09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

カラーレーザープリンターが来た!…がっ!!

2017.06.29 (Thu)

2017062901.jpg
昨日(6月28日)の午後、我が家に新しくカラーレーザープリンター(Canon MF731Cdw)がやって来た!我が家にやってきたとはいえ、設置するのは和子部屋。注文主も和子はん。ただ、発注主が江戸へ出張中に到着。佐川のトラックでやってきたんだけど、ピンポン☆鳴らしたのはソフトボールの日本代表の上野投手のような男前の佐川女子。ところが、伝票だけ持って来て
「ハンコお願いしま~す」と。
「え?荷物は?」と聞くと
「いま出してるところです」
「どんな荷物?」
「かなりデカいです」
「え?え?なに?」
ここ最近、ふるさと納税の商品が立て続けに届くモンだから、てっきりソレだと思ったら…

「カラーレーザー!そういや『買おうかなぁ』ってゆーてたわ!」でした。あれから何時間後のこと?もう到着?しかも注文主は不在。しかもデカい。このままお帰りまで放置はできない。

とりあえず開梱。中は一回り小さい箱になっていて、発泡スチロールのパッキンを外して、いざ!2階の和子部屋へ。

ヨイショ!
うっ!重たいぞ!こりゃ。腰痛めそう。

ネットに出ている仕様書で重量確認。26.5kg。僕の体重が51kgなので自分の体重の半分より重たいものを持ち上げて階段をウンセウンセ。いちおう「腰にやさしい」持ち方であげたので、ダメージはなし(ただし、今のところ)。

セッティングは以前に比べると格段の簡単さ。ネットワークへの接続も簡単。各パソコンからのアクセスも確認!
あ~簡単!
技術の進歩ってスンバラシイ!
 
2017062902.jpg
隣の部屋に鎮座。プリンターは、自作のキャスター付き台に乗せてます。

今日、週末にいく下関市への往復工程表を印刷してみると、
「あれ?」
と。色ずれが起こっているではないの。

そういえば昨日、初期設定中に「補正をしますか?」というような項目があり、「はい」にしたのに、「補正できませんでした」となり、その部分はスルーしたのでした。
 
2017062903.jpg
改めて補正をしようと、メニュー画面から調整の項目を選んで補正を試みたものの、何度やっても「できませんでした」。用紙を変えたり、トナーを振ってみたり。上の画像はトナーを引っ張り出したところ。

Canonのサービス窓口に電話してみることに。「待つだろうな…」と思ったら、すぐに繋がった。一通りトライしてから電話してはいるけど、なにか勘違いしたり抜けてたりするかもしれないので、電話口の女性の声に合わせて、「ではですね、まず…」に合わせてイチからやり直し。それでもやっぱり直らない。そこで、「では、出張修理に伺います」ということに。聞けば、明日になるような口調。

30分くらいすると、サービスサポートから電話。
「16時頃参ります」
「あ!今日のですか?」
「ご都合悪いですか?」
「いえ、助かります」
ということで、すぐに来てもらえました。

まずは症状確認。「かなり色がズレてますね」トラブルは公認に。いろいろ試してみるも、やっぱりダメ。かくなるうえは…「分解して調べますね」に。サポートのお兄さん。エアコン効いた部屋で、扇風機も回してたのに、ハズレにくい外側のパネルに四苦八苦。大汗かいてウンセウンセ。かなり分解できた状態で、中から紙を送るローラーのようなパーツを取り出すのに成功。

このローラー部に黄色のインクがベチョッと。それをキレイに拭き取って、再セット。

しかし、やっぱり「補正できません」に。つまり印刷位置は色ごとにズレたまま。お兄さんもとうとうギブアップ。一度、サービスセンターに持ち帰って、対応してもらうことに。26.5kgを持って「これはまだ軽い方ですよ」と階段を降りるお兄さん。

というわけで、我が家に来て早々だけど、1週間の修理の旅に出ることに。


十分信頼のおける企業の工業製品といえども、全部が完璧に仕上げっているわけではない。たまたま一つ混ざった不良部品の問題かもしれないし、たまたまその時だけ上がった温度で取り付けに不具合が出たのかもしれないし、たまたま運送時に起こった問題かもしれない。チョットしたことで、上手く動かないこともある。それはどんなに単純な製品でも起こり得ること。

大事なのは、その後の対応。

サポートへの電話の対応も悪くなかったし、ウチに来たスタッフも悪くなかった。むしろ「お待たせして…」「ご迷惑をおかけして…」と繰り返しすぎるくらい。中には、単純な構造の製品なのに、「こちらに問題はない」「あなたの扱い方の問題だ」と対応してきた某企業もあったけど、今回はまったくそんなことはなく、対応は洗練されていました。

僕も短期間とはいえメーカーで働いていたので、修理対応する側のことも少しはわかる。無駄に威圧的な態度を取ったり、強引に「◎◎しろ」と言ったり、焦らせたり、「全部交換しろ!」「損害賠償払え!」と言ったところで、イイ結果は導かれない。せっかく頑張って対応してくれているのだから、そのまま受け止めればいいだけのこと。

今回は、電話も訪問修理も一対一だから、こちらの態度が対応に直接反映されやすいケース。でも、少ないスタッフで大勢の人の対応をする場合、例えばクレーマー対応にスタッフが追われたりすると、態度のいい客にいいサービスが届かないケースも。そういうときは、「いつも届くとは限らないけど、いつかきっと自分の番がやってくるかも」と思うようにしている。


一つだけリクエストしたいのは、修理から帰ってきたプリンターを、2階まで運んで欲しいなぁ。
 
23:20  |  PC  |  Comment(0)

分解は男のロマン!?

2017.03.22 (Wed)

2017032204.jpg
分解は楽しいですね。普段見ない裏側が見えるというのは、スケベ心に火が付くというか、丸裸にしていくプロセスというのがなんともウシシな気分で…「分解は男のロマン」というタイトルにしたのは、このアホっぽいというか、ガキっぽいというか、そんなところで「男の」というわけです。

そんなアホな思考だけでなく、分解すると、ノートパソコンという小さな筐体に、よくここまで詰め込んだなというのが見られる瞬間でもあります。もともとメカ好きなので、ドライバー持ってネジをクルクルさせてるだけで、ウハウハな気分になれるというのもあります。組み立ても楽しいですが、分解も同じくらい楽しいです。
 
2017032207.jpg
2007年5月に買ったLet's note CF-W5。すでにACケーブルを接続しても立ち上がりません。ボタン電池が寿命をまっとうしたのだと思うけど、捨てられずに長いこと保管されていました。

というのも、このPCは僕だけでなく、和子はんの使ったこともあって、学生のデータがHDDに残ってる可能性があるのです。このままポイと手放して、悪意のあるところに行き着く可能性もゼロではないので、処理に困っていました。ウチのパソコンで、学生データを扱ったことのあると思われるパソコンに関しては、中身のHDDを取り出して処分しています。取り出したHDDは、家で再利用する場合もありますが、古いパソコンの場合、HDDの容量も小さく使い勝手が悪いので、物理的に破壊して処分することがほとんどです。
 
2017032201.jpg
分解に関しては、「分解工房」のページが役立ちました。

まず、裏のネジをたくさん抜いて、表のキーボードをベリベリ剥ぎとる感じ。
 
2017032202.jpg
キーボードを取り外すと、軽量化のためかアナポコだらけの中核部分が見えてきます。
 
2017032203.jpg
DVDのふた部分も外します。なんせ、これを外さないと、HDDが取り出せないのです。いろいろ複雑に絡み合っているのが、この当時のLet's note。今はもっとシンプルな構造のようです。
 
2017032204.jpg
本体上面がはずれました。右上の黒いのがHDD。やっとたどり着けました。
 
2017032205.jpg
HDDを無事に抜き取り。

容量は60GB。今、僕の机周りだけでもHDDは全部で8TB。これに起動用のSDDが256GB。SDDだけでも60GBの4倍もある!この10年の進化です。当時はこれでも十分だったんです。OSは、WindowsXP!
 
2017032206.jpg
バラバラにした本体を、HDDだけ残し、再び組み直して完成。完成といっても、ケーブル類は未接続のまま。ネジは入らない所があって2本余ってます。HDDがないので起動しません。ノートパソコンの形をした、ただの箱。買った時は高かったんですけどね。ま、十分モトは取れたと思います。

これで心置きなく廃棄することができます。この春、2台目のHDD抜き廃棄。
春の「モノを減らそう推進月間」絶賛開催中。
 
22:52  |  PC  |  Comment(0)

新しいPCの中身

2017.03.10 (Fri)

先日届いた新しいPCの中を確認。

購入したのはドスパラマグネイトIMというミニタワーPC。マウスにしようか、ドスパラにしようかと迷ったけど、以前、寺町のドスパラ店舗に行った時の印象がわるくなかったので、ドスパラでチョイス。

2017031001.jpg
ビデオボードはオンボード(インテル HDグラフィックス630)を選んだので、PCIスロットは全部空いてます。
 
2017031002.jpg
中は意外とスペースに余裕ありそうに見えます。
 
2017031004.jpg
オプションで電源を350Wのモノから500Wに入替。今まで使っていたDELL機が、電源容量不足でしょっちゅう落ちるので、必要以上に容量を気にしてます。
 
2017031005.jpg
5inchと3.5inchのベイは余裕有り。と思いきや、3.5inchは1TBのHDDの下に256GBのSDDが。これ以上の拡張は難しいのかな?SATAⅢの最大ポートが6なので、配線上の増設できないことはないけど、どこに置く?
 
2017031006.jpg
もう一つのオプションの【CPUファン】静音パックがこのバカでかいユニット?SDDととの組み合わせで、ものすごく静かなPCです。轟音を立てるDELL機に比べると大差あります。MacMiniも静かですけどね。
 
2017031007.jpg
メモリースロットは4つ。左から2番目のスロットに8GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GBx1)が一本。マザーボードはB250なので最大で64GBまで積めるはず(参考)。
 
2017031008.jpg
PCIスロットはPCIEX16が1つ。PCIEX1が2つ。

一昔前は、PCの箱を開けて、あれやこれやとイジッたものですが、近頃はすっかり触らなくなり久しぶりにふたを開けてウハウハ楽しみました。

 
12:32  |  PC  |  Comment(0)

久しぶりにWindowsPCを購入

2017.03.09 (Thu)

2017030901.jpg
え?今どきWindowsPC?
しかもデスクトップPC?です。

ご存じの通り、2009年12月(この日)からMacを使い始めました。基本的にMacの方が速い!軽い!操作を考えなくてイイ!でメインで使ってきました。このブログもMacで入力中。

しかし、Macに関して、どうしても「ムムム」となる点が数点。多くの人にはどうでもいいような点、というかむしろまったく問題のない点から、このたび久しぶりのWindowsPC購入となりました。

キーボードです。Macのキーボードがどうも文書入力、それも僕の日本語入力に馴染まないのです。純正キーボードの種類が少ないのは致し方ないとして、Windows用キーボードをMac仕様にして使ってなんとか過ごしていましたが、キーボードをクリアーすると、次は日本語変換が気になる。

昭和人であり、平成に入ってすぐの時点で日本語入力方法が固まってしまった僕にとって、日本語変換ソフト「ATOK」は不可欠な存在。ズッとATOKの辞書を育てて来たので、専門用語や短縮語がたくさん。「しゅふ」と入力すると「主夫」はもちろん一番上にでるし「主婦(主夫)」もすぐにでるし。予測変換も含めるともはや手放せない日本語変換ソフトなのです。ATOKのMac版もあるにはあるですけど…最近、変換語句単位がズレる傾向が出てきてストレスに。古いMacの方はATOKが入っているのが原因だと思います。

新しいWindowsPCはWindows10が入ったものです。Windows7をズッと引っ張って10に。最初は違和感ありでしたが、慣れてきました。しばらくWindowsPCを使って「やっぱりMac入力で十分」になったら長文入力系もMacに戻すかもしれません。が、当分はMacとWindowsの併用を続けます。

ただ今、Windows7のPCから10にデータ等を移行させるべく、3台PCと3台モニターが鎮座する仕事机。一番左のモニターは和子さんのモノ。あのお方の帰国前までには2台体制に戻さないと…それに春のリフォームが控えてます。
 
09:31  |  PC  |  Comment(0)

Webサイトの移転

2017.02.03 (Fri)

2017020301.jpg
(画像をクリックすると大きく表示されます)

久しぶりにWebサイトを訪れた方は、僕のWebサイト
http://www.kyoto.zaq.ne.jp/rio/
が上記の通りのサービス終了に伴って、2月1日から見られなくなっています。

移転先は
http://rakukajiseminar.com/
です。

移転に伴って、いくつかサイトを改編しました。京、改めてWebサイトを確認したら、「お問合せ」のメールアドレス欄の書式と、使っているプログラムの書き換えが上手くできてなくて「エラー画面」が表示されていました。大慌てで手直ししました。

 
12:58  |  PC  |  Comment(0)

長文入力用のキーボードは悩ましい

2017.01.05 (Thu)

2017010501.jpg
先日、ハードディスクを大整理していたら、出るわ出るわの文書データ。そういえば、大学院に入る前からPCで文書作成するようになって、加奈子の生まれる2001年くらいまでは、論文やらエッセイやらホームページなど、とにかくジャンジャン書いていたものです。子育て日記なども加わり、2006年頃は頻繁かつ大量に文章を書いていましたが、徐々に減っていき、そして、ここ数年はブログの記事も本数が少な目。

ちょっと文章を書き出す能力が鈍ってきているのを感じています。そういえば、僕も今年2017年で50歳。自分が50歳なんてウソみたい!と思うけど、そりゃ体力も座り続ける力もモニターを見続ける力も落ちてきてますわ。

そんななか、年齢以外にジャカジャカ書き出す力が衰えたのはなぜか?と考えてみた。そして
「もしかして…Macのキーボードが合ってないんじゃ?」
と思い当たった。

もともとキーボードにはいろいろリクエストがあって、タッチがどうだとか、キーの大きさがだとか、高さがどうだとか。その結果、過去にはとっかえひっかえしながら最適なキーボードを探し求めていました。

2017010501.jpg
2005年7月のブログ記事を見ると、なんともマニアックな画像と内容。一度に使うキーボードは一つのはずなのに、なんで4つもあるの?


2010年6月には、Realforceのような高価なキーボードではないけど、これまたなんともはやキーボード好きな記事と画像が。

2009年の12月14日、MacBookProが手元に届いて以降(この時)、いろんな作業がWindowsからMacに移りました。それにともなって、キーボードもMacBookProやMacBookAir。さらにはBluetoothのMac純正キーボードなども。その純正キーボードを買ったのは2010年12月15日。タッチも変化したみたいで、今はフィーリングが合わない。Macのキーボードは製品自体が少なくて、選べないのが実情。

試しにWindowsのキーボードを接続してみたけど、これがまた…一番手前の一行分(spaceキーのある段)の配置がどうも。しかも半角/全角の切り替えが左上にあって遠い。Macのキーボードのように、左右の親指でカナ入力と英数入力の切り替えができるのに慣れると、使いにくい使いにくい。だけど、タッチは安物のWindows用キーボードの方がクイッと入る感じがいい。

そこで、WindowsキーボードにMacキーボードの配列を割り振って、ついでにWindowsPCに使っているキーボードにもMacキーボードの配列にしてみた。半角/全角キーを使わなくても切り替えができるのは便利!これはイイ!でも、まだ慣れないのでミスタッチも多い。とくに「−」と「^」のミスが多発。慣れれば大丈夫!かな?

しかし…やっぱり、長文を入力していると、な〜んかシックリこない部分も。確認したら、日本語変換ソフトのATOKが2010だった。さすがにいろいろと追い付いていない感じ。これもそろそろ買い換えねば。Magic Trackpadも2013年に購入した物。最近、ヘンな動きをすると思ったら…これもそろそろ交換しないとな。

新しい年になったし、ここはひとつ、思い切って全部交換しようかな?

 
23:32  |  PC  |  Comment(0)

PCモニター交換(DELL→BenQ)

2016.11.21 (Mon)

2016112205.jpg
(交換前)
2016112204.jpg
(交換後)
 
DELLの22インチモニターからBenQ 24インチモニターGL2460HMに交換しました。

交換後の使用感をいろいろ。まず、高さはそんなに変わりありません。非ワイドの22インチからワイドの24インチへの交換だからなのか、5mmほど縦に長くなっただけです。横はずいぶん広くなりました。そして、重たさが全然!一時代前のモニターはとにかく重たい。今のLEDモニターは本当に軽いです。おかげでモニターアームへの負荷は軽く。

これまで21インチモニターを載せていたアームに22インチの重たいのを載せると、ヘタってしまい持ち上がった状態を維持できず。アームのトルクを調整するレンチがインチ規格のレンチと判明。「レンチはウチにあるから」とアーム添付のレンチを捨ててしまったので締まらない。仕方ないので、これまで22インチが載っていたアームに24インチを載せていたのを乗せ換えて、21インチの方に24インチを載せてみた。これで安定。

発色が悪いとAmazonのレビューに書かれていたけど、アーティストでもないし超正確な色は求めてないし、僕には許容できる範囲。「標準」だと眩しすぎるくらいなので、ブルーライト軽減の-70%にして使ってます。かなり落ち着いた発色になってます。もっと暗くても大丈夫かな?という位です。

発色は気にならないけど、操作ボタンはレビューどおり押しにくい。かなり慣れが必要。といっても一度セッティングが決まれば、めったに触るモンじゃないし日常使いには問題なし。

横幅が広がったので講演スライドの作成なんかは、作業効率が上がってます。

 
16:06  |  PC  |  Comment(0)

机がやっと定位置に

2016.07.16 (Sat)

2016071601.jpg

2016071502.jpg
我が家のインターネット接続業者の変更に伴い、回線工事や機材の切り替えがあり、約1ヶ月間作業がしやすいようにと、机を壁から離して設置していました。おかげで椅子周りの狭いこと狭いこと(画像上)。

本日、ようやくJ-COMの電話関係機材とケーブルテレビ機材の撤去があり、1ヶ月ぶりに仕事机が定位置に収まりました。やっぱり落ち着きますな(画像下)。

が、落ち着いたのも束の間、ここにきて、1階の玄関からすぐの部屋を和子さんの仕事部屋にするという話が出ていて、この2階の10.5畳の仕事部屋は僕一人の部屋になりそうです。この部屋、夏は暑く冬は寒くなかなかハードな空間です。北窓を作らなかったばかりに風通しが今ひとつ。これからいろいろ工夫してみます。

…と書いていると、なんだか家庭内別居のようですが、そうではありませんのでご安心を。
 
15:53  |  PC  |  Comment(0)

接続業者を変更!その結果は?

2016.06.17 (Fri)

2016061712.jpg
長きにわたってZAQを接続業者に使っていましたが、このたびSoftBank光に乗り換えました。

京都にケーブルテレビ回線でのインターネットができる!というニュースを聞きつけ、それまでのkyoto-inetから乗り換えたのがZAQ。電波受信の関係で当時暮らしていた地区全体がZAQのケーブルテレビエリアになっていたのもあって、設置費用もほとんど掛からなかったというメリットもあって、加入したのでした。2000年の6月頃では?

かれこれ16年後になりますが、「あまりにも遅い!」という和子はんの主張もあり、今回、乗り換えることに。

一番の問題点は、接続業者を変えることで、変わってしまうメールアドレスとWebサイト(いわゆるホームページ)のアドレス(URL)。初期登録者のメリットとして、わかりやすいアドレスが使えるというのがありますが、まさにそれを家族全員で取っていたのでした。仕事でもアドレスを使っているので、変更は非常にメンドウなことになるので、接続業者の変更をこれまで躊躇してきたのでした。

が、その問題点は、先日、和子はんのiPhoneの修理に行ったついでに案内された、SoftBank光の接続プランでほぼ解消となりました。メールアドレスとURLを残すためにZAQには最小限のプランで残る。インターネット接続やテレビ、電話は一括してSoftBank光に加入する。スマホの契約と合わせると、2社に接続料を払いながらも、これまでよりも少し高くなる程度。「速くなるなら、それもやむなし」という我が家の大黒柱のひとことで乗り換えることに。

SoftBank光というか、接続端末が少し減りました。同軸ケーブルと光ファイバーの違いなのかなんなのか、以前は圧が強すぎて減圧機を間に挟んだりしていて、しかもそれにも電源が必要だったりで、PC周りもテレビ周りもずいぶんゴチャゴチャしてました。今は、一つの機材の中に、電話接続や無線LANも含まれていてスッキリ。今の家に引っ越した時にもいくらか整理はできたはずなんだけど、さらに10年経って、スッキリも進んでいるように思いました。

さてさて、肝心の接続速度ですが、BNRスピードテストで測ってみたところ、ZAQでは60Mbps台(160Mコースでこれでした)だったのが、150〜200Mbpsまで出るようになりました。

もともと僕は「そんなに遅いかなぁ?」と思ってたんだけど、和子はんが「遅くて仕事にならん」というので変えた次第。これだけ速くなると、「これまで遅かったんやなぁ」と気付きました。

テレビ回線の工事は、これまでいろいろゴタゴタがありました。家を建てた当初はVHF/UHFアンテナで見ていたのですが、地デジ化する時にJ-COMのテレビも導入しました。ところが、その時の設置業者が困った業者で、僕の話を聞かずに勝手に家の外に線を這わせたり、バスユニットの上にセットしている各部屋への分配機をスルーさせてしまってました。クレーム対応で、別の業者に来てもらい、ようやくシンプルな回線と分配機を再セットできるようにしたのでした。

今回は、そんな経緯もあったのと、J-COMの設置業者が余分に通した回線なども考慮しながら、一番短距離で分配機も活かしながらの配線となりました。追加工事はほぼゼロでした。ただし、SoftBankのこのプランの売りだった、タブレットで、どこでもテレビは使えないことに。僕はテレビをそこまで見ないし、回線がシンプルな方がエエので、全然問題なしです。

で、家中のスマホやタブレット、PCなどの設定を変更した数時間後、和子はんがご帰宅。さっそくスマホの設定を変更。問題のPCで速度を測ってみたら…あれ?思ったほど速くない。LANケーブルが遅い規格?と新しいのに変えてみても今ひとつ。そのケーブルのまま僕のMacBookAirで測ってみると…けっこう速い。つまり…ネットが遅いというよりも、むしろ和子さんのLet's noteに問題が?

さすがに、それはないやろ…ということで、しばらく様子をみてみることにします。
 
22:22  |  PC  |  Comment(0)

古いMac売りました

2016.05.27 (Fri)

3月15日に新しいMacBookAirが来たので(この記事)、古いMacBookAirをどうしようかと思ったんだけど、ずっと置いてても場所の無駄だし、かといって加奈子に譲るなら、もうちょっとシッカリしたPCの方がイイと思い、売却することに。

2016052702.jpg
というわけで、MacBookAirを買ったときの状態に戻すべく、エッチラオッチラと初期化作業。

そういえば…
2016052701.jpg
メインのPCをMacminiに変えて以降、使わなくなったMacBookProもあったので、それも一緒に売却することに。

2016052704.jpg
こっちもセッセと初期化。懐かしいDVD挿入しての初期化。なんだかものすごく懐かしい方法のように感じてしまいます。

2016052703.jpg
ウッカリしてたのは、内蔵ディスクを初期化したので満足してたのですが、このMacBookProのディスクは、250GBのHDDから1TBのSSHDに乗せ換えていたのでした。ドライブ自体を入れ替えて工場出荷時に戻すのが、売却時の基本らしいのですが、すでに元に戻すのさえメンドウなので、このまま査定へ。

せっかくなので、買取の老舗ソフマップへ持って行くことに。行きのカバンにはMacBookProとMacBookAirの2台が入って、これまでにない重たさ。開店少し前に行き、開店とほぼ同時に買取窓口へ。

受付すると「査定に1時間半かかりますので」とのこと。
急に軽くなったカバンを持て余しながら、待つこと1時間半。買取窓口へ行くと、

2016052706.jpg
無事に、査定が終わっていました。

お値段は、上の画像のとおり。
MacBookProが19,780円
MacBookAirが21,020円


MacBookProは天板に凹みがあったのが7,200円と大きくマイナス。さらにオリジナルドライブではない点がさらに3,000円の減額。その他キーボードのテカりなど、諸々の経年劣化でマイナス。ただし、メモリーを4Gから8Gに乗せ換えたのは(この記事)プラス査定。
MacBookAirの方は、経年劣化によるマイナス査定のみでこの値段。

25日に持っていたので、「5のつく日は中古の日」らしく若干(3%?)買取額が上がりました。

正直なところ、両方合わせて1万5千円くらいかな?と思うくらいの使い込み具合だったので、予想外の高額買い取りに「この金額で買い取らせてもらってイイですか?」に「もちろん!」と即答でした。

2010年10月28日に使い始めたMacBookAir(この記事)、
2009年12月15日から使い始めたMacBookPro(この記事
僕のPCの中でも、かなり長い間、しかもかなり酷使したPCでしたが、思いのほか高く買い取ってもらえて大満足でした。

意外と高値で買い取ってもらえるということは、中古買取&それを元手に新品乗換を短い期間で繰り返すというう使い方もアリやなぁと思えてきました。なにしろPCは仕事上の消耗品。といっても、全国を一緒に旅する愛着のある機材をポンポン手放すというのも、なかなか切ないモノではありますが。
 
16:41  |  PC  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT