01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

日の出町まで日帰りツアー

2018.02.17 (Sat)

2018021703.jpg
東京都日の出町での講演(詳しくはこちら)に日帰りで行ってきました。

相変わらず滋賀県北部はどんよりとした曇り空。今回は、伊吹山の様子を見る余裕がなく、気が付けば木曽川でした。ずっと今日明日の講演内容の確認作業。そして、次に気が付いたら掛川駅通過。この辺りになると、また天気がいい。そして、富士山は今日もペカッと。
 
2018021704.jpg
東京駅の中央線ホームは最上階。独特の屋根の頭が見えます。
 
2018021705.jpg
日の出町。駐車場の日陰部分には、雪が残っていました。そして講演会場の会議室には、ロボット掃除機!
 
2018021706.jpg
衝撃の楽屋弁当は、京都御池の「串くら」。楽屋弁当の中では、辛さ控え目でとっても美味しかったです。が、しかし、京都から東京に来て京都の弁当を食べるとは思いませんでした。そういう意味で衝撃でした。
 
2018021707.jpg
帰りは新幹線で駅弁。駅弁、あんまり好きじゃなくて、いつもエキュートで買ってるんですが、今回は久しぶりに駅弁!でしたが、僕の好きな魯肉飯ではなく、「ルーロー飯」でした。よく見ると、「台湾風」という「風」が付いてましたから、アレと同じでなくても当然。やっぱり魯肉飯は温かいご飯で食べたいです。

帰りの新幹線。エージェントに取っ手もらったチケットがあったんですが、グリーンポイントの使用期限が近づいていたので、取っ手もらったチケットを払い戻し、自分で購入。払い戻しの手数料が当日レートの30%。昨日、払い戻してもらえば、もう少しお得だったのに。とはいえ、帰りはユッタリ座って帰れました。車内でノンビリしたかったのですが、明日の講演の準備もあり、気が付けば名古屋。次に、気が付けば、米原駅を通過でした。
 
22:58  |  家事・子育て  |  Comment(0)

教育美術展覧会を見に行った

2018.01.20 (Sat)

2018012002.jpg
 
2018012003.jpg
京都府学校文化芸術祭教育美術展覧会を見に行きました。加奈子が美術の時間に描いた油絵『北アルプスの朝』が、展示されていました。

これまでとくに美術部に在籍したとか、絵を習ったといこともないですが、小中高とそれぞれ展覧会に出展されたことに。

いわゆる模範的な絵というよりは、他の人が描かないタイプの絵が多いように思います。教わってないから描けるのかもしれません。本人も「こんな絵で出展されてエエのかな?」といってます。

タイトルの「北アルプスの朝」ですが、夏合宿(この時)での北アルプス縦走1日目の朝の様子。なにしろ晴れたのはこの時だけ。あの雨続きの合宿も役に立ったということ?

 
16:32  |  家事・子育て  |  Comment(0)

排水マスの掃除

2017.12.21 (Thu)

2017122101.jpg
今年2月の排水マスから水が溢れ出る事件(この記事)があり、業者を呼んでなんとか解決したことがありました。あの時、「できれば3ヶ月毎に排水マスを洗浄して下さい」と言われ、6月に洗浄したんだけど、9月にした記憶がない。12月に入ってズルズル先延ばしにしているウチに15日も過ぎた18日。やっとのことで、排水マス洗浄にとりかかることに。

フタを開けると、白い付着物が。6ヶ月放置しただけで、なんか怪しい雰囲気に。
 
2017122102.jpg
ケルヒャーの高圧洗浄機でブワッと。湯船の排水をしながら洗浄すると、流れやすいくて簡単。
 
2017122103.jpg
セッティングから洗浄終了まで15分くらい。キレイになった排水マス。次は3月か…と思って、片付けに取り掛かると、
 
2017122104.jpg
水道の接続が抜けない!この蛇口、なんだかフニャフニャな感じでくっ付いてるので、ホースをグイッと引っ張ると、蛇口まで取れてしまいそう。蛇口が抜けたら…水がドバーッとあふれて大惨事…と想像すると恐ろしいので、ユルユル引っ張るんだけど抜けない。

なんとか抜けたけど…せっかく排水マス洗浄が簡単に終わったのに、ホースを抜くところでグッテリ。次は緩く接続するぞ!と。排水マス洗浄の道は険しい。
 
20:51  |  家事・子育て  |  Comment(0)

下館ははるか遠く(名古屋、東京寄り道記)

2017.11.13 (Mon)

2017111301.jpg
11月12日開催の茨城県筑西市(もよりの駅は下館駅)での講演に向かうべく、前日から東へ移動。途中、元連載担当さんの出演するトークショー(こちらの記事参照)を聞くために、まずは名古屋で下車。少しトークショーが長引き、味噌煮込みうどんを食べる予定が、新幹線ホームのきしめんを食べることに。
 
2017111302.jpg
新幹線ホームのきしめん屋は4箇所あるけど、そのうち3箇所は「住吉」。大学時代に僕が住んでいたのは大阪市住吉区。娘が通っていた保育園が住吉保育園。なにかと住吉にご縁があります。
 
2017111303.jpg
そして、下り新大阪方面ホームの東京よりにあるきしめん屋だけが他の店。他は四角い揚げが、ここは三角。

名古屋駅近くの店でご飯を食べる機会がなかなかなくて、店探しも今ひとつ要領を得られてません。新幹線ホーム側のエスカが、とりあえずひとそろい揃っていて便利なようだと気が付いたのは、名古屋を出発した後のこと。

一番上の画像の通り、富士山キレイに見えました。雪をトッピングした富士山。冬が近づいていますね。

さてさてお宿は東銀座、というよりもむしろ築地のホテル。東京駅からどうやって行こうかと探すと、いろいろルートが出てくるんだけど、一番安い東京→(丸ノ内線)→銀座→(日比谷線)→東銀座という一駅ずつ乗ることに。乗換距離も意外と短くてマシな方。

ホテルに着いて、トークショーの内容を記憶のあるうちにざっくりまとめた後は、日の入りまでの約1時間を有効に使うべく散歩。
 
2017111304.jpg
ホテルを出て、北西の方向に向かうと銀座や有楽町。そっちは後から行くので、ここは逆の南東へ。ホテルのすぐ隣のブロックには、いつまであるのかわからない渦中の築地市場。どうでもいい話だけど、世間では「つきじしじょう」と言われてますけど、確か子どもの頃、「目に見えるのは『いちば』、見えないのは『しじょう』」と習った気がするんです。建物や汚染水がどうのという見えるここは「いちば」なんじゃないの?と思うけど、今のご時世的には「つきじしじょう」なんでしょうか?
 
2017111305.jpg
その築地市場のすぐ隣の隅田川にかかっているのが勝鬨橋(錢高組の勝鬨橋解説サイト)。ウチの近所に掛かっている澱川橋梁もなかなかのヘビーメタルな橋ですが、こちらも重量感あふれる橋。表面のリベットが、これまた美しいのです。
 
2017111306.jpg
中から見た鉄骨組の幾何学模様がこれまたスバラシイ。
 
2017111307.jpg
そして真ん中部分。かつてはこの部分が跳ね上がり、その間を船が通行できた部分。今は固定されているらしいけど、それでも画面左のような大型車両が通過すると、ギシギシいいながら揺れる揺れる。橋が抜けてしまうんじゃないかと思うくらいの揺れ。
 
2017111308.jpg
勝鬨橋を渡ると、そこは月島。ここから今度は北東に向かう。そのまま南東に向かい、築地から豊洲に向かうという、「昨今都政で話題の地を歩く」のも一興だったけど、ここはもうチョット歩いて趣のある方向へ。

屋形船が係留してました。こういう街中に船が係留してある風景が好きです。大阪でも見られますし、京都でも川や疎水沿いなどで見られます。郷里の高松でもかつてはよく見掛けました。いわゆる心象風景というヤツでしょうか?東京でもこういう風景にであうと、なんだか知らない土地だけど、馴染めそうな気がしてきます。
 
2017111309.jpg
商店街が見えてきました。月島西仲通り商店街。真ん中の道路は車両通行止めの歩行者天国。
 
2017111310.jpg
昭和臭プンプンのイイ感じの商店街。その脇道は、もっと昭和!あの時代で止まっているような町自体が昭和展。大阪市立大学へ通っていた頃は、こんな感じの路地に入ったアパートに住んでいたので、これも一つの心象風景。路地好きです。
 
2017111311.jpg
そして、この商店街は、もんじゃ焼きストリート。お昼のきしめんが、まだお腹に残っている時間帯だったので、ここは美味しそうな香りの誘惑を振り切って、その先へ。
 
2017111312.jpg
途中の三番街の端にある交番。「空襲で焼け残った、日本で一番古い交番で…」というガイドさんの声が聞こえて、思わず振り返った交番。学生10人以上がガイドさんの話を聞きながら散策。この絶妙な距離感が今どきの学生やなぁと。
 
2017111314.jpg
そして、僕が向かったのは佃島。東京という大都会の真ん中にある、これまた昭和で時間が止まったような佃島。

ここは今の大阪市西淀川区佃(駅で言うと阪神本線の千船駅)の人達が江戸時代に移り住んだ町。移り住んだ由来が、これまた歴史的。本能寺の変で、岡崎城に帰ろうにも足がなく、大坂で立ち往生していた徳川家康。その家康に舟を提供したのが摂津国佃の漁民達。家康はその恩返しとして、彼らに江戸での居住地と漁業権を与えたという話。

画像は、佃島の佃煮屋。まさにこの地が起源。
 
2017111313.jpg
やっぱり、ここでも路地が気になる。

2017111315.jpg
この鳥居の川側(かつては海側)には住吉水門があり、そこから一直線に水門、鳥居、神社と繋がっています。
 
2017111316.jpg
住吉神社。今日は住吉にご縁あり。奥に見える鳥居の扁額は、陶製というちょっと変わった扁額。
 
2017111317.jpg
そして佃島が漁業の島であることの証とも言える風景。ここにカモメが写り込めば最高なんですけどね。向こうに見えるのは、日の出湯と大栄マンション。マンションの1階に銭湯!なんて便利!僕も大阪で下宿してた時は、徒歩2分の銭湯に通ってたので十分便利だったけど、1階が銭湯というのには負けます。
 
2017111318.jpg
そんな佃島の遠景を佃大橋から撮ると、こんな感じになります。PCゲーム「A列車で行こう」の現実風景のようです。
 
2017111319.jpg
そして、佃大橋からもう少し北に視線をずらすと東京スカイツリー。
 
2017111320.jpg
カメラの望遠を使って拡大。ここだけ夕日が当たって、赤いスカイツリーに。

2017111326.jpg
ここまで来たので、近くにある聖路加国際病院を回ってみることに。教え子が何人かここで勤めてました(今もかな?)。医療や看護の世界では、有名な病院。日没寸前、ちょうど十字架のところに最後の日の光が当たって輝いています。
 
2017111321.jpg
この辺りに来ると、急に腹が減ってきた。月島のもんじゃ焼きまで戻るか…とも思ったけど、ここは銀座方面に足をすすめてみる。が、銀座方面、まだ開店してない店が多数。仕方なく有楽町まで歩く。せっかく有楽町まで来たのなら高架下へ。ということで、線路の下の居酒屋へ飛び込む。おやつとジュースを飲んでとりあえず回復。
 
2017111322.jpg
一杯700円というなかなかのお値段の生中ジョッキでしたが、見ての通り10回に分けて飲んだ後がクッキリ。これは泡の作り方が上手だったからです。もちろんグラスの管理やサーバーの管理も行き届いている証拠です。値段の分は価値ありです。
 
2017111323.jpg
おやつとジュースを飲んで、お腹も落ち着いたところで、一度ホテルに帰ることに。帰り道、歌舞伎座の前を通って気が付いた。「仮名手本忠臣蔵」の「山崎街道鉄砲渡しの場」を上演中。勘平さんと千崎弥五郎のところ。幕見席も残ってたみたい。時間を見ると、夜の部の待ち合わせ時刻と重なる。う〜残念。
 
2017111324.jpg
 
2017111325.jpg
歌舞伎鑑賞の名残惜しさもあったけど、とはいえ夕食は、知り合って12年の友との楽しい飲み会。もう会う前から話したいこと山盛りで、楽しくないわけがない。やっぱり始まったらその通りで、7時半から飲み始め引き上げたのは23時半。それでも喋り足りない!合宿でもしないと、とうてい喋り尽きませぬ。その間にもまぁたくさん飲みました。翌日は講演だというのに、喋りまくってしまったし。でもホテルの加湿器が超優秀。翌朝には喉も潤いスッキリ。

風の強い名古屋と東京でしたが、気温はそれほど低くなく、日向にいると寒さはマシでした。夕方は歩いて温もり、夜は酒と話で温まり、楽しい移動日でした。
 
18:32  |  家事・子育て  |  Comment(0)

カーテンを洗った

2017.10.31 (Tue)

2017103101.jpg
天気が安定してよかったので、ずっと気になっていたカーテンの洗濯をしました。

レールから外して、洗濯機に入れて洗浄した後、脱水と送風でかなりいいところまで乾かした後は、カーテンレールに吊して仕上げの乾燥。窓を全開にしてとにかく自然風をあてて乾燥。

白くあるべきモノが白くなるだけで、キレイに見えるモンです。いやはや、洗う前はほこりイッパイでした。とくに上の方。久しぶりにレールとフックもきれいにできました。

西日本は明日(11/1)も天気がいいようです。カーテンを洗う今年最後のチャンスかも。
 
22:48  |  家事・子育て  |  Comment(0)

運動会3連チャン

2017.10.01 (Sun)

2017100101.jpg
しばらく更新が滞っていて、約月年ぶりの更新。

良くも悪くも忘れられない事態がいろいろあって、なんとなくノベッと過ごす毎日でしたが、ここ数日は人と会いまくり、喋りまくり、なんとか自分が戻ってきた気がします。

そんな9月月末から10月1日の三日間は、加奈子の通う高校の運動会、地元の小学校の運動会、そして校区自治会の運動会と3連チャンな週末でした。 今日10月1日の自治会運動会は、組長当番で体育振興会の役が当たっているのもあって、決勝係(順位確定係)を担当。

昨日、小学校の運動会が終わる時間に集合して、今日の設営準備。これがまた…仕様書のようなモノが存在するのに、長老クラスの人が大事に抱えてるもんだから、なかなか若手が上手く動かない。なんやかんやと1時間半と少しかかってなんとか設置。

今朝は、開会1時間前に集合して、各役割の説明を聞いたり、分担を決めたり。中には「?」のまま競技が始まり、やっと「そういうコトだったのか!」とわかることも。周囲は体振役としてはじめて参加という人ばかり。お互いに「こうかな?」「こうやろなぁ」といいながらの試行錯誤。

おかげで、午後の競技はすっかり息も合い、スムーズ。記録係や景品係も、だんだんと顔がわかってきて、「ホナ!」「よっしゃ!」な感じ。

片付けは設置に比べるとアッという間の出来事。昨年のことはなかなか思い出せなくても、昨日のことはさすがによく覚えてるもんです。「これは倉庫でしたね」「これは体育館で」とサクサク進行。非力な人は非力なりに、怪力の人は怪力なりの役割を果たしながら、すんばらしいチームワーク。

大きなけが人もなく、無事にすんでホッと。PTAもそうだったし、今回の体振役もそうだけど、引き受けるまでと引き受けてからは「あ~メンドウ」と思うこともあったけど、やってみると新しい人間関係は生まれるし、一緒に作業する人がいるというのは、僕のような個人事業主にはとても貴重な瞬間で、今となっては「引き受けてヨカッタ」と思えます。

今日もPTA役員時代のママ友と久しぶりに会って、アレやコレやといろいろ話しました。昨日の小学校の運動会でも、当時のメンバーが顔を揃えて「こうやって話してると、なんか、山田さんもどこかその辺にいそうな感じよね」と話してくれてたそうです。ありがたいコトです。


上の画像は、昨日の夕方。今日の万国旗を張った時のもの。懐かしい「ソビエト連邦」の旗が!もはや今どきの子ども達にとって、ソ連とは唐やオスマントルコやプロイセンなどと同じ、歴史上の国の一つなんでしょうねぇ。そうそう買い換える物品でもないのでしょうけど、少なくとも四半世紀以上使われている万国旗であることは確か。

 
22:45  |  家事・子育て  |  Comment(0)

さらば金のスーツケース

2017.09.06 (Wed)

2017090602.jpg
本日の大型ゴミ回収で我が家の(というか和子はん専用)スーツケースが廃棄となりました。
 
2017090601.jpg
記録を見ると、2015年3月8日に存在し、翌日からイリノイ州に向けて飛び立っております。

アメリカ大陸に数回、アジア大陸にも数回、その他、日本国内のあちこちへ飛びまくっておりますが、今年3月のハワイでの学会出張時に、キャスター周辺部がへこみ、それ以降出番なしとなっておりました。十分モトはとったと思われますが、いかんせん商品サイクルは速い。大型スーツケースはもう一つあるので、当面はそっちを使うようです。が、いずれまた「やっぱり買おう!」となるのでしょう。

「金色」というよりはメタリックイエローといった感じですが、空港のコンベアでも目立ち、すぐに判別できる色でした。が、底面の強度は今ひとつだったようです。空港でのワイルドな取り扱いへの耐性は今ひとつだった模様。


 
21:46  |  家事・子育て  |  Comment(0)

加奈子、無事に帰ってきました(その2)

2017.08.27 (Sun)

2017082701.jpg
以前から「どうしようかなぁ」と言っていた名古屋行き。
半分以上、冗談かと思ってたら、
「天気もイイし、やっぱり行くわ!」
と言って今朝10時頃行くことに。

出掛けたのはこれ!
18thシングル「逃げ水」発売記念 全国握手会 愛知会場@ポートメッセなごや

あのヘタレの加奈子が、
一人で新幹線に乗って、
あおなみ線に乗り換えて、
行列に並んで、
握手会に?!

そんな事ができる財力と、行動力と、親の合意があるなんて、ホンマにうらやましい。自分が16歳の時には、どれもなかったな。そもそも、一人で県外に出るという発想すらなかった気がする。田舎の子どもだったというのもあるし、いろんな意味でショボかったというのもある。

そして、出不精だった加奈子に、ここまで行動を起こさせる乃木坂46の影響力もスゴイ。

次の1月には大阪でも握手会があるらしいので、そっちでもイイと言えばイイんだけど、なんせ今日は、加奈子のお気に入りの松村沙友理の誕生日でもある。「やっぱり行かねば!」と思ったらしい。

11時半に家を出て、会場まで行き、帰りに京都駅近くで服を眺めて、帰ってきたのは18時半。行きは、新幹線の自販機の扱いで「わからん」と電話が掛かってきたり、「自由席ってどこ?」とメールが来たり。それが帰りはトンと無し。いやもう、「便りが無いのは良い知らせ」です。

考えてみれば、高校生活もあと数年。そこから先は、たぶん京都を離れることになるだろうし、もしかすると海外へも?そう考えると、名古屋くらいでガタガタ言ってる場合ではないなと。

加奈子、はじめて一人で新幹線に乗った記念日でした。


握手会についての話は、晩ご飯を食べながら「ほほう」と聞かせてもらいました。行ってみてはじめて分かったこと、行ってからこそ感じられたことなど、いろいろあったみたい。「来てる客層がスゴかった」とも。

体験を通したものは、それがプラスであってもマイナスであっても活きると思います。知ったような、わかったような気になってるのが一番マズいと思います。若いうちに、いろんな体験をするというのはエエことです。それを親が「ダメ」という理由はまったくないと、僕は思います。


…今日の件で、親としての役目がだいぶん終盤に入ってきたのを実感しました。離陸は最終フェーズに入ったな。

 
21:05  |  家事・子育て  |  Comment(0)

加奈子、無事に帰ってきました

2017.08.14 (Mon)

高校の山岳部の夏合宿に出ていた加奈子は、昨日、夕方18時頃、無事に家に帰ってきました。行程計画からは大きく変更されたコースを行く、2泊以上の山行デビューの加奈子には、キビシイ合宿になったようです。

出発は9日の23時。祇園四条のバス停から、ウィラーのバスで富山駅まで。翌朝4時半頃に到着するという車中泊。しかし、機内泊はしたことがあっても、車中泊などしたことのない加奈子は、ほとんど寝られずだったそうな。僕がはじめて車中泊したのは、22歳の時。その時も一睡もできなかったので、気持ちはわかる。そして、そんな完全寝不足から始まった北アルプス登山。

ルートは、富山駅→薬師岳→(泊)→北ノ俣岳→黒部五郎岳→(泊)→三俣蓮華岳→双六岳→(泊)→新穂高温泉。

ところが寝不足だったのは、加奈子だけではなく、いきなり体調不良のメンバーが。

2017081401.jpg
初日は、こんな天気でもあり、熱中症らしき症状が出ているメンバーもいて、早速、初日から予定が変更に。薬師岳へはアタックせず、薬師峠キャンプ場までに。
 
2017081402.jpg
キャンプ場にテントを設営して、晩ご飯。この晩ご飯のご飯。水の分量が少なかったのか、浸す時間が短かったのか、超アルデンテ!だったそうな。肉じゃがをご飯にかけてふやかしても芯が残る、ど根性ご飯。根性のない加奈子はギブアップして、持って行ったスティックパンで炭水化物補給に。

ちなみに、昼は全食止まらず移動しながら。大量のゼリー飲料を持って行ったけど、全部食べきって、小さくなったゴミだけが帰ってきました。インターハイ予選の経験から、ゼリーだけだと味気ないので、歯ごたえのある「じゃがりこ」の4袋繋がったのを携行。アゴを動かすと、ボーッとした頭が少しクリアーになるとか。
 
2017081407.jpg
2日目の朝。前日の様子と打って変わって、こんな感じ。そしてこれ以降、天気は悪化の一途。雨雲レーダーで見ていると、加奈子が登っているであろう山は、かなり激しい雨が降っているであろう、赤や黄ゾーンになっていたことも。雨雲の上だと問題ないかもしれないけど、さすがにそんな標高までは行ってなかったはず。
 
2017081403.jpg
薬師岳にアタック。下り坂の天候のもとでは、行けども行けどもこんな風景。
 
2017081404.jpg
山頂だ(2926m)!ヤッホー!!どころではなく、まさに「五里霧中」状態。もしかすると、ここは山頂ではないかもしれないけど、山頂とあるから山頂なんだろうと信じるしかない光景。
 
2017081405.jpg
そして、加奈子は、一日目の夜に、コンタクトレンズを紛失。2日目以降はメガネで過ごしたらしい。ちょうど先週、新しい度数に合わせたメガネに変えたばかり。それまでのメガネだと、視界がボーッとしていたらしく、これは準備が間に合ってよかった。

準備というか装備が足りなかったことが判明。予備のコンタクトレンズが必要なのはともかく、雨具を上しか買ってなく、上半身はゴアテックスの完全防備なのに、下がべちゃべちゃ。おまけに上はファイントラックのドライレイヤーを2日前に買ってたのに、こっちも下を買ってなくて、濡れたパンツが足にベチャッと。これは気持ち悪いし冷えるし…トホホだったとか。

薬師岳の後、北薬師岳(2900m)にもアタック。
 
2017081409.jpg
3日目は太郎山(2372.9m)を越えて
 
2017081406.jpg
北ノ俣岳(2332m)へ。写ってるのが、ゴアテックスのレインウェア。お値段分の値打ちはあったと思いたいが、いかんせん上だけ。

この先は、極端に写真が少なくなり、どこをどう行ったのか写真ではたどることができず。加奈子によると、メンバー間の会話もほとんどなく、ひたすら沈黙が続いていたとのこと。もはや話をする元気すら残ってなく、ただただ歩いていたことでしょう。大半のメンバーが滑落を経験し、加奈子もズルズルと滑り落ちたとのこと。メンバーの中にもはや助けに回れる余力がある者もおらず、顧問の先生が「大丈夫かっ?!」と声を掛けてもらうのみ。その顧問の先生ですら、疲労が顔に出ていたそうな。とくに若い方の顧問は、ラグビー部との掛け持ち顧問だけど、「こんなにシンドイのは…ないわ」と言っていたそうな。

そして、3日目の写真は皆無。
聞くところによると、天候も最悪。黒部五郎岳(2840m)は希望者のみのアタックに。加奈子は、あまりの疲労でアタックに参加せず。そのまま半日テントの中で横になっていたそうな。帰宅後の夜は、久しぶりに寝袋から解放されて寝たのですが、朝まで「気を付け」ポーズで固まって寝ていたそうな。数日で寝袋寝に適用したんですな。あの寝相の悪かった加奈子が?!と驚き。

寝るといえば、加奈子にはTHERMAREST(サーマレスト) マットを、かなり高価だったけど与えてました。疲労回復には睡眠第一ですし。ところが、一緒に参加した2年生の先輩(女子)は岩がゴツゴツのところでも、寝袋一つでマットなしでOK。「1,2,3」で眠りに就けるというエキスパート。加奈子も寝付きはかなりいい方だけど、疲労と興奮で「眠るまでに10分くらいかかった」と言っていたのに。
 
2017081408.jpg
予定では、富山から新穂高温泉に抜け、高山駅から岐阜経由で京都に帰ってくる予定が…写真のとおり、富山地鉄の姿が。ベースキャンプの薬師峠キャンプ場から富山まで戻り、帰りはあいの風と山鉄道→IRいしかわ鉄道→北陸本線→湖西線で帰ってきました。お盆と重なり、ほとんど立ったまま帰ってきたそうです(T^T)クゥー

帰宅した加奈子は、「何を食べても美味しい!」と感激してくれる。行程中は「ろくなモン食べてないし」というし。そして、なによりも「たいていのトイレではビビらない自信がある」と豪語するように。道中のトイレはスゴかったらしい。「トイレのウジ虫ってはじめて見たわ」とのこと。男子ですらビビって「ガマンした」という。加奈子も「アレを見て以降、便意が止まった」と。

「アノ時よりマシ」という「アノ時」が一つグレードアップしたようです。体力的な「アノ時」、精神的な「アノ時」、いろいろあるけど、乗り越えられた「アノ時」がキツければキツイほど、後に来るキツい時は「アノ時よりマシ」で過ごせます。そんな経験を16歳ですることになるとは。

そういえば、途中の8月12日で加奈子は16歳になりました。当初の予定では、キャンプ場でホットケーキを焼いて、部員のみんなでお祝い!という予定だったのに、雨と疲労で中止に。お祝いどころか、重たいホットケーキミックスを持って帰るだけという、無駄な体力を使うことに。12日夜から13日朝にかけてのペルセウス座流星群も見る余裕ナシ。せっかく山で見るチャンスではあったけど、天候と疲れでこちらもアウト。


雨の中を歩いていたので、靴もパンツも泥だらけ。その他、装備品やらなんやらにも泥が付いていたのに、帰宅後ザックをリビングで開けたので、リビングが砂だらけ。何度も掃除機をかけたのに、足下はザラザラ。加奈子不在時にかけたブラーバで、ツルッツルを体感した後なので、余計にザラッザラ。浜辺の近くに住むと、こんな感じなんかな?

「家に帰るまでが修学旅行」とは、教師の常套句だけど、「家に帰るまでが夏合宿」ではないのだよ!!装備品の片付けまでが山岳部の夏合宿!そして、洗濯が終わるまでが登山なのだ!落ちた砂の掃除が終わるまでが登山なのだ!ザックも、ザックカバーも泥だらけ。まだまだ登山は終わってない。

 
14:25  |  家事・子育て  |  Comment(0)

加奈子不在の誕生日

2017.08.12 (Sat)

2017081201.jpg
今日は、加奈子の16回目の誕生日でした。

が、本人は、ただ今、山岳部の夏合宿中で、今日は双六岳をアタックした後、高山市のわさび平小屋でキャンプをしているはず。本人からは、夕方、「生きてるよぉ~」とひと言だけメールが入っただけ。富山駅到着直後に、「コッフェルってザックのどこに入れたっけ?」とメールがあって以来のメールがそれ。ま、知らせがないのは良い知らせと思うしかございません。

はじめての、本人がまったくいない誕生日を過ごしました。この先は、本人不在の誕生日も増えるんだろうな。

かつては、バンド少女になってくれやせんか?と、ギターを持たせたりしたもんですが(上は4歳の頃)、
 
2017081202.jpg
2歳児の頃に、リュック背負って平城京跡を歩いている姿の方が、今に近いようになりました。

今日は、老夫婦2人なので、成城石井でお惣菜を買ってきて、チャチャッ食べるだけでした。お昼前に、コーナンで庭用品のコンテナを買って、ソフトバンクでプラン変更手続きして、「みんなのカフェ」でランチして、買い物にでかけて…加奈子がいないと、本当に静か。散らからない。

子どもが巣立った後の生活って、こんな感じなんかな?

 
23:42  |  家事・子育て  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT