物を減らしていき、時間をかけて最終的に無添加にしていったと紹介されていました。

どんなに良いコトであっても、急激に変革してしまうと、どうしてもそれに付いて来られない人を生んでしまいます。もしも、それが本当に良いコトという確信があるなら、時間をかけてでも進めていくのも選択肢の一つです。特に食事や生活に密着する部分であればあるほど、どうしても人は保守的になりがちです。良いか悪いかだけでなく、その良い方への過渡期でのコントロールこそが、マネジメントであり重要では?と考えさせられました。

家事のやり方や考え方、男女共同参画やワーク・ライフ・バランスにも同様のことがいえると思います。
 
14:54  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

男性は変化に弱いのか?

2012.06.28 (Thu)

先日、「男のライフリスク」という講義で、妻が病気になった、父子世帯になった、失業したなどの場合の対処について、男性が仕事と家庭を両立することの難しさについて話しました。

学生からのアンケートの中には、「男性の方が環境の変化に弱いというか、柔軟性が低いのかな?と思う」という記述がありました。

現実的には、上手く変化に対応できず、生活が困窮したり、自暴自棄になったり、はたまた自殺に至ったりする男性もいますが、僕はもともと男性もそんなに変化に対して弱くなく、柔軟性も備えていたと思うのです。

男の子達を見ていると、グッと集中できる子もいますが、アレやコレやと興味がいき、注意力散漫で、野次馬でミーハーなのは、男の子も女の子と同様だと感じます。それは男女を問わずもっている、子どもの特性のような気もします。

ただ、男性が大人になる過程を取り巻く環境には、

「●●一筋××年」
「迷いがない」
「ブレない」
「終始一貫、首尾一貫、首尾貫徹、脈絡通徹」

などなど、男性が変化することをヨシとしない風潮があります。

これは、男性が自発的に求めている部分もありますが、
女性が「男らしいこと」として、男性にそれを求めている部分もあります。

このあたりの環境因子を排除して、短絡的に
「だから男性はダメなのだ」
という結論に行くのではなく、
もう一歩深めて、そうなってしまう環境についても考えて欲しいです。
その環境を構成する半分は女性であるということも。
 
17:07  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

保育園についての講義

2012.05.11 (Fri)

懐かしすぎて仕事にならない!と言いながらも、なんとか保育所に関する講義スライドを完成させ、通しリハも2回したにも関わらず、どうも狙いすぎたせいか、前回の出産についての講義に比べると反応は今ひとつでした。もっとも、前回の講義は、母性看護の講義と前後したという、いいタイミングだったのもあるので、そのまま比べても仕方ないです。

学生からの反応を読んでいて、今回、一番反応していたのは、保育所と幼稚園の違いでした。保育所と幼稚園の両方に通った(通わせた。あるいは働いた)ことのある人は、実際にはほとんどいないので、双方がどうなっているのかは、知ってるようで知らない部分だと思います。

認可保育所と認可外保育所、保育料が応能負担であるという話や、待機児童の問題、これからどうなる保育所?などなど、2~3コマ使ってすべき内容量だったかもしれません。児童福祉だけで15コマ使えるのなら、それでもエエのですが、15コマで社会福祉全般に触れないといけないので、ゆっくりしてられないのがザンネン。

今日の毎日新聞の社説には、
--
行政の規制で質の確保を図ろうとしたことが結果的に待機児童の増加を招いたのではなかったか。保育サービスを増やし、互いに競い合う中で質の向上を促してはどうか。そのためには何よりも選択肢(多数の保育サービス)と情報公開が必要だ。利用者がより良いサービスを選べるようにし、結果的に質の低いサービスを淘汰(とうた)していくのである。
--
とありました。例えば、競争によって本当に質の向上は促されるのか?質の低いサービスは本当に淘汰されるのか?そもそも需要過剰な状態で、わざわざ競合するエリアに新規参入するのか?通っている保育所が淘汰された場合は?など、競争によってホンマに問題が解決するのか、疑問があります。ずっと以前に、介護領域でも「規制を緩和し競争を導入すれば...」と絵が描かれましたが、結果は必ずしも良い方には向かっていません。

もう少し問題を広げると、保育所時代はまだマシで、小学校に上がってからの方が、仕事と子育ての両立にとってはタイヘンです。保育所は夕方から夜まで、子どもをみてくれますが、小学生に上がった途端、13時半に帰ってきたりします。

この講義をするために、加奈子の保育所時代をいろいろ思い出しました。今になって思えば、保育所は子どもだけではなく、親も親として育つ機会を与えてくれる場所だった気がします。子どもを親と保育所(保育士さんももちろん、一緒に過ごす園児やその家族も含めて)が一緒になって育てていたような気もします。

23:58  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

教室に新しいモニター!

2012.05.02 (Wed)

今日は看護学校での講義でした。連休の間のせいか、行きのJRはいつもの3分の2くらいしか客がいませんでした。観光客には少し早い時間帯だったからかもしれません。帰りに乗った昼過ぎの電車は、けっこう混んでました。

教室に行くと、前々から「新しくなる」と聞いていたモニターが新しくなっていました。以前は、天井吊りのブラウン管モニターだったのですが、それが大型液晶モニターになっていました。昨日、学校に電話して確認したので、それにあわせてスライドも作りました。

出産と子育てについての講義なので、講演で使っているスライドを流用できると思って、ノンビリ構えてました。ところが、いざ作り始めると、やっぱり組み直しが必要になり、ほぼイチから作り直しました。スライドを作るだけで時間切れになってしまい、通しは脳内リハーサルのみになってしまいました。

ちょっと予定した時間よりもオーバーしてしまいました。それでも講義時間内には終わらせてますけど、ちょっと後半が駆け足でした。時間がキツくなったのは、セッティングに思った以上に時間がかかったのが原因。アスペクト比の調整と、HDMIケーブルって音声もそれ1本でいけるんじゃなかったっけ?が上手くいかず講義のスタート時間を遅らせてしまいました。休み時間からセッティングしてたんですけどね。MacBook Airでこんなに時間がかかったのは初めて。

学生のコメントを見ると、「母性看護の講義よりも出産のコトが頭に入った」「実体験からの講義は力強い」「これまでにないスライドで楽しかった」など好評でした。次回は、もうちょっと早めに準備に取りかかって完成度をあげようと思ってます。


ところで、7人が死亡した関越自動車道での高速バスの事故。運転手の居眠りが原因だったとか。今日の講義中も居眠りしている学生がいました。講義の後で「寝てたやろ」と聞くと「夜のバイトがキツくて」と。バスの運転手もかけもちバイトで疲れていたという話らしいです。

メインを置くべき時間に眠たくなってしまうと、損するばかりか、取り返しのつかないような事態を招くこともあります。今からでも「仕事中に、眠たいけど寝てしまわない練習」だと思って講義中も頑張って欲しいです。
23:55  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

「結婚相手に求める条件」を突き詰めてみる

2012.04.25 (Wed)

今日の講義は、少子化と結婚についてでした。
日本では、諸外国に比べて婚外子の割合が極端に低いので、結婚と生まれてくる子どもの数とは密接にリンクします。というわけで、今日はとくに結婚について講義しました。

平均初婚年齢や生涯未婚率(現在、男性の5人に1人は生涯未婚)や出逢いと交際期間、見合い結婚から恋愛結婚へなどの説明をしましたが、学生の興味をひいたのは最後に話した「結婚相手に求める条件」についてでした。

多種多様な条件が出てくるかと思いきや、意外とボンヤリ漠然とした条件でした。もっとも19歳や20歳の学生には、結婚はまだまだ遙か先のライフイベントであり、せいぜい現在進行中の男女交際でイッパイイッパイなのかもしれません。僕もその年の頃は、ボンヤリと「笑顔のかわいい人」みたいなことを考えていた気がします。

「性格」という条件は、もっと具体的にどういう面なのかまで突き詰められると、相手も見えてくると思うんです。我慢強い、よく笑う、いつも快活、安定している、落ち着いている、ハッキリしている、裏表がない、丁寧、正義感が強い、ぶれない、柔軟、慎重、行動力がある...相手の条件として「性格を重視する」というのではなく、「○○な性格を重視する」になると絞れておもしろいと思います。

「結婚相手に求める条件」とは、つまるところ自分自身を見つめることです。自分がどんな相手を求めているのか?は、たくさん出遭って、たくさん経験を積んで、たくさんやり直すしか見えてこない面もあります。最初は、「カッコイイ人」「美人」という条件でもイイと思います。いろいろ経験しているうちに、少しずつ修正され「顔なんてどっちでもイイ」になるか「やっぱり最後は顔」になるかが定まるのでしょう。経験を積むためにも、失敗を恐れないことが大切ですね。

ちょっと残念な条件もありました。年齢、出身地、見た目や身長を含めた身体的特徴、親に関することなど、その人の努力だけではどうにもならない条件についてです。その条件を自分に置き換えた時、おそらく自分もどうにもならない悪条件を、一つや二つは抱えているはずですから。

誰しもコンプレックスを抱えて生きています。自分ではコンプレックスと感じてなくても、世間は勝手に「欠点」としてしまっていることもあります。例えば、僕なら158cmという身長。でも、ある時から、逆に身長のことを気にするような相手は選ばなくてイイということに気が付きました。いろんなコンプレックスや欠点は、相手を見極めるバロメーターになります。相手に求める条件で、逆にふるいに掛けられていることもあるわけです。


...と、ここまで講義時間内に話したかったのですが、時間がなくて十分触れられませんでした。今日は時間配分を間違ってしまいました。
22:34  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)

肩書きを変更して新たな一歩を

2012.03.16 (Fri)

熊本県八代市での講演レポートでも触れましたが、この少し前ぐらいから「スーパー主夫」という肩書きに限界を感じ始めていました。

率直に話のできる某自治体担当さんに尋ねてみると、
「ん~スーパー主夫でも悪いことはないけど、女性から誤解されることはあるやろなぁ。『男性が家事するだけでスーパーなん?』とか。それに、予算決済の承認を受ける時に『スーパー主夫って...大丈夫か?』という声を聞くことがたまにあるわぁ」
と、場合によってイマイチな反応もあると聞いてました。

調べてみると、2002年5月からの毎日新聞連載を機に「スーパー主夫」を使い始めて、今年で10年。変えるならキリのいい今や!と考えてみることに。

でも、慣れ親しんだ「スーパー主夫」に変わる肩書きなんて、なかなか出てきません。2007年3月の「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ」で使い始めた「プロ主夫」がせいぜい(こっちは使い始めて5年)。

ここはプロの意見を聞くしかないでしょう!と、企画屋プレスの山口照美さんに相談。あれこれ口にしながら、思い付く端から書き留めていき行き着いたのが、

楽家事ゼミ主宰 / 家事ジャーナリスト


僕が考えていた「○○研究所 所長」「○○塾 塾長」というのも、ちょっとイメージが違う感じだったし、せっかく大学で教師してたこともあるし、ここは「ゼミ主宰」でいこう!と。

さっそくFacebookに楽家事ゼミのページを作り、これからゼミの主旨沿った記事を掲載していくことにしました。

もう一つの家事ジャーナリストは、家事ライターにかわる堅めの肩書きとして使うことにしました。家事ライターって、聞きようによっては火事ライターになって、よろしくないというのもありました。

肩書きは変わっても中身は変わらずの僕ですが、今後は肩書き負けしないように役に立つ情報発信を続けていきます。今後ともよろしくお願いします。
16:21  |  仕事ネタなど  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT