FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

和歌山へ日帰り往復

2018.10.15 (Mon)

10月13日和歌山市での講演で日帰り往復しました。帰りはともかく、行きはヒヤヒヤの旅路でした。

もともと数日前からの急激な温度差で、アレルギー性鼻炎を発症。一週間前にやや涼しい日が続いた後の、夏の暑さが戻ったあの日から鼻水ズルズル、クシャミ連発。薬でだましだましの日々。朝起きると、「あ、今日はだいぶんマシ」という状態。

普段通りの準備をして、天王寺までは順調。ところが、ホームに着くと…

2018101401.jpg
乗ろうと思っていた「くろしお1号」は約10分の遅れ。後発の関空快速に追い抜かれている状態。これは微妙な駆け引き。特急を諦めて先発になる快速に乗るか?いやいや阪和線は待避線が多いので、快速は特急に抜かれる可能性大。表示の通りなら、5分後には「くろしお」は鶴ヶ丘か杉本町で追い抜くはず。

そう思いながらも、天王寺についた関空快速の車掌に来てみると、「日根野まで快速に乗って、後ろの特急に乗れば、和歌山へは似たような時間に着きますよ」と言うでないの。「え~そんなに特急はヨレヨレなんか」と驚き。一回は快速に乗り込んだものの「いや待て待て」とホームに戻る(停車時間長いんで可能)。そしてホームで関空快速が発車するのを見送る。

さぁて、これが吉と出るか?凶と出るか?
特急の優先性に途上国のように、臨時でダイヤを引く技術が未熟な場合は、先に着た列車が先に到着する場合が多い。追い抜きのための待避線が少ない路線も、先に出発した列車が先に到着することが多い。ところが、阪和線は前に書いたとおり、待避線が多く、あちこちで追い抜きが可能。しかも、列車の遅れはしょっちゅう。臨時でのダイヤ組みもお手の物のはず。

特急に賭けたのに、関空快速が出た後に「遅れ14分の表示」。そして、くろしお1号オーシャンアローが天王寺を出た時には15分遅れに。そして特急らしからぬスピードで大阪市内を抜け大和川の橋を渡る。こりゃホンマに快速の方が先に和歌山へ着くんじゃ?と思うくらい。結局、関空への分岐点である日根野までも遅れは取り戻せず。そして、日根野を出た時に聞こえたアナウンスは、「和歌山へは9時9分の到着予定」と聞こえる。17分遅れになっとるでないの。

和歌山で「くろしお」からわかやま鉄道貴志川線に乗り換える予定。時刻表通りなら、「くろしお」は8:47に到着。8:52発の貴志川線に乗る予定(プランA)。5分の乗り継ぎは、遅れ頻発の阪和線ではハイリスク。そこで、8:52発に乗れなくても、次の9:09発(プランB)でも間に合うように「くろしお」を設定していたのに、その9:09発すら乗り換え時間ゼロで不可能に。それでも、その次の電車(プランC)でも間に合うことは間に合うという三段構え。でも、それはさすがにギリギリ過ぎて、僕も講演主催者もハァハァゼェゼェだしヒヤヒヤ。

もはや、このハァハァゼェゼェになるのか思っていたら、日根野を出発すると俄然、特急らしくなってきた「くろしお」。しかも自慢の振り子機能が作動しているかのように、カーブでの減速がない。山を越えた下りも、カッ飛ばす。これぞ低重心の振り子列車や!スルスルと山を下っていく!
 
2018101402.jpg
そして、和歌山駅に到着したのは、8:49!遅れを15分取り返し、2分遅れで到着に。ウソみたいな短縮具合。よく頑張った!というか、おそらく日根野までは日常的に遅れるので、その遅れをあらかじめ入れ込んだ到着時刻にしてるんじゃ?と感じるくらい。
 
2018101403.jpg
そして乗換時間3分ながら(プランA)に間に合う!和歌山駅は何度も利用しているので、貴志川線のホームが白浜よりの陸橋では行けないことも承知。大阪寄りの地下道を通って、料金の250円をあらかじめ手に貴志川線の改札で切符を購入。僕の後ろから数人の客が、貴志川線目指して走って来たのを見て、間に合った!と確信。切符の購入でモタモタしている隙に、ホームで一枚。

おもちゃ電車やぁ!
 
2018101404.jpg
日前宮駅で、「おかでんチャギントン電車」と行き違い。
 
2018101405.jpg
目的地の岡崎前駅では、「うめ星電車」と行き違い。

和歌山駅まではヒヤヒヤバタバタな旅でしたが、和歌山駅からはウハウハな旅になりました。
 
2018101406.jpg
講演を終えて、帰りは和歌山市駅まで送ってもらいました。南海は、遅れも少ないし特急も安いし。帰りは「サザン・プレミアム」でゆったり。講演の疲れか、乗り鉄の僕が、尾崎駅の次に気が付くと大和川を渡っていたというくらいの熟睡。

難波から御堂筋線で淀屋橋。淀屋橋からはお京阪。始発駅から座席確保でまたまた熟睡。今度は樟葉駅で目が覚める。乗り過ごすことなく無事に帰宅。結果オーライ。帳尻があえば、途中のドタバタもネタとして楽しめます。すべて順調というのは、その時はイイんだけど、後から思い出すと退屈。とはいえ、仕事での移動は、なるべく順調であってほしいもの。
 
23:17  |  旅行  |  Comment(0)

あざいお市ハーフマラソン走りました2018

2018.10.07 (Sun)

2018100701.jpg

2015年から4年連続で「あざいお市マラソン」を走りました。

サブ4狙った2015年のハーフ(この記事
靴ひもがほどけまくった2016年(この記事
足痙り痙り注意報だった2017年(この記事

昨日は、一昨日通過した台風25号に向かった南のしめった風が流れ込んだため、京都も30℃近い気温と蒸し暑さ。あまりの暑さに夜中に目が覚めたくらい。朝起きたら、首の後ろにはジットリ寝汗。「真夏か?!」というくらいの暑さ。

2018100702.jpg
今年も、ご近所の皆さんと一緒に参戦。スタート地点のバルーンゲートが設置されてなく、少しわかりにくいスタート地点。台風の影響もあって、設置を見送ったのかも。

僕は感想予想タイムで2つめのスタートグループ。予想通り、スタート直後はノロノロ。2kmくらいまではノロノロの中でジーッと足を温存。走り始めると、思ったほど暑くなく、時折サーッと風が吹き抜けるのが涼しくてイイ感じ。

実は、昨日からあんまりワクワクもドキドキもなく、普段の練習に出るくらいの低い気合いの入り具合。もうタイム狙いも止めたし、走り終わって気持ちいいくらいで走れればイイや!と思ってのスタートでした。それが、日差しがキツイわけでなく、暑すぎもせずだったので、ギリギリ2時間弱くらいを目標に切り替えて、フルマラソンでのペースで走ることに。
 
2018100703.jpg
写真もちょっと撮りながら、序盤の混み混み状態をなんとかやり過ごす。

8km地点手前くらいで、追い抜いたオジサン2人に話し掛けられる。「あんたのふくらはぎ、エエ筋肉ついとる!自転車やるんか?ヒルクライムやろ!」と言うでないの。「いえいえ、全然、ちょっと山走るくらいですわ」「ホンマか!?」「エエ筋肉しとる!」とお褒めの言葉を。こうなると、サボれないし、ペースも落とせない。標高最高地点を過ぎたところから下りが続くので、それに乗じてペースアップして、なんとかオジサンをやり過ごすことに。

中間地点を通る時に、「あと半分~ン!」という大きな声。見ると、近所の北堀公園をベチュラ(サンダル)で走るお馴染みのお兄さん。今日もベチュラ履いてました。

14kmを過ぎて、この先、農道ランニング。「ちょっと一息入れたいな」と思った瞬間に尿意。14.7kmに給水&トイレ。待ち人ゼロ人なので駆け込む。1分20秒の放尿。おかげで身体は軽く、気分もリフレッシュ。

この前まで、4km地点くらいから、ほぼ同じペースで走る女性ランナーを自分のペース照会にしていました。当然、トイレに入っている間に先に行かれてしまう。曲がった先に、どうやらあの人かな?という姿を確認。数百メートル先を走っている。その人を、18km地点で追い付き&追い抜き。残り1kmだけ、無理しない程度にちょっとペースアップしてゴール。

ネットタイム 1時間55分20秒
グロスタイム 1時間56分56秒

2時間以内ならイイやと思ってたわりには、ボチボチのタイム。

エイドはすべての地点で水を取り、スポーツドリンクが置いてある地点では、それももれなくゲット。走る前には、ブラックサンダーを2つ。途中でハニースティンガーを1つ口に。そのおかげか、今回は気配も、途中も、ゴール後も含めて、足痙りはなし。もしかすると、燃料不足が後半のいろんなトラブルの原因だったのかもしれない…と最近、気付いた。
 
2018100704.jpg
今回も、ホノルルマラソンと同じく、真田信繁の兜形帽子と、赤いシャツで、なんちゃって「赤備え」。ホノルルと同じく、小さい子から「あ~!兜!」とか「お侍!」と声掛けてもらいました。中盤以降の地点で、女性から「兜や赤備えに負けんよう頑張って!」と声掛けられました。

ゴール直前も、ご機嫌で走ってます。数分前にゴールした、ラン友山健さんに撮ってもらいました。

帰りの多賀SA内にある「餃子の王将」で昼ご飯。店内は、やっぱりこっち方面に帰る、ハーフマラソン後の皆さんで一杯でした。さすがにSA内の店なので、アルコール類はなかったけど、ノンアルコールビールで乾杯。ま、これも悪くないです。足痙りもなく、思ったよりも楽に走りきれたので、満足なレースになりました。

 
23:12  |  ランニング  |  Comment(0)

ONのシューズを新しくした

2018.09.23 (Sun)

2018092301.jpg

ランニングシューズの写真を使いながら、カテゴリが「ランニング」ではなく「日々の出来事」なのは、(基本)この靴でランニングはしないから。なにに使う靴かというと、仕事用。それも講演用。

ランニングにはHOKAONEONE。講演にはONという組み合わせ。

2016年に買った(この時ON CloudSurferがだいぶん傷んできていました。かかとの部分が擦れて穴が空いた状態。掃きっぱなしなら問題ないですが、脱ぐとみっともない。つま先も、擦れて赤い色の下の白い下地が覗いています。

次も同じものにしようかと思ったんだけど、こんなに高速ランナー向けの靴である必要ありませんし(なんせ講演用)、もうちょっと楽な靴を…と思い、以前「幅が狭いなぁ」と感じたON Cloudを試したら、これがピッタリ。以前と木型が変わったのかもしれないし、僕の足のアーチができてきて細くなったのかも?…と思ったら、以前試したのはウィメンズの24.5、今回買ったのはメンズの25.そりゃユッタリしてるワケだわ。

おまけに、色もウィメンズの「デニム&ホワイト」を買おうと思っていたのに、メンズの「ブルー&デニム」を買っていたことに、今気が付く。

店で試し履きしたところ履いた感覚が良かったので、近くの店で古着を物色していた加奈子に「この色どぉかな?」と聞こうと呼んだら、試着している僕を見て、なんにも聞いてないのに、「あ!その靴エエやん!」と言うので「ほな、コレにしますわ」と即決。

新しい靴は、9月28日の佐世保市での講演がデビューになります。そういえば、赤いCloudSurferは、いろんなロケにも履いていったなぁ。新しい靴にも、いろんな場所やいろんな仕事のご縁がありますように。

 
23:26  |  日々の出来事  |  Comment(0)

神戸の古橋選手が躍動している!

2018.09.19 (Wed)

先日、NHK-BSで放送されていたサッカーJ1、神戸-G大阪の試合を見ていました。神戸にはこの夏から、世界的なサッカープレイヤーである、アンドレス・イニエスタ選手が加わり、その足下に注目し続ける番組になっていました。

そのイニエスタ選手からのパスを一番多くもらっていたのが古橋亨梧選手。そして前半34分に、イニエスタから受けたパスをシュートしてゴール!(下の映像は、ちょうどゴールが決まる一連のプレーになる2:30から再生。停止は画面をクリック)



個人的に、サッカーに感しては、どの選手がお気に入りというのは特になかったのですが(しいて言えば、長友佑都選手?)、古橋選手は今年1月20日に岐阜市で行われた「『男の家事力UP化』推進キックオフイベント~家事フェス2018~」のトークショーで、一緒に登壇したのもあり、今年の夏、彼がFC岐阜からイニエスタのいる神戸に移籍したのを聞いて、とても気になっていました。

こんな記事もあります。「イニエスタの恩恵を受ける男――古橋亨梧が見逃せない理由
 
2018091901.jpg
トークショーでは、席が一番近かったのもあったし、同じく関西出身ということもあって、話し掛けるタイミングも多かったのを覚えています。
 
2018091902.jpg
集合写真でも僕の右隣に古橋選手。

この先、イニエスタからの「あのパス」を受けてどんどん点を取り、日本代表に加れば、もう「男の家事」のトークショーで登壇するなんてコトは無いと思います(ま、あのトークショーにプロのサッカー選手がいること自体が「なんで?出演してくれてエエのん?」でしたけど)。とってもとっても貴重な時間を過ごせたんだな…と、今、振り返っています。

古橋選手、飛躍を期待しています!!そして日本代表になる日を楽しみにしてます。



 
19:51  |  スポーツ  |  Comment(0)

「神宗」といえば

2018.09.18 (Tue)

2018091801.jpg
先日の台風21号が通過した際、近所でもお地蔵さんの屋根が飛んだりしたわけですが、そのお地蔵さんの向かいにある家の門(校門のような鉄製のガラガラ引くタイプ)が倒れていたので、お地蔵さんの屋根を直したついでに、門も起こしてレールにはめときました。

一昨日、その家の息子さんが、お礼に来てくれました。その時、この「神宗」を頂きました。なんと懐かしい「神宗」。大阪で暮らしていた頃は、あっちこっちのデパートで「神宗」の店を見掛けたもんです。

そういえば、京都に来てから一回も見たことがない気がする…と思って、京都人の和子はんに「神宗って知ってる?」と聞いたら「知らんわぁ」と。大阪の塩昆布や佃煮の老舗なんですけど、京都に入ると、あんまり知られてないんです。京都の高島屋にも「神宗」入ってるんですけどね。

僕の周囲の人も、京都ネイティブの人は「知らない」という人が多数。一方で、ちょっとでも大阪と関わりがあった人は、「あぁ神宗!」という感じ。

僕はたまたまデパートの配送部門で働いていたこともあり、神宗はその時、お祝いのお返しかなにかで山積みされているのを見て、初めて知りました。

そんな「神宗」とのご縁だけど、大阪は他にも塩昆布や佃煮で有名な店がいくつかあります。

僕が27歳の時だったか、社会福祉士の受験資格を得るために実習していた児童養護施設でのこと。食の細い小2の女の子がいて、ご飯はいつも最後まで食べてる子でした。実習生の僕は、その子の食べ終わりまで待たないと、食器の片付けができない。
「ユミちゃんって、ご飯いっつもユックリやなぁ」
「ん~好きなおかずがないねん」
「好きなおかずってなに?」
「とこわか!」
「とこわか?」
「うん。お姉ちゃん(女性職員さん)がアソコに隠してるねん」
ガサゴソ
「これ!」
「塩昆布か?!」
「これやったら、ご飯なんぼでも食べられるけど、勝手に食べたら怒られるねん」

そりゃまぁ塩辛いしたくさん食べるモンではないですな。
というわけで、その日の担当職員さんに確認すると、二切れだけOK!だったので、ユミちゃんのご飯に添えたら、アッという間にお茶碗のご飯がなくなった。
ということがありました。

「とこわか」とは松前屋の塩昆布。神宗本店が大阪中央区の淀屋橋にあるのに対して、松前屋は心斎橋が本店。キタとミナミという感じです。僕が通っていた施設は東住吉区だったので、松前屋の方が馴染みだったのかも。

小学二年生にして、好きなおかずが塩昆布とは…。

そういえば、あれから21年。ということは、小学二年生だったユミちゃんは、今、28,9歳!!アラサーでないですか!立派な大人の女性だ。あの施設で出会った子達は、今、元気にしてるんでしょうか?知る手がかりもないけど、どこかで元気に暮らしてたらイイなぁ。

頂いた「神宗」をご飯に乗せて食べていたら、ふと、大阪で暮らしていた頃のことを思い出したのでした。

 
23:49  |  日々の出来事  |  Comment(0)

ラン友の皆さんとBBQ

2018.09.16 (Sun)

2018091601.jpg
先月19日の、やんちゃ村京都一周4分割マラニックその4に参加した時、ご近所ラン友の山本さんと「またイベントやりましょう」という話になり、マラソンシーズン前に集まってご飯をすることに。

ランニングは、当初、ホームコースである北堀公園を予定していたんだけど、台風21号の影響でコース閉鎖が今も続いている状態。そこで、京都教育大のキャンパス外周を走るコースに変更。キャンパス内に大木がゴロゴロ転がってはいたものの、コースはかなり広くて走りやすく、ほどよくアップダウンもあって、トイレもあるし自販機もあるし、なかなかいいコース。

ただし、今日は、一昨日までの涼しい気候から一転。かなり蒸し暑く、ユックリ走ペースにしても、なかなかのシンドサでした。結局、コースでは1時間程度の軽いランニングに。
 
2018091602.jpg
走り終わって、今度はご飯。皆さん、ご近所ランナーなので、一度家に帰った後、着替えて再登場。今回も、ウェーバーの47cmグリルが大活躍。

一回目の炭起こしが今ひとつのつき具合だったので、再度、炭起こし。今度は燃えさかる感じに火がつき、ステーキ肉を焼くのに十分な火力に。
 
2018091603.jpg
「盛り付け」もへったくれもない、肉を切っただけ。それでも美味しく見えるし、美味しかった。しかも、スーパーで30%Offになっていた特売アメリカンビーフ。

1枚目よりも2枚目、2枚目よりも3枚目の方が、イイ感じに焼けるところは、焼け具合番をやってくれた川島さんのおかげ。中盤は山本さん、最後の焼きそばは佐藤さんが担当。
 
2018091604.jpg
ステーキの後は、焼肉へ。ステーキ用の火力で薄い焼肉用の肉を焼くとアッという間。ウェーバーのグリルは熱の回り方も効率的なようです。これ一つあれば十分かも。

ステーキはともかく、焼肉には、買った時の付属の網では、網目が広すぎるので、使い捨て焼き網を購入。ちょうど、ランニングから帰ってきて、シャワーを浴びて、洗濯物を干し終わったところに届いた、ドンピシャ製品。47cmピッタリの焼き網というのは、なかなか無いモンです。
 
2018091605.jpg
今日は、こんな配置で宴会しました。

縁側の先にグリルを出して、そこで焼きながら、焼いたモノを縁側から居間へ移して…という流れ。庭の向こう側にグリルを置く場合は、庭にシートを敷いて座卓を持って行って食べる形になりそうです。今日は、雨の心配もあったので、軒先に近いところで焼きました。庭先で肉を焼いている間も、蚊はそれほど気にならず、風の通る軒先で快適に焼けました。この配置は、パターンの一つとして定着しそう。

よく食べ、よく飲み、よく喋った宴会でした。この席で話がでたのが、2015年1月に催して以来の「あん餅雑煮パーティー」をやってはどうか?という話。やるとしたら、次は2019年1月になるので、4年ぶりの開催。ちょっと考えてみます。
 
23:22  |  日々の出来事  |  Comment(0)

縫って揚げて

2018.09.12 (Wed)

2018091201.jpg
講演衣装のエプロンはいくつか持ってるんですが、メインの緑エプロンの予備をAmazonで購入。やっぱり、丈が長すぎる。そこで、首掛け部分のボタン位置を調整。

裁縫はキライじゃないし、たいした作業なワケでもないのに、なかなか取りかかれず数日放置。今日、急に「やらねば!」スイッチが入って、チクチク作業。思っていたよりもポケットが小さかったり、メインのエプロンとサイズがちょっと違っていたり、これはこれで使うのが楽しみ。新しいエプロンは生地もツルッツル。今のはずいぶん長いこと使ってるなぁ。そろそろ交替かな?
 
2018091202.jpg
秋雨前線の影響で、ぐずついたここ数日。雨の合間をぬって買い物へ。

丸アジのいいのが入っていたんで、「このまま炭火で焼いたら美味しいやろなぁ」と思いながらも、今日は加奈子が数学塾へ行く日…ということは、晩ご飯はかなり遅い。こりゃ炭火で焼いてもモッタイナイ。というわけで、アジの塩焼きを断念し、セール品の豚ロース焼肉用を2パック購入。

焼肉用で一口カツを作る。
 
2018091203.jpg
2パックもいらなかった。多すぎた。安いと思って、たくさん買ってしもた。こりゃ明日の弁当も豚カツ、昼はカツカレー?カツ丼?

焼肉用は、豚カツ用よりも少し薄めだから、カツカレーやカツ丼にも使いやすいんです。サンドイッチに挟むのも薄くてカリッとした方がイイので、焼肉用の方が使い勝手がいい。

作りすぎた!と思ったけど、育ち盛りはパクパク食べる。アッという間に半分に。弁当と、お昼でちょうど位になった。

 
23:24  |  家事・子育て  |  Comment(0)

かぶれは治癒傾向に

2018.09.11 (Tue)

2018091101.jpg
 
2018091102.jpg
腕のかぶれから広がった湿疹は、処置から3日経ってようやく治癒傾向に。やっと薬が効いてきた!というわけではなく、実は、とんでもないお間抜けなコトをしていたのでした。

おそらく最初は小さなかぶれだったはず。軽い薬を塗ってしばらく経てば治ったはず。

ところが、なぜかここ半年くらい、気になるギターがあって、それを買うか見送るかでずいぶん考え中になってます。そうなると、今あるギターも弾きたくなるモノ。

ところで、こっちの家に移ってきて数年後から、わたくし、金属アレルギーを発症し、30分くらいのギター演奏なら問題ないものの、それ以上弾くと、あるいは体調の今ひとつな日に弾くと、手湿疹が出る状態でした。

そんな経緯がありながらも、かぶれ+ギター演奏すれば、どうなるか?
 
2018091103.jpg
久しぶりに髪の毛を伸ばしたので、なんだかロックバンド時代を思い出し、ついでに写真も撮ってしまえ!と弾きながらの撮影。暑い!汗がでる。

かぶれ+ギター演奏+汗 → かぶれからの湿疹発症

そりゃ見るも無惨な姿になりますわ。

というわけで、ギターの演奏を数日間止めると、一気に治癒傾向。
それまでグジュグジュしていた患部が固まり、でこぼこしていた皮膚も症状の軽いところはツルッと。

しかしまぁ、新しいギターを買うとか買わないとかいう以前の問題ですわ。
金属アレルギーのギター弾き。トホホ。

 
21:35  |  身体のコト  |  Comment(0)

かぶれ(?)がヒドくなってきた

2018.09.09 (Sun)

2018090904.jpg
腕にかぶれらしきモノに気が付いたのは(9/1)、その前々日(8/30)に別宅の庭の草刈りをした記録があるので、きっとその時に、草か虫に触れたところが接触皮膚炎(かぶれ)を起こしているとみた。

たいていは日にち薬というか、時間の経過とともに治っていくんだけど、今回は、どういうわけだか全然治癒傾向に入らず。どんどん悪化していく一方。

一週間しても全然良くならないので、金曜日(9/7)に皮膚科へ行くと、「かぶれですね」ということで「マイザー軟膏」が処方されました。

2018090903.jpg
  
2018090902.jpg

が、マイザー軟膏、まったく効果無し…というか、むしろ悪化してませんか?

患部はどんどん広がってきて、左手は肘の上まで上がってきたし、右手なんて手首を一周。おまけに足にもそれっぽいモノが…

一番上の画像は左手だけど、当初、点々だった患部は面状に広がってますね。「2,3日で引かない時は、またきて下さい」と医者は言っていたけど、薬が合ってないのかな?

困ったことに、この症状に対して、身体が反応しているのか、ズッとダルいしもわぁ~ッとした体調。なんともスッキリしない日曜日を過ごしたのでした。

明日、朝イチで皮膚科へ行こうと思うけど、同じ皮膚科へ行くべきか、それとも他の皮膚科を訪ねてみるべきか?2箇所行くのもアリかな?と思ったり。とにかく痛いし痒いしダルいので、早く治したい!

 
21:52  |  身体のコト  |  Comment(0)

台風21号の通過翌日

2018.09.05 (Wed)

2018090501.jpg
昨日から、ズッと気になっていた北堀公園の様子を見に行ってきました。7月末に「立ち枯れしてるなぁ」と写真を撮ったその木でしょうか?
 
2018090502.jpg
そんな木がバッサバッサと倒れて、コースの北側は半分近くが、倒木で塞がった状態。しばらくランニングはできそうにありません。明日は、もう一つのホームコース宇治川一周コースを見に行ってくる予定。コッチは木が無い分、被害は少ないかも?
 
2018090503.jpg
そして、別宅は雨ざらしになっていた雨戸も乾いたようなので、戸袋に収納。これまたガッタンガッタンしながら、順に奥へ。縁側(内縁)の引き戸には、昔ながらのガラスが入っていて、今ではとても高価になり、もう同じ物は入手困難。コレが割れるとタイヘンな出費に。

さいわい裏庭にもガラスが割れるような物体は飛来してませんでした。とはいえ、今回は安心できた分、雨戸を出してヨカッタ。

裏庭と玄関先、ついでにオーナー宅の前と、家の中の掃除も終えて、ホッと一息。
 
2018090504.jpg
晩ご飯は、昭和気分にひたり、みりん干しと小松菜炒め。もうすぐ元号二つ向こうの時代になる昭和。こういう食事も二時代前のモノになるのでしょうか?

長かった昭和、をほぼ全部経験しているあの家。大きな戦争も経験し、物資のない時代もなんとか耐え、高度経済成長期にも外見上はほぼそのままの姿で過ごし、そして何度かの猛烈台風にも耐え、地震にも耐え、よくぞ今日まで立ち続けているものです。ただ建っているだけかもしれないけど、素晴らしい!

 
21:20  |  日々の出来事  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT