03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

ものすごく久しぶりに…すき焼き

2015.01.06 (Tue)

2015010606.jpg
今日から3学期。冬休み中、わりと長い時間一緒に過ごした家族三人だけど、休み明けの今日も、晩ご飯スタート時に三人が揃っているという珍しい、学校が始まっているのに揃っているというのは本当に珍しい(しつこく)ので、揃ってないと食べられないすき焼きをすることに。

タイトルのとおり、ものすごく久しぶりにすき焼きしました。ということは、平日に三人が揃うというのもものすごく久しぶりと言うことです(さらにしつこく)。

そして、たまたま外を見たら、雨が予報よりも早くあがっていたし、スーパーへ行くと、いつもはもうチョット高いグレードの牛肉が、今日はなぜか100グラムあたり300円引き。これはもうすき焼きだ!すき焼きしかない!と思いながら、それでも「やっぱり鶏肉買って鶏鍋にするか」「買うにしても何グラムにするか」など悩みまくり、肉屋のケースの前をウロウロウロ。商品ケースの向こうのお姉さんは、あまりに僕が行ったり来たりなので、「付き合って下さい!」と告白でもしに来るんじゃないかとドキドキしていたに違いない。何年やってても、買い物は悩み出すとドツボにはまるモノです。

2015010607.jpg
数年前に、すき焼き鍋を処分してしまったので、今はフライパン+カセットコンロですき焼きしてます。割り下を使わない、関西流のすき焼き(正確には、料理研究家の土井善晴さん流のすき焼き)がウチのスタンダード。味付けは肉に直接つけず、底に仕込んだ2軍牛肉と野菜の風味を含んだ蒸気で、脂を蒸し溶かす感じ。肉がエエ時は、砂糖や醤油をドバドバ付けるのはモッタイナイ。肉そのままの味を頂くのがエエんです。

加奈子は、肉のエエ香りを楽しんでいるところに、画面の左から箸がスーッと延びてきているところです。

食べ終わった後も、しばらくリビングにすき焼きの香りが残っていますが、明日からは今月末と年度末へ向けての準備。昨晩、寝る前に作った7項目のリストは2つ片付きました。
 
23:33  |  料理  |  Comment(0)

苺スムージーを作ってみた

2012.05.04 (Fri)

IMG_5268
昨日の、アサイーボールに気をよくして、今日は苺スムージーを作ってみました。美味でした。

ヨーグルト(250g)
牛乳(50cc)
冷凍した苺(ワンパック?グラム)
練乳(大さじ2)

をミキサーに入れて攪拌。
庭に勝手に生えてるミントと、賞味限界ギリギリの苺を載せて撮影。

どうも、シグマ 30mm F1.4 EX DCのクセにまだ慣れません。
Canon EF50mm F1.8 IIのオートフォーカスの精度に比べると、ひとクセありますね。

ミキサーのおかげで、こんなのもできるようになって楽しい。
こりゃ果物は安い時に買って冷凍しておくというのも、コレからの季節にはイイね。
22:49  |  料理  |  Comment(0)

あのアサイボールを再現

2012.05.03 (Thu)

2012043001.jpg
一昨日、「なんじゃこの味は?」となったアサイ。
今度こそチャンと、ハワイでのアサイボールを再現するぞ!
と一昨日の夜届いたミキサーを初投入です。

カメラ(レンズ)がいいとどこぞのカフェの厨房みたいに写ります。


分量は、こちらのFRUTAFRUTAのサイトをそのまま参照。
バナナ1/3、牛乳15cc(アバウトだけど)、氷3塊くらい、をミキサーで攪拌。


そこへ、主役のアサイスムージーパックを、凍ったままペキペキと折って追加投入。


しばらく回すとドロロ~ンと、あのゲル状の物質に。
ミキサーに残ったのをつまみ食い(ちょい舐め)してみると
「おお!この味や!」
とハワイで食べたアサイボールの味になってました!
バナナが入るだけで全然違う味に。

あとは、シリアルボールに盛りつけるだけ。
フルーツグラノーラ、残ったバナナ、特売で買ったいたむ寸前のイチゴ、冷凍ブルーベリーなんかを載せてみると....





なんということでしょう!

あの、ハワイのスムージー屋で食べたアサイボールが再現できているではありませんか。
ばんざ~い\(^O^)/やった~!

スムージーパックは一袋100gですが、ちょうどアサイボール一人前になりました。
いやぁ~一昨日食べた時に、「こんなはずじゃぁ」と思ったんですが、
こりゃコストコで買ったスムージーパックは早々に使い切ってしまいそうです。
09:19  |  料理  |  Comment(0)

あのアサイボールへの道

2012.05.01 (Tue)

2012043001.jpg
ハワイ滞在中、目に付けば食していた「アサイボール(AÇAI Bowl)」(参照)。食べ続けている間、体調も良かったので、「できれば日本に帰っても」と思っていました。でも、なかなか材料が手に入らないんです。「どこかで売ってないかな?」と探していたら、京都にできた「コストコ京都八幡店」に売られているという情報がネットに。昨日、さっそく店に出掛け手に入れました。

038.jpg
ハワイのABCストアで売られていたジュースと同じブランドロゴ(SAMBAZON)の製品でした。

スムージーパックなので、ミキサーで調理することになるのですが、我が家は数年前に(引っ越しの時に?)ミキサーを放出してしまっていました。新しいミキサーが来るまでは冷凍で保存。でも、せっかく手に入れたAÇAIを口に入れてみたくて解凍してみることに。

ところが、5時間くらい経って冷蔵庫に移した袋を見ると、しずくがポタポタ。
2012043001.jpg
固体を入れるにはよくても、液体になると漏れるパッケージだったようです。仕方ないので皿でしずくを受け、一晩冷蔵庫で越しました。

翌朝、いつも食べているヨーグルトにアサイを混ぜてみると、
2012043001.jpg
なんだか冷たいココアのような様子。
そこに、これまたいつもようにシリアルとフルーツグラノーラを加え、最後に牛乳を入れて混ぜる。
2012043001.jpg
こんな感じの食べ物に。

味は...ハワイで食べたアサイボールとはかなり遠い味でした。甘さが加えられたスムージーパックなのと、シリアルもブラウンシュガー添付なのもありますが、アサイのジュースを飲んだ時の感覚と似たようなモノでした。鉄分の多い食品独特の、口の両脇にジワッと残る苦みのような感覚がありました。ハチミツもあるし、なんとでも調理はできると思います。明日は忘れずにバナナを買ってきます!

039.jpg
シリアルヨーグルトだけではスムージーパックを使い切れなかったので、残ったスムージーパックを牛乳に混ぜて飲んでみました。もう半分ヤケクソです。味の方はやっぱりなんとも言いようのないビミョ~な味でした。

そうこうしているウチに夜になり、ミキサーが届きました!Amazonの500円割引券が当たったので、さっそくそれを使っての購入です。こりゃ絶対に明日はバナナを忘れず買うぞ!!


23:57  |  料理  |  Comment(0)

残り物の肉じゃがを活用

2012.03.15 (Thu)

2012031506.jpg
ちょっと前に買って在庫していたのを忘れて、芽が出そうになっている大量のジャガイモを発見。ジャガイモの大量消費には、フライドポテトか肉じゃがです。今回は、肉じゃがしました。でも、やっぱり余ってしまいます。肉じゃがは冷凍するとホンマに美味しくないんです(「ためしてガッテン」2012年3月14日オンエアーの秘技を使えばエエのかな?)。

冷蔵庫で一晩寝かせた肉じゃが。このままでは調理しにくいので、軽くレンジでチン☆します。
2012031501.jpg

耐熱容器に移して、
2012031502.jpg

マヨネーズをチョット付け
2012031503.jpg

それにカットチーズを振りかけ、
2012031504.jpg

余熱していた230℃のオーブンで6分。
2012031505.jpg
時間はテキトーです。チーズが溶けて、ちょっと焼き色が付くくらいが時間の目安。なにしろ、肉じゃがを作る時点で火が通ってるので、チーズの分だけ火が通ればエエのです。

加奈子の感想
「マヨネーズのちょっと酸っぱいのがイイ。肉じゃがにチーズかけてオーブンしただけやと、多分しつこかったと思うわぁ」
超簡単な割りには、いい反応が得られ、子どもにも抵抗無く食べてもらえる味だと思います。

あっさりした肉じゃがでも、コッテリ味付けした肉じゃがでも合います。もちろん、マヨネーズの代わりに、ホワイトソースを使って、ホンマの「肉じゃがグラタン」にしてもイケます(これはけっこう試してます)。マヨネーズの前に、カレー粉を振りかけてもイイと思いますし、僕なら挽き山椒を振りかけて、ピリ辛な味付けもエエなと思います。

グラタンは、煮物の残り物を再利用する洋風の必須メニューです。耐熱容器とオーブン(オーブントースターでも十分)があればOK。煮物を作る時は、二日分作って、次の日は美味しく楽しましょう!
11:00  |  料理  |  Comment(0)

立ち食い串揚げ

2012.02.20 (Mon)

2012022001.jpg
揚げ物は揚げたてが一番美味しいと思います(≧▽≦)ノ
そこでアツアツの揚げたてを食べるべく、今夜は「立ち食い串揚げ」をしました。

これだと、アツアツが食べられるうえに、盛りつけなくて良いし、洗い物も少なくて良いです。卓上フライヤーででも揚げたてはできるけど、食卓で揚げ物をすると、後の掃除がタイヘン。でもキッチンなら、油汚れも掃除しやすい。一石二鳥どころか三鳥や四鳥くらいイケてる気がします。

この写真。ホンマは加奈子の奥で僕が揚げている姿が入れば一番エエのですが、機材と人手の関係で、それができず残念。このところ平日の夜は父娘二人が多いなぁ。

昨日の講演でも「つまみ食いが一番美味しい!」のところを司会の方に気に入ってもらったようです。
2012022002.jpg
今夜は、ご飯を炊かず、昨日、大和高田市で頂いたお土産の「柿の葉寿司」で、串揚げを食べました。柿の葉寿司ももちろん立ち食いです。
22:14  |  料理  |  Comment(0)

ビーフシチュー作ってみた

2012.01.27 (Fri)

2012012701.jpg
昨日の夜はビーフシチューしました。そういえば…と振り返ると、加奈子が生まれてから初めて作ったビーフシチューでした。いつもシチューと言えばチキンクリームシチューになってる我が家。久しぶりに牛肉でシチュー!でした。

2012012702.jpg
久しぶりだったので、あれこれ調べながらの料理。とはいえ材料に「小タマネギ8個」とか書かれても、近所のスーパーには売ってないし、当然のように淡路島産のフツーのタマネギになったりします。牛肉は、個人的にサシの入った油分の多い肉が苦手なので、真っ赤っ赤なオージービーフ。煮込む場合は、これで十分やと思うんですけどね。

2012012703.jpg
まず牛肉の表面に焼き色を付けて、旨味を閉じ込め、ついで野菜類も軽くソテー。普段のクリームシチューは、こんな面倒なことせず、いきなり煮てます。旨味が逃げないとは言われるけど、鶏肉の場合は逃げてもパサパサになったりしない気がしてるんですけどね。

で、シメは市販の「ルー」。
あんまり独自色のない、お手軽ビーフシチューでした。久しぶりだし失敗したくなかったし、結局、トンカツソースを使ったり、缶詰使ったりというレシピが多かったので、だったら一番安いルー!というコトで。

2012012704.jpg
昨晩のチャレンジは、奥に見える、白身魚のフリッター。前回失敗した、フィッシュ&チップスの再チャレンジ。
食卓に緑のモノが無かった!ということに今気付きました。

今回は、分量を間違えないように何度も確認して小麦粉と片栗粉とビールを混ぜる。衣がゆるくなりすぎないように注意しながら…ん?今度は堅すぎるぞ。というわけで、ちょっとビールを足してみる。それでも天ぷらに比べるとはるかに堅く粘っこい衣。「ん~こんなに堅いモノなのか?」と半信半疑ながら、「レシピよりも少し緩めの配合なんだけどなぁ」と揚げ油に投入。

さすがに前回のように衣が離れたりはせず、シッカリ衣をまとったまま。カリッと仕上がった感じ。
一つ試食してみたら、

「カリッというよりもガリッ?」

2012012705.jpg
そして、晩ご飯の食卓に出すと、前回は、「でも美味しいよ」と言ってくれた加奈子に、「脂っこぉ~」と完全ダメ出し。脂っこいというよりも、身が縮んでしまって、一体感がなくなってしまってた気がします。もっと早く揚げ油から引き上げんとアカンかったんかな?

大食いの加奈子の前に置いても食べないってコトは、やっぱりダメってことで、3つも残ってしまいました。

またもや魚のフリッターは失敗。レシピに載ってる衣の配合割合も違うんじゃないか?と思えてきました。気温や湿度とも関係があるだろうから、いつでも誰でも成功するとは限らないってのはわかってるんですが。

「でも、ビーフシチューはサイコー!」とシチューは3皿おかわり。確かに、牛肉の旨味も逃げずに、うまく味が絡んで美味しかったです。

昨晩は1勝1敗。フリッターだけだったら食べる物がなかったな。

次、頑張ってみよう!
12:27  |  料理  |  Comment(0)

お好み焼きには人を惹き付ける力がある?

2012.01.22 (Sun)

昨日、お昼ご飯を食べに出掛けた時に、和子さんから聞いた話なんですが。東日本大震災の被災地での健康相談に入った医療チームでの話。

被災地を回って「健康チェックに来てくださ~い」と言っても、なかなか出てきてくれないのが現実。そこで、炊き出しというか、食事提供というか、そういうのをセットにすることで、とりあえず出るきっかけを作ってもらい、そのついでに血圧を測ったり健康相談にのったりということをしていたそうな。

そんな医療チームのなかで、ダントツの人を集めることができたのが、広島からの「お好み焼きチーム」だったそうです。うどんや豚汁やらおでんなど他のメニューよりも、人が集まった!そうです。

そういえば、お好み焼きって、みんなで切り分けるような、ワイワイというイメージがありますね。例え、1人1枚状態であっても、そこに鉄板という共有スペースがあって、ワイワイ状態でないとしても、複数の人間がいるイメージもあります。

ふと自分を振り返ってみても、一人暮らしの時って、お好み焼きはお好み焼き屋へ食べに行くモノでした。家族ができてから家でも作るようになりました。1人焼き1人食べのイメージがあんまりありません。

以前、果物に付加される家族団らんのイメージという内容をアップしましたが、お好み焼きにももしかしたら、そういうイメージが含まれているのかもしれません。

お好み焼きの嫌いな人ってあんまりいないだろうし、野菜も肉も炭水化物も食べられるし、具のバリエーションの豊かさもあるし、熱さや厚さのイメージもあるし、ソースの焦げや青のりの香りなんかも食欲に訴えるモノがあるし、料理自体にも力があると思います。

お好み焼き。奥が深いです。
10:58  |  料理  |  Comment(0)

スーパーには提案が一杯

2012.01.19 (Thu)

2012011904.jpg
行きつけのスーパーがいくつかありますが、その中でも特によく訪れている店は、店に行くだけでいろいろ知ることができます。その都度、パシャッ☆と撮影して、情報をストックしています。

2012011901.jpg

2012011902.jpg

2012011903.jpg
「スーパー主夫」なんていう肩書きがありますが、結局のところ、僕は「スーパーへ行くのが好きな主夫」みたいなところで、こういうポップや売場の人とのやり取りで、いろいろ料理を覚えていった面もあります。自分のやり方と違うやり方を知ることもできます。

スーパーの情報コーナーなんかに出されている、カード型のレシピなんかも好きです。あれは持って帰り始めるとキリがないので、「お?」と思ったものをその場でみて、覚えて情報を仕入れるようにしています。

ただ売るだけでなく、「なんか役に立った」感があったり、「これならできそう!」感が得られるから、「じゃあ買ってみようかな?」「こっちも試してみようかな?」と思えるんだと思います。その策にまんまとハマってるという見方もありますが。

やっぱりスーパーは楽しい。ついでに家電量販店も楽しい。ロフトやハンズや家事雑貨屋に行くと帰れなくなります。
12:27  |  料理  |  Comment(0)

麻婆厚揚げ

2012.01.16 (Mon)

2012011601.jpg
数日前に、鍋の材料にと思って買った厚揚げ。あの時に鍋に入れ忘れて、はや数日が経過。「今日こそナントカせねば」と思いいろいろ厚揚げの活用メニューを考えてみたけど、鍋以外といえば、酒のアテ系などしか思い付かず、おかずとしてはパッとしない。

厚揚げも、もとは豆腐だとしたら…

と思い、麻婆豆腐の豆腐の代わりに厚揚げを入れてみたらどうなる?を試してみました。

在庫の厚揚げの量が少なめだったので、コンニャクも加えてみました。コンニャクは、きっとなかなか暖まらないだろうと思い、鍋でひと煮立てさせ、ザルに上げる時に、先に厚揚げもザルへ。コンニャクを煮たお湯で厚揚げの表面の油分も洗い流しカロリーオフ(揚げを一度熱湯をかけて酸化した表面の油を流すということが言われてますが、科学的なところは?でよくわかりません)。

麻婆豆腐の素をフライパンで温め、そこへ厚揚げとコンニャクを投入。そしてひと煮立ちさせて、最後に白ネギのみじん切りをパラパラッとふって完成。いちおう出来たてを加奈子に試食してもらい「完璧!とくに厚揚げサイコー!」のOKが出たので、そのままで食卓へ。

2012011602.jpg
今夜は、タケノコの炊き込みご飯と残り物のもやしとピーマンのキムチ炒め、これまた鍋の残りの白菜と鶏肉と白ネギ(みじん切りした残り)のスープ。

やっぱり加奈子の言うとおり、厚揚げとコンニャクの麻婆は美味しかった。厚揚げは、豆腐のように崩れないから、料理しやすいし食べやすい。コンニャクは量をごまかすには最適。そして厚揚げとコンニャクのコンビ相性は、おでんでも確認されてるので問題なし。

これからしばらくの間、麻婆はこのパターンになるかもね。青ネギやシメジをいれてもイケそうです。
22:11  |  料理  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT