01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

200冊到着!

2008.09.10 (Wed)

Img_2603s.jpgいやぁ~『手抜き家事のススメ』の担当さんは、仕事が早いね!メールで発注した数日間には、ウチに届きます。ありがとうございます!

今回は、ドドンと200冊!

いつも100冊なんだけど、今回は倍。
大丈夫なんでしょうか?(^^;
いやその、これを2階に持って上がらなアカンのですが、「ガラスの腰」がガクッといってシマヤせんかと…。それと、請求書の金額を見るのが心配。

これは僕と来場者とのコミュニケーションツールであり、僕の楽しみでもあるので、たくさん冊数があればそれだけたくさんの人と触れ合えるわけです。

会場販売も、事前に問い合わせていれば、かなり柔軟に対応してくれるみたいです。
12:18  |  [手抜き家事のススメ]  |  Comment(0)

家事ツッコミ本

2007.10.16 (Tue)

先日、東京に行った際、「手抜き家事のススメ」の担当さんとランチしました。あれこれ、大事な話からくだらない話までいろいろしたんですけど、その流れで「家事ツッコミ本」という話になりました。

例えば、「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ (別冊宝島 1400) 」に「突然の来客!5分でキレイに見せるそうじ術!」ってページがあるんですけど、これにツッコミ入れるとすると

「5分しかないんやったら、
こんなモン読んでへんで、
さっさと掃除しぃや!
読んでる間に5分経ってしまうやん!」


デス。

考えてみれば、家事系の本って、一冊買って何ページ使える情報あるかな?
レシピ本一冊買って実際に作るのって何種類くらい?

家事本って「こんな感じのインテリアにできたらエエなぁ」「うわぁ美味しそう!」「これならいつもキレイかも!」などなど、ある意味「夢を売るファンタジー本」なんかも。実行はともかく、ヒント集なわけだから、「やってみてもイイかな?」という気持ちになってもらうのに主眼が置かれるコトも。

てなわけで、ファンタジーってことはツッコミどころ満載な領域なわけです。話してて、あれこれネタが出てきました。罪のないところで、自分の本にツッコミを入れてみるコトから初めてみました(笑)



プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ (別冊宝島 1400) プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ (別冊宝島 1400)
(2007/03)


この商品の詳細を見る




10:30  |  [手抜き家事のススメ]  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

さらに100冊

2007.09.28 (Fri)

この時に送ってもらった90冊が無くなったしまったので、新たに100冊注文しました。

さすがに、発売から半年経ってしまっているので「在庫確認します」といわれましたが、無事に100冊届きました。

10月からの講演ツアーには会場に持参します。240冊を僕自身で購入しているわけですね。といっても刷数(16000部)からいうと、ごく一部分です。
15:42  |  [手抜き家事のススメ]  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

会場販売用に90冊!

2007.04.25 (Wed)

発売前に出版社から送ってもらった50冊が、お陰様ですでに残りわずか。

5月からの講演ツアーに先立って、会場販売用に90冊取り寄せました。段ボールにキチキチに詰め込まれて届きました。

著者割引は2割。会場では定価890円の10.11%引の800円で販売してます。会場でとくに儲かるわけではないのです。それでも、会場には持って行きます。

講演会場で「質問やご意見は?」と言われても、なかなか発言できないものですが、販売を通してなら、一言二言、来て下さった人と会話ができるので、それがウレシイのです。これから、各会場をエッチラオッチラ持って回ります。
11:46  |  [手抜き家事のススメ]  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

890円でわかる価値基準

2007.04.13 (Fri)

「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ」が890円で発売されましたが、値段っていうのは価値基準をはかるうえでとってもおもしろバロメーターやなぁと感じる今日この頃。

中身を見て「内容とあわせてトントンかな?」「お買い得!」「ちょっと高くない?」というのは、たいしたコトじゃない。

おもろいバロメーターというのは、
値段を聞いただけで、「あ、安いヤン」「高ッ」という反応。

これは、その人の生活水準というか文化水準がわかってしまうのです。これが3000円の本なら、「高い」と感じるのは、相場的に考えてある意味自然でしょう。大学院に在籍していた頃は、これでも「専門書としては普通の値段」だと思ってました。
11:11  |  [手抜き家事のススメ]  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

おおおレビューが2つに!

2007.03.23 (Fri)

Amazonの「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ」のサイトに、レビューがもう一つ加わっていました。

書き手は、Roland時代の先輩で、現在は「がくえん理数進学教室」の主催であり、数学者の鍵さん。そもそも、僕が出版というモノに向き合ったのは、最近、ものすごい勢いで書籍を出版している鍵さんと再会したことが影響しています。

単行本や新書の出版の話を聞いて、「ほな、僕も企画書書いてみます」と、それらしきモノを作って出版社に送っていたところ、宝島社から「ムックを出してみませんか?」という打診が入ったのでした。動き始めたところに打診があったので、「これもご縁!」と感じ「よろしくお願いします!」と即答。そして、今回の出版となったのでした。

やっぱり、なにか動かないと、なんにも変わりませんね。「なんやぁ?動いても変われヘンやんか」と思っていても、見えないところで物事は動いているかもしれないですね。動き続けるコトは大切ですね。また、鍵さんのパワーを思い出して、ググッと動いてみるか!
23:25  |  [手抜き家事のススメ]  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

再び営業へ

2007.03.21 (Wed)

新聞広告が出たこともあって、ちょっと回復傾向にある足を気にしながらも、京都市内の書店二箇所に顔を出してきました。

紀伊國屋書店MOVIX京都店は、一度、入荷された2冊がすぐに売り切れてしまったたまに、取り寄せて平積みにしてくれていました。「今朝の朝刊に広告が出たので」と伝えると、「よかったら、手書きのポップなんかを持って来てくれると置きますよ」と言ってくれました。平積みの在庫もあと5冊になってました。

三省堂書店京都駅店は、以前、顔を出したときに、「ポップ作っときますよ」と言ってくれた店です。今日は、ポップは外れてて見ることができなかったんだけど、平積みのまま在庫もあと数冊になってました。

足が調子よければ、もうちょっと回れたんですけど、無理のない程度にしとかないとね。
移動中のタクシー運転手も、「そんな本なら、ひとつ嫁さんに買ってみますわ」と言ってくれたので、本の紹介入り名刺を渡しました。

Amazon.co.jp ランキングは、昨晩80,000位台だったんだけど、
<12:16>にチェックしてみたら、なんと3,108位!!
その後、
<14:17>には、657位 まで上がってました。
その時は、Amazonのベストセラー「暮らし・健康・子育て」部門の37位にランクイン!!でした。
<17:39>には886位と落ち着いてきた感じです。
<18:04>には620位と再び上昇!「暮らし・健康・子育て」部門の36位にランクイン!!でした。
<21:26>には926位と再び落ち着いた感じ。

ものすごい乱高下ですわ。
ネットトレーダーの人って、こうやってズーッと上がり下がりを見てはるんやろか?
広告の力ってスゴイですね。
18:08  |  [手抜き家事のススメ]  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

新聞広告に載りました!

2007.03.21 (Wed)

今朝(3月21日)の朝日新聞(大阪・東京版)4面「政治・総合」欄の下5段に、宝島社のムックの広告が出ていて、僕の「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ」も載りました。

思った以上に、欄の幅があって驚き!毎月、ものすごい数のムックが出版される宝島社。今回、載ったのは7冊。タイミングの良さや担当さんのプッシュもあってのコト。少しでも、読者の目にとまるとウレシイです。
09:08  |  [手抜き家事のススメ]  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Amazonのレビュー

2007.03.20 (Tue)

なかなかUPされなかった、Amazonの僕の本のページのカスタマーレビュー。
やっと今日(発売から半月後)、一件掲載されました?(^^@)/
やっぱり、一つでもコメントが載ってるのってうれしいです。
「スマイル(大阪府大阪市)」さん、ありがとう!



★チャートでわかる「あなたの家事パターン」★
20:13  |  [手抜き家事のススメ]  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

新聞広告に出ます!

2007.03.16 (Fri)

3月21日春分の日の朝日新聞朝刊(東京版・大阪版)。
宝島社の広告欄に僕の「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ」が載るそうです!

サンプルを見せてもらったんですけど、
これが、5段の広告で、縦5段×横幅も結構あって、
「プロ主夫山田亮」がなんだか目立ってました。

毎月ものすごい数の出版物がある宝島社の広告に、
たった7冊しか載らないのですが、その一つに選ばれたみたいです。

ちょうど、お昼休みに、携帯メール繋がりの友人達に、「本が出ました」と★チャートでわかる「あなたの家事パターン」★を送ったところでした。

書店回りや、こういう地道なメール案内も、いつか多くの人が読んでもらえるコトにつながればエエなぁ?と思います。

「家事が苦痛で仕方ない」
「我ながら散らかった部屋にガッカリする」
「片付けない夫や子どもに何からさせたら?」という人に、是非読んでもらって、
「そうか!こういうコトをすればエエのか!」と思ってもらえればとってもうれしいし、
簡単家事を実行してもらうコトで、きっと毎日が楽しくなっていくと思うんです。
14:03  |  [手抜き家事のススメ]  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT