10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

「室内干しのコツ」の前に洗濯槽をキレイにしよう

2011.11.24 (Thu)

2011112401.jpg
寒くなってきました。太平洋側の地域でも洗濯物を外干しするのが難しくなってきたのでは?(今日の京都市内は天気イイですけど)と思います。

屋内干しの問題点として、「臭いが気になる」というのをよく聞きます。「屋内干しでも臭わない」をウリにする洗剤も登場してます(「部屋干しトップ」by Lion)。でも、この洗剤を使っても、繊維に汚れ(とくにタンパク質...具体的に言うと、食べ物のカス、人間の皮膚のかけらである垢、ダニ等の生き物、微生物)が残っていればそれを媒体に雑菌が繁殖し、やっぱり臭いは発生します。

まずはよく洗い、よくすすぐことが大切です。そのためには、洗濯機の水量をちょっと多めにするとか、洗濯物の量を控えめにするとか、洗い時間やすすぎ時間を増やすなど、ボタンでピピッと調整するのが一番お手軽です。

でも、いくら気を付けていても、洗濯機自体が汚れていては、臭い対策も効果半減です。
とくに洗濯機の洗濯槽。
内側はよく見えますが、見えない側はどうなっているのか?

それを確かめるポイントの一つが、糸くずフィルターを外して、そこがどれだけ汚れているか?です。
2011112402.jpg
↑こんな感じだとすると(とくに洗濯槽本体側の汚れに注目)、洗濯槽の外側もだいぶん汚れているはずです。洗濯槽の洗剤を使ってキレイに掃除するのと、糸くずフィルターも新しい物と交換が必要です。

これで、かなり屋内干し、部屋干しの臭いが減るはずです。



よく聞く臭い対策に「臭いがイヤだから洗剤を多めに入れる」があります。もしも、洗剤を多めに入れるなら、すすぎ回数や水量は、それだけ余分に多くすることが大切です。

残留洗剤ほど、ヤヤコシイ存在はありません。皮膚炎のもとになることもあるし、残留洗剤自体が臭いの元になることもあるし、汚れ付着の原因になったりもします。粉末でも液体でも、こぼれた洗剤を触ったコトがあればわかるとおり、洗剤は油でベタベタです。あれが濡れた衣類に残ったままだとすると、空気中の雑菌や付着したタンパク質をしっかり衣類にくっつける役割も果たします。

「過ぎたるは及ばざるがごとし」と言います。洗剤は便利なものですが、入れすぎは不具合の原因です。ちゃんと水量を見て適量を使って下さい。
10:56  |  洗濯  |  Comment(0)

室内干しの臭い対策に糸くずフィルターの交換を

2011.06.05 (Sun)

2011060501.jpg
梅雨時は室内干しの機会が増えますが、「室内干しのあの臭いが嫌い」という声もよく聞きます。

臭いの原因は、臭い対策にという思いで余計に入れられる洗剤が残留して、それが細菌繁殖の温床になっているケースが大半です。残留洗剤を残さないためには、洗剤の量を増やすよりも、むしろ水量を増やす方が得策です。もしくは、すすぎ回数を増やすというのも一つです。

雑菌との接触を防ぐという面から、意外と忘れられているのが、画像の「糸くずフィルター」です。このフィルターに糸くずが溜まってませんか?糸くずという繁殖地があると、雑菌は繁殖します。まずは、糸くずフィルターをキレイに保つことが大切です。

といっても、注意していても、少しずつ汚れて目詰まりを起こしていくのが「糸くずフィルター」。たまには新しく交換してみてもイイと思います(いや、してみるべきです!)。画像は近所のケーズデンキですが、メーカーとそれぞれの機種別に多種の「糸くずフィルター」が並んでます。一つ500円~1000円くらいの値段です。自分が使っている洗濯機の型番と製造年を控えて売場に行くことをオススメします。

「糸くずフィルター」は意外と見落としている人が多いので、是非、一度確認してみて下さい。
22:52  |  洗濯  |  Comment(0)

ヒドい汚れはつけ置き洗いで

2011.06.02 (Thu)

2011060201.jpg
今朝、ランニングから帰ってきて、シャワーを浴びようと風呂に入ると、加奈子の靴下が石けん水に浸かってました。

そういや、昨日の夕方、「★※$~ ☆∮。やっとくしなぁ~」と風呂から大きな声が聞こえてたけど、それはコレやってんな?

ついでに、靴下を手袋のようにはめて石けん塗りたくってゴシゴシ擦っといてくれたら、さらにキレイになるんですけどね。でもまぁ、汚いまま洗濯機に突っ込まれるよりはズッとエエです。

家事仕込みも徐々にだけど、表れてきてる気がします。僕が加奈子に家事を教えられるのも、あと数年だろうし、それまでにチャンと独り立ちできる家事を一通り教えないとね。今日はご飯を炊くチャンスを与えてみようかな?(参照「部下に「与える」つもりで「求めた」失敗」)。

家事自立力を育てる子育てとは、まさに育成の場です。仕事と生活の相乗効果。これぞワーク・ライフ・バランス効果であります。
15:08  |  洗濯  |  Comment(0)

男の下着売り場

2010.11.03 (Wed)

先日、ギターの交換でジャスコ久御山店に寄ったので、ついでに市場調査。
2010103101.jpg
↑これが昭和時代後期からの男性下着売り場。これでも昭和中期のようにワゴンに平積みされてないだけマシでしょう。セール品になると、3枚一組、4枚一組になり、まとめてたたき売り☆です。買うのは妻か母。妻か母が買うのは、たいていこのタイプ。買いやすいように通路寄りや女性下着と隣接した場所に売られています。

前開きか前閉じか?素材は?ゴム周りの加工は?伸縮性は?通気性は?ホールド感は?そんなことは一切気にされず、値段だけで選ばれてきた、この白ブリーフ。昭和の演歌が流れる食堂や居酒屋が似合います。

2010103102.jpg

2010103103.jpg

2010103104.jpg
↑これが21世紀の男性下着売り場。どうです!カラフルゥ~。さすがに、この下着売り場に女性が一人でゴソゴソと買い物している姿は、あまり見かけません(それでもいますけどね)。

僕は常々思うんです。男性下着売り場で女性がゴソゴソ買い物しているのは普通に見られるのに(僕は十分異様に見えますけどね)、なんで逆だとOK?娘の下着をオトンが買ってくるのは、やっぱり「イヤァ~ン」やと思います。妻の下着を夫が買うってのも、妻が要介護状態などなら仕方ないと思いますが、一般的には無いと思います。でも、逆は頻繁にある。

なんで?ヘンやと思わない?

自分の履くモノを自分で決められないというのを、「男として」というか「人として」これでエエンやろか?とは思わないんだろうか?「オレの下着は嫁に買わせてる」ってのは、全然格好よくないんですけど。

自分の下着くらい自分で買おうよ!

女子学生達には言ってます。自分の下着を自分で買わない男子は、たいてい家事もしない。仮にするとしてもきっと雑(パンツなんてどれも同じヤン!的に、食べられたらエエヤン、座る場所あったらエエヤン的な家事かと)。初めてカレシの下着を見る機会があったら「それ自分で買ったの?」と聞くよりも、「それっていくらくらいするん?」と聞くと、ホンマに自分で買ったかどうか分かると。

ちなみに、カラフル画像の3枚目(一番下)はパッチです。パッチと言えば、白かラクダと決まってたのですが、今やこんなにカラフル。
00:04  |  洗濯  |  Comment(0)

「まちかど情報室」追加情報

2008.07.02 (Wed)

実は、「まちかど情報室」で取りあげた室内干し針金ハンガーのアレンジ。
実際に、撮影が終わった後、「どのくらい乾きが違う?」を確かめるために、簡単に重さを量ってみました。

すると、やっぱりハンガーを曲げた状態で干した方が、軽くなって=水分がたくさん抜けていました

厳密にいうと、曲げたハンガーで干したTシャツの方が、若干、照明の当たった時間が長かったんですが。それぞれが何グラムだったかを、記録し忘れたのが残念。ただ、撮影スタッフから「ためしてガッテンみたいやなぁ」という声が出たくらい、差があったのを覚えています。

オンエアーではカットになってたコメントに、
針金ハンガーは失敗しても、簡単に元に戻せる手軽さもあるので、是非トライしてみて下さい」
というのがあったのを思い出しました。
21:26  |  洗濯  |  Comment(0)
 | HOME |